1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 20:39:02.78 ID:7sfZxilh.net

―――アルパカ小屋


凛「アルパカさん小屋の中に戻るにゃー!」ググ

雄パカ「メエェ~(挑発)」グイグイ

花陽「お願い!戻ってー!!」グググ

雌パカ「メェェ(苛立ち)」グイグイ

雌雄パカ「メエェ!!」ドガッ

二人「わあっ!?」ドテーン

雌パカ「メエェ~(歓喜)」

雄パカ「メエェ~(嘲笑)」パカパカパカパカ

花陽「待って!行かないで!!」

凛「アルパカさーん!!帰ってくるにゃー!!!!!」



5: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 20:45:33.11 ID:7sfZxilh.net

真姫「どうしたの!?二人とも!!!……なっ!アルパカさんがいない!?」

花陽「どうしよう真姫ちゃぁ……」ウルウル

凛「かよちんケガしてない?大丈夫?」

花陽「えっ?うん……大丈夫…凛ちゃんは?」

凛「凛のことなんていいよ。それよりかよち…あっ!手ケガしてる!大丈夫じゃないよ!」

花陽「凛ちゃん私は……」

凛「凛ばんそうこうあるから貼ってあげる!」

真姫「凛っ!!落ち着きなさい!!今すべきはそれじゃないはずよ。」

凛「でもっ……でも!!」

真姫「良い?凛……花陽と二人で職員室に行って先生の指示を仰ぎましょう……?ね?」

凛「……うん…ごめん……」

花陽「待って…それはダメ……先生に言うのは最後……」

真姫「えっ?」



6: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 20:55:34.60 ID:7sfZxilh.net

花陽「アルパカさんはとても大きいし、力も強い……先生が集まっても、動かせるか分からない……」

真姫「…そうね……でも私たちだけじゃ」

花陽「だからきっと先生は、警察や……狩猟団体?に連絡すると思う……」

真姫「……そうでしょうね。麻酔銃で眠らせてどうにかして動かすしか花陽「そんなのダメ!!」

花陽「……アルパカさんは何も悪いこと…してないのに、そんなの可哀相だよ!痛いよ!!」

真姫「花陽……人間が動物相手にそんなことを言う資格なんてないのよ。残念だけど、そうするしかないの」

花陽「」キッ

真姫(ひっ…何よこの強い視線……!)

花陽「……生徒会室に……絵里ちゃんと希ちゃんなら……!」ダッ

凛「!!待って!かよちん!!!」ダッ

真姫「ちょっ……ちょっとちょっと!あーもう!2人に頼ったところでどうなんのよー!」

真姫(……そうよね……理屈だけじゃ片づけられない想いもあるわよね……ごめんなさい花陽。私心療内科医には向いてないわね)



7: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 20:59:39.96 ID:7sfZxilh.net

花陽「ハァ……ハァ……」ダッダッダッ

花陽(花陽のバカバカ!友達を……真姫ちゃんを睨んじゃうなんて……!後で謝らなくちゃ……でも先に……!)

花陽「失礼します!!」ガラガラッ!!

生徒会室「」シーン

花陽「もう!肝心な時にはいつもいないんだからー!!」

凛「かよちん。部室に行ってみよう?」

花陽「そうだね。凛ちゃん行こう。」



8: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 21:09:14.82 ID:7sfZxilh.net

―――アイドル研究部部室前


にこ「フフフンセイダヨワンツージャンヒカリノシャワ」ガチャガチャ

にこ「あーやっぱり開いてなかったかー。先に職員室行って鍵借りるべきだったわね……ったくもうちょっと早く来なさいよね」

希(キシシ♪……部室の鍵を取りに行く煩わしさに溜息にこっちを発見!)

にこ(……7m後方に希……6m…5m……)

希「にこっち!!おはようワシワシMAXーッッッ!!!!」

バチーン!!!!!!!!

希「ギャー!!いだあああああ!?何これ!?ネズミ捕りッッ!?!?!?」

にこ「にーこにこにこ!ノゾミ捕り大作戦大成功にこー!!にっこにー☆」

希「ふえぇ……両手とも挟まれたら取れないやん……」グイグイ

にこ「フン!自業自得よ希!取ってほしかったら『もう誰にもわしわししません』と誓いなさい!」

希「くぅ……もう…にこっち以外の誰にもわしわししません……」

にこ「あぁ?」

希「にこっちにも……しません」

にこ「よろしい!」



10: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 21:16:42.14 ID:7sfZxilh.net

