1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/04(日) 15:12:43 ID:5AcGCzSA


テレビ『――うおおおおお!この一撃に全てを賭ける!!』


男「そうか」

女「そう」

男「どのくらい好きなんだ?」

女「魂が震えるくらい」

男「へぇ……」

女「……」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/04(日) 15:18:08 ID:5AcGCzSA


テレビ『これで終わりだ!!』


男「……」

女「……」


テレビ『くたばれぇぇぇええええええ!!』


男「お前、ホントこういうの好きだよな」

女「うん」

男「……」

女「……」


テレビ『――光が……広がっていく……!』



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/04(日) 15:25:54 ID:5AcGCzSA

男「じゃあ帰るわ」

女「うん、ばいばい」

男「お前、一人で飯くらい作れるようになれよ?」

女「わかった」

男「……ホントに?」

女「ホント」

男「……じゃあもう来なくてもいいよな」

女「それは困る。明日困る」

男「……」

女「……」

男「……もういいや、じゃあな」

女「ばいばい」




男「……熱血好きねぇ……」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/04(日) 15:34:52 ID:5AcGCzSA


漫画『こい!俺たちはもう仲間だ!!』


女「……」


テレビ『守るんだ、俺が、全てを』


女「…!!…」


小説『走れ、走れ!何があっても、立ち止まるな』


女「……ん」


音楽【なんか凄い熱いテーマ】


女「Zzz……」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/04(日) 15:43:46 ID:5AcGCzSA


<学校>


男「おはよう」

女「おはよう」

男「……元気か?」

女「凄い元気」

男「そうか」

女「……」

男「何読んでんの」

女「……これ」

『熱い漢の50の心得』

男「あぁ……面白そうだな……」

女「凄い面白い」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/04(日) 15:59:02 ID:5AcGCzSA

「あぶねぇえぇぇえぇええ!間に合ったああああああ!!」

<ウルセーゾ!!   
                <マタギリギリー?
 <アサカラテンションタケーヨ
              <オハヨー


男「遅刻しなかったな」

友「お、よぅ男!今日も絶好調だな!」

男「あぁ、今日もうるさいくらい絶好調だな……」

友「女ちゃんもおはよう!今日も朝から読書だなんて優秀だなぁ!!」

女「おはよう」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/04(日) 15:59:18 ID:5AcGCzSA

友「ねぇそれ何読んでんの?俺でも読める本とかねーかな」

女「これ」

友「えーどれd」先生「席に着けー。授業を始めるぞー」

友「先生!今授業所じゃありません!!俺の趣味が広がるかどうかの大事な」

先生「友ー廊下に立ってろー。えー今日は41pから……」

友「ちょ、それ3日連続で聞いてるんスけど!」

男「廊下に立っ……ほら早く席に座れって」

友「次の休みな!次の休みに教えてくれ!!」

女「わかった」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/04(日) 16:06:14 ID:5AcGCzSA

<休み時間>


友「やべぇよ!やべぇよ!!膀胱の水分が破裂しそうだ」

男「早くトイレいけよ」

女「……」ペラッ


<休み時間>


友「ちょっと待てよ……今の所まるでわかんねーの終わったぞおい!」

男「先生二回も丁寧に説明してたじゃねーか……だからここはさ……」

女「……」ペラッペラッ


<休みry>


友「そういや昨日アレ見たか?アレはやべぇよ反則だろー!」

男「ああ、アレね。でもアレはあの場合仕方ないだろ云々」

女「……なるほど」ペラッ



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/04(日) 16:22:29 ID:5AcGCzSA


<昼休み>


男「……これ弁当な」

女「ありがとう」

友「あー!いいなー!!弁当いいな……」

男「友は自分で作れよ」

友「嫌だよめんどくせぇ……こういうのは愛の籠った手料理ってのがいいんじゃねぇか!」

男「そうか、それは理想的だね」

友「あぁー俺も手作り弁当食いてー……なぁ、俺にも作ってくれよー」

男「頭おかしいんじゃねぇのお前」

女「おいしい」

男「よかったな……。大体俺だって弁当じゃないんだから我慢しろよ」

友「……毎回思うけど女ちゃんだけ弁当作ってるお前の方がおかしくねー?」

男「俺はいいんだよ。そんなに量いらないし、パンで十分。
  ……女はこうでもしないと、まともに飯を食べに行かないから仕方ないんだよ……」

女「……モグモグ ペラッ モグモグ ペラッ」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/04(日) 16:29:22 ID:5AcGCzSA

友「なんだそりゃー……あー美味そうだなー……」

男「ほら、もう購買に行こう。時間が無くなる」

友「あーくそー……女ちゃん、一口!!一口くれ!!」

女「……」

男「お前な……」


女「口開けて」ヒョイッ

友「口?これd……パクッ!」モグモグ

男「!!」

女「これでいい?」


友「……ぉ……ぉお……うおおおおおおおお!!」

男「うぉ、うるs」

友「はい、アーンきたぁああああ!人生のベスト3きたああああああ!!」

男「……」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/04(日) 16:39:31 ID:5AcGCzSA

友「イヤッホォオオオオ!俺のお腹は一杯だぁあああ!!」

<ウルセーゾ!!   
                <マタ友ー?
 <ヒルカラテンションタケーヨ
              <オヤスミー


友「ありがとう、ありがとう女ちゃん!俺は今猛烈に感動している!!」

女「そう」

友「なんなんだ……この腹の底から来る何か途轍もない熱い何かは!!」

男「お腹空いてるんじゃないの?」

友「うおおおお!今なら購買のパンだって買い占められる気がする!!」

男「そんなお金はねーよ」

友「行くぜ相棒!俺たちは誰にも止められないぜ!!」

男「誰も止めないから早く行こう……時間無くなるって」

友「待ってろよ俺の昼飯たちいいいいぃぃぃぃ……」

男「売り切れてないといいけど……」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/04(日) 16:42:43 ID:5AcGCzSA

女「……モグモグ」

男「……」


男「なぁ、女……お前さ」

女「?」

男「あぁ……いや、なんでもない」



男「早く買いに行こう……」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/04(日) 16:56:01 ID:5AcGCzSA



友「――じゃあな!また明日学校で」

男「ああ、またな」


女「今日は肉が食べたい」

男「……そうか」

女「そう」

男「自分で料理する気は?」

女「ない」

男「即答かよ……昨日の『わかった』なんだったんだ」

女「わかっただけ」

男「……~~ッ……はぁ……じゃあ行くか……買い物に」

女「途中で本屋に寄りたい」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/04(日) 17:05:45 ID:5AcGCzSA


男「――おーい、出来たぞ」

女「……」

男「……ん?おーい!」

女「……」


男「おいって、飯、出来たぞ」

女「今良い所」

男「食べ終わってから読めばいいじゃねーか」

女「今セーブ出来ない」

男「ゲームじゃないだろ。しおりを挟めよ!料理冷めちゃうだろ」

女「たとえ何かを失うことになろうとも譲れない戦いがここにあr」男「……」パタンッ

女「ぁ……あぁ~!……」

男「失うことは承知済みなんだろ?後で続き読め」

女「失ったモノはもう戻らない……ぅぅ」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/06(火) 04:07:18 ID:fZaUdPog

男「……パクパク」

女「……モグモグ」

男「……うまいか?」

女「うまいよ」

男「……そうか」

女「うん」


男「なぁ……お前、熱血なのが好きなんだよな?」

女「大好き」

男「やっぱり、男だったら熱血なのが良いわけか?」

女「もちろん」

男「つまり、お前は……」

女「……?」

男「……やっぱ、なんでもない」

女「うん」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/06(火) 04:14:55 ID:fZaUdPog


テレビ『――この1打に、俺たちの夢を乗せて、届けぇえええ!!!』


女「……」

男「……好きだなぁ、こういうの」

女「……え、男も好きなの、こういうの?」

男「いや、お前がだよ……」

女「なんだ」

男「……俺は、熱血とかあんま好きじゃない」

女「……」

男「暑苦しいわけだろ……そういうのってさ」

女「……」


男「お前は……どこがそんなに熱血がいいわけ?」

女「魂に響いてくるから」

男「また魂かよ……」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/06(火) 04:26:04 ID:fZaUdPog

女「それ以外に、表現のしようがない」

男「いや、もっとこう具体的にさ、どこどこがその魂になんちゃらとか」

女「熱い情熱と内に秘めたる潜熱のほとばしるほど燃える鼓動が魂に」

男「ぜ、全然わかんない……」

女「……熱血は、言葉には出来ない」

男「……」

女「熱い、血がたぎる様な思いを感じるのは、人それぞれ違う」

男「……そうか」

女「そう」


男「でも、そんなの毎回感じてたら疲れちゃわないか?」

女「……」

男「……部活に入れ込んでるとか、夢があるとか、そういうわけじゃないんだし」

女「……」

男「俺も、お前もさ……」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/06(火) 04:35:00 ID:fZaUdPog

女「……熱血は、私の憧れ」

男「……どう見ても憧れてるようには思えないが……」

女「私も心が熱くなるくらい生きてみたい」

男「……じゃあ熱くなればいいじゃん……いい見本が学校に」

女「それは恥ずかしい」

男「……好きでも恥ずかしがるのかよ」

女「うん」

男「じゃあほら、なんだ、部活とかして何かに打ち込むとか」

女「めんどくさい」

男「おま」

女「やりたいこともない」

男「……憧れから大分離れてるわけだが」

女「私が好きなのは、熱血してる人。熱血してる環境。
  でも私が熱血したいわけじゃない。熱血その物が好きなの」

男「え?……あぁ、うん……うん?」



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/06(火) 04:49:32 ID:fZaUdPog

男「つまり、熱血は好きで、熱血するのは嫌だと?」

女「そう」

男「……ダメ人g……いや、違うな……それだけでダメ扱いするのは……」ブツブツ

女「だから私は努力とか根性とか料理とかするつもりは」

男「ダメ人間、どういうつもりだ。最後が言いたいだけなんじゃないのか」

女「……戦いは男の仕事。女は黙って見守ること」

男「……わかった。俺は戦いに行くから、お前は黙って見守ってればいい」

女「……ぅ……ぅん、それでいい」

男「もうこの家には戻ってこれないかもしr」女「それは困る」

男「……」女「それは困る」

男「戦い」女「私がピンチになる」

男「……」

女「ヒロインのピンチにはヒーローが助けに来ることに云々」

男「……熱血なんて嫌いだわ」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/06(火) 05:08:59 ID:fZaUdPog


テレビ『熱くなるのも大概にしろ。物事はクールに決めるべきだ』


女「……」

男「……」


テレビ『冷静でなんていられるか!俺は一人でも行く!!』


女「……」

男「……」ペラッペラペラッ


テレビ『お前には付きあいきれん』


女「……わかった」

男「……ふぁ……そろそろ帰るか」



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/06(火) 05:09:46 ID:fZaUdPog

女「男はライバルポジション」

男「は?」

女「もしくは青ポジ」

男「……なんの話しだ」

女「何事にも冷静に対処する冷血タイプ」

男「……まぁ冷静ではいるな」

女「でも、そういう人は最後には熱血タイプに共感して共に戦ってくれる」

男「……ああ、そう」

女「仲間は仲間を見捨てない。男はそんな人」

男「……そんなめんどくさい人間じゃ」


女「だから明日もよろしく」

男「まだ気にしてたのかよ……お前に共感は出来ないわ」



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/06(火) 05:23:46 ID:fZaUdPog



友「――……でよ、昨日はマジで参ったぜ」

男「何回参るんだお前」

友「どうしてこう次から次にピンチになるのか、俺は何かに試されてるのか」

男「注意力がないだけなんじゃねーの」

友「まぁ、全ては気合でどうにかなるんだけどな!」

男「どうにかするしかないだけでは?」

友「うるせぇぇええ!!男はピンチにならないから他人事のように言うけどなぁ!
  お前だってピンチになったらこの気持ちがわかるはずだぜ」

男「他人事な上に、ピンチな状況なんて俺は作らないし、気合云々なんて場合にはならない」

友「あぁぁぁもう!お前って奴は人の痛みがわからない奴だ、悲しい奴だなぁもう!!」

男「……毎日のピンチから学習しないお前の痛みなんてもう知るかよ……」

友「この陰険!根暗!冷徹人間!」

女「……青」ボソッ

男「うぜぇ……」



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/06(火) 05:35:01 ID:fZaUdPog

友「この気持ち!わかってくれるか女ちゃん!!」

女「気合は大事だね」

友「そうだぜ!俺は何が言いたいかって気合についてなんだ!
  気合があればなんでも出来る!」

女「そうだね」

友「ヒュー!流石女ちゃんだ!!この重要性に気付ける子はそうはいねぇ。
  是非俺と、気合について語り合おうじゃないか!!」

男「……女は気合のきの字も頭にないけどな」



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/06(火) 05:36:19 ID:fZaUdPog

女「気合は凄い」

友「そうッ!気合はすげーんだよ!!
  何がすげーかって、ヤバいくらい凄い!!」

女「ヤバいね」

男「なんだこれ」

友「男は気合が足らねーんだ!もっと熱くなれよッ!!」

男「じゃあ気合出して次のテスト頑張ろうな」

友「おぉ!早速気合のいる仕事じゃねーk……テス……ト?」

男「……ホントは気合いらないけどな……お前まさか……」

友「……大ピンチだ」



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/06(火) 05:42:00 ID:fZaUdPog




女「……テス……ト?」

男「……気合よりも必要なものがあるだろう……」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/06(火) 05:52:25 ID:fZaUdPog

‐‐--―――――――――――――--‐‐
  ‐‐--―――――――――--‐‐
     ‐‐--―――――--‐‐

友「燃えた、燃えたよ、燃え尽きた……真っ白にな」

男「バカだ……」

女「……」

男「……お前はああなるなよ」

女「もう遅い」

男「……次の為にも特訓が必要だな……」

女「……めんど」男「特訓だな」

女「……」

男「もっと熱くなれよ……」



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/06(火) 05:57:31 ID:fZaUdPog

友「すまんが、俺も頼む」

男「断る」

友「何故!?なんで!?ホワイ!!」

男「気合でなんとかしろよ」

友「て、てめぇ……いいぜ!なら女ちゃん!俺と一緒に特訓だ!!」

男「お前とって特訓にならな」女「いいよ」

男「」友「マジで!?」


女「気合で勉強しよう」

友「……ッ……~~ッ!流石女ちゃんは話しがわかる!!
  どうだ男!これが気合の凄さだ!!」

男「……」

友「よし、放課後だ!明日から放課後に特訓しようず!!」

女「わかった」

友「やっほぉぉおぉおお!じゃ、あばよダチ公ーーーッッ!!」


男「……」



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/06(火) 06:03:02 ID:fZaUdPog

‐‐--―――――――――――――--‐‐
  ‐‐--―――――――――--‐‐
     ‐‐--―――――--‐‐


男「――……なぁ」

女「何?」

男「……特訓は嫌なんじゃないのか?」

女「めんどくさい」

男「なら友とはなんで」

女「友君だから」

男「……そうか」



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/06(火) 06:03:51 ID:fZaUdPog

女「それよりも、私はお腹空いた」

男「……」

女「男?」

男「……」

女「お腹空いたよ?」

男「……はぁ」



男「熱血の何がいいんだか……」



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/08(木) 00:29:57 ID:x5ABOZ5M

女「……ガツガツ」

男「……モグモグ」

女「……ムシャムシャ」

男「……女……」

女「……ムグ?」

男「……意地汚いから止めろ」

女「ゴクッ」



女「……熱い漢に求められるのは豪快」男「止めろな」

女「……」

男「それにお前は女だろ……」

女「漢と書いてオトコと読む」

男「……お前は何を目指してるんだよ……」



37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/08(木) 00:36:24 ID:x5ABOZ5M


ゲーム『トゥ!ヘェアアアアア!!』


女「……」

男「……」


ゲーム『ハァァアアアアア!!』


女「……」

男「……勉強さ、ちゃんと頑張れよな」



女「え?」

男「え?」



男「いや、勉強だよ、勉強。特訓するんだろ?」


女「え?」

男「え?」



38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/08(木) 00:42:09 ID:x5ABOZ5M

男「だから、友との特訓のこと言ってるんだけど」

女「勉k?……あ、特訓……うん、頑張る」

男「……まさかもう忘れたとかじゃないよな?」

女「大丈夫。友君と特訓。覚えてる」

男「……ならいいけど、ちゃんとやるんだぞ?」

女「……う、ぅん」


男「じゃあ俺もう帰るわ……」

女「うん、ばいばい」



39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/08(木) 00:44:46 ID:x5ABOZ5M



男「友と特訓か……」

男「……」


男「……別にどうでもいいよな……女がちゃんと勉強するなら」

男「友も勉強するんなら良いことだしな」

男「……」

男「俺には関係ないことだ」



40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/08(木) 00:51:47 ID:x5ABOZ5M



友「――……しゃあああ!今日も終WRYYYYYY!!

