1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/15(土) 22:21:00 ID:jpkY5zGM


放課後


ヴィーネ「ガヴー帰るわよ」


ガヴ「んぁ・・・私寝てたのか」


ヴィーネ「それはもうぐっすりとね。声かけたんだけど、全然起きなかったし・・・」


ガヴ「ふーん・・・で、ヴィーネは律儀にも私が起きるまで待っててくれたわけ?」


ヴィーネ「なわけないでしょ。委員長の手伝いをしてて、今終わったとこよ」


ガララ!


サターニャ「うぅ~・・・ひぐっ、ぐす」


ガヴ「・・・誰かと思えばサターニャじゃん。また泣いてるけどなにやらかしたんだ・・・」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/15(土) 22:29:25 ID:jpkY5zGM



ヴィーネ「あー・・・あの子、また宿題をやらずに、ね・・・」


ガヴ「あ、うん。もうだいたい察しはついたわ」


サターニャ「なによ・・・えぐっ、少しは慰めなさいよっ」


ガヴ「いや、私の予想通りなら自業自得じゃん」


ヴィーネ「まったく・・・少しは反省しなさいよね」


サターニャ「くくく・・・人間ごときなど、この大悪魔サタニキア様が恐れるとでも・・・」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/15(土) 22:33:36 ID:jpkY5zGM


ガヴ「っと、そういえばヴィーネ、今何時だ?」


サターニャ「ちょっと、最後まで聞きなさいよ!」


ヴィーネ「え?今はえっーと・・・17時ちょっと前ね」


ガヴ「もうそんな時間か・・・ん?なんか忘れてるような・・・」


サターニャ「ねぇ・・・聞いて―――」


ガヴ「―――あぁっ!!しまったぁぁぁああぁぁ!!」


サタ・ヴィネ「!?」ビクッ



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/15(土) 22:39:34 ID:jpkY5zGM



サターニャ「ちょっと、何なのよ。いきなり大声出しちゃって。びっくりするじゃない!!」


ガヴ「・・・・・んだよ」


ヴィーネ「?ごめん、聞こえなかったわ」


サターニャ「今度は小さすぎて聞こえなかったわ!」


ガヴ「だから!イベントが17時から始まるんだよ!!」


ヴィーネ「は?」


ガヴ「くっ・・・どうする、このまま帰っては間に合わんぞ・・・」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/15(土) 22:48:54 ID:jpkY5zGM



サターニャ「まったく・・・何かと思ったら。ねとげ?の話じゃない。びっくりして損したわ!」


ガヴ「なんだとはなんだよ。私にとっては死活問題なんだぞ!」


ヴィーネ「えーっと・・・別に時間ぴったしに始めなくてもいいんじゃないの?よくわからないけど」


ガヴ「甘いぞヴィーネ。今回のイベントはだな・・・クリアした人に先着で特別なアイテムがもらえるんだよ」


ガヴ「だから早く帰ってイベクエ進めないと・・・やっぱり今日は休むべきだった!クソッ」


サターニャ(ほんとにこいつは天使なのかしら・・・)



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/15(土) 23:01:58 ID:jpkY5zGM



ガヴ「しかたない。あれを使うか」


ヴィーネ「あれって?」


ガヴ「神足通だよ。幸い教室には私たち三人しかいないし、大丈夫だろ」


サターニャ「必死ね」


ヴィーネ「やめときなよガヴ。どこで誰が見てるかわからないのよ!」


ヴィーネ「それに、そんなことの為に力を使うなんて・・・」


ガヴ「へーきへーき。犯罪もバレなきゃセーフだっていうじゃん?」


ヴィーネ「言わないし聞いたこともないわよ」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/15(土) 23:10:11 ID:jpkY5zGM



ガヴ「あぁっもう2分くらいしかないじゃん!」


ガヴ「すまん!私は先に行く」


ヴィーネ「ちょっと、ガ―――」


サターニャ「あ、浮いてる・・・ってか眩しい!」


ガヴ(私を自分の部屋に移動させて!!)グッ


キュィィィィン!!


