1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 14:53:52.19 ID:se7zSbox0

岡部「いや~俺はこの目でしっかり見たんだ」

るか「ラボで一人Hするなんて・・・紅莉栖さん大胆///」

紅莉栖「だからやってないって!!」

ダル「牧瀬氏、これは今年度のビックニュースだお」

まゆり「紅莉栖ちゃん、一人Hは別に恥ずかしいことではないのです」

ダル「そうだお皆やってることだお」

紅莉栖「だからってラボではやらない!!」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 14:55:42.87 ID:se7zSbox0

まゆり「そうだよね~まゆしぃもお家でしかやったことないのです」

ダル「まゆ氏のオナニーはっはっ」

紅莉栖「想像するな!!」

岡部「まゆりのオナニーは置いといて、ラボでオナニーするとは何事だ」

岡部「このラボは神聖な場所なのだぞ!!お前はラボメンとして失格だ」

紅莉栖「だ・か・ら、やってないんだって!!」

岡部「それじゃあ何だ。俺が見たのは幻だったとでも言うのか?」

紅莉栖「知らないわよ!!あんたの勘違いじゃないの」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 14:57:00.12 ID:se7zSbox0

岡部「俺の勘違い・・・違うな!!俺と一緒にまゆりも目撃しているんだ」

まゆり「トゥットゥル~ン☆あれは絶対オナニーだったのです」

るか「紅莉栖さん・・・正直に認めた方がいいですよ」

紅莉栖「だからやってないんだって!!・・・分かった。それじゃあ検証しましょう」

岡部「検証・・・いいだろう」

紅莉栖「まず、どうして私がオナニーをしていたと分かるの?」

岡部「俺とまゆりの二人が買い出しから戻ってきて」

岡部「玄関のドアを開けた時、そこの椅子に腰かけて耽っていただろ」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 14:58:31.06 ID:se7zSbox0

紅莉栖「そこの椅子ね・・・でも玄関からは死角になって見えないはずよ」

岡部「見えなかったが、声を掛けた時の挙動が明らかにおかしかっただろ」

紅莉栖「おかしいだけでオナニーしたことになるわけwww」

岡部「ぐぬぬぬ」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 15:00:00.40 ID:se7zSbox0

ダル「オナニーしていたならおかずがあるはずだお」

岡部「そうだそれだ!!どこかにおかずを隠しているはずだ」

紅莉栖「!!」

岡部「ふっふっ、その顔はおかずを隠している顔だな」

るか「あの~こんなものがゴミ箱の中に・・・」

岡部「出た、BLモノ!!これは動かぬ証拠だな」

紅莉栖「それで、それが私のものという証拠がないわ」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 15:03:07.34 ID:se7zSbox0

岡部「残念だな今日はゴミ出しの日だ!!俺たちが買い出しに行く時ゴミ箱は空だった」

岡部「よって今ここに入っているBL本は必然的にお前の物だ!!」

紅莉栖「ちょっと待って、これは誰かの罠よ!!」

紅莉栖「あなた達が帰ってきて、結構時間は経っているわ。いくらでも偽装できたはずよ」

岡部「ほお~、この場におよんでも白を切るつもりか・・・」

紅莉栖「それに私は妄想だけでイケるから、こんなものに頼らないわ」キリッ

ダル「そんな事をさらっと発言できるなんて、そこに痺れる、憧れるぅ~」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 15:04:16.99 ID:se7zSbox0

岡部「・・・」きょろきょろ

紅莉栖「はいもう降参ね!!これで私の勝ちww」

岡部「・・・なぜ、なぜパーカーを羽織っていないんだ」

紅莉栖「・・・!!そ、それは暑かったからよ」

まゆり「私たちが買い出しに行く前は紅莉栖ちゃん『寒い』って言ってたよね?」

紅莉栖「・・・」

岡部「そうか、そういうことか!!ふーはっはっはっ」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 15:05:55.99 ID:se7zSbox0

岡部「この椅子の背もたれにパーカーを掛けているのは目隠しのためだな」

ダル「おお!!確かに後ろが隠れるから急に人が来ても大丈夫」

紅莉栖「ち、違う!!急に暑くなったんだ」

岡部「クリスティーナ、見苦しいぞ。暑いならエアコンの温度を下げればいいだろ」

紅莉栖「・・・そのあのなんだ節電の為だ!!ほら私は環境保護への意識が高いのだ」

岡部「ならなぜこの椅子の背にかけたのだ?これは間違いなくオナばれ対策のためだ」

紅莉栖「だからオナニーなんてしてないって言ってるだろ」

るか「あ、あの岡部さん・・・パーカーの中からこんなものが///」

ダル「こ、これは・・・」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 15:07:50.14 ID:se7zSbox0

岡部「バイブ!!・・・バイブを持ち歩いているのか!?」

紅莉栖「違ーう!!これはただのマッサージ器具だ」

まゆり「さすがに携帯バイブはまゆしぃでもどん引きなのです」

紅莉栖「だから、これはただのマッサージ器具で~」

岡部「あ~あ~、もうそんな言い訳いいから、さっさと認めようぜ」

紅莉栖「最近、肩がコるから購入したんだ!!決して大人おもちゃではない」

ダル「くんかくんか」

紅莉栖「嗅ぐな!!」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 15:09:59.73 ID:se7zSbox0

岡部「助手よいい加減認めたらどうだ。今回だけはラボメン破門は見逃してやろう・・・」

まゆり「オカりんは本当に優しいのです」

紅莉栖「・・・」

岡部「まあ、ペナルティとしてこれから『オナニーナ』と呼ぼう」

紅莉栖「やめろ」

まゆり「これからオナニーはお家だけでした方がいいのですトゥットゥル~ン♪」

紅莉栖「だから、あれはオナニーじゃないの!!あれは、あれは」

岡部「・・・あれはなんだったんだ?」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 15:13:51.55 ID:se7zSbox0

紅莉栖「あれは手入れをしていたの///」

岡部・ダル・まゆり・るか「・・・!!」

紅莉栖「だからデリケートゾーンをその、その除毛していたの!!」

るか「よりによってラボで・・・」

紅莉栖「今日の朝、ラボに来てからはみ出ているのに気付いたの」

ダル「俺はそういうプレイは好きだお」

まゆり「トゥットゥル~ン♪オナニーよりどん引きなのです」

岡部「・・・その何だ・・・Dメールでも使うか?」

紅莉栖「・・・」コクり

~完~



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 15:14:38.11 ID:FkvlyIl90




元スレ
紅莉栖「だからマスターベーションはやってない!!」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1350971632/