SS速報VIP:モバP「小日向アップデート!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492345804/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:30:12.67 ID:uH8jiCcRo



カタカタ……

カタカタ……

カタカ――

P「ん?」

カチカチッ

P「おわ」



P「……マジかよ」

P「自動更新しはじめやがった」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1492345804




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:32:05.20 ID:uH8jiCcRo



――更新を構成しています――
――    1%完了    ――


P「……」

P「あー」

P「これ、ぜったい長いやつだ」

P「うあー、仕事できひん」

P「朝からテンション下がるわー」



――更新を構成しています――
――    2%完了    ――


P「……」

P「コーヒーでも、いれてくるか……」





3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:33:17.25 ID:uH8jiCcRo



ガチャッ


ドンッ

美穂「きゃっ」

P「おうっ」

美穂「ご、ごめんなさいっ、あの」

P「お、美穂じゃん」

P「おはよう」

美穂「あっ、P、Pさんっ」

美穂「お、おはようございますっ!」




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:34:08.10 ID:uH8jiCcRo


P「おう、今日早いな」

P「いまからコーヒー買いに行くんだけど、一緒に行く?」

P「なんかおごるよ」

美穂「えっ、あのっ」

美穂「あ、じゃ、じゃあご一緒しますっ」

美穂「……」ソワソワ

P「……?」

P「ま、いいか」




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:35:22.15 ID:uH8jiCcRo



ガコン


P「ほい」

P「オレンジジュース、好きだったよな?」

美穂「あ、ありがとうございますっ!」

美穂「でも、いいんですか? ごちそうになっちゃって」

P「いま休憩中なんだ」

P「暇だし、話し相手になってくれると嬉しい」

P「その見返りってことで、な?」

美穂「見返り、ですか?」

美穂「ふふっ、わかりました、私でよければっ」

P「おう、ありがとう」




6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:36:19.30 ID:uH8jiCcRo


P「しかし、週明けからばかに早いじゃないか」

美穂「あの、ちょっと早起きしてきたんです」

美穂「昨日緊張して、あんまり眠れなかったから……」

P「緊張?」

美穂「い、いえ、なんでもないんですっ」

美穂「……」チラッ

P「……なんだ?」

美穂「い、いえっ」

美穂「……」チラッ

P「……なんじゃい」

美穂「いえ、あの」

美穂「き、今日、涼しいですねっ」




7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:37:14.18 ID:uH8jiCcRo


P「涼しい?」

P「いや、別に普通だと思うけど……」

美穂「そ、そうですか?」

P「ま、4月にしては――」

P「――あっ」

美穂「……」


P「美穂、その服、初めて見るな」

P「ひょっとして、新作?」

美穂「!」

美穂「は、はいっ! そうなんです!」

美穂「えへへ……」





8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:38:18.45 ID:uH8jiCcRo


美穂「週末に加蓮ちゃんに誘われて原宿に行って」

美穂「そこで上下一式見繕ってもらったんです」

P「あー」

P「加蓮の趣味なのね」

P「どうりで……」

美穂「加蓮ちゃん、すごくって」

美穂「いろんなお店知ってて、店員さんとも仲が良くって」

美穂「私、あんなにたくさん試着したの初めてでした」

P「で、今着てるやつを選んできたと」

美穂「はいっ、あの」

美穂「……ど、どうですか?」




9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:39:13.03 ID:uH8jiCcRo


P「いいじゃん」

美穂「ほ、本当ですかっ?」

P「かわいい感じだよな」

P「さすが加蓮セレクトだわ」

美穂「えへへ、あの、ちょっと派手かなって思ったんですけど」

美穂「Pさんにそう言ってもらえると、私も冒険した甲斐が――」

P「でも」

P「寒くない? その格好」




10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:39:56.91 ID:uH8jiCcRo


美穂「えっ」

P「だってさ、肩なんて丸出しだし」

P「羽織ってるやつも薄くて透けてるし……」

