SS速報VIP:穂乃果「穂乃果に対する皆の気持ち」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1483113965/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/31(土) 01:06:05.29 ID:TBc3lJEC0

どうしてこんな事に…

真姫「うぅ…穂乃果ぁ」

凛「うぁぁぁぁ」

花陽「うぅ…うぅ」

希「…穂乃果ちゃん」

絵里「くっ…穂乃果…」

にこ「…」

ことり「うぁぁぁぁ、穂乃果ちゃぁぁん」

海未「…」

穂乃果(こんな事…しなきゃ良かった)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1483113965




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/31(土) 01:10:22.55 ID:TBc3lJEC0

遡る事数時間前…

海未「穂乃果、待ちなさい」

穂乃果「もぉ~、勘弁してよ」

海未「だめです。今日と言う今日は許しません」

真姫「毎日よく飽きないわよね」

にこ「ほんとよね」

凛「凛はこの光景も好きだにゃ」

海未「穂乃果~」

穂乃果「よっと、ここまでおいで…っと…うわっ」

その時、私は階段から転げ落ちたのです

海未「穂乃果ぁぁぁぁぁぁ」



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/31(土) 01:15:53.36 ID:TBc3lJEC0

そして…

穂乃果「いやぁ、流石に死ぬかと思ったよね。って言うかあんな所から落ちてほとんど無傷って…ラッキーとしか言いようがないよね」

医者「とは言うものの階段から転げ落ちて気を失っているんだから今日1日は病室で絶対安静だからね?」

穂乃果「はーい」

医者「お家の人とは連絡がとれないけど…」

穂乃果「あっ…後で自分で連絡します」

医者「そう。じゃあ、私は行きますから」

穂乃果「ありがとうございました」





5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/31(土) 01:21:42.45 ID:TBc3lJEC0

穂乃果「…ふぁ~。寝ようかな…そう言えば、海未ちゃんが来てるって先生言ってたよね…全く、海未ちゃんが穂乃果のパンを奪おうとするからいけないんだよね…ちょっと、イタズラしてやろうかな…このタオルを掛けて…不謹慎だからやめ…」

ガチャ

海未「…穂乃果…そんな」

穂乃果(あっ、この声は…海未ちゃん?)

海未「…こんな事って」

穂乃果(しまった…これじゃあ…いいや、ちょっと、様子を見てみようかな)



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/31(土) 01:25:12.79 ID:TBc3lJEC0

1時間後

穂乃果(海未ちゃん…あれから、椅子に座ったまま…動かないなぁ)

ガチャ

花陽「穂乃果ちゃん」

凛「穂乃果ちゃん…」

海未「凛、花陽…」

穂乃果(凛ちゃん?花陽ちゃん?)

花陽「う、海未ちゃん?…嘘だよね?」

海未「…」

花陽「そ、そんな…」





7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/31(土) 01:31:19.48 ID:TBc3lJEC0

穂乃果(花陽ちゃん…どうしよう。イタズラでしたと言いづらい…)

凛「穂乃果ちゃん。なんで、寝てるのかな?ねえ?これから、バドミントンやりに行こうよ?ねえってば…穂乃果ちゃん?寝たふりなんでしょ?」

穂乃果(…凛ちゃん)

凛「穂乃果ちゃん…起きるにゃ。早く遊ぼうよ…穂乃果ちゃん…ほのかちゃぁぁん。嘘だよ。こんなの嘘だよ」

花陽「うぅ…穂乃果ちゃん。どうして…」

凛「ねえ?はやぐ…はやぐおきでよ」

海未「…凛…穂乃果はもう…」

凛「なんでそんな事言うの?」

海未「…凛」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/31(土) 01:36:33.35 ID:TBc3lJEC0

ガチャ

にこ「…」

凛「…にごぢゃん」

花陽「にこちゃん…穂乃果ちゃんが…穂乃果ちゃんがぁぁぁ」

にこ「…全く…ふざけて階段で転げ落ちて死ぬなんて穂乃果らしい間抜けで不様な最期ね」

花陽「にこちゃん?」

凛「…なんで?…なんで、そんな事言うの?いくら、にこちゃんでも…許せないよ」

にこ「だって、本当の事じゃない。いつも、ふざけてばかりいるからこうなるのよ」

凛「やめてよ、にこちゃん」ガシッ

海未「…凛!」

凛「海未ちゃん…?」





9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/31(土) 01:44:11.45 ID:TBc3lJEC0