男「うるせぇよ」

友「へへっ、なんたって今日は女ちゃんとの特訓だ!
  テンションも上がるぜ!なぁ男!!」

男「良かったな。じゃ、俺は帰るから」

友「……は?帰っちゃうの?」

男「?ああ、帰るけど」

友「女ちゃんどうすんの?」

男「お前と特訓するんだろ?」

友「え?そうだけど……え?」

男「何言ってんだお前……じゃあな」



41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/08(木) 00:56:04 ID:x5ABOZ5M

友「お、ちょ、女ちゃん!男帰っちゃったよ!?」

女「うん、そうだね」

友「そうだねって……あれぇ?女ちゃん居れば男も残るんじゃ……」

女「男は居ない方がいいよ」

友「えええ!?だって勉強……いや、過ぎたことを悔やんでも仕方ねぇ!!
  俺たちだけでも特訓だ!行くぜマイレディー!!」

女「行こう」





男「……そういや……今日は女と帰らないんだよな……」

男「夕飯……いや、別にいいか……今日はあいつは友と……」

男「……」

男「今日は楽できるな……」



42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/08(木) 01:05:43 ID:x5ABOZ5M

友「やるぜぇ!特訓だ!!
  次のテストで男をギャフンと言わせてやらぁ!!」

女「うん」

友「うぉぉおおおおお!まずは授業の復習からぁあああああ!!」

女「うん」

                     <図書室デハシズカニー!!

――――――――――――――――――――――

友「あぁ!?なんだこの問題はよぉ!ここわかるか女ちゃん」

女「わかんない」

友「数学のくせにバカにしやがってよぉおおおお!
  証明しろオラァァアアアア!!」

                     <ッルセーゾ!!シズカニシロォォ!!

――――――――――――――――――――――

友「やべぇよ、わかんねぇ……これわかる?」

女「ぜんぜん」

友「男がいれば……しかしこんな時こそ気合で乗り切るんだ!
  まだ俺は終わっちゃいねぇ!!」



43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/08(木) 01:19:43 ID:x5ABOZ5M

友「……俺は……終わっちゃ……Zzz……い……Zzz」

女「……」ペラッ

友「Zzzzzzzzzz……」

女「……」ペラッペラッ


女「……なるほど」ペラッ

女「後先考える行動は漢らしくない……」ペラッ

女「ゆえに、テストのために勉強なんてやるのは漢らしくない」

女「熱い漢は一発勝負。なるほど……それで次は……」ペラペラッ


友「Zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz……」

女「……」ペラッ



44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/08(木) 01:23:47 ID:x5ABOZ5M



友「――……Zzzzzzzzzzzzzz……」

女「……お腹空いた……」

友「Zzzzzzzzzzzzzz……」

女「帰ろう」




友「Zzzzzzzzzzzzzz……」

             <ソロソロシメタインデスケド……アノ……?



45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/08(木) 01:29:11 ID:x5ABOZ5M

女「――……今日のご飯はなんだろう……」

女「肉だといいな」

――――――――――――――――――――――

女「ただいまー」

女「……」

女「男ーお腹空いたよ」

女「……」

女「……?」



女「あれ?」



46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/08(木) 01:31:24 ID:x5ABOZ5M

女「男?……あれ、男」

女「……」

女「いない」

女「なんでいないの」

女「……」


女「こ、これは……そうか、しまった」



47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/08(木) 01:36:40 ID:x5ABOZ5M

女「……男を呼ぼう」

女「携帯、携帯……」

女「……」トゥルルルルルルルルッ

女「……」



女「出ない」

女「……メール、メール……」

女「……」カチカチカチッ

女「……」ピローン



女「来ない(返信が)」

女「……家、電話……」

女「……」


女「知らない(家電話番号)」

女「……」



50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/08(木) 01:42:23 ID:x5ABOZ5M

女「……どうしよう……」

女「……」

女「お腹空いた……何か食べるもの……」

女「……あ、カップ麺……」

女「お湯……お湯……」

女「ヤカンに……水を入れて……」

女「コンロに……火を……」

女「……」カチッカチッ



女「点かない(火が)」

女「なんで?」

女「……」カチッカチッ

女「……」ガチャガチャ!!

女「……そうだ、ポット!」


女「ない(ポットが)」



51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/08(木) 01:49:59 ID:x5ABOZ5M

女「……」グゥー

~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~
~~~~

男「お前、一人で飯くらい作れるようになれよ?」

~~~~~
~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~

女「……料理……」

女「……」グッ!!

女「食材……」

女「……」



女「ない(冷蔵庫の中身が)」

女「そもそも火がつかえない」

女「どうしよう……どうしよう!」

女「……」



52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/08(木) 01:57:12 ID:x5ABOZ5M

女「……焦るな、焦ったらダメ……」

女「……食材が無いなら、買いに行けばいい」

女「……そもそも、食べ物を買いに行けばいい」

女「そう、男がいなくたってなんとかなるんだ……」

女「買いに行けば……」


~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~
~~~~

女父「夜は危ないから一人で出歩くんじゃないぞ!」

~~~~~
~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~


女「……夜……(現在七時過ぎ)」

女「……」



女「いけない……(外に)」



53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/08(木) 02:00:36 ID:x5ABOZ5M

女「……」

ぬいぐるみ<……。

ソファー<……。


女「……」ガシッ!!

ぬいぐるみ<!?

女「……」ボフンッ!!

ソファー<!?


女「……~~~ッ!!」ジタバタッ

ぬいぐるみ<!!

ソファー<!!



54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/08(木) 02:04:24 ID:x5ABOZ5M

女「……」ジタッバタッ

女「……」グゥー


女「……お腹空いた……」

女「……メールは」

女「こない、こない……」

女「……」


女「男ぉ……パパ……」

女「;;」



55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/08(木) 02:11:47 ID:x5ABOZ5M



男「――……ふぅ、今日はこんなもんかな」

男「うぉ……もうこんなに時間が……俺にしてはやり過ぎたかな……」

男「……」

男「女もちゃんと勉強したんだろうか」

男「友と一緒に……」


男「いや、友はどうでもいいか……」

男「……」

男「もう寝るか……」

男「……あれ、携帯はどこだ……」


男「……お、あったあった」パカッ



男「」



62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 21:00:54 ID:.yTpGdGw


<学校>


男(――……女は大丈夫だったろうか……)

男(最後のメールが『お腹……空いた……』で終わってたのが気になるが……)

男「……あの後、電話もメールも繋がらなかった。
  ……大丈夫だった……んだよな……?」ガラッ

男(……気にし過ぎだな。食事如きで何を気にしてるんだか、俺は)

女「……」

男(ちゃんといるな。……大丈夫、いつも通りの姿だ)

男「……女、おはよう」

女「おはよう」

男「……昨日はごめん。気づけなくて。
  腹減ったとか書いてたけど、大丈夫だったか?」

女「大丈夫」

男「そうか、ならいいんだ」

女「大丈夫」



63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 21:10:18 ID:.yTpGdGw

男「ああ。……昨日の特訓はどうだ」女「大丈夫」

男「大丈夫……そうか、うまくいったんだな」

女「問題ない」

男「良かったな……で、昨日は何を勉強したんだ?」

女「我慢」

男「そうか……我慢……」



男「……は?」

女「私は学んだ。……熱い漢に必要なのは我慢なんだって」

男「は?」

女「そう、私は辛く苦しい修行の日々を乗り越えて、新しい境地に達した」

男「は?」

女「今の私は無我の境地。極限の状態へと自分を昇華させている」

男(……おかしい。何かが、おかしい。
  いつもおかしいとは思っているが、これはまともじゃない)

男「女、お前……」



65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 21:26:32 ID:.yTpGdGw

男(そうだ、良く見ろ……こいつの目を。
  姿かたちはいつも通り、会話も成立……してるよな?
  だが、こいつは俺を見ていない。いや、何処も見てはいない。
  ……というか、いつもの好きな読書もしていない)

女「今の私にはもう何も必要ない」

男「……目が死んでる」

女「特訓も、勉強も、……そしてご飯も」



男「……ん?ご飯……お前、昨日飯はどうしたんだ?」

女「耐えた」

男「耐……えたって、お前、なんで」

女「私は耐えた。男も、パパも帰ってこなくて、一人でずっと」

男「……」

女「苦しみの中で、私は思ったの。ああ、これは所謂生命の窮地なんだって」

男(まさか、飯がないぐらいで……)

女「もうダメなんだって。そんな時、私は考えたの」

男「……」



66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 21:39:06 ID:.yTpGdGw

女「こんな時、熱い漢ならどうするんだろうって」

男「……飯買いに行けよ」

女「……私は学んだ……熱い漢ならこんな時どうするかを!」

男「買いに」女「行けなかったの!」
                      <ザワザワ……     <アノ、女サンガ?
                  <ナンダ?      <オイ、チワゲンカカ?

女「……熱い漢は何があっても我慢すること。
  それが私の答えだった」

男「……」

女「だから私は我慢したの」

男「……昨日飯食わなかったのか」


女「……そしたらね、気がついたら目の前にはご飯があったの」

男「ん!?じゃ、お前飯」女「目の前にはママもいたの」

男「ッ!?」

女「ママがご飯を作って待ってくれてた。
  『一人で頑張ったね、偉いね』って言ってくれた」

男「ママって……おま……それ」



68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 21:47:51 ID:.yTpGdGw

女「ママが私の髪を撫でてくれて、私は幸せだった。
  それで、『もう一人で大丈夫だね』と」

男(それはお前、一日飯抜いたぐらいで走)

女「……そして朝起きた私は気付いた。
  これが、生命の窮地を乗り切った者の無我の境地なのだと」

男「なんでやねん」


女「……こんなに喋っても疲れないし、今の私に怖いものなんかない」

男「……わかった。わかったよ。
  ……俺が悪かった!今日は飯作ってやるから」

女「もう何もいらない。熱血の心得さえあれば勉強もご飯もうふんふふ」

男「……っておい、勉強はしろ」

女「今の私の頭に勉強なんて入ってこない」



男「……お前、朝飯はどうしたんだ?」

女「ない」



70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 22:29:03 ID:.yTpGdGw

男「ない……って朝も食ってないのか!?」

女「無我の境地だから」

男「何言ってんだ!……はぁ……ちょっとこい」

女「このまま私は仙人に」

男「熱血関係ねーだろ!ほら、こいって」グイグイッ

女「……動くと体力が――」

友「――っはよーっす!ってあれ男に女ちゃん?
  おーいどこ行くんだよーぉ」



男「……ほら、これ食えよ」

女「……おにぎり」

男「……今日の俺の弁当から取った。
  お前の分の昼飯はちゃんとあるから安心しろ」

女「……ゴクリ」

男「……さっきもいったが俺が悪かった。
  これ食ってちゃんと授業聞く事、いいな」

女「……」



71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 22:34:01 ID:.yTpGdGw

女「……パクパク」

男「……」

女「……モグモグ」ポロポロ

男「ちょ、おま、泣くなよ……」

女「おいひい……」

男「……はぁ……頭がおかしくなりそうだ……」

女「……おかわり」

男「ねーよ!食ったら授業戻るぞ!!」



女「……」

男「……」

女「ごめんね」



72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 22:41:58 ID:.yTpGdGw



友「――……さぁーて!今日も特訓だぁぁぁ!!」

男「楽しそうだな。昨日はどこまで進んだんだ?」

友「昨日はなぁ、昨日は……昨日は……あれ?」

男「あれ?ってなんだよ」

友「えーっと……昨日はどこまで進んだっけ女ちゃん?」

女「……」


男「……おい」

友「……いや、何、大事なのは今日!
  昨日を振り返らずに明日を見ることが大事なんだって!!」

女「特訓は止める」

友「SO!だから特訓を止めて明日は休み……え!?」

女「……体が持たないから」

友「え、何、どゆこと!?どーゆーことなの女ちゃんさん!!」


男「……どういうことなのか、こっちが聞きたいわけだが」



73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 22:49:07 ID:.yTpGdGw



男「――……つまり、友は寝ていて女はサボってたと……」

女「……だからサボりじゃなくて熱血の」

男「……」ギッ

女「……」

友「ねっけ??……男ぉ!女ちゃんは何も悪くねぇ!!
  怒るなら俺を怒れェ!!」

男「……だぁーってろ」

友「はい」


男「……女、勉強はちゃんとしないと駄目だ」

女「……うん」

男「特訓は」女「や」

男「……」

女「……」


男「飯抜きに」女「!?!?」



74: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 23:01:33 ID:.yTpGdGw

女「……勉強やります……」

男「そうか……今度は俺が監視するからな」

友「……ありがとうございます」

男「は?」

友「え?」

男「誰がお前を監視するって言った……友は反省しろ」

友「な、なんで!?俺が何したってんだよぉ!!」

男「大体お前がちゃんと女のこと見ていればだなぁ」

友「見てたさ!
  ……いや待て、俺は女ちゃんも呼べば男が来るだろうと思って!
  そうだ、俺は悪くねぇ!!」

男「何言ってんだ。いいから反省しろ」

友「く、くそ……酷い!酷過ぎるぞ男!!
  お前は俺に……死ねとでも言うつもりかぁぁぁあああ!」

男「……あー……もー……わかった。
  お前の勉強は後で個別に見てやるから……」

友「ホントに!?やったぁぁぁ!ありがとう心の友よ!!」



76: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 23:41:32 ID:.yTpGdGw

男「……その代わり、女の特訓は俺がするから。
  それでいいな?」

女「……うん」

友「……ぅん?ああ、任せたぜ男!」

男「……よし」


友「では早速今日からお願いします!」

男「今日は帰れ」

友「はい!……え!!」

男「……明日見てやるから」

友「!!……やはり、明日を見ることが大事なわけだ……俺は間違ってなかった!
  じゃ、頼んだぜ男ォー!!」ダァーッ

男「はいはい……俺らも行くか……」

女「うん。……でも、友君、なんで?」

男「……今日は何食べたい……?
  ……好きなの作ってやるから、買い物に行くぞ」


女「……男……うん、お肉が食べたい♪」



77: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/09(金) 23:51:44 ID:.yTpGdGw



――このままでいい。


友「――……わかんねぇぇええええ!男教えてくれぇええええ!!」

男「さっきも教えたろうが」

女「……」パラパラパラッ


――熱血じゃなくても、必要としてくれるなら。


女「――……お腹空いた」

男「この問題が解けたらな」

女「……~~~ッッッ!鬼畜、悪役、脇役!」

男「……もう一問追加な」


――俺は、このまま……。


男「――……うまいか?」

女「魂が震えるくらい」



80: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/12(月) 04:47:19 ID:jP60CHlo



友「――……終わった……終わったあああああ!!」

男「そうか、ダメだったのか……追試頑張れよ?」

友「ちげぇよ!テストから解放されたって言う意味の終わっただよ!!
  そして、夏休みが近づいてることへの歓喜の叫びだよぉおおお!!」

男「うるせぇ……はぁ……良かったなー夏休み楽しみだなー(棒)」

友「ったりめぇだろ!遊び放題だぜバカ野郎!!
  我が世の夏がきたああああああ!!」

男「……夏休みの宿題を忘れても助けないからな」

友「やめろォ!!俺はそういうネガティブな意見は聞きたくねぇんだ」

男「ネガティブじゃねぇから……」


女「夏休み……」

男「……夏休みか……早いもんだな……」

女「今年もよろしくね」

男「……その言葉は今年で二回目なんだが」

友「うひょー今年の夏は熱いぜッ!」



82: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/12(月) 05:00:13 ID:jP60CHlo

