1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/15(火) 21:54:35 ID:jhOTgqDg

男「ああ、なんだトイレか」

幼「っ!? バカバカっ!」

男「ごめんごめん。わざわざ口に出すことでもなかったな」

男「それよりも、次は移動教室だからな。さっさと済ませちゃえよ」

幼「~~~~っ//// バカバカバカ!」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/15(火) 21:58:57 ID:jhOTgqDg

――放課後

男「あちゃ、いつの間にか凄い雨だな」

友「朝は The 快晴! って感じだったのにな」

友「男は傘持ってきてるのか? 俺は部室に置きっぱのやつがあるから大丈夫なんだが」

男「備えあれば憂いなしってね。この手のことで装備品を欠かしたことはないよ」

男「っと、玄関で幼が戸惑ってる。それじゃあな友」

友「おう、またな」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/15(火) 22:02:29 ID:jhOTgqDg

――玄関

男「おーい、幼」

幼「!」

男「お前、傘持ってきてないのか? 昨日忠告してやっただろ」

幼「ふん!」

男「全く……俺の傘使わせてやるから一緒に帰ろうぜ」

幼「! ……ん////」コクリ



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/15(火) 22:04:18 ID:jhOTgqDg

男「じゃあ俺は折りたたみ傘使うから幼が大きい方使えよ」

男「こんなこともあろうかと2つ持ってきといてよかった」

幼「……バカ!」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/15(火) 22:09:13 ID:jhOTgqDg

――下校途中

男「なんで貸してあげたのに怒ってるんだよ。その傘が嫌なのか?」

幼「ふん!」プイッ

男「こういう時の幼あよくわからん……」

男「そうだ、雨宿りがてらにそこの喫茶店寄ろうぜ? その傘貸してしまったお詫びに奢るよ」

幼「うむ」コクコク

男「あれ? なんかおかしくない? まぁいいや」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/15(火) 22:12:38 ID:jhOTgqDg

――喫茶店

男「幼ってホント甘いもの好きだな。いや、俺もだけどさ」イチゴパフェ モグモグ

幼「ん」チョコパフェ モグモグ

男「……」モグモグ

幼「……」モグモグ

男「……」モグモグ

幼「……」モグモ…チラッ



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/15(火) 22:17:05 ID:jhOTgqDg

男「……?」

幼「……」チラッ チラッ

男「もしかして……イチゴパフェ食べたい?」

幼「っ! ////」コクリ

男「他人のものを欲しがる癖はまだ直ってないんだな」

男「ほれ、あ~ん」

幼「!? あ、あ~……////」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/15(火) 22:20:33 ID:jhOTgqDg

男「なんてな。冗談だよ。ほら、食っていいけど一口だけだからな?」

幼「……」ワナワナ

幼「ふん!」バクバク

男「ちょっ!? なに全部食ってるンすか!?」

幼「バカ!」プイッ

男「理不尽だ……」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/17(木) 23:03:50 ID:5QE9uppU

――とある休日

幼「ふんふふ~ん♪」

隣のおばちゃん「あら? 幼ちゃん、おめかしなんかしてお出かけかい? へぇ、男くんと映画館でデートなんてやるじゃないかい」

幼「!?」 ブンブンブン

隣のおばちゃん「嘘ついたってダメだよ。全部顔に書いてあるんだから。頑張っといでよ!」

幼「……ん!」 コクリ



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/17(木) 23:08:17 ID:5QE9uppU

――映画館前

幼「おーい、バカ」

男「人の多いところでバカって呼ぶなよ。もう慣れたけどさ」

男「さて、じゃあ行くか。それにしてもお前から映画に誘うなんて久しぶりだよな。どんな映画なんだ?」

幼「ん……あれ」 ユビサシ

男「恋愛ものかぁ……こういうのはお互い、早く恋人と行くようになりたいもんだよな」

幼「~~~~っ!! バカバカバカ!」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/17(木) 23:14:20 ID:5QE9uppU

――映画館内

映画「ナア、ヤラナイカ?」

男(もうすぐクライマックスか……大々的に宣伝してるだけあってなかなか面白いな)

幼「……」

男「……」

映画「yes yes! yes!!」

男(//// なんてシーン流すんだよ。幼馴染と一緒に見るような内容じゃねえよ!)



