関連
智絵里「マーキング」

智絵里「マーキング」まゆ「2ですよぉ」

橘ありす「マーキング」

鷺沢文香「マーキング」

一ノ瀬志希「マーキング」

高森藍子「マーキング」



SS速報VIP:緒方智絵里「私の特別な、あの人だけの贈り物」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1487022862/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 06:54:22.98 ID:h/NngETl0

※「アイドルマスター シンデレラガールズ」のSS

※キャラ崩壊あり、人によっては不快感を感じる描写もあるかも

※決して変態的なプレイを……うん、健全な純愛物を目指してます

以上の事が駄目な方はブラウザバック奨励


タイトルあんまり関係無いかも



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1487022862




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 06:55:24.29 ID:h/NngETl0

「おはようございます、プロデューサーさん♪」


始業前の早朝の事務所。出勤仕立てで自分の席で仕事の準備の最中だったプロデューサーのPは、横から聞き覚えのある声を耳にして、そちらに視線を向ける。


そこに立っていたのは、Pが担当しているアイドルの一人、佐久間まゆだった。


大きいエナメル鞄を肩にかけ、いつもの様な可愛らしい洋服姿では無く、彼女の通う学校の制服を着ているまゆ。


しかし、Pはまゆの姿を見て、怪訝な表情をする。彼にとって、この時間に彼女がここにいる事が腑に落ちないからだ。


だからこそ、Pはその疑問をまゆに向けて、口にする。






3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 06:56:00.07 ID:h/NngETl0

「どうしたんだ、まゆ。今日は学校だったろ?」


時計を見れば、あと少しもすれば学校も授業が始まる時間帯。


にも関わらず、目の前にいる彼女。その事実がPには腑に落ちなかったのだ。


「レッスンも営業も入れて無かったはずだけど……」


「うふふっ♪ 知ってますよぉ、それぐらい」


だが、まゆはPの問い掛けに、微笑みながらそう言った。そして更に、続けてこうも言った。


「まゆは……プロデューサーさんに、会いに来たんですよぉ」






4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 06:56:37.11 ID:h/NngETl0

「俺に? 何か用でもあるのか?」


遅刻するのを押してまで、Pに会いに来たという彼女。


まゆが自分に会いに来た理由に、見当のつかないPはまたも彼女に向けて問い掛ける。


そんなPの問い掛けに、まゆは少し困った様な笑みをして、Pにこう返した。


「もう、プロデューサーさんったら……まゆを揶揄ってるんですか?」


「揶揄う、って……いや、別にそんなつもりは無いけど……」


「……もしかして、本当にまゆがここに来た理由、分からないんですか?」


「うん。まぁ、そうだな」


首肯しながら、まゆに向けてそう言うP。それを受けて、まゆは少し意外といった表情をした。






5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 06:57:14.29 ID:h/NngETl0

このまま問答していても埒が明かないと判断したまゆは、見兼ねて助け舟を出す。


「……仕方が無い人ですねぇ。じゃあ、ヒントをあげます♪」


「ヒント?」


「えぇ。鈍感なプロデューサーさんでも、分かる様なヒントですよぉ」


「鈍感って、お前なぁ……」


「だって、その通りじゃないですか。それに……これでも分からないと、プロデューサー失格ですよ?」






6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 06:57:46.39 ID:h/NngETl0

プロデューサー失格。そこまで言われると、Pも黙ってはいられない。


担当アイドルに馬鹿にはされまいと、Pはまゆの言葉に真剣に耳を傾ける。


「えっとですねぇ……今日は、何の日でしょう?」


「何の日……? それはもちろん……あっ!!」


何の日かと問われて、Pはようやくまゆがここに来た理由に、ハッと気づく。


本日二月十四日。アイドルのプロデューサーとして、男として忘れてはならない重大なイベントの日。


Pはそれを失念していた自分を殴りたい衝動に駆られるが、今はそうするべきでは無いと、その衝動を抑える。






7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 06:58:13.14 ID:h/NngETl0

そしてまゆの顔をジッと見つめた後、その答えを口にした。


「バレンタインデーか。そういえばそうだったな。忘れてたよ」


「ふふっ、正解です♪ そんなプロデューサーさんに……」


まゆはそう言うと、自分の鞄の中から、目的の物を取り出し、


「はい、プレゼントです♪」


それを両手で大事そうに持って、Pに向けて差し出した。


にこやかな笑顔を浮かべる彼女の手には、ピンクの包装紙に血の様な赤い色をしたリボンで結んである、大き目の包みが握られている。






8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 06:58:40.44 ID:h/NngETl0

