1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 18:45:14.10 ID:B4tB5zx/0

岡部「スマートフォン?ディスプレイには…FGNo10 LOVE マシーン」

岡部「ダルめ、勝手に変なものを作ったな…」ポチ

岡部「ん?なになに…」

>紅莉栖
>まゆり
>鈴羽
>フェイリス
>萌郁

岡部「うーむ、女性陣の名前だけか。誰にしようかなっと」ポチ



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 18:46:54.86 ID:B4tB5zx/0

>鈴羽で開始します…

>now loading

岡部「…」

5分後

>now loading

岡部「…」

10分後

岡部「…」カタカタカタ

岡部「…」チラッ

>now loading

岡部「ダルの作ったものじゃ仕方ないか。内容は気になるが…」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 18:48:02.85 ID:B4tB5zx/0

バタン!

鈴羽「岡部倫太郎!!大丈夫!?」

岡部「な、なんだ!?一体どうしたというのだバイト戦士よ!」

鈴羽「よかった無事だった…で、こんなメール送ってきてなんだったの?」

岡部「メール?一体何のことだ。…はっ!これはもしや機関の謀略!」

鈴羽「それはもういいって…ほら、このメールだよ」

岡部「なになに…」


>鈴羽、俺はもう死ぬかもしれない


岡部「なんだこれは!俺は断じてこんなメールは送ってないぞ!」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 18:49:27.54 ID:B4tB5zx/0

鈴羽「えー、でもこれ岡部倫太郎のアドレスじゃん!死ぬ気で来たのにさぁ」

岡部「だが知らんものは知らん!誰かの悪戯だろう」

鈴羽「えー、心配してきたのに酷いよ岡部倫太郎。もういいよ。帰る」バタン

岡部「一体なんだと言うのだ…」

岡部「だが、思い当たるものといえば…」チラッ



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 18:50:28.15 ID:B4tB5zx/0

>①鈴羽に会いたくて…ごめんな
>②こんなメールは送ってないぞ!
>③押し倒す

岡部「選択画面?さっきの会話のか?」ポチ

>①が選択されました…

>now loading

パシューン

岡部「うぅ…」クラクラ

鈴羽「ちょっと岡部倫太郎、大丈夫!?」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 18:51:11.07 ID:B4tB5zx/0

岡部「鈴羽?あ、ああ大丈夫だが…お前帰ったはずでは」

鈴羽「いや、帰るわけないじゃん…そ、それよりさ」

鈴羽「わ、私に会いたかったからっていうのはどういう事なのかな///」

岡部「…」

岡部「はぁ!?」

岡部「ちょ、ちょっとまて!俺はそんなこと言ったか!?」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 18:52:06.36 ID:B4tB5zx/0

鈴羽「えー、今更それはないんじゃないかな。たった今言ったじゃん!」

岡部「なんだと…」

鈴羽「とにかく、私はそんなウソつかなくてもさ…岡部倫太郎の為だったらいつでも飛んでくる、みたいなさ///」

岡部「oh…」

鈴羽「あ、あはは、何言ってんだろ。ごめん、今日は帰る!」ダダダ

バタン



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 18:53:00.12 ID:B4tB5zx/0

岡部「え、あ、え?何がどう…なってる?」

>鈴羽が攻略されました。好感度MAXの為今後はどのような展開も可能です

>紅莉栖
>まゆり
>フェイリス
>萌郁

岡部「ど、どんな展開でもって…」

岡部「もしかしてこれのせいなのか?ダルめ…」

岡部「よし、もう一度実験を…」ポチ

>萌郁が選択されました



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 18:53:49.99 ID:B4tB5zx/0

>now loading

岡部「さて、これが長いんだよな。ちょっとドクペでも買って」

バタン!

萌郁「岡部君!」

岡部「萌郁!?早すぎないか!?」

萌郁「岡部君!やっぱりあなたがFBだったの?」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 18:54:32.69 ID:B4tB5zx/0

岡部「はぁ!?そんなわけあるか!」

萌郁「…ちがうの?」

岡部「あ…」

萌郁「そう」バタン

岡部「こ、このままではまずい。あの目はヤバい目だ!」

>①…M4
>②そんなわけあるか!
>押し倒す

岡部「毎回押し倒すってのはあるのか…ダルめ!」ポチ



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 18:55:26.32 ID:B4tB5zx/0

>①が選択されました

>now loading

パシューン

岡部「うっ…」クラクラ

萌郁「岡部君岡部君岡部君岡部君岡部君岡部君岡部君岡部君岡部君岡部君岡部君岡部君」

岡部「え、何これ」

萌郁「岡部君がFBで私は嬉しい。私はあなたの為なら何でもできる気がする」

岡部「え、あ、ああ。でも犯罪行為はダメだ。特に殺人とかはだめだ」

萌郁「で、でも…」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 18:56:12.13 ID:B4tB5zx/0