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/17(木) 23:20:03 ID:5QE9uppU

幼「……」ギュッ

男「!?」

男「え、ちょ、幼!?」

男(手ぇ掴まれた……なんで? なんでこのタイミングで!?)

幼「……」

男(まさか……もしかしてもしかすると、幼のやつ……)



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/17(木) 23:26:19 ID:5QE9uppU

男(幼のやつ……変な気分になっちゃったんじゃないだろうな!?)

男(ってそんなわけないか。幼がそんな節操のない娘じゃないってことくらい百も承知……けど、ならこの手はなんだ?)

男(……)

男(……今更思ったんだが、二人きりでお出かけ→恋愛映画→手を繋ぐ。これって俗にいうデートってやつ、なんじゃ……?)

男(まさか幼、そのつもりで今日俺を誘ったのか!?)

男(今までそんな素振り見せたことなかったのに、あいつ……)



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/17(木) 23:29:47 ID:5QE9uppU

男「お、おい、幼。その……急に手なんか繋いだりして、あの……どうしたんだよ」ヒソヒソ

男「えっと、変なこと聞くけど、もしかして、その……お前……」

幼「zzz」

男「……」

幼「ムニャ ムニャ」

男「なんで残念そうなんだろう、俺」

映画「アンタ、オトコダヨ」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/17(木) 23:32:42 ID:5QE9uppU

――映画館外

幼「あふぅぁぁぅ」※アクビ

男「……」

幼「……?」

男「……いや、なんでもない」

男「それより、これからどうするんだ? 幼は寝てたけど映画は見終わっちゃったし。」

男「なんか予定あるのか?」



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/17(木) 23:35:19 ID:5QE9uppU

幼「ん~……」

幼「! あれ!」 ユビサシ

男「ゲーセン? そういや幼と行くのはかなり久しぶりだな」

幼「はやく、行く」 グイグイ

男「おいこら、服を引っ張るなって」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/17(木) 23:40:22 ID:5QE9uppU

