1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 21:30:34.66 ID:z0N6jDrb0

あーもう(配役)めちゃくちゃだよ…

ふたすき
ほもきらい



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 21:34:50.17 ID:z0N6jDrb0

美希「ぬああああああん疲れたのおおおおおおおん」

響「キツかったなー今日は」

貴音「あぁ今日はもうすごくキツかったです…」

美希「何でこんなキツいの、もうやめたくなるの~なんかアイドルぅー」

響「どうすっかな、自分もなー」

貴音「響速いです…」

響「自分完璧だからな」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 21:36:52.10 ID:z0N6jDrb0

響「あとシャツがねえ、もうビショビショだぞ」

美希「ウフフッ(笑)」

貴音「あぁちょっと待ってください」

美希「風呂入ってさっぱりしたいの~」

響「入るぞはやく」

美希「せやな」

貴音「ふぅー、あ、待ってください」

(美希、響通過)

美希「貴音ぇ、早くなの」

響「早くしろよぉ」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 21:40:02.37 ID:z0N6jDrb0

(3人で狭い風呂場で入浴)

貴音「白菜洗いますね」

美希「え?」

貴音「失礼、かみまみた」

響「かみ過ぎだぞ貴音」

貴音「ふふ、失礼」

貴音「では美希、まず背中から洗いますね」

美希「んー」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 21:44:18.45 ID:z0N6jDrb0

貴音「それにしても疲れましたね」

美希「んー大変だったの」

美希「こんなの毎日続いたらちょっと辞めたくなるの」

貴音「響も今日疲れでしょう、ねぇ」

響「疲れたぞ」

美希「ねー?」

貴音「じゃあ流しますよ」

美希「お願いするの」

(ザパー)



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 21:48:18.57 ID:z0N6jDrb0

貴音「ふぁー、頭にきますよ」

美希「え?ご、ごめんなの」

響「美希、噛んでるだけだぞ」

貴音「ふふ、私少し疲れているもので」

美希「びっくりするの…」

貴音「では頭いきますよ」

美希「んー、もう一回よろしくなの」

貴音「いいですか?ハーイ」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 21:55:27.00 ID:z0N6jDrb0

響(…それにしてもふたりとも両方おっきいぞ…)

響(自分も胸は結構あるって自信はあるけど…)

響(二人を見てると少し自信なくなるぞ…)

(湯船から美希たちをチラチラ見る響)

美希「んー、サンキューなの。ねー、ぬ…、響、響もなの」

響「え、自分もやるの?」

美希「当たり前なの、なあ」

貴音「えぇ、私もやりましたからね。…ふあー疲れたどぉおおん」

(洗う響)



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 22:02:37.50 ID:z0N6jDrb0

響「んぅ」

美希「響も結構、洗い方うまいの」

(美希のアレがムクムクと勃起し始める)

響「あ、ありがとうございます…」

響(え、ちょ、でけぇ。なんででかくしてんだ美希のやつ)

貴音「私も後から洗ってくださいね響、頼みましたよ?」

響「えっ…」

(一通り体を洗う響)

響(はえ^~…すっごいおっきぃ…)

響「じゃ、な、流します」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 22:05:59.96 ID:z0N6jDrb0

美希「あ、おい待てぇいなの、肝心な所洗い忘れてるの」

響「え、か、肝心な所…?」

美希「何トボケてんの、ココアライノン」

響「え?」

美希「え?」

貴音「美希、あなたも疲れているのですね」

美希「あー、うん、クタクタなの」

貴音「ろれつがあまり回らないのですよ。響」

響「え、うん」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 22:10:24.14 ID:z0N6jDrb0

美希「はいじゃあ響、ここ洗ってなの」

(再びカチカチに勃起する美希の股間。一瞬モザイクが薄くなる)

響「わ、わかりました…」

響(わー、わー…ほんとにでかいぞ…)

貴音 「いいお風呂♪」バシャァ

(勃起した美希の股間を洗う響)

響(うぅー…固いし…)

貴音「何ですか響嬉しそうじゃないですか」

響「いや、そんな…」

(美希、響に洗われてしばらく美しく愛らしいかわいくて可憐な麗しく素晴らしいきれいなヘブン状態が続く)