「随分と大きいな……何が入っているんだ?」


「うふふっ♪ 開けてくれても、いいですよぉ」


まゆから許可を受けたPはそれを受け取ると、おもむろに包装を外して、中身を取り出す。


すると、中から出てきたのは、真紅の色をしたマフラーだった。


しかも、手にした感じからして、手編みで作られた物であった。


「プロデューサーさんの事を思って……まゆ、頑張って作ったんですよぉ」


「わざわざすまないな。ありがとう、まゆ」






9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 06:59:26.38 ID:h/NngETl0

「ふふっ、どういたしまして。このマフラーには、まゆの想いが沢山込めてありますから……これをまゆだと思って、大事にして下さいね?」


「あぁ、大切に使わせて貰うよ」


Pはまゆにそう告げると、持っていたマフラーを自分の鞄の中に、大事に仕舞い込んだ。


そして『今日の帰りにでも、早速使おう』と、心の中でそっと思案するのだった。


「でも……まゆとしては、もっと早く気づいて欲しかったな」


Pに向けて、まゆは笑みを保ったまま、寂しそうにそう言った。


まゆからすれば、今日という日に女の子が訪ねて着たのだから、察して欲しい所だったからだ。






10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 07:00:13.99 ID:h/NngETl0

「いやぁ、面目無いな」


それに対して、Pは後頭部を掻きつつ、まゆにそう言った。そして加えて、こうも告げた。


「今日、初めて貰うプレゼントだったから、気づかなかったよ」


「……えっ?」


Pの口から出た言葉に、まゆはハッとなり、同時に笑顔が無くなり、無表情になる。


そんなまゆの様子を見て、Pは不思議そうに首を傾げてこう言った。


「ん? どうかしたのか?」


「え、えっと、初めてって……本当ですか?」






11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 07:01:10.13 ID:h/NngETl0

「あぁ、そうだよ。その前に貰ってれば、まゆのも気づいてたからな」


何でも無いかの様に、そう答えるP。しかし、まゆはどうにも納得がいかない。


自分のプレゼントが初めてだなんて……それは有り得ない事であった。


「プロデューサーさん……まゆに、嘘ついてませんか?」


「嘘? 何だ、藪から棒に……嘘なんてついてないぞ」


「じゃあ……それは、何ですか?」


まゆはPの机の上に置いてある、ある物を指差した。それはPが仕事準備で鞄の中の物を取り出す為に、一度出した弁当箱である。






12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 07:01:38.61 ID:h/NngETl0

そしてそれには、四つ葉のクローバー柄のふきんが包まれている。これがまゆ以外に、Pの下を訪れた者がいるという決定的な証拠だった。


「プロデューサーさん……まゆの前に、智絵里ちゃんと……会いましたよね?」


Pが担当するもう一人のアイドル、緒方智絵里。Pが持つ弁当は、彼女が彼に良く作ってくる物に、違いなかった。


「あぁ、会ったぞ。今朝早くにな」


そしてPはまゆの質問に肯定する。それを聞いた途端、まゆはその表情をこわばらせた。


更に、瞳にうっすらとあった光も、完全に消え失せてしまった。






13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 07:02:04.90 ID:h/NngETl0

「なら……智絵里ちゃんから、貰っているはずですよね、プレゼント。どうしてまゆが初めてだなんて……嘘をついたんですか……?」


光を失った瞳で、まゆはPに迫りつつ、そう追及する。


常人であれば、その気迫に耐えられずに恐怖を感じ、背筋が凍りつくだろう。


しかし、Pは違った。Pは恐怖を感じる事無く、まゆに対して普通に接する。


「だから、嘘じゃないぞ、まゆ」


平常心のまま、黒色に染まったまゆの瞳を真っ直ぐ見据えて、Pはそう言った。


だが、まゆはその言葉を受け入れない。首を横に振って、否定するのだった。






14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 07:02:55.72 ID:h/NngETl0

「違います、嘘です。プロデューサーさんは嘘をついてます。だって、あの智絵里ちゃんですよ? まゆと同じぐらい、プロデューサーさんの事が好きで、好きで、好きで、愛して止まない智絵里ちゃんなんですよ? それなのに、今日という日にプレゼントを渡さない訳が無いじゃないですか」


そう言って矢継ぎ早に責め立てるまゆ。あまりにも感情的になりすぎていて、平静を欠いていた。


何を言っても聞き入れてくれなさそうな雰囲気に、Pはどうしたものかと、頭を掻いた。


「それとも……何ですか? プロデューサーさんは智絵里ちゃん以外のプレゼントには興味が無いから、まゆにあんな事を言ったんですか?」


「待て、落ち着けって。誰もそんな事は言っていないだろ」


「じゃあ、本当の事を言って下さい。智絵里ちゃんからは貰ったんですか? 貰ってないんですか?」






15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 07:03:25.39 ID:h/NngETl0

「さっきから何度も言っている。智絵里から貰ったのはいつもの様に弁当ぐらいで、バレンタイン関連のプレゼントは一切受け取ってない。だから、まゆが来た時、直ぐにピンとこなかったんだ」


