SS速報VIP:【艦これ】木曾「腕試し?」【ss】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1487336556/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 22:02:36.83 ID:japXwB1g0





超短いssです。
作者はss初心者なので誤字、脱字や指摘したいところがあればぜひお願いします。
後駄文注意。


「何だそれ?」

今朝唐突に司令室へ呼ばれ、出された提案。

「ちょっと遠くにさ、ちょっと特殊な重巡ネ級が出現する場所があるんだよ。何回倒しても、気付いたらまた住み着いてる。しかも、必ず一体しかいないんだ」

「そのネ級の何が不思議かってね、体が緑っぽくて、通常体よりちょっとだけ小さい。そして、魚雷は使わない」

「そいつが出る海域はかなり複雑に入り組んでいてね。他の艦はそうそう入ってはこれないんだ」

「なるほどな」

つまり、一対一でネ級と戦うことができる、というわけだ。外的要因に左右されず、己の力を試すことができる。確かに、実力を量るには丁度いいだろう。

「木曾も改二になったし、実力も付いてると思うんだ。やってみないか?」

「多摩もやったことあるにゃ。中々手強かったにゃ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1487336556




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 22:04:10.16 ID:japXwB1g0

何処からか出てきた多摩姉さんがそう言った。多摩姉さんは提督とケッコンカッコカリをし、既にレベル155に到達している。そんな多摩姉さんが手強いと言うのだから、よほど強いのだろう。

「答えは勿論木曾に任せるが、どうだ?」

「……わかった。やってみるよ」



数日後。

「ここで合ってるのか?」

「勿論にゃ」

実行を決めた後、対重巡ネ級用の訓練をした。普段なら周りの味方と連携して戦うが、今回は一人。厳しい戦いになるのは分かりきっていた。多摩姉さんの経験を元に、姉さん達の協力を受けながら、着々と準備を進めていった。

「木曾。お前にこれをやるクマ」

球磨姉さんから渡されたのは、発煙筒だった。

「危なくなったら使うクマ。姉ちゃんが助けてやるクマ」

「レベル一桁の球磨姉に何ができるのさ」

「壁にしかならないわね」

「クマー……」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 22:05:03.82 ID:japXwB1g0

「ありがとう。それじゃあ行ってくるぜ」

何故かしょげてる球磨姉さんは置いといて、前に進む。
気がつけば姉さん達の姿は見えなくなり、辺りに霧が立ち込めているのだと察した。十分ほど進むと、霧の晴れた場所があり、そこに今回の標的がいた。

重巡ネ級。

岩の上で佇んでいたネ級と目が合った。と同時に、大きく回避行動をとった。

次の瞬間、それまで立っていた位置に砲撃が飛ぶ。

ゴオォォォンと大きな音を立ち、反射的に体がちぢこまってしまった。あわてて視線をネ級に戻すと、そこにいるはずの敵がいなかった。

木曾の背後に立っていたのだ。

「速えな!……だが!」

既に発射準備を終えていた魚雷を振り向き様に放つ。この程度なら、まだ予想の範疇だ。至近距離で爆発した魚雷の被害を抑えるため、放つと同時にネ級から離れ、攻撃の成果を確かめる。




4: saga 2017/02/17(金) 22:06:18.59 ID:japXwB1g0

全くの、無傷だった。

「効いてねえ!?」

何もなかったかのように歩き出す。愕然とした。魚雷の効き目が薄いことは多摩姉さんから聞いていた。だが、ここまでとは思わなかった。

思考する時間等与えないというふうに、素早い動きでこちらに向かってくる。反応が一瞬遅れた木曾は、回避行動を取るよりも速く放たれた砲撃を食らってしまった。

「がはっ!!」

下は水なため、倒れ込んでも痛みはない。だが、一撃をまともに受けた体は、直ぐに立ち上がることができなかった。

続けて飛んでくる攻撃に木曾はあえて足を閉じ、手で体を押してネ級に近づいた。放物線を描いて宙を舞う砲弾は、近くの相手に当てるのは難しい。魚雷を撃つには絶好のチャンスだが、攻撃する気は起きなかった。



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 22:07:38.41 ID:japXwB1g0

「くそっ!強いな!」

あの後、自ら近づいてきた木曾に虚を突かれたらしく、ネ級が硬直した隙を狙って逃げ出した。幸いにも提督が言っていた『複雑に入り組んでいる』空間に入り込むことができ、現在木曾は大きな岩の後ろで息を潜めていた。

魚雷の効果が薄いとなると、戦況は一気に厳しくなる。重雷装巡洋艦である木曾は、魚雷に特化しているといっても過言ではない。念のため砲も持ってきてはいるが、魚雷と比べると天と地ほどに威力に差があった。

まだ荒い息を殺し、体を縮こませる。あのネ級は耳がいいらしく、少しの音にも反応する。こちらに振り向き、気付かれたか、と思えば、すぐにまたうろうろと歩き出した。

そのうち見つかるだろう。いつまでも隠れている訳にはいかない。魚雷が効かないとはいえ、全く使えないということではない。ネ級は耳がいい。大きな音を出せば、注意はそちらに釘付けになるだろう。囮の役目くらいは果たせるはずだ。

