善子「ずら丸にレイプされた……」

善子「ずら丸にレイプされた……」(後編)



1:   ◆6sysT0v2o77I (玉音放送)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 00:08:42.21 ID:W1ZtwRdO.net

~朝、校門前~

善子「…………」テクテク

タッタッタッタッ

善子(! 来る……!)

花丸「善子ちゃーん!」バッ ムギュウウ

善子「ずら丸……!」ムギュウウ

善子(くうっ、やっぱり身体が硬直して動かない……!)

花丸「おはよう♡」チュッ タッタッタッ

善子「!! こ、こんの~~~っ!!」

タッタッタッタッ

善子(いちいちキスしてくんなーーーっ!! 金縛り魔法の使い手め~~~~!!)

善子「はぁ、はぁ……声に出せないっ……! なぜ……っ!!」



3:   ◆6sysT0v2o77I (玉音放送)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 00:10:08.75 ID:W1ZtwRdO.net

~昼休み~

花丸「善子ちゃん、はいあ~ん♡」

善子「いらないっていってるでしょ! ふざけないで!」

花丸「あ~ん♡」

善子「……あ~ん」パクッ

善子「…………」モグモグ

善子(また拒否できなかった……無視できなかった……)モグモグ

花丸「おいしい?」

善子「……おいしいわ」ゴクン



4:   ◆6sysT0v2o77I (玉音放送)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 00:13:37.35 ID:W1ZtwRdO.net

~~~~~~

花丸「次は体育の時間だね~、憂鬱ずら~」ムギュ

善子「そう? このヨハネにとっては、体育ごとき軽くこなせるけど」ペラ…ペラ…

花丸「善子ちゃんは運動神経が高めで羨ましいずら」ムギュギュ

善子(ああああ!! いちいち私の後頭部に胸を押し付けてくるなぁぁぁ!!!)

善子「ずら丸! 読書の邪魔!」

花丸「一応おらも、ここから読ませてもらってるんだけど」

善子「え……!? この悪魔大全に……興味あるの!?」パァァ

花丸「うーん、ちょっとだけ、ね」ムギュ

善子「な、ならしょうがないわねー///」ペラ…ペラ…



5:   ◆6sysT0v2o77I (玉音放送)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 00:17:11.61 ID:W1ZtwRdO.net

~帰りのバス~

花丸「~~~♪」

善子(だからなんでこいつ、私の隣に座って来るの?)

花丸「じゃあマル、もう降りるから」

善子「一々報告しなくていいから」

善子(あ、またやられる……手で塞いで……)シーン

善子(動けぇぇぇ!! なぜ動かない! 私の手ぇぇぇ!!)

花丸「じゃあ、また明日ね♡」チュウッ

善子「んんっ!!」チュパッ

プシュー

花丸「~~~♪」トトト

善子(は~な~ま~るぅ~~~~!!)



6:   ◆6sysT0v2o77I (玉音放送)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 00:22:53.14 ID:W1ZtwRdO.net

~~~~~~

善子(花丸にベタベタされる毎日が続く……)

善子(正直、鬱陶しい……!)

善子(避けたい! 振り払いたい! なのに……)

善子(毎回決まって体が動かなくなる……!)

善子(何あいつ、能力者なの? 魔女? それとも、堕天使の敵である天使?)

善子(とにかく、私に金縛りだか硬直魔法だかを使えるのは確かね……!)

