SS速報VIP:サターニャ「ちょっと!あんた何食べてんのよ!」  ガヴ「……」モグモグ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492316114/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 13:15:14.67 ID:XddRhHXR0


-昼休み-


サターニャ「それは私のメロンパンよ!返しなさい!」

ガヴ「ふももふごっ、んももっ」モグモグ

サターニャ「何言ってんだか分かんないわよ!いいから早く返して!」

ガヴ「……」モモモモモ

サターニャ「あーーーっ!!」




ガヴ「……」フゴフゴ

サターニャ「ぜ、全部食べられた……」




ガヴ「……」モグモグ

サターニャ「うぅ……ガヴリールぅ……なんでこんな事するのよ……」グスッ


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1492316114




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 13:16:18.76 ID:XddRhHXR0


ガヴ「もふぁふぁふぁへっへふぁんふぁお」モグモグ

サターニャ「だから何言ってだか分かんないっつってんでしょうが!」

ガヴ「……」モグモグ

サターニャ「もー!リスみたいな顔しちゃって、ホントムカつくわね!」

ガヴ「……」モグモグ


ガヴ「……」モグモグ


ガヴ「……」ゴクン


ガヴ「……」




ガヴ「お腹が減ってたんだよっ!!!」


サターニャ「やかましいわ!!私だって減ってんのよ!!」







3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 13:17:10.39 ID:XddRhHXR0


ガヴ「いやー実はさー、金欠のせいで昨日の昼から何も食べてなくて死にそうだったんだよ」

サターニャ「それでなんで、私のメロンパンを食べることになるのよ!」

ガヴ「だって、ヴィーネはいつも世話になってるから悪いし、ラフィは後が怖いし……」


ガヴ「その点、サターニャなら何をしても全く気にならないからな!」ドーン

サターニャ「あんたそろそろぶっ飛ばすわよ……?」ワナワナ


ガヴ「ま、お陰で今日は助かったよ。ありがとな」

サターニャ「私のランチは台無しになったけどね……」

ガヴ「そんなつれない事言うなよ。私たち、友達じゃないか」

サターニャ「都合のいいときだけ友達ヅラしてんじゃないわよ!」



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 13:18:01.04 ID:XddRhHXR0


ガヴ「まあまあ。それじゃあ、明日もよろしく」スタスタ

サターニャ「はあ!?あんた何言って……」

ガヴ「頼んだぞー」ヒラヒラ

サターニャ「ちょっ!待ちなさいガヴリール!」





サターニャ「もー!なんなのよー!!




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~






5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 13:19:17.14 ID:XddRhHXR0


-翌日-



サターニャ「右……よし、左……よし、前も後ろも……オーケー」


サターニャ「ガヴリールは居ないみたいね。今の内に……」ガサ…




「甘いなサターニャ」




サターニャ「はっ!?」


ガヴ「上だ」



シュバッ



サターニャ「ああっ!!私のメロンパン!!」





6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 13:19:56.48 ID:XddRhHXR0


ガヴ「……」モグモグ


サターニャ「くぅぅ……またやられたー!!」



ガヴ「悪いな。私も命がけなんだ」モグモグ

サターニャ「あんたは少しは悪びれなさいよ!」

ガヴ「それじゃあ、明日もよろしく」モグモグ

サターニャ「お断りよ!ばーかばーか!」




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~






7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 13:20:58.98 ID:XddRhHXR0


-翌日-



サターニャ「右……よし、左……よし、前も後ろも……オーケー」


サターニャ「そして上も……いないわね」


サターニャ「よし、今のうちに……!」




「甘いなサターニャ」




サターニャ「はっ!?こ、今度はどこから!?」


ガヴ「股の下だ」ニョキッ


サターニャ「いやおかしいでしょ!!」





8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 13:21:48.24 ID:XddRhHXR0



ガヴ「ていっ」バシッ


サターニャ「って、あーーーっ!!」


ガヴ「……」モグモグ


サターニャ「うぅ……またやられた……」


ガヴ「油断大敵だ」モグモグ


サターニャ「ていうか、なんでガヴリールが私の股の下から出てくるのよ!」

ガヴ「知らないのか?悪魔の股下は異空間に繋がってるんだよ」モグモグ

サターニャ「聞いたことないわよそんなの!」

ガヴ「まあそういう訳で、明日もよろしく」モグモグ

サターニャ「どういう訳よ!絶対にイヤだからね!」







9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 13:22:39.55 ID:XddRhHXR0


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



-通学路-



サターニャ「はぁ……」


サターニャ(昨日もまたガヴリールにメロンパンをとられた……)


サターニャ「……」ギュッ


サターニャ(でも、今日こそは絶対にこのメロンパンを死守してみせるわ!見てなさいよー!)


サターニャ「……ん?」



犬「……」ハッハッハッ



サターニャ「げっ、犬……!」


犬「ワンッ!」





10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 13:24:46.50 ID:XddRhHXR0


サターニャ(マズい……このままじゃ私のメロンパンが犠牲に……!)


