SS速報VIP:二宮飛鳥「I want to be special」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1486049603/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 00:33:23.84 ID:gArNAuVQo


ボクにも普通の女の子だった時期があった。


小学生の頃は友達の家で騒いだり、そういう子供向けの人形やらで遊んでいたし、
公園で走り回ったり、交換日記で盛り上がったこともある。

中学に入ってからは離れてしまった友人、新たにできた友人、
様々ではあったが良い中学生活をスタートできた。

誰が誰のことを好きだとか、あの先輩がカッコイイだとか、
昨日のテレビ見た?と、まぁ良くも悪くも中学生らしい話題だ。


小学校でも中学校でも、普通の女の子らしいことをしていた。

ただ、それも中学一年生までの話だった。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1486049603




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 00:34:26.87 ID:gArNAuVQo


三月。来月には中学二年生になる前の春休み。

ボクは宿題に追われていた。
友達とゲームをしたり、家で漫画を読んだりと、怠けた生活を送っていたからだ。
もう止めて遊んだらどう? そんな悪魔の声を殺しながら黙々と進めていた。


時計をチラリと見ると、もう時間は一時半を回っていた。
こんな時間まで起きていたのは初めてだ。
少し手が痛い。何故こんな数字と戦わなければいけないんだ。
パソコンがあるじゃないか。全く、文明の利器とは何なんだ。

……休憩しよう。ずっと続けてやっても良くない。
父親から貰ったラジカセを付けてみる。
家にある曲はある程度聴いてしまったので、暇があればラジオを聞くことが最近のお気に入りだ。

「こんな時間にラジオなんかやってるのかな……」

カチッ



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 00:35:07.62 ID:gArNAuVQo


「で、田中さんはどう思われますか?」

「うーんやっぱり日本の教育はダメだと思いますよ」

「周りに合わせろ、上には従え、そうやって都合の良い人間を育てようとしてる」

「そうして社会では使い倒してポイッですよ。もっと海外の教育を見習って……」

日本の教育、社会について熱く批判していた。
こういうラジオ、テレビはあまり聞いたことがなかったせいか、少し集中して聞いてしまった。
あ、休憩のつもりがもう一時間経過している。
いけないいけない。宿題を進めるんだ……。



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 00:35:48.82 ID:gArNAuVQo


翌日

なんとか宿題は提出できたが、とても眠い。
クラス替えや新担任発表と、大イベントがあったがもはやどうでもよかった。
寝たい。その一心で新しいクラスを確認し、自分の席に着いて早速寝る。

……。

ガツンッ

「ん、んん……」

「おい二宮、起きたか?進級早々居眠りなんかしてるんじゃないぞ」

「はい……」

アハハ

笑われ者にされた。まぁ自業自得だろう。



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 00:37:20.93 ID:gArNAuVQo


特に学校でやることもないので、宿題を提出して帰ることにした。
その途中で深夜のラジオ内容を思い出す。

『日本の教育はダメ』

『周りに合わせろ』

『都合の良い人間を育てようとしている』

いろんなワードを頭の中に思い出す。

「確かに、そうかもしれないな……」

決して多くはないが、そう思い当たる節が少しあった。
自分が思うほど、世界はそんなに綺麗じゃないのかもしれない。

八年ほど学生をやってきて、学校の闇、社会の闇というものに気付いてしまった。


それからたまに、深夜ラジオを聞くようになった。
バラエティのような明るいものから、ニュース番組。
少しオタクな内容や、タメになる話など、いろんなラジオを聞いた。

しばらくして確信したことがある。

「世界は汚いのかな……なんてね」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 00:38:06.26 ID:gArNAuVQo


それから周りの人間を見る目が少し変わってしまった。
普段は今まで通り仲良く接してはいるが、心のどこかで

(この人らは知らない。世界の闇を知らない。そこに気付いているのは自分だけだ)
(自分は周りの世界を知っている。自分は周りとは違う)

そう、思い始めた。

皆は何も知らずに学校に通っているが、それは都合の良い人間を育てるため。
自分はそうならない。オトナの目的はわかっているからだ。
なら抵抗するまでだ。


でも、どうやって?