男「今年は受験とか気にしないでいいから楽だな」

女「……去年は地獄だった……」

男「……主に俺の頭がな……どれだけ教えるのに苦労したことか」

友「女ちゃんは勉強苦手だもんな。
  でも良かったじゃん。そのおかげで二人仲良く入学出来たんだろ?」

女「うん」

男「……とはいえ、わざわざ二人で同じ所くる必要は無かったんだけどな……」

友「またまたー御冗談を(笑)。一緒に通いたいから教えてた癖にー」

男「そんなんじゃねぇ……あの時は俺が必要だったから。
  ……俺の代わりがいれば、別に一緒に通う必要なんて……」

女「……?」

友「まぁそんなことはどうでもいいんだよ。
  どうする?夏休みは何して遊ぶ!?なぁ!」

男「お前なぁ……楽しそうで何よりだよ、ホント。
  そうだな……女は何がし」

                        ――熱血男が……。

男「……友は何がしたいんだ?」
                        ――うん、   。



83: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/12(月) 05:13:02 ID:jP60CHlo

友「俺?そうだなー俺はやっぱり遊んで遊んで遊びまくって」

男「……具体的には何がしたいんだよ……」

友「いや、具体的にっつーとなぁ!
  そりゃあお前、夏と言えば……夏と言えばなぁー!!」

男「夏と言えば?」

友「こう、なんだ?色々あるよなぁー!
  ……なぁ?女ちゃん!!」


女「夏と言えば……スイカ」

友「いいねぇ、夏と言えばスイカ!
  今年の種飛ばし選手権は俺が優勝するぜ!!
  ……他には?」

女「夏と言えば……かき氷」

友「そう、夏と言えばかき氷!
  暑い真夏の炎天下で食うかき氷の美味さときたら……っあ。
  スイカ……かき氷……そうか!!」

男「……食欲のなんとやらかよ……夏だぞ……」


友「そうだ、そうだよ!
                 ――……夏と言えば、海だ!!」



84: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/12(月) 05:28:43 ID:jP60CHlo

男「……海……?」

友「海だよ、海!海水浴、水着、一夏のアバンチュール!!
  ああ、俺たちには素晴らしい夏が待ってるんじゃないか」

女「海……」

友「行こうぜ、海に!忘れられない青春を俺たちで作るんだよ!!」


女「……やだ」

友「」

男「……」

女「夏は暑いから家でゴロゴロしたい」

男(熱血好きには思えない……いや、しかし……)

友「あばばばばばば男どうすんだよこれもう夏終わったぞ」

男「落ち着けよ。
  ……なぁ、女……行ってみたらどうだ?海」

女「え?」

                       ――……代わりがいれば、必要なんて。
男「……楽しいと思うぞ、海」
                       ――……が好きなのは、……なんだ。



85: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/12(月) 05:39:31 ID:jP60CHlo

女「でも暑いし……」

男「……海にはな、海の家というものがある」

女「?」

男「……そこには色んな食い物が売ってるぞ……」

女「……食べ……物」

男「……そこでしか食えない(わけでもない)物だらけだ。
  ……もちろんかき氷もあるし、友が言うように炎天下で食うかき氷は美味いぞ」

女「……」

男「スイカ割りの後のスイカなんて格別だな。
  一生に一度は体験すべきってぐらい感動するぞ」

女「……でも」



男「……今なら全品友の奢りだ。タダでなんでも食い放題」

女「行く」

友「oh......」



86: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/12(月) 05:54:35 ID:jP60CHlo

男「行くってよ。良かったな友」

友「……俺の財布が犠牲に……――ッ!!
  いやっ、やったな男!今年は最高に良い夏になるぞ!!」

男「……ああ、頼んだぜ友」

友「任せろ!じゃ、日程決めようぜ!!
  二人ともいつがいい?」


男「……ん?いや、俺は……」

女「早く食べた……行きたいな」

友「よーし!じゃ、夏休み入ったらすぐ行こう!!
  男も女ちゃんも日程空けといてくれよ」

男「おい、俺は――」女「うん、大丈夫。男も私も暇だから」

男「……お、俺は別に暇じゃ」

女「?……暇じゃないの?」


男「……暇だけど……」

友「よっしゃあ!そうと決まれば燃えてきたぜ!!
  ……任せとけよ、男。
  俺がお前に最高の青春をプレゼントしてやるからさ」



87: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/12(月) 06:04:20 ID:jP60CHlo

‐‐--―――――――――――――--‐‐
  ‐‐--―――――――――--‐‐
     ‐‐--―――――--‐‐

男「……海か……」

女「……~♪……~~♪♪」

男「……なんかお前、楽しそうだな」

女「少しだけ」

男「……食べ物があるから?」

女「……それだけじゃないよ」

男「……そうか……そうなんだな」


女「……それに、海……初めて行くから」

男「そうなのか?」

女「うん……家族では、行けなかったもん」

男「……そうか」

女「そう」



88: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/12(月) 06:25:04 ID:jP60CHlo



テレビ『この熱い想い、君に届け!
    ――好きだぁぁああああ!君のことが、誰よりも、何よりも!!』


女「……」

男「……」


テレビ『……アハハ、どうしよう……すごく暑いよ……?
    暑すぎて……倒れちゃいそう……夏だからかな』


女「……」

男「……」


テレビ『俺はとっくに熱くて倒れてるぜ……恋の熱射病だ!
    君は俺の夏だから!!』


女「……」

男(うぜぇ……)


テレビ『ステキ!抱いて!!』



90: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/12(月) 07:06:28 ID:jP60CHlo

女「……」

男「……なぁ、こういうのも熱血って言うのか?」

女「うん」

男「……マジかよ……じゃこういうのも好きなのか?」

女「大好き」

男「大っ……どこがいいんだよ……臭い台詞吐いてるだけじゃねーか」

女「自分の想いをぶつける所。
  恥ずかしがらずに、素直な、ありのままの自分の想いを。
  好きだっていう気持ちを、どんな暑さよりも熱く叫んでる」

男「俺にはわかんないな……女は好きなんだろうけど」

女「言葉に出来ないものが熱を持って、相手の心に届くの。
  台詞なんてどうでもいい。

  どれだけ想っているかが、熱血になるんだよ。そこが好き」

男「……想ってれば……熱血?そういうもんか?
  こう、なんでも行動出来るような奴だから熱血的って言えるんじゃないのか……」

女「大切なのは心。熱いハート。恥ずかしがらない素直な想い。
  それがあれば、自然に行動はついて来る……と思う」

男「……そうか?……俺には……わからないな」



91: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/12(月) 07:18:02 ID:jP60CHlo

女「私も心が熱くなるくらい生きてみたい」

男「……それ、前にも聞いたな。
  でも、めんどくさいんだろ?」

女「……うん。
  でも、熱さは感じることは出来るよ」

男「……想いか……」






――……必要だった。

                 ――……必要としていた。

――……だから、仕方なかった。

                 ――……だから俺は、傍にいた。

――……支えでいた。

                 ――……支えになるしかなかったから。



       ――……その代わりは、きっと。



92: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/12(月) 07:19:46 ID:jP60CHlo



         俺じゃなくても、いいんじゃないか?……――



97: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/14(水) 00:46:55 ID:GMr3dD5.

#################################
#################################
#################################

――可哀想にねぇ。

              ――まだ若いのにねぇ。


そいつを見かけたのは、ほんの偶然だ。
周りの人間は、みんな黒い服を着て、辛気臭い顔していた。
その中に独り、なんの表情も浮かべてない女の子が立っていて、
妙に印象が残ったのを覚えている。


――あの子、また給食食べてないよ。

              ――そういや、あいつの親がさ。

――へぇ、そうなんだー。カワイソー。


その女の子は、俺のクラスメイトで、別に、ただそれだけの存在だった。
むしろ、今までそんな奴がいたことにも気づかないくらいの、
俺にとってはまったく関係ない他人だ。
だから、そいつがどんな奴だろうと俺には関係なくて。



98: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/14(水) 00:48:18 ID:GMr3dD5.



――また給食残してる。一口も食べてないし。

              ――あいつ、ヤバいんじゃね?顔が死んでるっつーか。

――そう?あの子はいつもあんな感じだったよ。ちょっと変な子って言うか。

              ――なんか気持ち悪いなー。


誰がどんな噂をしようと、俺には関係ない。
それでも、何故だろうか、俺にはあの女の子の表情が忘れられなかった。
なんの表情も浮かべなかった、今見てもあの時と変わらない、
彼女の表情が俺の目に焼き付いてる。


――……さん。給食はちゃんと食べないと駄目よ?

              ――……あの子、最近家庭でも食事を取らないらしくて。

――……やはり、ご家族の不幸が――。


俺には関係ない。
関係ないのに、周りの声が、勝手に俺の耳に入ってくるんだ。
きっと、こんな風に気になるのも、そのせいなんだと思う。



99: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/14(水) 00:49:18 ID:GMr3dD5.



だから今、彼女が一人でいるのを見かけたのも偶然で、
ふと、色んな声が頭を巡ったのも偶然で、
あの表情を思い出したのも偶然だ。
俺にはなんの関係もない。


「……なぁ、何してるんだ……?」

「……」


声をかけたのは、偶然……だ。
声をかけても、返事が来ないことくらいは予想してたし、知っている。
気まぐれだ、別に俺には関係ないんだから、
俺が何をしようと構わないはずだ。



100: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/14(水) 00:50:01 ID:GMr3dD5.


「……飯、食ってないんだってな」

「……」

「……給食、ずっと食ってないだろ」

「……」

「……お腹空かないのか?俺だったら耐えられないな」

「……」


そうだ、俺にはそこがわからない。
俺は食事をするのも、作るのも好きな方だ。
こいつが給食を残したりするのも、もったいないと思うし、
気になるのは当たり前だった。



101: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/14(水) 00:50:55 ID:GMr3dD5.



「……何も食わないと、死んじまうぞ」

「……いいよ」

「え?」


初めて、声を聴いた。
か細い、聞こえるか聞こえないか曖昧なくらいの、声。
なんの表情浮かべない彼女の、震える声。


「いいよ、って……意味、わかってんのか?」

「……このまま、何も食べないで、死ねるなら」

「……おい、お前……」

「……私も」



102: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/14(水) 00:52:07 ID:GMr3dD5.



俺には関係ない。
そんなお前の声を聴いたって、どんな表情を浮かべてたって、
俺には関係ないはずだ。

大体、今まで気にも留めなかった奴の話しだぞ?
今そんな話しを聞いたからって、いきなり俺が何かを思うはずもない。
俺に何か出来るはずもない。
俺は別に、気持ちが熱くなるような奴じゃないんだ。


「……死にたいのか?」

「……別に、食べることに興味がない、だけ」

「……興味が出れば、食事するのか?」

「……」


……何か出来ることが、あったとしたら?



103: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/14(水) 00:53:34 ID:GMr3dD5.



「死にたいわけじゃないんだよな?
食事に興味がないだけなんだな?」

「……うん」

「じゃあ、興味が出れば、食事するんだな?」

「……」

「するんだよな?」

「……ぅん」


俺は食事をするのも、作るのも好きだ。
何も気が向かない俺の、唯一興味が向く事だ。
それを興味が無いなんて言われると、無性に腹が立った。
俺はこいつに、食事の大切さってものを教えてやらないと気が済まない。
それだけだ。それ以外の理由は無いけど、それだけはどうしても譲れない。

……俺に出来るのは、それだけなんだから。



104: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/14(水) 00:54:31 ID:GMr3dD5.



「……家に来い」

「……え?」

「お前が興味が出るくらい、美味いもん作ってやる」

「……」

「美味いもん食って、それでも興味が出ないって言うか、試してやる」

「……頼んでない」

「いいから、こい!」


俺は、強引に彼女の手を引いて、家まで連れて行った。
……道中、なんでここまでしてるのか後悔しないわけでもなかったが、
俺は迷わず彼女の手を引いてしまったんだ。
後には引けない。



105: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/14(水) 00:56:00 ID:GMr3dD5.



「――……ちょっと待ってろ。今から作るから……」

「……」


興味が出るくらい、美味いもんを作ると言ったけど、
俺は別に料理人でもないし、才能があるわけでもない。
第一、給食より美味いものが俺に作れる保証もない。

なのに、なんで俺は迷いなく彼女に言い切れたんだろう。
自信だってあるわけない。



それでも、俺には出来ると思った。

この想いは、誰にも負けない。

この想いがあるから、俺には出来る。



106: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/14(水) 00:56:43 ID:GMr3dD5.



「――……待たせたな」

「……」

「これを食えば、絶対に食事に興味が出る」

「……」

「だから、食えよ!」


我ながら、らしくないと思っていた。
いつも格好付けているわけじゃない。
それでも、強く声を出すことなんか、今まで一度も無かったから。
俺は、素直な気持ちを彼女にぶつけていた。



108: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/14(水) 00:58:29 ID:GMr3dD5.



「……」

「……」



「……ん……――っ!!」

「……っ!……どうだ?」





「……おいしい」


それが初めて見た彼女の笑顔。
それが初めて、俺にも出来たこと。

          俺の初めての……――

#################################
#################################
#################################



111: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/14(水) 02:28:01 ID:XSsFpLBI



女「――……男?」

男「……ん……ぅうん……」

女「……風邪ひくよ?」

男「女……――ッ!?うぉっわぁあああ!!」ドデンッ

女「……」


男「痛ぇ……俺……あれ?……寝てたのか……」

女「……フフッ」

男「……なんだよ」

女「『わぁあああー』……フフフッ」

男「……め、目の前に顔があったら驚くだろ、フツー……」


女「……写真を撮っておこう」

男「やめろォ!!」



112: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/14(水) 02:39:11 ID:GMr3dD5.

男「くそっ……なんであんな夢……」

女「夢?」

男「あ、いや、別に……関係ないから」

女「?」


男「……俺もう帰るわ……」

女「うん」

男「……夏休みは……」

女「……なに?」

男「……え、と、お、お前、一人で飯くらい作れるようになれよ?」

女「……わかった」

男「今年は……ほら、勉強とか、教えに来る必要ないし、ここに来るのも」

女「……」



女「でも夏休みの宿題があるよ」

男「それは一人でやれ」



114: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/15(木) 05:07:45 ID:nlZd6CDQ

男「……海か……」

              ――女ちゃんって言うのか、最高だ……最高に可愛い!

男「友と……女と……俺……」

              ――俺とお友達になって下さい!!

男「……あいつは、それでいいんだろうか……」

              ――うん、いいよ。

男「……いや、違う、俺には……」

              ――やったぁぁぁああ!っと言うわけで、男もよろしく!!

男「……そうだ、これは女のためで、友達のためにやることだ」

              ――友君、面白いね。

男「……友の奴、俺に感謝しろよ」

              ――思い立ったら即行動!女ちゃんのためならなんでもやるぜ!!

男「……海、楽しめるといいな……」

              ――友君が手伝ってくれたから。

男「……」



116: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/15(木) 05:23:27 ID:nlZd6CDQ



――よぉし!流石は女ちゃん、良くわかってるぅ!!

              ――友君も、一緒にお昼食べたいって。

――おう、なんたって女ちゃんは俺たちのマドンナだからな。

              ――変な友君。

――ハハッやっぱ男と友達で良かったぜ。もっと早く会いたかったな。

              ――友達……仲間って、いいね。



      「……は最後には熱血タイプに共感して……」

      「仲間は仲間を見捨てない。……はそんな人」



      「お前、……が好きなのか?」

      「うん、大好き」


男「……共感する、仲間を見捨てない、か……」

男「……そうだな、俺はそういう役だ。これでいい……女が……なら」



117: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/15(木) 05:30:32 ID:nlZd6CDQ


<学校>


友「――……というわけで、海に行くのはこの日にしたいんだがいいか?」

男「ああ、OKだ」

女「わかった」

友「よっし、じゃあ決定な!いやー今から楽しみだなぁぁああ!!」

男「色々準備しないとな。女、持ってく物とかちゃんとわかってるか?」

女「大丈夫。昨日、徹夜で調べた」ギンギン

男(そうとう楽しみにしてんのか?)