善子(ここまでスキンシップがひどくなったのは、確か……)

善子(3か月くらい前の、あの時から……)



7:   ◆6sysT0v2o77I (玉音放送)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 00:26:21.04 ID:W1ZtwRdO.net

~約3か月前~

花丸「ルビィちゃん、お願いがあるんだ」

ルビィ「ん?」

花丸「これから、善子ちゃんとのファーストキスを試みようと思うんだけど……」

ルビィ「ええぇぇ!? 花丸ちゃん、善子ちゃんと付き合ってたのぉぉ!?」

花丸「し、しー! これはまだ内密にしてほしいずら」

ルビィ「それでそれで!? お願いって何!?」

花丸「うまくいくか分からないけど、おらたちがキスするのに成功したら、」

花丸「その瞬間を、マルのケータイのカメラで撮ってほしいずら」

ルビィ「花丸ちゃん、ケータイってかスマホ買ったんだ! いつのまに!」

花丸「えへへ……最近ね。……で、お願いできる?」

ルビイ「いいよ! 撮れたらその写真、ルビィにも送って!」

花丸「うん、分かったずら」



8:   ◆6sysT0v2o77I (玉音放送)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 00:29:37.74 ID:W1ZtwRdO.net

~~~~~~

花丸「善子ちゃん……」

善子「どうしたの、ずら丸……こんなところに呼び出して……」

花丸「善子ちゃん……おら……、おら、ね……」

善子「? 何よ……」

花丸「い、いや……、何でもないずら……!」ジリジリ テクテク

善子「なっ……」

善子(こっちに向かって歩き出した……?)

花丸「…………」ジリジリ テクテク

善子(は、花丸のやつ、段々近づいて……!?)



9:   ◆6sysT0v2o77I (玉音放送)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 00:32:26.98 ID:W1ZtwRdO.net

花丸「…………」ジリジリ テクテク

善子(は、はあ!?)

花丸「…………」テク テク テク

善子(どこまで来るの!? 私とぶつかる気!?)

花丸「…………」ジリ ジリ ジリ

善子(ぶ、ぶつかるぅぅぅ!! ぶつかるって!!!)

花丸「…………」ピタリ

善子「!!?」

善子(ち、近っ……!?)

善子(真ん前!? 私のすぐ真ん前に花丸が……!?)

善子(近い近い、近いって! 距離感おかしいでしょ……!? 今にもくっつきそうな……)



10:   ◆6sysT0v2o77I (玉音放送)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 00:35:48.19 ID:W1ZtwRdO.net

花丸(おらがこれだけ近づいても……善子ちゃん、一切後ずさりをしない……全然動かない……)

花丸「ねえ、善子ちゃん」

善子「な、何? っていうかアンタ近くない? 近すぎじゃない? な、何これ……なんのつもり……」

花丸「……ゆっくり行くから……」

花丸「嫌だったら、避けてね……」

善子「!?」

花丸「…………」スー

善子「…………!」ドキドキ

善子(ま、まさか……。って!? さ、避けないと! 早く、避け……)ドキドキ



11:   ◆6sysT0v2o77I (玉音放送)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 00:38:40.24 ID:W1ZtwRdO.net

花丸「…………」ススー

善子「…………!!」ドキドキドキ

善子(う、動けない……!? なんで!? 一体どういうこと……!? う、動けっ……!!)ドキドキドキ

善子(動けないし……し、心臓が……! 心臓が、うるさい……!!)ドキドキドキ

花丸「…………」スススー

善子「…………!!!」ドキドキドキドキ

善子(あああ、あとちょっとで……! あとちょっとで……っ!! う、動け、動けぇぇ!!)ドキドキドキドキ

花丸「…………」ススススー

善子(動け、私の足……! 動け、私の手……!! 動けえええ!!! 私の身体ぁぁぁぁぁ!!!!)ドキドキドキドキ



ちゅ……



12:   ◆6sysT0v2o77I (玉音放送)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 00:42:02.09 ID:W1ZtwRdO.net

善子「!!! ……んっ……ん」

花丸「……んん……っ、はぁっ」

善子「はぁ、はぁ……」

花丸「はぁ、はぁ……」

善子「………………」ボーゼン

花丸「………………」

花丸「よ……善子ちゃん…………あ……、ありがと……」ウルッ

善子「………………」ボー

花丸「……よ、用件は、これだけ……。じゃ、じゃあねっ……!」タッタッタッタッ

善子「………………」ボー



13:   ◆6sysT0v2o77I (玉音放送)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 00:45:40.52 ID:W1ZtwRdO.net

~~~~~~

善子(あれ以来ずっと……花丸のやつ、私にベタベタベタベタと……!)