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 00:39:35.17 ID:gArNAuVQo


わからなかった。どうすれば、都合の良いオトナにならないのかわからなかった。
授業をサボればいいのか?学校に反抗すれば良いのか?
そんなもの、不良がやることだ。ボクは不良になるつもりはない。
あんな低俗で幼稚なものには成り下がらない。
だけど、他に自分でできそうなことを探してみたが、そんなものは見つからなかった。

結局、世界を無駄に知ってしまっただけの頭でっかちだった。

それでも、自分は世界を知っている。周りとは違う。
都合の良いオトナ、そんなつまらないものには絶対にならない、と思い続けた。


そうしている間に、中学生で二度目の夏休みがやってきた。



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 00:40:23.77 ID:gArNAuVQo


特にやることもなく退屈だし、本屋へ行くことにしよう。
ちょうど新刊が出たことだし、暇つぶしには最適だろう。


本屋に着き目的の新刊を探す。まだ数はあるようだ。
少し本屋を見渡していると、ファッション雑誌が目に止まった。

(服は自分で選んで決めているが、たまには悪くないかもしれない)

そう思い、一つ手にとってパラパラとめくってみる。
様々な服をいろんなモデルたちが着飾っている。

(指定された服を指定された顔、ポーズで撮っている。そんなもの、楽しいのか?)
(言われるがままの、まるで動くマネキンじゃないか。)

所詮ファッション雑誌なんかこんなものか。
自分で選んだ服を好きなように着るのが楽しいんだろう。
と、思ったその時。とあるモデルが、目に止まった。



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 00:41:09.91 ID:gArNAuVQo


少し露出が多めな、パンクな衣装を着ているモデルが
ライブハウスのようなところでマイクスタンドを持って、笑顔でポーズを決めていた。
ただ、彼女には他のモデルと圧倒的に違う箇所があった。
それは髪だった。

漆黒のような黒いショートの髪の毛。
耳の後ろから腰上まで伸びている赤い髪。

(地毛、なのだろうか)

そう疑問に思いながらページをめくると、また同じモデルがそこにいた。




10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 00:41:58.22 ID:gArNAuVQo


数ページに渡って載っていた彼女は、耳の後ろの髪色を変えながら様々な服を着こなしていた。
どれも似合っていた。同時に、その服は彼女にしか着こなせないと感じた。
変幻自在に髪の色を変化させ、時には可愛い服で、時には格好良い服で。

他のモデルは、その人である必要がない。
全く別の人がモデルになっても良いのだ。
あくまでも見せたいものは、服だから。

しかし、このモデルだけは別格だと感じた。
服装、ポーズ、場所、そして髪の色。全てが揃って完成されていた。



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 00:42:37.06 ID:gArNAuVQo


一目惚れとはこのことを言うのだろう。
気付いたときにはレジの前に立ち、その雑誌を買っていた。
もちろん、購買理由はあのモデルだ。
正直、その人しか着れないようなものを載せるのはファッション雑誌としてどうかと思うが、
それでもあのモデルのためだけに買う価値はあったと思う。