ジー……

美穂「あ、あの」

美穂「じっと見つめられると、は、恥ずかしいですよ~」

P「いや、心配でさ」

P「やっぱ寒いって思うわ、その格好」

美穂「そ、そうですか……?」

P「うん」

P「まだインフルの季節だし」

P「もうちょい着た方がいいな」

P「いつも着てるパーカーあるじゃん? あれなんてどうだ?」




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:41:00.61 ID:uH8jiCcRo


美穂「いつも着てる……」

P「そう、薄いピンクのやつ」

P「やっぱあれまだ必要な気がするな」

P「なによりさ」

P「あれ着てる方が、美穂っぽいって思うしな」

美穂「えっ」

美穂「私っぽい……?」

P「たまにはそういう格好もいいけど」

P「見慣れてないからなんだか落ち着かないし」

美穂「……落ち着かない、です、か?」

P「ああ、いや悪い意味じゃなくて」

P「その格好もいいんだぞ? でもなんつーかな」

P「俺の中の美穂のイメージとはちょっと違うというか」

P「まぁ加蓮のセンスが入ってるからなんだろうけど」

美穂「……」

美穂「イメージと、違う……」





12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:41:39.40 ID:uH8jiCcRo


P「だから――」

美穂「……ごちそうさまでした」

美穂「あの、私、レッスンがあるので」

美穂「すみません、えと、し、失礼しますっ!」

P「え」

P「あ」


タタタタッ……



P「……美穂?」





13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:42:39.37 ID:uH8jiCcRo



ガチャッ



P「……」


――更新を構成しています――
――    45%完了   ――


P「……まーだやってるよ」

P「はぁ」

P「別に使えりゃあな」

P「アップデートなんていらないって思うんだけど――」





14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:43:26.97 ID:uH8jiCcRo


――――

美穂「……」


美穂「イメージと、違う……」


美穂「あの、私、レッスンがあるので――」

――――


P「……」

P「なんか、なんだろ」

P「俺、ひょっとして」

P「……盛大にやらかしてしまったのでは」





15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:43:57.87 ID:uH8jiCcRo




――――
――






16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:44:33.81 ID:uH8jiCcRo



加蓮「さいっ」


加蓮「てー」


加蓮「だからね!」


加蓮「Pさん!」





17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:45:33.07 ID:uH8jiCcRo


P「さ、さようでございますか」

加蓮「茶化さない!」

P「はいっ」

加蓮「もーどうして……はぁ」

加蓮「ほんっと、Pさんてさぁ……」

P「あの」

P「なんかわかんないけど」

P「ごめん」

加蓮「あのね、ごめんじゃすまないから、これ」

P「う」




18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:46:18.21 ID:uH8jiCcRo


P「その、具体的にどこが悪かったのでしょうか」

P「俺の言動の」

加蓮「全部でしょ! ぜ・ん・ぶ!」

P「ぜんぶ」

加蓮「あのね、美穂はほんと楽しみにしてたんだからね!」

加蓮「この服見せたらPさんがどういう反応するかって」

加蓮「買い物してるときからずっと気にしてたんだから!」

加蓮「それを悪く言われたら誰だって落ち込むに決まってるでしょ!」

P「む、う」

P「悪く言ったつもりはないんだが……」

P「ただちょっと寒そうだなーって……」




19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:47:31.59 ID:uH8jiCcRo


加蓮「普通そんなこと女の子に言う?」

P「え」

加蓮「Pさんあのね、女の子には見栄って言うものがあるの」

加蓮「多少寒くてもお洒落のためなら肩も見せるし」

加蓮「スカートだって短くするの! そういうものなの!」

P「はあ」

加蓮「せっかく美穂ががんばって見栄はったっていうのに」

加蓮「ほんっとPさんて女心がわからないんだから!」

P「あの、別に見栄はらなくても」

P「あったかくてかわいい格好をめざせばよいのでは……」

加蓮「……はぁーー」

P「(あ、まずい)」




20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:48:26.40 ID:uH8jiCcRo


加蓮「たとえばね」

加蓮「Pさん最近車を買い換えたよね?」

P「あ、うん」

P「最新のSUVな」

