前作
モバP「猫と眼鏡っ娘と縁側でお昼寝」



SS速報VIP:八神マキノ「チョコレートサンデー」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1491230973/



1: ◆v.dj1DxwXc 2017/04/03(月) 23:49:33.40 ID:RV2qB6+d0

 アイドルマスターシンデレラガールズの八神マキノのSSです。

 まきのんの衣装の谷間に手をつっこみたいだけの人生だった。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1491230973




2: ◆v.dj1DxwXc 2017/04/03(月) 23:50:21.94 ID:RV2qB6+d0


 ~テレビ局某スタジオ~
 
八神マキノ「お疲れ様でした。」
 
<オツカレッシター  オツカレサマデース
 
 
モバP「お疲れ様、マキノ。」
 
マキノ「あら、P。朝から打ち合わせをしていたのでは?」
 
モバP「ああ、ついさっき終わったんだ。この局でやっていたから迎えに来たんだよ。」
 
マキノ「あなたの事だから、また夜まで熱中してやっていると思っていたわ。迎えに来てくれるなんて想定外ね。」
 
モバP「嬉しい想定外だろう?」
 
マキノ「そうね。」フフッ
 




3: ◆v.dj1DxwXc 2017/04/03(月) 23:51:21.54 ID:RV2qB6+d0

モバP「朝から打ち合わせやっていたからお腹空いたよ、奢るからどこか食べに行かないか?」
 
マキノ「私はお昼も食べてたのだけれど、まぁ付き合ってあげるわ。」
 
マキノ(これも嬉しい想定外........ね。)
 
マキノ「それじゃあ以前一緒に行ったカフェに行きましょう?
    ここから近いはずよ。」
 
モバP「ああ、良いぞ。」




4: ◆v.dj1DxwXc 2017/04/03(月) 23:53:20.16 ID:RV2qB6+d0

 ~カフェにて~
 
店員「お待たせしました。チョコレートサンデーとブレンドコーヒー、コークフロート、スペシャルパンケーキです。」
 
モバP「チョコレートサンデーとコーヒーはこっちの子で、後はオレです。」
 
店員「........ごゆっくりどうぞ。」ペコッ
 
マキノ「相変わらずの甘党っぷりね。見てるこっちが胸やけするわ。」
 
モバP「まきのんに言われたくないさ。打ち合わせで頭使ったから、糖分が欲しいんだよ。」
 
マキノ「まきのんはやめなさい。打ち合わせは、アニマルフレンズ、だったかしら?」
 
モバP「......誰にも言ってないはずなんだがなぁ。今日の打ち合わせで内容は全部決まったよ。」
 
マキノ「私を誰だと思ってるの? 私が参加することももちろん知ってるわ。」
 
モバP「そうだろうな、っと。はい、これが資料だ。暫定のな。」
 
マキノ「ふむ............私は、シマウマの衣装?」
 
モバP「そう、シマウマ。シマウまきのん。」
 
マキノ「だから............まったく、あなたが持ってくる仕事は私のイメージとそぐわないものが多くないかしら?」
 
モバP「そんなことないさ、ちゃんとバランス取ってるよ。」
 




5: ◆v.dj1DxwXc 2017/04/03(月) 23:59:41.29 ID:RV2qB6+d0

 
マキノ「他はともかく、これは私の、ファンが期待している大人っぽさのイメージとは合わない気がするのだけれど。
    私以外のメンバーも、愛嬌や可愛らしさにあふれている人ばかり。まったく、度し難い。」

モバP「確かに、スパイ役や温泉ライブの時のような、セクシーさや大人っぽさに、マキノのファンは魅了されている。だけど、それ一辺倒じゃ飽きてしまう。」
 
モバP「逆に、可愛らしさ一辺倒でももちろん、な。
    バニラアイスだけでは飽きる。だから、チョコソースやイチゴを加えるんだよ。そのチョコレートサンデーみたいに。」




6: ◆v.dj1DxwXc 2017/04/04(火) 00:00:33.46 ID:52/+3rT60

 
 