ついでにあの髪の毛について調べてみた。
どうやらエクステという付け毛で、地毛ではなかった。
まぁよく考えれば、あんなに髪を染め直せないだろう。



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 00:43:46.08 ID:gArNAuVQo


「エクステ、か……」

中学生がつけるようなものではないのかもしれない。
しかしそれでも、自分で付けてみたいと思った。
普通の中学生なら付けないであろうものに、強く惹かれた。

まずは試しに付けてみよう。そう考え、エクステについて調べる。

「通販や美容室、専門ショップか……」

ならばいつも通ってる美容室に行ってみよう。



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 00:44:36.66 ID:gArNAuVQo


カランカラン

「あ、飛鳥ちゃん!どうしたの?この間切ったばっかりじゃない?」

「今日はちょっと質問に来ました」

「いいよ、なんでも聞いて!」

「その、エクステってここに置いてありますか?」

「エクステ?飛鳥ちゃんエクステに興味あるの?」

「まぁ、少し……」

「まだ中学生なのに珍しいね。ちょっとここに座ってて」

そう言って店の奥に消えていった。



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 00:45:11.22 ID:gArNAuVQo


数分後

「おまたせ!」

「こんなに種類があるんですね……」

そこには定番の金や茶色、黒も含めてたくさんの色のエクステが並んでいた。

「どれにしてみる?試着用だから好きなように付けても大丈夫だよ」

「うーん、じゃあまずは……」


そうして自分でも選びつつ、店員さんも自由につけたりして時間が過ぎていった。
全く、ボクは人形じゃないというのに。
ただ、付けてみたい色は大体決まった。



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 00:45:45.58 ID:gArNAuVQo


「飛鳥ちゃんはどれがよかった?」

「どれも良かったけど、まだ赤とか青は付けこなすには早いと思いました」

「えー似合うと思うけどなー」

「まぁ余裕ができたら……今回はこの金を付けてみます」

「お、いいね!飛鳥ちゃんはオレンジ髪だし、合うと思う!」

「ありがとうございます。じゃあ、これ買っていきます」


定番の色になってしまったけど、自分の服装などを含めての考えだ。
店員さんに言った通り、ここから慣れていけば良い。



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 00:46:29.26 ID:gArNAuVQo


家に帰ってから、早速付けてみる。

うん、なかなか悪くない、と思う。
自分の服とも似合ってる。
こうやって自分を着飾るのは楽しい。
自分を表現できる最小の単位だと思っているからね。

「飛鳥ー、ご飯よー」

もうご飯の時間のようだ。せっかくだし見せてみよう。



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 00:47:06.52 ID:gArNAuVQo


「それどうしたの?」

「これはあの美容室で買ったんだ。似合ってるかな?」

「うんうん、なかなか良いんじゃない?ね、お父さん」

「いいんじゃないか?ただ学校にはつけていくんじゃないぞ」

「大丈夫。それぐらいわかってるよ」

「なら好きなようにしなさい」


あっけなさすぎて、これはこれで寂しいな……。
ただ、反発されなかったし、良かったとしよう。



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 00:47:42.89 ID:gArNAuVQo


それから、ボクは出かけるときに必ずエクステを付けるようにした。
街を歩いている時、ファーストフード店にいる時、買い物をしてる時、
いろんなところでボクは目立っていた。周りからの目線が増えたのだ。
こんなエクステを付けてる中学生なんてそうそういないだろう。
だけど、不思議と嫌な感じはしなかった。

周りから注目される。
つまり、ただの人間ではないと、周りから認められているように思えた。
ただ痛い人間だと思われも良い。何せ思春期の中学生なんてこんなものだからね。

あの雑誌のモデルのように、周りとは違う存在になれた気がした。



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 00:48:17.43 ID:gArNAuVQo


ファッションも段々と変わってきた。
ダーク系やダメージ加工されてる服を着るようになった。何より、アクセサリーを付けるようになった。
エクステを一つ付けただけでこうも自分のファッションが変わるとは……。
嬉しい誤算というものだ。

また変わってきたこととしては、夜に出かけることが多くなった。
服がダークになってきて、闇の世界へ引き込まれたようだ。
普段見ることはない街の裏の顔。
同じ場所を歩いているのに、こんなにも印象が変わるものか、と思った。
皆が知らない闇の世界を知ることができて、また一つ特別になれた気がした。



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 00:48:59.70 ID:gArNAuVQo


八月中旬

ボクはいろんな廃墟に足を運んでいた。
中学生の女の子が行くような場所では無いと思っている。
それでも、こういう場所は何と言うか、世界から切り離されていた感じがした。

誰も知らない世界の中、ボクがただ一人いる。
そんな感覚が心地よかった。
この世界は、ボクしか知らない。

ボロボロの案内図が目に入った。
どうやらこの廃墟は屋上に行けるらしい。
たまには屋上から外の世界を見渡してみるのも悪くないかもしれない。
そう思い、屋上へ続く階段まで向かった。



