関連
真姫「ただのハッピーエンド主義者よ」

真姫「ただのハッピーメーカーよ」



1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/08(日) 20:13:30.75 ID:yy+0vIrU.net

前回までのハッピーメーカー真姫は

穂乃果「今日は7月1日だよ」

真姫「この世界は織姫と彦星の世界ね」

海未「私はことりの作る服が好きです」

海未「だから、私には気にせず行ってください...私は日本でことりを応援してますから」

ことり「......ばか......」

ことり「海未ちゃんの馬鹿っ!!!」パシンッ


海未「誰がなんと言おうとずっと一緒にいたいんです!!」

ことり「私も....もちろんずっと一緒にいたいよ!」

ことり「喧嘩とかもして色々あったけど、私も海未ちゃんとずっと一緒にいたい!」

真姫「アルタイルとベガ...デネブは責務を果たしましたよ....なんてね」


真姫「さて、次の世界はどんな貴方達が待っているのかしら」




3: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/08(日) 20:17:03.93 ID:yy+0vIrU.net

#3


真姫「さて、新しい世界に到着ね」

真姫「今度はどんな世界なのかしら....というか今までと街の雰囲気が全く違うんだけど...ここはどこ?」


海未「そこの貴方!」

真姫「え?私?」

真姫(海未よね?.....なんか凛々しい格好をしてるわね)

海未「見ない顔ですね....ここはlily Whiteの領地内ですよ!何をしているんですか!」

真姫「lily White?」

海未「まさか....Printempsのスパイですか!」

真姫「は?」



4: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/08(日) 20:23:48.54 ID:yy+0vIrU.net

真姫「スパイってなによ....それに私はPrintempsじゃないし」

海未「では、貴方は何者ですか」

真姫「...ただの旅人よ、ハッピーエンドが大好きな」

海未「旅人....ふむ....」じろじろ

真姫「道に迷ってしまったのよ、ここが立ち入り禁止区域とかならすぐに出てくわ」

海未「そうですか、失礼しました...では、ここからすぐに離れたほうが身のためです」

真姫「え?」

海未「今、この国はlily WhiteとPrintempsの争いの真っただ中なんです....これはこの国の問題です...外部の人間をあまり巻き込みたくないんです」



5: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/08(日) 20:27:17.63 ID:yy+0vIrU.net

真姫「そう....なら気をつけていくわ」

海未「はい、一応ボディチェックだけしてもいいですか?」

真姫「...徹底してるのね...どうぞ」

海未「失礼します」スッ


海未「これは....カメラですか?」

真姫「えぇ、人の笑顔を撮るのが好きでね」

海未「笑顔ですか....」

真姫「...........」



6: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/08(日) 20:33:41.38 ID:yy+0vIrU.net

真姫「...........」スタスタ

真姫(この世界...いえ、この音ノ木坂は街から国に変わっている...)

真姫(今までにはないパターンね)

真姫(とにかく情報が欲しいわ....なんの物語がベースなの?これは)

真姫「とにかく、わかったことは...」


ことり「ここから先はPrintempsの領地です!」

真姫「こっち側はPrintempsなのね」

真姫(lily WhiteとPrintempsが争いをしていることくらいかしら)



8: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/08(日) 20:39:58.02 ID:yy+0vIrU.net

真姫「うーん.....」


真姫(とりあえず調べてわかったことは、この音ノ木は一つの国で、ここの教会を中心に南側をPrintemps、北側をlily Whiteが支配しているっていうことかしら)

真姫(...というか、BiBiはどこにいったのよ)


真姫「...他のBiBiの二人は何をしてるのかしら、それともどっちかについてるかしら?」

真姫「とりあえずこの教会はどっちにも属してない中立らしいからここを拠点にしましょう」

真姫「それになんとなくなんの世界かはわかってきたわ...」



10: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/08(日) 20:45:27.42 ID:yy+0vIrU.net

真姫「にしても、協力者が欲しいわね...」


花陽「あの~.....」

真姫「!!....はい...なんですか?」

真姫(...花陽よね?たしか花陽はPrintempsよね....)

花陽「さっき、BiBiって言いました?」

真姫「...聞き間違いじゃないかしら?」

花陽「そうですか....」

真姫「..........」



11: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/08(日) 20:50:49.24 ID:yy+0vIrU.net

花陽「花陽の聞き間違いならいいんですけど、街ではその言葉を口に出さないほうがいいですよ」

真姫「えっと、BiBiって言葉を?」

花陽「はい、最近このPrintempsとlily Whiteの争いをやめさせるため結成されたレジスタンスの名前なんです」

真姫「.......まさか」

花陽「実態はまだ掴めてないですが、幹部は3人...1人は消息不明らしいですが、2人はまだ活動を続けてるらしいです」

真姫「..........」

花陽「...行方不明なのは、貴方ですよね?西木野真姫さん」

真姫「!?」



13: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/08(日) 20:55:59.74 ID:yy+0vIrU.net

真姫「...私は通りすがりのただの旅人よ」

花陽「そうですか....」

真姫「..........」

花陽「でもお二方は、貴方を見たらなんて言うかな?」

真姫「え?」


絵里「真姫!!」

にこ「真姫ちゃん!!」

真姫「!!」



14: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/08(日) 21:01:53.40 ID:yy+0vIrU.net

絵里「もう!無事ならすぐに連絡をよこしなさいよ!心配したじゃない!」

にこ「真姫ちゃんが無事でよかった....うわぁぁぁん!!」ポロポロ

真姫「え?え?」

花陽「.........」

真姫「ちょっと二人共.....意味わかんない!!というかPrintempsに見られてるわよ!」


絵里「あ、大丈夫よ...花陽はこっちの味方だから」

真姫「えー....なら始めからそう言ってよ....」

花陽「二人を心配させた罰です♪」



15: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/08(日) 21:09:16.14 ID:yy+0vIrU.net

真姫「で?説明してもらえる?」

にこ「本当に大丈夫なの?真姫ちゃん?」

真姫「大丈夫よ、というか離れてよ...うっとしい...」

にこ「嫌ニコ」

真姫「えー.......」

絵里「真姫、少しだけ我慢してあげて...にこったら、真姫が行方不明になってからずっと落ち込んでたから」

にこ「........」

真姫「はぁ....わかったわ」



16: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/08(日) 21:17:41.66 ID:yy+0vIrU.net

真姫(自分が異世界の住人なのは今回はあえて伏せたわ、情報も色々欲しかったし)

真姫(にしても....)