スタッ


ガヴ「ふぅ、何とか間に合った・・・って、あれ?部屋じゃ、ない・・・?」


サターニャ「」


ヴィーネ「」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/15(土) 23:17:37 ID:jpkY5zGM


ガヴ「チッ・・・失敗したか。こんな急いでる時に限って・・・ん?」


ガヴ「どうしたんだよ、二人とも。私に何かついてるか」


ヴィーネ「え、あっ・・・そ、それは・・・///」


サターニャ「ついてるかって言われればついてないっていうか・・・///」


ガヴ「あぁ?何言って・・・・・・・はっ!!」スッポンポーン


ヴィーネ「///」


サターニャ「///」


ガヴ「い・・・」


サターニャ「い?」


ガヴ「いやーーーっ!!!!」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/15(土) 23:33:28 ID:jpkY5zGM



サターニャ「・・・っ///と、とにかく!私のセーター貸してあげるからっ」ヌギヌギ


サターニャ「はい!早くこれを着るのよ」


ガヴ「うぅ・・・なんでこんなことに・・・」


ヴィーネ「・・・///」


サターニャ「あんたはいつまでぼーっとしてるのよ」バシッ


ヴィーネ「・・・はっ!?なんかとんでもないものを見てしまった気がずるわ」


ガヴ「・・・とんでもないもので悪かったな」グスッ


ヴィーネ「あ・・・そ、そういう意味じゃ///」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/15(土) 23:45:19 ID:jpkY5zGM



サターニャ(うっ・・・咄嗟にセーターを貸したのはいいけど・・・)


ガヴ「はぁ~・・・今回ばかりは私の背が小さくて助かったよ」


ガヴ「おかげでサターニャのセータが、最低限のところは隠してくれてるしな」


サターニャ(なんか全裸よりも、なんというか・・・卑猥だわ///)


ヴィーネ(裸セーターのガヴが可愛すぎてやばいわ・・・ってこんなこと考えてる場合じゃない!)


ヴィーネ「と、とにかく!さすがにそのまま帰るのは無理だろうし・・・」


ガヴ「あ、当たり前だろ///このまま帰るとかただの痴女じゃんかっ」


サターニャ「今日に限って体育もなかったから、体操着もないしね」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/15(土) 23:53:42 ID:jpkY5zGM


ヴィーネ「うーん・・・あ、確か保健室でジャージか何か借りれなかったかしら」


サターニャ「・・・!!それだわ!」


ガヴ「さすがヴィーネ!さえてるぅ!」


ヴィーネ「そ、そう?」テレテレ


ヴィーネ「よし!じゃあ私が借りてくるから、それまで待っててね。すぐ戻るから」タタタッ


ガララッ・・・ピシャ!


サターニャ「・・・まぁこれで安心ね」


ガヴ「そうだな・・・」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/16(日) 00:02:01 ID:KI5RtJLo


シーン・・・


ガヴ「・・・」


サターニャ「・・・」


ガヴ「・・・なぁ」


サターニャ「・・・なによ」


ガヴ「お前ってさ、案外いい匂いだな」


サターニャ「んなっ・・・///な、なによ急に!」


サターニャ「てか勝手に嗅がないでよ!恥ずかしいじゃないっ変態なの!?///」


ガヴ「お、おう・・・そこまで焦らなくても」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/16(日) 00:11:41 ID:KI5RtJLo


サターニャ「・・・っ///」


ガヴ「いや、セーター着るときにさ、なんかフワッときたんだよ」


サターニャ「え!?私ってそんな臭うかしら・・・」


ガヴ「いや、いい匂いって言ってるだろ・・・」


サターニャ「ほっ・・・よかった~・・・」


ガヴ「くすっ・・・ほんとそそっかしい奴だなお前は」


サターニャ「なによ。この期に及んで馬鹿にするわけ?」


ガヴ「しねーよバカ」


サターニャ「あーっ!今バカって言ったわね!?・・・はぁまあいいわ」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/16(日) 00:22:43 ID:KI5RtJLo


ガヴ「お、珍しいな。いつもならウザ絡みしてくるのに」


サターニャ「あんたが万全の状態でまた挑むわよ」


ガヴ「あ・・・っ///」バッ


サターニャ「ちょっ・・・今更思い出して恥ずかしがらないでよ!こっちまで恥ずかしくなるじゃない///」


ガヴ「お前が思い出させたんだろうが!」


サターニャ「ていうか、あんた天使なんだから、その・・・大事な個所は聖なる光で見えないじゃない」


ガヴ「それとこれとは別だろ。公衆の場で全裸とか、たとえ見えることなくても恥ずかしいわ!」


ガヴ「それともなんだぁ?お前、本当は見えなくて残念だったとか思ってるんじゃねーの?」ニヤニヤ



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/16(日) 00:29:35 ID:KI5RtJLo


サターニャ「なっ///なに言ってるのよ!ば、バッカじゃないの!?///」アセアセ


ガヴ「おやおや~?顔真っ赤にして、ますます怪しいなぁ」


サターニャ「うぅ~・・・っ///」


ガヴ「もしかして、お前。本当にそっちの趣味があるんじゃね?」ニヤニヤ


サターニャ「・・・悪い?」


ガヴ「え?なんだって?」


サターニャ「だから!そっちの趣味があって悪い?って聞いてんのよ!」


ガヴ「・・・は?」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/16(日) 00:39:48 ID:KI5RtJLo