にこ「穂乃果…あんたは最低よ。私は…私は二度と仲間が私の元から去って行く悲しみを味わいたくなかったのに…人の気も知らないで…ふざけんじゃないわよ…」

花陽「…にこちゃん」

にこ「どうしてよ。人の事を誘っておいて…勝手にやめるなんて…ふざけんじゃないわよ」

穂乃果(にこちゃん…穂乃果…生きてるんだけど…)



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/02(月) 01:19:38.53 ID:sbpfzWWI0

にこ「私を誘っておいて…勝手に…勝手に死ぬなんて…そんなの…そんなの許せるわけないじゃない…この…ばか穂乃果」

凛「にこちゃん…うぅ…うぁぁぁぁん。穂乃果ちゃぁぁん」

花陽「うぅ」

ガチャ

真姫「ほのかぁ」

花陽「ま、真姫ちゃぁぁん」

穂乃果(…真姫ちゃん)

真姫「…穂乃果は?」

花陽「…」

真姫「…そんな」



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/02(月) 01:31:41.04 ID:sbpfzWWI0

真姫「…何してるのよ…全く…何してるのよぉ」

穂乃果(………)

真姫「起きなさいよ。どうせ寝たふりなんでしょ?」

穂乃果(そ、その通りです…)

真姫「ねえ?何か言ってよ…何か…何か言ってよ、穂乃果ぁ」

穂乃果(ここで何か言ったら皆怒るよね…どうしよう…ほんとに…って言うか真姫ちゃんは医者の娘なのに気がつかないの?)

真姫「こんな…こんなお別れって…ないじゃない…ねえ?覚えてる?穂乃果と私が初めて会ったとき…音楽室で私のピアノを褒めてくれたじゃない…私…また、穂乃果に褒めてほしいのよ…まだ、一緒に歌いたいの…なのに…なんでよ、ばかぁ」

海未「にこ…一度、一年生達を…」



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/02(月) 01:40:45.79 ID:sbpfzWWI0

にこ「…そうね…一度…外の空気を吸いに行きましょう」

凛「やだ。今日はずっと穂乃果ちゃんと一緒にいるもん…明日も明後日も…うぁぁぁぁん」

海未「凛…それでは、あなたの体が壊れてしまいます。穂乃果も大切ですが…今は生きてるあなた達の体の方が大切です…だから…」

凛「…」

にこ「…海未…さあ、行くわよ」

凛「でも…」

花陽「凛ちゃん…行こ…」

凛「…うん」

真姫「…穂乃果ぁ」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/02(月) 01:50:12.39 ID:sbpfzWWI0

海未「…穂乃果…あなたは幸せ者ですね」

穂乃果(うん。そうだね。今罪悪感で胸がいっぱいだよ)

海未「あなたは…」

ガチャ

絵里「穂乃果」

希「穂乃果ちゃん」

穂乃果(…二人とも)

海未「絵里…希…」

絵里「…穂乃果…なんだか…信じられないわ…だって、そうでしょ?さっきまであんなに元気に…」

穂乃果(今も元気だよ。元気がありあまってこんな馬鹿な事をしちゃってるんだよ)





15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/02(月) 02:05:57.09 ID:sbpfzWWI0

絵里「…ごめんなさい…こんな時、どうしたらいいか分からない…ただ、信じられなくって…海未から連絡をもらっても…現実味がなくって…でも、ベッドに横たわるあなたを見て…ほんとに…ほんとなんだって…」

穂乃果(嘘だよ。嘘だから…)

絵里「…うぅ…グスッ…ごめんなさい…こういう時…私がしっかりしなきゃいけないのに…」

海未「…絵里」

希「穂乃果ちゃん…なんか…死んでしまったのが嘘みたいに綺麗な顔してる…」

穂乃果(うん…嘘だもん…)

希「穂乃果ちゃんは元気やったからね…今にも起き上がって来そうやけど…あかんね…どうしても…ごめん…これは堪えるね…グスッ…」

穂乃果(…どうしよう…あれかな?希ちゃんのスピリチュアルな涙のお陰で生き返った事にしてしまおうか…)






16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/02(月) 02:17:37.83 ID:sbpfzWWI0