真姫「ここの教会が拠点だったのね....」

絵里「そうよ、にしても記憶喪失ね...でも真姫が無事でなによりよ」

真姫「心配をかけたわね....」

にこ「でもこれでBiBi復活ね」

花陽「.........」

真姫「でもなんでその拠点にPrintempsの花陽がいるのよ」

絵里「それは私が説明するわ」



17: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/08(日) 21:24:28.90 ID:yy+0vIrU.net

絵里「この国には古くから2つの貴族が住んでいたのよ」

絵里「それがPrintempsとlily White...きっかけがもうわからないくらい昔から仲が悪くてね...」

絵里「今やその二つの貴族は国を支配するくらいの力が強くてね、国を二分にしちゃってるの」

絵里「花陽はそんな国を変えたいって一心で私達に協力してくれてるの」

真姫「成程....それで日々活動をしていると」

絵里「そう...で、あと1つ問題が...」

真姫「問題?」

絵里「花陽がlily Whiteの末妹の凛に恋をしちゃってるのよ」

真姫「え?」



18: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/08(日) 21:32:01.95 ID:yy+0vIrU.net

花陽「......///」テレテレ

絵里「たまたま違う国での舞踏会かなんかの集まりで、会ったらしいのよ」

絵里「花陽の一目惚れってやつね....向こうの方はどう思ってるか知らないけど」

花陽「むっ!花陽と凛ちゃんは愛し合ってます!!」

真姫「...言うわね」

にこ「また惚気話~?にこはもう聞き飽きたー」

花陽「あっ...///でも本当のことなんです!」


絵里「....だって」

真姫「そうなのね」



21: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/08(日) 21:37:42.84 ID:yy+0vIrU.net

絵里「それで、今日はlily White家に侵入して花陽と凛を合わせてあげようって計画しようとしてたの」

真姫「侵入って...警備はかなり厳重なんじゃ」

絵里「昔、私は怪盗エリーチカなんて言われてたのよ?そこは任せて」

にこ「真姫ちゃんも戻ってきたし、にこ達ならどんなトラブルもお任せよ!」

真姫「いや、今回はトラブルじゃないでしょ」

絵里「でもこれはこの国が抱える問題...トラブルを解決できるかもしれないのよ」

真姫「どういうことかしら?」



22: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/08(日) 21:43:20.65 ID:yy+0vIrU.net

絵里「今、いがみ合っているPrintempsとlily Whiteの中心である3姉妹、その末妹である二人はこの争いを望んではいない」

花陽「..........」

絵里「ちなみに他の姉妹の本心はわからないけど、他の姉妹も争いは望んでないって話よ」

真姫「ならさっさと、争いを辞めればいいじゃない」

にこ「そうは簡単にはいかないのよ....残念ながら」

真姫「何でよ?中心人物が嫌なら辞められるんじゃないの?」

絵里「それが複雑でね...長年争ってきた両者が簡単には仲直りできないのよ、両国の国民や兵士達だって簡単には納得してくれないわ」

にこ「もちろん国民や兵士の中には平和を望む人達もいるわ...だからきっかけを作るの」

真姫「きっかけって何よ?」

絵里「それはね.....」



23: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/08(日) 21:49:23.02 ID:yy+0vIrU.net

絵里「花陽と凛を結婚させるの!!」

真姫「け、結婚!?.....成程、そういうことね」

にこ「そう、両家の中心である二人が仲睦まじく結ばれて宣言するの」

絵里「昔の争いはもうやめようと、今は手を取り合って支えあっていこうと...花陽と凛のようにってね」

真姫「たしかに影響力はありそうね...でも他の三姉妹は許してくれるのかしら」

にこ「そこなのよねー....特に二人共、末妹だから姉達が可愛がってるのよ」

絵里「でも二人が結ばれたいのは事実だし、私達はそれをサポートするつもりよ」

真姫「そう....お人よしなのね、エリーは」

絵里「あら?貴方達二人も中々のものよ」



24: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/08(日) 21:54:55.21 ID:yy+0vIrU.net

絵里「さて、真姫も無事に戻ってきたことだし...作戦会議よ!」

真姫「凛はここに来ないの?」

にこ「あー...凛は来れないのよ、というか軟禁?」

真姫「え?」

絵里「次女の海未が過保護でね....屋敷の外から基本的に外出させないのよ」

真姫「うわぁ....」

花陽「でも凛ちゃんからお話を聞く限りではいいお姉さんみたいだよ?」

にこ「まぁ、シスコンってやつね」



25: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/08(日) 22:00:52.66 ID:yy+0vIrU.net

真姫「ふぅ.....」

絵里「お疲れ様、真姫!病み上がりにごめんね?」

真姫「大丈夫よ」

絵里「体調はどう?キツければ明日の作戦には参加しなくても大丈夫よ」

真姫「気にしないで、体調は万全よ」

絵里「そう.....」

真姫「ねぇ、エリー」

絵里「何?真姫?」

真姫「明日....頑張りましょうね...」

絵里「....えぇ、もちろん!!」



26: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/08(日) 22:06:31.55 ID:yy+0vIrU.net

真姫「...........」

真姫(おそらく今回の世界は確証はまだだけど、ロミオとジュリエットの世界ね)

真姫(花陽が一応ロミオなのかしら....二人の思いが行き違いにならないように気をつけないとね...)

真姫(とにかく、私は私のやりたいことを遂行するまでよ)

真姫「さて....お仕事、お仕事」



44: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/10(火) 20:12:19.69 ID:ps3Xq602.net

凛「暇にゃ....」

凛「お外に出たいにゃー!!」ジタバタ

海未「凛、騒がしいですよ」

凛「海未ちゃん...だって暇なんだもん!!」

海未「貴方はlily Whiteとしての自覚が足りません!もう少し自覚を持ってですね...」

凛「お説教は勘弁してほしいよ....」

希「まぁまぁ、海未ちゃん、凛ちゃんもお年頃なんだから許してあげて」

凛「希ちゃん!」

海未「希.....」



45: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/10(火) 20:18:52.09 ID:ps3Xq602.net

希「たまにはお出かけくらいさせてあげてもいいんじゃないの?」

海未「貴方は、またそうやって凛を甘やかして...それにこの国の状況を考えて言ってくださいよ」

希「もちろん護衛付きでね、なんなら海未ちゃんが一緒に行くってのもありだよね」

凛「海未ちゃんとお出かけ!?いいの!?」

海未「誰も行くなんて言ってません、それにそれはさらに危険です!」

凛「え?なんで?海未ちゃんならこの国で勝てる人なんて中々いないのに....」

海未「はぁ....貴方達は危機感がなさすぎます」

希「..........」



46: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/10(火) 20:29:16.18 ID:ps3Xq602.net

海未「国の要人二人が一緒に出かけてみてください、いい標的です」

凛「あ!そっか......」

希「なら変装するとかは?」

海未「そこまで危険を侵して出かける理由はありません、とにかくダメったらダメです!!」

凛「うん...そうだよね...ワガママを言ってごめんなさい」シュン

海未「.....今度、街で美味しいと評判のお菓子を買ってきてあげますから...我慢してください」

凛「本当!?」

海未「はい...ですから、この国が平和になるまで待っていてください...姉さんに任せてください」なでなで

凛「......わかったにゃ!!」

海未「いい子ですね、凛は」



48: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/10(火) 20:38:41.66 ID:ps3Xq602.net