希「うぅ……だから…早く取って……ください……」ウッウッ

にこ「なっ……何も泣くこたないでしょう……あんたが悪いのよ全く」ガシャガシャガシャン

にこ「ほら取れたわよ」

希「今や!ありがとワシワシMAXエクストリーム!!」ワシィッ

にこ「ギャアア!!!希イイイイイイイイ!!!!」

凛「2人とも廊下ででかい声出して何やってるにゃ……」

希「あっ!凛ちゃん花陽ちゃんおはよう!」ワシワシ

にこ「遅いわよ!2人とも……何?何かあったって顔してるけど」

花陽「あっ……あのね……その……アルパカさんが…逃げちゃったの……」

のぞにこ「はいぃ!?!?」



11: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 21:23:22.11 ID:7sfZxilh.net

―――校庭


真姫(花陽と凛は生徒会室に向かった……私は……せめてアルパカさんの現在地だけでも把握して……いたっ!!)

雄パカ「メェェ~(恍惚)」

雌パカ「メェェ~(歓喜)」

真姫(文字通り道草食ってるわね……このまま動かなかったらいいけれど……ってあれ……)

ことり「あれ?アルパカさんこんなところでどうしたんですか?」

真姫(えっ……エマージェンシー!これまぁまぁ危ない状況なんじゃないの!?)

ことり「えと……お散歩中?」

雄パカ「メェェ~(返事)」

ことり「花陽ちゃんは?もしかして勝手に出てきちゃったんですか?」

雌パカ「メェェ~(ドヤ顔)」

ことり「えぇ~ダメだよぉ…怒られちゃうよ?」

真姫(あれ?もしかしてこれ会話してんの!?)



12: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 21:28:40.31 ID:7sfZxilh.net

ことり「あのぉ……小屋に戻ろう?ね?」

雄パカ「メェェ~」

真姫(お願い……このまま戻って……!)

雌パカ「メェ(したでなめる こうげき)」

ことり「ふぇっ!?ひゃぁ…くすぐったいですよぉ……」

雄パカ「メェェ~(別れの挨拶)」

雌パカ「メェェ~(ご馳走様でした)」

真姫(駄目かっ……!)

真姫「待ちなさい!これ以上のワガママはこの真姫ちゃんが許さないわ!」

雌雄パカ「メェェェ!!!(突撃)」ドタドタドタドタ

真姫(あっ……死んだこれ)



13: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 21:32:25.43 ID:7sfZxilh.net

雌雄パカ「メェェェ~(疾走)」ドタドタドタドタ……

真姫「……たっ…助かった」ヘタッ

ことり「真姫ちゃんっ!?」

真姫「駄目ね……動けなかったわ……ものすごい迫力ね……」ハハッ

ことり「えっと……その……一体何があったの……?」

真姫「そうね……恐らくことりが考えてることであってるわよ……」

ことり「真姫ちゃん散歩するときはリードしないとダ真姫「んなわけないでしょ」



16: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 21:39:50.03 ID:7sfZxilh.net

希「さすが…ヒデコちゃんたちやね……まさか二つ返事でアルパカ小屋の修理を受け持ってくれるとは……」

にこ「あの3人一体どんな生活してるのよ……」

ヒデコ「与作は木を切るヘイヘイホー……ヘイヘイホー!」ギッコギッコギッコ

フミコ「木は足りそう?買ってこようか?」

ヒデコ「大丈夫。問題ないよ。」

ミカ「ついでだし、フミコと私で小屋の中掃除しとこっか」

フミコ「オッケー!」

花陽「ありがとうございます!……本当にありがとうございます!」

フミコ「いいのいいの。可愛い後輩ちゃんの頼みとあらば断わるわけにはいかないでしょ!」

花陽「うぅ……ありがとうございます……」

凛(あとは……なんとかしてアルパカさんをここへ戻さなきゃ……!)



21: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 21:49:40.37 ID:7sfZxilh.net

穂乃果「絵里ちゃん会長!こっちの掲示板の張り替え完了です!」

絵里「ありがとう穂乃果新会長……って何この呼び方?」

海未「生徒会にはこういう仕事もあるんですね……」

絵里「こうやって掲示物を張り替えて、できるだけ最新の情報を送り届ける。確かに見る人はあまりいないかもしれないけれど、ふとしたときにこの掲示物を見て、大切なお知らせを思い出してもらえればいいわよね。」

穂乃果「確かに、穂乃果もこれ貼りながら、この日校外学習だった!って思い出したもん。」

海未「忘れていたんですか……」

穂乃果「えへへ~」

海未「えへへじゃありませんよ全く……」

絵里「……?」

海未「絵里。どうかしましたか?」

絵里「ねぇ……あれって……」



25: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 21:58:13.87 ID:7sfZxilh.net