サターニャ「女の私が、同性のガヴリールを好きになって悪いの!?」


ガヴ「」


サターニャ「なんだかんだ言って、いつも私の相手をしてくれて・・・私、本当はすごく嬉しかった」


ガヴ「あの、サターニャさん・・・?」


サターニャ「あんたにとってはめんどくさいだけだったかもしれないけど・・・」


サターニャ「私にとっては、あんたと関われる大切なじかんだったのよ・・・」


ガヴ「サターニャ・・・」


サターニャ「・・・ぁ、わ、悪かったわね。急にこんなこと言われても困るわよね・・・」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/16(日) 00:45:46 ID:KI5RtJLo


ガヴ「い、いや・・・そんなことは。・・・少しびっくりしたけど」


サターニャ「そ、そっか。よかったぁ・・・」ホッ


ガヴ「っ!?」ドキッ


ガヴ(今私、ドキッとした・・・?バカな、相手はあのサターニャだぞ!?)


サターニャ「よかったら・・・これからも私と、・・・遊んでくれる?」オソルオソル


ガヴ「」キュン


ガヴ(か、可愛い・・・///)



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/16(日) 00:51:51 ID:KI5RtJLo


サターニャ「・・・ガヴリール?」


ガヴ「・・・っ///お、おう。私は別にどっちでもいいっていうか・・・///」


ガヴ「確かにお前の思いはびっくりしたけど・・・。まぁなんだ、私も満更でもないというか///」


サターニャ「・・・プッ」


ガヴ「お前さえよければ私も―――って、サターニャ?」


サターニャ「アーハハハハハッ!もうダメ、我慢できないわ!」オナカカカエ


ガヴ「」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/16(日) 01:04:50 ID:KI5RtJLo


サターニャ「プククッ・・・やっぱりこんなしおらしい私は合わないわね!」


サターニャ「演技とはいえ、自分で『誰よこれ!?』って何回も突っ込んじゃったわ」


サターニャ「こんなんじゃガヴリールを欺くことはできないわね・・・ねぇガヴリール?」


ガヴ「ふぇ!?お、おうそうだな!そんな演技力で私を騙そうなんて、私も舐められたものだな」


サターニャ「うぐっ・・・つ、次こそは上手く騙してやるんだから覚悟なさい!」


サターニャ「・・・ん?ガヴリール、あんた何か顔赤くない?」


ガヴ「は、はぁ!?べべ別に赤くなんてねーよ!こっちみんな!」


サターニャ「な、なに怒ってるのよ・・・」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/16(日) 01:15:30 ID:KI5RtJLo


ガヴ「なんか疲れた・・・ヴィーネのやつもなかなか戻ってこないし」


サターニャ「ほんとね。どこで道草食ってるのかしら」


ガヴ「はぁ~・・・結局イベントも間に合わねぇし、散々な一日だわ」


サターニャ「これを機に、ネトゲ辞めたら?」


ガヴ「それは無・・・クシュンッ」


サターニャ「ちょっと、大丈夫?あ、少し待ちなさい」ゴソゴソ


サターニャ「・・・はい、ティッシュ。これで鼻かむのよ」


ガヴ「お前は私の母親か。・・・まぁあんがとよ」チーン


サターニャ「いいのよ」



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/16(日) 01:21:43 ID:KI5RtJLo


ガヴ「なんか今日のお前、おとなしいし優しくね?なんか変なものでも食ったか」


サターニャ「失礼ね・・・私だってこれくらいの配慮はできるわよ」


ガヴ「なんか気味悪いな」


サターニャ「ほんと失礼ね!」


ガヴ「冗談だって」


サターニャ「まったく・・・」


ガヴ「あはは、ほんとお前はからかい甲斐があるな。・・・んっ」ブルッ


サターニャ「あ・・・やっぱりその恰好じゃ寒いわよね」


ガヴ「少しな・・・でももう少しでヴィーネが来るだろ。それまでなら耐えれる」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/16(日) 01:29:18 ID:KI5RtJLo


