1: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/25(日) 22:36:12.52 ID:TppywJbl.net

絵里「うー、寒い」

絵里「まだかしら…」

今日は12月24日

いわゆるクリスマスイブね

仲のいい友人や長い付き合いの夫婦、初々しい恋人たちが街を往来する日

みんな笑顔で話したり手を繋いだりして少し羨ましい

まあロシア正教の私にはあまり関係ないし興味ない日だけど…

本当よ?

そんな日に私、絢瀬絵里は待ち合わせ場所の噴水広場で立ちすくんでいる

なぜかって? それは……



2: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/25(日) 22:37:06.73 ID:TppywJbl.net

「あ!」

わ、前の方からかわいいわんちゃんがやってきた

「ごめん、遅れちゃって」

頭を下げつつこちらの顔を伺おうとしたためか、青い瞳がぶつかり合う

絵里「いいのよ、何か事情があったのよね?」

「…う、うん」

絵里「でしょうね、何があったの?」

「……目覚ましが聞こえなかった」

とどのつまり寝坊ね

まったく…私が寒風を浴びながら待っていたのにこの子はぬくぬく布団で温まっていたのね…

絵里「正直でよろしい」

「え、ほんと?」

さっきの悲しげな表情は演技だったのか、私の目の前にぺかっと太陽が出てきた



3: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/25(日) 22:38:17.89 ID:TppywJbl.net

絵里「ええ、正直に言ってくれたしね」

絵里「もし嘘をついてたら……」

私がいつもやられている"アレ"の手の形を作る

「ひっ」

絵里「ふふっ、私を怒らせると怖いのよ?」

「それは重々承知しております…」

絵里「よろしい」

このわんちゃん、素直でかわいいのよね

絵里「さ、そろそろ行きましょうか」

絵里「穂乃果」

穂乃果「うんっ!」



4: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/25(日) 22:39:13.09 ID:TppywJbl.net

とりとめのない会話をしながら私たちは飾り付けられた街路樹の中を歩く

穂乃果「ほえー、すごい人だねぇ」

絵里「クリスマスイブだものね」

穂乃果「ねえ、穂乃果、今日の予定知らないんだけどどこに行くの?」

絵里「えっとね、まずは欲しい本があるから本屋に行こうと思ってるわ」

穂乃果「本屋…」

絵里「その次は…ご飯を食べて服でも見に行きましょうか」

穂乃果「やった! ご飯!」

そう言って目を輝かせる穂乃果

今からご飯食べる訳じゃないのだけど…



5: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/25(日) 22:40:10.61 ID:TppywJbl.net

絵里「穂乃果は欲しい本ある?」

穂乃果「ないよ」

絵里「…」

だろうと思ったけど…

これを機会に穂乃果に本の楽しさを教えてあげようかしら

穂乃果「なに!?」

絵里「いや…別に」

穂乃果「ウソだー!」

絵里「穂乃果、本屋では静かに」

穂乃果「ぐっ…」

ふふっ、借りてきた猫みたいに大人しくなっちゃったわね



6: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/25(日) 22:41:14.27 ID:TppywJbl.net

絵里「…」

辺りをきょろきょろ見渡し誰もいないことを確認する

大丈夫よ、エリーチカ

絵里「これが…いわゆる恋愛本ね…!」

『実践! 想い人を振り向かせる252のテクニック!』(コッティー出版)

恥ずかしながら私は生まれてこのかた恋愛というものをしたことがないのよ

だからこんな本で恋愛の必勝法を学ぶしかないのよね…

でも! やるからには252のテクニック全てをマスターしてみせるわ!

μ'sのエロ担当の本気を見せてあげるんだから!



7: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/25(日) 22:42:14.35 ID:TppywJbl.net

絵里「…」

テクニックその1

『相手に話しをさせろ!』

人間は自分のことを知ってもらいたいと思う生き物です
なので相手の話しをよく聞き、たとえつまらなくてもにこやかに、あなたの話しは面白いよ!という雰囲気を醸し出しましょう

絵里「これは…なしね」

絵里「穂乃果は昨日あったこととか、面白いと思ったこといつも話してくれるし…」

絵里「なにより話しが面白いから雰囲気を醸し出す必要がないもの」

絵里「そう考えると穂乃果ってとってもいい子ね…」

絵里「さて、次いってみましょうか」



8: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/25(日) 22:43:16.23 ID:TppywJbl.net

絵里「…」

テクニックその9

『手は大胆に繋げ!』

女性というの男性に対して強く、たくましくいてほしいものです
筋肉がある、竹を割ったような性格など好みは人によって様々ですが女々しい男性は嫌われる可能性が高いです
もし筋肉に自信がなく、女々しい性格の人がこの本を読んでいたら次のことを実践してみてください
手は大胆に繋げ!