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 22:13:04.38 ID:z0N6jDrb0

貴音「フゥーッ…美希、そろそろ上がりますか?」

美希「そうだなあ…流して」

(美希の股間のアップ。モザイクが一瞬薄くなり、亀頭が丸見えになる)

響「あっ…」

響(平常心平常心…)

(響、美希をシャワーで洗う。勃起した美希の股間のアップ)

響「あ、えと、あ、熱くない?」

美希「んー、いいのー。ふぅー」

貴音「上がったららぁめんですか?」

美希「そうなnいやちょっと待って貴音」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 22:18:00.83 ID:z0N6jDrb0

貴音「どうかしました?」

響「汗流したのにまた流してどうするんだ」

貴音「あ…」

美希「牛乳はどうなの?」

貴音「えぇ、たぶん冷えてますよ」

美希「うん。今日はいっぱい飲むのー」

貴音「ふぅーぅ、ふぅーうう…びばのんの♪」

美希「ん、もういいの」

響「あ、はい」

美希「はぁーさっぱりした」

(3人とも風呂からあがる。美希は一度も湯船に浸かっていない)



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 22:22:23.52 ID:z0N6jDrb0

美希「フゥー↑↑」

貴音「イイ湯加減でしたね」

美希「フゥーアー、 ミルク!ミルク! アッツゥー↑」

響「あーはやく牛乳飲みたいぞー。貴音ぇ、冷えてるかー?」

貴音「んぁ、大丈夫ですよ、ばっちり冷えてますよ。…ふぅ」

(しばらく和室でくつろぐ3人。しかし事態は意外な方向に…)

美希「あー…キンキンに冷えた飲み物って結構頭にくるの…」

響「その頭痛、アイスクリーム頭痛って言うらしいぞ」

美希「へー。なんでなの?」

響「あ、えー…ごめん、わからないぞ…」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 22:24:00.37 ID:z0N6jDrb0

貴音「人の脳の冷たさを感じる場所と痛みを感じる場所は近いらしいです。それで脳が間違って、と聞いたことがありますよ?美希、響?」

響「なるほど納得」

美希「ヒトの脳って結構単純なの…」

貴音「そうですよ。結構単純なのです。ところで美希、よな、夜中腹減らないですか?」

美希「腹減ったのー」

貴音「ですよねぇ?」

美希「え?」

貴音「え?」

響「…」ge2なう



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 22:30:21.28 ID:z0N6jDrb0

貴音「この辺にぃ、美味いらぁめん屋の屋台、来てるらしいのです」

美希「えっ?そうなの?」

貴音「行きませんか?」

美希「行きたいの」

貴音「行きましょうか」

貴音「じゃあ今日夜行きましょうね」

美希「うんそうだね。あっそうだ(唐突)、ねぇ響!」

響「えっ、何?」電源OFF

美希「さっきミキ達が着替えてるときチラチラ見てたよね?」

響「いや、み、見てないですよ」

美希「嘘付け絶対見てたの」

響「何で見る必要なんかあるんですか(正論)」冷や汗



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 22:37:06.86 ID:z0N6jDrb0

貴音「あっ響、さっきヌッ、脱ぎ終わった時に、なかなか出てぇ、来なかったですよね?」

美希「そうなの(便乗)」

響「いっ、いやそんなこと…・。」

美希「見たけりゃ見せてやるの。ホラ。ホラホラ」

(そして美希達2人による響への熱心な指導(大嘘)が始まった…)

(響に自分のイチモツを見せつける美希)
(目を背ける響)

貴音「さぁ見なさい見なさい」

美希「ホラ、見ろなの見ろなの。ホラ」

(獲物をブラブラさせて近づける)

貴音「何やっているんですか響ホラ見なさい。よく見るんですよホラ、逃げちゃぁだめですよ」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 22:42:38.67 ID:z0N6jDrb0

(貴音、いきなり響の背後にワープ)

美希「ホラ、見ろなの」

貴音「見なさい。なんですか、ホラ見るのです」

響「やめてよ。やだ…」

貴音「ホラホラホラ。くちあけっ、口を開けるのですホラ」

美希「嬉しいでしょぉ~!?、ホラ、オラァ!」

貴音「ホラーホラー、ホラホラホラホラ」

響「やめてくれよ…」

貴音「なぜですか?ホラー、うれしいでしょう?」

響「やだ…」

貴音「ホラー。ホラ喜ぶんですよホラホラホラホラ。ホラ口開けなさいホラホラ、ホラホラホラ、ホラホラ。ホラホラ、ホラホラホラ。もっと、舌を使うんですよ舌ホラー」

響「やめ…」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 22:49:16.61 ID:z0N6jDrb0

美希「せい!」

響「ンッ!ンッー、ンッー!」

響(生暖かいっ!なんかしょっぱい!ぞ!)