希「全く...これじゃあ、どっちが甘いかわからないよね~」

海未「茶化さないでください、希だってわかっているはずです」

希「うん...でも、このまま凛ちゃんを屋敷に閉じ込めるのもちょっとかわいそうで...見てられないんよ」

海未「...そういう希だって、もう何年ここから外に出てないじゃないですか」

希「うちはlily Whiteの長女であり当主みたいなもんやからね...しかたないよ、情勢が情勢だから、うちが表に出て争いの火種にしたくないんよ」

海未「希.....そうやって貴方はまた....」

希「大丈夫だよ、それに最近ね、うちに来る教会の神父さんと仲良くなったんよ!」

海未「あぁ...あの金髪と小柄な神父ですか」

希「だからうちは寂しくないよ、それにこんな可愛い妹達がいるんだから!」

海未「............」



49: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/10(火) 20:46:54.86 ID:ps3Xq602.net

海未「はぁ....希にも凛にも困ったものです」

海未「...............」

海未(二人が早く平和な街で暮らせるように、自分から進んで表舞台に立って国を引っ張ってきたつもりですが...中々、上手くいきませんね)

海未(全く、誰なんでですか...lily WhiteとPrintempsを対立させたのは、本当にいい迷惑です)

海未(なにか争いを終わらせるきっかけでもあれば.....)

海未「そんな、都合のいいことなんてないですよね.....」



50: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/10(火) 20:54:26.24 ID:ps3Xq602.net

真姫「.....本当にお屋敷なのね」

絵里「そうよ...じゃあ、私とにこがいつも通り神父になって、お祈りにきたって言って注意を引くからその間に二人は侵入して頂戴」

花陽「そんな簡単にうまくいくのかな?....」

にこ「やる前からそんな弱気なこと言わないの!貴方にはこの国の未来がかかってるんだから」

花陽「うぅ......緊張してきた」

真姫「...プレッシャーをかけてどうすんのよ」

にこ「あ」

絵里「じゃあ、そろそろ行くわよ」



51: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/10(火) 20:59:51.41 ID:ps3Xq602.net

絵里「ハロー海未、元気にしてた?」

海未「...本当にあなたは神父なんですか?」

絵里「むっ!失礼ね!そんな事を言う海未にはお祈りをしてあげないわよ?」

海未「やめてください、真面目にやってください」

絵里「はいはい....じゃあお邪魔するわね」

にこ「お邪魔するにこ~」

海未「じゃあ、今日もお願いしますね、希が待ってます」

絵里「いつもの部屋ね、わかったわ」



52: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/10(火) 21:08:13.83 ID:ps3Xq602.net

絵里「あ!そうだった!!」

海未「!?なんですか?いきなり大きい声を出して」

絵里「あとで多分うちの新人が来るから、見かけたらここに入れてあげて」

海未「新人?」

絵里「途中ではぐれちゃったのよねー全くなにやってんだか....」

にこ「特徴は赤髪でちょっと生意気そうなかんじかな?」

海未「赤髪.....」

絵里「よろしくね、海未」

海未「はぁ....わかりました」



53: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/10(火) 21:15:28.89 ID:ps3Xq602.net

真姫「さて、侵入成功ね....」

花陽「バレてないよね?」

真姫「今のところはね...さて絵里からもらった地図によると...凛の部屋は」

花陽「ここだね!」

真姫「.....中を徘徊しながらいくのはきつい位置ね...」

花陽「どうしよう....」

真姫「...でも、中庭に面してる部屋だから庭からなんとかいけないかしら」

花陽「とりあえず行ってみよ?」

真姫「そうね...くれぐれも慎重にね」

花陽「うん!」



54: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/10(火) 21:19:38.19 ID:ps3Xq602.net

凛「お星様が綺麗にゃ.....」

凛「...........」キョロキョロ

凛「かよちんは今なにしてるんだろう....会いたいよ」

凛「でも、凛とかよちんならこの国を変えられるかな?」

凛「そうすれば、お姉ちゃん達も.....」

凛「はぁ.....でも凛はここから出られないや」

凛「......ん?あれ?下にいるのって....」


花陽「凛ちゃん!」

凛「かよちん!!」

真姫「ちょっと、二人共静かに!」



55: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/10(火) 21:27:45.99 ID:ps3Xq602.net

花陽「凛ちゃん、今日はね、凛ちゃんにお話があってきたの」

凛「お話?何?何?」

花陽「えっと、その.....あのね....」もじもじ

凛「?」

花陽「花陽と、その.....えっと....」

真姫「........」

凛「何?かよちん」

花陽「......///」もじもじ

真姫「早くしなさいよ」



56: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/10(火) 21:33:17.34 ID:ps3Xq602.net

花陽「は、花陽と!結婚してください!」

凛「うん!いいよー」

花陽「え?」

真姫「案外、あっさりした反応ね」

凛「うん?結婚?凛がかよちんと....え?結婚?」

花陽「凛ちゃん?」

凛「.........えー!!凛が!!凛が!!かよちんと!?」

真姫「ちょっと!声が大きいわよ!」



57: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/10(火) 21:37:30.16 ID:ps3Xq602.net

凛「結婚...凛がかよちんと...」

真姫「なんか放心してるわね」

花陽「うぅ...花陽じゃ、やっぱりダメなの?」

凛「そんなことない!!かよちんはすっごくかわいいもん!」

花陽「凛ちゃんのがかわいいよぉ」

凛「いや、かよちんのが!」

花陽「凛ちゃんのがかわいい!!」

凛「かよちん!!」

花陽「凛ちゃん!!」

真姫「............」

真姫(....もう、どっちでもいいから、早く結婚でもしなさいよ)

真姫(というか前もこんな場面どっかで見たような.....)



58: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/10(火) 21:42:17.57 ID:ps3Xq602.net

コンコン

凛「!?」


海未『凛?さっきから騒がしいですよ、何をしてるんですか?』

凛「う、海未ちゃん!?」

花陽「!?」

真姫「まずいわね....一旦退却よ」

海未『凛?寝てるんですか?開けてください』ガチャガチャ

凛「...海未ちゃん!!起きてるよ!開けるからちょっと待っててー」

花陽「凛ちゃん.....」

真姫「ほら!花陽早く逃げるわよ!」グイッ


花陽「私、教会で待ってるから!!」

凛「かよちん....」

花陽「待ってるからね!」

凛「.........」



59: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/10(火) 21:48:11.39 ID:ps3Xq602.net

海未「何をしていたんですか、凛」

凛「お星様を見てたにゃ」

海未「星?」

凛「ほら、海未ちゃんこっちに来て?」

海未「はぁ......」テクテク

凛「見て...星空にゃ!!」

海未「ふむ...たしかに綺麗ですね」

凛「でっしょー?」

凛「海未ちゃんもお星様に願い事をするにゃー」

海未「.........」



60: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/10(火) 21:56:56.36 ID:ps3Xq602.net

絵里「じゃあ、私達は教会に帰るわね」

にこ「また来るわ」

希「いつもありがとな~二人共」

にこ「感謝するくらいならこれをもっとあげてほしいものね」クイクイ

絵里「にこ!はしたないわよ!!」

にこ「冗談よ」

希「....じゃあ、倍あげよっか?」

絵里「本当に!?」

にこ「おい」



61: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/10(火) 22:01:27.50 ID:ps3Xq602.net

絵里「で?どうだった?」


真姫「日時までは決められなかったけど、結婚の申し込みはしてきたわ」

にこ「やるじゃない~花陽~」

花陽「えへへ.....」

絵里「大きく前進ね....後は凛がここに来て挙式をあげる....」

にこ「それが一番の難関なような...」

絵里「そうよね....」

にこ「ま!その為に私達がいるんだけどね」

絵里「そうね!忙しくなるわね!」


真姫「............」

真姫(何よ...私がいなくてもこんなに頼もしい二人がいるじゃない....)