善子(私がなぜかあいつの動きを避けれないからって、調子に乗ってぇぇ……!!)

善子(ここは、Aqoursのみんなに相談するしかないわね……!)

善子(……約3か月もの間、他人に……誰にも一切相談しなかった私って、馬鹿なのかしら……)

善子(あ、甘すぎたわ……! そうよ! 私、花丸に甘すぎたんだわ! もう許さないんだから!!)


~翌日、昼休み~

善子「ごちそうさま」ガタッ

花丸「なんか急いで食べてたけど、どっか行くの?」

善子「……アンタには関係ないでしょ」

花丸「行ってらっしゃい♡」チュッ

善子「んむぅっ!? ……いっ、行ってくるから!!」



14:   ◆6sysT0v2o77I (玉音放送)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 00:49:36.61 ID:W1ZtwRdO.net

善子(今に見てなさいよ花丸……)

善子(とりあえず生徒会室ね。ダイヤさんの他に、ルビィもそっちに行ってるし……)


~生徒会室~

善子「し、失礼しまーす」ガラッ

ルビィ「あ! 善子ちゃん!」

ダイヤ「あら、善子さん? 珍しいですわね」

果南「どうしたの?」

鞠莉「何か相談事~?」

善子(マリーと果南さんもいた……まあいいわ)