Pがそう言うと、まゆは先程Pがそうした様に、自分もPの目を真っ直ぐに見据える。


深淵の如く、深くて暗く、呑まれてしまいそうな瞳で見つめるが、それを受けてもPは視線を逸らす事は無かった。


ただただ泰然と構えたまま、まゆの動向を待つばかりだった。


「……嘘じゃない、みたいですね。ごめんなさい、プロデューサーさん。まゆ、あなたを疑ったりして……いけない娘です」






16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 07:03:52.79 ID:h/NngETl0

「いや、分かってくれれば、それでいいさ。あまり気にしなくていいよ」


まゆに向けてそう告げた後、Pは彼女の傍に近寄り、安心させる様にその頭を優しく撫でる。


撫でられたまゆは嬉しさからか、または幸せからか、その表情を蕩けさせてうっとりとする。


瞳の中の光もいつの間にか戻っており、うっすらと淡い光を放っていた。


「うふふっ♪ プロデューサーさぁん……」


撫で続けていると、まゆの目は次第に潤んでいく。それを見たPは頃合だと判断し、






17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 07:04:23.14 ID:h/NngETl0

「……もう、いいな」


と、言って手を離し、まゆを撫でるのを止めた。


「あっ……」


撫でられていたまゆは、Pの手が自分の頭から離れるのが分かると、その手を名残惜しそうに見送った。


「プロデューサーさん……もっと撫でても、いいんですよぉ?」


「駄目。あんまりやり過ぎると、まゆが戻ってこれなくなるからな」






18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 07:04:51.18 ID:h/NngETl0

「そんなぁ……私、プロデューサーさんが思っている程、自制が利かない女の子じゃ、ありませんよ」


「はいはい。そうだな」


そう言って抗議するまゆであるが、Pは取り合わない。


甘やかしては駄目だと、自分に言い聞かせ、それを流すのだった。


そんなPの対応にまゆは頬を膨らませて、不満だと態度で表した。


「……プロデューサーさんの、いけずぅ」






19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 07:05:19.42 ID:h/NngETl0

「何とでも言ってくれ。それに、ここは事務所なんだからな。あんまり度が過ぎたら、問題になる」


「分かってますよぉ、それぐらい……」


「なら、大人しくしてくれよな」


「……はぁい」


まだ不満は残るものの、まゆは已む無く納得して、退く事にした。


あまりPを困らせると、嫌われてしまうと判断しての事だった。






20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 07:05:44.38 ID:h/NngETl0

「でも、プロデューサーさん。何で、智絵里ちゃん……プレゼント、渡さなかったんでしょう?」


「さぁ……何でだろうな。……気づかない所で、何か怒らせたかな」


「そう考えるのが、妥当ですかねぇ。けど、それぐらいで智絵里ちゃんが渡さないなんて事は無いと思いますが……お弁当だって渡しているのに……」


「まぁ、何にせよ……これ以上考えた所で、理由が分かる訳でも無いし、今回は貰えなかったという事にして、諦めるよ」


「……それで、プロデューサーさんはいいんですか?」


「良くない。でも、催促する訳にもいかないし、仕方ないだろ」






21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 07:06:18.67 ID:h/NngETl0

「そうですけど……」


「ほら、もういいから、この話は終わり。今の時間なら、まだ一限には間に合うだろうから、まゆは早く学校に行くんだ」


そう言ってからPは立ち上がると、まゆの肩を掴んで押していき、事務所の出口へと連れていく。


押されていくまゆに抵抗らしい動きも無く、二人は難無く出口の扉の前に辿り着いた。


「それじゃあ、行ってこい」


「はぁい……行ってきます」






22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 07:06:44.26 ID:h/NngETl0

「あぁ、それと……マフラー本当にありがとうな。嬉しかったよ」


「……それなら、まゆも作った甲斐がありました。私も嬉しいですよ、プロデューサーさん」


そしてそれから……まゆはPに手を振って、事務所を出て行った。


Pはまゆを笑顔で見送った後、人知れず、一人ため息を吐いた。


「……やる気が出ないけど、頑張るか」


そうポツリと呟いてから、Pは自分の机に戻っていく。


いつも以上に仕事に対する意欲が湧いてこないものの、目の前に書類がわんさかと待ち受けている以上、逃げる訳にもいかない。


意気消沈とした心境の中、Pは仕事に取り掛かっていくのだった。






24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 07:18:10.41 ID:h/NngETl0

あれから数時間が経過し、昇り始めだった日も沈み掛ける時間になった頃。


「はぁ……」


朝の内から数えて、何度目かも分からなくなったため息を、Pは重々しく吐いた。


朝の一件の後、どうにかやる気を出そうとしていたPだが、沈んだ心境でいる以上、そんなもの湧いてくるはずも無かった。


「智絵里……」






25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 07:18:42.62 ID:h/NngETl0

こんな状態になってしまった原因でもある、担当アイドルの名前をPは口にする。


けれども、そうした所で彼女がプレゼントを持ってやっては来ない。


Pの呟きは虚しくも、宙で霧散し、消え去るだけだった。


それからPは事務所の壁に架かっている時計に目を向ける。


これも何度目かは分からない行動ではあるが、そうして現在の時刻を確認すると、時計の針はもうすぐ終業予定の時間を指そうとしていた。


この時間であれば、部活や居残りが無い学生は帰路についていてもおかしくない時間帯だろう。






26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 07:20:10.13 ID:h/NngETl0

そして学生であり、部活動に所属していない智絵里も、それに該当するはずである。


しかし、智絵里からの連絡は電話もメールも一切入ってこない。


それは即ち、智絵里からプレゼントを貰える可能性は絶望的だと、言っている様なものだった。


「まゆには強がってあぁは言ったが……やっぱり、悲しいな……」


付き合ってはいないが、信頼を寄せ、好意も寄せている相手に、今日という日に何も貰えないというのは、精神的ダメージは大きいものである。


まゆの気迫にすら動じなかったPでも、これには厳しいものがあった。






27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 07:20:51.95 ID:h/NngETl0

この許容し難い悲しみを、どう埋めようかと考えていた、その時だった。


「……ん?」


突如として、Pのズボンのポケットに入れてあった携帯が震え出す。仕事中なのでマナーモードにしていた為、音は鳴らなかった。


何事かと思い、Pは携帯を取り出して確認すると、どうやら電話の着信が入った様だった。


誰からの着信だ、とPは相手が誰なのかを確認する。


すると、そこに表示されていたのは『緒方智絵里』という名前。


Pが連絡が来る事を待ち望んでいた相手からだった。






28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 07:21:42.98 ID:h/NngETl0

それを理解した瞬間、Pは間髪入れずに通話ボタンを押して電話に出て、携帯を自分の右耳にへと当てた。


「もしもし! 智絵里かっ!?」


『あっ、プロデューサーさん。お疲れ様……です。えっと……今、大丈夫ですか?』


「あぁ、大丈夫だ! 仕事も粗方片付けたから、問題無いぞ」