P「かっこいいだろ」

P「これでみんなの送迎も捗るぞ」

加蓮「でも狭くなったよね」

加蓮「車の中」

P「え」

加蓮「まわりのアイドルたちからは不評だよ」

加蓮「前の車より狭いって」

加蓮「前の車のが快適だったって」

P「」

P「なにおう」




21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:49:21.50 ID:uH8jiCcRo


P「そりゃ居住性はちょい悪いかもしれないがな」

P「前の車とは加速がダンチなんだって!」

P「悪路の走破性もいいし、そこらのなんちゃってSUVとはわけが違うんだぞ」

P「外見だって前のよりはるかにかっこいいし――」

加蓮「はいストップ」

加蓮「ね?」

P「へ?」

加蓮「わかったでしょ? 美穂の気持ち」

加蓮「誰にだって見栄があるんだってば」

加蓮「そこを突かれたらイヤな気持ちになるでしょ?」

加蓮「頑張ってるところは茶化すんじゃなくて、認めてあげなくちゃ」

P「いや、俺の車は外見だけの見栄じゃなくて」

P「きちんと性能が伴って――」

加蓮「……」ジトー

P「あ、すいません」

P「やめますこの話やめます」




22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:50:22.34 ID:uH8jiCcRo


P「……まぁでも、なんとなく言わんとすることはわかったよ」

P「見栄ね、確かにそういう部分はあるよな」

P「あとで謝んなきゃな、美穂に」

加蓮「うふふ」

加蓮「そういうPさんの素直なとこ、アタシ好きだよ」

P「そりゃどうも」

P「しかし助かったよ、加蓮」

加蓮「いえいえ、どういたしまして」

P「今度何かお礼しなきゃな」

P「そうだ! 加蓮、フライドポテトとか好きだったよな」

加蓮「え」

P「まかせろ、どっか美味しいところ探して――」

P「……」

P「なんじゃい、その顔は、どうした?」

加蓮「ううん」

加蓮「Pさんってば、繰り返すなあって思って」

加蓮「また同じミスしちゃってるよ」

P「同じ、ミス?」




23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:52:01.16 ID:uH8jiCcRo


加蓮「そう」

加蓮「Pさん、美穂にもうひとつ、やっちゃいけないことしたんだよね」

加蓮「それがなんだか分かる?」

P「え」

加蓮「ヒントね」

加蓮「確かにアタシはフライドポテト、好きだよ」

加蓮「一時期本当にポテトばっかたべてたよね」

P「なんの話……」

加蓮「でもそれ結構昔の話だよね」

加蓮「今はもう前ほどポテト食べないし、好きなものも全然違うよ」

P「え」

P「そ、そうなの?」

加蓮「凛も奈緒も知ってることだよ?」

加蓮「Pさん知らなかったでしょ」

P「う」

加蓮「ね、Pさん」

加蓮「Pさんはちゃんとアタシたちのこと、見てる?」





24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:52:28.20 ID:uH8jiCcRo



加蓮「アタシたちの今に、追いついてる?」






25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:52:59.84 ID:uH8jiCcRo




――――
――






26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:53:29.47 ID:uH8jiCcRo



――夕刻


テクテク……


美穂「……はぁ」

美穂「Pさん、あんなこと言っちゃって怒ってないかな」

美穂「……やっぱり変だよね、この服」

美穂「前みたいな、いつも通りの服の方が、いいんだよね」





27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:54:10.93 ID:uH8jiCcRo



ブロロロ……


美穂「?」


ブッブー


美穂「ひゃっ」

P「よっ」

美穂「あっ」

美穂「P、Pさん?」

美穂「この車、Pさんの……?」

P「ああ、美穂は初めて見るのか」

P「寮に帰るんだよな? 乗っていかないか?」

美穂「え、あの……」

P「遠慮することない」

P「絶対快適だぞ、前の車よりさ」



28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:54:52.12 ID:uH8jiCcRo



ブロロロロ……


P「……」

美穂「……」

P「……」

美穂「……あの」

P「今日な、加蓮に叱られちゃってさ」

美穂「えっ?」

P「女心がわかってないってさ」

P「プロデューサーは朴念仁の唐変木だって」

美穂「とう……?」





29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:55:37.80 ID:uH8jiCcRo


P「ま、冗談はおいといて」

P「朝話してたよな、美穂の服について」

P「それについて加蓮からお説教を受けていたんだ」

美穂「お説教、ですか?」

美穂「えっと……?」