絵里「……」

絵里「て…手?」

絵里「わ、私が穂乃果と手を繋ぐ…!?」

絵里「む、無理無理無理! そんなの無理よ!」

絵里「恥ずかしいし…穂乃果にどう思われるかわからないし…」

『女々しい男性は嫌われる可能性が高いです』

絵里「…」

絵里「私、女だから…セーフよね」



9: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/25(日) 22:44:16.49 ID:TppywJbl.net

絵里「…」

テクニックその24

『キスは雰囲気で』

キスは愛を確かめたりするのに大切な行為です
したがって無理やりするのはNGです(人によりますが)
好きな人や恋人とキスをしたい場合、まずはそういう雰囲気にしましょう
そうすれば大……

絵里「むりむりむりむり!」

絵里「き…きす…//」

絵里「私と…穂乃果が…//」

ぷしゅー

絵里「あわわわ…」



10: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/25(日) 22:45:21.48 ID:TppywJbl.net

穂乃果「お」

穂乃果「絵里ちゃん、本決めた?」

ぽんっ、と私の肩に手を起き顔を伺う穂乃果

ま、まずいわ…今の私を見られたら…!

絵里「ええ! き、決めたわよ!」

穂乃果「どんな本にしたの?」



絵里「えっと…それは…」

ま、まずいわ…恋愛本なんか買ったってことがバレたらからかわれそう

ここは適当にごまかして…

絵里「とっても難しい本よ、穂乃果が理解できなくくらいのね」

穂乃果「さすが絵里ちゃん、賢いなあ」

穂乃果「穂乃果も決めたから買いにいこっ」

絵里「え、ええ! そうね!」

…この本、買っても読まない気がするわ



11: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/25(日) 22:46:19.90 ID:TppywJbl.net

絵里「穂乃果…食べすぎよ?」

穂乃果「こういう日は日常を忘れることが大事なんだよ」

絵里「はあ…」

私の目の前に満面の笑みでハンバーガーを頬張る穂乃果が

モスクワバーガー? だったっけ、美味しいのかしら…?

はむっ…

絵里「お、美味しい…!」

穂乃果「でしょでしょ? あ、このポテトも食べて絵里ちゃん!」

絵里「…っん」

ハラショー! これがバーガーショップなのね!



12: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/25(日) 22:47:20.17 ID:TppywJbl.net

穂乃果「あ…ポテトなくなっちゃった」

穂乃果「買ってくるから待ってて!」

絵里「ええ」

ふふっ、このポテト美味しいからすぐなくなっちゃうわよね

でも私はかしこいから、ちびちび食べてたくさん食べた気になるようにしているわ!

ふふふ…これがかしこさというものなのよ、穂乃果

さて…ポテトの続きを楽しもうかしら

絵里「あれ」

絵里「もうなくなってる…」

買いに行こうにも席を離れるのは……

…穂乃果から分けてもらいましょ



13: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/25(日) 22:48:16.07 ID:TppywJbl.net

穂乃果「あ、そうだ。絵里ちゃんとポテト分けあいっこしよっと」

穂乃果「となるとLサイズだから…いくらだ…?」

穂乃果「……っ」

穂乃果「遠くから見る絵里ちゃんもかわいいなあ」

穂乃果「あんな素敵な人とクリスマスを一緒に過ごせるなんて…えへへ」

穂乃果「穂乃果、幸せ者だなっ」

穂乃果「それにしても…絵里ちゃんなに見てるんだろう」



14: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/25(日) 22:49:10.35 ID:TppywJbl.net

クリスマスだけあってお店の中は人でいっぱいね

恋人っぽい人たちもちらほらい…るっ!?

絵里「えっ…えっ?」

と、隣のカップルがきききき…

落ち着いて、落ち着くのよエリーチカ

今のは見間違い、そう、見間違いよ

「ね、いいでしょ?」

「もー…こんなとこじゃ恥ずかしいやん」

「あんたに拒否権はないけどね」

「もうっ…」

絵里「あわわわ…」



15: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/25(日) 22:50:28.40 ID:TppywJbl.net

穂乃果「絵里ちゃん、お待たせ!」

絵里「……」

穂乃果(顔真っ赤だ…)

穂乃果「絵里ちゃん! 絵里ちゃーん」

絵里「えっ…あ、おかえり、穂乃果」

穂乃果「えっと…」

穂乃果「ね、ポテト一緒に食べよ? 絵里ちゃんと分けあいっこしようと思って」

絵里「あ、ありがと…穂乃果」

穂乃果「はい、あーん♡」

絵里「え!?」

穂乃果「あ…嫌だった…?」



16: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/25(日) 22:51:09.29 ID:TppywJbl.net