少々早口になりつつ、Pは智絵里にそう言った。


焦り、落ち着きの無い様は今朝方のまゆと遜色無いが、それすらも自覚出来ない程、Pに余裕は無かった。






29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 07:22:43.31 ID:h/NngETl0

『なら、良かったです。その……聞きたい事が、あるんです』


「聞きたい事? 何でも言ってくれ。何だって答えるやるからな」


『そ、それじゃあ、えっと……プロデューサーさんはこれからの予定なんですが、その……空いて、ますか?』


遠慮気味に、智絵里はそう尋ねてくる。


しかし、『空いているか?』と問われれば、今のPが『空いていない』なんて返すはずが無かった。






30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 07:23:14.61 ID:h/NngETl0

今のPならどんな予定があろうとも、智絵里の事を優先させるという気概でいるからである。


それ程に、Pの脳内は智絵里の事で一杯だった。


「空いてるよ。寧ろ、やる事が無くて、困ってるぐらいだな」


そう口にするPだが、嘘は言っていない。


実際、この連絡が無ければ、今からどうしたものかと考えていた所であった。






31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 07:23:43.01 ID:h/NngETl0

『な、なら、良かったです』


Pのこれからの予定が空いている事が分かり、智絵里は受話器越しに、嬉しそうな声をあげる。


その声を聞くだけでも、Pは幸せだった。朝から意気消沈していた心持も、どんどん回復していく一方である。


『プロデューサーさん……あの、実はお願いがあるんです』


「お願い? 何か、あるのか?」






32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 07:24:10.72 ID:h/NngETl0

『はい。今から……私の家に、来てくれませんか?』


「智絵里の家にだって?」


『プロデューサーさんに、渡したい物があるんですが……駄目ですか?』


「駄目じゃない。行く。直ぐに行く。誰が何と言おうと、行かせて貰うぞ」


矢継ぎ早且つ、食い付き気味にPはそう答える。


『智絵里の家』と『渡したい物』の二つのワードが並べば、Pにじっくり考える余裕は無かった。






33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 07:24:49.87 ID:h/NngETl0

しかし、僅かに残った理性を以てして、ある疑問を智絵里に投げ掛ける。


「でも、家だと……親御さんがいるんじゃないか? あんまり私用で訪ねる所を、見られたくないんだが……」


『それなら、大丈夫です。今日はお父さんもお母さんも用事があって、明日の朝までは帰ってきませんから……安心して、来て下さい』


智絵里の言葉を受けて、Pは安堵した。それなら行っても、問題は無いだろうと。


「じゃあ、今から直ぐにでも向かうよ」


『は、はい。私……待ってますから、必ず来て下さいね?』






34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 07:25:48.16 ID:h/NngETl0

「あぁ、もちろんだ」


そう言ってからPは通話を切り、携帯を再びズボンのポケットの中に仕舞いこんだ。


それから間を空けずに、広げていた書類やペン等の備品を片付け始める。


その動きはこれまでとは大違いで、的確に尚且つ素早かった。






35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 07:26:15.03 ID:h/NngETl0

一分もしない内に荷物を全て纏めると、自分の鞄を手に持って事務所の出口に向かって真っ直ぐ歩いていく。


そして扉の取ってに手を掴み、振り返って、


「お先に失礼しますっ!!」


と言った後、事務所を出て行った。


目指す先は智絵里の待つ緒方家。そこに向かってPは速足で歩いていくのであった。






41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 20:48:46.66 ID:WnkRIdzo0

途中、徒歩から電車に乗り換えて、Pは智絵里の家を目指していく。


智絵里の自宅のある場所は、何度か送迎した事がある経験上、把握はしている。


しかし、今回みたく私用で訪れるのは初めてだった。だからこそ、多少の緊張感をPは感じていた。


そして電車が緒方家の最寄り駅に到着すると、Pは降りて再び徒歩で向かう。


駅から目的地まではほぼほぼ一本道である為、迷う事無く歩き進めていく。






42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 20:49:23.23 ID:WnkRIdzo0

それから数分間歩き続けた末、ようやく智絵里の家にへと辿り着いた。


緒方家は二階建ての一軒家。建物の感じからして、それ程古くは無く、新しくも無い住宅である。


外観は見慣れたものではあるが、内観はそうでは無い。初めて足を踏み入れる事となる。


Pは一度深呼吸をし、それを吐き捨てた後、意を決して敷地内に入ろうと、玄関の前に構える門に手を掛けた、その時だった。


ガチャッと音を立て、Pの目の前で、不意に玄関の扉が開く。






43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 20:49:50.04 ID:WnkRIdzo0

何事かと思ってPは待ち構えていると、


「あっ、こ、こんにちは、プロデューサーさん」


そこから出て来たのは、智絵里だった。いつか着ていたピンクと白のストライプの服に、スカートを合わせた格好を彼女はしている。


そして智絵里は出迎える為に玄関を開け広げた後、Pの下に近づいていった。


「約束通りに、来てくれましたね。私……嬉しいです」


言葉通りの嬉しそうな微笑みを見せて、智絵里はそう言った。






44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 20:50:16.67 ID:WnkRIdzo0

それから門も自らの手で開いて、Pを敷地内に招き入れた。


「仕事が終わったのに、呼び出してすみません……ここまで、迷わずに来れましたか?」


「あぁ、大丈夫だったよ。そもそも、何度か車で来てるから、土地勘はあるしな」


「……なら、良かったです。プロデューサーさん、徒歩で来るのは初めてでしたから、迷ったりしてないか心配だったんです」


「……それよりも、智絵里。一ついいか?」






45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 20:50:43.69 ID:WnkRIdzo0

「……? 何ですか?」


「俺……まだ敷地内に入る前で、インターフォンとか鳴らしてないよな? どうやって来た事が分かったんだ?」


Pがそう問い掛けると、智絵里は不思議だと言わんばかりに首を傾げた後、こう言ったのである。


「だって……プロデューサーさんが近くにいるって、分かってましたから。プロデューサーさんのいる位置は、GPSと発信機でばっちり把握してますので……えへへ」


そう言いながら、天使の様な無邪気な笑みを智絵里はPに見せた。






46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 20:51:10.90 ID:WnkRIdzo0

それに対してPは普通は怒る所を、智絵里の頭の上に手を置き、そっと撫でてこう言った。


「そっか、ごめんな、智絵里」


「……? 何で、謝るんですか?」


「智絵里はそんな物に頼らないと、不安で仕方無いんだろ? そしてそれは、俺が不甲斐無いせいだからな。だから、謝ってるんだ」


「不甲斐無い……? そんな事は無いです。プロデューサーさんはいつだって私との約束を守ってくれますし、私の事を心配してくれてます。私の身内の誰よりも、プロデューサーさんは私の事を見ていてくれるのに……それなのに、不甲斐無い訳なんて、ありません」






