おわび

前回16スレ目とか言いましたけど今回19スレ目でした
本当にすみません
どうか命だけは

前回で終わりみたいに言いましたけど今回も書きました
本当にすみません
どうか命だけは

本当にすみません
どうか命だけは

本当にすみません
どうか命だけは











どうか命だけは

美少女~エンドオブザファイナル・最後のラスト~-SS速報VIP
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1486722531/

前スレです

http://ss.vip2ch.com/jmp/1471524903
wikiです

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1487326668




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 19:18:42.84 ID:J+Q+azZDO

美少女「はっけよーい!残った!」

友「やあ!」がっ

ホモ先輩「おっおっおっ」がっ

美少女「はい、ずんどこずんどこずんどこ」

友「くっ!なかなか粘るな」ぐっ

ホモ先輩「お前こそ」ぐっ

美少女「いいよー!ずんどこずんどこ」

男「放課後の廊下でなにしてんの」

美少女「その調子だよー!ずんどこずんどこ」

男「邪魔なんだけど」

美少女「あ、男くん」

男「なにやってんの」

美少女「裸で組み合う男子を眺めてるんだよ」

男「見れば分かるよ。訳が分からないだけで」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 19:19:11.31 ID:J+Q+azZDO

美少女「もっともっと!ほらもっとずんどこ!ずんどこずんどこ」

男「その掛け声なんなの」

美少女「まだ分からないの?」

男「これからも分からないと思うよ」

美少女「裸で組み合う男子を眺めてずんどこって言ってるんだよ」

男「見れば分かるよ。不可解なだけで」



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 19:20:19.53 ID:J+Q+azZDO

男「楽しい?」

美少女「楽しむもんじゃないから」

男「いよいよ分からないな」

友「失せな!これは純粋な競技だ!」

ホモ先輩「そうだぜ!どっちが美少女様により多くずんどこって言わせるか真剣に勝負してんだぜ!」

男「少なくとも真剣にやることではないね」

美少女「? なんとなくずんどこ言ってるだけだよ?」

友「え?そうだったのか?」

ホモ先輩「おらぁてっきりそういうもんだとばかり」

男「誰も分かってなかったんだ」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 19:27:59.33 ID:J+Q+azZDO

友「そういや回数とかもカウントしてなかったな」

ホモ先輩「おう、なんかいっぱいずんどこ言ってる気はしてたけど」

美少女「ずんどこが独り歩きしちゃったね」

男「ずんどこの独り歩きってなんだよ」

友「ま、いーや。続けよーぜ」がっ

ホモ先輩「あたぼうよ」がっ

美少女「はい!ずんどこずんどこ!」

ずんどこずんどこ!

男「(何一つ噛み合ってないけど楽しそうで何より・・・あ、楽しむもんじゃないのか。じゃあ何がしたいんだこいつら)」

ずんどこずんどこ!

男「(ずんどこが脳内リピートする前に帰ろ)」すたすた



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 19:28:39.04 ID:J+Q+azZDO

美少女「ふひー今日はいつにも増してモテたわぁ~」ぺちぺち

男「オデコぺちぺちしないでくれる?」

美少女「ほら、あたしって気安さがウリだから」

男「無抵抗のオデコぺちぺちするとか気安いにも程があるよ」

美少女「スキンシップじゃーん」

男「嫌がらせだよ」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 19:29:21.83 ID:J+Q+azZDO

男「」じとー

美少女「なにこいつじっとり見てくんだけど」

男「僕の視線をじっとりとか言うな」

美少女「なになに?目星?」

男「付けてねーよ」

美少女「じゃあなによ。いい加減にしないと白黒付けるよ」

男「なにをだよ」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 19:29:50.63 ID:J+Q+azZDO

男「君って本当に自分で言うほどモテるの?」

美少女「モテるよ。自分で言うよりモテるよ」

男「自信がえげつないな」

美少女「なんなら試してみる?」

男「どうやって」

美少女「そうだなぁ。じゃあ友くんでも落とそっか」

男「あんなん誰でも落とせるよ」

友「横で会話してんの忘れてないか」

男「はは、忘れたりなんかする筈ないだろ」

美少女「バッチリ見えてるよ!」

友「お前ら悪意の塊だな」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 19:32:30.06 ID:J+Q+azZDO