絵里「ううん、そうなことないわよ! はい、あーん!」

穂乃果「えへへ」

はむっ…

穂乃果「んっ…」

絵里「いい…塩加減ね!」

絵里「おいしい、おいしいわ!」

穂乃果「あの……絵里ちゃん、指舐めてる…」

絵里「えっ? んっ、ああっ!?」

絵里「ご、ごめんなさい! 悪気はなかったの!」

穂乃果「わかってるよ、絵里ちゃんは優しいね」

ぺろっ

穂乃果「えへへっ、絵里ちゃんの味がするっ!」

絵里「~っ!///」



17: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/25(日) 22:52:14.09 ID:TppywJbl.net

それから、ポテトの味しか覚えてない私は穂乃果と一緒に服を見に行ったらしいの

どういう訳か買った覚えのない赤のコートとグレーのマフラーが手元にあったわ

世の中不思議よねぇ…

そうだ、穂乃果にこのコートとマフラーのこと聞いてみようかしら

絵里「ねえ、ほの……」

穂乃果「ねえ絵里ちゃ……」

あっちゃ~気まずいわね

穂乃果「さ、先いいよ」

絵里「あ、ありがと」

絵里「ねえ穂乃果、あのね……」



18: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/25(日) 22:53:14.28 ID:TppywJbl.net

『ね、いいでしょ?』

『もー、こんなとこじゃ恥ずかしいやん』

『あんたに拒否権はないけどね』

『もうっ…』


絵里「あ、あの…あのね」

穂乃果「うん」

絵里「め、め、目瞑ってくれないかしら」

穂乃果「え?」

絵里「い、いいから」

穂乃果「う、うん…わかった」



19: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/25(日) 22:54:13.04 ID:TppywJbl.net

絵里「………!」

目をきゅっと閉じて唇を突き出す穂乃果

まるでわかっています、と言わんばかりに

絵里「ほ、ほの…」

もうここまで来たのよ、後戻りはできないわ

頑張れ、あと少しで私の聖なる夜は完成するのよ

絵里「穂乃果っ…」

本で学んだことはできているはず…いける、必ずいけるわ

絵里「…っ!」



20: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/25(日) 22:55:23.28 ID:TppywJbl.net

『手は大胆に繋げ!』

ふと私の脳裏を横切ったのは対して愛着もない無機物な声

それと同時にクリスマスは変哲のない夜に変わった

穂乃果「……?」

絵里「…」

絵里「穂乃果の手、温かい…」

穂乃果「え、絵里ちゃん?」

絵里「ふふっ、どうしたの? 穂乃果」

穂乃果「え、あ、何も…」

絵里「まさか…"そういうこと"期待してた?」

穂乃果「…//」

ぐっ…やっぱり…



21: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/25(日) 22:56:12.60 ID:TppywJbl.net

絵里「付き合ってもない私たちにはまだ早いわ」

絵里「さっ、帰りましょ?」

穂乃果「そ、それもそうだよね! うんっ、帰ろっか!」

絵里「ええ!」

絵里「穂乃果、その、手繋ぎましょ?」

穂乃果「うんっ!」

ぎゅっ

穂乃果「えへへ、あったかい」

絵里「ふふっ、穂乃果もね」

穂乃果「こうやってると穂乃果たち恋人みたいだねっ」

絵里「…チュウはしないわよ」

穂乃果「ちぇーっ」

絵里「ほらほら歩いて、電車いっちゃうから」

穂乃果「はーい」



22: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/25(日) 22:57:16.43 ID:TppywJbl.net

ようやく握った穂乃果の手は温かくて少し汗ばんでいた

ごめんね穂乃果、私がへたれなばかりに

でも許して、私は今こうして手を繋いで帰っていることが1番の幸せなの

多分穂乃果も同じ気持ちだと思う

だって私が穂乃果を想う気持ちと穂乃果が私を想う気持ちは一緒だと思うから

穂乃果がほしいものはいつか必ず、最初にあげるから

それまではこの手の温かさに酔わせてほしいわ



23: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/25(日) 22:57:45.65 ID:TppywJbl.net

おわり
メリーほのえりクリスマス



24: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/12/25(日) 23:16:32.20 ID:TdHhdU8L.net

乙ほのえり
初々しくて可愛かった



27: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/12/25(日) 23:20:44.19 ID:JrwHPGgT.net

おつおつ
ウブな絵里ちゃんなほのえりも良いな


元スレ
絵里「手」
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1482672972/