47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 20:51:39.88 ID:WnkRIdzo0

強い口調で、Pの言葉を智絵里は否定する。それを受けたPは智絵里に優しく微笑んだ。


「そう言ってくれると、俺も嬉しいし、助かるよ。ありがとうな」


そう言ってからPはまた、智絵里の頭を可愛がる様に撫でる。


「え、えへへ……」


智絵里はそれに何も言わず、Pの撫でる行為を素直に受け入れていた。






48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 20:52:07.30 ID:WnkRIdzo0

が、数分経っても撫でられ続けた所で、このままだといけないと気づき、


「だ、駄目です……これ以上は禁止、です」


そう言ってから撫でるPの手を両手で掴んで、その動きを止めた。


「ち、智絵里?」


「えっと……プロデューサーさんが撫でてくれるのは、その……気持ち良いし、ずっとこうしていて欲しい、ですけど……このままだと、一日が終わっちゃいます」






49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 20:52:33.57 ID:WnkRIdzo0

そう言われてからPは周りに目を向けると、辺りはすっかり暗くなってきており、冷え込みも日中に比べると増してきている。


このままここで智絵里の頭を撫で続けるのも悪くは無いが、それでは二人して寒さで凍えてしまうだろう。


「そ、そっか。それも、そうだな」


智絵里の言葉に納得したPは、彼女に言って腕から手を放して貰い、手を引込めた。


「そ、それじゃあ……早く家の中に、入りましょうか」


「あ、あぁ。お邪魔させて貰うな」


そして二人はようやくその場から動いて、家の中にへと入っていった。






52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 04:50:46.80 ID:dwC2knJL0

「い、今から準備してきますので、プロデューサーさんはそれまで……ちょっと待ってて下さい」


「分かったよ。ゆっくり待ってるから、焦らなくてもいいからな」


「は、はい。それじゃあ、また後で……」


そう言ってから、智絵里は部屋から姿を消した。


一人になったPは落ち着く為に一息吐くと、近くにあった智絵里のベットに腰掛けた。






53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 04:51:14.36 ID:dwC2knJL0

「しかし……ここが智絵里の部屋か」


家の中に入った後、Pは真っ直ぐこの部屋……智絵里の部屋に案内された。


7畳程の広さの洋室。そこにピンク色のカーテンや、ベッド等、女の子らしい部屋として装飾されている。


しかし、どこか生活感に欠けた部屋でもあった。


智絵里ぐらいの年頃の女の子であれば、もっと小物とかぬいぐるみとか……そんな物が置いてあっても、不思議では無いと思う。






54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 04:52:17.38 ID:dwC2knJL0

けれども、この部屋にはそういった物は置かれていない。暮らす上で、必要最低限の物しか取り揃えていなかった。


勉強机と本棚、それと衣装ケースとPが今、座っているベッド。これらが智絵里の部屋に置かれている物の全てだった。


部屋の全貌が分かった所で、Pは立ち上がって今度は本棚にへと近づく。


ずらりと本が立ち並ぶその中から、厚めのアルバムの様な冊子を取り出すと、その中を開く。


そこにあったのは写真では無く、押し花にされた四つ葉のクローバー。


それも一つや二つでは無い。ページの至る箇所に所狭しと貼られてあった。






55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 04:53:07.19 ID:dwC2knJL0

Pは次のページを開くも、待ち受けるのは前のページと変わらない光景。


どれだけページを進めようと、それが変わる事は無い。


この冊子丸々全てが、四つ葉のクローバーで埋め尽くされているのだった。


最後のページまで見終えると、Pは本を閉じて他の似た様な冊子に目を向ける。


装飾の変わらない冊子の数々。恐らく、これらも全て同じなのだろうと、見なくても悟った。






56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 04:53:34.85 ID:dwC2knJL0

Pは本を元の位置に戻した後、先程座っていたベッドの上に、戻っていった。


そして座った所で、ある事について考えるのである。


『智絵里はあれだけのクローバーに、何を願ったのだろう』と。


そんな事を考えていると、部屋の扉からコンッコンッとノックをする音が聞こえてきた。


考えるまでも無く、智絵里が準備を終えて戻ってきたのだろう。






57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 04:54:00.76 ID:dwC2knJL0

そう思って待ち構えていると、ふとした疑問が、Pの中に沸き起こる。


(準備するとは言ったが、何を準備していたんだ?)


渡したい物がある……そう言ってPを呼び出した智絵里。


それだけならまゆの様に、包装したプレゼントを渡すだけで済む話である。部屋で待たなくても、玄関で済む話である。


その準備をするにしても、渡す前日にはそれは済んでいるはずなので、する必要が無い。


なら、智絵里は何を準備していたのだろうか。






58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 04:58:29.79 ID:dwC2knJL0

「ぷ、プロデューサーさん……は、入り、ますね」


そして結論は出ないまま、智絵里が部屋に入ろうと、扉がゆっくり開いていく。


何を準備していたかの見当は付かなかったが、物を見れば分かるだろうと、Pは入ってくるのを待った。


そして……


「……んんっ!? ち、智絵里!!?」






59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 04:59:02.29 ID:dwC2knJL0

入ってきた智絵里を見て、Pは目を見開いて驚いた。


驚くPの視線の先には、衝撃の光景が広がっていたのだ。


「あ、あの……恥ずかしいので……あまり、見ないで下さい……」


智絵里は恥ずかしそうにそう言うが、残念な事にPはそうする事はできない。


現れた智絵里の姿に釘付けとなっていて、目を離すなんて出来ようものが無いのだ。


何故なら……目の前にいる智絵里は、スクール水着に着替えて、そこに立っているのだからである。






60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 05:00:15.11 ID:dwC2knJL0

「な、何でそんな格好なんだ!?」


Pは智絵里のその姿を目にして、『悪くは無い、寧ろ最高だと』思いつつ、当然の様な質問を投げ掛ける。


「だ、だって……お洋服、汚したく無いですから」


「汚したく無い……って、今から何をする気なんだよ!?」


「そ、それはまた後で教えますので……プロデューサーさんも、脱いで貰っていいですか?」






61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 05:00:44.57 ID:dwC2knJL0

智絵里はそう言うと、Pに接近してスーツの上着に手を掛ける。


「ちょ、ちょっ!?」


状況が呑み込めていないPは訳が分からずに混乱し、理解が追いつかない。


そうしてPが戸惑っている内に、智絵里は颯爽と上着を脱がし、ネクタイも外してワイシャツですらも脱がしてしまう。


「……せっかくなんで、こっちも脱ぎましょうか」






62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 05:01:13.13 ID:dwC2knJL0

しかもそう言った後、Pのズボンのベルトにまで手を掛け、それを外してズボンを剥ぎ取った。


結果、Pが身に付けているのは、下着のみとなったのである。


「お、おいっ! 智絵里、ちょっと待ってくれっ! まずは説明を……というか、渡す物があったんじゃなかったのか!?」


「あっ、それなら……ちゃんと用意してあります。プロデューサーさんに渡す為の、私の愛情を沢山籠めたチョコレートを。……でも、それだけじゃあ……足りないんです」


「た、足りない……?」






63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 05:01:40.42 ID:dwC2knJL0

「はい。あれにも、十二分に私の想いを込めたんですが……後になって、それでも込めきれて無いって、思ったんです。だから……これはその、補填です」


そう言うと、智絵里は一度Pの傍から離れ、また部屋から出て行った。


そして再び戻ってきた智絵里の手には、大きめのマグカップが握られていた。


「な、何だ、それ……?」


「ホットチョコレートです。……と言っても、ミルクに溶かさず、湯煎に掛けて溶かしただけのものですけどね」






64: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 05:07:26.57 ID:dwC2knJL0

そう言いながら、智絵里はPに確認させようと、その中身を見せてきた。


Pがその中を覗くと、確かにそこにはドロッとした茶色い液体が入っている。


しかも湯煎で溶かしただけと言うだけあって、液性よりも粘性の方が勝っている感じであった。


「本当なら、朝一番でプロデューサーさんにチョコを渡したかったんですけど……これがあるから、そうはできませんでした」


「……? どういう、事なんだ? 別にホットチョコなら、俺の家でも溶かせる……」






65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 05:07:54.13 ID:dwC2knJL0

「あっ、そうじゃないです」


「えっ?」


「これは、作り方に問題があるんじゃなくて、食べ方に問題があるんです」


「いや、食べ方って言っても……普通に飲むだけなんじゃ……」


そう言ってからPは智絵里からマグカップを受け取ろうと手を伸ばす。






66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 05:08:21.71 ID:dwC2knJL0

しかし、智絵里はそれを取らせまいと、上に掲げてPの手をかわした。


「だから、それじゃあ駄目なんです。これは、こうして食べるんです」


そう言うと智絵里は掲げていたマグカップを自分の口元に近づけて、


「んくっ、んっく……」


それをゆっくりと少量の一口分だけ、飲んだのだった。






67: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 05:10:25.29 ID:dwC2knJL0

