1: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/01/09(月) 23:17:31.85 ID:bh9/JDYS.net

絵里「あへぇ……♡」ビクンビクン

希「えりちいいいいいいいい!!」

にこ「真姫ちゃん、何とかならないの!?」

真姫「脳がトロけているわ。現代の医学では、これは……」

凛「そんな……、絵里ちゃん! 絵里ちゃんっ!」

花陽「うぅっ……ぐすぐす」

海未「どうして。どうしてこんなことに……」

穂乃果「ことりちゃん、絵里ちゃんに何てことを!?」

ことり「え、えぇっ!?」オロオロ

ことり「こ、ことりは何もしてないよ? ただ、絵里ちゃんに頼まれただけで……」

にこ「頼まれた、ですって?」



3: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/01/09(月) 23:19:12.89 ID:bh9/JDYS.net

ことり「え、えっと。私が部室に入った時、いたのが絵里ちゃんだけだったの」

――――
――

ことり「あ、絵里ちゃん。早いんだね♪」

絵里「ああ、ことり。あなたも早いわね。穂乃果や海未は一緒じゃないの?」

ことり「うん。穂乃果ちゃん、宿題忘れちゃって。それで海未ちゃんが張り切っちゃってます」

ことり「私も一緒にと思ったけど、海未ちゃんが、ことりは穂乃果を甘やかすからダメです!って」

ことり「穂乃果ちゃんは、すっごい助けてほしそうな顔で見てたけどね……」

絵里「相変わらずね、あの子たちは……」クスッ

ことり「希ちゃんやにこちゃんは?」

絵里「どっちも用事だそうよ。細かくは聞いてないけど、しばらくしたら来るとは言ってたわね」



5: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/01/09(月) 23:21:14.75 ID:bh9/JDYS.net

ことり「そっか。じゃあ、一年生たちが来るまでは絵里ちゃんと二人きりだね♪」

絵里「ふふ、そうね。ことりと一緒だと、なんだか癒されるみたいでありがたいわ」

ことり「ことりで良ければ、いくらでも癒してあげちゃいますっ」

ことり「……ん? でも癒されるって。もしかして絵里ちゃん、お疲れ?」

絵里「あ、いえ。物の例えよ。それほど疲れてはいないはずだけど――」

ことり「……じとー」

絵里「こ、ことり?」

ことり「絵里ちゃん、嘘はダメだよ。ちょっと目元にくまがあるよ?」

絵里「え? ……あー」

ことり「絵里ちゃん、昨日は寝たのは何時?」

絵里「……ま、まあ大丈夫よ。ちょっと勉強が捗っちゃっただけで、大したことでは、」

ことり「な・ん・じ!?」

絵里「うっ。……じゅ、十二時くらいよ?」メソラシ

ことり「……本当は?」

絵里「……夜中の二時です」



6: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/01/09(月) 23:23:46.70 ID:bh9/JDYS.net

ことり「ダメだよ、そんなのっ! そんな夜更かししたら、絵里ちゃんの真っ白で綺麗なお肌が荒れちゃうよ!?」

絵里「だ、大丈夫よ。このくらいは、よくあることだし」

ことり「よくあるの!?」クワッ

絵里「あ。墓穴掘った……」

ことり「もうダメです、許せません! こうなったら、絵里ちゃんには今日はゆっくり休んでもらいますっ!」

絵里「休むって……それは駄目よ。穂乃果や海未も遅れるんだし、私まで休むわけには」

ことり「むぅー。絵里ちゃん、強情」

絵里「こういう時のことりほどじゃないわよ……。普段は大人しいのに頑固よね」

ことり「分かりました。じゃあ、ちょっとだけ仮眠する、これならいいでしょ?」

絵里「仮眠?」

ことり「うんっ。一年生たちはもうすぐ来るだろうから、にこちゃんや希ちゃんが揃ったら起きて練習」

ことり「これならいいでしょ?」

絵里「うーん。まあ、それなら」

ことり「よろしいっ。えーっと。じゃあ……おいで? 絵里ちゃん」ポンポン



8: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/01/09(月) 23:25:51.73 ID:bh9/JDYS.net

絵里「え。なによ、それは」

ことり「膝枕してあげる♪ 穂乃果ちゃんにも好評なんだよ、ことりの膝枕」

絵里「あー。分かるかも。すっごい気持ちよさそう」

絵里「……そう、ね。じゃあ、甘えちゃおうかしら」

ことり「どうぞ♪」

絵里「失礼します……」ポフ

絵里(あ……、これやばいわ。すっごい柔らかい。すっごいいい匂い。すっごい甘い感じ)

絵里(意識が……遠のく……)