善子「そうよマリー。悩み事の相談よ」



15:   ◆6sysT0v2o77I (玉音放送)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 00:53:51.31 ID:W1ZtwRdO.net

~~~~~~

ダイヤ「はあ? 花丸さんと付き合ってない?」

善子「付き合ってないわよ!」

果南「いやいや、全校生徒が噂してるほどべったりじゃん」

善子「ベタベタしてくるのは全部あいつからよ!」

ルビィ「いや、今更何言ってるの善子ちゃん……」

鞠莉「学校でしょっちゅうキスしてるくせに? 堂々と、見せびらかすように」

善子「見せびらかしてないいい!!」

ルビィ「もう3か月くらい前になるよね」

ルビィ「ルビィの撮ったファーストキスの写真を、花丸ちゃんが嬉しそうにみんなに写メ送ったのって」

善子「は!? どういうことよ!?」



16:   ◆6sysT0v2o77I (玉音放送)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 00:56:25.69 ID:W1ZtwRdO.net

果南「ああ、私のところにも来たよ」

鞠莉「私のところにも♪ 『善子ちゃんと初めてキスしました』って♡」

善子「ず、ずら丸うううううううう!!!」

ダイヤ「わたくしのところにも来ましたわ。善子さん、ほどほどにしてくださいね」

ダイヤ「あまりに不純な行動は慎んでください。でないと、このわたくしが許しませんわよ」

善子「不純なのはずら丸よ! 私は清廉潔白よ! 清廉潔白の堕天使ヨハネよ!!」

ルビィ「あの時の花丸ちゃん、泣いて喜んでたなぁ……」

善子「ルビィ!! みんなに写メ送ってたって、みんなっていうのは具体的には!?」

ルビィ「Aqoursメンバー全員だよ」

善子「くぅぅぅ!! ずら丸めええええ!!」

善子「私のところに送り付けてきた写真、Aqoursのみんなにも送り付けていたなんて!!」



17:   ◆6sysT0v2o77I (玉音放送)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 00:58:53.94 ID:W1ZtwRdO.net

善子「ゆ、許さないいいいい!!」

ルビィ「何そんなに怒ってるの? 善子ちゃんも、送られてきた写真、嬉しいでしょ?」

善子「う、嬉しくないっ!! あんな写真いらない!」

鞠莉「えー? せっかくのファーストキスの写真、ひょっとしてデリートしちゃったの~?」

善子「………………ま、まだ……消してない……」

ダイヤ「なんだ、残してあるってことは、やっぱり嬉しいんじゃありませんか」

果南「結局、花丸のことが好きなんじゃん」

善子「!?」

善子(す、好き、ですって……? そ、そんな……。そんな、ことが……)プルプル



18:   ◆6sysT0v2o77I (玉音放送)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 01:02:10.65 ID:W1ZtwRdO.net

ルビィ「ど、どうしたの、善子ちゃん?」

果南「なんかめっちゃ動揺してるね」

善子「そ、そんなこと!! ないんだからねーーーーーっ!!!」ダッ タタタッ ガラッ

タッタッタッタッタッ

果南「……」

ルビィ「え……ど、どうしよう……」

ダイヤ「放っておいても大丈夫ですわ、ルビィ」

鞠莉「そうね。また相談に来たら助けてあげればいいのよ」

果南「そうそう。心配ないって」



19:   ◆6sysT0v2o77I (玉音放送)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 01:05:09.05 ID:W1ZtwRdO.net

~2年生教室前~

善子「はぁ、はぁ、はぁ……後の3人にも相談を……」

善子「失礼します」ガラッ

善子「あの、リリー、千歌さん、曜さん……」

千歌「あ! 善子ちゃん、こんちかー!」

曜「昼だけどおはよーしこー!」

善子「善子ゆーな! 私はヨハネよ!」

梨子「善子ちゃん、どうしたの?」

善子「ちょっと相談があるから、3人ともよかったら部室に来てくれないかしら」



21:   ◆6sysT0v2o77I (玉音放送)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 01:13:09.53 ID:W1ZtwRdO.net

~部室~

千歌「付き合ってるのに嫌なの?」

善子「嫌って言うか、まず付き合ってないっていうか……」

曜「嫌ならいっそ、別れちゃえば?」

善子「別れるも何も、そもそも付き合ってないし!」

梨子「またまた……花丸ちゃんと付き合ってるんでしょ?」 

善子「だから付き合ってないぃ!」

千歌「いや、善子ちゃん、ほんと今更何言ってるの?」

梨子「これだけ長い間花丸ちゃんとくっついておきながら、それはないんじゃないかな」

善子「………………」

曜「……まあ、とにかく。ベタベタされるのが鬱陶しいと」

善子「そ……そうね……」

曜「なんで本人に直接、嫌って言えないの?」



22:   ◆6sysT0v2o77I (玉音放送)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 01:18:05.31 ID:W1ZtwRdO.net

曜「花丸ちゃんに嫌だって言ったら?」

善子「そ……それは……」

曜「本当は好きだから言えないんじゃないの?」

善子「…………」

梨子「キスも、嫌なの? 嫌なら避ければいいのに。全くその気が無く見えるのは、なんで?」

千歌「善子ちゃん、花丸ちゃんからキスされるとき、全然動く気配ないよね」

曜「花丸ちゃんの身体能力は善子ちゃんの身体能力には敵わないはず。あしらおうと思えばあしらえるはずだよ」 

善子「…………あ……、あいつは! 魔法が使えるのよ!」

3人「ま、魔法?」



23:   ◆6sysT0v2o77I (玉音放送)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 01:26:27.31 ID:W1ZtwRdO.net