智絵里は飲み終わると、マグカップを邪魔にならない様な場所に置く。


しかし、飲んだといっても、飲み込みはしない。智絵里は飲んだチョコを、口内に含んだままの状態でいるのだった。


(も、もしかして、これは……)


その一連の行動を見て、Pは智絵里が何をしたいのかを理解する。


そしてそれを口にしようとするが、それよりも先に智絵里が行動に出た。






68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 05:10:53.02 ID:dwC2knJL0

「おまっ、くちうつ、んむぅっ!?」


Pが完全に言葉にする前に、智絵里はその口を自分の口で塞ぎ、隙間無く、互いの唇を重ね合わせる。


それから自分の口内に含んだチョコを、Pの口内に向かって流し込んだ。


「んっ、んむっ、ちゅる……」


一口分の溶かしたチョコに、智絵里の唾液が混じった混合液が、Pに流れていく。






69: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 05:12:19.45 ID:dwC2knJL0

少量であった為、チョコは零れる事無く、全てがPの口内に入っていった。


そしてチョコを流し終えると、智絵里はPの唇から、自分の唇を離した。


「……ぷはっ、ふぅ。……どう、ですか? 智絵里チョコの、お味の方は……?」


唇に残る感触を感じながら、艶めいた表情で、智絵里はPに感想を尋ねる。


聞かれたPは流し込まれたチョコを飲み込んだ後、こう言うのだった。






70: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 05:12:45.91 ID:dwC2knJL0

「……最高だな。蕩けそうになるぐらい、極上の味わいだ」


智絵里チョコはチョコの持つ苦さ、それと得体の知れない甘さとしょっぱさが混じり合い、何とも言えない味を奏でていた。


まさにチョコだけでは、到底辿り着くことが出来ない、味の境地であった。


けれども、智絵里はそれだけでは満足しない。更なる境地にへと、足を踏み入れる。


「ふふっ、プロデューサーさんが喜んでくれてる。……でも、まだ序の口ですよ?」






71: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 05:13:15.11 ID:dwC2knJL0

そう言ってから、邪魔にならない場所にあったマグカップを再び持つと、今度は一口と言わず、二口分……いや、三口分も口内に含める。


それからまた、Pと唇を合わせ様とする……かと思われたが、智絵里はそうはしなかった。


「んんっ、んぐんぐっ、んぷっ……」


智絵里は口内に含んだチョコを、まるでうがいをする様に、口の中で転がす。


唾液とチョコを完全にかき混ぜ、更には歯や舌にも絡める様に転がしていく。






72: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 05:13:44.80 ID:dwC2knJL0

そして十分に合わさったそれを、また唇同士を重ね合わせて流していった。


しかし、今度は量が多かったのか、入りきらなかったチョコがPの口の端から零れて、顎先から首筋にへと伝っていくが、智絵里は気にも留めない。


それは既に、対策をとっているからである。智絵里がスクール水着に着替え、Pの服を脱がしたのはこの為の対策であった。


「ちゅぷっ、んん、ぷろ、りゅーさーさん……じゅるっ……も、っと、もっと奥まで、ちゅるっ、味わって、んむっ……」


二回目のチョコの流し込みを終えると、智絵里は唇を触れ合わせるキスから、互いの舌を絡めるディープキスにへと切り替える。






73: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 05:14:16.53 ID:dwC2knJL0

知識としては知っているが経験するのは初めて。それ故に、動きは不慣れでぎこちなく、拙い。


けれども、自分を万遍無く味わって欲しいのか、智絵里は舌を懸命に突き入れてくる。


それに負けじとPも舌を伸ばし、チョコだらけとなった智絵里の口内を激しく貪っていった。


「ちゅっ、ちゅっ、んあっ……しゅごい、です……これ、くせになりそう……です」


絡めていく内にコツを掴んだのか、Pの舌に無我夢中で智絵里は自分の舌を絡める。






74: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 05:14:42.15 ID:dwC2knJL0

口内のチョコはとっくに無くなっているのにも係わらず、キスだけは長々と続けられた。


そして一息入れようと唇を離した時、ようやく智絵里はPの口から垂れたチョコにへと、目を向ける。


「あっ、零れてますね。ごめんなさい……」


そう言うと、智絵里は垂れている部分に顔を寄せて、それを舐め取った。


口の端から始まり、そこから顎先、首筋にへと降りていき、順を追って綺麗にチョコを舐め取っていく。






75: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 05:15:09.24 ID:dwC2knJL0

そして首筋の一部分だけ、意図的にチョコを残すと、最後にその部分を啄む様に口付けを落とし、


「ぢゅるっ、はぁ、ぢゅっ、んんっ……」


「くっ、ち、智絵里……」


力一杯に吸い取って、そこに跡を残そうとキスで刻み込んでいく。


何度も何度も唇が首筋に触れ、その度に吸う力は強くなる。






76: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 05:15:37.33 ID:dwC2knJL0

そうして智絵里は、Pの首筋に赤い跡……キスマークを残した。


「……あはっ、私……プロデューサーさんに、マーキングしちゃいました……えへっ」


自分が作った跡を恍惚として眺めながら、智絵里はそう言った。


その瞳は潤んでいて、いつの間にかそこにあった光は消えている。


そして艶めいた妖しいその表情は、Pの興奮を誘い、更に加速させた。






77: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 05:16:03.82 ID:dwC2knJL0

「でも、まだ……足りません。もっと、私を……刻み付けたいです……」


智絵里はそう言ってからまた、マグカップを手にする。


カップを覗けば、中にはまだ半分以上もチョコが残っている。


これだけのチョコを口移しで全部飲み干すには、どれ程の時間が掛かるのだろうか。


「さぁ、プロデューサーさん……私のチョコ……智絵里チョコをもっと、もっと……味わいましょう、ね?」


そして再開される、智絵里との口移しでチョコを流し込む行為。


甘美なこの味にPは酔い痴れながら、この行為に没頭していくのであった。






80: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 19:47:43.31 ID:VQN645RQ0