岡部「そんな事をしても俺は喜ばんぞ!」

萌郁「岡部君の喜ぶこと…」

岡部「あ、ああ。とにかくそのFBのメアドは他に知られ機関に成りすまされている。」

岡部「新機種にして、番号諸共変えてくるよーに!」

萌郁「わかりました…岡部君の喜ぶこと…///」バタン



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 18:56:59.76 ID:B4tB5zx/0

岡部「こ、怖いではないか…っとこれはバッドエンドなのか?」チラッ

>萌郁が攻略されました。好感度がmaxを天元突破しましたので、どのような行為も可能です

岡部「…鈴羽の時よりも凄い気がするが」

岡部「選択することで過去に何かしら影響を与え、世界線を移動しているのか?」

岡部「内容がわからないから過去を戻しようもないし…大丈夫なのかこれ…?」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 18:57:36.91 ID:B4tB5zx/0

ピローン

岡部「むむ?」

>フェイリスが選択されました

>now loading

岡部「まてまてーい!俺は選択してないぞ!!これ以上ややこしくなってもこまる!」

岡部「このままではまずい!このままいけば狂気のマッドサイエンティストのイメージが崩れてしまうではないかっ!」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 18:58:42.04 ID:B4tB5zx/0

岡部「よし、逃げよう。でも一応こいつは持っていかなければ…誰かに操作されてはかなわんからな」バタン


20分後

コンコン

フェイリス「お、岡部さん…あの、あんなメール急にどうして?」

フェイリス「私、あんなこと初めてでどうしたらいいか…でも…///ってあれ?」

フェイリス「あれ?岡部さん?」


ひゅううううう


フェイリス「…」

フェイリス「キョオオオオオマアアアアア!」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 19:00:24.95 ID:B4tB5zx/0

岡部「それにしてもこの未来ガジェットはなんなのだ…」

岡部「他に機能は無いようだが…ん?なんだこのマークは」

>紅莉栖
>まゆり
>フェイリス 爆

岡部「爆って…嫌な予感しかしない。いつもの選択肢は無いようだが」

岡部「考えても仕方ない。」ポチ



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 19:00:59.97 ID:B4tB5zx/0

>まゆりが選択されました

>now loading

岡部「まゆりなら大丈夫だろ。まゆりなら…」

岡部「…って何故俺は押したんだ!これはまさか本当に機関の!?」

まゆり「トゥットゥルー!オカリーン!」

岡部「まゆり!?ど、どうしてここが」

まゆり「えー、だって大事な話があるからここに来いって」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 19:01:42.06 ID:B4tB5zx/0

岡部「な、お、俺は…」チラッ

>①実はお前のことが好きだ
>②俺はそんな事はしてないない
>③押し倒す

岡部(なんだこの選択肢!碌なものがないじゃないか)

まゆり「オカリン?どうしたの?」

岡部(2はこれまでを考えても地雷・・・だが3はありえない)



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 19:06:12.40 ID:B4tB5zx/0

岡部(くそ…どうにでもなれ!エル・プサイ・コングルゥ!)

岡部「まゆり、お前が好きだああああああ!!」

まゆり「うん、まゆしいもオカリン大好きだよー」

岡部「あ、え、ああ…うん」

岡部(華麗なスルー…まあ、これでよかったんだな)チラッ



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 19:06:53.05 ID:B4tB5zx/0

>まゆりを攻略しました。どんな事でもしてくれそうです

岡部「なんでそうなる!?」

まゆり「お、オカリンどうしたの??」

岡部「いや、なんでもないぞ!気にするな!さ、帰るぞ」

まゆり「うん!オカリン、あのね」

岡部「ああ、なんだ?」

まゆり「手を、つないでもいいかなぁ?///」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 19:07:50.80 ID:B4tB5zx/0

岡部「」

岡部「あ、ああ構わな」

キョオオオオマアアアアアア!