真姫(って!私も二人に負けないように頑張らないと!!)



70: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 22:39:27.65 ID:4TlyinI1.net

穂乃果「........」

ことり「........」

花陽「...........」


花陽「えっと、なんで二人共さっきからずっと黙ってるの?」

穂乃果「.........」

ことり「かよちゃん...お姉ちゃん達が気づいていないとでも思ったの?」

花陽「!?」

花陽(え、なに?もしかして凛ちゃんとのことがバレちゃったの!?)



71: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 22:52:17.13 ID:4TlyinI1.net

ことり「ことりはとっても怒ってます」

穂乃果「..........」

花陽「なんで?花陽、なんか悪い事したの?お姉ちゃん?」

ことり「むっ、言わないとわからないの?」

穂乃果「.........」

花陽「え、えっと.....」

花陽(なんで怒ってるの?なんで穂乃果お姉ちゃんはずっと黙ってるの?怖いよぉ....)

ことり「かよちゃん....」

花陽「な、何?」

ことり「かよちゃん、また内緒で間食してるでしょ!!」



72: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 23:12:44.33 ID:4TlyinI1.net

花陽「間食?」

ことり「とぼけても無駄です、昨日遅くに出かけてたでしょ!」

花陽「!!」

ことり「こんな美味しそうなお菓子、ことりは見たことありません!どこで手に入れてきたんですか!」

花陽「それは.....」

ことり「これは没収します、これはことりのおやつにします」

花陽「そんなぁ~....まだ一個も食べてないのに」

ことり「そもそも夜中に1人で出歩く時点でお説教ものです!これでも甘いほうです!」

穂乃果「........」

花陽「うぅ....ごめんなさい」



73: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 23:20:35.94 ID:4TlyinI1.net

ことり「今回はこのお菓子に免じて許してあげます」

穂乃果「.........」

花陽「えっと、ことりお姉ちゃん...なんで穂乃果お姉ちゃんはずっと黙ってるの?具合とか悪いの?」

ことり「穂乃果ちゃんも、かよちゃんと同じでお菓子を独り占めしててね、しかも太っちゃったの、だからしぼってあげたの」

穂乃果「あはは...この件に関しては私は何も言えなくて」

ことり「まぁ、体はこれからしぼるけどね、ね?穂乃果ちゃん?」

穂乃果「ひィ!」

花陽「あはは.....」

花陽(絵里ちゃんから貰ったチョコレートが役に立ったよ...さすが絵里ちゃん)

花陽(でも...花陽も食べたかったです....)



74: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 23:32:56.67 ID:4TlyinI1.net

にこ「絵里、花陽に何を渡してたの?」

絵里「お菓子よ」

にこ「なんでそんなものを?」

絵里「保険よ、万が一の時の、それにPrintempsは甘いお菓子が大好き...多分、役にたつはずよ」

真姫「ふ~ん...それで中身は?」

絵里「ロシアンチョコレートよ」

にこ「ちょっと、なんでロシアン?普通のチョコレートでいいじゃない!」



75: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 23:46:34.56 ID:4TlyinI1.net

絵里「エリチカ特製の激辛チョコレートが、1つだけ入ってるわ」

真姫「いや、それを入れる意味がわかんないわよ」

にこ「普通のチョコレートだけしなさいよ、せっかく美味しいやつなのに」

絵里「いやいや、激辛をひいた人はある意味おいしいわよ」

にこ「やかましいわ!」

真姫「花陽が食べなきゃいいんだけど.....」


穂乃果「ぎゃーーー!!」

ことり「穂乃果ちゃん!?」

花陽「キッチンの方から聞こえてきたよ!」



76: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 23:55:37.63 ID:4TlyinI1.net

穂乃果「はぁはぁ......」

穂乃果「いくら領内だからって国の中心がランニングする?普通」

穂乃果「でも...ダイエットしないと...ことりちゃんに怒られるし...」


ことり(国のトップがだらしないと国民に示しがつかないよ!)

穂乃果「皆の視線が辛いよぉ....護衛もせいで目立っちゃうし...」

穂乃果「はっ!これもことりちゃんの作戦!?」

穂乃果「真面目に走ろう....そして早く痩せよう....」



84: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/12(木) 23:00:14.09 ID:cIKCTwcr.net

真姫「こんなこともやってたのね」

にこ「一応、教会だからね」

絵里「今日はチョコレートクッキーよ!」

子供達「わーい!」


真姫「....昨日みたいにロシアンじゃないわよね」

絵里「そんなことはしないわよ!子供達には」

にこ「まぁ、さすがにそうよね....」



85: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/12(木) 23:07:18.86 ID:cIKCTwcr.net

海未「...いつもはチャラいかんじですが、こんなことまでやっていたんですね」

海未「どちらの国の子供にも分け隔てなく与えてますね...」


穂乃果「お腹すいた...もうフラフラ....」

護衛「大丈夫ですか?」

穂乃果「もう、限界....ちょっと休む....」スッ

護衛「........」


穂乃果「....!美味しそうな匂いがする....」

穂乃果「あっちからだ!!」ダッダダッ

護衛「ちょっと!どちらにいかれるんですか!」



86: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/12(木) 23:14:46.33 ID:cIKCTwcr.net

穂乃果「..........」スタスタ


真姫「.....あれ?あれって....」

にこ「見間違いじゃないわよね...というか、なんであんな格好でこんなとこにいるのよ」

真姫「なんか目が虚ろじゃない?」

にこ「ちょっと、絵里は気付いてないわよ」


穂乃果「ふんっ!!」バッ

絵里「え?」

穂乃果「........」もぐもぐ

絵里「あ、それは皆の分....」


海未「あれは....まさかPrintempsの穂乃果ですか!?」



87: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/12(木) 23:24:22.26 ID:cIKCTwcr.net

子供「うわあぁぁん!クッキーが」

海未「!?...っ....」ギリッ


にこ「ちょっと!あいつ、子供達のクッキーを食べたわよ!」

真姫「....空腹とかだったのかしら?」

にこ「呑気なこと言ってる場合?止めるわよ!」

絵里「皆、泣かないで、まだたくさんあるから!」


海未「こんな子供達からお菓子を奪うなんて、心底見損ないましたよ....」

穂乃果「へ?」

海未「貴方は....貴方は最低です!!」バシンッ

穂乃果「っ!?」



88: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/12(木) 23:41:41.98 ID:cIKCTwcr.net

ことり「ねぇ、この人なんかどう?隣国のAーRISEの人なんかは」

花陽「.......」

ことり「イマイチかな~?じゃあ.....」

花陽「お姉ちゃん!!」

ことり「ん?なあに?」

花陽「えっとね....その!....」


バタン!