サターニャ「くっ……そのまま、大人しくしてなさいよ……」ジリ…


犬「……」ハッハッハッ



犬「ワンッ!」ダッ


サターニャ「……!」



バシッ



犬「キャインッ!」


サターニャ「……えっ?」



ガヴ「……」



サターニャ「ガ、ガヴリール!」





11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 13:25:26.73 ID:XddRhHXR0


ガヴ「……どうやら、間に合ったみたいだな」


サターニャ「なんであんたが私を……」

ガヴ「勘違いするなよ。私は別に、お前を助けようとした訳じゃない」


ガヴ「……ただ、お前のメロンパンを守りたかっただけだ」

サターニャ「ガヴリール……」

ガヴ「さあ、ここは私が食い止めるから、サターニャは先に行くんだ」

サターニャ「……バカね。あんたを1人、置いていける訳ないじゃない」

ガヴ「なに?」

サターニャ「私も手伝うわ。2人で協力すれば、その犬だって簡単に追い払えるはずよ」

犬「……」ハッハッハッ



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 13:27:00.62 ID:XddRhHXR0


ガヴ「……そうか。大悪魔様っていうのは、随分とお人よしなんだな」

サターニャ「ふん、悪魔は義理堅いってだけよ」

ガヴ「へー。サターニャが義理堅いねぇ……」

サターニャ「何よ!文句あんの!?」

ガヴ「まあいい。私の足は引っ張るなよ? サターニャ」

サターニャ「あんたこそ、私の動きにちゃんと付いてこれるのかしら?」

ガヴ「当然だ。元天使学校主席を嘗めるな」

サターニャ「口だけは立派なようね」

ガヴ「お前にだけは言われたくないな……それじゃあ」





13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 13:27:58.80 ID:XddRhHXR0





ガヴ「行くぞサターニャ!!」ビシッ

サターニャ「オーケーガヴリール!!」ビシッ




ガヴ「うぉおおおおおおおお!!!」ドドドドド

サターニャ「はぁぁあああああああ!!!」ドドドドド


犬「ワォォオオオオオオン!!」ドドドドド





カッ!








