2: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:15:11.78 ID:74/hl5xN.net

 花陽の家

花陽「・・・」ポチポチ

凛「ねえ、かよちん」

花陽「・・・」ポチポチ

凛「ねえ、かよちんってばー」

花陽「・・・うん」ポチポチ

凛「なにしてるの!」グイッ

花陽「ピャー!・・・なにするの凛ちゃん!」

凛「だってかよちんがずっと携帯いじってるんだもん!つまんないよ!」

花陽「ああ、ごめんね」

花陽「でもだからって携帯覗くのはやめてよー!」

凛「あ、ごめん・・・」

凛(最近かよちん冷たいにゃ・・・)



3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:15:59.77 ID:74/hl5xN.net

 翌日練習終了後

凛「最近かよちんが冷たいにゃ」

凛「元気もないみたいで・・・」

にこ「だからってなんで私に相談してくるのよ」

凛「インターネットに詳しいにこちゃんなら何か知ってると思って」

にこ「何の話よ」

凛「昨日ずっとかよちんが携帯いじってて、覗いてみたら2ちゃんねるとかいうの見てたんだにゃ」

にこ「あー、そういうことね」

凛「どういうこと・・・?」



4: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:16:39.83 ID:74/hl5xN.net

にこ「花陽は2ちゃんねらーになったの もう戻ってこないわ」

凛「そんな!どうすればいいの!?」

にこ「2ちゃんねらーを正常な人間に戻すのはほぼ不可能よ」

にこ「今、花陽は2ちゃんねるの中で名前も知らないたくさんの人間と繋がって」

にこ「たくさんの仲間を得た気になっているわ」

にこ「なぜそんなことになってるかって、現実での自分の姿に満足していないからよ」

凛「なんで!?憧れてたアイドルにもなって、仲間もいっぱいいるのに、何が不満なの!?」

にこ「具体的にはわからないけど考えられる理由は2つほどあるわ」


にこ「1つは、自分の現状に飽きてしまっている」

にこ「つまり、μ'sでアイドル活動をするのに飽きちゃったってこと」

凛「そんな事思ってるはずないにゃ!こんな楽しくやってるのに!」

にこ「あんたがそう思ってるだけで花陽は違うかも知れないじゃない」

凛「そ、そんなはずないにゃ・・・」

にこ「まあ私も違うと信じてるけどね」



6: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:17:12.00 ID:74/hl5xN.net

にこ「で、もう1つは、孤独を感じている。だから、自分の居場所を2ちゃんねるに委ねているという可能性ね」

凛「それはもっとあり得ないよ!μ'sの仲間がいるのに」

にこ「花陽は仲間と思ってないっていう可能性もあるわよ」

凛「そんなの違うにゃ・・・」

にこ「とにかく、性格が変わるほどはまり込んでる理由はそのどっちかしかないわ」

凛「そんなのひどいよ!にこちゃんなんか最低だにゃ!」

にこ「現実を見なさいよ!花陽は2ちゃんねらーになったの!理由なんてそのくらいしか挙げられないわ!」

凛「なんでさっきからそんなにいいかげんなの!?かよちんが2ちゃんねらーになっちゃったんだよ!?」

にこ「うるさいわね!なっちゃったものはもうどうしようもないでしょーが!」

凛「部員の一人が2ちゃんねらーになったのに、そんなこと言うなんて・・・!」

凛「・・・わかったよ」



8: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:17:52.60 ID:74/hl5xN.net

にこ「分かったらさっさと帰っ・・・」

凛「なんでかよちんが2ちゃんねらーになったのかわかったよ・・・!」

にこ「はあ?」

凛「にこちゃんがかよちんをいじめてるんだにゃ!だからさっきからそんないいかげんな態度で」

にこ「・・・な、そんなこと」

凛「かよちんにもさっさとμ'sを出て行ってほしいとか思ってるんでしょ!」

にこ「・・・」

凛「いじめられて、でも優しいかよちんは心配かけさせたくないからって、誰にも相談しなくて」

凛「孤独になって、それで2ちゃんねらーになった」

凛「そうに決まってる!」



9: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:18:40.50 ID:74/hl5xN.net

にこ「花陽に限ってそんなことあるわけないでしょ!それにそんなの隠しててもすぐにわかることよ!」

にこ「それに、それに・・・」

凛「必死になってるのがまるわかりにゃ!」

凛「知ってるよ!にこちゃんが昔いじめられてたこと!」

にこ「そ、それは・・・」

凛「確かにかよちんはちょっと気が弱いとこあるけど」

凛「弱い後輩ができたからって八つ当たりして自分の弱さをごまかすなんて最低だよ!」

凛「どう!?何か凛間違ったこと言ってる!?」

にこ「いい加減にしてくれる!?」



10: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:19:17.32 ID:74/hl5xN.net