雌パカ「メェェ~メェメェメェ~」

絵里「今日は……その……何かのイベント?」

穂乃果「ん?何?どういうこと?」

絵里「いや……ほら…あそこ……」

雌パカ「メェェ///」

海未「アルパカさんですね。」

絵里「……ん?いやそうなんだけど、そうじゃなくて」

穂乃果「あれ?なんで外にいるの……?」

海未「……あぁっ!?」

穂乃果「あぁっ!?じゃないよ海未ちゃん一大事だよ!!」

雄パカ「メェェ~」



26: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 22:02:43.40 ID:7sfZxilh.net

雌パカ「……メェ…メェメェメェ///」

雄パカ「メェェ」パカパカパカ

穂乃果「あっ!どっか行っちゃうよ!」

絵里「どっどうしようかしら……えと……」

海未「とりあえず……大人の人に…穂乃果「追いかけるよ!」

絵里「ええっ!?追いかけるって追いかけてどうするのよ」

海未「そうです。私たちだけでは危険です」

穂乃果「話せば分かる!なんとかなるよ!やってみよう!」

絵里「いやいやいや……」



29: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 22:13:59.72 ID:7sfZxilh.net

\タマシーハユーメデーユメーノナーカデー/

花陽『もしもし真姫ちゃん!?』

真姫「……さっきはごめんなさい……それで今どこにいるの?」

花陽『ううん。私もごめんね……パニックに…なっちゃって……えっとね。今アルパカさんの小屋の近くだよ。希ちゃんとにこちゃんもいるよ。』

真姫「分かった。アルパカさんを発見したわ。場所は弓道場の前!」

花陽『本当!?ありがとうすぐに向かうね!!あ、そうだ。ヒデコさんたちが小屋を修理してくださっているから、そのことは安心して!』

真姫「それは好都合だわ!では、こっちで落ち合いましょう」ピッ

ことり「あとは……アルパカさんが戻ってくれれば……」

真姫「そうね……それはもう正直……花陽に……かけるしかないのかも……」

真姫(もし花陽がダメなのだったら……やっぱり大人に頼るしか……無いのかしら……いいえ!弱気になってはダメよ西木野真姫!できるわ!花陽なら!!」



30: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 22:23:54.28 ID:7sfZxilh.net

穂乃果「やっほーアルパカさん♪」

雄パカ「メェ(怒)?」

穂乃果「あぇ?いや……そのごめんなさい!」ピュー

穂乃果「うわーん海未ちゃん!絵里ちゃん!怖いよぉ!!」

真姫(わぁ……不安要素がまた増えた……でも!)

真姫「ことり、先に穂乃果たちと合流するわよ」

ことり「そうだね…みんなで色々考えよう。」

真姫(あの二人は緊急事態に弱いだろうし……穂乃果のとにかくやってみよう精神は危険だわ!)



31: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 22:33:25.30 ID:7sfZxilh.net

ことり「ハノケチャーン!」

穂乃果「ことりちゃん!」

真姫「……何か余計なことはしてないでしょうね?」

海未「真姫…恐らく…余計なことは……」

穂乃果「してないしてない!」

真姫「……で、どう?何か良い案は思いついた?今はあそこでデートしてるけど、いつ学校の外に出るかわからないわよ」

絵里「いいえ…残念ながら何も……ねぇところで真姫。一体何があったの?何か知ってる風だけど」

真姫「見りゃ分かるでしょ。アルパカさんが脱走したのよ」

海未「なぜ?」

真姫「小屋をぶっ壊して出てきたからよ」

絵里「それは『方法』よ真姫。方法が聞きたかったら『どうやって?』と聞くわ」

真姫「あーもう!知らないわよ!!そんなこと知って何になるのよ!問題は今そこで起こっているの!!そんなことは全部片付いた後でブログで考察でもやってなさいよ!!」

絵里「……ご、ごめんなさい。どうにかして原因が分かれば…例えば、そのアルパカさんが腹を立てた原因とか分かれば、何かできることがあるのかも、と思ったの。とてもイジワルな聞き方をしたわ。ごめんなさい。」



33: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 22:38:14.93 ID:7sfZxilh.net

真姫「そうね……確かにその通りだわ。さすがエリー、冴えてるわね。」

絵里「褒めても何も出ないわよ。」

真姫「だけど、さっき言ったように、私は『原因』までは分からないわ。花陽か凛が何か知っているのかもだけど。」

海未「難しいですね……」

ことり「あっ…あのぅ……」

真姫「どうしたのよ」

穂乃果「アルパカさんもうどっか行っちゃったよ」

三人「えっ」

絵里「いつの間に……」

海未「考えているだけではダメですね……」

真姫「頭が良いってのは辛いわね」



34: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 22:46:46.15 ID:7sfZxilh.net