絵里「あふぁ……」トローン



11: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/01/09(月) 23:27:48.84 ID:bh9/JDYS.net

ことり「ふふ、絵里ちゃん気持ちよさそう……♡」ナデナデ

絵里「うん……気持ちいい……」トロトロ

絵里「ねぇ……ことりぃ」プワプワ

ことり「なぁに? 絵里ちゃん」

絵里「ことりに子守歌、歌ってほしいの……」

ことり「ふふ。絵里ちゃんは甘えんぼさんだねぇ? いいよ、なに歌おっか」

絵里「うーんと。……はじめての、チュウ」

ことり「分かりましたっ。じゃあ……」

ことり「はじめてーのーチュウー♪」

――キミトチュウー♪



16: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/01/09(月) 23:30:28.55 ID:bh9/JDYS.net

――――
――

ことり「そうしたら、こうなってました……」

真姫「膝枕のうえに子守歌、ですって……!?」

花陽「ああ……っ」クラッ

凛「酷すぎる、もはやこれは過失じゃ済まされないにゃ!」

穂乃果「……残念だよ、ことりちゃん。まさかことりちゃんが、そんな人だったなんて」

ことり「待って待ってっ!? ことりはただ、頼まれたから歌っただけだよ!?」

にこ「あんた、包丁で胸を刺してって頼まれたら、刺すっての……?」

穂乃果「胸を刺して死ぬとは思わなかったとか、そんなこと言うつもりなのっ!?」

ことり「刺さないよ、怖い!? 歌の例えで何で包丁が出てくるの!」

海未「包丁はまだマイルドな表現です……。あなたの歌声を表現するなら、戦術兵器レベルのそれが妥当なのです」

ことり「ことりの歌声はいったい何なのっ!?」



19: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/01/09(月) 23:33:02.90 ID:bh9/JDYS.net

真姫「脳をトロけさせる特殊音波よ」

真姫「はいCTスキャン。こっちが正常な脳。こっちが、ことりの歌声を聞き続けた人間の脳ね」写真ピラッ

ことり「え、えぇ……」

凛「うっわ。これはエグいにゃ」

にこ「絵里の脳も今、こうなってるっての……?」

花陽「か、固め直したりとかできないの!?」

真姫「無理よ、そんなの。チョコを型に流して成型するのとは訳が違うのよ?」クルクル

希「……えりちは、ずっとこのままなん?」

真姫「症例が少なすぎる。確かなことは言えないわよ」

真姫「……でも医学的な見地で常識的なことを言わせてもらえば、元に戻るようなことがあれば、それは奇跡と呼ばれる事象ね」

にこ「絶望的、ってことじゃないのよ……」

希「そんな。えりち、えりちぃ……」



22: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/01/09(月) 23:35:12.49 ID:bh9/JDYS.net

ことり「いやいや! おかしいよ、そんなの。人の歌声で脳がトロけるなんて聞いたことないもんっ!」

絵里「あっあっあっあっ♡」ビクッビクッ

海未「ことり! 絵里の耳元で大声を出すのはやめなさいっ!」

ことり「ことりが悪いのぉ!?」

絵里「んほぉぉぉぉぉっ♡ しゅごいのぉぉぉぉ♡」ビクンビクン

希「やめて! これ以上えりちを壊さんといて……!」

ことり「え、いや、でも……」

希「お願い、お願いやことりちゃん……。うち今、自分を抑え込むんで精一杯なんよ」

希「うち、ことりちゃんに酷いことしたくないし言いたくない……お願いや」

ことり「ぁぅ」



24: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/01/09(月) 23:38:03.22 ID:bh9/JDYS.net

凛「……μ's、どうなっちゃうんだろう」

真姫「続けられるとは、思えないわね」

にこ「そんな……っ!」

穂乃果「穂乃果だって続けたいよ。でも……」

海未「絵里がこれでは、確かに」

花陽「うぅ……っ」

ことり「えっと……。よく分からないけど、絵里ちゃんを起こしてあげればいいん、だよね?」

真姫「だから、それが出来たら苦労しないのよ」

ことり「いやいや。だからね? 歌で脳がトロけるとか訳の分からないことを言われても、どう受け取ればいいのか」

ことり「とりあえず、普通に起こそうよ。絵里ちゃん、仮眠取ってただけなんだし……」

にこ「あんた、さっきから滅茶苦茶なこと言ってんじゃないわよ!? そんな簡単に起きるわけないでしょ!」

ことり「滅茶苦茶なのはどっちなのぉ!? いいもん、ことりが絵里ちゃんを起こすもん!」

ことり「希ちゃん、どいて!」

希「いや。でも、えりちは……」

ことり「どいてってば! もうっ!」



26: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/01/09(月) 23:40:23.47 ID:bh9/JDYS.net