凛「何が!」

にこ「そんなに私のこと傷つけるのが楽しい!?」

凛「え・・・」

にこ「証拠もないのに悪者って決めつけて」

にこ「言われたくない過去のことまで言われて」

にこ「今の私がどんな気持ちか想像してみなさいよ!」

凛「・・・ああ」

凛「ごめん、なさい」



11: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:19:53.14 ID:74/hl5xN.net

にこ「こんなこと言われて、普通の人はごめんで許してくれないと思うけどね!」

にこ「私はちゃんと謝ってくれたからもうこれ以上何も言わないから」

凛「ごめんなさい・・・凛の早とちりだったよ」

にこ「まあ私も悪かったわよ」

にこ「花陽のことあんな風に言っちゃったのは、ひどかったわ」

凛「・・・うん」

にこ「さあ、もう帰りましょう」

凛「・・・じゃあ、またね」

にこ「ばいばい」



12: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:20:28.37 ID:74/hl5xN.net

 凛帰宅

凛(かよちん、どうして2ちゃんねらーになっちゃったのかな)

凛(明日の朝聞いてみよう)

凛(おやすみ・・・)


 にこ帰宅

にこ「ただいま~」

こころ「おかえりなさい お姉さま」

にこ(さて、電話しないと)

電話にこ「もしもし~、今暇でしょ?うん。必ず来なさいよ!」

にこ(次は・・・)

電話にこ「真姫、アレ、よろしく」

にこ「さて、と」

にこ「私ちょっと後輩の家行ってくるから。留守番よろしくね。晩ご飯は・・・(省略)」

こころ「はい、お姉さま」



13: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:20:53.75 ID:74/hl5xN.net

 真姫の家

真姫ママ「いらっしゃい、さあ、あがってあがって」

にこ「お邪魔しま~す」

真姫「いらっしゃい」

にこ「ごめんね~急におしかけちゃって」

真姫「いいのよ。勉強で疲れてて息抜きしたかったし」

にこ「ありがと。それよりあの子はまだ来てないの?」

真姫「ええ」

にこ「まったく、世話を焼かせるわね」



14: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:21:19.85 ID:74/hl5xN.net

ガチャ

真姫「きたわね」

にこ「随分遅かったじゃない」

花陽「ご、ごめんなさい」



15: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:21:45.48 ID:74/hl5xN.net

花陽「にこ様、真姫・・・様」

真姫「やっと覚えてきたようね」

にこ「さあてと、今日はどうしてあげようかしら」

花陽「あの、」

にこ「黙って」

真姫「あなたが口を開いていいのは謝罪するときと悲鳴を上げるときだけって言ったでしょ。忘れたの?」

花陽「すみません・・・」

にこ「声が小さい!」バシッ!

花陽「うぅ・・・」

真姫「そうそう。いつも言ってるけど、防音は完璧だから、いくら悲鳴を上げてもかまわないわよ」



16: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:22:32.70 ID:74/hl5xN.net

にこ「だそうよ。よかったわね」バシン!

花陽「うっ!」

花陽「もう、やめて・・・」

にこ「ハァ!?調子に乗るのもいい加減にしてくれる!?」ズドッ!

花陽「いたっ!」

にこ「せっかくストレス解消してんのにイライラさせないでよ!」ボカッ!

花陽「うぅ・・・いたい・・・やめてよ・・・」

にこ「気分が晴れたらやめてあげるわ!」バチン!



17: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:23:28.15 ID:74/hl5xN.net

花陽(もう・・・嫌だ・・・)ポロポロ

真姫「もう泣きだしちゃったの?」

にこ「いつにもまして弱メンタルね」

にこ「・・・ってか、いつになったら謝罪するの?」

花陽「えっ、あ、す、すみません、でした・・・」ポロポロ

真姫「ほんと、駄目ね、あなたは」

花陽「はい・・・すみません」(凛ちゃん・・・たすけて・・・)

にこ「アンタそれしか言えないの!?」ドカッ!!

花陽「え、でも・・・」

にこ「でももだってもないわよ!」ボスッ! ドカッ!

花陽「キャア!!」(やめて・・・やめて・・・)

花陽「ごめんなさい・・・」グスン



18: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:23:53.58 ID:74/hl5xN.net

にこ「そういや今日は凛がやたらうるさくてイライラしてたのよね~」

花陽「凛ちゃんが・・・?」

にこ「アンタが原因なのよ!」バキッ!

花陽「・・・ッ!」

にこ「アンタが凛と普段通りに接してなかったから、何かあったんじゃないかって疑ってたのよ!」ドスッ!!

花陽(・・・!)

花陽(私、そんな・・・)

にこ「気をつけなさいよ!」ボカッ!!