14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 13:29:20.65 ID:XddRhHXR0












犬「……」モグモグ



サターニャ「あ〝ーー!!負けたー!!」

ガヴ「ちくしょーーー!!」




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~






15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 13:31:05.63 ID:XddRhHXR0


-1週間後-


サターニャ「さて、今日は気分を変えて屋上に行くわよ!」



ガチャッ



サターニャ「……って」


ガヴ「よー、サターニャ」


サターニャ「なんでガヴリールが居るのよ!」


ガヴ「なんだよ。居ちゃ悪いのか?」

サターニャ「そうじゃなくて……あんたどうせ、私を待ち伏せてたんでしょ?」

ガヴ「まあな」

サターニャ「ほらやっぱり!このメロンパンは絶対に渡さないからね!」

ガヴ「あんだけとられておいて、まだそんなセリフが言えるのはすごいな」



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 13:32:39.72 ID:XddRhHXR0


サターニャ「ぐぬぬ……」

ガヴ「……まあいい。今日は別に、お前のメロンパンを奪いにきた訳じゃないんだ」

サターニャ「え?そうなの?」

ガヴ「ああ。だからほら、座れよ」ポンポン

サターニャ「う、うん……」スッ



サターニャ「……」

ガヴ「……」



サターニャ「……それじゃあ、今日は一体何をしにきたのよ?」

ガヴ「あー……えっと、それはだな」



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 13:33:20.16 ID:XddRhHXR0


サターニャ「……」ジーッ

ガヴ「その……なんと言うか……」

サターニャ「何よ。早く言いなさい」

ガヴ「……」



ガヴ「……ごめんな、サターニャ」

サターニャ「え?」



ガヴ「悪かったよ。お前のメロンパンを勝手に食べたりして」

サターニャ「……え?」



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 13:34:43.59 ID:XddRhHXR0


ガヴ「あのときの私は自分の事しか考えてなかった。もっと、サターニャの気持ちも考えるべきだったな」

サターニャ「は?」

ガヴ「こんなことを言うのは虫が良すぎるかもしれないが……もう二度とあんなことはしない。だから、私の事を許してくれないか?」

サターニャ「……」

ガヴ「……サターニャ?」

サターニャ「……ごめん、ガヴリール」






サターニャ「めちゃくちゃ気持ち悪い」ゾゾゾッ

ガヴ「ああ、私もだ」








19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 13:35:56.13 ID:XddRhHXR0


サターニャ「ていうかなんで急にそんな素直に謝ってくるのよ!ガヴリールらしくないわね!」

ガヴ「いやー、あの後サターニャのメロンパンを食べまくってたことがヴィーネにバレてさ。めっちゃ叱られたんだよ」

ガヴ「で、サターニャに謝って許してもらえるまで私の世話をしないって言われたから、仕方なく謝りにきた」

サターニャ「何よそれ!全然謝る気ないじゃない!」

ガヴ「当然だ。お前に謝るとか考えただけで反吐が出る」

サターニャ「あんたねぇ……!」プルプル

ガヴ「ま、そういう訳で……」




ガヴ「さっさと私を許せ、アホサターニャ」

サターニャ「分かった。歯を食いしばりなさいガヴリール」







20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 13:36:58.28 ID:XddRhHXR0


ガヴ「なんだよ。許してくれないのか?」

サターニャ「許す訳ないでしょうが!」

ガヴ「そうか。じゃあ、これならどうだ?」ガサッ

サターニャ「え?それは……」



ガヴ「『エンジェルベーカリー 秋の新作 サクふわクリームメロンパン』」

サターニャ「なっ!!?」



ガヴ「最近話題の超美味いメロンパンだ。お前も、名前くらいは聞いたことあるだろ?」

サターニャ「あああ……そ、そんなまさか」



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 13:40:09.07 ID:XddRhHXR0


ガヴ「大変だったぞ。昨日3時間も行列に並んで、やっと買えたんだ。普段ならサターニャなんかに渡したりはしないが……」

サターニャ「……」ジュルリ

ガヴ「取り引きだ。私を許してくれるなら、このメロンパンをお前に食べさせてやる」

ガヴ「そして、許してくれないならこれは私が1人で食べる。お前の目の前でな」

ガヴ「聡明な大悪魔様なら、どっちを選ぶべきか分かるよな?」

サターニャ「……」





サターニャ「……しょ」





サターニャ「しょーがないわねー!今回だけは許してあげるわ!」

ガヴ「さすが大悪魔様」ニヤッ






22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 13:41:03.32 ID:XddRhHXR0


サターニャ「まあよく考えたらメロンパンを食べられるくらい、別に大したことないものね!うん!」

ガヴ「そーそー」

サターニャ「ほ、ほら、それより、許してあげたんだから、早くそれをちょうだい!」

ガヴ「まあ焦るなって……ほい」モゴッ

サターニャ「やったー!」



サターニャ「……ってなんで半分?」

ガヴ「なんでって……私も食べたいからだよ」

サターニャ「ええ!?全部くれるんじゃないの!?」

ガヴ「私は「食べさせてやる」とは言ったが、「全部」だなんて一言も言ってないぞ」

サターニャ「なっ!そんなの詐欺じゃない!」



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 13:41:49.90 ID:XddRhHXR0


ガヴ「勝手に勘違いしたお前が悪い。……で、だ」

サターニャ「何よ」

ガヴ「お前のメロンパンも半分よこせ」

サターニャ「はあ!?あんたこの後に及んで何を……」



ガヴ「……」

サターニャ「……ああ、なるほど。そういうことね」



サターニャ「……」ガサガサ



サターニャ「はい」モゴッ

ガヴ「ん」






24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 13:42:45.37 ID:XddRhHXR0


サターニャ「……まったく。半分こしたいなら最初からそう言いなさいよ」

ガヴ「んな訳ないだろ。お前からも貰わないと不公平ってだけだ」

サターニャ「あんた本当に素直じゃないわねー」

ガヴ「はあ?何言ってんだよ」

サターニャ「まあいいわ。それじゃ、いただきまーす」



パクッ モグモグ…



サターニャ「……」モグモグ

ガヴ「……」モグモグ



サターニャ「……そう言えば、ガヴリール」モグモグ

ガヴ「んー?」モグモグ



25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 13:43:59.35 ID:XddRhHXR0


サターニャ「どうして私が屋上に来るって分かったの?」モグモグ

ガヴ「ああ……なんと言うか、サターニャって高い所が好きそうだったからな」モグモグ

サターニャ「……それどういう意味よ」モグモグ

ガヴ「大悪魔としての志が高いってことだよ」モグモグ

サターニャ「なるほど!あんたもよく分かってるじゃない!」モグモグ

ガヴ「まあな。……それでサターニャ」モグモグ

サターニャ「なに?」モグモグ

ガヴ「私のメロンパンの味はどうだ?」モグモグ

サターニャ「んー、そうねー……」モグモグ







サターニャ「めちゃくちゃ美味しいわ!」モグモグ

ガヴ「だろ?」モグモグ


-おしまい-




27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 13:45:38.02 ID:XddRhHXR0

ガヴとサターニャは「仲良いよね」って言われて、「そんな訳ないだろ(でしょ!)」がハモるイメージです

HTML化依頼出してきます



28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 13:49:12.66 ID:ZI3pc0Jxo

なんだかんだで仲いいよなお前らって言われちゃう関係ほんと好き



元スレ
SS速報VIP:サターニャ「ちょっと!あんた何食べてんのよ!」  ガヴ「……」モグモグ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492316114/