サターニャ「・・・確かこういうときって人肌で温めるのがいいんだったかしら」


ガヴ「はぁ!?///何言ってんだよお前、正気か!」


サターニャ「べ、別に変な意味じゃないわよ///ただ、温めるには人肌が一番だって聞いたから・・・」


ガヴ「なんでそんな変な知識だけはあるんだお前は・・・」


サターニャ「う、うるさいわね///」


ガヴ「クシュンッ」


サターニャ「・・・ほんとに大丈夫?」


ガヴ「多分・・・」



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/16(日) 01:38:19 ID:KI5RtJLo


ガヴ「・・・・・・なぁ」


サターニャ「・・・」


ガヴ「さっきの演技だけどさ、・・・どこまで嘘だったんだ?」


サターニャ「・・・なんでそんなこと聞くのよ」


ガヴ「・・・別に、暇つぶし」


サターニャ「・・・そうね、別に嘘は言ってないわ」


ガヴ「・・・」


サターニャ「ほら、私って孤高の大悪魔じゃない?だから人間みたいな下等生物じゃ
私の相手にならないし、ヴィネットは同胞だし、ラフィエルは・・・よくわかんないから。
だ、だからあんたしかまともに相手できる者がいないのよ!」



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/16(日) 01:45:45 ID:KI5RtJLo


ガヴ「・・・よくわからんが、友達いないから私にちょっかいかけてるってことでいいか?」


サターニャ「言い方!!・・・まぁ、あんたと絡んでいる時がかけがえのない時間っていうか・・・楽しい
っていうか・・・」ゴニョニョ


ガヴ「すまんが丸聞こえだぞ」


サターニャ「」


ガヴ「・・・よかった」ボソッ


サターニャ「なんか言った?」


ガヴ「空耳だろ」


サターニャ「・・・そうかしら?」



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/16(日) 01:51:47 ID:KI5RtJLo


ガヴ「まぁいいじゃん。・・・それよりさ」


サターニャ「なにさ」


ガヴ「や・・・やっぱりあっためてくれよ///寒いし・・・」


サターニャ「・・・人肌で?」


ガヴ「なんでだよ。こう、ギュッとするとかあるだろ」


サターニャ「なるほど。その手があったわね」


ガヴ「まったく・・・早くしろ、寒くて死んじゃうだろ」


サターニャ「ずいぶん横柄ね・・・」



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/16(日) 01:59:12 ID:KI5RtJLo


サターニャ「少しおとなしいなと思ったらこれなんだから・・・ほら、これでいいかしら?」ウシロカラギュッ


ガヴ「ダメだな」


サターニャ「はぁ?いったい何が気に入らないっていうのよ!」


ガヴ「背中より前のほうが寒い」


サターニャ「あーはいはい。じゃあ私が椅子に座るから、あんたは私のほうを向きながら私の膝に座りなさい」


ガヴ「わかった」ヨッコイショ


サターニャ「・・・これで満足?」


ガヴ「ん」



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/16(日) 02:05:35 ID:KI5RtJLo


サターニャ「・・・」


ガヴ「・・・」


ガヴ・サタ(顔が近い・・・///)


ガヴ「サターニャ」


サターニャ「ひゃぁ!?」


ガヴ「へ、変な声出すなよ///」


サターニャ「し、しかたないじゃない///耳元で急に話すからよ!」


ガヴ「ふーん、サターニャ、耳が弱いんだな」


サターニャ「は、はぁ?そ、そんなことないし!!」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/16(日) 02:12:16 ID:KI5RtJLo

ガヴ「」フーッ


サターニャ「ひっ」ビクンッ


ガヴ「やーっぱりな」ニヤニヤ


サターニャ「や、やったわね・・・しかえ―――」


ガヴ「うん、やっぱりサターニャは可愛いな」


サターニャ「し―――って、え?」


ガヴ「お前と改めてこうして話してたらさ、気づいたよ」


ガヴ「私は、自分が思ってる以上に、サターニャのこと気に入ってるんだなって」


ガヴ「んでもって、すごく愛おしく思った」


サターニャ「ちょっ・・・ガ、ガヴリール?」



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/16(日) 02:18:29 ID:KI5RtJLo


サターニャ「急にどうしたのよ・・・あなた、変よ?」


ガヴ「あぁ、自分でもどうかしてると思う。でも、自分でもこの気持ちを抑えられない」


サターニャ「ガヴリール・・・」


ガヴ「ほら、ここ触ってみて」スッ


サターニャ「あ・・・」


ガヴ「な?さっきからずっとこんな感じなんだ」


サターニャ(ガヴリール・・・すごくドキドキしてる///)


ガヴ「お前が変な演技するから・・・そこからおかしくなったんだよ」



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/16(日) 02:31:53 ID:KI5RtJLo


サターニャ「なによ・・・私のせいだというの?」


ガヴ「そうだな。お前が紛らわしいこと言うから、私の心は勘違いしてしまったんだ」


ガヴ「まるで私がサターニャに恋してるみたいじゃん。まじ笑えん」


サターニャ(言葉は強がっているけど・・・相当困惑してるみたいね)