19: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:24:23.58 ID:74/hl5xN.net

 1時間後

にこ「今日はこれくらいで許してあげるわ」

花陽「ぅぅ・・・」ポロポロ

真姫「2人とも、気をつけて帰りなさいよ」

にこ「じゃあね、真姫」

花陽「今日は・・・ありがとうございました・・・」

にこ「その泣きっ面、人に見られないようにしなさいよ」

花陽「はい・・・」(やっと終わった・・・)



21: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:24:50.56 ID:74/hl5xN.net

 帰宅中花陽

花陽(なんで私、いじめられてるのかな・・・)

花陽(悪いことしてないのに・・・)

花陽(もう、いっそのこと・・・)

 花陽帰宅

花陽「・・・」ガチャ

花陽母「おかえりなさい」

花陽「・・・」

花陽母(最近ずっとあんな感じね)



22: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:25:22.27 ID:74/hl5xN.net

花陽(やっと1日が終わった・・・)ホッ

花陽(さ~て、きょうも2ちゃんねるやろ~っと)

花陽(なにこれおかしい~)アハハ

花陽(ん・・・?)

 いじめはいじめられる側が100%悪い!!
 なんでやり返さないの?そんなんだからいじめられるんだろwwwww

花陽(こういうスレをたてる人って、どんな神経してるんだろう)

花陽「・・・」ポチポチ

花陽(『複数人にボコボコにされて逆らったら殺すって脅されてもそんなこと言えんの?』っと) 

 とりあえずお前がなぜいじめられるのかはわかった
 そいつら殺しちゃえば何の問題もないんじゃねwwwwwwww

花陽(この人たちも、にこちゃんといっしょなのかなあ・・・)



23: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:25:59.48 ID:74/hl5xN.net

 翌朝

凛「かよちん!おはよう!」

花陽「お、おはよ~う」

凛「きのう電話しても出なかったけど、何かあったの?」

花陽「ああ、ちょっと寝ちゃってたかも・・・」

凛「メールしたのも見てくれてなかったし」

花陽「ごめん・・・」

凛「ねえ、かよちん」(聞いちゃおうか・・・いや)

花陽「なに?」

凛「な、なんでもない・・・にゃ」

花陽「へんなの」クス

凛(最近見てなかった・・・かよちんの笑顔)



26: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:26:41.41 ID:74/hl5xN.net

 翌日練習中

ワン!ツー!スリー!フォー!

凛「かよちん!ずれてるよ!」

花陽「ああ、ご、ごめん!」

休憩

海未「花陽、最近練習に集中できてないのではないですか?」

花陽「ごめんなさい・・・」

希「花陽ちゃん、疲れとるんやないん?」

花陽「いえ・・・」

にこ「無理しすぎないようにしなさいよ」

花陽「はい・・・」

花陽(にこちゃん、みんなの前では優しいよね・・・)

花陽(まるで別人みたい・・・)



28: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:27:14.44 ID:74/hl5xN.net

 帰宅中

凛「ねえかよちん、今から家に遊びに行ってもいい?」

花陽「え・・・」チラ

にこ「・・・」ギロ

花陽「あ・・・」

花陽「今日はちょっと、家の用事があるから・・・」

凛「そうなんだ・・・」(今、にこちゃんの様子が・・・?)

真姫「・・・」



29: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:28:04.22 ID:74/hl5xN.net

 凛の家

凛(今日も電話に出ない・・・)

凛(やっぱり心配だよ!)

凛(家に行ってみよう)

 花陽の家

花陽母「花陽なら真姫ちゃんの家に行くって言ってたわよ~」

凛「そうですか・・・ありがとうございました」

凛(真姫ちゃん?)

凛(てっきりにこちゃんにいじめられてるのかと思ったけど・・・)

凛(思い違いだったのかにゃ?)

凛(でも、もしかしたら、真姫ちゃんも一緒になって・・・)

凛(いや、仲間を疑うなんてよくないにゃ・・・)

凛(やっぱり明日かよちんに直接聞いてみよう)



30: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:28:34.60 ID:74/hl5xN.net

 真姫の家

にこ「また怪しまれたじゃない!アンタのせいよ!」バキッ!ボコッ!ドガッ!

花陽「うぅ・・・やめて・・・」ポロポロ

にこ「何言ってんの!?聞こえないわよ!」ドスッ!

花陽「やめて・・・ください・・・」

にこ「ハァ!?馬鹿じゃないの!?」ドゴッ!