P「あのー、その、つまりだな」

P「今朝はデリカシーのないことを言って、ごめん」

P「その服、本当にいいと思うよ」

P「今後も定期的に見たいって、そう思う」

美穂「!」

美穂「ほ、本当ですか?」

P「おう」

P「本心だよ」




30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:56:37.45 ID:uH8jiCcRo


P「めっちゃかわいいし」

P「露出も多めだし」

P「それでいて清楚な感じもするし」

P「なんかいい香りもするし」

P「よくよく考えたら俺の好みドストライクだったわ」

美穂「」

P「美穂の容姿でその服装だもんな」

P「このギャップはもはや犯罪だよな」

美穂「あ、あの……」

P「完全にかわいい」

P「もはやかわいい以外の語彙を失うわ」

P「かわいい」

P「可憐だ」

P「キュートだ」

P「kawaii」

P「セクs――」

美穂「P、Pさんっ!」

美穂「もういいです、もういいですから~~!!」





31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:57:51.54 ID:uH8jiCcRo



ブロロロ……


P「……あの」

美穂「……」プクー

P「美穂さん」

美穂「……」

P「ご機嫌を直していただけないでしょうか」

美穂「……もうからかったりしないって約束するなら」

美穂「あの、いいですよ、許して、あげますっ」

P「半分くらい本音なんですけどね」

美穂「う、うう~! ダメですっ!」

美穂「ちょめです! ちょめ!」

P「やった、ちょめ頂きました」

美穂「や、約束ですよっ」

P「わかったよ、悪かった」


P「じゃ、ちょっと真面目な話をするか」

美穂「えっ?」





32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:58:40.61 ID:uH8jiCcRo


P「俺さ、そろそろ米寿を迎える祖母がいるんだ」

美穂「おばあちゃん……ですか?」

P「そう、もうだいぶボケが進行しててな」

P「俺を見ても、自分の孫だと認識できないときがあるくらいだ」

美穂「……」

P「いきなりなんの話始めてんだって思うよな」

P「まあ少しの間、我慢して聞いてくれると嬉しい」

美穂「は、はいっ」





33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 21:59:33.27 ID:uH8jiCcRo


P「うちの祖母は昔から進歩しない人でな」

P「家に行くといつも同じお菓子を出してくるんだ」

美穂「同じ……お菓子?」

P「そう、いっつも同じお菓子出してくんだよ」

P「なんでいつもこれなの? って聞くとさ」

P「"Pくんが言ったんでしょ、これが好きって"とか言うんだよ」

P「いやいや、言ったかもしんないけどさ」

P「それ俺が小学生のころとかの話だろって」

P「何年前の話してんだよってさ」

美穂「ふふふっ」

美穂「ありますよね、そういうこと」




34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 22:00:25.06 ID:uH8jiCcRo


P「そう、つまりその頃から全く更新されてないんだよな」

P「祖母から見た俺の姿ってのはさ」

P「いつまで経っても小さいままなんだよ」

美穂「……」

P「最近じゃそれに加えボケてきてるからさ」

P「俺を見て言うんだよ」

P「私にはあなたに似た孫がいるのよって」

P「まだこんなに小さいんですけどねってさ」

美穂「……」

P「それ聞くと何となく寂しくなってな」

P「ちょっと、やるせない感じになる」




35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 22:01:09.34 ID:uH8jiCcRo


P「でもさ、ついこの間会ったらな」

P「どうも意識がはっきりしていたみたいで」

P「俺のことちゃんと認識してくれたんだよな」

P「そんで言ってくれたんだ」

P「"Pくん、大きくなったのねえ"ってさ」

美穂「……」

P「わけわかんないけど、何か救われた感じになってな」

P「その日は久々に外に連れ出してさ」

P「思う存分孝行してやったもんだよ」

美穂「ふふ」

美穂「いいお話ですね」




36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 22:02:28.45 ID:uH8jiCcRo


P「今になって思うと、俺は分かってほしかったんだろうな」

P「俺はこんなに立派になったんだぞってさ」

P「もう小学生じゃないんだぞって」

P「祖母に認めてほしかったんだろうな」

P「……俺の記憶を、更新してほしかったんだろうな」

美穂「……」

P「誰だって、多分そうなんだろうな」

P「今を必死に生きていて、成長し続けてるやつなら誰だってそうだろう」

P「昔の自分じゃなくて、今の自分を見てほしいって思うはずだよな」

美穂「……」

P「すまなかったな、美穂」

P「俺はずっと、美穂について更新するのをサボってた」