友「女ちゃんしょっぱなからトばしてるなー。
  ……当日は徹夜とかしちゃダメだぜ?」

女「了解」

男「興奮して眠れなかったとかならないようにしろよ?」

女「頑張るから大丈夫」

友「そうそう、当日体調不良で行けないとか、目も当てらんないからなー!」

男「……」



118: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/15(木) 05:35:48 ID:nlZd6CDQ


友「――……じゃ、二人とも頼んだぜー?良い夏休みを!」

男「どんな別れ方だよ」

女「……」

男「どうした?」

女「……どうしよう」

男「何が?」


女「……興奮してきた」

男「早ぇよ!」





     「『当日体調不良で行けないとか』……かぁ」

     「一体、誰のことを言ってるんだか……」



119: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/15(木) 06:45:32 ID:nlZd6CDQ

#################################
#################################
#################################

「……それでね、その時はママが……――」

「ふぅん」


彼女との偶然で、俺は度々彼女の家を訪れていた。
それには理由がちゃんとあって、
決して俺が行きたかったからとか、そんなんじゃなかったと思う。
仕方ないことだったから。


「お腹空いたよ」

「給食ちゃんと食べなかったからだろ」

「……だって、あれ嫌いなんだもん……」


俺が彼女に、食事の興味を覚えさせてから何日も立った。
あの頃から、彼女は給食もちゃんと食べるようになった。
食事の大切さに気づくのは良いことだ。
俺の目的は達成されていた。



120: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/15(木) 06:46:26 ID:nlZd6CDQ



「……今日もパパ帰ってこれないって」

「……わかったよ、そんな顔するなって。作りに行ってやるから……」

「うん、お願いします」


目的は達成されたけど、彼女はさらに俺を必要とした。
彼女の父親は、いつも家を空けているらしい。
帰ってくるのも夜遅く、仕事が忙しいんだという。
だから、いつもは彼女の母親が面倒を見てくれていた。


それは当たり前のことで、
彼女は当たり前のように甘えることが出来るわけで、


そんな母親は、もういない。



121: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/15(木) 06:47:32 ID:nlZd6CDQ



「――……だからね、ママが作ってくれたアレが食べたい」

「……同じのが出来るかわかんないけど、やってみる」


俺はその母親の代わりとして、彼女に飯を作りに来ていた。
じゃないと、こいつはまともに飯を食べない。
それでは栄養バランスが崩れてしまう。
食事の興味を覚えさせた身として、それは放っておけないのだ。
そのために、仕方なく俺は彼女の家に来ている。


「……あ……」

「どうした?」

「……」

「なんだよ、どうした?」

「……四十九日」

「は?何……ああ……」



122: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/15(木) 06:48:32 ID:nlZd6CDQ



突然彼女が呟いたのは、法事のことに関して、なんだと思う。
彼女の母親がいなくなってから49日目、
法事のことは詳しくないけど、大事な日だという事は知っている。
確か、俺のお婆ちゃんの時に……そんなことを聞いた気がする。


「……そっか、49日目なんだな……」

「……」

「……」

「……も……いてくれる?」

「え?」

「一緒に……」


俺は、彼女に必要とされていた。
こうなってしまうと、もう関係ないとは言ってられなくて、
仕方なく彼女に付きあうしかなかった。
頼まれたら断れない性格なのかもしれない。



123: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/15(木) 06:49:47 ID:nlZd6CDQ



「……おい、風邪引くぞ」

「……」


その当日は雨が降っていて、
と言っても土砂降りというわけでもなく、小雨程度の、
そんな49日目。

色んな行事を終えた後、俺たちはお墓の前に立ちつくしている。
納骨の済んだお墓の前だ。
彼女の父親、親族はすでに別の場所に移動している。

だが、彼女だけはここに来てから、
一言も言葉を発することなく、ここに立ちつくしてしまっていた。

俺は、彼女の監視役としてここに残っている。



124: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/15(木) 06:51:15 ID:nlZd6CDQ



「……もう帰ろう。帰ったら俺が飯作ってやるからさ」

「……」

「……いつまでも、ここにはいられないだろ?」

「……」


そんな彼女に、俺はこうして語りかけている。
返事は無いし、言葉にした通り、
いつまでもここにいれば風邪を引いてしまうだろう。
早くこの場所からいなくならないと、
そう思っても彼女は動こうとしなかった。


「おい、おいってば……」


そう言って、俺は彼女の手を引こうとした。



125: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/15(木) 06:51:55 ID:nlZd6CDQ



「……私ね」

「……」

「……ずっと、わからなかった」

「……え?」

「……ママが、もう何処にもいないなんて、信じられなかった」

「……」

「だから、待っていれば会えると思ったの」

「……」

「でも、待ってても、全然会えなくて」

「……」



「待ってたら、……に会えた」

「……そうか」



126: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/15(木) 06:52:45 ID:nlZd6CDQ



「それで、気づけば……ママのことなんか忘れちゃった」

「……」


「……といる時は楽しくて、ママといた時間よりもなんだか嬉しくて」

「……ああ」


「だからね、忘れちゃってたの」

「……」


「……」

「……これからも、飯……作るよ……」

「……」


「お前が必要とするんなら……俺が、飯……作るから」

「……うん」



127: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/15(木) 06:54:50 ID:nlZd6CDQ




    「……お前が、忘れられるまで……さ」

    「……う゛ん……」



128: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/15(木) 06:55:54 ID:nlZd6CDQ



彼女の支えだった人は、もうどこにもいないから。
ここからいなくなるには、代わりが必要なんだ、と思った。
支えになる人が必要で、今ここにいるのは俺しかいないから。
だから、仕方なかったんだ。


「……マ゛マ……ママァ……」

「……」


それに俺は知ってしまった。
知らなかった彼女の表情を。
あの時見た、なんの表情も浮かべていない女の子は、
もうどこにもいない。

#################################
#################################
#################################



133: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/16(金) 05:47:43 ID:THS4e0eM


ピピピッ

男「……ん……んぅ……?」

男「……ふぁ……朝……」

男「……そうだ、今日だもんな……」


男「……よし」

男「携帯……携帯はどこだ……」

男「……」

男「『ごめん』……『今日は』……」


男『風邪を引いたから』……」


男「……『二人で』……『海に』……」


男「……これで、よし」

ブゥゥンッブゥゥンッ

男「な!返信!?早い……電源切っとかないと……」



134: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/16(金) 05:59:23 ID:THS4e0eM



   「これで……あいつらは仲良く海に行けるわけだ」

           「感謝しろよ」


――――――――――――――――――――――


女「……ふぁ……二人とも、まだかな……」

女「……日焼け止め、帽子、水筒OK」



女「浮き輪にビーチボール、バナナボートとエアボート。
  日よけ傘とお菓子とお弁当……は男が用意してくれるから、
  スイカを叩く棒、スイカは……どうするんだろう?
  それと、水着……も下に着ているし……後は……」


女「……チェック完了……二人とも、まだかな?」


ジャァァンッジャァァンッジャジャアンッ♪

女「……メールだ」



135: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/16(金) 06:12:52 ID:THS4e0eM



男「――……はぁ、暇だな……」

男「……くそっ……」

男「……」


男「ああ、そうだ……宿題でもやるか……」

男「……」

男「……もう海に向かってる頃か、いや、そろそろ着いたか?」

男「……」

男「関係ない関係ない、最初からこうしようと決めてただろ……」

男「……」

              ――友となら、あいつは笑顔でいられる。

男「……ん?ここは難しいな……えーっと解き方は……」

              ――俺じゃなくても、あいつを支えていける。

男「なんだよ、答え違うじゃねーか……なんでこんな問題で……」

              ――俺よりも、あいつが選ぶのは熱血だ。



136: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/16(金) 06:22:13 ID:THS4e0eM

男「……あー!止めだ止めだ……全然集中できねぇ」

男「……」

男「……なんでだろうな……」


ピンポーン

男「……チッ……なんかやることないか……」

「――……?……――!……~~――!!」

男「夏休みの特番は……うーん……」


「……ー!
       ……男ー!
              ――お客さんよぉー!!」


男「なんだよー!?……俺に、お客?」

男母「男ーあんた何してんの!……ほら、お客さん、着てるわよ」

男「だからお客って誰」

女「おはよう」

男「」



137: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/16(金) 06:25:25 ID:THS4e0eM

男「え、女……なんで?海は」

女「お邪魔します」

男母「ゆっくりしていってね。今お茶用意するから~」

女「お構いなく」

男「いや、あの、海」

女「男」

男「……」

女「部屋に行こう」

男「はい」


男母(朝から……だと……?)



139: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/16(金) 06:29:39 ID:THS4e0eM



男「――……えっ……と……それで、あの」

女「……」

男「……なんで、ここに?」


女「携帯」

男「は?」

女「携帯を、見て」

男「なんで携帯」

女「見て」

男「はい」


男(なんだ、なんで女がここにいるんだよ……友はどうした?)スッ

男(今頃は二人で海……だったんじゃないのか!?)ジッ


男「……何ぃッ!?こ、これ……あいつ……――」



140: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/16(金) 06:37:49 ID:THS4e0eM


 件名:ヤバい

 悪ぃ!今日なんだけど、
 どうも俺風邪引いたみた
 いでよぉー?
 熱が40℃近くもあって蒸
 発しそうだから動けねぇ
 んだよ!!

 だからさ、今日は男と女
 ちゃんの二人で海に行っ
 てくれや!な!!
 ホント、青春出来なくて残
 念だぜ……b



141: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/16(金) 06:43:37 ID:THS4e0eM

男「なんだこれ、あいつ……どういうことだよ……」カチカチッ

トゥルルルルルルットゥルルルルルルッ

男「……」

オカケニナッタデンワバンゴウハッ


男「……電源切ってる……」

女「……」

男「どういうつもりだ……なんで……」

女「男、これは?」スッ

男「……あ」


 件名:ごめん


女「……」

男「いや、これは」

女「どういうつもりなの?」



142: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/16(金) 06:49:26 ID:THS4e0eM

女「……男、風邪は?」

男「……あ、ああ……そう、今もまだ……ちょっと熱がな?」

女「へぇ」


        コツンッ


男「――!?なっ、お前何して!!」

女「……熱、測るなら……この方が早いよ。
  昔、ママにしてもらってたから」

男「だからってなぁ!お前そういうのいきなり」

女「熱」

男「熱とかそういうんじゃなくて」


女「ないね?」

男「」



143: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/16(金) 06:53:43 ID:THS4e0eM

男「……いや、そんなんじゃ正確には測れないし……大体」

女「じゃあ体温計使おう。どこ?」

男「……」

女「私が測るから」

男「……いや」

女「測るから」

男「ぐ……」


男「わ、わかった……自分でやる」

女「ズルはしちゃダメだよ?私、見てるから」

男「……お、おぉ……」


女「……」

男「……」



144: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/16(金) 06:57:35 ID:THS4e0eM

男「……はい」

女「うん」

男「……」

女「……」

男「……どう、だ?」

女「熱、ないね」

男「そうか」


女「熱、ないけど?……男」

男「……ああ、ないだろうな……」


女「説明してくれるんだよね?」

男「……それはっ」

女「説明して」

男「……」



145: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/16(金) 07:11:00 ID:THS4e0eM

男「その……お前は、さ……俺と……じゃない友と……」

女「友君が何?」


男「……お前は、友と海、行きたかったんだろ」

女「え?」

男「あいつは、その、良い奴だしな。
  多分、女のことちゃんと支えられるだろうし、
  ……あいつとなら女も楽しいだろ?」

女「え、え?どういうこと……」

男「だから、俺は……女と海……じゃなくてっ!
  お前と友が海に行けるようにと思って……」

女「……わかんない、わかんないよ男……何を言ってるの?」

男「……」


男「……お前……さ……」

女「うん……」



146: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/16(金) 07:13:44 ID:THS4e0eM



男「お前、熱血男が好きなんだろ?」

女「……熱……血?」



157: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 02:17:31 ID:8dXN8b4A

男「……友のような、熱血男のことがさ」

女「……友……君……?」

男「そうだ。
  俺はそう思ったから……お前と友が、
  もっと仲良くなるだろうって考えたんだ」

女「……なんで……」

男「……俺が必要じゃなくなるくらいに……」

女「……」


男「そうしたら、お前だってきっと喜ぶと思ってだな……」

女「……」

男「……あーうん、なんだ?
  そういうわけだから、二人で海に行けば、
  良い思い出になるだろうと……だから風邪を引いたんだよ……」

女「……」


男「……言葉にすると伝え辛いな……わかったか?」

女「……」



161: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 02:27:12 ID:8dXN8b4A

男「……そりゃあ、勝手なことして悪かったと思ってる。
  結果的にこんなことになるなんて思わなかったんだ……」

女「……」

男「友が風邪引くなんて予想出来るか?
  バカは風邪をなんとやらだな……ハハッ」

女「……」

男「……ごめん、海、楽しみにしてたんだよな……」

女「……」

男「……俺がもっと考えてれば良かったよ……」

女「……」

男「……あ、なぁ、腹減ってるんじゃないか?
  朝、何か食って来たか?」

女「……」

男「お前のことだから、海の家で沢山食おうとして、
  何も食ってないとかなんじゃないか?」

女「……」

男「図星、なんだな?……待ってろよ、今なんか作ってくるからさ。
  お詫びってわけじゃないけど、ちょっと腕によりをかけて――」



162: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 02:27:48 ID:8dXN8b4A



女「……何それ」



163: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 02:34:08 ID:8dXN8b4A

男「――え」

女「全然わかんない」

男「いや、だから腕によりをかけた飯を――」


女「お腹なんか空いてない!!」

男「――!?」


女「そんなことより男が何を言ってるのか、全然わかんないの」

男「俺の……言ってること……?」

女「そう」


男「……え、と、海……嘘をついたことか?」

女「そう」

男「……嘘をついた理由……わからなかったか?」

女「そう」

男「……ああ、そうか……つまりな……俺はお前と友が」

女「わかんないよ!!」



164: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 02:49:50 ID:8dXN8b4A

男「は」

女「なんで、私と友君が仲良くなるとか、そういう話しになるの?」

男「……お、お前は、熱血男が――」

女「熱血なんて関係ない!!」

男「――!?」


女「なんで、なんで男はそういう風に思うの?
  私が友君と仲良くなれば、必要じゃなくなるとか……」

男「……だって、そうだろ?
  友なら……俺といるよりも楽しいだろうし、
  俺よりもお前を大切にしてくれるだろう。

  あいつはそういう奴だ……と思う」

女「……男……“より”も?」

男「そうだ。俺よりずっと友の方がいいだろ?
  なんせ、あいつは熱血野郎だしな……良い意味でも悪い意味でも」

女「……」

男「嘘をついたのはお前のためでもあるし、友のためでもあるんだよ。
  ……くっそ……こんなこと口にするのは恥ずかしいんだ。
  ……理由、わかったろ?」



165: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 02:57:34 ID:8dXN8b4A

女「……」

男「……お前も言ってたろ?俺は冷血タイプだってさ。
  それで、最後には共感して戦う……仲間は仲間を見捨てないってよ。
  つまり、そういうことだよ」

女「……」

男「これが嘘を付いた理由だ。流石にもうわかっただろ?」

女「……わ――」






女「――わかるわけないでしょ!!」

男「」



166: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 03:08:56 ID:8dXN8b4A



男「――……こ、ここまで説明してまだわかんな」

女「わかんないよ!意味が全然わかんない!!」

男「お前それは」


女「男は……男はそれでいいの?」

男「……」

女「男は私のこと、どうオモッテルの?」

男「……お前のこと?」

女「そう。

  ……私が男を必要じゃなくなるとか、
  友君と仲良くなった方が良いとか、
  そんなの全然関係ない。

  男がオモッテルことはなんなの?」

男「俺は……だから……友の方が……」

女「もう友君も関係ない!……男の気持ちを教えてよ……」



167: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 03:21:20 ID:8dXN8b4A

男「俺の、気持ち……?」



――……俺が女のことをどう思ってるか?

              ――……俺の女に対する気持ちだと?


女「男にとって、私はなんなの?」



――……俺にとっての、女?

              ――……女にとっての、俺?


男「……俺は……お前が俺を必要としたから……俺は支えでいた」

女「……わ、私が……!

  私が男を必要とした理由は!?
  どうして、男は支えてくれたの!?」

男「それは……――」



――……俺が女の支えでいたのは、必要とされたのは……?



168: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 03:22:03 ID:8dXN8b4A



     ――そんなの決まっている――



169: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 03:38:14 ID:8dXN8b4A



男「――……仕方なかったからだ……」

女「……仕方……ない?」

男「そうだよ、俺がお前の支えでいたことも、
  必要だったのも……全部仕方なかったからだ!!」

女「……」

男「偶然が重なって、俺が必要とされてただけだ!
  ……そうだ、俺にとってお前はそんな存在だったんだよ!!」

女「……そん……な」

男「お前は母親がいなくなって、独りで、飯もろくに食えない状態で、
  たまたま俺が通りかかって、飯を食わせたら喜んで……」

女「……」

男「父親は忙しいからお前に構ってやれないから、
  お前を見ていてくれた母親はいないから、
  そしたらお前はまともな食事が出来ないから!
  ――俺が仕方なく作るしかなくて!!」

女「……」

男「それで、それでお前の支えでいなくちゃ……お前は、お前は!
  ――笑顔でいられないと想ったから!!」



170: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 03:53:58 ID:8dXN8b4A

男「全部仕方なかったんだよ!
  お前の傍にいたのは俺だけだった!!