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 00:49:29.57 ID:gArNAuVQo


コツコツコツ

踵を鳴らしながら、ボロボロの階段を登っていく。
階段のきしむ音が恐怖心を少し煽る。
流石に階段が壊れるようなことは……ない……と信じたい。


ガチャ、キィィィィ……


不気味な音を鳴らしながらドアが開き、なんとか屋上へたどり着いた。
少し強い風が肌を撫で、エクステがなびく。

「流石に少し寒いか……」

夏の夜とは言え、少し薄着で来すぎたようだ。
それでもここまで来たのだから、少しぐらい景色を楽しもう。


そこには写真やテレビでしか見たことの無い綺麗な夜景が広がっていた。
あのビルは普段行くデパートだろうか。そのデパートを中心に市街地は大きく輝いている。
他はよく見えないが、デパートがあそこにあるなら……。
市街地の地図を頭に思い浮かべながら、あそこには何があるか、あたりを付けていた。


そうこうしてる間にもう良い時間になってきた。
そろそろ帰らないと親が心配してしまう。
次来たときは別の方角を見てみよう。そう思いながら帰路に着いた。



22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 00:50:07.63 ID:gArNAuVQo


翌日

夜になってから、またあの廃墟の屋上を目指していた。
今度は服を少し着込んでいこう。同じ失敗はしない。

廃墟近くの自販機で暖かい飲み物を買い、屋上を目指す。


ガチャ

着込んできて正解だった。昨日と同じぐらいには肌寒い。
街を走る車のランプを眺めながら、いろんなことを考えていた。

今頃、クラスの友達は何をしているだろうか。
学校の汚いオトナ達は何をしているだろうか。


自販機で買った飲み物、ブラックコーヒーとやらを飲んでみる。

「!? 苦っ……」

なんだこれ、本当に人間の飲み物か……?
頭の中の思考回路が全てショートした。この黒い飲み物のせいで。

……うん、苦い。やっぱり苦い。今度からブラックは止めておこう。
苦味を避けるのは動物の本能だ。

と、そんなことをしていた時、急に屋上のドアが開かれた。



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 00:50:49.29 ID:gArNAuVQo


ガチャ

「あー疲れた。って誰だ!?」

「……」

こんなところにスーツを来た男の人が入ってきた。
何をされるかわからない。抵抗して勝てるわけはない。
それでも必死に警戒心をむき出しにする。

「いや、そんな警戒しないでくれ。何もしないって」

「本当か?犯罪者は皆そう言うだろう」

「犯罪者って……まぁタバコ吸いに来ただけだから、吸ったらすぐ帰るよ」

と言って彼はタバコを吸い始めた。警戒心を解く作戦か……?
流石に初対面だし、そこまで悪そうな人には見えない。
暇つぶしがてら、少し話してみるのも悪くない。



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 00:52:05.37 ID:gArNAuVQo


「キミはどうして、こんなところでタバコを吸うんだい?」

「ん、あーなんだろうな。なんか屋上でタバコ吸うってかっこよくない?」

「そんなことのためにわざわざ屋上へ……?」

「そんなことじゃないぞ?なんか、ちょっと特別な感じがするんだ」

「それに君も、そんなファッションしてコーヒーなんか飲んでたら同族だろ?」

「いや……うん、まぁ、そんなこともある……かな。フフッ、キミも中々痛いね」

「こんなところにわざわざ来てタバコ吸ってんだ。まぁ痛いヤツさ」

「まるで物語の登場人物みたいだな」

「でも君には負けるよ。まさか自分と似てることをする人間、それも中学生っぽい女の子と会うとは思わなかった」

「ボクも同感かな。しかしオトナは画一的に否定してくるかと思っていたが……」

「否定?」

「早く帰れ、そんなエクステ付けるな、とかかな」

「そこに関しては俺も帰る側の人だろ?こんな廃墟に入ってる痛いヤツは仲間だよ」

「……」

「エクステはまぁ、似合ってるし、良いと思うけど何かいけないのか?」

「……驚いた。そんな風に言われるとは思っていなかった。キミは他のオトナと違うようだね」

「そんなことはないだろ。世の中にはいろんな人間がいるもんだぞ」

「そう言われても、ボクの周りには今までつまらないオトナしか見たことがないんでね」



25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 00:52:45.63 ID:gArNAuVQo


「うーん……」

「な、なんだい、急にジロジロ見て」

「OKかな。名前はなんて言うんだ?」