花陽「ウッ!!」

真姫「にこちゃん、そろそろやめとかないと」

にこ「ああ、目立つケガさせたらだめなんだっけ?」

にこ「いまいちスカッとしないけどもう今日はもういらないわ。さよなら」

花陽「はい・・・失礼します・・・」ポロポロ



31: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:29:18.18 ID:74/hl5xN.net

 花陽帰宅

花陽(もう・・・イヤ・・・)

花陽(・・・)

花陽(明日はお母さんたち遅くまで帰ってこない・・・)

花陽(明日、か・・・)

花陽「・・・」ポチポチ

花陽(これからずっと苦しむくらいなら・・・)

花陽「アハハ」



33: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:29:42.83 ID:74/hl5xN.net

 翌朝

花陽(怪しまれないためにも、学校にはちゃんと行かなきゃ・・・)

凛「かよちんおはよう!」

花陽「おはよう」

凛「かよちん最近元気ないよ!何かあったの?」

凛「何かあったらいつでも相談してね。凛はいつもかよちんの味方だにゃ!」

花陽(凛ちゃん・・・)ポロポロ

凛(泣いてる・・・?)



34: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:30:14.76 ID:74/hl5xN.net

 練習前

にこ「まだ誰も来てないみたいね・・・」

花陽「そ、そうですね・・・」

にこ「・・・」ドカッ!

花陽「きゃっ!」

花陽「な、なんで・・・」

にこ「ちょっとイライラしてただけよ。文句ある?」

花陽「いえ、ありません・・・」

花陽(もう・・・耐えられない・・・)



35: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:30:44.83 ID:74/hl5xN.net

凛「かよちん、お待たせ~」ガチャ

にこ「あ・・・」

花陽「・・・」

凛(・・・何、この空気?)

凛(にこちゃんすごく怖い顔してるし、かよちんは・・・)

花陽「あ、凛ちゃん・・・」ニコッ

凛(笑顔作ってるの、まるわかり・・・)

凛(まさか・・・ホントに?)



36: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:31:12.45 ID:74/hl5xN.net

 帰宅中

凛「ねえかよちん、今日は遊びに行っていい?」

花陽「今日も忙しいの!ごめんね!」

にこ(あれ?今日呼んでないけど・・・ホントに用事?まあどうでもいいわ)

凛(忙しい・・・)

凛(昨日もそういってホントは真姫ちゃんの家に行ってた)

凛(よく考えたらおかしいよね)

凛(行くことを隠してたってことは・・・)

凛(知られちゃいけない秘密でもあるのかな)



37: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:31:35.28 ID:74/hl5xN.net

 凛帰宅

凛(かよちん、今は真姫ちゃんの家にいるのかな・・・)

凛(だとしたら、今何してるんだろう?)

凛(凛に隠さなきゃいけないこと?)

凛(心配だにゃ・・・)

凛(真姫ちゃんの家に行ってみよう・・・)



38: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:32:04.92 ID:74/hl5xN.net

 真姫の家

凛「こんばんは!」

真姫ママ「あら、凛ちゃんじゃない。いらっしゃい」

真姫ママ「真姫に用かしら」

凛「はい」

真姫ママ「待っててね。ちょっと呼んでくるから」



39: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:32:43.63 ID:74/hl5xN.net

真姫ママ「真姫!凛ちゃんが来てるわよ」

真姫「凛?何の用かしら」

真姫ママ「いいから早く行きなさい」


真姫「何の用?」

凛「かよちんが来てると思ったんだけど・・・その様子だといないんだね」

真姫「花陽?ええ、来てないわよ?」ドキッ

凛「あれ?」

凛「まあいいや、昨日は来てたんでしょ?」

真姫「ええ、来てたわよ・・・」(何で知ってるの・・・?)

凛「昨日何してたの?」

真姫「ええっと、まあ、花陽がちょっと勉強わからないところがあるから教えて、って」

真姫「そ、それで教えてあげてたの」

凛「ふーん」



40: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:33:36.88 ID:74/hl5xN.net

凛「他には誰も来てなかった?」

真姫「な、き、来てないけど・・・?」(まさか気づいて・・・?)

凛「ホントに?」

真姫「な、なんで、私がそんな嘘つかなきゃいけないの!?意味わかんない!」(ま、まずい、早く追い返しましょう)

凛「まあいいにゃ」

真姫「用事はそれだけ?じゃあまたね」

凛「ばいばい真姫ちゃん」

真姫「・・・」(あれ?意外とあっさり帰るのね・・・)



41: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:34:16.85 ID:74/hl5xN.net

 帰宅中凛

凛(真姫ちゃん、怪しすぎるにゃ)

凛(でも、今はそれどころじゃないにゃ)

凛(かよちん、忙しいなんて嘘に決まってる)

凛(電話してみよう)



凛(出ない・・・)

凛(もう何でもいい!早くかよちんの家に行かなきゃ!)