  でも、今は違う……!もうお前は独りじゃない」

女「……」

男「……友は良い奴だ。
  頭は悪いけど、誰よりも人のことを想ってくれてる。
  ……だから、俺たちは友達でいられたんだ!」

女「それは」

男「……俺は人付き合いが苦手だ。
  相手の気持ちを考えることが苦手だ……」

女「……そんなこと」

男「そうだよ!
  ……でもあいつは、そんな俺とも友達でいる。
  俺のことを考えて、他の事を一切気にせず、俺と友達でいるんだよ!

  ……俺は、そんな友達の気持ちを考えたいと思ったんだ……」

女「友君の……気持ち……」

男「……言葉にして聞いたことはないけど、
  きっと友は……あいつはお前のことが気になってる。
  ……時々あいつは、お前を目で追ってるんだ……」



171: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 03:57:17 ID:8dXN8b4A

女「……」

男「だから俺は、そんなあいつの気持ちに応えようと思った!
  お前だって友のこと気になってるはずだ、そうだろ!?」

女「……私は……」



男「何故なら、お前が好きなのは――




         ――熱血男なんだから!!」

女「!!」



172: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 04:04:52 ID:8dXN8b4A

男「友はお前にとって、理想のタイプなはずだ!」

女「……そ、それは」

男「俺とは違ってな……」

女「男……」


男「……友となら、お前は笑顔でいられる。
  ……友となら、お前は楽しく過ごせる。
  ……友となら、お前の理想を貫ける」

女「それは……それは違う」

男「違くない……違くなんかない!
  お前に相応しいのは友で、俺はその代わりだっただけだ!
  今までだってそうだ……今まで俺は……お前の!

  ――母親の代わりだっただけなんだよ!!」

女「!?……」

男「……これが俺の気持ちだ……だから嘘だって付けた……」

女「……嘘……男は、嘘ついて」

男「嘘なんかじゃない!!

                だって、俺は……」



173: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 04:06:12 ID:8dXN8b4A



     「熱血男じゃないんだからな!!」



174: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 04:12:48 ID:8dXN8b4A



男「――……はぁ……はぁ……」

女「……」

男「……わかったかよ」

女「……」

男「……わかっただろ……」

女「……うん、わかったよ」


男「そうか」

女「そう……だから」



      女「だから……もういい!!」ガチャッバンッ!!


男「あ……女……」



175: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 04:21:11 ID:8dXN8b4A



女「――ック」

男母「あ、あら~女ちゃん?もう帰っちゃ」

女「――……お邪魔しました!」ガチャッ

男母「ま、また来てね~?……」



女「――もう――男なんて――知らない!」ギュッ


――――――――――――――――――――――


男「……」

男「これで良かった……良かったんだ」



              ――……良かったんだよな?



176: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 04:22:13 ID:8dXN8b4A



男母(わ、我が息子は一体ナニをしたんだ……?)



178: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 10:55:21 ID:8dXN8b4A

#################################
#################################
#################################

「――……っぶねぇえ!ギリギリセーフ!!」

「完全にアウトだー……君、名前と番号を言いなさい」


俺たちが入学して、初めに驚いたのがあいつだ。
入学早々、入学式に遅刻するというとんでもない生徒がいた。
一際大きい声で、元気に教室のドアを開けたそいつの姿は、
とてもバカそうな面……もとい、まぬけそうな面をしていた。


「何ィ!?……入学式が、終わった?
そんなー!時間通りに来たじゃないですかー!?」

「……時間通り所か大幅にオーバーしてるぞー、
早速だが廊下に立ってろー」



179: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 10:56:42 ID:8dXN8b4A



教室内は、それだけでざわめきだった。
小声でひそひそと会話する声から、大声で笑いだす笑劇の声。

俺たちはそのどれにも当てはまらずに、静かに事を見守っていた。
俺には関係ないし、彼女もアレに興味も引くことはないだろうと、
この時はそう思っていた。


「えー?……っかしいなぁ……時計だと全然余裕なんだけど……?
 ――なぁ、ちょっと時計見せてくれよ!」

「は?」


そう思っていたら、いきなり話しかけられた。
俺は大声のバカとしか判断してなかったから、完全に油断していた。
こいつと俺がいる場所は近かったことが頭に入って無かった。

通りで耳に声が残るわけだ。



180: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 10:59:45 ID:8dXN8b4A



「ほら、これでいいか?」

「サンキュッ!……ってあれぇ!?全然時間違うじゃねぇーか!!
バカな……どういうことだよ!!」


バカだからだろ……という心の声を胸にしまいつつ、
俺はなんともなしにあいづちを打った。


「残念だったな」

「くっそぉ……ワクワクしながら待ってたのによぉ……!
入学初日の……大事なイベントが始まる前に終わってるとか、
俺はどうしたらいいんだよ!?なぁ!!」


帰れば?



182: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 11:01:43 ID:8dXN8b4A


などとは言えなかったので、
おそらくこいつが望んでいるであろう、
適当な同情の言葉を贈った。


「……誰にでもミスはある。仕方なかったと諦めるんだな。
それよりも、これからの楽しい学生生活に思いを馳せろよ、な」

「……お、お前……お前良い奴だなー!入学早々感動したぜ!!
俺は……って言うんだ!今日から俺とお前は友達だ!!
お前、名前は?」


な、なんて馴れ馴れしい……いや、暑苦しい奴だ。

たかだか時計を見せて、
ちょっと声をかけてやっただけで、もう友達扱いなのか?
一体どういう神経してるんだ?
俺には信じられねぇ。



183: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 11:03:21 ID:8dXN8b4A



「……友達を作るのはいいが、お前が先にするのはなんだー?」

「先生!今それ所じゃありません!!
俺の友達が出来るかどうかの大事な」

「廊下に立ってろー」



これが、俺の友達との出会い。



184: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 11:03:55 ID:8dXN8b4A



「……フッ……フフッ」

「!」



そして、彼女にとっての巡り会わせ。



185: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 11:05:34 ID:8dXN8b4A



「――……お前、さっき笑ってたな」

「うん、可笑しかったから」


彼女が興味を持つとは思わなかった。
ああいううるさい、もとい騒がしい奴を、
彼女は好まないと思っていたからだ。

そういえば、最近彼女が見ているテレビにも、
似たような奴が出ていたような気がする。



186: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 11:11:24 ID:8dXN8b4A



「――……おぉーい!うぉぉぉおおおいっ!!待て、待ってくれぇー!」

「な、なんだ?」


後ろから大声が近づいてくる。
大声が、近づいてくるのだ。なんのための大声なんだよ。
さっきのアホ面が近づいてくる。


「追いついたぜダチ公!
……まだお前の名前を聞いてねぇからな!!」

「……はぁ……わかった。わかったから音量を下げてくれ」

「へへっ悪ぃ悪ぃ。俺ってば声だけには自信があるんだ!」


素晴らしい特技だ。尊敬に値するよ、もちろん悪い意味で。
俺はこの自称友達に、しぶしぶ名前を教えてやった。

そんな俺と自称友達の姿を、
傍にいる彼女はくるくると視線を向けながら、俺たちを見ている。



187: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 11:13:09 ID:8dXN8b4A



「……ところで親友。こちらの女性は一体どちら様で?」

「お前のクラスメイトだよ」


お前のクラスメイトだよ。っと心の声が漏れる。
この頃からだ、この頃から俺はこの自称友達に対して、
そっけない態度を取るようになった。
……つまり、初めからだった。

とは言っても紹介しないわけにもいかない。


「――……へぇ……なるほど……?
……って言うのか、最高だ……最高に可愛い!
その……是非俺と友達になって下さい!!」

「俺の時とは打って変わった態度だな、図々しい奴め……」

「う、うるせぇ!女性には紳士に、それでいて情熱的に振る舞えと、
ばっちゃが言ってたんだ!」

「誰だよ……」

「うん、いいよ」



188: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/18(日) 11:18:26 ID:8dXN8b4A



「ほらな、ばっちゃの言う事は二割くらい正し……え?
マジで、ホントにいいの?」

「いいよ」


「――……や、やったぁぁぁああ!
入学早々女の子の友達も出来たぜー!!
入学式には出られなかったけど、今日は最高の日になったな!

っと言うわけで、……もよろしく!!」


「う、うぜぇ……いいのか?こんなのと友達になって」

「うん――君、面白いね」

「面白いって……まぁ面白い奴なのは否定出来ない……のか?」


「これから学校生活楽しくなりそーだ!いやっほぉぉう!!」


こうして俺たちは友達になり、長い学生生活の始まりを告げたのだ。
それは、俺たちの始まりで、

                 ――俺の終わりでもあった。



193: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/19(月) 05:32:01 ID:NSD.1Qq.



「――……なぁ、これは?」

「それはこっちだって」

「卵は……レンジでいいよね」

「いいわけないだろ!」


俺たちはみんな同じクラスで、席も近く、
何をするにも一緒だった。一緒にさせられた。
こんなに一緒に他人といるのは、彼女以外で初めてかもしれない。
俺は自慢じゃないが友達が少ない、他人といることは滅多にない。


「じゃあ俺はこっちやっとくから、それ頼んだぞ」

「任せとけよ!」

「うん」


学校生活での行事も、早々に過ぎ去っていく。
その間、俺たちはきっと学生として十分に楽しんでいたと思う。
何より、今までよりも遥かに充実感があった。

たった数ヶ月が、ここまで俺を、俺たちを満たしていたのだ。



194: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/19(月) 05:33:14 ID:NSD.1Qq.



「――……!大丈夫だったか?
手伝いに行こうと思ったんだが……こっちも終わらなくて……」

「うん、大丈夫」


「ったりめぇだろぉ!俺が付いてるんだぜ!?
自分の持ち場なんて放っぽり出して助けに行ったぜ!!」

「それはダメだろ……」

「思い立ったら即行動!……ちゃんのためならなんでもやるぜ!!」


「友君が手伝ってくれたから、私は何もしなくてすんだよ」

「それもダメだろ……」


そう、充実していたのは俺だけじゃない、俺たちだ。

……俺が今まで見てきた彼女も、
新しい友達の存在で大きく変わった。



195: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/19(月) 05:34:04 ID:NSD.1Qq.



「でも、私一人じゃ無理だったもん。
……君がいてくれなきゃ私はダメだったよ。

また助けてね?」

「くぅ~……よぉし!
流石は……ちゃん、良くわかってるぅ!!
俺のみりきに気づけるのは……だけだぜぇ!!」

「気づけ…良いように使われてるだけだぞ?

……も自分の仕事は少しでもいいからちゃんとやれよ」

「……めんど」「やれ」


彼女は俺といる時よりも……明るくなった。
よく笑うようになった。悲しい顔も見せなくなった。
多分、前よりも元気になった気がしたのだ。

それはきっと、この友達と会えたおかげなんじゃないだろうか。



196: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/19(月) 05:36:02 ID:NSD.1Qq.



「――……なーなー?
二人とも昼飯どこで食ってんの?
こないだ捜したのにいねぇんだもん、参っちゃうよなぁホント」

「なんで捜すだよ?

お前、いつも別の奴とつるんで飯食ってるんだろ?
捜してる時間が勿体ねぇよ。

用があるなら別の休み時間にでも、
なんなら放課後でもいいから来いよ」

「用っつーかさぁ……あー……ねぇ……ちゃん?
ちょっと耳かして」

「うん……え?……わかった」


「……なんだよ、なんのつもりなんだ?」


「あのね、……君も、一緒にお昼食べたいって」



197: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/19(月) 05:37:00 ID:NSD.1Qq.



「はぁ?じゃあお前つるんでた奴らはどうすんだよ」


「そんなの、お前らのがいいからに決まってるじゃないか!
言わせんな、恥ずかしい///」

「変な……君」


そしてあいつも、俺たちと一緒にいることを望んでいた。

バカでまぬけでアホな所を除けば、とても頼りがいがあり、
なんにでも熱くあっては即行動して、場を盛り上げてくれる。
俺たちとは正反対のタイプで、それでも俺たちを選んでくれる。

友達らしい友達だった。



198: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/19(月) 05:38:05 ID:NSD.1Qq.



「――……ほら、約束のブツだ。
今度のテストは大事なんだからしっかりやれよ」

「うぉーん!ありがとう心の友よ……この恩は一生忘れない!!」

「たかがノートぐらいで。
……まだこれから先テストなんて何回もあるんだぞ?」

「なぁに、そしたらまた一生の恩が増えるだけだぜ!

それにたかがノートじゃねぇ!
お前のノートは非常にわかりやすいから、
バカな俺でもちゃんと出来るんだ!!」

「そぉかよ、良かったな。
精々追試にならないよう気をつけるんだな」


「……ハハッやっぱ……と友達で良かったぜ。
もっと早く会いたかったな」

「……現金な奴……そんなんで今までよく勉強に追いつけたな」



199: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/19(月) 05:39:20 ID:NSD.1Qq.



「どういう意味だ!?……違ぇよ!!

俺は助けてもらえるからお前と友達にとか言ったんじゃねぇぞ!」

「はいはい、それはありがとうございます(棒)」

「おい、信じてねぇだろ!俺はなー」



「……友達……仲間って、いいね」

「……っ……なんだよ、急に……」

「なんとなくそう思ったの」

「……そうか」

「そう」

「そうだ!俺たちはもう仲間だ!!
これからは手と手を取り合い助けながら生きていこうぜぇ!!」

「おー」

「……はぁ……」



200: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/19(月) 05:41:19 ID:NSD.1Qq.



正直、俺はそういうノリは暑苦しくて好きじゃない。
仲間と言っても、最後に頼れるのは自分だけだと思うし、
俺は助けて貰うつもりなんか毛頭ないわけで。

現実的に考えれば、熱くなる奴ほど損をするんだ。
仲間は助けて、仲間を助けて、などと繰り返していたら、
いくつ体が合っても足りやしない。そんなのはごめんだ。

もっと物事は冷静に、正確に見極めて、
必要な分だけの力を使って生きていくべきだ、と俺は思う。


「――……今日は……君がね」

「ふぅん」


しかし、彼女はそうではない。
俺たちの中で、そういうのを嫌っているのは俺だけ、
俺だけだった。

……あいつは、良い奴だ。それはわかる。
むしろ、もしかしたら俺は……俺たちはあいつのおかげで、
こんなに楽しい学生生活を送れていると言っても過言じゃない。
俺だけだったら……こうはならなかったと思う。

それは彼女を見ていたらよくわかった。



201: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/19(月) 05:42:30 ID:NSD.1Qq.



「……いけ、そこだ……」

「……ん、なんか言ったか?」

「何も」

「そうか」



彼女は友達が出来て、明るくなった。

彼女は友達が出来て、よく笑うようになった。

彼女は友達が出来て、悲しくなくなった。

彼女は友達が出来て、元気になったのだ。



なら、俺といる彼女はどうなんだろう。
もしも、ここにいるのが俺じゃなくて……あいつだったら……?



202: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/19(月) 05:43:17 ID:NSD.1Qq.



「……ッ!――ッッ!!……おぉー……」

「……何してるんだお前……」


「……あ、うん……その……テレビが」

「テレビ?」


テレビのスクリーンには、いかにも暑苦しそうな、
もとい熱血を地で行くような男の姿が映し出されていた。

……これを見て、彼女は興奮しているのだろうか、
しきりに体をもじもじと動かしている。



203: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/19(月) 05:46:30 ID:NSD.1Qq.



「……こういうのよく見るのか?」

「すごく見る」

「……」

「沢山見る」


見たこともない顔で、俺の質問に答える彼女。
こいつもこういう顔が出来るのかと、俺は一人で納得した。

こんな……まるであいつみたいな奴の出るモノで、
彼女は俺といる時とは違う表情を見せることができるのだ。
それは嫌な表情ではなく、彼女が望んでなる表情だ。


なら、こんな奴が実際にここにいれば、

……俺よりも、こんな奴が彼女の傍にいたら、

彼女は……どんな笑顔になるのだろう。



204: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/19(月) 05:46:51 ID:NSD.1Qq.



「なぁ……」

「何?」

「……お前……お前さ」

「うん」



205: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/19(月) 05:48:28 ID:NSD.1Qq.