――ゲーセン

男「さて、何からやるか……幼は得意なゲームとかあるのか?」

幼「ん!」 ユビサシ

男「ジュラシックパークとは……また懐かしいガンシューティングを選んできたな」

幼「~~♪」 チャリン

男「これに乗ると変にテンション上がっちゃうよな。うわ、このグラフィック……時代を感じる」 チャリン

男「よし、じゃあいくぞ~」 チャキッ

幼「ん!」 カチャッ

男「スタート!」



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/17(木) 23:43:52 ID:5QE9uppU

――10分後

幼「ん~~♪」 ノビ

男「1000円も使ってしまった……照準右上にズレすぎだろ、あのガンコン」

男「で、幼は100円でクリア、と」

幼「ん!」 エッヘン

男「意外な特技だ……」



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/17(木) 23:47:32 ID:5QE9uppU

男「気を取り直して他のゲームするか」

幼「次、あれ!」 ユビサシ

男「お? どれだ? …………ば、バーチャ、ロン!?」

幼「ん!」 ニッコリ



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/17(木) 23:52:37 ID:5QE9uppU

――しばらくして

男「疲れた……暗くなってきたし、今日はここらでお開きにするか」

幼「! う、ん……」 シュン

男「……」

幼「……」 シュン

男「また行こうな? 映画にもゲーセンにも」

幼「! ……ん!」 パアアッ



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/17(木) 23:56:02 ID:5QE9uppU

男「でも今度は映画の途中で寝たりするなよ? 今日見た映画だってかなり面白かったんだぞ?」

幼「//// ふん!」

男「全く、素直じゃないなぁ。眠かったんなら最初からそう言えばよかったのに」

男「せっかく二人で行くんだから、二人一緒に楽しまないと損だろ?」

幼「……ん」

男「わかったのならよろしい」

幼「ん」



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/17(木) 23:58:49 ID:5QE9uppU

男「……」

幼「……」

男「……」 ソワソワ

幼「?」

男「あ~……その、なんだ」

男「ほら、暗くて足元見えないだろ」

男「手ぇ……引いてやるよ」 ギュッ

幼「あ……////」 カアッ



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/18(金) 00:00:59 ID:0ZAV2ljA

男「……////」

幼「……////」

男「え、映画館でのお返しだからな」

幼「?」

男「……なんでもない」

幼「? …………♪」ニコニコ



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/23(水) 22:46:12 ID:QmQATYGM

――ある日

友「男~今日は一人で下校か? 幼ちゃんは?」

男「あいつは委員会で居残りだ。遅くなるから先に帰ってていいって言われた」

友「ふ~ん。そういえば幼ちゃんって何委員だっけ?」

男「美化委員。幼って意外ときれい好きだからな~」



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/23(水) 22:52:47 ID:QmQATYGM

友「放課後にまた掃除するなんて俺には考えられん」

男「俺もだ。しかも清掃場所が一つじゃないらしくて一時間以上かかるらしいんだよ」

男「待つ方も待たれる方も気を使うから、こういう日は別々に帰るって決めてあるんだ」

友「へぇ~。あ、じゃあさ、久しぶりにゲーセンにでも寄っていかね?」

男「いいぞ。ちょうど特訓しときたいゲームもあるしな」

友「特訓? なんか新しいゲームでも出てたっけ?」

男「いや、新しくはない……何年前のゲームなんだろ、あれ」



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/23(水) 22:57:55 ID:QmQATYGM

――ゲーセンに入ってしばらくして

友「……照準のズレ、あれは酷すぎだろ」ゼエゼエ

男「一般人躱して撃つのが無理すぎる。ただでさえ敵が多いってのに」ハアハア

友「何で今更ジュラシックパークなんて……うわ、700円も使っちまったよ」

男「俺なんか1000円だぞ……進歩してないなぁ」



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/23(水) 23:00:29 ID:QmQATYGM

友「ええい! 次、次のゲームいくぞ! 次は……そうだなEXVSでも」

男「その前にもう一つだけいいか? えっと……あのゲーム、なんだが……」

友「ば、バーチャロン……男、少し見ないうちに趣味変わったな……」



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/23(水) 23:05:20 ID:QmQATYGM

――しばらくして

友「意外に燃えたな……」

男「ああ……あの後の二時間はバーチャロンしかしてないぞ、俺たち」

友「まぁ、懐かしかったし、たまにはこんなのもいいけどな」

男「だな。ジュラシックパークはともかく、バーチャロンならもう幼に遅れはとらんぞ」

友「幼ちゃん? はは~ん、今日のレトロゲーム’sを好きだったのは幼ちゃんか」

男「ああ。ついこの前なんだけどさ、あいつと映画見たあとに」



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/23(水) 23:10:51 ID:QmQATYGM

友「はい、ストップ!」

男「……なんだよ急に」

友「俺はな、お前たちのノロケをいつも一番間近で見てるんだぞ」

友「だからわざわざデートの思い出を聞かせたりなんかしないでくれ……独り身には辛い」

男「で、デートなんかじゃねえって!」

友「はいはい……休日に男女二人きりで出かけることをデート以外になんて呼ぶのか、知ってたら教えて欲しいよ」

男「ぐむむむ……」



37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/23(水) 23:14:45 ID:QmQATYGM