マキノ「......まぁ、あなたのことは信頼しているわ。いまさら文句を言うのは野暮ね。」
 
モバP「引き受けてくれて嬉しいよ。それと、やりたいことがあるならどんどん言ってくれていいんだぞ。」
 
モバP「オレもマキノを信頼しているからな。」
 
マキノ「相変わらず卑怯ね、あなたは。」
 
モバP「本当のことさ。さぁ、早く食べないとアイス溶けちまうぞ。」





7: ◆v.dj1DxwXc 2017/04/04(火) 00:06:25.14 ID:52/+3rT60

 ~事務所にて~
 

モバP「ただいま戻りました。」
 
マキノ「ただいま。」
 
千川ちひろ「あら、Pさん、マキノちゃん。お疲れ様です。」
 
モバP「お疲れ様です、ちひろさん。」
 
マキノ「ちひろさん。事務所のソファーかりるわ。」
 
ちひろ「ええ、良いですよ。」
 
 
 
マキノ(シマウマ、ね......まずは調べてみないと、その動物になりきるなんて不可能ね。)
 

 
ちひろ「Pさん。マキノちゃん難しい顔してますね。」
 
モバP「んー、そうですね。何でも難しく考えてしまいますから。
    でも、それがマキノの良いところですよ。」
 
ちひろ「あんまり心配してない、ってことですか。」
 
モバP「そうですよ。さてっ、資料頼んで、企画書を作りますか。」 
 



8: ◆v.dj1DxwXc 2017/04/04(火) 00:09:16.50 ID:52/+3rT60

 
マキノ(なるほど、縞模様は外敵の目を惑わすためのものなのね。
    だけど、人間はその模様を神秘的に感じる。興味深いわね。
    群れになることでその縞模様は効力を発揮する。私は、どうかしら......)
 
 

かな子「あ、マキノさん。お疲れ様です。」
 
マキノ「あら、かな子。戻っていたのね。お疲れ様。」
 
かな子「かなり集中していたみたいですね。邪魔しちゃいましたか?」
 
マキノ「いえ、気にしなくて良いわ。」
 
かな子「そうですか。私、クッキー焼いて来たんです。いかがですか? 頭を使ったあとは甘いものです!」
 
マキノ「......そうね、頂くわ。」
 
マキノ(外でもう糖分は摂取したのだけれど、まぁこれくらいなら......良いわよね?)
 
かな子「さっきPさんから聞きました、今度マキノさんとアニマルフレンズっていう企画で共演するんですよね?」
 
マキノ「ええ、そうね。かな子は確か、クマだったかしら。」
 
かな子「そうです! どんな風にすれば良いのかなぁ。」

マキノ「かな子クマ......愛らしくていいと思うわ。普段通りのあなたで臨めば、きっと喜んでくれるはずよ。ファンも、Pも。」
 
かな子「本当ですか! マキノさんにそう言われると、安心します!」
 
マキノ「あら、私のこと信頼してくれるの? あんまり関わりがなくて、初共演だと思うのだけど......」



9: ◆v.dj1DxwXc 2017/04/04(火) 00:10:23.26 ID:52/+3rT60


 
かな子「確かにあんまり共演したことはありませんね。
    でも、前にPさんが、マキノさんは自分やファンの人が求めているものを客観的に分析して見ることができる人だって言ってました。そして、足りないものを受け入れる柔軟さも持っているって。
    そんなマキノさんが私のことをそう評価してくれるなら、安心です!」
 
マキノ「そう、Pがそんなことを......」




10: ◆v.dj1DxwXc 2017/04/04(火) 00:12:38.81 ID:52/+3rT60


かな子「マキノさんは何の動物の衣装を着るんですか?」
 
マキノ「私はシマウマだそうよ。今はちょうどシマウマについて調べていたところ。」
 
かな子「シマウマですか! マキノさんに似合いそうです!」
 
マキノ「そうかしら? 私は、そもそも自分がこの企画に合っているのかどうかも分からないわ。」
 
かな子「私は似合うと思いますけど......シマウマって、模様がきれいでスラッとしていて。マキノさんにピッタリですよ!」
 
マキノ「......言われてみれば、そうかもしれないわ。」
 
マキノ(それに、Pが私を選んだ。そして、私がやりたいことは遠慮なく言ってくれと。
    ......つまりPが私に求めている像は。)
 