後は、砲撃の威力次第。

「やってみるしかないか」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 22:08:32.24 ID:japXwB1g0

奇襲は成功した。

進行方向とは反対の方向に魚雷を発射。音につられてこちらに寄って来たネ級に砲撃をかまし、今度は結果を見ずにその場から離れる。こちらの攻撃など大したものではない。一撃二撃で倒せる敵じゃないのだ。息を整え、再び魚雷を発射。これを繰り返す。

だがここで、問題が発生した。

「反応しねぇ、慣れやがった!?」

最初よりも反応が薄い。振り向きはするが、向かってくることはなくなった。砲撃自体は効いたようで、集中的に攻撃した部分が、大きくひしゃげていた。発射口が曲がっているので、狙いがつけにくいのか、反撃してくることは殆ど無かった。

どうする。頭の中で自分に問いながら、既に答えは出ていた。

待つのではなく、自分から行けばいいのだ。

魚雷にまだ反応はするので、その間に近づいて攻撃、は現実的ではある。だが、先ほどと比べ危険が桁違いになる。逃げるのが遅れれば、まともに食らう可能性があるのだ。

「……何もやらないよりましだ」

息を軽く吐き、発煙筒を岩の上に置く。まだ使う必要はないからだ。



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 22:09:32.41 ID:japXwB1g0


「はぁ、はぁ、はぁ」

走る。ひたすら走る。何度か攻撃を加え、ネ級の装備もぼろぼろになっているのに、そのスピードは最初から変わっていない。

攻撃は今回も成功し、相手に大きくダメージを与えた。こちらの被害は、出会い頭に受けた一撃のみ。木曾側が優勢なのは明らかだった。

再び魚雷を飛ばす。もはやあまり気にしていないようだが、反射的にそちらを見る。そこから木曾に気づく。それまでの時間で、一気にネ級に近づき砲を構えた。

その瞬間、ネ級が振り向く。先程より早い反応。咄嗟に後ろに飛び、距離を開けるも。

狙いすましたような一撃。まともに食らった木曾の体は簡単に吹き飛び、突き出ている岩に叩きつけられた。



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 22:10:44.37 ID:japXwB1g0





「がっ!?」

衝撃で一瞬意識が飛ぶ。その間にもう一撃、今度は外れたものの、立ち上がろうとした木曾の足を強烈な波が襲った。体がぐらつき、再び倒れこんでしまったが、無理矢理手で地面を押しネ級と向かい合う。

殺られる。そう感じた木曾は、すべての神経を回避に費やし大きく前転した。

「くそっ!!」

幸いにも木曾の前方、つまりネ級の背後は開けた海。ネ級の脇を通ると木曾は走りだした。



「……」

ネ級から数百メートルほど距離を置いた場所で、木曾は一人考えていた。

撤退か、続行かを。

相手は格が違う。魚雷が通用せず、奇襲にも素早く反応し、同じ作戦はすぐに見透かされる。これまでに出会ったどんな敵よりも強く感じた。




9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 22:12:32.63 ID:japXwB1g0

ここに来て木曾は、仲間と協力することの重要性を改めて思い知らされたと感じた。一人で戦うということは、全てを自分だけでカバーしなければならない。あらゆる事態に対し、独りで向かわなければならないのだ。一人じゃなければ、補い合うことができる。役割を分担できる。それがどれだけ大切か、それがわかっただけでも、ここまで戦った収穫はあったといってもいい。

そう。無理に戦う必要などどこにもない。倒せなかったからといって、何か問題があるわけではないのだ。撤退しよう。姉さん達には悪いが、木曾は十分に戦った。

『それでいいのか』、そんな声が聞こえた気がした。

誰かが来たわけではない。もちろん木曾が口にしたわけでもない。木曾の本心、心からの言葉であった。

ネ級との戦いの中で、木曾の深海悽艦に対する印象が変わってきていた。

これまでは単なる敵、としか認識していなかった。だが木曾はここまで戦ってきたネ級に、別の感情を抱いた。

好敵手。



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 22:13:21.81 ID:japXwB1g0


仲良くしようと思った訳ではない。ただ、相手にも相手なりの考えがあって、その上でここにいる。木曾には目の前の相手が、これまで出会ったどの深海悽艦よりも手強く、崇高な敵に見えた。

それと同時に絶対に負けたくない、という気持ちもあった。あちらも満身創痍だ。でも、撤退はしない。ならばこちらも、撤退する訳にはいかない。したくない。言ってみれば意地だ。その意地が、木曾にもう一度戦う気力を与えた。

「よし……行くか」

側に落ちていた発煙筒を手に取る。まだ使えるようだ。それを確認し、木曾はネ級に向かって走り出した。



それは、いまだそこにいた。

ネ級に魚雷を放つ。当たったところで、どうにもならないことは分かっていた。でも、これが大事であった。

注意がこちらに向いた。この瞬間、手にした発煙筒に火をつける。その煙は高く登って、姉さん達の目にも入っただろう。普通に進んで十分でこれたのだ。全力なら半分もかからないはずだ。