貴音「もっと舌使うんですよ響。美希、気持ちいいですか?」
美希「舌使うの…」

響「ンッ!ンンッー!」

響(きも、きもちいわけないぞ!)

美希「上手いじゃないの」

貴音「後から私にもやってくださいよ、何か溜まっているんですよ」

美希「おお、いいノ~これ」

貴音「いいんですか?おぉー。もっと美味しそうに食べるんですよ」

響「ンンー、オホッ!」

響(・・・あ、ちょっと美味しいかもしれないぞ)



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 22:52:02.77 ID:z0N6jDrb0

貴音「もっと舌使うんですよホラホラ」

美希「オゥラ」

貴音「美味しいですか?もっと美味しそうに舐なさい響」

美希「もっと奥まで行けなの」

貴音「奥までホラホラ」

美希「オラッ!」

響(くるしい!ぞ!)

貴音「私の物も頼みますよ響」

(貴音脱ぎ)

貴音「ホラ、ホラホラホラ。頼みますよ。ホラホラ」

響(貴音の…美希より太いぞ…)



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 22:56:34.75 ID:z0N6jDrb0

美希「こっちは手なの手」

貴音「ホラホラ手ですよ手。ホラホラ…」

響(うぐぐ)

貴音「ホラホラ上手いですよ響。本当に気持ちいいですよ。もっと舌使って舌使ってホラ、ん~気持ちいい~」

美希「こっちも…」

貴音「えぇ。しっかり舌使うんですよ舌。舌使って舐めて見るんですよホラ」

美希「ちゃんと二本くわえ入れるの」

響(二本同時なんて無理なのぉぉ)

貴音「いいですね!舌ちゃんと使ってください、気持ちいいですよーフゥー」

響「ゲホッゲホッ!」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 23:00:16.58 ID:z0N6jDrb0

貴音「ホラホラホラァー、もっと奥まで頼みますよー。響しっかり頼みますよ?」

美希「おぁー、いいのー」

貴音「ヨシヨシヨシヨーシ」

美希「ぉぉ、うまいの」

貴音「もっと舌使って舌。アアーイィ!アッイイデスヨイイデスイイ~。ちょっと歯当たってますよ(指摘)」

響「んっ…んっ…」

響(ソーセージみたいでいいかもしれない…)



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 23:09:11.00 ID:z0N6jDrb0

(美希と貴音、今度は自分らが響の肝心な所をしゃぶろうとする)

美希「よしよしよーし。…響もして欲しいでさ?(東北弁)ねぇ?やってやるの、ほら、脱げなの!貴音そっち捕まえてて!」

貴音「やられたいでしょう?ほら、脱ぐんですよ。ホラ。逃げるんじゃあないですよ!ホラ」

美希「ホラホラホラホラ、脱げよホラ!貴音!手!手!手!」

貴音「脱ぐんですよ、響。…脱ぎなさい!ホラ、ホラ、ホラ…。咥えなさい?」

響「やだ、ひぎぃー」

美希「ほら、ちゃんとなめるの」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 23:15:25.44 ID:z0N6jDrb0

(逃げる響を捕まえ押さえつける二人。美希が上から咥えさせ貴音が下から響のをしごく)

響(あがが)

貴音「うれしいでしょう?ホラホラホラァー。ちゃんとなめなさい?美希、気持ちいいですか?」

美希「んん、いいの」

響「ンッ、ンッ…」

響(も、もうよくわかんない、ぞ)

貴音 「もっと舌使って、ね」

美希「ォォー、イイノォ…」

(しばらくその体勢)

美希「しっかり舌使ってねー。響勃たないの?貴音、勃たしてやってなの!