………………


…………


……


「プロデューサーさん、その……これ、どうぞ」


智絵里はそう言って、Pにマグカップ……では無く、下から新たに持ってきた透明なグラスを渡す。


中には智絵里が冷蔵庫から出して入れてきた、冷たいお茶が入っている。






81: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 19:48:11.64 ID:VQN645RQ0

「ありがとうな、智絵里」


Pはそう言ってそれを受け取ると、一息に中身を全て飲み干し、乾いた喉を潤した。


「……はぁ、生き返る。さっきまで、喉がやばかったからな」


「ご、ごめんなさい……えっと、私……こうなるなんて、考えてなくて……」


「いや、いいんだ。智絵里の気持ちは、十分に伝わったさ。まぁ、だけど……溶かしたチョコをそのまま飲むのは、喉が死ぬから今後は控えような」






82: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 19:48:37.21 ID:VQN645RQ0

未だに焼ける感じの残る喉を擦りながら、Pはそう言った。


何か牛乳や生クリームとかで割ってあれば良かったが、溶かした物をそのまま飲むのは、いくら何でも、骨が折れた。


そしてそれ以外にも、悲惨な爪痕はくっきりと残っている。


Pと智絵里の口周りは互いの唾液やチョコでベタベタになっていて、Pの下着、智絵里のスクール水着もすっかりチョコで汚れてしまっている。


智絵里チョコ……その甘美な味わいが齎した代償は、あまりにも大きかった。






83: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 19:49:06.33 ID:VQN645RQ0

「あっ、そうだ。そういえば、これ……まだ渡してなかったですね」


気を取り直した智絵里はそう言うと、背後から大き目の箱を取り出して、それをPに差し出してこう言った。


「は、ハッピー、バレンタイン……です、プロデューサーさん」


「お、おう。何か、今更な気もするが……ありがとうな」


そう言いながら、Pは智絵里から箱を受け取る。それからその箱を顔に近づけて、ジッと見つめる。






84: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 19:49:34.08 ID:VQN645RQ0

緑色の包装紙で包まれた、この箱の中身。智絵里が言っていた事が本当なら、この中にもチョコが入っているだろう。


しかし、先程まで長い時間を掛けてチョコを食したPからすれば、貰った事は嬉しくとも、あまり目にしたくないという心情だった。


「え、えっと……どう、します? 今から食べるなら、私がまた、お手伝いしますけど……」


「い、いや、今日はもういいぞ。あれだけでもう、お腹一杯だからな」


強い口調を以てして、智絵里の提案を否定する。


これが今日では無く、後日であるのなら受け入れるが、今はチョコを見るだけでも胸焼けがしそうで、そんな気分にはなれないのだ。






85: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 19:50:02.53 ID:VQN645RQ0

「そ、そうですか……残念です」


「ごめんな。お腹一杯じゃなかったら、食べれたんだがな」


「……じゃあ、中身だけでも……見て貰えませんか?」


「えっ?」


しかし、提案を蹴られた智絵里はそう言って食い下がる。


更にそれに加えて、上目遣いの目線でPにそう訴えるのであった。






86: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 19:50:30.64 ID:VQN645RQ0

その目線からは『何としてでも、この場で見て欲しい』という、強い思いが窺えた。


「駄目、でしょうか……?」


「……まぁ、見るだけなら」


「……! ありがとうございます」


今度こそ提案を呑んで貰えて、智絵里は喜びから笑顔をその表情に咲かせる。






87: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 19:50:56.36 ID:VQN645RQ0

その笑顔を横で見ながら、Pは箱の包装を外していく。


緑色の包装紙を外すと、中から出てきたのは、無地の透明なケース。


そしてその中には、大きめのハート型のチョコが四つ。


それが四つ葉のクローバーの形になる様に、配置されているのであった。


「あ、あの……どう、ですか? か、感想を言って貰えると、その……嬉しいんですけど……」






88: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 19:51:27.58 ID:VQN645RQ0

「ん? あぁ、智絵里らしくて、素敵なプレゼントだと思うよ。ありがとうな」


Pは軽く微笑んだ後、智絵里の頭にそっと手を置いてから、そう言った。


「あっ……えへへ。そう言って貰えて、嬉しいです」


そう言って智絵里は不安が消えたからか、幸せそうに満面の笑みを浮かべる。


屈託の無いその笑顔を見ながら、Pは満足すると共に、貰ったチョコにへと目を向ける。






89: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 19:51:56.56 ID:VQN645RQ0

待望の智絵里からのチョコレート。もちろん、嬉しくない訳が無い。


しかし、一点だけ……そのチョコには憂慮する所があった。


(これ……どうやって食べようか……)


それはチョコの大きさ、そして厚さである。


ハート型が四つもあって数が多いともいうのもあるが、その一つ一つの大きさが半端では無い。


一個が前に智絵里がバレンタインの時に、渡したチョコ相当するぐらいの、大きさなのである。






90: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 19:52:26.79 ID:VQN645RQ0

そして厚さも横から見えるだけで二センチを超えていて、全体像で見れば恐らく、三センチはあるだろうと思われた。


そんな厚さの物を齧れば、歯が折れてしまいそうであった。


「あ、あとですね……このハートは、私の想いを沢山籠めてありますし、それに……私自身、でもありますので……ゆっくり、味わって欲しいです」


「……そうだな。そうさせて、貰うよ」


Pはそう言うと同時に、『絶対に何か入っているだろうな』と、そう察した。






91: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 19:53:03.17 ID:VQN645RQ0

私自身なんて不穏な言葉が飛び出ている以上、その可能性は限りなく高いとみた。


そして……Pからすればその方が好ましく、貰って嬉しいのであった。


「さて、それじゃあ夜も遅いし、そろそろ帰らないとな」


時計を見ながらそう言った後、帰る為に荷物を纏め始めたPだったが、ある事に気づいてその場で立ち止まる。


「……と、思ったが……こう汚れたままだと、何か嫌だな」


目線を下に落とし、チョコで汚れた肌と下着を眺めながら、Pはそう言った。






92: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 19:53:30.74 ID:VQN645RQ0

「悪いけど……風呂場を貸してくれないか? できればシャワーを浴びてから、帰りたいんだが……」


「あっ、それだったら……今からお風呂沸かしますよ? 私も入りたいですし……」


「いいのか? 別に俺は、シャワーで大丈夫なんだが……」


「せっかくですから、入っていって下さい。それに、汚れてしまったのは、私のせいですから……」


「……分かった。それなら、甘えさせて貰おうかな」


「分かりました。それなら、早速……下に行って、入れてきますね」


智絵里はそう言うと、急いで部屋から出て行って、下の階にへと降りていく。


部屋に一人残ったPは大きく息を吹き出して一息吐いた後、『そういえば、汚れた下着の替えはどうしよう……』と、大いに悩むのであった。






93: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/16(木) 01:03:24.47 ID:2Di0bDvW0