善子「そう! 頭で来ると分かっていても、私の身体は毎回、石になったかのように硬直して動かなくなるの!」

善子「これはあいつの金縛り魔法によるものよ! あいつは堕天使ヨハネの天敵よ!! 間違いないわ!」

善子「も、もしかしたら、上位の天使だったり……」

曜「あ、あはは……」

梨子「善子ちゃん、話が脱線し始めてるよ……」

善子「と、とにかく! あいつのキスを避けられないのはあいつのせい! 私は悪くない!」

千歌「……まあ、その話は置いといて、私から一言言わせてもらっていい?」

曜「千歌ちゃん?」

千歌「善子ちゃん、自分じゃ気付いてないのかもしれないけどさ……」

千歌「花丸ちゃんにキスされると、いっつも嬉しそうな顔してるんだけどなぁ」

善子「!?」

曜「……確かに」

梨子「……そうね」

善子「そ、そんな……!?」

善子「う、嘘よ……! 嘘よ……!!」



38:   ◆6sysT0v2o77I (玉音放送)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 15:22:58.19 ID:W1ZtwRdO.net

~翌朝、校門前~

善子「…………」テクテク

タッタッタッタッ

善子(はぁ…………)

花丸「善子ちゃーん!」バッ ムギュウウ

善子(もはや日課……好きにしなさいよ……)ムギュウウ

花丸「おはよう! こっち向いて♡」ガシッ

善子「!?」

花丸「いい?」

善子「な、何が……」

花丸「いいんだね♡」ニコッ



39:   ◆6sysT0v2o77I (玉音放送)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 15:25:25.10 ID:W1ZtwRdO.net

花丸「ん~~~っ♡」チュウウウ

善子「!? んんんんん!!?」チュウウウウ

花丸(お、おら……そろそろ我慢できない……///)ゾクゾクゾクッ

花丸「んんんん、ん~~~~っ♡」チュウウウウ

善子「んんっ、んんんっ……ぷはぁっ!! ///」チュパッ

善子「ちょっと!? 校門前でなんてことを!! ///」

花丸「善子ちゃん、昼休みにお弁当食べたら部室に来てね♡」

善子「はあ? 何でよ!」

花丸「お願いね!」タッタッタッタッ

善子「なんなのよ、あいつ……!」



40:   ◆6sysT0v2o77I (玉音放送)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 15:28:13.41 ID:W1ZtwRdO.net

~昼休み、部室~

善子「で? 何の用よ」

花丸「それはねえ……」

善子(近い……)

花丸「善子ちゃん……マル、もう……我慢できないんだぁ……♡」ガシッ

善子「が、我慢って……何が……?」ゴクリ

花丸「ちゅっ♡」

善子「!」

花丸「ちゅっ♡ ちゅっ♡ ちゅぅ♡」

善子(なんだ、ただのキスか……)



41:   ◆6sysT0v2o77I (玉音放送)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 15:31:10.25 ID:W1ZtwRdO.net

善子「ちゅっ、ちゅっ、ちゅっ」

花丸「ちぅぅぅ♡ ちゅっ♡ ちゅううううっ♡」

善子「ちゅっ、ちゅううう、ちぅぅぅぅっ、ちゅっ」

花丸「ちゅーっ♡ ちゅっ♡ ちゅっ♡ ちゅううう♡ ちゅぱっ♡」

善子「っはぁ、はぁ、はぁ……///」

善子(……この私が、花丸とこんなにたくさん、こんなに激しくキスしてしまうとは……)

善子(ち、違う! したんじゃない、されたのよ! まったく、何してくれてんのよアンタ!)

花丸「……ふぅ♡」

花丸「……嫌なら嫌って言っていいからね」ジッ

善子「…………」

花丸(よかった……いつも通り、おらがした後と同じ……。隠しきれてない微笑みが……)ジーー



42:   ◆6sysT0v2o77I (玉音放送)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 15:34:19.07 ID:W1ZtwRdO.net

善子(……嫌って言う単語が私の口から出てこないんですけど……出そうと思っても出せないんですけど)

花丸「……じゃあ、舌入れるから」

善子「…………」

善子(し、舌……)

花丸「んちゅっ♡」チュッ

善子「んむっ」

花丸「ちゅうううううっ、あむっ、ちゅうううっ、れろ、じゅるるるっ♡」

善子「ちゅるるっ、ちぅぅぅぅ、れろぉ、ちゅむっ、はむ、ちゅばっ、ちゅううう」

花丸「れろ、れろっ、ちゅうううっ、んふっ、じゅるっ、んむ、はむっ♡」

善子「じゅるるっ、あむ、れろぉっ、じゅぶぶっ、んんっ、ふっ、ちぅぅぅぅ」

花丸「ちゅるるるる、ちゅううううううううっ、じゅぶっ、じゅるぅ、ちゅぱぁっ♡」



43:   ◆6sysT0v2o77I (玉音放送)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 15:38:06.36 ID:W1ZtwRdO.net

善子「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ……///」

花丸「はぁ、はぁ、はぁ……♡」トトトッ ズルズル

善子「……? ずら丸、どうしたの?」

花丸「ちょっと押し倒すから、このマットに寝てね」

善子「はぁ!? ///」

善子「やれるもんなら……んむっ」

花丸「ちゅううう♡」グイグイ

善子「ん……んんっ」ペタン

花丸「ちゅぅ、ちゅぱっ♡」スススー

善子「…………」ゴロン

善子「……どうする気よ」

花丸「服、脱がすね」

善子「……!!」

花丸「嫌だったら、おらを突き飛ばして逃げてね」



45:   ◆6sysT0v2o77I (玉音放送)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 15:43:26.19 ID:W1ZtwRdO.net