希「これは……予想外の展開…というか」

にこ「まさか向こうから来てくれるなんてね……ほんとは対峙するんじゃなくて、小屋に戻ってほしいんだけど……」

雄パカ「メェェ(挑発)」

花陽「アルパカさん!一緒に小屋に戻りましょう!みんなを心配させちゃダメです!」

雌パカ「メシャァ(威嚇)」

凛「もう!どうしてかよちんの言うことが聞けないの!早く戻るにゃー!!」

雄パカ「メェェ……(怒)」

花陽「大丈夫だから。凛ちゃん、見てて……」ザッザッ

凛「かよちん!」

希「花陽ちゃん近付いていく!どうしようにこっち!!」

にこ「どうしようったってねぇ……」



35: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 22:53:09.60 ID:7sfZxilh.net

花陽「怖がらないで……大丈夫だから」ギュッ……

雄パカ「メェェ……」

にこ「ちょっと落ち着いてきたんじゃないの?これ」

希「お祈りやにこっち!」カシコミカシコミ

にこ「えっ……よ…よーし」カシコミカシコミ

雌パカ「メェェ(嫉妬)!!!!」ゴッ

花陽「ひゃっ!?」ドサッ

のぞにこ「花陽(ちゃん)!!」

雌パカ「メェェェ(激怒)」

凛「ダメー!!」バッ

雌パカ「メギィ(蹴)!!」

凛「う”っっ!?!?」ドゴッッ

花陽「…………うそ……やだ……」



36: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 22:59:09.80 ID:7sfZxilh.net

雌雄パカ「メェェ」パカパカパカパカ

のぞにこ「凛(ちゃん)!!」

花陽「あぁ……あぁっ……」

凛「げほっげほっ……凛は…大丈夫だから……」

花陽「凛ちゃん……ごめんね…ごめんね……ごめんなさい……」

凛「泣かないでかよちん……大丈夫だから…ね?」

花陽「うううう……」

にこ「花陽……これ以上は…許可できないわ……分かってくれるわね……」

花陽「……」

希「花陽ちゃん。凛ちゃん。ウチらもごめん……危険だって分かっていたのに…花陽ちゃんなら大丈夫だってどこかで信じてしまっていたんよ……」

花陽「私は……」

真姫「花陽ッ!!!」



38: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 23:04:33.29 ID:7sfZxilh.net

真姫「ッ!凛!!!どうしたの!?」

ことり「顔色が良くないよ……」

凛「凛は大丈夫だから……」

花陽「真姫ちゃん……凛ちゃんを頼みます……」

真姫「は?」

花陽「凛ちゃんを傷つけるなんて……絶対に許しません……!」ダッ

希「ちょちょちょ……待って!花陽ちゃん!!!」ダッ

にこ「あんた一人でどうすんのよ!!」

凛「ダメだよ……かよちん……待って……」ガクッ

真姫「ねぇ!ちょっと……凛!!!」

ことり「保健室に運ばなきゃ……!」



39: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 23:14:57.94 ID:7sfZxilh.net

海未「ことりからの連絡が返ってきません……」

穂乃果「どこに行ったんだろうね……アルパカさん」

絵里「希もにこも音信不通……何もなければいいのだけれど……」

海未「はい……普段は心優しいアルパカさんですが、力は私たち人間では到底かなわないはずです。」

穂乃果「さっきも穂乃果のことすーっごい睨んだんだよ!怖いよ……やっぱり先生に言ったほうがいいよ……」

絵里「そうよね……確かに真姫の言うことも分かるけど、でも私たちだけではどうにもできないことがあるわ」

海未「私たち一人ずつでは、何もできなくても、9人集まれば、廃校だって阻止できました。私たち9人にできないことがあるのなら、もっと多くの人の力を借りれば乗り越えられるはずですよね。」

穂乃果「でも不思議。真姫ちゃんがあんなこと言うなんて。」

絵里「確かに。真姫なら『麻酔銃で眠らせて、どうにかして小屋に移せばいいじゃない。害もないんだし。』とか言いそうよね。」

海未「動物でも痛い……ですか。優しい……考え方ですね。」

絵里「ときにはそういう考えも必要なのよきっと。理屈だけでは扱えない問題なのよこれは。」



40: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 23:21:27.59 ID:7sfZxilh.net