「それじゃあ、智絵里。今日は色々と、ありがとうな」


玄関で自分の靴を履き終えたPは振り返ると、その先で佇む智絵里にそう言った。


「いえ、私の方こそ……ありがとうございます。今日みたいな特別な日に、素敵な思い出が出来て……嬉しかったです」


いつまでも水着姿でいるのは流石に寒かったのか、今の智絵里はピンクの子供らしさ溢れる、パジャマを身に着けている。


前にあったパジャマパーティーでも着ていた物だが、そのデザインは智絵里にマッチしていて、とても可愛らしいと言えた。






94: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/16(木) 01:03:56.84 ID:2Di0bDvW0

「それに、あれだな。下着の替えも用意してくれて、本当に助かったよ」


「そ、そんな事、ありませんよ。これも……プロデューサーさんの為、ですから」


あれからPは風呂に入った後、何故だか用意してあった替えの下着に着替える事で、汚れたままの下着で帰宅するという、難から逃れていた。


そこで何で用意されていたかを聞こうとしたPであったが、後が怖いという理由で、それは止めておいた。


「じゃあ、また明日な。お休み、智絵里」






95: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/16(木) 01:04:24.62 ID:2Di0bDvW0

「はい。お休みなさい、プロデューサーさん」


そう言って別れの挨拶を交わした後、Pは玄関の扉に手を掛けて、開いて出て行こうとする。


しかし、開けた途端に湯上りのPを外の冷たい風が襲い、顔を顰めた。


「……外は大分、冷え込んでるな」


「そう、ですね。あの……良かったら、お父さんのコート……貸しましょうか?」






96: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/16(木) 01:04:52.01 ID:2Di0bDvW0

「いや、それは流石に悪過ぎる。それにこれ以上、甘えるのも良くないしな」


「で、でも……大丈夫、ですか……?」


「まぁ、大丈夫かどうかって聞かれると、微妙……あぁ、そうだ。そういえば、あれがあったな」


「えっ?」


Pはそう言ってから自分の鞄を開き、その中から昼間にまゆから貰ったマフラーを取り出す。


そしてそれを首に巻いて、早速と使用する事にしたのだった。






97: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/16(木) 01:05:19.08 ID:2Di0bDvW0

「これで何とか、寒さには耐えれるな」


毛糸のマフラーなだけあって、ふんわりと首周りを包む、暖かさがそこにあった。


その温もりを感じつつ、マフラーを手で触れながら、Pはそう言った。


「わぁ、暖かそうなマフラー……まゆちゃんの、手作りですか……?」


「あぁ、良いもんだろ。……って、あれ? 何で、智絵里……これがまゆの手作りって知ってるんだ?」


1



98: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/16(木) 01:06:05.82 ID:2Di0bDvW0

Pがこのマフラーを貰ったのは今日の朝方。それも智絵里に会った後での事である。


そしてPがこれを智絵里の前で取り出したのは、これが初めてなのにも係わらず、智絵里はその製作者をピタリと当てたのだ。


これにはPも、驚きを隠せなかった。しかし、それを当てた智絵里は分かって当然という風な表情をして、こう言うのだった。


「何でって……分かりませんか? このマフラーから、まゆちゃんの匂いが凄くしますから……色合いもまゆちゃんが好みそうな色ですし、分からない方がおかしいですよ」


「……そっか。流石は智絵里だな」


「えへへ……これでも、鼻は利く方なんです」






99: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/16(木) 01:06:34.19 ID:2Di0bDvW0

控えめではあるが自信気に胸を張り、智絵里はそう言って退けた。


Pはそんな微笑ましい光景を見て、不意にではあるが、薄くフッと笑った。


「さて……それじゃあ、今度こそ……お休み。また、明日な」


「はい。また明日……あっ、そうだ。プロデューサーさん、一つ、言い忘れてました」


そう言われて呼び止められたPは、外に出ようとする足を止める。


そしてもう一度振り向いて、智絵里にへと目線を向けた。


「あ、あの……こんな事言うのは、どうかと思うかもしれませんけど……」






100: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/16(木) 01:07:01.98 ID:2Di0bDvW0





「その……ホワイトデーのお返し……楽しみに、してます、ね?」







101: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/16(木) 01:07:29.23 ID:2Di0bDvW0

「……あぁ、分かった。智絵里が貰って喜びそうな物……何か、考えておくな」


Pはそう言った後、今度こそ玄関から出て行き、智絵里の家から去っていく。


それからPの気配が遠くに消えるまで、智絵里は玄関で佇み続ける。


そして気配は消えたのを感じ取ると、身を翻して、鼻歌を歌いながらPが浸かった浴槽に向けて、真っ直ぐ歩いていった。


こうして……とても甘くて、智絵里の素敵なバレンタインデーは終わりを迎えたのであった。





終わり





102: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/16(木) 01:10:15.67 ID:2Di0bDvW0

とりあえず、これで終わりです

本当はバレンタインデー当日で終わらせたかったですが、結果はこの様

あまりにも不甲斐無さ過ぎて、穴を掘って埋まりたい気分です





103: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/16(木) 01:15:20.59 ID:2Di0bDvW0

特別な日だという事もあって、内容もいつもより特別な風にしてみました

が、読み返してみると、何だこれ……って、感じですね

もっと上手く表現出来る様に、一層努力していこうと思います

アクセルフルスロットルで書ける様になるには、まだ遠そうです





105: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/16(木) 01:19:04.38 ID:2Di0bDvW0

バレンタイン編も終わった事ですので、明日からは更新途中の作品の方に戻ろうと思います

そっちも何とか、今月中には書き終えて、次の作品に取り掛かれたらと考えていますが……どうだろう

とにかく、ここまでお付き合い下さり、ありがとうございました

それと智絵里PとまゆPの方々……重ね重ね、申し訳ありませんでした





106: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/16(木) 01:20:24.64 ID:2Di0bDvW0

107: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/16(木) 06:18:55.29 ID:vN4gTTIdo

乙です
凛ちゃんの方も楽しみにしてます


元スレ
SS速報VIP:緒方智絵里「私の特別な、あの人だけの贈り物」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1487022862/