42: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:34:49.38 ID:74/hl5xN.net

 その頃、花陽の家

花陽「・・・」

花陽(今、家には誰もいない)

花陽(これ以上やられるくらいなら)

花陽(死んじゃったほうがいいよね・・・)

花陽(首吊り・・・やり方は何度も調べた)

花陽(ここにロープを結んで、ここに引っ掛けて・・・)

花陽(準備はできた・・・)

花陽(あとは遺書かな・・・)

花陽(書くことなんてないなあ・・・)



43: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:35:43.23 ID:74/hl5xN.net

 矢澤にこ、西木野真姫にいじめられました
 もう耐えられません
 みなさんごめんなさい

花陽(ありきたりだけど、これでいいかな・・・)

花陽(ここに置いといて)

花陽(もう、やることはないかな・・・)

花陽(ロープを首に巻いて・・・)

花陽(後は、この台を蹴とばせば・・・・)

花陽(やっと、終わるんだ・・・)

花陽「・・・」スゥー

花陽「行こう」



44: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:36:21.07 ID:74/hl5xN.net

 ピーンポーン!

花陽(こんな時に人が!?)

花陽(知らないよ!)

花陽(私はもう、行くんだから!)

 ピーンポーン! ピーンポーン!

花陽(うるさいなあ・・・)

花陽(帰るまで待とうかな・・・)

 ドンドンドンドンドンドンドン!

凛「かよちん!開けて!いるんでしょ!?」

花陽「凛ちゃん!?」



45: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:37:12.86 ID:74/hl5xN.net

花陽(なんで?忙しいって言っておいたのに!)

凛「かよちん!いるのはわかってるよ!」

花陽(絶対に帰らないつもりなんだろうなあ・・・)

花陽(さっさと追い返そう)

凛「かよちん!かよちん!」ドンドンドンドン!

花陽「凛ちゃん!どうしたの!?」ガチャ

凛「あ・・・」

凛「よかったあ~」



46: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:37:57.28 ID:74/hl5xN.net

凛「なかなか出てこないから心配したんだよ~」

花陽「ごめんね。ちょっと寝ちゃってて」

花陽「それより何の用?」

凛「暇なんでしょ?ちょっと勉強で分からないところがあるから教えてほしいにゃ」

花陽「え・・・明日じゃダメかな?」

凛「明日は忙しいから、今日がいいにゃ」

花陽「えぇ・・・」(まずい・・・今、部屋にいれるわけには・・・)



47: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:38:44.45 ID:74/hl5xN.net

花陽「どこを教えてほしいの?」

凛「それが、すごくいっぱいあるんだよ!」

花陽「えぇ!?」

凛「ねえ、お願いだよ~」

花陽「真姫ちゃんじゃダメ?」

凛「さっき行ってきたんだけど、すごく忙しいみたいだにゃ」

花陽「そ、そう・・・」(もう今日はダメかな・・・)

凛「うう、ここ、寒いね~」

花陽「そ、そう?あがる?」

凛「そうさせてもらうにゃ~」



48: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:39:27.55 ID:74/hl5xN.net

花陽「今、部屋は散らかってるから、ここでいい?」

凛「いいよ~」

花陽「それで、どこがわからないの?」

凛「それは、ここと、ここと、ここと・・・」


3時間後


凛「でさ、その時あれがこうね・・・」

花陽「へぇ~すごいんだね・・・」



49: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:40:03.20 ID:74/hl5xN.net

凛「でさでさ!」

花陽「ねえ、凛ちゃん」

凛「ん?」

花陽「もう11時だけど・・・帰らなくていいの?」

凛「ええ~どうしようかなあ~」

花陽母「ただいま~」ガチャ

凛(お!ナイスタイミングにゃ!)

花陽母「あら、凛ちゃん。来てたの」

凛「うん、今から帰るところだにゃ」

花陽母「そう、気を付けてね」

凛「お邪魔しました~」



50: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:40:48.51 ID:74/hl5xN.net

 帰宅中凛

凛(お母さんが帰ってきたからもう大丈夫だにゃ・・・)

凛(あとは、真姫ちゃんかな・・・)

 翌日昼休み

凛「真姫ちゃん!一緒にお昼ご飯食べるにゃ!」

真姫「悪いけど私、用事があるから」

花陽「ごめん凛ちゃん!私もなの!」

凛「ええ~!」

凛「独りぼっちだにゃ・・・」



51: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:41:34.09 ID:74/hl5xN.net

 部室

にこ「来たわね・・・」

花陽「どうしたの・・・?」

真姫「・・・」

にこ「あんたねぇ!」ボカッ!

花陽「いたっ!」

にこ「昨日、真姫の家に凛が来たの!」

花陽「!」

にこ「さんざん問い詰められたそうよ!」バシッ!ドカッ!

にこ「アンタが、しっかりしてないから!」ドスッ!!

にこ「迷惑かけないでよね!」ガンッ!