ことり「ほら。絵里ちゃん、起きて? みんな揃ったよ、練習しよ?」

絵里「あへぇ♡」

ことり「絵里ちゃん?」

絵里「お゛お゛ん♡」

ことり「……」

穂乃果「……ねえ。ことりちゃん。これ以上は」

ことり「……こうなったら」

海未「ことり? な、なにを」

ことり「絵里ちゃぁん♡」

絵里「」ビクッ

ことり「起きて、おねがぁい……♡」

――――オネガァイ・・・
――オネガァイ・・
―オネガァイ・

絵里「――はっ!? こ、ここは……?」



30: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/01/09(月) 23:42:35.39 ID:bh9/JDYS.net

真姫「……うそ」

花陽「起きた」

凛「起きたにゃ……」

にこ「絵里が、絵里が起きた……!?」

希「え、えりちぃぃぃぃぃぃっ!」ダキッ

絵里「わぷっ!? もー、どうしたの希? そんなにこの、かしこいかわいいエリーチカが大好きなの?」

絵里「ふふっ、さすが私。かしこいって罪ね」ドヤチカァ

穂乃果「……あれ?」

海未「……なにやら、絵里の様子が」



31: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/01/09(月) 23:43:45.79 ID:bh9/JDYS.net

絵里「って、あーっ!? そう言えば、今日のプリパラの録画予約するの忘れてたわ!」

絵里「亜里沙に録画するようにお願いしないと……ってダメよ、亜里沙も今日は遅くなるって言ってた!」

花陽「……絵里ちゃん?」

絵里「くっ。どうしよう、どうしたら。毎週、あれを亜里沙と一緒に見るのが楽しみなのに……」

凛「……あの、絵里ちゃん?」

絵里「こうなったら、もう帰るしかないわっ!」

絵里「ごめんね、みんな! エリチカ、おうちに帰る!」タッタッタッタ

にこ「ちょ、ちょっと絵里!?」

希「ま、待ってえりち、どこ行くんー!?」タッタッタッタ

ことり「……帰っちゃった」

海未「希も、追いかけて行ってしまいましたね」



32: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/01/09(月) 23:46:04.81 ID:bh9/JDYS.net

穂乃果「絵里ちゃん。何かおかしかったよね。何て言えばいいのかアレだけど」

凛「ポンコツっぽかったにゃ」

穂乃果「あ、そうそれ」

真姫「……ま。脳がトロけてるわけだし、そりゃ普通じゃないでしょうケド」クルクル

真姫「起きただけでも十分よ。今日のところは絵里の大事を取って、練習はお休みにしましょ」

にこ「え、ええ。そうね」

花陽「絵里ちゃん、明日にはもとに戻ってるといいけど……」

真姫「まあ無理でしょ。一度トロけた脳がそう簡単に戻るわけないし」

真姫「でもまあ、目が覚めたからには日常生活そのものに支障はないんじゃないかしら。過去の症例的に」

凛「あれ。そんな症例あるの?」



33: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/01/09(月) 23:48:45.58 ID:bh9/JDYS.net

真姫「あるわよ? まあ、普段の言動はだいぶイカれたものになるようだけどね」

真姫「ああ。あと、今のは面白いデータだったわ。脳がトロけた人間は、ことりのお願いに抗えないのね」

真姫「ねえ、海未? 穂乃果?」

穂乃果「……うん?」

海未「あの、真姫。なぜ私たちに振るのですか?

真姫「何よ、とぼけた返事して。あのCTスキャン、海未の脳よ?」

海未「――え?」

真姫「あ、穂乃果のもあるわよ。似たようなものだけど……はい」写真ピラッ

穂乃果「――え?」

ことり「そんな……!? 二人が変な子だったのって、ことりのせいだったの!?」

ほのうみ「……え?」

ほのうみ「ええ!?」


おしまい



34: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/01/09(月) 23:49:35.95 ID:bh9/JDYS.net

書き始めたはいいけれど、オチが思いつきませんでした
申し訳ございません。短いですが、これにておしまいです

ご覧いただいた方々、レス頂いた方々、ありがとうございました



36: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2017/01/09(月) 23:49:53.84 ID:JX2BGR00.net

乙です
プワプワホラーだった



38: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2017/01/09(月) 23:50:52.78 ID:lmJPUkB+.net


ことりの歌で昇天したい



41: 名無しで叶える物語(浮遊大陸)@\(^o^)/ 2017/01/09(月) 23:53:04.17 ID:o2opSW7b.net

ことりに脳を溶かされて死にたくなるssでした 最高です乙


元スレ
絵里「ことりに耳元ではじめてのチュウを歌ってもらうわ」
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1483971451/