「変な人だねキミも……ボクはアスカ、二宮飛鳥。ご明察の通り中学生だ」

「では二宮さん、いや、飛鳥と呼んだほうが良いかな?」

「そうだね、飛鳥で構わない」


「アイドルに興味はありませんか?」



26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 00:53:23.38 ID:gArNAuVQo


「アイ、ドル……?歌ったり踊ったりする、あのアイドル?」

「あぁ。俺はそのアイドルのプロデューサーをやってる。是非、飛鳥をスカウトしたい」

「すまない、頭が追いつかないのだが……。何故、ボクなんかをアイドルに?」

「そのファッションセンスかな。中学生でそういうファションができる人間はそう多くない」

「アイドルに個性が求められてるこの時代にそのファッションは武器になる」

「あとこれは個人的なことだが、飛鳥にいろんな世の中を見せてあげたい」

「いろんな世の中……でも、どうしてそこまでしようと思うんだい?」

「昔話だが、俺も飛鳥ぐらいの時につまらないオトナになりたくねー!何かすごいことやってやるぞー!って漠然と思ってたんだ」

「でもそんな存在になることはできなかった。いや、何もしてこなかった。だから当たり前の結果だ」

「適当に就職して、普通の人生でも送ろうかなって思ってたときに、このアイドルのプロデューサーの求人を見つけた」

「人の夢を叶えてあげる魔法使いになってみませんか?って書いてあったんだ」

「今考えたら凄いキャッチコピーだなって思うんだけど、当時の俺はその一文に惚れちゃったんだ」

「自分がなれなかった何かすごい存在に、他人をさせてあげたい。そう思ったんだ」

「だから飛鳥、これは俺のエゴかもしれない。それでも、君を光り輝く存在にしたい」



27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 00:54:01.75 ID:gArNAuVQo


「……。本当に、このボクになれるだろうか」

「ボクはこういうファッションをして、こんな場所に来て、周りとは違う存在になったと思っていた」

「けれど、本質は何も無かったらしい。中身は何も無かった。ただ見た目が派手になっただけだった」

「キミはこの空っぽな二宮飛鳥を満たしてくれると言うのかい?」

「違う。満たす場所を用意するだけ、かな。飛鳥を満たすのは、飛鳥自身だ。それとも他人に自分を決めつけられていいのか?」

「……フフッ、そうだね。自分を作るのは自分自身だ。ありがとう、ようやく理解ったよ」

「アイドルになってくれるか?」

「ああ、興味が出たよ。そのアイドルとやらにはキミがしてくれるんだろう?魔法使いさん」

「アイドルになったあとは飛鳥の実力次第だけどね」

「あ、言い忘れてたけど、俺の会社は東京にあるんだ。引っ越してもらうことになるけど、大丈夫?」

「ふむ……両親と話してみないとなんとも言えないな……」

「それじゃ明日の……夕方ぐらいに飛鳥の家に行っても良いか?」

「構わないよ。ボクの方も予め伝えておくよ」

「よし、じゃあ待ち合わせはこの場所で良いかな?」

「理解った」



28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 00:54:44.39 ID:gArNAuVQo


翌日

家の前

「ここがボクの家だ」

「何度かこういうことはしてきたけど、やっぱり緊張するなぁ……」

「ボクの両親はそこまで怖くないよ、とだけ言っておこうか」

「それ、大抵言われるやつだよ……」

「フフッ、それじゃ開けるよ」

ガチャ

「ただいま」

「おかえり飛鳥。あら、そちらの方が……?」

「例のプロデューサーだよ」

「お邪魔します。CGプロのPと申します」

「お忙しい中ありがとうございます。こちらへどうぞ」



29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 00:55:22.48 ID:gArNAuVQo


お母さんがお茶とお菓子を用意し、四人でテーブルを囲う。
まずボクから何か言えばいいのだろうか……?
何も決めてなく、なんとも言えない空気が漂う。

「飛鳥、お前はどうしてアイドルになりたいと思ったんだ?」

「え」

急にお父さんに呼ばれて反応できなかった。

「どうして、アイドルになろうと思ったんだ?」

「ボクは……ボクは……」

「何かになろうと思ったんだ。周りとは違う何かになろうと思ったんだ」

「だからエクステを付けてオシャレをしたり、夜中に出かけたりして、周りとは違う何かになったつもりになっていた」

「だけど、プロデューサーと出会って、話して、そんなことでは違う何かにはなれないって気付いたんだ」

「でも、アイドルなら違う何かになれるんじゃないか。そう思ったんだ」