友「さて、男をからかうのも面白いけど、さすがに暗くなってきたな。帰るか」

男「ああ、さっさと帰っちまえ帰っちまえ」

友「ははは、じゃあまた学校でな~」

男「じゃあな」

男「さて、帰るか」

男「……」 スタスタ

男「……デートか」

男「……」



38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/23(水) 23:17:09 ID:QmQATYGM

?「バカ? お~い、バカ~?」

男「この声……?」

幼「バカみっけ」

男「幼!? こんな遅くにこんな場所でどうしたんだ?」

幼「これ」 スッ

男「これは……清掃用品?」

幼「ん」



39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/23(水) 23:20:20 ID:QmQATYGM

男「放課後に掃除して、帰りに買出しか・・・・・・美化委員って大変だな」

幼「でも、楽しい」

男「そっか、ならいいんだけどな」

男「ちなみに俺は友とのゲーセン帰りな」

幼「なにした?」

男「ふっふっふ。幼、もうこの前と同じ俺だと思うなよ?」

幼「!」



40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/23(水) 23:24:34 ID:QmQATYGM

男「今日バーチャロンにいくら使ったか……今では思い出したくもないな」

幼「……無駄な努力」

男「言ったな? よし、じゃあ今度の日曜日あたり暇か?」

幼「ん」

男「ならあの日と同じで、映画見てからゲーセン行こうぜ」

男「今面白そうなアクション映画やってるからさ」



41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/23(水) 23:29:43 ID:QmQATYGM

幼「アクション?」

男「そ、アクション。アクション物なら退屈しないし、幼も簡単には眠くならないだろ?」

幼「……バカ」///

男「ははは。なら、アクションで眠らなかったらまたあの恋愛映画にチャレンジしてみるか?」

幼「! ……ん!」

男「前の日はさっさと眠れよ? 二人で行ったのに感想が言い合えないってのは悲しいからな」

幼「ん」



42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/23(水) 23:32:04 ID:QmQATYGM

男「はは、なんか喋ってることがこの前の帰りと同じだな」

幼「この前の、帰り……」 ///

男「ん? ……あ」

幼「……」 ///

男「……」 ///



44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/23(水) 23:38:09 ID:QmQATYGM

男「よ、幼。片腕空いてるし、その買い物袋持ってやるよ。重いだろ?」

幼「ううん、いい」 フルフル

男「そ、そうか?」

幼「そのかわり」 ギュッ

男「!?」

幼「暗くって足元危ない。手ぇ、握ってて……」 ///

男「お、おう」 ///



45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/23(水) 23:41:13 ID:QmQATYGM

幼「……」 ///

男「……」 ///

幼「……この前と、おんなじ」

男「……だな」

幼「……」

男「日曜が、楽しみだ」

幼「ん」



49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 23:24:33 ID:jbsIWrXI

続きを書く前に謝罪させていただきます

気づかぬうちに最初の頃と書き方変わってしまっていたので、
今後は最初の書き方で統一させていただきます

○ 幼「……///」
× 幼「……」 ///



50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 23:28:00 ID:jbsIWrXI

――とある放課後の校舎裏

クラスメート「幼さん、あの……僕と付き合ってください。お願いします!」

幼「」ポカン

クラスメート「同じクラスになってからずっと見てました。それで、もしよければ」

幼「……無理」

クラスメート「っ! そう、ですか……」



51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 23:29:31 ID:jbsIWrXI

幼「好きな人、いる。だから無理」

クラスメート「……わかりました。お時間を取らせてスイマセン」 トボトボ

幼「……」



52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 23:33:16 ID:jbsIWrXI

――

男「まったく、毎度のことながらなんで俺が付いていかないといけないんだ」

男「知らない奴が相手のわけでもないのに」

幼「…………もし、襲われたら」

男「クラスメート君がそんな人に見えるか?」

男「どんな断り方してるのかは知らないけど、学校の敷地内でそんなことする人なんかいないって」

幼「……」



53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 23:37:44 ID:jbsIWrXI

男「まぁ別にいいんだけどさ」

幼「……」

男「……」

男(何度経験してもこの気まずさには慣れないな。幼も毎回黙っちゃうし)