       「お前、熱血男が好きなのか?」

            「うん、大好き」

#################################
#################################
#################################



215: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/20(火) 05:53:18 ID:q5osR4Hg


      【ちょっと】次回予告【時間かかる】


「――他の誰でもない、お前だろ!!」


              「……ママ……私は、代わりにしてたのかな――」


「――からやってたんじゃない……!!」


      ――俺にとって、彼女の存在は――


              「走れ、走れ!何があっても、立ち止まるな――」


「――どれだけ想っているかが、熱血になる、か……」


       ――なら……今だけはッ!!――


                    「やっぱりお前は――」

「――うん、私は」

―――――――――――――――――――――――――――――



219: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/20(火) 19:04:18 ID:q5osR4Hg


トゥルルルルルルットゥルルルルルルッ

男「……」

トゥルルルルルルットゥルルルルルルッ

男「……もしもし」


友『もしもしじゃねぇぇぇえええ!
  男ッ!!なんだよこのメールは!?』

男「うるせぇ……なんだよも何もそういうことだよ……」

友『バカ野郎!なんでこんな時に風邪なんか引くんだお前はッ!!
  女ちゃんは、女ちゃんはどうしたんだ!?』

男「お前がそれを言うのかよ……ん、待て、お前風邪はどうした?」

友『あ?そんなもん嘘に決まってんだろーが!俺のことより女ちゃ』


男「嘘ぉ!?お、おま、なんでそんなことしたんだ!
  おかげでこっちは」

友『だって海だぞ!?夏の青春だぞ!?

  ……俺だって青春したかったさ!!』



220: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/20(火) 19:07:05 ID:q5osR4Hg

男「はぁ!?じゃあ海に行けばいいじゃねぇか!
  なんで嘘までついて断ってんだよお前は!!」

友『そんなもん男と女ちゃんの邪魔したくな、ゴホンッ!

  いや、なんつーか俺がいるとこう、なんだ?
  良いふいんき()になれないんじゃないかなぁーって思って』

男「良い雰囲気だぁー!?
  良い雰囲気にさせたかったのはこっちなんだよ!
  そのための嘘が……予定通りお前が女と海に行ってれば……っ!!」

友『俺と女ちゃんがぁ!?そりゃ二人で行けたら、
  可愛い女ちゃんの水着が拝めて俺は満足ふへへ……じゃなくてっ!

  ……ん、ちょ、ちょっと待て……お前今なんつった?』


男「は?だから予定通りお前が女と」


友『その前だその前!

  ……お前、嘘っつったか?』

男「……あ……そうだよ……」



222: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/20(火) 19:09:38 ID:q5osR4Hg

友『……男……風邪は?……熱はどうした』

男「……そんなもん最初からねぇよ!
  あるわけねぇだろピンピンしてるわ」

友『なっ!……なんで……なんでそんなことした!!
  嘘ってお前……やってることわかってんのか!?』

男「わかってるに決まってんだろ!
  ……お前こそ、どうして海に行かなかった……お前は女のこと」


友『ちょっと待て、ちょっと待ってくれ!
  ……女ちゃんは?女ちゃんはどうしたんだよ』

男「……全部バレたよ。

  俺が嘘ついて海に行こうとしなかったことも、
  友と海に行って、仲良くなって貰おうと思ってやったってこともな」

友『……』


男「そしたら泣いて出て行っちまった……お前が海に行ってれば……!
  いや、違う、ごめん……俺のせいだ……俺が最初から説明してれば」


友『……バレた……泣いた……だと?』

男「……ああ、怒りたきゃ怒れよ……その方がずっと楽だ……」



223: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/20(火) 19:11:00 ID:q5osR4Hg

友『……この』

男「……」



友『お前、お前は、お前は大バカ野郎だッ!

  俺以上の大バカ野郎だよ!!』



男「そうだよ、俺はバカだった」

友『違うッ!俺が言いたいのは、
  俺が言いたいのはそうじゃない……』

男「は?」


友『お前は、お前はなんとも思わないのか?

  女ちゃんは、今泣いているんだぞ!?』

男「……そうだな……そうだろうな。

  だから、後は頼んだぞ、友」

友『はぁぁああ!?』



224: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/20(火) 19:13:03 ID:q5osR4Hg

男「女のこと、慰めてやっ」

友『てめぇえぇぇえええ!何寝ぼけたこと言ってんだ!?
  なんで俺が女ちゃんを慰めるとかそんな話しになるんだよ!!』

男「それがお前の役目だからだろ!?だってお前は女のこと」


友『役目ぇ!?
  ……それ本気で言ってんのか?』

男「当たり前だ!
  ……それは俺の役目じゃない、もう代わりは必要ないんだ」

友『……』

男「お前なら、お前なら女のことちゃんと見てられる。

  お前だったら女は笑顔でいられる。

  お前となら女は楽しくいられるんだ。

  そして、今みたいに悲しい思いもしなくて済むんだよ!!」

友『……』

男「俺じゃダメなんだ……お前の代わりにはなれない。
  ……俺よりもお前のがすっと良いんだ」

友『……』



225: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/20(火) 19:14:34 ID:q5osR4Hg

男「わかったら女の所に行ってくれよ……行ってやってくれ、頼む。
  きっと女は今も」



友『うるせぇぇえぇぇぇえぇえええええええ!!』



男「!?……み、耳が」

友『うるせぇ!マジでうるせぇよ!!
  なんだ、役目って!代わりって、必要って!!』

男「……だから」

友『がぁぁあぁあ!お前が何を言ってんのか全然わかんねぇ!!』

男「お、お前まで女と同じ……って言うかちゃんと聞いてんのか?」

友『聞いてるよ!

  お前がごちゃごちゃとバカなこと考えたってことぐらい、
  ちゃんと聞いてる!!』

男「ば、バカなこと……だと?お前、これは大事なこ」

友『っせぇよ!……お前の言いたいことはわかった。

  なら、俺から聞かせてもらうぜ』



226: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/20(火) 19:16:57 ID:q5osR4Hg



男「あ?……一体何を」

友『お前は、女ちゃんのことどう想ってるんだ!?』

男「な」


友『お前が女ちゃんに対して想ってる気持ちだよ!』

男「お前まで……お前までそんなこと」


友『大事なことだ!一番大事な事だろ!!』

男「……俺は、仕方なく今まで女の母親の代わりで、
  必要で、支」

友『そんなことは聞いてねぇよ!
  代わりとか必要とか関係ねぇんだよ!!』

男「じゃあ、なんなんだよ!!

  何が聞きたいんだよお前はっ!?」



227: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/20(火) 19:18:16 ID:q5osR4Hg




友『お前は、女ちゃんに何がしたいんだ!

  何をしたいんだ!?

  女ちゃんにどうなって欲しい?』



男「……お、俺は、

  女が悲しい思いをするのは嫌だ。
  女には笑顔でいて欲しい」

友『今……女ちゃんはどうしてる?』

男「……悲しんでいる」


友『なら、お前なら何をするんだ?
  女ちゃんが悲しんでいる時、お前はどうする』


男「俺……なら?……俺なら……女を……女の所に……」



228: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/20(火) 19:22:42 ID:q5osR4Hg



友『女ちゃんの所に、行くんだろ?
  誰かの代わりじゃなく、お前自身が、女ちゃんのために』

男「……でも、それは俺じゃなくても出来る。必要なのは俺じゃ」

友『必要とか関係ないんだよ!
  ……お前が、女ちゃんが悲しんでる時に、

  お前が行くんだろ!?』

男「そんなのっ!俺じゃなくても出来るだろ!!
  あいつはもう独りじゃないんだ、俺しかいなかった時とは違う!!」

友『じゃあお前が今までしてきたことはなんだ!?
  お前が、今まで女ちゃんの傍にいたんだろ!

  いたかったんだろ!!』


男「俺は、俺しかいなかったから……!
  女の傍にいれたのは、俺しか……」

友『“しか”じゃねぇ!

  ――他の誰でもない、お前だろ!!お前だけだッ!!
  お前が、女ちゃんに傍にいたんだ!それはどうしてだ!?』

男「……」



229: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/20(火) 19:26:46 ID:q5osR4Hg



友『お前が、男が女ちゃんのことを想って行動したからだろ?

  それは他の誰でもない、
  お前がやったことなんだ、違うか?』

男「俺が……」


友『お前がやりたいようにした結果が、
  女ちゃんを笑顔でいさせようとした。

  楽しくさせようとした。

  悲しませないようにしてきたんだ。

  だからお前は今だって女ちゃんの所に行きたいはずだ!
  違うのか?』

男「俺が、やりたいように……」


友『……行けよ、お前が、お前自身が女ちゃんの所に』

男「……でも、女が望んでるのは俺じゃない……俺じゃないんだ……」

友『……それは、本当にそうか?』

男「え?」



231: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/20(火) 19:29:00 ID:q5osR4Hg


友『女ちゃんがお前を望んでないって、言葉にして聞いたのか?』

男「いや……でも、女が望んでるのは……熱血男なんだ」

友『……は?』

男「俺みたいな奴じゃなくて、

  ……お前みたいな熱血男を望んでんだよ!」

友『……』

男「俺が行っても……もう女を慰めることなんて出来ない……」



友『……あー……うー……もぉー……』



232: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/20(火) 19:29:57 ID:q5osR4Hg

男「やっぱり……友の方が」



友『じゃあそれも確認してこい!

  今度はお前が女ちゃんの想いを、
  気持ちを確かめて来い!!』

男「そ、それは……」



友『出来ないとは言わねぇ!
  女ちゃんの想ってることを聞くくらいは出来るだろ?

  だったらやれよ!女ちゃんがお前のことどう想ってるのか、
  それを聞くのはお前だけが出来ることだ!!』

男「……俺……だけが……」



233: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/20(火) 19:32:14 ID:q5osR4Hg



友『……お前が女ちゃんの想いを聞いて、
  それでもまだ女ちゃんの悲しみが晴れないなら、
  そしたら俺が行ってやる。

  他の誰のためでもなく、俺自身の意思で!!

  ……でもまだ、お前は出来ることをやってない。

  なら行け!行けよ!!
  ごちゃごちゃ考えてないで、女ちゃんのために、
  ――お前がやりたいことをやってこいよッ!!』


男「友……お前は……女のこと良いのか?」

友『……』

男「お前だって、お前が先に行きたいんじゃないのか?」

友『……』



234: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/20(火) 19:33:09 ID:q5osR4Hg



男「お前は女のこと、ずっと見てたじゃないか。
  お前は女のこと」

友『違う!
  ……僕が見てたのは女ちゃんと、いや、女ちゃんも見てたけど!

  ……そ、そんなことは今どうでもいいんだよ!
  もうこれ以上は野暮ってもんだ。

  とっと行けよ男、女ちゃんは今も悲しんでるぞ』


男「……ごめん……俺は――



235: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/20(火) 19:35:23 ID:q5osR4Hg



           ――俺は、女の所に行きたい」



236: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/20(火) 19:37:48 ID:q5osR4Hg


友『ああ』


男「女が悲しんでいるのは嫌だ。

  女には笑顔でいて欲しい」

友『ああ』


男「今、女は悲しんでいる。

  俺のせいで、あいつは泣いている」

友『そうだな』



237: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/20(火) 19:39:42 ID:q5osR4Hg




男「だから俺は行ってくる。

  女が笑顔でいられるように、
  俺自身の意思で!

  ……これでいいんだろ?」

友『上出来だ、好きにしてこいよ』



男「……お前はさ、俺の友達だ」

友『!!』

男「ありがとう、行ってくる!」

友『頑張れ』

ップツ



男「――よし、行くか!!」



239: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/20(火) 19:41:58 ID:q5osR4Hg


――――――――――――――――――――――

女「……久しぶり……ごめんね……いきなり来て」

女「……男と喧嘩……しちゃったよ」

女「どうしたら良いのかな?」

女「……」


女「……ママ……私は、代わりにしてたのかな……男のこと」

女「……ママの、代わりに……」

女「……」


女「私は、男のこと――」

――――――――――――――――――――――



243: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/20(火) 23:56:04 ID:q5osR4Hg

男「……」

オカケニナッタデンワバンゴウハッ

男「くそっ……やっぱ出ないか……」

男「女……家にいるよな……?」

‐‐--―――――――――――――--‐‐
  ‐‐--―――――――――--‐‐
     ‐‐--―――――--‐‐


男「……」

ピンポーン

男「……女、出てくれ……」

シーン

男「……っ!……女ーッ!俺だ、ここを開けてくれ!!」

男「……」

男「頼むっ!聞きたいことが……聞きたいことがあるんだぁー!!」

男「……」

男「……いない、のか……?」



245: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/20(火) 23:59:03 ID:q5osR4Hg


男「……――ッ!そうだ、合い鍵……確かここに……」

男「あった!……でも、使っていいのか……?
  勝手に――」


              ――お前がやりたいことをやってこいよッ!!


男「――……えぇいッ!
  いつも入ってるんだ、何を迷う必要がある」ガチャッ

男「女ー!いるかぁ!?……」



男「女、女……?」

男「……」



男「いない……のか?」



246: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/21(水) 00:00:05 ID:45xMOLxU

男「……外に……まだ帰ってないのか?」

男「……あれからもう何時間も過ぎてるのに……一体どこへ……」


男「……」

男「……いや、悩んでても仕方ない。

  いないのなら……捜しに行くだけだッ!!」

男「……行くぞ!」

‐‐--―――――――――――――--‐‐
  ‐‐--―――――――――--‐‐
     ‐‐--―――――--‐‐



247: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/21(水) 00:02:45 ID:45xMOLxU



男「女ッ!どこだ!?」


              ――なんで、なんで男はそういう風に思うの?


男「ここには……?ここにもいない……」


              ――私が友君と仲良くなれば、必要じゃなくなるとか。


男「どこだ、どこにいるんだ……」


              ――わかんないよ!意味が全然わかんない!!


男「どこにもいない……いや、どこにもいないわけはない!!」


              ――男は私のこと、どう想ってるの?


男「絶対にいる、必ず、どこかにあいつはいるんだ……」



248: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/21(水) 00:04:23 ID:45xMOLxU



――男にとって、私はなんなの?


男「……見つけなきゃ、あいつを、女を……」


――どうして、男は支えてくれたの!?


男「俺が……女のために……」

男「そうだ……そんなの、最初から決まっている」


男「……俺は、女が必要としてくれたから、
  仕方なく支えでいた――わけじゃない!」


男「女の……母親の代わりだった――

     ――からやってたんじゃない!!」


男「俺が、俺自身の意思で、守りたいと思ったからだ……!」



249: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/21(水) 00:06:03 ID:45xMOLxU



――そう、最初からそうだった。


男「女、どこだ!?」


――彼女を見た時から、俺はずっと不思議に思ってたんだ。


男「考えろ……女の行きそうな場所を……」


――どうして、悲しいことがあったはずなのに、あんな顔でいられる?


男「……女の……行きそうな……あそこかっ!」


――表情にも表さない、あの女の子はどうして?



250: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/21(水) 00:06:33 ID:45xMOLxU



男「頼む、いてくれ……」


――感情のない人間だから?それは、本当に?


男「ブランコ……あそこなら……もしかしてっ」


――あんなに、悲しそうにしているのに?



251: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/21(水) 00:07:25 ID:45xMOLxU



男「……いない……だと……ちくしょう……どこに」


――誰も彼女を見ようとしない、彼女の傍には誰もいない。


男「……いや、まだだ……まだもうひとつある……」


――悲しそうな姿の彼女を、俺は……俺が出来ることがあるなら。


男「……いるはずだ……あそこなら、絶対いる」


――もう迷わない。


男「待っててくれ、女――!!」



252: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/21(水) 00:08:37 ID:45xMOLxU


<とある墓地>


男「……っはぁ……はぁ……」

男「女……いるのか……女……」

男「……」



男「……いない……」

男「くそぉ!どこにいるんだよッ!!
  なんで、いないんだ……」ダンッ

男「……女の母親……ここなら、いると思ったのに……」



男「日が沈んでいく……」

男「もう家に帰ったのか?もう一度女の家に……」



男「……ん?これは――」



254: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/21(水) 00:10:02 ID:45xMOLxU



男「――……花?
  なんで……お盆にはまだ早い……」


男「――!!」

男「……女だ……あいつはここにいたんだ……!」

男「水も綺麗だ……まだ新しい、間違いない」

男「入れ違いだったのか?それならやっぱり女の家に……」


男「行こう、一応女の帰りそうな道を通って……!」



255: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/21(水) 00:18:10 ID:45xMOLxU

‐‐--―――――――――――――--‐‐
  ‐‐--―――――――――--‐‐
     ‐‐--―――――--‐‐


「――……っあーついてねぇーなぁ!なんだよあの糞台」

「ハハハッ日頃の行いのバチが当たったんだろwwww」

「ヤンキーAさんは悪い人ッスからねぇwwwバチですよバチwww」


ヤンキーA「っるせぇ!ぶっ殺すぞ!!
       ……ったくよーこのままじゃ腹の虫が治まんねぇよ」



女「……」トボトボ



ヤンキーA「こういう時はやっぱ女をめちゃくちゃに」

ヤンキーB「wwwwでもこないだ彼女と別れたんだろwww」

ヤンキーC「wwwカワイソーッスねぇwwww」



257: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/21(水) 00:19:44 ID:45xMOLxU



ヤンキーA「誰でもいいんだよッ!
       ……むしろ無理矢理な方がオレ的には好み――」ドンッ!!