美少女「ならさ、あいつとかどう?」指差しビシッ

男「グラウンドで女子にキャーキャー言われながら懸垂してるヤツ?」

美少女「そっ!」

友「ありゃ3年の鱗平(うろこだいら)先輩じゃねーか。スポーツ万能、成績優秀、学年1モテるって噂だぜ」

男「(名字が気になってイマイチ情報が入ってこない)」

美少女「あれ落としたら認めてくれる?」

男「うろこだいら…クロコダイル……」

美少女「聞いてる?」

男「あ、ごめん。名字が気になって」

美少女「んじゃチャッチャとあのウロコダイル先輩を落としてくるかな」

男「(僕の呟きが混ざった)」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 19:34:18.88 ID:J+Q+azZDO

美少女「鱗岩先輩!」

鱗平「ん…君は?」

美少女「あたし美少女!可愛いっしょ!」

鱗平「ふむ、懸垂の途中だというのに目を奪われる輝き。付き合うしかあるまい」

美少女「ウボエ゙ッ!!!」ゲロゲロ

鱗平「なっ…私を見つめながら嘔吐するだと!?」

美少女「ふいーキモ臭かった。吐いた直後だけどキスしたい?」

鱗平「私は一向に構わん私は一向に構わん!!!!」

美少女「許可はいいからさ、したいのかしたくないのか」

鱗平「したい!!!」かっ

美少女「あっそ。セイッ!!」ばきぃっ

鱗平「逆鱗っ!?」ずごしゃあっ

美少女「どーよ」

男「見事だったね。拍手するよ」ぱちぱち

美少女「でしょでしょ」

男「うん、あんな百年の恋も冷めそうな惨劇の後で吐瀉物まみれの唇にキスしたいと思わせるなんて流石だよ」

美少女「いやー照れるなぁ」

男「じゃ教室戻ろうか。次の授業始まるし」

美少女「だね」

『※その後、鱗平先輩はグラウンドの鉄棒付近で遺体となって発見されました』



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 19:34:53.42 ID:J+Q+azZDO

鑑識「遺体の頭部がめちゃくちゃに変形してますね」

警部「うむ、グロいな。あんま見たくない」

鑑識「ほら目玉ですよ目玉」ひょいっ

警部「見たくないって言ったそばから」

鑑識「これはおそらくバールのような物で力の限り殴ったと見られます」

警部「そうか、力の限りか。力の限り……力の限りって言い方だと正義の味方っぽいな。おもくそにしとけ」

鑑識「別に言い方はどうでもいいでしょう」

警部「うーむ、いったい犯人は誰なんだ」

美少女「お呼び?」キランッ

警部「む?」

美少女「あたしこそが美少女探偵!」しゃきーん

男「僕が助手兼拉致被害者の男です」

警部「な、なんだね君たち!勝手に入ったらダメじゃないか!」

鑑識「警部!この方々は有名な探偵ですよ」

警部「なぬ?」

鑑識「ほらヤフーとか海外ニュースでいっぱい記事載ってます」スマホすっ

警部「ほ、本当か!すげぇ!」



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 19:35:25.30 ID:J+Q+azZDO

警部「君たちが数々の難事件を,2秒で解決したと言われる名探偵か!」

美少女「いかにも!」

警部「おぉそれは頼もしい!」

鑑識「あ、でもこれ全部フェイクニュースだ。もれなく警告文が付いてる」スマホすっすっ

警部「えっ」

美少女「・・・」

男「・・・」

警部「う、嘘なのか?」

美少女「いかにも!」

警部「いかにも!?」



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 19:35:53.84 ID:J+Q+azZDO

美少女「シャーロックのコスプレ自撮り写メ、インスタにアップしたら世界中飛び交っちゃってさ」

男「いつの間にやら名探偵になってたそうです」

警部「つ、つまり君たちは」

美少女「シャーロックの格好した美少女と」

男「エマの格好した男子高校生です」

警部「エマだと女優のワトソンになるんだが・・・」

鑑識「私はさっきからホームズをシャーロック呼びしてる彼女が気になりますね」

警部「いや、気になるとかじゃなくて捜査を・・・」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 19:36:46.09 ID:J+Q+azZDO