~~~~~~

善子「…………///」プルン

花丸(わぁ……善子ちゃんのおっぱい……)

花丸(綺麗……)

花丸「善子ちゃん、逃げないってことは……いいんだよね?」

善子「…………」

花丸(驚くほど一貫して無抵抗なんだけど……ちょっと心配になるくらい)

花丸「無言は肯定とみなしちゃうよ……? じゃあ」

花丸「ぺろっ♡」

善子「っ!! ///」ビクン

花丸「ぺろ、ぺろ、れろっ♡」

善子「ああっ、ちょっ、やめっ……///」



46:   ◆6sysT0v2o77I (玉音放送)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 15:46:10.72 ID:W1ZtwRdO.net

花丸「やめ……?」ピタッ

善子「…………」シーン

花丸「…………」

善子「…………」シーン

花丸「…………」

花丸「…………」モミモミ

善子「あ、ああっ♡」モミモミモミ

花丸(やわらかい……♡)ムニュムニュムニュ

善子「ああっ、ぁ……あっ♡」ムニュムニュムニュムニュ

花丸「……ちゅっ♡ ちゅっ♡ ちぅぅ♡」

善子「あっ、あっ、あん♡」



47:   ◆6sysT0v2o77I (玉音放送)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 15:48:26.35 ID:W1ZtwRdO.net

花丸「ちゅっ、ちゅぅ、ちゅっ、ちゅっ♡」

善子「あっ、ああんっ、あっ、あっ♡」

花丸「はむっ♡」

善子「あっ♡」

花丸「ちゅぱ、ちゅぱ、ちゅぱ、ちゅぱ、ちゅううううう、ぱっ♡」

善子「あっ、あんっ、んっ、はんっ、あんっっっ……ぁあっ♡」

善子(ああ、私……花丸に乳首吸われてる……。ほんとは嫌なはずなのに、全然抵抗できない……///)

善子(っていうか、さっきから何感じちゃってるのよ、私!! ///)



48:   ◆6sysT0v2o77I (玉音放送)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 15:51:27.40 ID:W1ZtwRdO.net

花丸「善子ちゃんの乳首、すごい勃ってるよ……♡」

善子「う、うう……///」

花丸「善子ちゃん可愛いずらぁ♡ ……あむっ♡ はむはむ、ちゅうっ、ちゅううっ、ちゅううううっ♡」

善子「あ、ぁ……はっ、はぁっ、ああっ、ああんっっ♡」

善子「も、もっとおっ……♡」

花丸「え!? もっと!?」

善子(し、しまった……何言ってるの私……!? ///)

花丸「ちゅーっ、ちぅぅぅぅ、ちゅぱ、ちゅっ、ちゅううう、ちゅぱっ、ちゅーーーーっ♡」」

善子「あん♡ ああっ♡ はっ♡ はんっ♡」

花丸「ちゅちゅーーーーっっっ♡ ちゅぅーーちゅぅー-、ちゅううううううううう♡」

善子「ああんっ♡ う、ふうっ♡ ぁう……ああっっっ♡」



49:   ◆6sysT0v2o77I (玉音放送)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 15:54:39.41 ID:W1ZtwRdO.net