マキノ「ありがとう、かな子。私、少し難しく考えていたようね。」
 
かな子「ええっ!? そんな、私は思ったことを言っただけで、急にお礼を言われることは何も!」
 
マキノ「いいえ、あなたは、Pは私のことを私以上に分析して、理解していたわ。」
 
かな子「う~ん......? そうでしょうか?
    あ、クッキーもっとどうぞ!」




11: ◆v.dj1DxwXc 2017/04/04(火) 00:13:40.60 ID:52/+3rT60

マキノ「ありがとう、頭を使ったあとは、やっぱり甘いものね。」


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 

かな子「初めてマキノさんとこんなに長くお話しましたね。」
 
マキノ「そうね、とても有意義だったわ。」
 
かな子「私もです! マキノさんと仲良くなれて嬉しいです!」
 
かな子「わたしはそろそろ帰りますね。」
 
マキノ「そう。クッキー、美味しかったわ。」
 
かな子「えへへっ。また作って来ますね!」
 

 
 
マキノ(さて、方向性は見えてきた。あとは......)




12: ◆v.dj1DxwXc 2017/04/04(火) 00:16:06.80 ID:52/+3rT60

 
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~
 

マキノ「P、ちょっといいかしら?」
 
モバP「おう、マキノ。まだ残ってたのか。どうした?」
 
マキノ「今度の仕事のために、私なりにシマウマについて調べてみたわ。
    シマウマのもつ綺麗な模様。均整の取れた美しいボディ。そして私のもつ魅力。
    それらを統合して分析した結果、私はセクシー路線でいくのが妥当だと思うの。
    ......どうかしら?」
 
モバP「なるほど、これまでとのギャップを狙う可愛らしさではなく、その路線で勝負したい、と。」
 
マキノ「ええ、あなたは私にやりたいことは言ってほしい、と言ったわ。これが私のやりたいこと。Pの意思とは反するかもしれないけれど。」
 
モバP「......マキノ。お前にカフェで見せたあの資料、暫定のだと言ったろう?」
 
マキノ「? ええ、そうね。」
 
モバP「ほら、これが今度の衣装のデザインだ。少し前にデザイナーさんから送られてきてな。」
 
マキノ「これは......さながらサバンナの貴婦人ね。なかなか大胆な衣装じゃない。」
 
モバP「マキノ、期待してるぞ。」

マキノ「......ええ、任せてちょうだい。」 
 




13: ◆v.dj1DxwXc 2017/04/04(火) 00:18:36.36 ID:52/+3rT60


マキノ「あなたが私を選んだのは、この路線に期待してのことだったのね?」
 
モバP「別に、今回は可愛らしさを重視しよう、って言ったつもりはなかったんだがなぁ。やっぱり気難しく考えていたか。」  
 
マキノ「このメンバーと内容を見れば、そういうふうに考えてしまうわ。だけど、あなたが言ったことを思い出せば、ね。」
 
マキノ「やっぱり、ってことは私の考えてることはお見通しってことかしら?」
 
モバP「まぁな。オレを誰だと思っている。18の小娘のことなぞお見通しだ。」
 
マキノ「あら、Pにしては言うわね。」
 
モバP「まぁ、でも、マキノなら自分がどういう像を求められているか、自分で結論を出して来ると思ってたよ。」
 
マキノ「私のことを信頼しているから?」
 
モバP「ああ。」
 




14: ◆v.dj1DxwXc 2017/04/04(火) 00:19:43.00 ID:52/+3rT60

 
モバP「それにしても、縞模様見てたらあのチョコレートサンデーが食べたくなったな。」
 
マキノ「また、甘いもの? 限度があるわよ。」
 
マキノ「でもそうね、ならこのお仕事が終わったらご褒美にまたあのカフェに連れていって頂戴。
    私も食べたいわ、チョコレートサンデー............あなたの手から、ね。」ズイッ
 
モバP「お、おおいっマキノ? 顔がちかっ」
 

 
マキノ「なんて、ね。まだまだ、私を飼いならすのは無理なようね。
    年頃の女の子は、そう簡単ではないのよ。」




15: ◆v.dj1DxwXc 2017/04/04(火) 00:27:04.18 ID:52/+3rT60


短いですが終わりです。読んでくれた方、ありがとうございます。

まきのんはポンコツ可愛い。



前に書いたの。

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490966265/
モバP「猫と眼鏡っ娘と縁側でお昼寝」



元スレ
SS速報VIP:八神マキノ「チョコレートサンデー」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1491230973/