1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 17:35:57.33 ID:C39fZw5dO

一夏「・・・」

セシリア「えっ・・・い、一夏さんいま」

一夏「・・・これ味見したか?」

セシリア「味見?味見ってなんですの?」

一夏「・・・マジかよ・・・」

セシリア「えっと、あの・・・」

シャル「い、一夏!セシリアだって一生懸命作ったんだし」

一夏「一生懸命作ったらくそまずいもん人に食わせていいのか?」

セシリア「っ!」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 17:40:36.78 ID:C39fZw5dO

一夏「味見も知らないで人に食べさせるとかなにがしたいんだよ・・・嫌がらせか・・・」

シャル「一夏!」

一夏「なんだよ」

シャル「セシリアは一夏のためを思って、料理をしたことないのに」

一夏「じゃあ食べてみろよ」

シャル「えっ」

一夏「だからシャルも食べてみろって言ってんの」

シャル「そ、それとこれとは話しが違うじゃないか」

セシリア「・・・・・・」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 17:46:00.40 ID:C39fZw5dO

一夏「うわ・・・拒否った・・・」

セシリア「・・・グスッ・・・」

シャル「ち、違うよ!僕はただ、セシリアが一夏の為に作ったサンドイッチを勝手に食べるのは、どうかと思ったの!」

一夏「・・・」

セシリア「ヒグッ・・・ゥッ・・・」

シャル「・・・た、食べるよ!食べればいいんでしょ!」

一夏「あぁ」

シャル「じゃあ頂くねセシリア」



シャル「・・・・・・おぇっまずっ」ペッ



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 17:51:36.22 ID:C39fZw5dO

セシリア「うっ、うわああああああああああ!!」

一夏「ひどいな・・・まさか吐き出すとは思いませんでした」

シャル「あっ、ちがっ!」

セシリア「あああぁぁぁぁぁぁん!」

一夏「・・・・・・」

シャル「・・・なんだよ・・・僕が悪いんじゃないのに・・・」

セシリア「うううあああっ、うぐっ、あああ」

シャル「・・・のは・・・だよっ・・・」

一夏「・・・」

シャル「泣きたいのはこっちだよ!!」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 18:27:31.60 ID:C39fZw5dO

シャル「なんだよもう!悪いのはこんな道端で犬が執拗に臭いを嗅ぐなんかよくわからない物体をミキサーでグチャグチに
してパンを浸したようなサンドイッチを作ったセシリアじゃないか!」