穂乃果「うわぁぁぁん!ほっぺが痛いよぉ!」ポロポロ

花陽「え?」

ことり「....穂乃果ちゃん?」



89: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/12(木) 23:49:03.84 ID:cIKCTwcr.net

海未「ただいま戻りました」

希「お帰りー海未ちゃん」

凛「お疲れ様にゃ」

海未「はい......」ムスッ

希「...海未ちゃん機嫌悪そうやね、なにかあったの?」


海未「やはりPrintempsは最低です!一刻も早く国を統一しなくては!」

凛「!?」

希「....大荒れの予感やね...」



100: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 22:53:04.09 ID:CrC7rW0m.net

絵里「...まずいことになったわね」

にこ「えぇ、最近は落ち着いてたのに...このタイミングでこんなことになるなんて」

真姫「..........」


絵里「あれから花陽もここにこれなくなったし、これじゃあ、情報が足りないわ」

にこ「どうにかできないのかしら?」

真姫「...なら私がlily Whiteに行ってみるわ」

にこ「...昨日、絵里とにこが行って、門前払いをくらったの忘れたの?」

真姫「........」



101: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 23:05:23.69 ID:CrC7rW0m.net

絵里「...でもやってみる価値はあるかもしれないわ」

にこ「絵里、それはどういう意味よ?」

絵里「ほら前回もそうだけど、前々回の花陽の侵入の時も真姫は凛としか顔合わせしてないわ」

にこ「そういえば...そうだったかも」

絵里「それに、この間の教会での騒動の時も真姫は巻き込まれなかったじゃない」


真姫「....私が行っても、もう止まらなそうってわかるくらいだったからね」

にこ「たしかに....にこも結局あっけにとられてるうちに両者がいなくなってたわね」

絵里「そういうこと、頼んだわよ真姫」

真姫「.....了解」



102: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 23:17:04.76 ID:CrC7rW0m.net

真姫「..........」

海未「..........」


海未「どうしてあなたがここに?」

真姫「恰好を見てわからない?教会からお祈り?にきたわ」

海未「....しばらくはいいと昨日、絵里には言ったはずですが」

真姫「え?エリーに先にここに来て挨拶をしておけって言われたんだけど...」

海未「はぁ...それは貴方が絵里に騙されてるんですよ」

真姫「えぇ~!?」

海未「.............」



103: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 23:33:29.84 ID:CrC7rW0m.net

海未「そもそも何故、貴方がこんなことを....貴方はただの旅人だったのでは」

真姫「旅人も資金不足でね...バイトってやつよ」

海未「そうですか」

真姫「それに教会もいいところよ、子供達の笑顔が見れる」

海未「........」


真姫「で?入れてくれないの?」

海未「ダメです、今は取り込み中です」

真姫「え~....」


希「ええんやないの?少しくらいなら」

真姫「!?」

海未「!?....希....」

希「初めまして、新人さん?」

真姫「..........」



104: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 23:47:08.44 ID:CrC7rW0m.net

希「ごめんね、ちょっと今は色々と立て込んでててね」

真姫「いえ......」

希「エリチは元気?」

真姫「まぁ、元気です.....」

希「そう、よかった...」


希「で?今日のお祈りは?」

真姫「えっと、その、新人でやり方が....」

希「...ぷっ...じゃあ、何しにここに来たん?」クスクス

真姫「だって!エリーが後から行くから先に行ってこいって言われたから」

希「エリチも中々、意地悪さんやね...まぁ、ゆっくりしていってよ」

真姫「...ありがとうございます」

希「うちも暇してたんよ、話し相手になってよ」



105: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 23:53:45.98 ID:CrC7rW0m.net

希「そっか、真姫ちゃんは旅人さんなんだね」

真姫「えぇ......」


凛「暇だにゃ~....希ちゃん」ガチャ

希「あ、凛ちゃん...お客さん来てるよ」

凛「お客さん?」

真姫「.........」

凛「......?.....あー!!」

真姫「!?」ビクッ

希「いきなりどうしたん!凛ちゃん?」



106: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 23:56:11.75 ID:CrC7rW0m.net

凛「そのツリ目に赤髪...かよちんと一緒にいた人だよね?」

真姫「...私は....」


希「凛ちゃん?...かよちんって誰?」

真姫「.........」

凛「はっ!....えっと、その....」

希「この人は教会の新人さんだけど、凛ちゃんの知り合いなの?」

凛「教会.....えっと、よく見たら人勘違いだったにゃ!」

希「人違い?」

凛「うん、人違い!」



107: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/15(日) 00:02:29.46 ID:TSFLqgA7.net

希「成程、前にエリチから見せてもらった写真の人に似ていたと....」

凛「うん、写真に写ってた人にそっくりで...ついその人かと思って興奮しちゃって」

希「じゃあ、かよちんって人もそうなの?」

凛「うん、本名はわからないけど絵里ちゃんからそう聞いているよ」

希「そっか....ふ~ん....」

真姫「.........」


真姫(凛は機転をきかせたつもりかもしれないけど、それはちょっときつくないかしら?)

真姫(でもなんとか凛との接触までは辿りつけたわ....ここからが本番ね!)


真姫「そうだ、エリーから渡してほしいものがあるって言うからもってきたんだったわ...」ごそごそ

希「え、なに?なに?見せてー」

真姫「ちょっと待ってくださいね」

凛「.........」



108: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/15(日) 00:09:34.97 ID:TSFLqgA7.net

希「おーこれは多分、エリチの手作りお菓子やね...」

凛「美味しそうにゃー」

真姫「あの、よかったら召し上がってください...作った本人じゃないですけど」

希「じゃあ、お言葉に甘えて~」スッ


海未「.......」バシンッ

希「痛っ!....って!海未ちゃんいきなりなにするん?痛いやん」

凛「そうにゃーそうにゃー」

海未「...貴方達は馬鹿ですか?これが毒でも入っていたらどうするんですか!」

真姫「!?」

希「ど、毒!?」



109: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/15(日) 00:12:09.94 ID:TSFLqgA7.net

海未「あまりこういったことを言いたくはないのですが、状況が状況です...考えられなくはないです」

凛「そんな大げさだよ」

希「そうだよ!真姫ちゃんはエリチに言われてここに来たんだよ?エリチならそんなことは絶対しないって海未ちゃんならわかるでしょ!」

海未「...絵里の名を勝手に語っている可能性もあります、それに絵里本人は現にここに来てないじゃないですか」

真姫「..........」

海未「もちろん失礼は承知で言ってますが、それはですね.......」


真姫「....っ........」ポロポロ

海未「!?」



110: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/15(日) 00:16:45.79 ID:TSFLqgA7.net

希「あー!海未ちゃん、真姫ちゃんを泣かしたー」

海未「なっ!私はあくまで可能性を!」

凛「気にしなくていいよ?海未ちゃんも意地悪で言った訳じゃないにゃ」

真姫「...グスッ...凛さん、そのクッキーを1枚適当に取っていただけますか?」

凛「え?えっと、はい」スッ


真姫「...これなら信用してくれますか?....はむっ...」

真姫「.........」もぐもぐ

希「真姫ちゃん.....」

海未「.........」

真姫「.......」ゴクッ

真姫「これで信用していただけますか?」



111: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/15(日) 00:26:15.46 ID:TSFLqgA7.net

海未「わかりました、ですが一応、私が先に1枚いただいてから二人には食べてもらいます」

真姫「!....はい.....わかりました....」

真姫(真姫ちゃん必死の泣き落としの演技も効果はイマイチだったかしら?)