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 22:14:18.60 ID:japXwB1g0

「最終ラウンドだ」

姉さん達が来るまでに、倒すことができれば木曾の勝ち。無理ならこちらの負けだ。それを理解したのかは知らないが木曾と同時にネ級も動き出した。

どちらも先ほどより速い動き。なるほど、これがネ級の全力なのだろう。もうぼろぼろなはずなのに、全くそれを見せない。それは、弱さを見せまいとするネ級のプライドであった。

すぐに木曾の目の前に立ち塞がり、既に半分壊れた砲を構える。しかし回避に徹した木曾が避けられないスピードではなく、放たれた攻撃は水面に落ち、大きな水しぶきを上げた。

その間に、木曾はネ級に大きく距離を詰めていた。魚雷は効かない。砲もまともに飛ばない。それは相手も同じだ。

「あぁぁぁああああ!!!!!」




12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 22:15:21.95 ID:japXwB1g0


僅かな体力を絞り出し、大きくジャンプしてネ級に突っ込む。そのままの勢いで残った魚雷を飛ばす。全てネ級に当たり、その体が一瞬ぐらつく。だが、すぐに立ち上がり、こちらを睨んだ。

手を伸ばせば触れる位置で、木曾とネ級は向かい合った。同時に攻撃。発射口が曲がっていても、この距離なら外さない。直撃したはずなのに、痛みはなかった。弾薬が尽きるまでお互いに打ち続ける。たった数秒が、もの凄く長く感じる。

負けたくない。負けたくない。疾うに限界など超えている。最後に勝負を決めるのは、勝利への執念だ。もはや真っ白になった頭の片隅でそう思いながら、木曾は残る砲を打ち続けた。



「暇クマー」

「じゃあ帰ればいいにゃ」

「にしても木曾遅いねー」

「そろそろ足が疲れてきたわ」

多摩達は木曾を待っていた。この腕試しに挑戦できるのは一人だけだからだ。一応皆木曾の勝利を応援していたが、唯一挑戦した経験のある多摩だけは、勝利よりも無事な帰還を願っていた。




13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 22:16:16.45 ID:japXwB1g0


「多摩は薄情な奴クマ。木曾では勝てないと思ってるクマ」

「うるさいにゃ。そんな簡単なもんじゃないにゃ」

「ねぇ、あれ!」

球磨と問答をしていると、何かを見つけた北上が空を指差している。

煙が登っていた。

「発煙筒の……!」

「急ぐにゃ!」

多摩の号令で木曾の捜索を始める。比較的近くで戦っていたためすぐに見つかった。荒い息でふらふらしており、目も焦点が合っていなかった。多摩達に遅れて気付き、かすれた声を出した。

「あ……姉さん……」

「木曾!大丈夫かクマ!?姉ちゃんが今助けるクマ!」

「それより……あいつは……?」

「くたばってるわ」

大井が指を差した先に、重巡ネ級の亡骸があった。魚雷がなかったネ級は、木曾よりも先に弾が尽き、最後は木曾にされるがままになっていた。そして、最後まで逃げなかった。

「そうか……勝ったか……」

木曾は涙を流していた。自分でも全く気づかぬ内にだ。敬うべき相手、好敵手と言っても差し支えない存在が逝った。勝利を勝ち取った喜びより、その悲しみが上回っていた。






14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 22:17:01.43 ID:japXwB1g0

あれから暫く経ち、木曾はもう一度あの場所に来た。他の艦娘がまたネ級を倒し、ちょうど居なくなったタイミングを見計らい、墓参りをしようと思ったのだ。あのあと、姉さん達に頼んでネ級の墓を作った。敵を埋葬するなど、普通ならあり得ないだろう。だが、姉さん達は文句を言わずに手伝ってくれた。

「久しぶりだな」

この戦いを経験し、木曾はさらに強くなった。レベルが上がったとか、装備が良くなった、だけではない。感情を持たないただの敵、そう思っていた深海悽艦にも、それらなりの意思があり、意地があり、信念も、誇りだってある。そう気付き、木曾の深海悽艦に対する見解が変わった。前より真摯に向き合うようになったのだ。戦士として一皮むけた木曾は、そうさせてくれたネ級に感謝していた。

「全部お前のおかげだ……また来るよ」

姉さん達が帰りを待っている。生まれ変わったらまた会おう。仲間ではなく、敵対者として。そう言い残し、木曾はその場を離れた。



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 22:18:55.04 ID:japXwB1g0


一応終わりです。
もしかして誰も見てない……?
今日はもう時間ないので明日には依頼出してきます。



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 22:27:34.90 ID:bBJswtBJo

いつも見てるぞ


元スレ
SS速報VIP:【艦これ】木曾「腕試し?」【ss】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1487336556/