一夏「・・・なにもそこまで言わんでも」

シャル「だいたいどうやったらこんなまずい卵サンドが作れるの!?
こんなんだからイギリスは世界一のメシまず国家って言われるんだよ!」

セシリア「ひ、ひどいですっ、あああぁぁぁん!」

シャル「うるさい!メシマズは死んだらいいんだよ!!このメシマズキングダム!!」

一夏「この馬鹿野郎!」ベチン

シャル「いたっ!?」

一夏「シャル・・・見損なったぞ」



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 18:38:19.22 ID:C39fZw5dO

シャル「へっ・・・?」

一夏「なあシャル、シャルは料理を初めてやった時、うまくいったか?」

シャル「な、なんだい突然」

一夏「うまくいかなかったろ?」

シャル「いかなかったけど・・・当たり前じゃないか」

一夏「じゃあ、セシリアが失敗したのも当たり前じゃあないのか?」

セシリア「・・・グスッ・・・」

シャル「はっ!?・・・って、一夏だってまずいって言ったじゃないか!」



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 18:51:43.70 ID:C39fZw5dO

一夏「俺はまずいと事実を言っただけだ」

シャル「ぼ、僕だって事実を」

セシリア「・・・ヒグッ・・・」

一夏「俺のは評価で、シャルのはただの中傷だろ」

シャル「そんな!」

一夏「まったく・・・シャルがそんな奴だったなんて」

シャル「違うよ!だってセシリアのご飯がまずいから」

セシリア「・・・うっ、うぅ・・・」

一夏「確かにセシリアのメシはまずい」

セシリア「・・・うぁっ・・・」

一夏「でも、これからうまくなればいい」

セシリア「っ!」



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 19:02:00.37 ID:C39fZw5dO

一夏「セシリア」

セシリア「グスッ、は、はい」

一夏「料理を教わったことは?」

セシリア「あ、アリマセン・・・」

一夏「誰にも教わらないで作ったのか・・・そりゃああなるわけだ」

セシリア「・・・グスッ」

一夏「あぁもう泣くなって。卵サンドくらい簡単に作れるようになるから」

シャル「・・・なんだろうこの流れは」

セシリア「で、でも・・・世界一のメシマズ国家生まれですし」

一夏「気にすんなってそんなこと」

セシリア「でも・・・」

一夏「まだ材料は余ってるか?」



85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 19:08:20.47 ID:C39fZw5dO

セシリア「たくさん余っていますけど、でも」

一夏「余ってんなら話しは早い。教えてやるからいこうぜ」グイッ

セシリア「へっ・・・?」

シャル「・・・なん・・・だと・・・」



89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 19:13:21.16 ID:C39fZw5dO

シャル「な、なななんでそうなるの!?」

一夏「なにが?」

シャル「だ、だって、セシリアのご飯はまずいんだよ!?メシマズキングダム生まれだよ!?」

一夏「下手だから教えるんだろ?」

シャル「確かに」

一夏「じゃいこうぜセシリア」

セシリア「は、はいっ!」

シャル「・・・って待った!納得するところだったよ!」

一夏「なんだよどうしたんだ?」

シャル「なら僕にも教えてよ!」



94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 19:19:36.98 ID:C39fZw5dO

一夏「シャルに?」

シャル「うん」

一夏「なんで?」

シャル「なんでって、セシリアに教えるなら僕にも」

一夏「シャルのご飯は今のままですごく美味いぞ?」

シャル「えっ・・・ほんと?」

一夏「あぁ、すごく美味いよ」

シャル「えへへへ」

一夏「んじゃ行くかセシリア」

セシリア「はいっ!」

シャル「いってらっしゃーい」


シャル「・・・ん?」



95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 19:20:42.42 ID:C39fZw5dO

第一部完!



100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 19:35:50.27 ID:C39fZw5dO

一夏「・・・ふぁ・・・ん?」ゴソゴソ

ムニュッ

一夏「この柔らかい感触は・・・」

ラウラ「ん・・・んぁ・・・うぅ・・・?」

一夏「ら、ラウラ!?」ガバッ

ラウラ「ふぁ・・・なんだ?」

一夏「ななななんで服を、いつも言ってるだろ!」

ラウラ「夫婦なんだからいいじゃないか」ギュッ

一夏「いやだからそんな」

ガチャッ

箒「いつまで寝てるんだいち・・・」

一夏「・・・」

ラウラ「・・・」ギュッ



101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 19:38:20.34 ID:C39fZw5dO

箒「いちかぁあぁあああこの不埒ものがぁーーーー!!!」

一夏「待て箒はなしを」

箒「問答無用だあああ!!」ビュッ

ゴキッ





一夏「・・・いってぇなぁ・・・」



104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 19:44:21.70 ID:C39fZw5dO

一夏「あぁくそっ・・・血が・・・」ダラダラ

箒「ふ、ふんっ!お前が朝から不埒な行為に及んでいるのが悪いんだ!」

一夏「・・・っつー・・・ティッシュ取ってくれラウラ」

ラウラ「大丈夫か?」

箒「まったく、お前はいつもいつも、学生が神聖な学び屋でそんな」

一夏「ちょっと切れただけだと思う」

ラウラ「保健室にはいくか?」

一夏「あぁ」

箒「あ、朝から女生徒とは、はは裸で・・・聞いているのか!?」

一夏「・・・あぁ?」



158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 21:14:36.08 ID:C39fZw5dO