サターニャ(私は結局、ガヴリールのことをどう思ってるんだろう・・・)


サターニャ(ライバル?友達?クラスメイト?・・・どれも合ってるような気はする。けど、どこかしっくりこない)


サターニャ(もしくは・・・恋人)ドクンッ



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/16(日) 02:36:57 ID:KI5RtJLo


サターニャ(・・・あれ?)ドクンッ


サターニャ(急に胸がドキドキしだして・・・///)ドキドキ


ガヴ「・・・どうしたんだよ、急に黙って」


サターニャ「・・・ガヴリール、ちょっと手借りるわよ」ガシッ


ガヴ「え、ちょっ・・・ど、どこに///あ・・・」


サターニャ「・・・聞こえる?」


ガヴ「あぁ」


ガヴ「私と同じだな。すっげー早い」


サターニャ「あんたのがうつったみたいね」



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/16(日) 02:45:05 ID:KI5RtJLo


ガヴ「・・・///」ドキドキ


サターニャ「・・・///」ドキドキ


ガヴ「サターニャ・・・なぁ、してみないか?」


サターニャ「ガヴリール・・・ねぇ、してみない?」


ガヴ・サタ「・・・///」


ガヴ「かぶったな///」


サターニャ「そ、そうね・・・///」



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/16(日) 02:51:19 ID:KI5RtJLo


ガヴ「・・・いくぞ///」


サターニャ「う、うん///」


ガヴ「///」ドキドキ


サターニャ「・・・っ///」チュ


ガヴ「んっ・・・はぁ///」クチュクチュ


サターニャ「ぁ・・・ガヴ、はげしっ・・・///」クチュクチュ


ガヴ「・・・・・・・ぷはぁ!・・・っ///」


サターニャ「はぁ・・・はぁ・・・もう、いきなり激し過ぎよ///」



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/16(日) 02:59:42 ID:KI5RtJLo


ガヴ「す、すまん///つい夢中になっちまった///」


サターニャ「ま、まぁこのサタニキア様とき・・・きすをしたんだもの!無理もないわ!」


サターニャ「そ、その・・・私も、悪くはなかったわ///」


ガヴ「・・・サターニャ!!」


サターニャ「んん・・っ///んはぁ・・・あぅ、ちょ、また・・・んっ///」クチュクチュ


ガヴ「ん、・・・はぁ、ぁむ・・・すき・・・///」クチュクチュ


サターニャ「・・・っ///ぁ・・・私、も・・・んん、ふぅ・・・すき、よ・・・」クチュクチュ



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/16(日) 03:08:01 ID:KI5RtJLo


10分後・・・


サターニャ「息継ぎのタイミングがつかめなくて、危うく窒息するところだったわ」


ガヴ「私も・・・」


サターニャ「うぇ・・・なんかいろいろとべとべとだわ」


ガヴ「ほんとだな・・・あ///」


サターニャ「?どうしたの・・・あ、太もも・・・」


ガヴ「す、すまん!汚いよな、すぐ拭くからちょっと待ってくれ」


サターニャ(そういえば忘れてたけど、ガヴリールパンツはおろかセーターだけしか着てないんだったわ)


サターニャ「・・・いいわよ。そりゃあんなことすればこうもなるわよ」



37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/16(日) 03:14:12 ID:KI5RtJLo


ガヴ「・・・もしかして、サターニャも?///」


サターニャ「う、うるさい///と、とにかく、別にあんたのだったら汚いと思わないし、気にしないでいいわよ」


ガヴ「・・・ありがとう」ギュッ


サターニャ「ふふ、まったく。普段のあんたじゃ考えられない甘えっぷりね」


ガヴ「・・・そういうお前も、普段とは比べ物にならんくらい大人びてるぞ」


サターニャ「まぁ、こんな可愛い恋人ができたからね」


ガヴ「恋人・・・///」カァァ



38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/16(日) 03:19:37 ID:KI5RtJLo


サターニャ「ふふ、愛してるわガヴリール///・・・これからもよろしくね」


ガヴ「お、おう・・・わ、私も愛してる///・・・一生私を養ってくれ!」


サターニャ「なんでよ!っていいのかしら・・・?」




―――廊下


ヴィーネ「入るタイミング失った」


ラフィエル「あらあら~・・・」



おわり


元スレ
SS深夜VIP:ガヴリール「神足通を使ったら全裸になった」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1492262460/