海未「!」ハッ

雌パカ「メェエエエ!!!!」

ほのえり「わああああ!!!???」

海未「止まりなさい!!」

雌パカ「メェエエエ……」

穂乃果「さっきと全然違う……!なんかすごい怒ってるよ!!」

絵里「……どうにかして!逃げましょう。それしかないわ!私たちには!!」

海未「名案です!絵里。私が足止めしていますので、穂乃果を連れて早く!!」

絵里「無茶よ!」

穂乃果「えっ!ダメだよ海未ちゃん!まだ穂乃果、海未ちゃんと一緒に!」

海未「生きて会いましょう。穂乃果」

穂乃果「やめてぇ!フラグ立てないで!!」

絵里「穂乃果!立って!!」

穂乃果「ちょっ!ちょっと……海未ちゃん!!」

海未穂乃果……愛していま 雌パカ「メメェエエエエ(頭突き)!!!!!!」ズゴオオオオオ

海未「ッッッッッ!!!!!!!!!!!」



41: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 23:29:01.28 ID:7sfZxilh.net

穂乃果「わー!海未ちゃん家のお風呂だー!!懐かしい!やっぱり広い!!!」

海未「あんまりはしゃがないで下さいよ?」

ことり「中学生になってもこうやってみんなでお泊りできるなんて、幸せだね♡」

穂乃果「そうだねぇ!そうだねぇ!みんないつまでも変わらないって素敵なことだよね!」

海未「はい。いつまでも変わらずに……」チラッ

穂乃果「あー!今海未ちゃんチラッて見たでしょ!海未ちゃんのえっち!」

海未「違います!見ていません!」

穂乃果「どうせ穂乃果はいつまでも変わらないですよーだ!てか海未ちゃんだって穂乃果とそんなに変わらないじゃん!」

海未「何を言っているんですか!」

ことり「えー?2人ともすーっごく大人になったと思うよー?海未ちゃんだってこんな奇麗な背中で……」

海未「ひゃう!?ちょっ…やめてくださいことり!……ことりは…その……えっと……」ムギュッ



42: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 23:32:59.04 ID:7sfZxilh.net

ことり「えっ…と……海未ちゃーん?」

海未「ハッ!私は何を……あっ!その……えっとすいませんつい……」

穂乃果「ついで人のおっぱい触っちゃうの!?最低だよ!!」

海未「違うんです!誤解です!!これは……その……ことりが……」

穂乃果「えっち!変態!痴漢!悪代官!!」

海未「なんですって……!!」


……きて……起きて!!海未ちゃん!……海未ちゃん!!!!

海未「えへへ……」

絵里「わっ……笑ってる……」

穂乃果「ダメェ!!海未ちゃん!そっちに逝っちゃダメェ!!!帰ってきてぇっ!!!!」



45: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 23:46:11.17 ID:7sfZxilh.net

ことり「保健室の先生今日お休みなんだって……」

真姫「そう……ならほかの先生が来るまでは少なくとも私たちで、凛を診ましょう。」

凛「凛はほんとにもう大丈夫だから……それより真姫ちゃんことりちゃん。かよちんを助けて……」

真姫「花陽を……?」

凛「目を見て分かった。かよちんは”アレ”を使う気だよ……」

ことり「……”アレ”?」

真姫「分かるように説明して」

凛「昔ね。小学2年生のころだったかな。凛、クラスの子とケンカになっちゃって凛ケガしちゃったの。」

ことり「うん……」

凛「そのとき、かよちん、すっごく怒って、男の子5人相手だったのにみんなやっつけちゃったんだ……」

真姫「花陽が……」

凛「でもそのあとかよちんも、ばたって倒れて救急車に運ばれちゃったの……だから早く止めなきゃ……」グググ

ことり「ダメだよ動いちゃ!」

真姫「ねぇ……その”アレ”っていったい何なのよ……まさか危ないクスリなんかじゃないでしょうね……」

凛「……梅干しだよ」

ことまき「……はい?」



46: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 23:58:09.18 ID:7sfZxilh.net

”アレ”を使うことは、おばあちゃまから固く禁じられていた。

私自身もその意味は分かる。命そのものを危険にさらしてしまうから。

では、なぜ「お守りだから」と持たされていたのか。

禁止されているのなら、持たせることはおかしい。

小学生のころ、一度使って、死の淵を彷徨った。

あのときは、それまでも、もちろん今までも、そしてこれからも経験することは無いくらいに怒られた。

おばあちゃまもママもパパもお兄ちゃんだって泣いてた。だからもう使わないって、あの日決めた。

だけど、「お守り」は渡された。「もう使っちゃダメだよ」って。矛盾してるよおばあちゃま。

私は、おばあちゃまの約束を破ります。

でも、おばあちゃまの想いを受け取ります。

凛ちゃんを、みんなを、アルパカさんを守ることができるのは、私しかいないから!!