箒「うぐっ、な、なんだ、そんな顔で睨んだところで怖くなんかないぞ!」

一夏「はぁ・・・ラウラ、保健室行ってくるからな」スタスタ

ラウラ「わたしも行くぞ」バッ

一夏「服を着ろ服を」

箒「おい待て!さっきからわたしのことを無視してどういうつもりだ!」

一夏「・・・警備員でも呼んで欲しいのか?」

箒「警備員?」



195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 22:19:00.40 ID:C39fZw5dO

一夏「警察呼んでもいいくらいだと思うけどな」

箒「な、なんだ、なにを言って」

一夏「・・・例えばだ。部屋にいきなり他人が入ってきて、木刀を振り回したとする。それで木刀で頭を殴られて怪我をしたら、その部屋の住人はどうする?」

箒「・・・そ、そんなこと」

一夏「警察呼ぶだろうな。それでその木刀を振り回した人間は暴行罪で捕まり、刑務所に入る」

箒「それはそうだが・・・今は、一夏が悪いんだぞ!」

一夏「俺が?」

箒「そうだ!学校で女をべ、べべベッドに連れ込むなんて言語道断だ!」



208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 22:30:12.46 ID:C39fZw5dO

一夏「じゃあ言わせてもらうけどな、いきなり」

箒「う、うるさい!男のくせに言い訳するな!」

一夏「木刀振り回して人の頭殴るのが女のすることなのか!?あぁ!?」

箒「っ!・・・で、でもお前が」

一夏「朝起きたら隣に裸のラウラがいた。俺はその素行を注意した。
そこに勝手に部屋に入ってきたお前がいきなり説明も聞かずに木刀を振り回して襲ってきた。
俺のどこに非があるって?」

箒「ぅ、うぐっ」

一夏「不埒だなんだと言うけどな、勝手に人の部屋に入っていきなり殴りつけるのは人の道に反しないのか?」

箒「だって、一夏が」

一夏「呆れたな、まだ言うか」



221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 22:40:30.45 ID:C39fZw5dO

一夏「そもそもなんの権限があって俺の素行だなんだと言ってくるんだ?何様のつもりだよ」

箒「わっ、わたしは・・・幼なじみ、だから」

一夏「幼なじみならプライベートに干渉して気に入らないことがあれば木刀で殴り掛かっていいってのか?どこの暴君だ」

箒「だって・・・グスッ・・・ヒグッ・・・」

一夏「・・・はぁ・・・泣くなよ」

箒「ぅっ・・・ない、泣いてっ、ヒグッ、ないっ」

一夏「はぁ・・・」

箒「ぅっ・・・ぁぅっ・・・」



230: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 22:48:15.36 ID:C39fZw5dO

一夏「うおっ」フラッ

一夏「マジで保健室いったほうがよさそうだな・・・ラウラ」

ラウラ「なんだ?」

一夏「もしかしたらホームルーム遅れるかもしれないから、そん時は山田先生によろしく」

ラウラ「わかった」

一夏「じゃっ」フラフラ

箒「・・・って・・・」

一夏「・・・ん?」

箒「ご、ごめっ・・・ごめんなさい・・・グスッ・・・」



240: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 22:57:34.71 ID:C39fZw5dO

一夏「なんか言ったか?」

箒「ごめんっグスッ、なさい!」

一夏「で?」

箒「・・・ゆ、許してっ・・・く「嫌に決まってんだろ」

箒「・・・えっ・・・?」

一夏「一応大丈夫かとは思うけど、治療費掛かったらそれはあとで請求するから」

箒「えっ・・・えっ?」

一夏「幼なじみのよしみで慰謝料は勘弁してやる。じゃあな」

箒「なに、言って・・・待って一夏、いかないで」

バタン

箒「一夏・・・一夏ぁあああああああああ!!!」



241: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 22:58:44.52 ID:C39fZw5dO

第二部完!とりあえずメインヒロイン全員出たしどうすっかな



242: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 22:58:49.73 ID:w+crt1zy0

やめたげてよお!