                            女「……――」ドンッ!!


ヤンキーA「――ってぇな!どこ見て歩いてんだカス!!」



                            女「――……」トボトボ



ヤンキーA「あ゛あ゛!?シカトかコラッ?
       おい、てめぇ待――」

ヤンキーB「……ぉおう?」

ヤンキーC「……可愛い」



263: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/22(木) 02:24:04 ID:HeckrRs2


――――――――――――――――――――――

男「――……はぁっはぁっ……はぁ……」

男「……はぁ……」

男「……」

男「……女……」


男「……本当に、待っているのは俺か?」

男「……俺が来た時、女は何を思う?」

男「俺が行ってもいいのか、俺の我が儘を通していいのか?」

男「……もしも、あいつの想いを聞いて、拒絶されたら……」

男「俺は……」


男「……」



264: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/22(木) 02:25:17 ID:HeckrRs2


男「はぁぁああぁあぁ……何も考えるな、何も考えるな俺ぇ……」


男「……悪い癖だな……」

      コツンッ




男「おっと、なんだ……――




              ――これ……?」



265: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/22(木) 02:26:44 ID:HeckrRs2


男「……なんでこんな所に――


                ――バッグ……が……?」


男「……これは……俺が……女の……誕生日に……」


男「……」


男「え、なんで……こんな所に……落ちてるんだ……?」


男「こんな、路地裏しかなさそうな……所に……」


男「……こんな所通るわけ……」


男「……」

男「……まさかな……」

――――――――――――――――――――――



267: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/22(木) 02:48:45 ID:HeckrRs2



女「――……っ……めて、離して!」


ヤンキーA「おいおいおい、ぶつかって来たのはそっちだぜェ?
       ワビも無しに素通りなんてそんな真似されちゃあ……なァ?」

ヤンキーC「wwwヤンキーAさんってば、
       こういう時は手際が良いッスよねぇwwww」

ヤンキーB「俺はそういう所好きだぜwwww」


ヤンキーA「調子の良い奴らだなぁw――


       ――おい、フォローは頼むぞ」

ヤンキーC「任せて下さいッスよ!wwww」

ヤンキーB「ここまで誰にも見られてねぇから安心しろ」


ヤンキーA「っへ、だからお前らといるのは止めらんねぇんだw」



268: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/22(木) 02:51:04 ID:HeckrRs2



女「……なんで……」

ヤンキーA「さぁてとぉ……どうしてくれようかねぇ?

       ――なぁ子猫ちゃん?」



ヤンキーB「お前wwwww」

ヤンキーC「子猫ちゃんは無いッスwwwww」

ヤンキーA「うるせぇ黙って見てろ!

       ――……なぁ、わかってるよなァ?」



女「……ごめん……なさい。謝り……ます。

  ――だから、通して」

ヤンキーA「いやいやいやぁ、
       謝って済むような問題じゃあねぇんだよなァ」

女「……じゃあ、何?」



269: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/22(木) 02:52:56 ID:HeckrRs2


ヤンキーA「そりゃあ……アー……えーっと……」

女「……」

ヤンキーA「……」





ヤンキーB「……」

ヤンキーC「……ww……wwwなwんwかw言wえwよ!
       ……ッスwwww」



270: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/22(木) 02:54:48 ID:HeckrRs2



ヤンキーA「――……ァァアアアア!
       もうまどろこっしいのは抜きだ!!」

女「え、え……?」


ヤンキーA「オラ、やるぞ!カメラの準備しとけ」

ヤンキーC「携帯しか無いッスよwwww」


ヤンキーA「それでいい、要は脅せりゃあなんでもいいんだ!」

ヤンキーB「おーおー悪い奴だwwwじゃあやりますかっと!」

ヤンキーC「うぃーッスwwwwww」


女「……何、何っ!?
  ……いや、やめて……!!」

ヤンキーA「へへへッ!
       良い声で鳴いてくれよォ?子猫ちゃん!!」

――――――――――――――――――――――



272: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/22(木) 03:33:05 ID:HeckrRs2



男(――……まさかな……こんな所を女が通るわけない)


男「……」


男(そうだ、このバッグは帰り道で落としただけかもしれない)


男「……」


男(……というより、女のじゃないんじゃないか?)


男「……」


男(……なのに、どうして俺はこの路地を歩いてる……?)



273: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/22(木) 03:34:42 ID:HeckrRs2


男(絶対にいるわけない。
  いくら女がどっか抜けてる奴だとしても)

男(危険な所に行くほどあいつはバカでもアホでもない!)


男「……」


男(そうだ、そうだよ……!



       ――あいつは自分一人でこんな場所になんか)



男「……――ッ!女……!!」

――――――――――――――――――――――



274: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/22(木) 03:45:30 ID:HeckrRs2



              ――夜は危ないから一人で出歩くんじゃないぞ!


 (……パパの言う通りだった……)

 (……私が勝手なことしたから……)

 (……パパの言うことを聞いていれば……)


 (……私……なんでこんなことになったんだろう……)

 (……私が悪かったのかな……)

 (……私が、男の言っていた通りに、友君と海に行っていれば……)

 (……男を代わりにしなければ、男に頼らなければ……)

 (……男の言う事を聞いていれば……)


 (……違う……)

 (……違う、違う違う違う違う違う!!)

 (……だって私は、男のこと……)

――――――――――――――――――――――



275: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/22(木) 03:57:02 ID:HeckrRs2



「――……に……何っ!?……やめて!!」

「……よォ?……ちゃん!!」



男(……!?

        ――女の声だ!!)


男(こっちだ……ここだ!!)



ヤンキーA「オラァ!動くんじゃねぇ!!
       ――へへへっへへへへぇ!!」

ヤンキーB「おい、そっち掴んでろ!」

ヤンキーC「ッス!
       wwwほらほらぁ~動いちゃダメッスよぉwww」



276: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/22(木) 03:59:47 ID:HeckrRs2



男(な、なんだあいつら?
            ――あれは、女か!?)

男(なんで、何が起こって……)



ヤンキーA「動くなって、うぉ、もう諦めろっつの!」

女「こないでっ!こないでぇ!!」

ヤンキーB「……ッチ」



男(……けけけ警察、警察だ。
  こういう時こそ冷静にならないでどうする!?)

男(携帯を持て。

  素早くボタンを押すんだ。

  時間は無い)

男(――……なっ!?!?)


男「携帯の充電が……ない……嘘だろ……!?」



277: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/22(木) 04:20:28 ID:HeckrRs2



男「なんでぇ……こんな時にッ……」

男(まだだ、考えろ、よく考えろ……冷静になれ)


女「……いやぁ!!」

ヤンキーA「うるせぇなァ……おい、口塞げ」

ヤンキーC「オイッスwwwwww」


男(戻って助けを呼ぶか!?
  ……いや、そんなことしてる時間なんて)


男(……くそっ!
  こんな時友だったら……俺じゃ無かったら……!!)



278: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/22(木) 04:22:48 ID:HeckrRs2



――お前じゃ無かったら良かった。


男(バカだ……なんでこんな時に冷静でいられないんだ……)


――ここにいるのが友だったら。


男(いつも冷静に冷静にって、カッコつけてるだけで、
  実際はなんだよ!!)


――お前みたいな臆病者は、相応しくない。


男(俺は人に頼ろうとしてばかりで、
  理由付けして、心に保険をかけて)


――何故ならお前は。


男(俺には関係ないことだから、

  いつでも責任を負わなくて済むと、

  逃げていただけなのに!!)



279: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/22(木) 04:24:02 ID:HeckrRs2




――“熱血”男なんかじゃないからだ。



男(こんな大事な所で……俺は……俺は!)



280: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/22(木) 04:42:58 ID:HeckrRs2



女「――……っん!むぐぅ!!」

ヤンキーC「つぅかま~えたっwwwww」

ヤンキーB「ピーピー喚きやがって」

ヤンキーA「ん~ご苦労。さぁ、楽しい食事の始まりだァ」


男(……今はそんなこと関係ない!
  今ここにいるには俺なんだ、俺しかいないんだ!!)


  ――関係ない、俺のことなんて関係ない――


男(今も昔も変わらない。
  あいつの傍にいたのは俺だけだ!)


    ――俺にはまだ出来ることがある――


男(……“しか”でも“だけ”でもねぇ……!
  あいつの、女の傍にいたのは……)



281: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/22(木) 04:44:46 ID:HeckrRs2




  ――彼女のために、俺は出来ることをする――



男(俺だッ!!)



  ――何故なら、俺にとって、彼女の存在は――



男(……俺が女の傍にいたのはッ!)



     ――笑顔の可愛い、俺の初めての――



男(あの笑顔を、守りたかったからだッ!!)



282: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/22(木) 04:47:14 ID:HeckrRs2



男「――……そ、そうだッ!
  警察を呼んだことにして嘘を付けば、あるいは――」




ヤンキーA「――……それじゃあ、

              イィタダァキマァァァス!!」


     女「……んんんぅぅぅぅうううう!!」




           ――◎――




男「――やめろぉぉぉおおおおおッ!!」



290: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/23(金) 23:31:46 ID:x/iSnN4U



ヤンキーA「――……あ゛?」

男「……あ……」

女「――!?――!!」

ヤンキーB「なんだ、誰だ?」

ヤンキーC「ッス」


男(……な、何してるんだ、俺……?
  ち、違う、警察を、警察を呼んだことにして)


女「……ップハ!!――男、男ーっ!!」


男「――ッ!!女を離せぇッ!!」


ヤンキーA「ハァァア゛!?」



291: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/23(金) 23:32:55 ID:x/iSnN4U


ヤンキーB「……マジかよ、知り合いか……?」

ヤンキーC「ち、ちょっとちょっとぉ!
       誰にも見られてないんじゃなかったんスかぁ?」


男(バカバカバカバカ、違うだろ、違うだろ俺!!)


女「……は、なし……てぇ……!」


男「女を……離せって、ひってんだよ!!」


ヤンキーA「……」

ヤンキーB「……ククwww」

ヤンキーC「wwwwどうすんスかぁwwwww」


男「……」


ヤンキーA「……てねぇ……」



292: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/23(金) 23:34:11 ID:x/iSnN4U


男「……?」



ヤンキーA「……ついてねぇ、ついてねぇ!
       ついてねぇ!!
                ――ついてねぇぇぇぇええええッ!!」

男「は、はぁ?」



ヤンキーA「なんだよなんだよどうしてこう俺の邪魔をアアアアア!!」

男「……お、おい――」



ヤンキーA「てめぇのせいだァァアアアア――!!」グアッ!!

男「な、何!?――ウボッ!」ドグッ!!

ヤンキーC「おひょーwwww」



男「   が、   ぁ、   ゲホッ」

女「男!!男゛ーっ!?」



293: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/23(金) 23:35:45 ID:x/iSnN4U



ヤンキーA「今日は最悪だなマジで。

       糞台には金取られるわ、
       女を連れ込んだらヒーローが現れるわ、
       俺の手が痛くなるわ」

男「  な、   に、   を……」


ヤンキーA「てめぇがよォ、
       現れなければオレはスッキリ出来たのによォ!?
       この落とし前はどうつけてくれるんだあ゛あ゛?」

男「……くっ……そ……!!」


男(なんだ、こいつは何を言ってるんだ……落とし前、スッキリ?)



女「やめ゛てぇ……やめて……お願い」

ヤンキーC「あーはいはい黙ってまちょうねーwwww」スッ



男「……――ッ!!女をぉぉ……離せぇぇえええええ!!」ダッ!!



294: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/23(金) 23:37:09 ID:x/iSnN4U


ヤンキーA「あ゛?」


               男「うぁぁぁあああ!!」ヒュンッ!!


ヤンキーB「お、おい!」


男「離せぇッ!!」ドッ!!

ヤンキーC「へ?――オウフッ!!」ズドッ!!


女「男゛!?」

男「はぁ、はぁ、女、た、立て!!」

女「男、男!?どうして、私、男、怪我は」

男「いいから立て!急げ!!」


ヤンキーA「……てんめ゛ぇ……?」ボキッボキッ!!

ヤンキーB「……ッハ……ハハwwww足が震えてるぜ?
       兄ちゃん!」

ヤンキーC「ってぇ……ス……」



295: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/23(金) 23:38:44 ID:x/iSnN4U



男(どうする、どうする!?どうしたら……どうしたらいい!!)


女「男、男……やだよ……男゛……」

男「――!!
  (……なんでもいい、こいつを、女を逃がすことさえ出来れば)」

女「ぅぅ……ヒグッ」


男「――後は、なんでもいい!!」ダッ!!



ヤンキーB「――ハ?ぉお、ぐおおおお!?」ドォッ!!

ヤンキーA「何して」



男「今だ、女!誰もいないこいつの横を走り去れッ!!」

女「ぇ、え、え?」

男「急げッ!!」

女「……っ!!」ダッ



296: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/23(金) 23:39:59 ID:x/iSnN4U



ヤンキーB「てめぇ!離せ、離せゴラァ!!」ガッガッ!!

男「ぐぅ……離す……もんか!!」ググッ


ヤンキーA「……っつーか、行かせるかっつーのォ!!」ダッ

男「行かせるかぁぁぁああああ!!」バッ!!グッ!!


ヤンキーA「な、コラ、てめぇどこ掴んで」

ヤンキーB「くそっ、こいつどこにこんな力が」


女「男ー!?」

男「走れ、走れ!何があっても、立ち止まるな!!」ガッ!!ガスッ!!

女「でも、男が……それじゃ男が」

男「……グァッ……行けぇッ!!」


ヤンキーA「てめ゛ぇえぇええぇぇええええ!!」



297: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/23(金) 23:41:02 ID:x/iSnN4U



女「――……男、待ってて!!」ダダッ!!



ヤンキーB「糞がっ!!」グワッ!!

男「   ブォッ、   ゲボ」ドゴォッ!!


ヤンキーA「チッ追うぞ!!まだ間に合――」

男「 行かせ、     ねぇ!!」ダダダッ!!バッ!!


ヤンキーA「……て、めぇ……どこまで……俺の……」

男「  ここは、 ゼェー 行かせ、 ハァー  ねぇ!」ババッ



298: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/23(金) 23:41:55 ID:x/iSnN4U



ヤンキーB「――……あちゃー、行っちゃったな、ありゃあ」

ヤンキーC「まったくもー、何してんスかー?」


男「  ゼェ      ゼェハー    」


ヤンキーA「……なァ……お前さァ……」


男「 フー      フー!!  」


ヤンキーA「……“ただ”で帰れるなんて、

       ――思ってねェよなアアアア!?」グググ!!


男「……はぁ……はぁ……~~ッ!?」ブルッ!!