花陽(迷惑・・・)



52: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:42:04.76 ID:74/hl5xN.net

真姫「そういうことだから、今日も私の家に来てね」

にこ「来なかったらこっちから行くからね」

にこ「それに、あれも・・・」

花陽「・・・」

にこ「返事ぐらいしなさいよ!!」ドン!

花陽「は、はい・・・」



53: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:42:41.21 ID:74/hl5xN.net

 練習中

ワン!ツー!スリー!フォー!

花陽「・・・」

凛「かよちん!ずれてるって!」

花陽「あっ!ご、ごめんなさい!」

海未「花陽!いくらなんでも集中できていなさすぎます!」

花陽「はい・・・」

絵里「花陽、今日はもう帰りなさい」

花陽「えっ・・・」

希「なにかあったんやろ?最近花陽ちゃんずっと悲しそうな顔しとるよ」

にこ「・・・」ギロ

花陽「い、いや・・・大丈夫だよぉ?」(そんなわけないけど・・・)

穂乃果「ほんとに大丈夫?元気出してね!」



54: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:43:15.01 ID:74/hl5xN.net

海未「とりあえず、練習に支障をきたすようならば、帰ってもらいます」

海未「その悲しい気分を練習に持ち込まれては、はっきり言って迷惑です」

花陽(・・・迷惑、か)

凛「ちょっと海未ちゃん、それは言いすぎじゃないかにゃ?」

ことり「言ってることはまちがってないけど、言い方に気をつけよ?」

海未「そうですか・・・」

海未「とりあえず花陽、落ち着くまで家で休んでください」

花陽「・・・はい」

花陽「さよなら」スタスタ

絵里「みんなあなたが復帰するのを待ってるわ」

花陽「・・・」スタスタ



55: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:44:10.65 ID:74/hl5xN.net

 帰宅中花陽

花陽(みんな待ってる?私を?)

花陽(誰も待ってるなんて言ってなかったのに、なんでそんなこと言えるのかな・・・?)

花陽(みんな、さっきは本音でしゃべってたのかな)

花陽(もしかしたら、きれいごと言ってただけなんじゃない?)

花陽(みんなと一緒のこと言っとかないと、空気読めてないみたいになっちゃうもんね・・・)

花陽(そうしないと、自分の居場所がなくなるから・・・本音をおしころして、いい人ぶってるんじゃないかな・・・)

花陽(誰にも人の心なんてわかるはずないのに、みんな分かり合えてますよ、みたいなこと言う人ばっかり)

花陽(嫌だな、集団って)



56: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 19:45:08.73 ID:74/hl5xN.net

花陽母「おかえり。早かったわねえ」

花陽「ちょっと体調悪くて」

花陽母「あら・・・気を付けてね」

花陽「・・・」スタスタ

 花陽の部屋

花陽(今日もにこちゃんたちのとこ行かなきゃいけないのか・・・面倒くさいな・・・)

花陽(晩ご飯まで2ちゃんやろ)

花陽「・・・」ポチポチ

 お 前 ら が 幸 せ と 感 じ る 瞬 間

花陽(幸せ、か・・・)

花陽(最近何もいいことないなあ・・・)

花陽(しいて言えば・・・)ポチポチ

 いじめっ子に今日はもういいって言われた時



61: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 20:15:39.24 ID:74/hl5xN.net

 真姫の家

にこ「ちゃんときたのね」

真姫「まあ来なくても結果は変わらないけどね」

花陽「はい・・・」

にこ「・・・」バチン!

花陽「・・・うっ」ヒリヒリ

真姫「にこちゃん、顔は・・・」

にこ「今日はすごくイライラしてる」

花陽「・・・」

にこ「だから、ちょっと面白いもの持ってきちゃった」



62: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 20:17:23.31 ID:74/hl5xN.net

にこ「これよ」シャキン

真姫(目立つケガさせるなって言ってるのに・・・)

花陽「そ、それって、カッターじゃ・・・嫌だ!やめて、やめてよ!」

にこ「うるさいわねえ!」ドンッ!

にこ「服を脱いで」

花陽「いやだ・・・やめて・・・」

にこ「ならいいわ、服ごとズタズタにしてあげるから」

花陽「!」

真姫「おとなしく言うこと聞いといた方がいいわ」

花陽「いや・・・脱ぐ!脱ぐから!」

花陽「うぅ・・・」スルスル



63: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 20:19:30.28 ID:74/hl5xN.net

にこ「あいかわらず、きれいな肌ね」

にこ「ボロボロにしたくなるわ」

真姫「・・・」

にこ「えいっ」バスッ

花陽「うあっ!」

にこ「良い切れ味ね・・・もう一回」バスッ

花陽「いぁっ!」

にこ「楽しいわね、これ」

花陽「お願い・・・やめてください・・・」ポロポロ

にこ「知るか!」バシュ!