272: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 23:24:11.53 ID:C39fZw5dO

セシリア「ふんふーん♪」

セシリア「ふふんふーん♪」

セシリア「ふんふーんふふんふーん♪」

セシリア「ふーんふんふーんふふん ふーんふんふーん♪」

セシリア「よしっ。お味は・・・美味しい!」

セシリア「これなら一夏さんも喜んでくれますわ~♪」

ガラッ

シャル「あっ」

セシリア「あっ・・・お、おはようございますシャルロットさん」

シャル「・・・おはようセシリア」



277: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 23:29:18.57 ID:C39fZw5dO

セシリア「・・・・・・」

シャル「それ」

セシリア「な、なんですの?」

シャル「一夏にあげるの?」

セシリア「え、えぇ。昼食をご一緒しようかと」

シャル「ふーん・・・僕も一夏にお弁当を作ってあげようと思ってね」

セシリア「そ、そうなんですの。では私はこれで」

シャル「うん・・・あ、そうだセシリア」

セシリア「はい?」

シャル「一夏、どっちの料理が美味しいって言うかなぁ」

セシリア「そ、それは一夏さんでないと・・・では」



288: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/08(金) 23:39:31.01 ID:C39fZw5dO



セシリア「今日はオムライスに挑戦してみましたの。よろしければ食べて頂けますか?」

一夏「味見した?」

セシリア「ちゃんとしました!もうっ!」

一夏「ははっ」

シャル「僕はビーフストロガノフを作ってみたんだ。さっきまで煮込んでて熱々だし、パンも焼きたてだよ」

シャル「食べてくれる?一夏」

一夏「もちろん。これは美味しそうだな」

シャル「ふふっ、冷めないうちにどうぞ。冷めないうちに、ね?」チラッ

セシリア「・・・」



334: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09(土) 00:22:06.01 ID:RuNHnIeYO

一夏「それじゃまずシャルのから・・・」モグ

シャル「・・・」

一夏「美味い!これは美味い!」モグモグ

シャル「良かった~」フヒュゥ




一夏「美味しかった・・・ふぅ」

シャル「ふふっお茶どうぞ、頑張って作った甲斐があったよ」

一夏「ほんとに美味しかったよ。シャルは流石だな」

シャル「えへへへへ」

一夏「次はセシリアのだな」

セシリア「えっ、あ、あの私は」

一夏「ん?」

セシリア「シャルロットさんみたいに上手じゃありませんし、今日は」

一夏「シャルのが上手なことなんて分かりきったことだろ?なにを今更」

シャル「えへへへ」



337: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09(土) 00:26:25.86 ID:RuNHnIeYO

セシリア「あぅ・・・」

一夏「いいからくれよ、ほら」

セシリア「うぅ・・・」

一夏「・・・」モグモグ

セシリア「・・・」

シャル「・・・」

一夏「・・・卵が固いしチキンライスもところどころ焦げてるな・・・卵の殻まで」

セシリア「も、申し訳ありません・・・」

シャル「しっ!しっ!」ガッ

一夏「でも、なんか美味いな・・・なんだろ」

セシリア「へっ?」



350: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09(土) 00:32:31.24 ID:RuNHnIeYO

一夏「俺、母親いないから分からないけど・・・こんなんが母さんの味なのかな?そんな感じがする」

一夏「とにかく、美味しいよ」ガツガツガツ

セシリア「・・・一夏さん・・・」

シャル「・・・・・・」




一夏「ふぅ・・・ちょっと食べすぎた」



357: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09(土) 00:41:26.39 ID:RuNHnIeYO

セシリア「お粗末さまでした」

一夏「ごちそうさまでした」ゴロン

セシリア「食べてすぐ横になると牛になってしまいますわ」

一夏「牛かぁ・・・牛ぃぃぃぃ」

セシリア「ふふっ、なんですのそれ」

一夏「牛の真似」

セシリア「似てませんわ」

一夏「自信あったのに」

セシリア「ふふっ」



シャル「ちょっと待った僕もいるよ!なにこの空気!」



361: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09(土) 00:45:49.56 ID:RuNHnIeYO

