1: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 22:33:23.89 ID:SNQptsvb.net

昔昔あるところに、曜と言う少女が住んでおりました。

曜「ヨーソロー!」

曜は所謂渡辺と言われる存在で、好きな子の前ではヘタレてしま――

曜「うるさい!」

……そんな、曜の身に起きた不思議なお話。



3: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 22:36:38.09 ID:SNQptsvb.net

曜「ふぅー、今日の狩りも大成功だね!これで暫くは食いつなぐことが出来る」ウンウン

コンコン

「どなたかいらっしゃいますかー?」

曜「こんな時間に誰だろ?」

曜のもとへ一人の少女がやって来ました。

曜「はーい、今開けまーす」ガチャッ

「夜分遅くに申し訳ありません。宜しければ泊めて頂けませんか?」

曜「えっ……いきなり?」



5: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 22:38:11.90 ID:SNQptsvb.net

「何分着の身着のままで飛び出してきたもので……」

曜「何か訳ありってことかな?」

「はい……」

曜「う~ん……それなら暫くだったら良いよ」

千歌「本当ですか!?ありがとうございます!あ、私千歌って言います」

曜「私は曜だよ。よろしくね、千歌ちゃん」

千歌「はい!」



6: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 22:38:50.65 ID:SNQptsvb.net

――

その日から千歌と曜の生活が始まりました。

千歌は可愛く元気いっぱい。
曜の好みのタイプです。
ですが悲しいことに曜は渡辺……願いが叶うことは有り得ないでしょう。

曜「私に対して酷くないかな!?」

――



8: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 22:39:44.78 ID:SNQptsvb.net

千歌が泊まりに来た翌日

千歌「では私は今からこの部屋に篭もります。決してこの戸を開いてはいけません」

曜「え、何で?」

千歌「何ででも」

曜「……分かった」

千歌「では」ピシャッ

曜は気になります。
千歌が自分に隠れて何をしているのか。
当たり前です。
自分の家に泊まっている人が、主人たる自分に隠れてこそこそ何かしようと言うのですから。



10: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 22:42:07.99 ID:SNQptsvb.net

曜「ちょ、ちょっとくらいなら」ソー

ガラッ

千歌「」ジー

曜「」ビクッ

千歌「絶対に見てはなりませんよ。見てしまったら命の保証は――」

曜「あ、はい!すいませんでした!どうぞごゆっくり!!」ピシャッ

曜が戸に近づいた時、千歌が戸を少しだけ開け、その隙間から曜をじっと見たのです。


怖い



12: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 22:44:07.46 ID:SNQptsvb.net

曜「(そんなこと言われても気になるよー!けど怖い……)」

曜は気にしながらも、覗かないことに決めました。


――が

千歌「んんっ!」

曜「」ピクッ

千歌「あっ……んっ」ピチャッピチャッ

何だか変な音も聞こえます。

曜「」ピクピクッ

千歌「あっ――だめ、あぁぁぁぁ!!!」ジョボボボボボ

曜「」ピクピクピクッ!!



13: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 22:44:48.41 ID:SNQptsvb.net

千歌「はぁっはぁっ……今日の分は終わり……」

曜は思いました。

曜「(今日の分"は"!?今日の分"は"って言ったよね!?ってことはまた明日もやるってこと!?)」

曜はニヤニヤが止まりません。

曜「千歌ちゃん……」ニヤニヤ



14: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 22:45:23.42 ID:SNQptsvb.net

――次の日も

千歌「んんんっ!!」ジョボボボボボ

曜「」ニヤニヤ

――また次の日も

千歌「おっほぁぁぁぁ!!」ジョボボボボボ

曜「」ニヤニヤ

――そのまた次の日も

千歌「あぁぁぁぁぁ!!!」ジョボボボボボ

曜「」ニヤニヤ

それは1ヶ月程続きました。
曜が千歌を追い出す理由がありません。
だって千歌は、曜の家で自分の――ゴホッゴホッ!!
なんでもありません。



15: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 22:46:47.48 ID:SNQptsvb.net

曜は決心をして聞きました。

曜「千歌ちゃん……痛い思いしてまで毎晩やっても大丈夫なの?」

渡辺のくせになかなか突っ込んだ質問です。

曜「うるさい」

千歌「よ、曜ちゃん私が何してるのか知ってるの!?」

曜「え、だって普通気付くよ」

千歌「そう……なんだ。見ては無いの?」

曜「うん」



16: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 22:48:30.06 ID:SNQptsvb.net

千歌「……それでもお別れだね」

曜「何で!?」

千歌からの突然の別れ。
曜は取り乱します。

千歌「私が何をしてるのかを曜ちゃんが知っちゃったから」

曜「(最初から気付いていたと言うかなんと言うか)」

千歌「だからごめんね、曜ちゃん」

さぁ今です!曜よ!止めるのです!

曜「……そっか」



17: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 22:49:58.95 ID:SNQptsvb.net

何故ですかっ!
さっきまでの威勢はどこに行ったのですか!
また渡辺に逆戻りですか!?

曜「うるさい」

……。

千歌「じゃあね」

曜「うん……」

千歌「あ、そうだ。はいこれ」スッ

千歌が何かを差し出します。



20: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 22:53:05.58 ID:SNQptsvb.net

曜「これは……瓶?」

千歌「の中にみかんジュースが入ってるから。私からのお礼だよ」

曜「オレンジジュース?」

千歌「み!か!ん!」

曜「み、みかんね。分かったよ」

千歌「それじゃあ」スタスタ

千歌は出発し、二度と戻ってくることは無かったそうな。



21: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 22:53:55.30 ID:SNQptsvb.net

そう、千歌は先日、曜に助けてもらったみかんなのです。
熟れて食べ頃になったのでお礼をしに曜の家まで来たのでした。
みかんを助けるなどイミワカンナイとは思いますが、実はみかんを食べようとしている小鳥を、曜が食べる為に撃ち落としたので、結果的に助けたことになったのです。
そして曜は――

曜「もしかしてこれって千歌ちゃんの――」

曜「ぐへっ、ぐへへ」ニヤニヤ

渡辺が気持ち悪いです。



23: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 22:54:59.48 ID:SNQptsvb.net

―真実―

千歌「片手をみかんに戻して……」シュイン

千歌「そこを、絞る!」ギュー

千歌「っ――!」

千歌「あぁぁぁぁ!!」ジョボボボボボ

千歌「ふぅー、疲れた。結構痛いんだよねー、これ」

曜に幸あれ。



24: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 22:55:25.97 ID:SNQptsvb.net

めでたしめでたし



26: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 23:04:18.71 ID:npaqGZAx.net

おつおつ
めでたし…なのか?



27: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/01/06(金) 00:01:28.12 ID:641HIYFf.net

ええやん
おつ


元スレ
【Aqours昔話】千歌「みかんの恩返し」
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1483623203/