花陽「いっ!」



65: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 20:21:28.04 ID:74/hl5xN.net

にこ「おりゃあ!」ガッ!!

花陽「いやあああああ!!」

にこ「意外と刺さらないのね、これ」

真姫「切るための物なんだから、刺さるわけでしょ」

にこ「あ、そっか」



66: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 20:22:46.41 ID:74/hl5xN.net

にこ「まあこれでいいでしょ」ガッ!!

花陽「うがぁっ!」

花陽「たすけて、血が、血が!」

真姫「にこちゃんストップ。そろそろ止血しないと」

にこ「あ、そう」ポイ

真姫「ほら花陽、こっちにきて」

花陽「痛い、痛い・・・」ポロポロ

真姫「我慢して」



67: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 20:24:26.03 ID:74/hl5xN.net

にこ「今日はだいぶすっきりしたわよ。もう帰っていいわ」

花陽「・・・ありがとうございました」グスン

真姫「・・・またね」

花陽「・・・」

 帰宅中花陽

花陽(まだ体中が痛い・・・)

花陽(今日は早く寝よう・・・)

凛「かよちーん!見つけたにゃー!」

花陽(凛ちゃん!?)

凛「どこに行ってたの!?さがしたんだよ!」

花陽(泣いちゃダメ、だけど、涙が、止まらない・・・)

花陽「うっ」

花陽「うわああああああああん!!」

凛「か、かよちん!?とりあえず落ち着ける場所に行こう、ね」



68: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 20:26:09.28 ID:74/hl5xN.net

 公園

凛「何があったのか、教えて」

花陽「でも・・・」

凛「誰にも言わない。約束するにゃ」

花陽「う、うん・・・」

花陽「に、にこちゃんがね・・・うっ、うう・・・」

凛「大丈夫だよ、ゆっくり、話して」

花陽「にこ、ちゃんと、ううっ、まきちゃん、私、を、いじめる」

花陽「それで、ねぇ、だれかに言ったら、わたし、の」ポロポロ

凛「大丈夫。もうわかったよ」



69: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 20:27:37.16 ID:74/hl5xN.net

凛「誰にも言わないって言ったけど、ちょっと訂正させて」

花陽「・・・えっ」

凛「明日、μ's全員を集めて、このことを言う」

花陽「そ、そんなことしたら、ダメっ、私の」

凛「大丈夫。ふたりに悪いことなんてさせないよ」

花陽「でも・・・怖いよ・・・」

凛「大丈夫だよ。凛が、いや・・・みんなが守るから」

花陽「凛ちゃん・・・」

凛「今日はもう帰ろ?みんなとは明日凛が話してみるにゃ」

花陽「ありがとう・・・凛ちゃん・・・」

凛「じゃあね、かよちん!」

花陽「・・・ばいばい」



70: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 20:28:54.49 ID:74/hl5xN.net

 翌日

海未「急に呼び出すなんて、どういうことですか?」

ことり「何があったの?」

にこ「何の用なのよ、私、忙しいんだけど」

穂乃果「練習は~?」

絵里「そうよ、練習しないと。予選も近いんだから」

真姫「・・・」

希(嫌な予感がするね・・・)

花陽「・・・」

凛「みんな、聞いて」

凛「今日、みんなに集まってもらったのには、とっても大事なことを話すためなんだよ」

凛「かよちんのことなんだけど・・・」

にこ「!」

希(・・・にこっち?)



72: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 20:30:03.71 ID:74/hl5xN.net

凛「かよちん、最近、元気なかったよね?」

海未「ええ、練習にも集中できていませんでした」

凛「かよちんね、実は・・・」

花陽「・・・」

凛「いじめられてたんだにゃ」

穂乃果「えっ・・・」

ことり「そんな・・・」

凛「蹴られて、殴られて、カッターで切られて、刺されて・・・」

花陽「・・・」

希「ひどい・・・」

ことり「誰がそんなひどいことをしたの!?」

凛「もうわかってるでしょ、二人とも?」

絵里「えっ・・・ふたり・・・?」

穂乃果「まさか、そんな・・・」



73: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 20:31:36.43 ID:74/hl5xN.net

にこ「・・・」

真姫「・・・私たちよ」

希「えっ・・・」

海未「・・・どういうことですか」

海未「どうしてそんなひどいことをしたのですか!」ガタン!

ことり「海未ちゃん、落ち着いて!」ガシッ

穂乃果「・・・」

絵里「そんな・・・あなたたち・・・」

希「花陽ちゃん。どうしてうちらに相談してくれへんかったん?」

花陽「それは、その・・・」



74: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 20:32:46.29 ID:74/hl5xN.net

花陽「私ね、にこちゃんたちに裸にされて、写真を撮られて・・・」

花陽「もし誰かに言ったら、その写真をネットに晒すって脅してきて・・・」

海未「この卑怯者!恥知らず!」バチン!