花丸「反対側も吸っちゃうね♡ ……はむっ♡ れろ、ぺろっ、ちゅううっ♡」

善子「…………♡♡♡」ガシッ

花丸「んんむ!?」ギュムウウッ

花丸(善子ちゃんの胸に、頭思いっきり押さえ付けられた!? ///)

花丸(……このまま吸えばいいのかな……密着しすぎてやりにくい……)

花丸(……というか息苦しい……。でも、幸せ……♡)

花丸「ちゅううううううっ、んーふっ、れろ、れろ、んふっ、ちゅうううううう、んふ♡」ムギュムギュ

善子「~~~~~♡」ビクンビクン

花丸「ちゅーーーーっ♡ んふ、ちゅーーーちゅーーーちゅーーーーーーーっっっ♡」ムギュムギュ

善子「っ~~~~~♡♡♡」パッ

花丸(あ、解放された……。善子ちゃんすごく喜んでる……♡)



50:   ◆6sysT0v2o77I (玉音放送)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 15:56:51.94 ID:W1ZtwRdO.net

花丸「ちゅーっ、ちゅーっ、ちゅーっ♡」

善子「……ふふっ……♡」ナデナデ

花丸(あ、善子ちゃんが頭撫でてくれてる……嬉しい……)

花丸「ちゅぱ、ちゅぱ、ちゅぱ」

善子「いい子ね……♡」ナデナデ

花丸(……え?)チュパチュパ

善子「いい子、いい子……♡」ナデナデ

花丸(あ、赤ちゃんプレイ!?)チュポン

花丸「……ママー、おっぱいこれで最後にするねー♡」

善子「……♡」コクン

花丸「ちゅーーーーーっ♡ ちぅぅぅぅぅぅっっ♡ ちゅううう、ちゅうううううううううううううっっっ♡」

善子「うぁ……♡ ああ、ぁ……♡ ……ああんっっっ♡♡♡」ビクンビクン



51:   ◆6sysT0v2o77I (玉音放送)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 15:59:13.44 ID:W1ZtwRdO.net

花丸「……ごちそうさま。おいしかったずら♡」

善子「~~~~~/////」

花丸「善子ちゃん、下の方だいぶ濡れてるね♡」サワッ グショグショ

善子「!! /////」

花丸「パンツぐっしょりだよ? ……脱がすね?」

善子「…………///」

花丸「…………」シュルシュル

善子(ああ、見られる……! 花丸にアソコ、見られちゃうぅぅ……///)シュルシュル シュルッ

花丸「わぁぁ♡」

花丸(善子ちゃんのアソコ、ついに見ちゃったずら……♡)ドキドキドキ

善子「…………///」ジュワァ

花丸「……ぺろっ、ちゅぶぶっ、じゅるるるるっ♡」ガバァッ

善子「あ、あ、あああっっ♡」ビクン



53:   ◆6sysT0v2o77I (玉音放送)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 16:01:38.58 ID:W1ZtwRdO.net

善子「ま、待って! 汚いでしょ? ///」

花丸「善子ちゃんのなら全然汚くないよ♡ 大丈夫だよ、おいしいよ♡」

善子「…………///」

花丸「ちゅううっ♡ じゅるるるっ♡ れろれろ♡ ちゅううううっ♡」

善子「ああっ♡ あっ♡ やっ♡ あっ♡ あああっ♡」ビクンビクン

善子(な、舐められてる、吸われてる……♡ 私のアソコを、花丸に……♡)キュンキュン

花丸「ちゅううう♡ はむはむ♡ ちゅば、ちゅば、はむっ♡ ちゅうううううっ♡」

善子「!! ~~~~~っ///// あっ♡ はっ♡ あっ♡ あっ♡ あっ♡」

善子(やばい、イッちゃう! 執拗にクリばっか攻めないで!! イッちゃうううう!!)