真姫(...この世界の海未もめんどくさいわね.....)


希「~っ!!海未ちゃん!!」

海未「!?なんですか?希、いきなり大きな声を出して...」

希「ちょっと!こっちまで来なさい!!早く!!」

海未「え?あ、ちょっと...引っ張らないでください!」ずるずる

希「二人はゆっくりしてていいからねー」ずるずる


真姫「は、はい...」

凛「あーあ...希ちゃんが久々に本気で怒ってるにゃ」

真姫「え?」

凛「さっき喋り方がいつもと違ったにゃ」

真姫「あ、そういえばたしかに」

凛「凛は海未ちゃんのことを忘れないにゃ」

真姫「...........」



119: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/15(日) 23:08:54.42 ID:TSFLqgA7.net

凛「さて、真姫ちゃんだったっけ?それで何しに来たの?」

真姫「え?」

凛「前にかよちんと一緒にきてたよね、凛に用事があったんじゃないの?」

真姫「....凛って意外と察しがいいのね....驚いた」

凛「....なんか凛を馬鹿にしてない?」


真姫「...ごめんなさい、つい昔の友人と被っちゃって」

凛「真姫ちゃんのお友達?」

真姫「その話はとりあえず置いておいて、今日は花陽との件で話にきたのよ」



120: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/15(日) 23:23:46.25 ID:TSFLqgA7.net

凛「そっか、かよちんもお家から出れなくなっちゃったんだ」

真姫「えぇ...Printempsとは教会は花陽以外と交流がなくてね...情報が全く入ってこなくてね」

凛「なんで急にそんなことになっちゃったんだろ?」

真姫「...Printempsとlily Whiteの争いが激しくなったのよ」

凛「なんで?なんかあったの?」

真姫「仮にもlily Whiteのトップなのに知らないの?」

凛「lily Whiteは海未ちゃんが中心に国政をやってるから、凛にはあんまり国の詳しい内情は知らないの」

真姫「そう.....」



121: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/15(日) 23:43:22.17 ID:TSFLqgA7.net

凛「そんなことがあったの...海未ちゃん、手を出しちゃったんだ...」

真姫「まぁ、先に手を出したのは海未だけど...子供からお菓子をとりあげるPrintempsもPrintempsよね」

凛「そっか...だからあの時、海未ちゃんあんなに怒ってたんだ...」

真姫「はたから見てたけど、ビンタされたPrintempsの穂乃果は泣きながら逃げていったけどね...まるで子供みたいだったわ」

凛「反撃はしてこなかったんだね」

真姫「Printempsは元々、暴力が苦手な温厚な幹部多いらしいからね、あくまでPrintemps領内での話だけどね」


凛「.....凛が言っても説得力がないけど海未ちゃんをそんなに悪く言わないでね?」

真姫「...私は悪く言ったつもりはないけど、そう感じさせたしまったのならごめんなさい」

凛「...海未ちゃんは必至なんだよ」

真姫「必死?」



122: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/15(日) 23:56:07.30 ID:TSFLqgA7.net

凛「海未ちゃんは、昔から先代にずっと鍛えられてたから、次期王様...いや、王女様かな」

凛「凛は末娘だし、希お姉ちゃんは他国への同盟に政略結婚で使われる予定だったんだ」

真姫「...見た感じ希が長女みたいなかんじだけど、なんで海未がそうなの?」

凛「希お姉ちゃんは、今は治ったけど昔は体がとっても弱くて病気がちだったの...それに対して海未ちゃんは何をやってもそつなくこなしちゃうから...」

真姫「そういうことだったのね」

凛「先代が急死してちゃんと継承はされなかったけど、海未ちゃんが実質的な王様なの...もちろんそれに関しては国民も兵士達も納得してるにゃ」

凛「だから希ちゃんもどこにも渡したくないから、あとね...また体を壊したりしないようにこの屋敷に海未ちゃんがずっといさせるようにしてるの」

真姫「...人望があって、姉妹思いなのね」

凛「うん、海未ちゃんは厳しいけど、凛や皆を思っての厳しさだって皆わかってるから」



123: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/16(月) 00:05:22.57 ID:5OpeZN6V.net

凛「今、海未ちゃんは必至に皆を守ろうとして盲目なっちゃってるにゃ」

真姫「........」

凛「だからそれから開放するきっかけとして凛とかよちんが結婚して二つの国を仲直りさようと思ったんだけど...」

凛「だって...いがみあってる国の中心同士が愛し合ってるんだよ?」

凛「凛はこれからはPrintempsとlily White、仲良く暮らしていきたいにゃ!」


真姫「そう...でも時間はもうそんなにないわよ」

凛「わかってるよ、海未ちゃんの様子を見てればわかるにゃ」

真姫「それ以外の問題というか....ある噂が流れてるのよ」

凛「噂?」

真姫「...隣国のAーRISE国に花陽が嫁ぐって噂よ...」

凛「......え....」

真姫「..........」



124: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/16(月) 00:16:39.95 ID:5OpeZN6V.net

凛「....嘘だよね?」

真姫「あくまでPrintemps国での噂よ...真実かはわからないわ」


凛「なんで...だってかよちんは...かよちん言ってたよね?」

真姫「........」

凛「『結婚しよう』って『教会で待ってる』って...なんで....」


凛「嫌だよ....かよちん...凛を、凛を1人にしないでよ...」ポロポロ

真姫「おそらくはlily Whiteとの決戦に備えての政略結婚ね...花陽は自分から凛を裏切ったりしないわ」

凛「...ぐすっ....凛はどうすればいいのかな?このまま黙って見てることしかできないの?」


真姫「.....なんの為に私がここに来たのよ」

凛「....え?」

真姫「ちょっとした作戦があるのよ、協力してくれるかしら?」



125: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/16(月) 00:27:43.36 ID:5OpeZN6V.net

ことり「かよちゃん!お姉ちゃんの言う事を聞きなさい!」

花陽「嫌です!そんな知らない国の人とは結婚はしません!」

花陽「それにお姉ちゃん達を残して1人だけどっかに行きたくないです!」

ことり「うー...なんでかよちゃんこんな時に限って頑固なの!?」

花陽「こんな時だからこそ頑固なんです!!」


穂乃果「ふ、二人共落ち着いて...」

ことり「穂乃果ちゃん!!」

穂乃果「は、はい!」

ことり「元はといえば穂乃果ちゃんがlily Whiteといざこざを起こしたりするからこんなことになっちゃったんだよ!」

穂乃果「ご..ごめんなさい....」



126: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/16(月) 00:38:58.22 ID:5OpeZN6V.net

