1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 10:53:39.29 ID:dHC+QVWZ0

響「うーん…せっかくのオフなのにスッキリしない目覚め…」

響「あんまり食欲ないし朝ごはん食べなくてもいいかな…」

ジュイ!

響「ん?どうしたハム蔵?…体温計?」

響「んっ…しょっ」モゾモゾ

響「………」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 10:54:54.31 ID:dHC+QVWZ0

ピピピ ピピピ

響「37.3℃…微熱だぞ…」

響「まあ無理にでも食べて暖かくして寝てれば…」

響「とりあえずエアコンつけよう…」
リモコン「働きたくないでござる」

響「電池切れ!?」

響「う、うがー!こんな時の為にストーブが…」
ストーブ「灯油無いんだな、それが」

響「あれ?」
冷蔵庫「」パカパカ
いぬ実その他(美味しく頂きました)

響「えっ…」

響「ええーと…」

響「どうしよう…」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 10:57:32.32 ID:dHC+QVWZ0

響「う…うわーん!自分なんでこんな時にこんな目に会うんだー!!」

響「なんか嫌なことが纏めて来て気分が重いぞ…」

響「病は気からって言うし…」

響「こんな時に1人なのが急に寂しく…」グスッ

いぬ実「くーん」

響「ご飯食べたお前らなんて今日は許さないぞ…」

響「でも1人は流石に嫌だぞ…」

響「!」

響「そうだ、事務所、行こう」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 10:59:01.40 ID:dHC+QVWZ0

響「はいさーい…」

P「あれ?響?今日オフって伝えなかったか?」クルッ
小鳥「響ちゃんどうしたのー?間違えちゃった?」クルッ

P小鳥「ちょっと響(ちゃん)!顔色悪いけどどうした(の)!?」

響(見事なまでの一致…じゃなくて)

響「なんか少し体調悪くて…」

P「だったら家でゆっくり休んでた方が良かったんじゃ…」

響「いやあ…かくかくしかじかで…」

P「で、八方塞がりで事務所に来たと…」

小鳥「まあ私もプロデューサーさんも今日は事務仕事だけですからね」

P「そうですね、響の看病の片手間にでもできますね」

小鳥「じゃあ私買い出しのついでに薬とか買って来ますねー」タタタ…

P「はい、お願いします」

響「うー…ピヨ子ーありがとうだぞー」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 11:00:13.09 ID:dHC+QVWZ0

P「そういや響、熱はどれくらいあるんだ?」

響「んー家で測ったら37.3℃…」

P「微熱なのか…どれ…」ピタ

響(プププロデューサーの手が自分の額に…)

P「うーん…もう少しありそうな気もするんだよなー?」

響「プロデューサーのせいだぞ…」ボソッ

P「ん?なんか言ったか?」

響「い、いや!?なんでもないぞ!?」

P「熱冷まシート貼っとくか」ヒョイピタ

響「んっ…冷た…」

P「よし…と次は…」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 11:05:03.39 ID:dHC+QVWZ0

P「何か食べる物は…」

P(美希のおにぎり勝手に拝借しよう)

P「いやあ事務所には調理器具は無いがお湯くらいはあるからなー」

響(プロデューサーが何故か無駄に大声出してるぞ?)

P「コップにおにぎり入れてお湯を注ぐだけだが…」

P「まあ無いよりマシだろ」

響「うん…頂きます…」ズズズ

P「美味いか?」

響「お粥みたいだね、美味しいよプロデューサー」

P(美希に後で何て言おう)



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 11:06:11.38 ID:dHC+QVWZ0

P「お、冷蔵庫からプリン発見ー」

P「ほら、響食うか?」

響「誰のかわからなくて怖いぞ…」

P「ああ俺のだよコレ。食っていいぞ」

P(本当は誰のかわからんが…まあ大丈夫だろ…)

響「うーん…なんか嫌な予感がするぞ…」

P(あーバレるかな?いいや食わせちゃえ)

P「いいからいいから!まあ食べて食べて」アーン

響「えぇ!?///」

響「うう…あ、あーん」モグモグ

響(プ、プロデューサーにあーんってしてもらってるぞ…///)



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 11:07:57.98 ID:dHC+QVWZ0

響(結局全部あーんってしてもらっちゃったぞ…///)

響「もうお腹いっぱいだぞ…」

P「まあ体調悪いからな。無理して食わなくてもいいさ」

響「うん…えーと…ありがと…」

P「おう!どういたしまして」

P「あとは十分な睡眠さえ取れば大丈夫だろ…」

P「仮眠室でいいか」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 11:09:17.25 ID:dHC+QVWZ0

響「なにもかもありがとう、プロデューサー」

P「いいって事よ!担当アイドルの健康管理も仕事の内だからな!」

響「うん…じゃあおやすみプロデューサー」

P「じゃあ仕事に戻るから何かあったら直ぐに呼んでくれよ」

響「あ、あのっ…じゃあプロデューサー」

響(うぎゃー!なに呼び止めてるんだ自分!!プロデューサーはお仕事しなきゃなのに…)

P「ん?なんだ響?」

響(だけど…今日くらい…甘えても…いいよね?)

響「あのね…自分が眠るまでの間…頭を撫でて欲しいんだ…」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 11:10:15.92 ID:dHC+QVWZ0

P「わかったよ、響」ナデリナデリ

響「んっ…ありがとうプロデューサー…」

響(プロデューサーの手…おっきくてあったかい…)

P「…」ナデリナデリ

響(きもちいいな…)

P「…」ナデリ

響「zzz…」

P「寝たかな?」ナデリ

P「じゃあゆっくりおやすみ、響」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 11:11:23.38 ID:dHC+QVWZ0

小鳥「只今帰りましたー」

P(小鳥さん。静かに)小声

小鳥(あ、もしかして寝ちゃいました?)

P(ええ、だから静かに仕事しましょうか)

小声(ふふ…そうですね)

P小鳥「響(ちゃん)、おやすみなさい」


響「プロ…デューサー…」zzz

響「ありがとう、なー」zzz

終わり


元スレ
響「なんだか少しだるいぞ…」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1393293219/