花丸「ちゅーっ♡ ちゅっ♡ ちゅぱっ♡ ちゅっ♡ ちゅっ♡ ちゅばっ♡ ちゅばっ♡ ちぅぅぅぅ♡」

善子「ああっ♡ ああっ♡ ああん♡ あっ♡」ピュ ピュル

善子「ぅ、ぁ、あああああああっっっ♡♡♡♡♡」プシャァァァァッ

花丸「じゅるるるっ、じゅるるっ、んぐっ、んぐっ♡ ちゅるるるっ、じゅぶぶっ♡ ちゅうううううっ、じゅるっ♡」



56:   ◆6sysT0v2o77I (玉音放送)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 16:04:46.92 ID:W1ZtwRdO.net

~~~~~~

善子「ずら丸にレイプされた……」

善子(付き合ってもいないのに犯された……)

善子(私は合意した覚えは一切ないわ)

善子(私はただ、抵抗しなかった、いえ、抵抗できなかっただけよ!)

善子(だから和姦じゃなくて強姦!! レイプよレイプ!!)

善子(許さない……絶対許さない……! もう怒ったわ!!)

善子(今度は私が花丸を犯してやるんだからっ!!!)



57:   ◆6sysT0v2o77I (玉音放送)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 16:06:28.06 ID:W1ZtwRdO.net

~翌朝、校門前~

善子「…………」テクテク

タッタッタッタッ

善子(来た……!)

花丸「…………っ/////」タッタッタッタッタッタッ

善子「ちょっ!!?」

善子「待てーい!! 待たんかーいっ!!」ダダダダダダッ ガシィ

花丸「うわわわっ!!」ジタバタ



58:   ◆6sysT0v2o77I (玉音放送)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 16:08:26.02 ID:W1ZtwRdO.net

善子「な、何通り過ぎてんのよアンタ!?」

花丸「よ……善子ちゃん、おはよう……///」モジモジ

善子「おはよう。……どうしたの?」

花丸「……え? そ、その……なんか、恥ずかしくて……///」

善子「恥ずかしい?」

花丸「よ、善子ちゃんは、その……昨日のこと、恥ずかしくないの……?」

善子「はぁ? ……どっちかっていうと、今は恥ずかしさよりイライラ感が……」

花丸「え? イライラ……? 何かあったの? なんでもマルに相談してね?」

善子(あ、アンタのせいよ、アンタのことよ~~~~!!)

花丸「じゃ、じゃあおらはこれで……」



59:   ◆6sysT0v2o77I (玉音放送)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 16:10:22.33 ID:W1ZtwRdO.net

善子「待ちなさい」ガシッ

花丸「な、何?」

善子「今日も昼休み、部室に行くわよ」

花丸「え!? ほんと!? ///」

花丸(よ、善子ちゃんから誘ってくれるなんて……////)

花丸「わ、分かった。じゃ、じゃあね///」

善子「待ちなさい」ガシッ

花丸「こ、今度は何? ///」

善子「いつものやつはどーしたの!」



60:   ◆6sysT0v2o77I (玉音放送)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 16:12:31.53 ID:W1ZtwRdO.net

花丸「え? いつものやつ?」

善子「ずら丸……今まで散々やっといて、今更やらないなんて許さないわよ……!」ゴゴゴゴゴ

花丸(え!? あれ!? そ、そんなに毎日喜んでくれてたんだ!? ///)

花丸「う、嬉しいずら……!! じゃあ……///」

善子「遅い、もう私からする」チュッ

花丸「!! んんっ……」チュー

善子「っはぁ」チュパッ

善子「じゃあね! 全く、日課なら忘れないでよねっ!」プンスカ スタスタスタ

花丸「…………////」ポー

花丸(よ、善子ちゃんの方からキス、してくれた……/////)ドキドキドキ




善子「ずら丸にレイプされた……」(後編)に続く




元スレ
善子「ずら丸にレ○プされた……」
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1484320122/