花陽「アルパカさんッッ!!!」

雌パカ「メシャアアアアア(威嚇)」

花陽「見なさい!これが小泉家直伝のッ!塩分濃度80%梅干しですッッ!!!!」



47: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 00:11:02.73 ID:cTYJX7Jj.net

希「……いやそれ梅干しやん!」

にこ「梅干しなんかでどうすんのよ!」

穂乃果「希ちゃん!にこちゃん!海未ちゃんが!」

にこ「海未ッ!?大丈夫なの!!!」

希「海未ちゃん!!」

海未「……いけませんことり……うふふ」

にこ「……寝てる……」

絵里「打ち所が悪かったみたいで」

希「待って……あの梅干しやけに大きいしなんか心なしか白くない?」

真姫「なるほど……塩分濃度80%……ねぇ」ゼェハァ

にこ「真姫……走ってきたの?凛は?」

真姫「心配いらないわ。それより花陽を止めなきゃ!」

花陽(まきちゃん……今は!今だけは……!)キッ

真姫「……そうよね。そうだと思ったわ。凛は少し過保護なのよね。思いっきりやりなさい。花陽!」



48: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 00:23:56.00 ID:cTYJX7Jj.net

にこ「ちょっと真姫!」

真姫「花陽って……はじめて会ったときすごく臆病で、弱虫な人だと思ったの。だけど本当は、誰よりも芯が、想いが強いの。だから私は信じたい。」

希「でも危ないよ!」

絵里「危ない……ねぇ。本当は分かっているんでしょう。真姫。塩分濃度が80%なんてありえないってこと。」

真姫「……さすがね。」

穂乃果「どういうこと?」

真姫「食塩というのはね。いくら、温度を上げようが圧力を上げようが、水に溶けられる量はあまり変わらないの。どれだけ混ぜても30%とか40%とか……80%なんて濃度、どう頑張っても実現不可能よ。」

にこ「ならどうして80%だって」

希「気持ち……と違うかな。ほんとは30%しか無くても80%だと思い込めば、想いの力が背中を押してくれる……」

真姫「凛から話を聞いたとき私もそうであって欲しいと願ったわ。でも現実は違った。」

4人「」ゴクリ

真姫「あれは何かに溶けているんじゃない。もはや塩そのものよ。恐らく濃度という表現は間違っていて、総質量に対しての食塩の質量が80%であるということだと考えられるわ。」

穂乃果「うーん。つまり……あれってほとんど塩の塊ってこと?」

真姫「その通りよ」

絵里「それ……食べたらさすがにまずいんじゃない?結構でかいわよ」

真姫「だから止めに来たのよ」

4人「おいおい」


この会話、わずか0.874秒!



49: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 00:30:21.00 ID:cTYJX7Jj.net

雌パカ「メェェ…」フシャアアア

花陽「おばあちゃま……力を貸して!!!!」

花陽「いただきます!!!!!」

パクッ

花陽「……~~~~~~ッッッッ!!!!!!!!!!!すっぱしょっぱいしょっぱ!!!?!?!?!辛アアアアアア!!!!!!んんんんんん!!!!!!!」ドタバタゴロゴロゴロ

にこ「そりゃそうでしょうよ!」

穂乃果「待って待って。なんで花陽ちゃんそんな梅干しってか塩の塊食べたの!?」

希「自害にしてはえらく守ろうって決意が見えたけど!?」

真姫「ライスエナジーよ。」

絵里「ん?ごめん。もっかい言って?」

真姫「ライスエナジー。」

絵里「????」



50: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 00:40:12.24 ID:cTYJX7Jj.net

真姫「ライスエナジーというのはね。誰しも、特に日本人は多く持っているエネルギーで、簡単に言えば白米が食べたいと思う想いの強さのエネルギーよ。

味の濃いものを食べると、それを薄めようとする反応が起こる。何か食べてるとのどが渇いたりするのが代表的ね。

そしてその反応の中でも、特に白米を食べたいという反応の強さを、ライスエナジーと…私がさっき名付けたわ。

梅干しはご飯のお供の一つであるということは、きっとみんな分かってくれるだろうけれど、その味付けを極限まで濃くしたものがさっきの梅干しなの。

つまり、あれを食べると、猛烈な、途方もない大きさの、ライスエナジーが発生する。

小泉家の人間は代々、そのライスエナジーを食欲ではなく、力に変換できるのよ。仕組みは分からないケド。

とにかく、あの梅干しが、花陽にとっての最終兵器であることに間違いないわ。」

4人「お、おう……」


花陽「コメエエエエエエエエエ、お米えええええええええええええええああああああああああ」ゴロゴロゴロゴロ



51: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 00:46:30.40 ID:cTYJX7Jj.net