ことり「でも、ことりは穂乃果ちゃんを叩いたlily Whiteを許しません」

花陽「........」

ことり「いくらなんでもいきなり叩くなんて酷いです!」


穂乃果「でも、あれは穂乃果が子供達のお菓子を取っちゃったから...穂乃果が悪いよ」

ことり「それは穂乃果ちゃんが悪いのは当たり前です!」

穂乃果「え、フォローしてくれないの....?」

ことり「けど、だからと言っていきなり暴力に訴えるのはどうかと思うの」

ことり「...隣国の中心人物がそんな人物だと安心して生活できません!」

ことり「国民も穂乃果ちゃんもかよちゃんもことりが守って見せます!!」


穂乃果「ことりちゃん、ありがとう....でも私が一応長女だよ?私が守るよ皆を!こんな時くらいしか役に立てないからさ」

ことり「穂乃果ちゃん.....」

花陽「.......」



127: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/16(月) 00:47:59.50 ID:5OpeZN6V.net

穂乃果「そうと決まったら準備だ!皆を守るぞー!」

穂乃果「絶対に二人共穂乃果が守って見せるから!!あ、もちろん国民の皆も...いつも迷惑かけちゃってるからね」

ことり「...全く、こういう時だけカッコよくなるんだから」

花陽「あはは.....」


穂乃果「じゃあ、ちょっと訓練所で体を慣らしてくるねー」

ことり「穂乃果ちゃん!怪我とかはしないでね」

穂乃果「大丈夫だよ!それに怪我してもことりちゃんが治療してくれるから安心だよ!」

ことり「だからー怪我とか無茶とかはしないでー....」

穂乃果「はーい」


花陽「.........」

花陽(....凛ちゃんは今頃何をしてるんだろう......)



132: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/16(月) 22:07:35.00 ID:5OpeZN6V.net

穂乃果「た、大変だよ!!二人とも!」

ことり「どうしたの?穂乃果ちゃん、そんなに慌てて」

穂乃果「lily Whiteの末娘が自ら毒を飲んで命を絶ったって!街中で大騒ぎだよ!」


花陽「え?」

穂乃果「しかも、毒を与えた罪として教会の人達がこれから処刑されるって話だよ!」

ことり「教会の人がそんなことを?信じられない....」

花陽「嘘.....だよね?」

ことり「かよちゃん?」

花陽「嘘だよ、そんなの嘘だよ!!」ダッ

穂乃果「どこに行くの!?花陽ちゃん!?」



134: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/16(月) 22:13:57.96 ID:5OpeZN6V.net

絵里「...まさか磔にされるなんて考え深いわね」

にこ「落ち着いてる場合!?にこ達大ピンチなのよ!?」

にこ「というか、凛の葬儀会場で処刑ってどんな状況よ!」



海未「貴方達のせいで....凛は!凛は!!」

絵里「でも兵士達からの目撃証言では自ら毒を飲んだって話じゃない、仮に真姫が毒を渡したとしても凛が自らそれをやったならそれは凛の意思よね」

海未「そんなの!あの赤髪にそそのかされたに決まってます!!どこに逃げたんですか!?」

にこ「さぁ?むしろ早く助けに来て欲しいんだけど」

希「海未ちゃん、やっぱりこんなことは間違ってるよ!凛ちゃんも絶対に反対するよ!」

海未「希は黙っててください!!」

希「!?」ビクッ



135: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/16(月) 22:23:36.87 ID:5OpeZN6V.net

海未「凛...すみません、私は凛を守ることが出ませんでした」

海未「私は最低な姉です...貴方の仇を取ったらすぐに迎えに行きますからね」
 

希「海未ちゃん!?何言ってるの!?」

海未「妹一人を守ることができなくて、なにが国を守る民を守るですか....私にはもうそんな資格はありません」

希「やめてよ!うちを....私を一人にしないでよ!」

海未「.....後は任せましたよ」


花陽「凛ちゃん!!!」

絵里「あれは......」

にこ「にこ達を助けに来てくれたのかしら?」

花陽「........」



136: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/16(月) 22:34:56.26 ID:5OpeZN6V.net

海未「貴方はたしかPrintempsの.....一体なんの用ですか?」

海未「まさか、今回の件は貴方が仕組んだんですか!?」

花陽「うるさい!!」

海未「!?」

にこ「あんな花陽始めて見たわ」

絵里「ハラショー....あまりの勢いに海未がたじろいてるわ」


凛「.......」

花陽「凛ちゃん....なんでどうして、なんで....嫌だよぉ」

花陽「結婚しようって約束したじゃない!!なんで死んじゃうの!?」

花陽「花陽は、花陽は!誰よりも凛ちゃんを愛してたのに.....」ポロポロ

凛「..........」



137: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/16(月) 22:42:35.36 ID:5OpeZN6V.net

希「凛ちゃん....だから最近、やたらオシャレとか気にしたりしてたんだね」

海未「凛、なんでよりによってPrintempsと結婚なんて....何を考えていたんですか....貴方は」


真姫「そんなこともわからないの?」

絵里「真姫!!無事だったのね!」

にこ「真姫ちゃん遅いよ〜」


海未「!貴方は!見つけましたよ!三人まとめてしかるべき処罰を与えます!」 

真姫「その前にちょっといいかしら?」

海未「...今更、命乞いですか?そんなものは聞きません!」

真姫「....はぁ、本当に人の話を聞かないのね、貴方は」


穂乃果「..........」

ことり「...........」

海未「な、なぜPrintempsの2人もここにいるんですか!」



138: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/16(月) 22:50:34.32 ID:5OpeZN6V.net

穂乃果「花陽ちゃん....」

ことり「かよちゃん.....本当だったんだね」

花陽「嫌だよぉ!!うわぁぁぁん!!」


海未「一体、これはどういうことなんですか!」

真姫「ここに一枚の手紙があるわ、読めばわかるわ」サッ

海未「.......」パシッ

海未「手紙....これは凛の字!......」

真姫「凛の思いはそこに全て書かれているわ」

海未「..........」


真姫「さぁ、役者は揃ったわ!物語はフィナーレね、もちろんハッピーエンドでね」



139: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/16(月) 22:55:45.98 ID:5OpeZN6V.net