貴音「しょうがないですね。…はいいきますよ」

(貴音、響のをしゃぶる)

響(ふわぁぁ^~…あったかいぞ…)



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 23:20:51.22 ID:z0N6jDrb0

美希「じゃあミキの方は…、ケツの穴舐めろなの」

響「え…」

美希「ホラ」ドスン

響(うえぇ!…匂いがすごいぞ!)

貴音「ンーッ!気持ちいいですか響?」

美希「勃たしてやれ、やって、あれ?」

貴音「ん、まかってまふよ」

(美希のケツの穴を舐めさせられながら貴音にしごかれる響)

貴音「響気持ちいいですか?」

響「ひもちぃぃ…」

美希「貴音」

貴音「えぇ分かりました」

響「ひゃぁ?!」

(いきなり体勢変更し、まんぐり返しにした響の上に貴音がのしかかってケツを舐めさせ、美希が響のケツを舐める)



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 23:25:52.77 ID:z0N6jDrb0

美希「貴音、響玉とか舐めだしたの。やっぱ好きなのね~」

美希「気持ちいい?ケツの穴舐められて、響?」

貴音「…お尻の穴を舐められたことあるんですか響、誰かに…」

響「むぅぅ!」

響(ある!わけ!ない!ぞ!)

貴音「無いんでしたらいいです」

美希「歯ぁ当てんなのー。…貴音今度ミキの舐めるの。ホラ」

(美希が貴音に自分のナニを舐めさせるべく立ち上がる)

美希「ォォー…」

貴音「美希勃ってきましたね。私に挿れますか?」

美希「お?そう…?じゃあケツだして!なの!」

貴音「ハイ」

美希「よし!じゃあぶち込んでやるの!」

貴音「えぇ、よろしくお願いします」

(貴音、ケツを叩かれ挿入される)



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 23:32:25.07 ID:z0N6jDrb0

貴音「ゆっくりお願いしますよ美希…」

響(お、お尻の穴…貴音も気持ちよさそう…だし…)

貴音「美希、気持ち、いいですか?」

美希「いいのぉー…」

(体位を変えつつ、しばらく美希達二人の見ているだけで心が癒やされ浄化されまるで楽園〈エデン〉を体現しているような絡みが続く)

美希「ほら響。見てないでこっち来て、響も挿れてみるの」

響(う…は、入るのかな…?)

(美希が見守る中、響、貴音の尻穴に挿入)

貴音「ほぉぉぉ…」

美希「どう響?気持ちいいでしょ?」

響「気持ちいい…」

貴音「響、嬉しいですか?」

(頷きつつ、女?のケツの味に驚く響)



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 23:40:09.40 ID:z0N6jDrb0

(再び体位が変わり壁際から貴音、それを美希がしゃぶり、美希の下から響がしゃぶる構図に)

貴音「アッー!美希気持ちいいですよ…もとしかっ、もっと舌使ってくださいよぉ…あぁ気持ちいいですよ」

(黙々と迫真の行為が続く)

貴音「もっとシゴいてぇ…!イキます、イキますよ、イクイク…ハァ…ハァ…ハァ…ヌッ!…ウッ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、 ヌ゛ッ! ハァ、ハァ、ハァー…」

(美希にシゴかれ貴音射精。可憐で美しく麗しい月からの光のような神々しいドアップと、貴音のをしっかり掃除する響を映して場面移行)

(響と美希の絡み(響は美希を堀り、美希は響にしゃぶらせる)の末両者射精し(響は笑顔で)、フェアリーは仲良く盛って終了)



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 23:42:19.40 ID:z0N6jDrb0

(その後、彼女らが美味いラーメンを食べに行ったかどうかは定かではない)



くぅつかw

MKとHRKが仲悪くないけど良くもないSSもどき書いて3章をフェアリーで書くゾって言ったから書きました。
我ながら俺精神状態おかしいよ…



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 23:46:11.39 ID:dWNLQ3fOP

お↑つ↓



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 23:46:37.87 ID:cR16N6u20

3人はどういう集まりなんだっけ?



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 23:47:12.86 ID:z0N6jDrb0

>>56
アイドルゥ…


元スレ
美希「ぬああああああん疲れたのおおおおおおおん」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1393331434/