一夏「分かってるよ」

セシリア「むぅ・・・」

シャル「一夏!」

一夏「な、なんだ?」

シャル「どっちの料理が美味しかった?」

一夏「どっち?」

シャル「僕とセシリアだよ!」

一夏「そりゃ分かってるよ・・・そうだな、考えるまでもない気がするけど」

シャル「・・・」ゴクリ

セシリア「・・・」ゴクリ



一夏「シャル」

シャル「へっ」

セシリア「えっ」



367: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09(土) 00:51:14.36 ID:RuNHnIeYO

シャル「ほ、ほんと?」

一夏「あぁ」

シャル「やった!・・・えへへへ」

セシリア「こ、ここは私の名前を挙げる流れではありませんの!?」

一夏「いや、普通にシャルのが美味かったし」

シャル「へへへへ~」

セシリア「うぅっ・・・」

一夏「そりゃそうだろ、シャルのレストランで出されても文句のないビーフストロガノフと」

一夏「セシリアの殻入りオムライス。比べるまでもない」



375: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09(土) 01:04:15.07 ID:RuNHnIeYO

一夏「まだセシリアの料理は人と比べる段階じゃない。調子に乗ったらダメだぞ」

セシリア「申し訳ありませんわ・・・」

シャル「へへへー」

一夏「じゃあ夜にでも練習するか」

セシリア「えっ」

シャル「へっ」

一夏「料理はやらないと上達しないからな、嫌ならいいけど」

セシリア「やります!是非やりますわ!」

一夏「じゃあまた今日の夜に」

セシリア「はいっ!」

シャル(またこの流れか・・・しかし、同じ轍を踏む僕じゃないぞ!)



384: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09(土) 01:11:59.41 ID:RuNHnIeYO

シャル「一夏!」

一夏「ん?」

シャル「僕もセシリアに料理を教えるよ!」

セシリア「け、結構ですわ!」

シャル「そんなこと言わずに、是非セシリアに料理を教えたいんだ!今日は夜にやることがなくて困ってたし、是非ね!・・・・ダメ?」

一夏「そこまで言うなら・・・」

シャル「うん!」

セシリア「くっ・・・」

一夏「楯無さんの訓練は断るつもりだったけど、シャルがセシリアを見てくれるならお願いするよ」

シャル「・・・んっ?」




393: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09(土) 01:18:42.43 ID:RuNHnIeYO

一夏「よかった・・・断ると楯無さんあとで怖いからなあ。助かったよシャル!」

シャル「えっ・・・うん」

一夏「シャルの腕前なら信用出来るからな。セシリアも、ちゃんとシャルの言うこと聞くんだぞ?」

セシリア「え、えぇ・・・」

一夏「じゃ、そういうことで。ちょっと午後の授業の前に寄るところあるから先いくな」




398: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09(土) 01:24:33.91 ID:RuNHnIeYO




シャル「・・・なんかごめんね」

セシリア「・・・いいんですの」

シャル「・・・頑張って教えるよ」

セシリア「・・・お願いしますわ」

バーン!




402: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09(土) 01:26:29.92 ID:RuNHnIeYO

鈴「一夏ぁ!酢豚作ったんだけど食べない?」

シャル「誰?」

セシリア「さぁ、誰ですの?」

鈴「なによ喧嘩売ってんの?」

セシリア「教室、戻りましょうか」スタスタ

シャル「そうだね」スタスタ

鈴「おーい、なによ・・・」

鈴「えっ・・・あれ?出番これだけ!?」

鈴「待ってよセシリア!わたしの出番これだけ?なんで!?」

セシリア「2組だからじゃないんですの?」

シャル「2組だからだね」

2組「なによそれ!ちょっ、待って!待ちなさいよー!!」


劇終!



405: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09(土) 01:28:08.66 ID:u7ElfbkK0

鈴ちゃんかわいいよ 



408: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/09(土) 01:29:45.81 ID:4cVvh3NB0

鈴ちゃん最後に活躍できてよかったね。かわいい


元スレ
一夏「・・・まっず」セシリア「えっ」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1302251757/