男「し、しかし、幼はモテるよなぁ。告白された回数ももうふた桁いったんじゃないか?」

幼「……あんまり嬉しく、ない」

男「たしかに好きでもない奴から告白されても困るだけだしな」

幼「ん」



54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 23:41:02 ID:jbsIWrXI

男「でもモテないよりはモテる方がいいって。幼が羨ましいよ」

幼「男も、モテるよ?」

男「みえみえの慰めはいいっての。俺、生まれてこのかた告られた回数0だし」

幼「……ううん、一回」

男「はは、何言ってんだよ。本人が0って言ってるんだぞ。ないない」

幼「好き」



55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 23:43:04 ID:jbsIWrXI

男「……………………え?」

幼「これで、一回」

男「じょ、じょ、冗談はやめろって。心臓に悪いだろ」

幼「冗談、違う」

男「な……」

幼「……///」 ドキドキ



56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 23:45:57 ID:jbsIWrXI

男「お、お前も卒業シーズンだからって浮かれてるのか!?」

男「それとも友と一緒になってドッキリでも」 アセアセ

幼「……バカっ!!」 ダッ

男「よ、幼!?」

男「泣いてた……まさかあいつ、本気で……?」



57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 23:50:01 ID:jbsIWrXI

――夜

男(あいつが泣いてるのを見るなんて、何年ぶりだろう)

男(それだけ本気だった、ってことか)

男(……幼い頃からずっと一緒だったし、俺だってずっと前から好意は持ってたけど)

男(……)

男(本気で気持ちを伝えてきた幼にあんな態度とっちまった……)

男(……はぁ、明日どうやって謝って仲直りしよう)



58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 23:52:50 ID:jbsIWrXI

――次の日

友「おう、男。おはよ」

男「……おはよ」

幼「……」 スタスタ

男「よ、幼。あの……おはよう」

幼「……」 スタスタ

男「あ……」

男(無視、か……こんな状態じゃ謝罪の言葉なんて届かないよな)



60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/25(金) 23:59:53 ID:jbsIWrXI

友「男、また幼ちゃんと喧嘩か? 飽きないねえ」

男「いや、今度のは喧嘩っていうか、さ……」

友「なんにせよ、謝るんなら早いほうがいいぞ~」

友「残り少ない高校生活を無駄に浪費しちまうしな」

男「それはわかってるんだけど、どうすればいいんだろう」



61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/26(土) 00:03:01 ID:YD7uYLSU

友「卒業を間近にひかえて告白をしてくるやつが多いって聞くからな」

友「お前も思い切って幼ちゃんに告白しちまえよ」 ケラケラ

男「!」

男(そうだよ……なんで俺は謝ることなんか考えてるんだ)

男(俺が伝えたいのは……幼が待ってる言葉はそんなんじゃないだろ!)



62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/26(土) 00:05:17 ID:YD7uYLSU

――放課後

幼「……」

幼「……!」 机の中に手紙

手紙『放課後に校舎裏にて待ってます』

幼「……」 オロオロ

幼「……」 キョロキョロ

男の姿なし

幼「……ふん!」



63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/26(土) 00:07:13 ID:YD7uYLSU

――校舎裏

幼「……」

幼「……バカ」 ボソッ

?「来てくれて、ありがとな」

幼「っ!」

男「よう」

幼「!?」 ダッ



64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/26(土) 00:09:49 ID:YD7uYLSU

男「ま、待て! 俺の話を聞いてくれ」

幼「……」

男「そのままでいいから聞いてくれないか。もう回りくどいことなんか言わない」

男「昨日あれからいろいろ考えて、そして今朝、やっと自分のするべきことに気がついたよ」

幼「……」



65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/26(土) 00:13:37 ID:YD7uYLSU