警部「あ、あのな。我々も遊びじゃないんだ。帰ってくれるか」

美少女「分かってますよ。遊びじゃないことくらい!」

警部「?」

美少女「でもこれだけは言わせてください」

鑑識「警部!もしかしたら彼女は事件に関する重要な証言をしに来たのでは」

警部「そ、そうか!それは是非とも聞かせ・・・」

美少女「んなもんねーよバーカ!ウヒャハハハハハ!!!」げらげら

警部「帰りなさい!!」

男「あの」

警部「ん?なんだ、君も早く出てきなさい」

男「実は僕、犯人を知ってます」

警部「!!!」

鑑識「!!!」

美少女「ウヒャハハハハハ!!!」げらげら

警部「うるさいな君は!?」



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 19:37:21.04 ID:J+Q+azZDO

警部「教えてくれ!犯人は誰なんだ!?」

男「ではまずヒントを」

警部「いやヒントとかいらん!答えだけでいい!」

男「被害者は頭部がぐっちゃぐちゃに変形してます」

警部「そんなの見れば分かる!犯人は誰なんだ!」

男「そして遺体の周囲を取り囲むようにぶちまけられた吐瀉物」

警部「なに!吐瀉物だと!?」

鑑識「あ、ホントですね。なんか湿っててクサイと思ったら」

警部「なぜ気付かなかった!」

鑑識「さぁ…?」

警部「なにとぼけてんだ貴様」

鑑識「ごめんなさい、正直まじめに見てなかったんで」

警部「まじめに見ろよ。殺人現場だぞ」



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 19:37:51.74 ID:J+Q+azZDO

警部「それで犯人は誰なんだ!」

男「気が早いですよ警部さん」

警部「早いにこした事ないだろ。事件解決すんだから」

男「それはまぁ追々」

警部「今話せ。さっきから何をもったいぶってんだ君は」

鑑識「てかこのゲロDNA鑑定すれば一発じゃないですかね」

警部「なるほど!それだ!」

男「勝手な真似しないでくれますか?まず僕を通してもらわないと」

警部「なんで君にお伺い立てなきゃならないんだ」

男「事件解決したいなら僕の推理を聞いてください」

警部「だからなんで君を中心に進めなきゃいけないんだ。助手兼拉致被害者の分際で」



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 19:38:32.40 ID:J+Q+azZDO

男「時間にして12時過ぎ、ちょうどお昼休みのグラウンドで被害者は殺害されました」

警部「分からん。なにがちょうどなんだ」

男「被害者はそこの鉄棒で懸垂をしながら女子にキャーキャー言われてた」

鑑識「あんまりイメージ湧かない状況ですね」

男「そこに現れたのが何を隠そう・・・美少女さんです」

警部「なに・・・?」

男「彼女はある目的で被害者に近付き、目の前で盛大に嘔吐してからキスをねだりました」

鑑識「目的が見えない」

男「そして被害者の顔面を怒りの拳骨で打ち抜いたんです」

警部「なぜ打ち抜いた」

鑑識「怒りのタイミングも見当たらないですね」

男「以上がこの事件の真相です」

警部「おかしいな。真相を聞いた筈なのにますます謎が深まったぞ」

鑑識「これちょっと鑑識ごときの手に負えないですね。心理カウンセラーにお任せしましょう」



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 19:39:45.77 ID:J+Q+azZDO

警部「えーよく分からんが君が犯人なのか?」

美少女「いかにも!」

警部「君はいつだって清々しいな」

鑑識「事件解決ですね」

警部「あぁ、なんか全然スッキリしないけどな」

美少女「でも警部さん聞いてよ」

警部「なんだね」

美少女「なんでもねーよバーカ!ウヒャハハハハハ!!!」

警部「なんか君こわいな。犯人だと思って見ると今までの言動すべてゾクゾクする」

鑑識「でも可愛いですよ。無罪でしょう」

警部「法律甘く見んなよ」



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 19:40:34.97 ID:J+Q+azZDO

こうして助手兼拉致被害者の鮮やかな名推理で事件は華麗に解決した

美少女探偵は殺人の容疑で鮮やかに逮捕され、華麗に拘置所へ入れられた

後日、美少女探偵は鮮やかに脱獄し、華麗に逃亡生活を送った

警察は鮮やかに追跡したが華麗に見つけられなかった

なので鮮やかに諦め、華麗に野放しにすることにした

こうして美少女探偵は実質無罪放免となった
なんとも鮮やかで華麗な幕切れだった



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 19:41:37.99 ID:J+Q+azZDO

放蕩無頼の闇が謳歌する江戸の世
悪が蔓延る欲望の城下に光をもたらさんと一人の救世主が立ち上がった


美少年「その名もプリンセス侍・美少年☆」きゃぴっ

ごすっ!!!