男(……女……逃げろ……)



299: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/24(土) 04:49:44 ID:pHInnC6o

#################################
#################################
#################################

「オラァ!どうしたどしたもう終わりかよォ!!」

「  ゴッ     ガハッ    」


これで良かったんだ。
彼女は十分逃げ切れただろう。
もしかしたら助けを呼んできてくれるかもしれない。
俺はやれたんだ。


「まだよォ!足りねェンだよォ!!こんなんじゃさァッ!!」

「  プァッ     ゲフッ  」


俺は、やれることだけやった。
出来ることだけ出来た。
もう十分だ、彼女が無事ならそれでいい。
後はどうなったって良い。



300: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/24(土) 04:51:36 ID:pHInnC6o



「おい、そろそろフケないと不味いぞ」

「あの子に通報されてっかもしんないスからねぇwww」

「わかってんよ!でもよォ、このままだと納まりつかないぜ」

「   」


俺は彼女の笑顔を守れたんだ。
もう彼女が泣くことは無い。悲しむこともない。
危機は回避出来た。
俺が、俺自身の意思で、やりきったんだ、満足だ。


「この手が、あん時この腕が無ければ、
あの女も逃がさずに済んだんだ」

「……フー仕方ねぇな。ならやっちまうか?wwww」

「お、一本いっときまス?wwwwww」


「  ヒュー   ヒュー   」


「そォだな、この手だ、この腕だ!
……最後にひとつ貰っていこうぜ」



301: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/24(土) 04:52:26 ID:pHInnC6o



これが終わったら、彼女の想いを聞きに行こう。
それで確認するんだ。

俺は彼女にとってどういう存在だったのか。
俺はまだ、お前の傍にいてもいいのか。
俺の我が儘を聞いてくれるか。


「よーし、お前ら、ちゃんと腕支えてろよォ?」

「シャーッスwwwwww」

「体は俺が支えておこうwww」


なぁ、良かったんだよな。
ちょっとは、お前の好きな熱血に近づけたかな。

俺らしく無かったかもしれないけど、
冷静でなんかいられなかったんだよ。



302: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/24(土) 04:54:30 ID:pHInnC6o



――お腹空いたよ。

              ――だから明日もよろしく。


帰ったら、飯、作るよ。
お腹いっぱいになるまで飯作るから。
その時は、あの時みたいな笑顔を見せてくれ。


――勉強は、や。

              ――めんどくさい。

――わかった、やります。

              ――鬼畜、悪役、脇役!


勉強もしないとな……夏休みの宿題は手伝わねぇぞ。
どうせ俺は主役にはなれないよ。そんなに強くないんだ。
心も体も、いざとなったら縮こまっちまう弱い男なんだから。



303: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/24(土) 04:56:16 ID:pHInnC6o



――海……初めて行くから。

              ――説明して。

――わかんないよ!!

              ――もういい!!


海にも行こう。約束、破って悪かった。
悲しい思いをさせてごめん。
だから、泣かないでくれ。
俺はお前の泣いてる姿なんか見たくない、見たくないんだ。


――こないでっ!こないでぇ!!

              ――むぐぅ!!

――やめ゛てぇ……やめて……お願い。

              ――ぅぅ……ヒグッ。


お前の泣いてる姿は、見たくない。
見たくなかった。
見たくなかった……のに。
なのに、何故彼女は泣いていた。



304: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/24(土) 04:58:35 ID:pHInnC6o



――戦いは男の仕事。女は黙って見守ること。

              ――ヒロインのピンチには~ヒーローが~。

――熱い漢に必要なのは~。

              ――お肉が食べたい♪


あんなに笑って、楽しんで、
元気に過ごしていた彼女が泣いていたんだ。

誰のせいで、俺のせいで?

そうだ、俺のせいだ。
俺は彼女を傷つけた責任を取らねばならない。
当たり前だ。俺はもう覚悟している。

責任は必ず取る。


「おい、聞いてっか?今からてめぇの腕折るから、そのつもりで!」

「もう聞こえてないぞ。いいから早くしろwww」

「良い音聞かせて欲しいッスwwwww」



305: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/24(土) 05:00:01 ID:pHInnC6o



責任は、取る。

彼女を傷つけた責任は、何よりも重い。

彼女の痛みを、知らなければならない。

そして償うんだ。俺は……この手で……!



――ん……――っ!!

              ――おいしい。



あの笑顔を、もう一度見るために。

……全てこれで良かった……良かったんだ。



306: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/24(土) 05:02:05 ID:pHInnC6o

 ############################
       ####################
           ##############

            男「  わけ    だろ    」


ヤンキーA「あ゛、なんか言ったか?」

ヤンキーB「ん?何も」

ヤンキーC「なんスかー?何してんスか早くー」



男「……良いわけ……だろ……!」

ヤンキーA「は?……てめ」




男「このままで、良いわけないだろぉ!!」バッ!!ガスッ!!

ヤンキーB「てめ頭――ギャッ!!
       あ……は、鼻が、鼻がぁぁあああ!!」ゴロゴロッ



307: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/24(土) 05:02:59 ID:pHInnC6o



ヤンキーC「へ?」

男「ぉぉおおおおおおお!!」ヒュドッ!!

ヤンキーC「ぉおおうふ!!そこは、らめぇ……」コキーンッ!!


男「あああぁぁぁぁぁああああ……はぁはぁ……!」

ヤンキーA「て、てめぇ!突然何を」


男「お前らは……はぁ……女を、泣かせたんだ!!」

ヤンキーA「な」

男「悲しませた、傷つけた……その責任も取らないままで……」

ヤンキーA「何を言って」


男「良かったなんて言えるわけないだろぉッ!!」



308: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/24(土) 05:05:38 ID:pHInnC6o



ヤンキーA「は、ハァ!?」


男「お前が彼女に負わせた痛みを、
  お前にも償ってもらう……!」グッ!!

ヤンキーA「は……上等じゃねぇかッ!
       今までボコられてた奴が何を」


男「黙れ、女を泣かせた罪は……何よりも重いんだよ!!」


――お前だってピンチになったら~!

              ――気合があればなんでも出来る!


男(友、お前の言う通りだったかもな)


男「この腕を折られるわけにはいかない……!
  この心を折られてたまるかッ!!」ザッ

ヤンキーA「な、に言っ」



309: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/24(土) 05:06:55 ID:pHInnC6o



男「守るんだ……俺が、女の笑顔を……」ザッ

ヤンキーA「こいつ……頭おかしいんじゃねぇか!?」


男「女を泣かせる奴は、許さない!!」ザッ!!

ヤンキーA「くっ、くそ……消えろ、消エロオオオオオオ!!」ダッ!!



――だから、この一撃に……全てを賭ける!!



男「これで、終わりだッ!!」ダッ!!

ヤンキーA「アアアアアアアアアア!!」



男「うぉぉぉおおおおぉおおおおおお!!」



310: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/24(土) 05:08:16 ID:pHInnC6o




   どれだけ想っているかが、熱血になる、か……。

      女、俺は熱血男にはなれないけど、

       お前の為なら……今だけはッ!!



311: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/24(土) 05:11:31 ID:pHInnC6o

―――――女『男』  ―――――――――

    ――――      ――――――女『お腹空いたよ』

友『今日から俺とお前は友達だ!!』――――――――――

  ――        ――――――――――

――――女『おいしい』        ――――――――

―――――――――――――――
###########################

男「くたばれぇぇぇええええええええええええ!!」グォォッ!!

       ヤンキーA「アア――ブギャァア!?」グシャァッ!!

###########################
――――     ――        ――

      ――――女『大好き』――――――

――――――友『やりたいことをやってこい!!』―――――

女『男の気持ちを教えてよ!!』―――――――



312: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/24(土) 05:12:56 ID:pHInnC6o



ヤンキーA「――ヒャギャフッ!
       ……ぉ、ぉお、ぅおお……」ガクガク

男「はぁー……はぁー……ふぅー……!!」


ヤンキーA「て、てめ、こんなもんで、終わ、アレ?」グラッ

男「……痛みを知れ……女の……痛みを……!!」ザッ


ヤンキーA「立てな、ひっ!
       ……お、お前ら、何してるんだこいつを」

ヤンキーB「鼻がぁぁあああ」

ヤンキーC「不能になったら……どうすんスかぁ……」


ヤンキーA「おい、お前ら!おい!!」



313: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/24(土) 05:14:44 ID:pHInnC6o



男「――……痛みを……痛み……」ザッ!!

ヤンキーA「あ、あわ、わわあわわあ……!
       に、逃げ、逃げるぞ!!」カサカサッ


ヤンキーB「うぉぉ鼻がぁあ……」

ヤンキーA「うるせぇ!早く、早くしろ」カサカサッ


ヤンキーC「ちょ、待って下さいッス」ピョンッピョンッ

ヤンキーA「お、おぼ、覚えてろよ……!!」カサカサッ

ヤンキーB「鼻ぁあぁぁあ」ドドドッ



314: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/24(土) 05:15:38 ID:pHInnC6o



男「ま、待て……まだ……痛みを……」


男「……あれ」ガクッ

男(なんだ、足が、力入らな……)


男「  ヒュー   ヒュー 」

男(声も、出な、意識が、やべぇ……)


男「」バタンッ!!

        ――光が……広がっていく……!



315: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/24(土) 05:17:50 ID:pHInnC6o

‐‐--―――――――――――――--‐‐
  ‐‐--―――――――――--‐‐
     ‐‐--―――――--‐‐

「……み!……君!!……大丈夫か!?」

「――!……――ッ!!や……やだよぉ……」



319: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/25(日) 12:20:07 ID:t50Y2BUg


――――――――――――――――――――――

男「――……ん……ぅ……」

チュンッチュンチュン

男「……ぁ……え?ここは……」

男「……!?」ガバッ!!


男「え、どこだ、こk痛ってて……!」

「……ん……」


男「何、何が……俺は……」

「……んぅ~……ふぁ」


男「俺は確か、不良にボコボコに……そうだ、そうだよ!」

「……あ」


男「女はっ!?」

女「男っ!!」



320: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/25(日) 12:21:10 ID:t50Y2BUg



男「は!?」

女「男~っ!!」ギュゥゥッ


男「ちょ、え、痛い!痛、女」

女「ぅぅう゛~」


男「お、お前、なんで、離れ、ちょっと離れて痛ぇ!」


女「……ごめん」スッ



男「……ふぅ……無事、だったんだな」

女「……うん」



321: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/25(日) 12:21:44 ID:t50Y2BUg


男「ここ、どこだ?」

女「病院」

男「何……?じゃあなんでお前ここに」

女「ずっと傍にいたから」

男「いやいやいや、ずっとって……今、朝……だよな?」

女「うん」

男「……昨日の夜から、ここにいるのか?」

女「なんとか」

男「……いや、なんとかってなんだよ……なんとかって」


女「傍にいたかったから……」

男「……そうか……」



322: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/25(日) 12:22:15 ID:t50Y2BUg

女「そう」

男「……」

女「……」

男「……え、と……あー……」

女「……」

男「その……大丈夫か?」

女「大丈夫」

男「……なら良いんだ……」

女「うん」

男「……」

女「……」



323: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/25(日) 12:23:16 ID:t50Y2BUg


男「……っ!女……そ」

女「怖かった」

男「の……」


女「怖かったよ、男……」

男「……悪い……俺がもっと早くお前を見つけてれば」

女「男がいなくなっちゃうんじゃないかって、

  ずっと怖かったんだよ……」


男「え」

女「ママみたいに私の傍からずっと……」



324: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/25(日) 12:23:48 ID:t50Y2BUg

男「……そんなわけねーだろ、たかがボコられたくらいで」

女「“たかが”じゃない!」

男「う」

女「私はっ……私は……」

男「……」

女「……」

男「……悪」

女「ごめんね……ごめんなさい……」

男「……女」

女「私が悪かったのに……男を危ない目に合わせた……」

男「違、お前悪くな」

女「私のせいだよ!私が……ごめんね……男……」



325: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/25(日) 12:24:56 ID:t50Y2BUg


男「……もういい、止めよう。
  こういうのは好きじゃないんだ」

女「なんで、男。私は――」

男「そんな顔するなよ。
  もう終わったんだ、全部終わったんだから」


女「……終わってないもん……」

男「?」

女「まだ終わってない」

男「……」

女「……」


男「……女、俺さ」

女「……」



326: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/25(日) 12:26:18 ID:t50Y2BUg

男「これからも……お前と……~~っ!
  ……いや、お前に」

女「うん」



男「……飯、作ってもいいかな?」

女「……うん」



男「俺がさ……お前の為に、飯、作りたいんだ」

女「うん」

男「それで、だから、あの、聞きたいことが」

女「うん」

男「そうだ、お前の、その……~~っ!!」

女「うん、うん」


男「あぁ……いや、なんでもない……」

女「……」



327: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/25(日) 12:27:35 ID:t50Y2BUg

男「……ぅぅ……」


女「ねぇ……男?
  私は、男が作る物が食べたい」

男「……ああ」


女「代わりなんていない。男と食事がしたい」

男「そうか」


女「誰かの代わりだなんて思ったことない」

男「……」



328: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/25(日) 12:28:31 ID:t50Y2BUg



女「……私は、男が必要だよ。私の支えだった」

男「……」


女「男が、ママの代わりに、私の傍にいてくれたから」

男「……」


女「……でも、でもね……私はっ……」

男「ああ……」


女「私は、男をママの代わりだなんて思ったことない!」

男「……!」



329: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/25(日) 12:29:35 ID:t50Y2BUg



女「男は男だもん……代わりなんていない……」

男「……そうだな」


女「傍にいてくれたのは男だもん……!
  傍にいて、私を見てくれたのは――」

男「俺が……見ていたのは……」


女「――男だよ……!!」

男「……そうだったな……」



330: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/25(日) 12:31:35 ID:t50Y2BUg



女「いつも美味しいご飯を作ってくれて、

  いつも私と一緒に家にいて、

  いつもお弁当を作ってくれて、

  いつも友君と楽しそうにしてて」

男「……そうだったか?」


女「そんな二人を見てると私は楽しくて、

  嬉しくて、

  男は笑ってる時少ないけど、たまに笑ってることがあって」

男「そうなのか?」


女「男が笑ってるとなんだか私も可笑しくて、

  友君も笑い出して、

  毎日幸せだった……」

男「……俺もそうだ」



331: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/25(日) 12:32:30 ID:t50Y2BUg




女「男の傍にいるのが幸せだった。

  私は男の傍にいたかった!」

男「……」



女「男がいなかったら……こんな風にはなれなかった……!
  男がいたから……私はこうしていられるの!!」

男「そうか」


女「……だから、必要じゃ無くなるとか、
  自分とは違うとか、
  そんなこと言わないでよ……」

男「……」



332: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/25(日) 12:34:00 ID:t50Y2BUg



女「私は男が、傍にいて欲しいよ……!

  いなくなったらやだよ……!!

  私は男の傍にいたいよ……」

男「……」


女「男が何を想ってても……私の想いは変わらないから゛……!」

男「女……」


女「ぅう……ヒックッ」

男「……俺、お前に嘘ついてたことがある」

女「う゛ん」


男「友の代わりとか、
  母親の代わり、とか……理由付けてたけど……」

女「うん゛」

男「俺が、お前の傍にいたかったんだ。
  必要だとか支えとか、どうでもよくて……」



333: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/25(日) 12:35:46 ID:t50Y2BUg

女「……」


男「俺は、お前の傍で……お前のこと見てたかったんだ」

女「……グス」


男「だから、もう泣くなよ。

  これからもお前の傍にいるから。

  いや、いさせてくれ。お前の傍にいたい」

女「――いいよ、ずっといて。どこにもいかないで……」


男「ああ、だから泣くな!
  帰ったら美味い飯作ってやるから」

女「ホント?約束だよ……私、お腹空いてるんだから」


男「約束だ。
  ……全部、お前と約束したことは全部守るから」


              ――お前は、笑顔でいてくれ。



336: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/25(日) 12:38:15 ID:t50Y2BUg



女「うん。
  じゃあ、男がご飯を作ってくれるまで我慢する」

男「……熱い漢に必要なものだからか?」

女「うん、オトコとオトコの約束は絶対」

男「なんだそれ……まぁいいか、わかったよ。
  待っててくれ――」


              ――俺が好きな、お前の笑顔を見るために。


男「絶対に美味いもん食わせてやる」

女「フフ、それでこそオトコらしいね」



337: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/25(日) 12:39:37 ID:t50Y2BUg



男「……はぁ……でもやっぱりお前は――

         ――熱血男が好きなんだな」

女「うん、私は――



339: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/25(日) 12:42:20 ID:t50Y2BUg




         ――熱血男が、大好き!」


original-001447-339




341: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/25(日) 12:47:44 ID:t50Y2BUg

ここまで見てくれた方、長々と御付き合いありがとう。
支援とレスに大感謝を!待たせてすみませんでした。
「熱血」を巡る物語は終わりです。少しは熱くなれたでしょうか?

またお会いしましょう。お疲れ様でした!!



342: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/25(日) 12:48:44 ID:n3Xe64hM

楽しかったぞ!!
超乙



343: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/25(日) 13:47:58 ID:2owdWHX.

面白かった!




元スレ
SS深夜VIP:男「お前、熱血男が好きなのか?」女「うん、大好き」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1330841563/