花陽「ふぅ……ふぅ……すぉおおおお……」ゼェハァ

雌パカ「メェ……」ジリッ

ヒュオオオオオオオオ

5人「」ゴクリ

雌パカ「メェェェェ……エエエエッ!!!!」ダダダダ

希「まっすぐ突っ込んできた!」

にこ「危ない!!!」

花陽「だああっっ!!!!」ガッシイイイイイイイイイ

穂乃果「すごい!受け止めたぁっ!!」

花陽「ぬおおおおおおおおあああああああああ!!!!!!!」

雌パカ「メッ…メエエエエエ!??????」

絵里「持ち上げた……片手で……!!!」

真姫「まさか…ここまでの力とは……ライスパワー恐るべし……!」

花陽「このまま……一緒に……小屋まで…帰りましょうね……!」ズン…ズン…



52: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 00:54:50.30 ID:cTYJX7Jj.net

―――アルパカ小屋

ズドオオオオオオオオオオオオオオオン

花陽「あと……一頭……」フゥ…フゥ…

雌パカ「メェェ……(落胆)」

ヒフミ「スクールアイドルこえぇ……」

穂乃果「雄のアルパカさん……どこに行ったんだろう……」

絵里「私……一つ嫌な展開が思いついたんだけど」

真姫「囚われのプリンセスを王子様が助けに来るって話をしたら、小屋に一緒に入れるわよ。」

絵里「……やっぱり何でもありません。」

希「世の中には言霊ということがあってやね……あまりそういうことを言うと……」

雄パカ「メエエエエエエエ!!!!!!!!!!!」

にこ「本当に来たァッ!!!!!」

穂乃果「花陽ちゃん危ない!!!!!」

花陽「ふぅ……ふぅ……小泉式超秘伝奥義ッッ!!プラズマシードブライスタァッッ!!!」バシュウウウウウ

絵里「口から何か発射された!?」

希「あれ梅干しの種や!!」



53: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 01:00:52.83 ID:cTYJX7Jj.net

プラズマシード「」チッ

雄パカ「メェッ!」ドサッ

穂乃果「あぁっ!当たったけど掠っただけだ!」

雄パカ「メェェ……」

にこ「あいつやる気よ!」

花陽「私が……止めなきゃ……凛…ちゃん……」バタッ

希「花陽ちゃあああああああああん!!!!!!!」

雄パカ「メエエエ(咆哮)!!!!」

絵里「そんな……もう……」

雄パカ「」ギロッ

穂乃果「ダメだもうおしまいだー!!」



54: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 01:14:25.75 ID:cTYJX7Jj.net

遠くのほうで、私を呼ぶ声が聞こえた。声…いや全ての音が遠い。力も入らないし、なんだか気持ちも穏やかになってきた。さっきまであんなに必死になれたのに。

……私死んじゃうのかな。

ごめんなさい。私はここまでみたいです。

私の夢は、アイドルになることでした。小さなころからずっと。ずっと。誰かを笑顔にできるキラキラした自分に憧れた。

何をやってもダメダメで、引っ込み思案で、凛ちゃんは優しく励ましてくれるけれど、本当に何もできないドジな私。助けられてばっかり。

だから、変わりたかった。ずっと探してた。誰かを助けられる、誰かを笑顔にできる私を。

それがある日……凛ちゃんと真姫ちゃんに背中を押されて、勇気をもらって、スクールアイドルになることができたんです。

私は、ステージに立ったんです。あの私が、誰よりもダメな私が、みんなと同じところに立って、歌って踊ったんです。

一番じゃないのかもしれない。もしかしたらアイドルの中でも一番ダメかもしれない。

だけど、あのとき確かに私は、アイドルになれたんです。誰かに笑顔を届けられたって感じたんです。

……花陽は……幸せでした。本当に幸せだった……さよなら。凛ちゃん。みんな。ごめんなさい。そして……ありがとう。




……何だろう。口の中に違和感がある。うっすらと感じる……チューブかな。これ……

分かった。あれだ。呼吸を助けるチューブだ……ってことは救急車に乗ってるのかな……今。

ここから空気が送り込まれて……んーなんかすごく形を感じる空気だな……

あれっ…これ水じゃない??…………いやこれ水だよ!!チューブじゃないよ!!!ホースだよこれ!!!!!!