ガチャ

ことり「穂乃果ちゃん!!」

海未「ことり…」

絵里「グスッ」

希「…ことりちゃん」

ことり「海未ちゃん?嘘なんだよね?」

海未「…」

穂乃果「…」

ことり「そんな…」フラッ

海未「ことり!?」

希「ことりちゃん!?」

絵里「ことり!?」

海未「絵里!希!すいませんがことりを…」

希「うん。グスッ…さあ、えりち…ことりちゃんを」

絵里「…海未…グスッ…本当はあなたとことりが一番悲しいはずなのに…ごめんなさい…あなたは強いわね…」

海未「…いえ…私の事はいいですから、早くことりを」

絵里「…ええ」



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/02(月) 02:31:34.82 ID:sbpfzWWI0

海未「…穂乃果…皆行ってしまいましたよ」

穂乃果(…うん。ことりちゃんが気を失ったあたりから穂乃果の冷や汗が止まらないんだけど…海未ちゃんきがつかない?)

海未「…絵里は私を強いと言いましたが…違うんです…弱いから…弱いからあなたが死んでしまった事を受け入れられなくて…泣いてしまったらあなたが死んでしまった事を受け入れなくていけないじゃないですか…」

穂乃果(…海未ちゃん)

海未「穂乃果とは…小さな頃からずっと一緒でしたね。穂乃果が話しかけてくれたあの時からずっと…。」





19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/02(月) 12:40:22.32 ID:sR7xolC1O

海未「…あの時、私は恥ずかしがり屋でしたから…今もそうですけど。肝心な所で怯んでしまう私を、穂乃果が手を差し伸べてくれて、ことりが優しく包み込んでくれて、自信の持てないことりを私と穂乃果で背中を押してあげて…そそっかしい穂乃果を私とことりでフォローして…うまくやって来ましたよね…ずっと一緒に…ずっと一緒だったのに…私達を置いて行くなんてあんまりじゃないですか」

穂乃果(…)

海未「どうして…死んでしまったのですか…まだ、やりたい事だってあったでしょう?私はあなたとやりたい事が沢山ありました。もっと、一緒に笑いたかったし喧嘩だってもっとしたかった。寝坊してくるあなたを待つことも、下校時間に買い食いするあなたを説教する事も…この先も、穂乃果の結婚式には行きたかったし、あなたの子供も見たかったです。もちろん、私の方だって…そうです…まだまだ、これからだったんですよ…なのに…ラブライブだって…」



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/02(月) 22:07:49.52 ID:sR7xolC1O

海未「…穂乃果…うぅ…ほのかぁぁぁぁぁ」

穂乃果「うっうぅうっ…グスッ…うわぁぁぁぁん」

海未「え?」

穂乃果「ずっと…ずっと一緒に居るよぉぉ」

海未「ええ?」

穂乃果「海未ちゃぁぁぁぁん」



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/02(月) 22:10:42.01 ID:sR7xolC1O

そして、今…

穂乃果「…ごめんなさい。許して下さい」

海未「………」

真姫「グスッ…」

絵里「今回と言う今回は流石の私でも多目に見れないわよ?」

花陽「え、絵里ちゃん」

ことり「穂乃果ちゃん。流石の私もおこだよ?」

にこ「全然怒ってるように見えないわよ」



22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/02(月) 22:15:20.19 ID:sR7xolC1O

穂乃果「ご、ごめんなさい」

海未「…」

穂乃果「う、海未ちゃん?」

海未「…」

穂乃果「…あの」

希「ま、穂乃果ちゃんがこの通り元気で良かったやん。皆、穂乃果ちゃんの事が好きだって再確認も出来たし」

絵里「希…」

凛「希ちゃんの言うとおりにゃ」

海未「…そうですね。私は穂乃果が大好きですから穂乃果の為に地獄の特訓メニューを考えてきました」

穂乃果「ええ?どうしてそうなるの?これでも、病み上がりなんだけど」

海未「いいから走ってきなさい」

穂乃果「ええ?…はい」ダッ

海未「まっ、今のは嘘じゃないですがね」



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/02(月) 22:15:52.65 ID:sR7xolC1O





24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/02(月) 22:23:01.97 ID:vKE1rRTJo

乙こういう形で本音をぶつけるやつ好き
でも欲を言えばもうちょい引っ張ってほしかった


元スレ
SS速報VIP:穂乃果「穂乃果に対する皆の気持ち」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1483113965/