凛『皆へ、凛はかよちんのことが大好きで、愛していました』

凛『でも凛はlily White、かよちんはPrintemps、昔から敵対する国同士です』

凛『凛は政治とか難しいことはよくわかりません、でもずっと喧嘩したままなのはよくないと思います』

凛『そんな国とかよちんと二人でなら変えられると思っていました』


凛『でも、現実はそんなに甘くなかった、しかも争いは深まるばかりでかよちんが違う国と同盟を結ぶ為に結婚するって噂までききました』

凛『凛は、かよちんの隣じゃなきゃ嫌だし、なれないから違う誰かの隣にいるのも我慢できません』

凛『立場なんていらなかった、かよちんと普通に暮らせればそれでよかったのに』

凛『だから凛は誰かを憎んだりしたりしないきれいな心のまま、かよちんの前から去ります』

凛『これは、凛達の住む国の国民の人達にもおこりうるかもしれない嫌なことです』

凛『国が違うから結ばれないそんなの絶対おかしい!!昔からの因縁とか争いなんてその人には関係ないんだから』


凛『だから凛はこの手紙を残します、悲劇とかいうと大袈裟かもしれないけど、これはとっても悲しいことはだから』

凛『あと最後に、かよちんごめんね?凛はかよちんのことをずっと愛してるにゃ!!』

凛『世界で誰よりかよちんを愛してる凛より』



140: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/16(月) 23:02:51.20 ID:5OpeZN6V.net

海未「凛....はははははは....」

希「う、海未ちゃん?」 

海未「愚かだったのは私だったみたいですね、私は本当に大馬鹿者です.....」ポロポロ

海未「戦は中止です、lily Whiteは今ここで、Printempsに講和を申し込みます、私は好きにしていいですから、希や国民には手を出さないでください」

希「海未ちゃん!」

海未「これが私が、凛にできる最後のことです!さぁ!煮るなり焼くなり好きにしなさい」


穂乃果「...だって、ことりちゃんどうする?」

ことり「...........」


ことり「じゃあ、一緒に新しい国を作るお手伝いをお願いします」

海未「え?」

ことり「もう、これ以上誰かを犠牲にするとかやめよう?」



141: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/16(月) 23:09:23.59 ID:5OpeZN6V.net

海未「なんで、だって!私は貴方達の憎き敵なんですよ?」


真姫「人間はね、誰だって間違いを犯す」

真姫「誰かを守る為に必死になって盲目にもなったりする!でもそれは貴方がその人を大切に思っていたからこそのこと!」

真姫「だったらその思いをこれからちゃんとコントロールして間違い以上の正しいことをしていけばいい」

真姫「人間ってそうやって成長していくものなんじゃないの?」

花陽「...貴方は一体.....何者なんですか?」  


真姫「ハッピーエンド主義者改め、ハッピーメーカーよ」



142: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/16(月) 23:18:11.72 ID:5OpeZN6V.net

真姫「花陽」

花陽「なに....ねぇ、凛ちゃんが冷たいよ...真姫ちゃん...」

真姫「....これを飲んで凛に口移しで飲ませて」スッ

花陽「え?」

真姫「いいから!早くしないと手遅れになるわよ!」

花陽「もしかして.....わかった」


花陽「こんな形で凛ちゃんとファーストキスするなんて思わなかったよ」スッ

花陽「んっ......凛ちゃん....」

凛「........」

花陽「.........」


凛「っ.......」ピクッ

花陽「!!」



143: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/16(月) 23:23:41.59 ID:5OpeZN6V.net

凛「.....かよちん?」

花陽「!?」

海未「凛!?」

希「凛ちゃん!?」


真姫「ジュリエットはロミオのキスで見事、目を覚ましたとさ...なんてね」

真姫「全く、これじゃあ白雪姫じゃない.....」


花陽「凛ちゃん!凛ちゃん!!」ぎゅー

凛「かよちん苦しいにゃー....泣き虫なんだから、もう」

花陽「凛ちゃんのせいだもん.....ぐすっ....」

凛「ごめんね、かよちん」

花陽「もう離さないから....絶対」

凛「うん.....凛も離さないよ、絶対に」



144: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/16(月) 23:30:25.24 ID:5OpeZN6V.net

凛「かよちーん!!」ブンブンッ

花陽「凛ちゃん、おはよう」

凛「おはようにゃー」


花陽「結婚許してくれたね...皆」

凛「うん!よかったにゃ!」

花陽「でも、いきなり結婚はまだ早いっていうからまだ許嫁みたいなものだけどね」

凛「凛はかよちんと絶対に結婚するにゃー!」

花陽「えへへ...花陽も...」


真姫「.....幸せそうね.....よかった」



145: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/16(月) 23:43:38.79 ID:5OpeZN6V.net

海未「穂乃果!なんでこんなに仕事を溜めてしまっているんですか!」

穂乃果「あはは...海未ちゃんがやってくれるからつい、ためちゃって....」

海未「自分達の国なんですからしっかりしてくださいよ...」

ことり「まぁまぁ、仲良く仲良くね?」

海未「穂乃果とこの国を思ってこそ、厳しくしていこうと思います」

穂乃果「えぇー!」


希「あはは...海未ちゃんもほどほどにな~」

ことり「希ちゃん、お菓子はいかが?」

希「うん、もらうもらう~♪ことりちゃんのお菓子うち大好き♪」

ことり「はい、どうぞー」


真姫「うん、こっちも問題はなさそうね.....」



146: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/16(月) 23:55:51.32 ID:5OpeZN6V.net

絵里「真姫!!」

真姫「エリー...それににこちゃんも」

にこ「どっか行っちゃうの?真姫ちゃん?」

真姫「そうよ、次の世界で待ってる人がいるかもしれないからね」


絵里「次の世界....やっぱりそうだったのね...」

真姫「...気づいてたの?」

絵里「いえ、でも凛と花陽が結ばれた日からなぜか真姫の記憶だけが薄れていく、違和感があってね」

真姫「そう....」

にこ「まぁ、にこが1人がいればこの国は笑顔にできるわよ」

真姫「ぷっ....何よ、それ」

にこ「...真姫ちゃんが救ってくれたこの世界を守っていくから」

真姫「別に救ってなんか、好き勝手しただけよ」



147: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 00:02:01.21 ID:sVs8EwM4.net

絵里「にこ~私も忘れないでよね?」

にこ「...もちろんよ、相棒」

絵里「相棒?」

にこ「なによ?ダメ?」

絵里「いえ、嬉しいわ!相棒!言い響きね」

にこ「.........」


真姫「じゃあ、本当に投げっぱなしだけどお願いね、この国を皆を」

絵里「えぇ!もちろん」

にこ「任せなさい!真姫も頑張ってね!」

真姫「....ありがとう」



148: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 00:06:58.33 ID:sVs8EwM4.net

真姫「頑張れか....応援してもらうのなんていつぶりかしら...いえ、しょっちゅうよね」

真姫「どんな世界でも、貴方達は優しくてそして輝いているんだから....貴方達の為なら私は....」

真姫「...さて、次の世界はどんな世界かしら」

真姫「.......」クルッ


真姫「ハッピーエンドね」



149: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 00:09:35.69 ID:sVs8EwM4.net

これでおしまいです
最後までここまでお付き合いいただきありがとうございました



150: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 00:10:25.35 ID:YLSR4Hez.net


次も待ってるよ



151: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 00:11:04.27 ID:b5GYQjXt.net

ロミジュリのラストを逆手にとった見事な作戦
今回もハッピーエンド乙


元スレ
真姫「ただのハッピーエンド主義者改め、ハッピーメーカーよ」
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1483874010/