37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 22:03:10.63 ID:uH8jiCcRo


美穂「私について……?」

P「そう」

P「何年も前に、美穂が上京してきて初めて事務所に来たとき」

P「あのときのまま、俺の中の美穂はずっと止まってたんだ」

P「熊だかなんだかわかんねえTシャツ着てさ」

P「やたら派手な色のスーツケース押してきて」

P「挨拶も自己アピールもしっちゃかめっちゃかで」

P「めちゃくちゃキョドってる姿が、印象深すぎてな」

美穂「あ、あうう……」




38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 22:03:55.49 ID:uH8jiCcRo


P「だから今朝美穂の服装を見たときも、違和感しかなかった」

P「野暮ったい格好している、昔の美穂しか頭になかったからな」

美穂「……」

P「恥ずかしい話だよ、担当プロデューサーなのにさ」

P「ずっと一番近くで美穂を見てきたはずなのに」

P「ステージの上で、成長してきた姿を見てきたはずなのに」

P「今日になるまで、いっさい更新してこなかったんだってんだからな」

美穂「Pさん……」




39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 22:04:39.61 ID:uH8jiCcRo


P「だから今日、加蓮に説教された後な」

P「美穂のこれまでの軌跡を全部辿ることにしたんだ」

美穂「私の、軌跡……?」

P「そう、古いポスターやら宣材写真やら全部ひっくり返して」

P「HDDにぎっしりつまった画像を一枚一枚見返してな」

P「ライブの映像も、一から見直してみて」

P「遅くなったけど、全部アップデートすることにしたんだ」

P「今の美穂を、ちゃんと掴むために」

美穂「……」




40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 22:06:35.03 ID:uH8jiCcRo


P「なんせいままでサボってたもんだから」

P「やたら時間はかかったし、まだ足りないような気もする」

P「でも、今日で少しは追いつけたような気がするんだ」

美穂「……」

P「だから、改めて言うよ」

P「なんというか、その……」

P「美穂は本当に可愛くなったなって思う」

P「その服も、マジでいいと思う」

P「最高に似合ってる」

美穂「Pさん……」

P「これからもずっと、そういう姿を見せてほしいって思う」

P「変わっていく美穂を、俺は見たい」

P「成長していく美穂を、一番近くで見ていたいんだ」

P「俺は何よりも、今の美穂を尊重するからさ」




41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 22:07:11.05 ID:uH8jiCcRo


美穂「……Pさん」

美穂「あの、なんて言えばいいか……」

美穂「そんな風にPさんが思ってくれてるなんて思わなくて、それで」

美穂「その、私、すごく嬉しくて」

美穂「それで、あの、私も……」

美穂「私も、変わっていく自分を見てもらいたい、です」

美穂「その、誰よりも――」




42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 22:07:46.67 ID:uH8jiCcRo



美穂「――誰よりも先に、Pさんに見てもらいたいって」

美穂「そう、思います」





43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 22:08:54.20 ID:uH8jiCcRo



ブロロロ……



美穂「……」

P「……」

美穂「……」

P「やばい」

P「めっちゃ恥ずかしい……」

美穂「うう~」

美穂「わ、私もです……」

P「なんか、ごめん」

美穂「い、いいんです」

美穂「もとはといえば私がですね……」

P「いやいや俺がな」

美穂「いえあの私が――あっ」

P「え」

美穂「さっきのところを右です、右」

P「あ、やべ」




44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 22:09:44.96 ID:uH8jiCcRo



キキーッ


P「よし、着いた」

美穂「はいっ、今日はありがとうございました」

P「うん」

P「また明日な」

美穂「はい、あの」

P「ん?」

美穂「Pさん、私この車好きですよ」

P「おっ?」

P「美穂、違いが分かるのか」

美穂「はいっ、前のよりも可愛いですっ」

P「えっ」

美穂「うふふ、なんだか顔が犬みたいで、可愛いなって」

P「……」

P「そうか、うん」

P「そりゃありがとう、嬉しいよ」

美穂「はいっ、それじゃ、お休みなさいっ」


タタタタ・・・





45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 22:10:18.34 ID:uH8jiCcRo


――――
――


ブロロロ……


P「……」

P「……」


P「犬、かぁ……」





46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 22:10:51.46 ID:uH8jiCcRo