にこ「いたっ!何すんのよ」

海未「痛いですか!?花陽はこの何倍も痛い思いをしたんですよ!」バチン!

真姫「・・・」

凛「・・・というわけだにゃ」

絵里「最低ね、あなたたち」

ことり「ひどいよ、ふたりとも・・・そんな人だとは思わなかった・・・」

にこ「残念ながらこの通り。ただのクズよ」

希「ちっとも反省はしとらんのやね」



75: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 20:34:20.43 ID:74/hl5xN.net

海未「なんで、なんで・・・」

海未「うう・・・」

絵里「ねえ、それよりも・・・」

ことり「μ'sは、これからどうなっちゃうの?」

凛「真姫ちゃんたちは、どうするの」

にこ「続けられるわけないでしょ・・・花陽にあんなことをして、それが周囲に知れて」

真姫「そうね・・・」

にこ「じゃあ私たち、帰るわね。いきましょ、真姫」

海未「ま、待ちなさい!あなたたちには、きちんと償いを受けてもらいます!待ちなさい!」

にこ「じゃあね」ガチャ

海未「待ちなさい!」ガン!

希「海未ちゃん落ち着いて!それはうちらがすることやないよ。大人たちのすることや」



76: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 20:35:46.15 ID:74/hl5xN.net

凛「それで、μ'sはどうなるの?」

ことり「解散、って事?」

絵里「そんな・・・」

希「でも、そうするしかないやん・・・うちらは、9人でμ'sなんよ。一人でも欠けたら、ダメなんよ」

海未「うう・・・」

花陽「みんな・・・」

穂乃果「・・・」

穂乃果「・・・ごめんね、花陽ちゃん!」

花陽「ほのかちゃん?」

穂乃果「気づいてあげられなかった!花陽ちゃんが苦しんでいたなんて、ちっとも知らなかった!」

穂乃果「私、リーダー失格だよ・・・」



77: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 20:37:24.10 ID:74/hl5xN.net

花陽「そんなことないよ!私が悪かったの!私が!こんなに弱かったから!」

穂乃果「もういいよ・・・」

穂乃果「μ'sはバラバラになっちゃった。私のせいで・・・」

海未「穂乃果・・・」

花陽「ごめんなさい・・・ごめんなさい・・・」

凛「・・・」



79: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 20:40:25.69 ID:74/hl5xN.net

 一年後

花陽(あの後、μ'sは解散しました)

花陽(あの日から、私たちはみんな壊れていきました)

花陽(絵里ちゃんと希ちゃんは卒業しました。まったく連絡が取れず、今どんな状況なのかはわかりません)

花陽(にこちゃんは、あの後、他の生徒にいじめられ、それを苦に自殺したそうです)

花陽(真姫ちゃんは、にこちゃんの後を追っていったようです)

花陽(これはあとから分かったことですが、二人は女の子同士だったけど、恋人だったそうです)

花陽(穂乃果ちゃんは、μ'sが解散してから、自責の念に耐えかね、自殺しました)

花陽(海未ちゃんは、穂乃果ちゃんが亡くなったことを知り、精神を病んでしまって、入院していましたが、)

花陽(ろくに食事もとれず、衰弱死したそうです)

花陽(ことりちゃんは、二人の死を受け入れられず、海未ちゃんと同じ末路をたどりました)



80: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 20:43:40.61 ID:74/hl5xN.net

花陽(そして、私と凛ちゃんは)


凛「やったーーーー!!」

花陽「まさか、ラブライブで優勝できるなんて!」

凛「やったね、やったんだよ、かよちん!」

花陽「凛ちゃん泣いてる~」

凛「ち、ちがうよ、これは汗だにゃ!頑張りすぎて、汗かきまくってるんだにゃ」

花陽「えへへ~凛ちゃんったら~」


花陽(μ'sが叶えられなかった夢を、叶えることができました)


凛「最高のステージだったね!かよちん」

花陽「うん!」

花陽「これで、これで・・・やっと・・・」



81: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 20:49:01.78 ID:74/hl5xN.net

花陽「悔いなく、みんなに会いにいけるね・・・」

凛「うん・・・」


おわり



84: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 21:13:27.68 ID:74/hl5xN.net

最初は2ちゃんネタでギャグやろうと思ってたのに
まさかこんなことになるなんてな・・・



87: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 21:51:07.29 ID:74/hl5xN.net

自分で読み返してみたが
伏線みたいなのいっぱいちりばめてる割に全然回収できてねえな
あと花陽いじめがワンパターンすぎるな



83: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 20:57:52.32 ID:8F7PMNfs.net

なんだちゃんとりんぱなだったじゃないか
>>1
ありがとう


元スレ
凛「かよちん最近冷たいにゃ・・・」
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1487931275/