「トップになりたいとか、歌手を目指したいとか、そういう具体的な目標があるわけでもない」

「単純に、自分にしかできないこととして、アイドルになりたい。って思ったんだ」

「まともな理由じゃないと言うのは自分で理解してる……」

「それでも、今このチャンスを逃したら、ボクは何もできないままだと思った」

「だから、お願い。アイドルにさせてください」



30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 00:55:55.51 ID:gArNAuVQo


思ったことをそのまま口に出した。
嘘でももっとマシなことを言ったほうが良かったかな、と思った。
ただ、これがボクの本心だ。これでダメなら、諦めよう。

「……飛鳥。アイドルなら、その何かとやらになれるんだな」

「うん。誰にもマネできないアイドルになる」

「なら好きにしなさい。やれるだけのことをやってくるんだ」

「え……じゃあ、良いの……?」

コクリ、とお父さんが首を縦に振った。

「よかったわね、飛鳥」

「ありがとう、お父さん」

「後は俺たちの話だ。飛鳥は一旦部屋に戻ってなさい。ではプロデューサーさん、詳しい話を聞かせてください」

「はい。まずCGプロについてですが……」



31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 00:56:35.05 ID:gArNAuVQo


それから一時間ほど経っただろうか。
話し終えた両親と一緒にプロデューサーを見送った。
夏休みが終わったらすぐに東京へ向かうことになった。
こっちでは始業式にだけ出て、午後には新幹線の中だ。
予想以上に早く向かうことになったが、いち早く東京に慣れてもらうためらしい。

中学生にして一人で東京へ行き、一人暮らしをする。
さらにアイドルとしても活動しなければならない。
今考えればとんでもないことだが、もう引き返すことはできない。
お父さんに言われた通り、やれるだけのことをやってみせてやろうじゃないか。



32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 00:57:08.69 ID:gArNAuVQo


カランコロン

ボクは今までお世話になったあの美容室に来ていた。
東京へ行く前にしっかりと挨拶をしておきたかったから。

「あ、飛鳥ちゃん!いらっしゃい!今日はどうしたの?」

「こんにちは。今日はその、ちょっと挨拶をしに……」

「挨拶?」

「実は東京へ引っ越すことになったんだ」

「東京に?急だね。お父さんの仕事とか?」

「いや、アイドルにスカウトされた」

「え!?アイドルってあのアイドル!?」

「あぁ。それで、九月にはもう東京に向かうから、その前に……」

「飛鳥ちゃん可愛いもんねぇ……アイドルにしたくなる気持ちもわかるなぁ……」

「か、かわっ……。コホン、まぁそんなわけで、新しいエクステが欲しいんだけど、良いかい?」

「照れちゃって~!じゃあサンプル持ってくるから待ってて」



33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 00:57:44.96 ID:gArNAuVQo


数十分後

「じゃあこれにするよ」

「ピンク?派手な色選ぶね!」

「これからアイドルになるんだ。少し派手なぐらいが丁度いい」

「なんか、飛鳥ちゃんかっこよくなったね」

「え?そうかい……?」

「うん。目が輝いてる気がする!アイドル頑張ってね!」

「もちろんさ」



34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 00:58:23.26 ID:gArNAuVQo


始業式

「連絡は以上。最後に二宮から皆に伝えたいことがあるそうだ。後はよろしく」

「急な話だけど、東京へ転校することになりました」

「細かい事情はまだ話せないんだ。ただ近々、また皆とは会えるつもりでいる」

「一年半と短い期間だったけど、皆と過ごせて楽しかった。ありがとう」

その後は泣いてしまった友達をあやしながら質問攻めにあったが、
なんとかアイドルになることを秘密にしたままクラスから抜け出した。
皆と会えることについてはステージ越しか、テレビ越しか。
まだわからないけれど、一先ずの目標だ。

そうして学校から一足早く抜け出して、家に戻った。



35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 00:59:07.59 ID:gArNAuVQo


家ではプロデューサーと両親が仲良く談笑していた。
一言挨拶をしてから、東京へ持っていく荷物の準備をする。
と言ってもあらかた荷物は送っているので、ほとんど荷物はない。
準備が出来たことを伝え、出発の時間となった。