まゆり「あれ?フェリスちゃん?」

フェイリス「ちょっとキョーマ!一体どういう事にゃ!」

岡部「な、何のことだ!」

フェイリス「とぼけるのもいい加減にするにゃ!人を呼び出しておいていないってどういう事にゃ!」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 19:11:41.08 ID:B4tB5zx/0

岡部「お、俺は呼び出してなど…」

フェイリス「この期に及んでしらを切るとはいい度胸にゃ!猫耳外して下着つけずに来たら俺のものにしてやるってこのメールに書いてあるにゃ!!!!」

岡部「」

まゆり「…フェリスちゃんちょっと見せて?」

フェイリス「どうぞにゃ」

まゆり「うん、確かにオカリンのアドレスだねぇ。どういう事かな?オカリン」メキメキ

フェイリス「ま、まゆしぃ、フェイリスの携帯が…」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 19:14:27.10 ID:B4tB5zx/0

岡部「ま、まて、それはだな」

フェイリス「ちゃんとラボまで行ったのにいないなんて酷いよ!恥ずかしかったんだから…」

岡部「え、そのメールに従ったのか?」

フェイリス「え、あ、うん…///」

まゆり「…」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 19:16:20.97 ID:B4tB5zx/0

岡部「えーっと、そう、これは陰謀なんだ!機関が俺のアドレスを」

まゆり「オカリン、いい加減にしよう?」バキバキ

フェイリス「携帯…」

岡部「本当なんだ!と、とにかく後で落ち着いたら説明する!だから頼む、時間をくれ!」

ダダダダ

フェイリス「ま、待つにゃキョーマ!!」

まゆり「…」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 19:19:22.83 ID:B4tB5zx/0

岡部「ひどい目にあった…」ハァハァ

>紅莉栖

岡部「ここまで来たら押してしまってもいいよな…」ポチ

>エラー:紅莉栖はすでに攻略されているため開始できませんでした

岡部「ここでエラーかい!ってか攻略されてるとはどういう事だ…もしや別の誰かに」

岡部「…皆待っててくれるし、帰ろう…」ハァ



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 19:22:02.37 ID:B4tB5zx/0

その頃 ホテル


紅莉栖「おっかべーおっかべー!早くメール来ないかなー」

紅莉栖「私の超力作、未来ガジェット10号機、LOVEマシーン!」

紅莉栖「好意を持っているけど明確に示していない相手に最善のメールを送り、恋愛対象へと発展させる!」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 19:24:33.72 ID:B4tB5zx/0

紅莉栖「岡部の脳波を読み取って、相手をサーチして好感度調査し、さらにDメールと連動して過去改変も可能!」

紅莉栖「欠点は私だけ対象にできないから・・・媚薬的効果で岡部がボタン押したくなるように仕向けたし!」

紅莉栖「それに私以外には少しハードなメールになるようにしたから問題ないし!」

紅莉栖「私にもメールきて、ラブラブになっちゃうんだー!素直になれちゃったりして!」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 19:27:05.48 ID:B4tB5zx/0

紅莉栖「紅莉栖、お前のことが好きだ!岡部、ううん、倫太郎!私も愛してる!なんちゃってこれなんてエロゲ!?なんぞ!?なんぞ!?きゃー!!」

紅莉栖「岡部早くはやくぅ!」


1時間後

紅莉栖「岡部まだかなぁー。あ、シャワー浴びとこかな///なにかんがえてんだほんと変態処女だー!!!」

4時間後

紅莉栖「もしかして岡部に何か…」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 19:29:34.75 ID:B4tB5zx/0

翌日

紅莉栖「岡部…よく考えたらマシンに気付いてないって可能性もあるんだった…」

紅莉栖「あーあ、待ち損だったなー」

紅莉栖「皆おっはよー」ガチャ



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 19:30:20.86 ID:B4tB5zx/0

鈴羽「倫太郎、遊びにいこうよー」

岡部「こら、抱きつくな」

フェイリス「お、岡部さん…今日はこれでいいの?」

岡部「ああ。それでいいぞ」

まゆり「オカリン、まゆしぃも相手してよー」

岡部「ごめんな、まゆり」ナデナデ

萌郁「岡部君…」

岡部「ああ、何も言わなくてもわかってる」

萌郁「岡部君///」



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 19:32:25.89 ID:B4tB5zx/0

紅莉栖「え・・・え・・・これってなんぞ・・・」

紅莉栖「なんぞおおおおおおお!!!!」


紅莉栖が攻略されたと勘違いした岡部は責めたてようとラボに詰めかけていた女性陣に解放され、今に至るのであった

>岡部倫太郎 全員攻略 end



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 19:33:17.56 ID:8PLFSgDX0


鈴羽とイチャイチャちゅっちゅする個別√はよ



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 19:38:53.05 ID:qA24AR3x0

おつ
さあ次は助手ルートだ



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 19:46:17.70 ID:Qrsa74xo0

つづけよおおお


元スレ
岡部「未来がジェット?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1352972714/