ブロロロ……






47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 22:11:40.52 ID:uH8jiCcRo


――――
――3日後




カタカタ……

カタカタ……

カタカ――

P「む」

P「……自動更新、か」





48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 22:12:15.61 ID:uH8jiCcRo


P「……」

P「ま、これも必要なことだ」

P「よっし、コーヒーでも入れてくるか」


ガチャッ


ドンッ

美穂「きゃっ」

P「おうっ」





49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 22:12:48.13 ID:uH8jiCcRo


美穂「ご、ごめんなさいっ、あの」

P「あ、美……」

P「……穂?」

美穂「あ、ああっ、P、Pさんっ!」

美穂「見、見ちゃダメですっ、めっ!!」

P「あ、やっぱり美穂だよな?」

P「ええと……」

P「全体的に、何だそれ?」




50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 22:13:36.34 ID:uH8jiCcRo


美穂「うう~、いえ、あのですね……」

P「なんだ、その」

P「猫耳ヘッドフォンは?」

美穂「あの、これは李衣菜ちゃんから借りたんです」

美穂「これがロックなんだよって言われて……」

P「じゃ、その尻尾と手袋は?」

美穂「あの、みくちゃんが無理矢理……」

美穂「猫キャラが今アツいとかなんとかって」

P「そのメガネは?」

美穂「これは――」

P「あ、いや、いいや」

P「メガネはわかるわ」

美穂「あ、はい」




51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 22:14:13.28 ID:uH8jiCcRo


P「じゃあ、そのゴスロリ服と眼帯も」

美穂「これは蘭子ちゃんと小梅ちゃんが……」

P「でしょうね」

P「……で、なんだこれは?」

美穂「え」

P「一体誰にそそのかされたんだ、美穂」

P「イメチェンにしちゃ度が過ぎてるぞ」

美穂「い、いえ~あの~」

美穂「加蓮ちゃんがその、えと……」

P「やっぱ加蓮か」




52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 22:15:11.67 ID:uH8jiCcRo


美穂「この間の車での一部始終を話したら」

美穂「加蓮ちゃん、何かすごく喜んじゃって」

P「(好きそうだもんな、ああいう話)」

美穂「女子寮のみんなにも同じ話をしたらしくて」

美穂「何故かこの機会にもっと冒険してみようってことになって」

美穂「それから私の大改造計画が始まって……」

美穂「こんなことに、うう……」

P「ひでえ」

P「(首謀者は加蓮と紗枝かな)」





53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 22:15:59.04 ID:uH8jiCcRo


美穂「それで、あの、ど、どうでしょうっ?」

P「へ?」

美穂「あの、私、似合って……ますか?」

美穂「変じゃない、でしょうか?」

P「……」

P「あのな」

P「確かにアップデートしていくとは言った」

P「言ったけどな」

P「いくら何でも、いきなり変わりすぎだわっ」




54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 22:16:55.66 ID:uH8jiCcRo


美穂「で、でもPさん言ってくださいましたよね?」

美穂「今の私を尊重してくれるって」

P「いやまあ」

P「言ったけど、あの……」

美穂「……」ジーッ

P「……」

P「わ、わかった」

P「言ったもんな、責任はとらなきゃな」

美穂「ふふっ」

美穂「それじゃあ評価のほど、よろしくお願いしますっ!」

P「う、うん」

P「……はあ」

P「小日向アップデート、か」




55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 22:17:25.59 ID:uH8jiCcRo



P「まだもうちょい、かかりそうかな」





56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 22:18:03.14 ID:uH8jiCcRo





――更新を構成しています――
――   100%完了   ――




終わり




57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 22:18:59.05 ID:uH8jiCcRo


総選挙もがんばってほしいです

html依頼してきます



元スレ
SS速報VIP:モバP「小日向アップデート!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492345804/