男「……俺も、幼のことが好きだ!」

幼「っ!?」

男「これが昨日の返事。遅くなって本当にゴメン」

幼「……」

男「もし、昨日の幼の気持ちが変わってないんだったらさ、俺と付き合ってくれないか?」

男「いや、変わってたとしてももう一度振り向かせてみせる! だから頼む!」

男「付き合ってください! 幼!!」



66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/26(土) 00:16:40 ID:YD7uYLSU

幼「……」

幼「……バカ」 ウルウル

幼「バカ、ばかぁぁ……うわぁぁぁぁん」 ポロポロ

男「泣いてちゃ、どっちかわからないだろ。ほら、ハンカチ」

幼「……ん」



67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/26(土) 00:18:20 ID:YD7uYLSU

男「落ち着いたか?」

幼「ぐすっ……」 コクリ

幼「……」

幼「……これから、よろしく」

男「うん、こちらこそよろしくな、幼」

幼「ん」 ニコリ



68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/26(土) 00:22:41 ID:YD7uYLSU

――日曜日

幼「ふんふふ~ん♪」

隣のおばさん「あら、幼ちゃんじゃないかい。へぇ、男くんと付き合ってから初めてのデートかい?」

幼「ん!」 コクリ

隣のおばさん「嬉しそうだねぇ。でもまだ待ち合わせには三十分もあるじゃないか」

隣のおばさん「ちと早すぎるんじゃないかい?」



69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/26(土) 00:24:10 ID:YD7uYLSU

幼「待ち時間も楽しい。だから早くて、いい」

隣のおばさん「あらあら、男くんもしあわせものだね」

隣のおばさん「それじゃ、頑張ってくるんだよ」

幼「ん!」



70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/26(土) 00:26:46 ID:YD7uYLSU

――映画館前

幼「ついた」

?「……ん?」

幼「……!」

男「幼!? どうしたんだよ、こんな早くから」

幼「こっちの、セリフ」



71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/26(土) 00:30:44 ID:YD7uYLSU

男「俺は、家の中じゃまったく落ち着かなくってさ」

男「だったら待ち合わせの場所で待ってやろうと思って早めに来ちまった」

男「ほら、初めてのデート、だからさ……待ち時間もなんか嬉しくって」

男「幼は?」

幼「おんなじ。男とおんなじこと、考えてた」

男「へぇ、なんか嬉しいな、こういうのって」

幼「ん」



72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/26(土) 00:34:31 ID:YD7uYLSU

男「でも映画の上映までだいぶ時間があるぞ」

男「どこかで暇つぶしでもするか?」

幼「いい。約束の時間まで、ここで待つ」 ギュッ

男「お、おい、待つのは構わないけどさ、こんな人前で腕組むなよ ///」

幼「……嫌?」

男「全然嫌じゃないけど照れる。幼だって顔真っ赤じゃないか」

幼「///」



73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/26(土) 00:36:49 ID:YD7uYLSU

男「……もっと早く素直になっとけばよかったな」

幼「ん」

幼「でも時間なら、ある。いっぱい」

男「だな。大学だって同じだもんな」

幼「ん」



74: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/26(土) 00:40:18 ID:YD7uYLSU

――しばらくして

幼「そろそろ、時間」

男「もう三十分もたったのか……あっというまだな」

幼「早く、行く」 グイグイ

男「わかってるって。じゃあ俺らの初デートの始まりだ」

男「今日はこの前みたいに、上映中に寝るんじゃないぞ?」

幼「ふふっ、ば~か♪」

――おわり



75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/26(土) 00:44:09 ID:YD7uYLSU

これで終わりとさせていただきます

読んでくださった皆様、大変ありがとうございました

もし次があれば、その時もお目を通してもらえると幸いです



76: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/26(土) 00:46:21 ID:YR8n4eOk


やはり幼馴染SSはいいものだ


元スレ
SS深夜VIP:男「幼、そんなに急いでどうしたんだ?」幼「バカ!」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1337086475/