美少年「 」たんこぶプシュー

美少女「あたし差し置いて主役張ろうとしてんじゃねーよ」こきっこきっ

男「そもそも江戸の世でプリンセスはないでしょ」


こうして江戸の世は誰にも救われないまま明治になった





21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 19:42:21.16 ID:J+Q+azZDO

友「冬と言えば、やっぱり怪談だな」

男「季節外れもいいとこだよ」

友「みんなで背筋も凍る怪談話しよーぜ」

男「薄着で外出すればいいじゃん」

友「背筋を凍らしたいんじゃない。怪談話がしたいんだ」

男「なんでそこまで」

友「怪談話するよーって言えば女子が群がってくんだろうが」

男「そのブーム一昔前に終わったよ」

友「ならまた始めればいい」

男「そのチャレンジ精神を他に活かせないもんかね」



22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 19:42:59.75 ID:J+Q+azZDO

友「怪談話しよーぜ」

女「え?なんで?」

友「いや、なんでって言われても」

女「なんでって言われてもって言われてもなんでだし」

友「な、なんかごめん・・・」



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 19:43:32.96 ID:J+Q+azZDO

友「怪談話しよーぜ」

委員長「どうしたの急に」

友「実はみんなで怪談話することになってさ」

委員長「美少女さんが参加するならいいけど」

友「え、どうかな。まだ誘ってないし」

委員長「じゃパス」

友「・・・」



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 19:44:25.64 ID:J+Q+azZDO

友「み、みんなで怪談話するんだけど」

善女「怪談?怖い話の?」

友「そうそう」

善女「あー・・・ごめん。私そういうの苦手なんだ」

友「マジかよ」

善女「せっかく誘ってくれたのにごめんね」

友「(普通に断られた)」



25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 19:44:53.68 ID:J+Q+azZDO

ブス「てかーマジー」

ブスッ「マジなんですけど~」

友「(あいつらはいいや)」



26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 19:45:21.81 ID:J+Q+azZDO

友「美少女ちゃん怪談話しねーか」

美少女「階段駆け足で上がらねーか?いいねぇアクティビティだねぇ」

友「全然ちがう」

美少女「じゃあ一階から屋上までどっちが先に着くか勝負しよ。負けたら全裸で屋上に住み着いてもらうから」

友「この時期に全裸と屋上の組み合わせはヤバいだろ」

美少女「さ、やろやろ」すたすた

友「(なんでこうなった)」

『※後日、屋上で凍死した男子生徒の遺体が発見されましたが別に事件にはなりませんでした』



28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 20:39:47.61 ID:J+Q+azZDO

美少女「ここで恒例のお便りコーナー!」

男「恒例の意味知ってる?」

美少女「知ってるよ。恒例化社会ってよく言うし」

男「なにが恒例化した社会なんだよ」

美少女「つー訳で今まで読者から貰ったレスにお返事しちゃうよ!」

友「美しすぎる美少女ちゃんから返事が貰えんだぜ!ありがたく思え!」

男「美しすぎる美少女って腹痛が痛いみたいな響きだよね」



29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 20:40:13.49 ID:J+Q+azZDO

委員長「はい、お便り読み上げまーす」ぺらっ

『ワロタwwwww』

美少女「うっひょー!テンション高いね!」

男「本気で笑った人がワロタって書くとは思えない」

友「wの数だけ愛想笑いしてそうだな」



30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 20:40:40.65 ID:J+Q+azZDO

委員長「続いてのお便りはこちら」ぺらっ

『続き待ってる!』

美少女「やひぃん!ありがとう!がんばっちゃう!」

男「なんか突然奇声あげたけど」

友「ヨッシーの鳴き声がやひぃんに聴こえんだと」

男「聴こえたからなに?」



31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 20:41:06.37 ID:J+Q+azZDO

委員長「続いてのお便りはこちら」ぺらっ

『ワロタwww』

美少女「ちょwww笑いすぎwwwがんばるwww」

男「委員長がコピペになったね」

友「委員長だからな、コピペにもなるよな」

委員長「それどういう意味?」



32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 20:41:47.86 ID:J+Q+azZDO

委員長「続いてのお便りはこちら」ぺらっ

『ワロタwwwww』

美少女「わはwww二連続ワロタwww」

男「お便りまでコピペになったね」

友「コピペの波状攻撃だな」

男「別に攻撃はされてないけど」



33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 20:42:15.27 ID:J+Q+azZDO

委員長「続いてのお便りはこちら」ぺらっ

『続き着てた!続き待ってる!』

美少女「うわー超うれぴぃ!ガチクソ上がるぅ!」

友「あれ?これもコピペじゃね?」

男「コピペかどうかは知らないけど二回目なのは確かだね」