「かよちいいいいいいいいいいいいいいいいんんん!!!!!!!!!!!!!」



55: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 01:21:28.99 ID:cTYJX7Jj.net

凛「飲んで!!飲んでかよちん!!!!水飲んで!!!!!!!!」ドバババババババババ

花陽「!?!?!?!!?!?ンンンンンンンンン!!!!!!」

凛「ことりちゃん!もっと蛇口ひねって!!!!!」

ことり「もう全開だよぉ!」

にこ「きっ……鬼畜すぎる……」

真姫「過保護なんて言ったこと……訂正するわ……」

希「良いこのみんなは真似したらダメやで……」

花陽「んんんん!!!!」ゴクゴクゴクゴクゴクゴクゴク

凛「もういいよことりちゃん!」

ことり「分かった!!!」

花陽「はぁ……はぁ……死んで生き返ってすぐ死んだかと思った……」

雄パカ「メェェ!」

花陽「あっ……どうしよう!ライスエナジーは水を飲んだりすると効果が無くなっちゃうのに!」

絵里「ライスエナジーって花陽も使うんだ」

雄パカ「メエェ……メェメェメェ」

花陽「えっ?本当?」



56: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 01:28:13.33 ID:cTYJX7Jj.net

雄パカ「メェ……メェメェメェメェ……メェ?」

雌パカ「メェメェメェ!!メェエエ!!」

雄パカ「……メェ…メェメェメェ」

雌パカ「メェ……メェメェ」

花陽「……ごめんね……ごめんね……ありがとう……」

穂乃果「なっ……なんて言ってるの?」

花陽「小屋の中だと…窮屈で……イライラしてしまったんだって……反省してるって……雌パカさんがひどいことしてごめんなさいって……」

凛「いやー物わかりが良くて助かるにゃー!」

真姫「……ねぇ…言葉がわかるなら説得できたんじゃ……」

花陽「アルパカ語を理解できても話せないから……」

雄パカ「メェェ……」

にこ「……扉…開ければいいのね?」ギィィ

雄パカ「メェェ……」

雌パカ「メェェ……」

ガシャン

穂乃果「はっ……入ったぁ!」



57: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 01:42:31.87 ID:cTYJX7Jj.net

雌パカ「メェメェ…メェメェメェ?」

花陽「えぇ……いや…それは……」

真姫「今度は何て?」

花陽「楽しかったから……また遊ぼうって……」

絵里「花陽が何人いても足りないわね……」

ヒデコ「まぁこのケージを壊そうと思ったら、東京タワーを倒せるくらいじゃないと無理だし安心だよ!」

フミコ「うんうん!」

にこ「人間超えすぎでしょ!」

ミカ「いや……μ'sと比べると……ねぇ……」

希「ウチら……ほんまに粒ぞろいやね……」

凛「そうだ!かよちん体は何ともないの?」

花陽「正直かなり……限界……」フラッ

ことり「一回ちゃんと病院で診てもらおうね」

真姫「……ママに電話するわ」

花陽「ごめんね。ありがとう……」



59: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 01:47:30.21 ID:cTYJX7Jj.net

穂乃果「よーしとにかく一件落着だ―!めでたしめでたしだね!!」

ことり「うん!そうだね穂乃果ちゃん!!……でも……何か大切なことを忘れているような……」

海未「うーん……はっ!いつのまにかアルパカさんが小屋に!」

穂乃果「そうだ!海未ちゃんのこと忘れてた!おはよう!」

海未「……おはようございます……えっと……私は……アルパカさんに頭突きをされてしまって……ことりのおっぱいを揉んで……?」

ことり「???」

穂乃果「何言ってるの海未ちゃん……」

海未「わっ……忘れてください」

花陽「あのね!私ね。スクールアイドルになれて本当に良かったって思うんだ。だからこれからもよろしくお願いします!そして、今日は無茶して本当にごめんなさい!」

凛「もう!かよちんは真面目すぎだよ!ほんとなんともなさそうで良かった!!かよちん大好きにゃー!」モッギュー

花陽「凛ちゃん苦しいよ!」

凛「わっ!ごめんね!痛かった?」

花陽「ううん。ふふっ♪花陽も凛ちゃんのこと大好きだよ♡」


おわり



60: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 01:48:25.70 ID:cTYJX7Jj.net

くぅ疲!読んでくれてありがとう。長くなってごめん。



62: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 04:06:46.05 ID:YlzkbU9A.net

めちゃくちゃ面白かった乙!


元スレ
花陽「もうダメー!出ちゃうー!!」
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1482320342/