「ではプロデューサーさん、飛鳥のことよろしくお願いします」

「はい。立派なアイドルにさせてみせます」

「お父さん、お母さん、行ってきます」

「行ってらっしゃい、飛鳥」

短く挨拶を済ませ、駅へ向かった。



36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 00:59:42.67 ID:gArNAuVQo


東京に着き、寮へ案内される。
既に静岡から送った荷物が届いており、ダンボールがたくさん積まれていた。
これから、ボクはここで生活していく。
14年間過ごした家を飛び出し東京で一人暮らしすることについて不安はあったが、
同時にアイドルという新しい道へ進みだしたことはとてもワクワクしてきた。

次は事務所だ。
オフィスがたくさん並んでいる内の一つへ入る。
このビルまるごと事務所らしい。流石大手プロダクション様は違うようだ。

レッスンルームや部署について案内される。
激しいダンスレッスンを受けている子や、電話越しに謝っていると思われるプロデューサーなど。
いろんな人たちがこのオフィスにいた。


一通り案内され、休憩所でジュースを飲む。

「まぁこんなもんかな。何か気になるところとかある?」

「特には無いが、一ついいかな?」

「無いのかあるのかわからないな。何だ?」

「屋上には行けるかい?」



37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 01:00:34.52 ID:gArNAuVQo


ガチャ

プロデューサーが借りてきた鍵を使って屋上へのドアを開ける。
初めて出会ったあの時の廃墟とは違って、もっと高く、もっと周りが明るい。
夕日が少し眩しい。

「本当に高層ビルが並んでるんだね。向こうとは全く違う景色だ」

「キミがこの違う屋上の景色を見せてくれたように、違う日常の景色を見せてくれるんだろう?魔法使いさん」

「最大限の努力はするつもりだ。だけど言った通り、アイドルになった先は飛鳥の実力次第だ」

「アイドルと言うのは偶像だ。だけどボクは置物なんかになるつもりはない」

「上に従う操り人形になるつもりもない」

「自分の意志で、踊ってみせるさ」

「飛鳥らしいな。期待してるよ」

「ああ。任せてくれ」



38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 01:01:22.47 ID:gArNAuVQo


新しい学校での生活にはなんとか慣れてきた。
幸い友人もでき、孤立するようなことはなかった。

アイドル生活の方は、と言うとレッスンの毎日だ。
歌に関しては部屋でよく歌っていたこともあり、なんとかなりそうだが、ダンスの方が危うい……。
よくアイドルはあんな激しいダンスを踊りながら笑顔で歌えるものだ……。

そんな厳しいダンスレッスンを終えた時だった。
プロデューサーから新曲と共にデビューに関しての情報が伝えられた。
どうやら毎年十二月に放送されている新人アイドルのテレビ番組で歌うらしい。

それからは、曲のレッスンやそれに合わせたダンスレッスンを中心に、より一層厳しいレッスンをこなした。
毎日クタクタになって帰っているが、とても充実していた。



39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 01:01:59.08 ID:gArNAuVQo


十二月

デビュー当日だ。
今日はいつもの金のエクステではなく、ピンクのエクステを付けてきた。
このエクステはライブ時に使おう。そう決めて大切にしまっておいた。

また、前の学校の友達にはボクが出るであろう時間、チャンネルだけを教えてある。
ボクからのサプライズだ。受け取ってくれるかはわからないが……。



40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 01:02:57.19 ID:gArNAuVQo


「それでは次は14番!二宮飛鳥ちゃんです。どうぞ!」


「やぁ、ボクはアスカ、二宮飛鳥。14歳の中学生だ」

「ボクは、ボクのセカイを伝えるためにここに立った」

「見ろ!聞け!これがボクのセカイだ!」

「共鳴世界の存在論──」




41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 01:04:20.07 ID:gArNAuVQo


おわり

お読みいただきありがとございました
そして飛鳥誕生日おめでとう!!

これからもいろんなセカイを共に見ていきたいですね!


元スレ
SS速報VIP:二宮飛鳥「I want to be special」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1486049603/