34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 20:42:48.41 ID:J+Q+azZDO

委員長「続いてのお便りはこちら」ぺらっ

『続き待ってる!』

美少女「ちょwww続き待ちすぎィ!」

友「やっぱりコピペじゃね?」

男「うん、確信を持ってコピペと言える」



35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 20:43:23.90 ID:J+Q+azZDO

委員長「続いてのお便りはこちら」ぺらっ

『続き待ってる!』

美少女「いえーい、ありがとう」

男「明らかにテンション下がってる」

友「とうとう異変に気付いたな」



36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 20:43:55.87 ID:J+Q+azZDO

委員長「続いてのお便りはこちら」ぺらっ

『ワロタwwwww』

美少女「およ?これさっきも・・・」

男「完全に察した」

友「察したな」



37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 20:44:30.76 ID:J+Q+azZDO

委員長「続いてのお便りはこちら」ぺらっ

『続き待ってる!』

美少女「・・・」

男「終いには一言も発さなくなった」

友「こんな悲壮感漂う美少女ちゃん見たことねーな」



38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 20:45:02.38 ID:J+Q+azZDO

委員長「続いてのお便りは・・・」

美少女「おい」襟くいっ

委員長「ぐえっ」

美少女「一気にめくれ」

委員長「ば、ばび、わがりまじだ」ぷるぷる



39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 20:45:55.55 ID:J+Q+azZDO

『続き待ってる!』

『ワロタwww』

『続き待ってる!』

『ワロタwww』

『続き待ってる!』

『ワロタwww』

『続き待ってる!』

『ワロタwww』

『続き待ってる!』

『ワロタwww』

『むなしいなあ』

美少女「全部一緒じゃねーか」

男「一番下に違うのあるよ」

美少女「こっちのセリフだわ」

友「まぁまぁ!続き待ってくれたり笑ってくれたりしてんだからありがたいじゃんか」

美少女「ありがたいよ。ありがたいけどさ」

男「何がそんなに気に入らないの」

美少女「だってこれ全部・・・読んでなくても書けるじゃん!!!」

男「!!!」

友「!!!」



40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 20:46:21.93 ID:J+Q+azZDO

美少女「ただ終わったスレに淡々と乙言ってるのと変わんないし!事務的に書き込みボタン押してるだけだし!ツイッターのbotだし!」

友「おいおい・・・」

男「マジかよ・・・」

美少女「こんなにとびきり可愛いあたしがサービスしたげてんのになんなの!おかしくない!」

友「び、美少女ちゃん、まさかとは思うけど」

美少女「なに!?」

友「本気で・・・読まれてると思ってたのか?」

美少女「あったりめぇよ!」

友「あ、あ、あ、あ、あ、あ」がくぶる

男「あまりの痛々しさに友がフリーザに睨まれたクリリン状態になってる」

美少女「? あたしなんか変なこと言った?」

男「(変でないと思ってやがる…そりゃそうだ、こんな糞味噌まみれのSSで恥ずかしげもなくお便りコーナーやろうとか言い出しちゃうイカれた精神力……痛々しいとか通り越して狂気の域に達する"クレイジーメンタル"!!!略して"クンタル"!!!もはやこいつを止める事なんて誰にも出来やしない!終わった!世界は新たな道へ向かうんだ!!!)」



41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 20:46:52.75 ID:J+Q+azZDO

美少女からのお願い


新章は近々始めますが、それにあたって美少女からお願いがあります。
といっても、単に「作品の連載中、読んでほしい」という、それだけです。
依頼が済んでから乙、とかではなくて、“連載中に”読んでほしいのです。

実家の母にも再三言ってることですが、私はSSのヒロインとして、
「SSとは読者が読むものである」というポリシーを持っています。
つまり、読者が読まず、美少女が淡々と可愛いだけという状況では、全く意味がないということです。
それなら「可愛くない方がマシ」といっても大袈裟ではありません。

特にこの美少女SSは、本来3年前にお蔵入りした作品を、勝手に書き続けているものです。
美少女がいても誰も読んでないのでは、その「美貌」があるのか否かさえ曖昧になります。

全ての読者に読んでもらうのは酷な事だと思いますが、出来る限り「読まない」というのはやめて下さい。
少なくとも、一夜投下する度に10~20回くらい読んでほしいです。
この数字は、私の考える、美少女が正常に可愛さを保てる最低限度の読み数です。

連載を続けるにあたり、そのことだけは、皆さんにお願いします。



42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 20:47:32.28 ID:J+Q+azZDO

397 :美少女にかわりまして男がお送りします(グンマ) [mama]

で、無視……と。

懸命な判断ですね。
以後はママと僕のイチャイチャちゅっちゅっ劇場をご覧ください


友「結果全部コピペじゃねーか」





元スレ
SS速報VIP:男「美少女リターンズ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1487326668/