SS速報VIP:インテグラ「至誠に悖る勿かりしか」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1480233287/



1: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/11/27(日) 16:54:48.13 ID:ZsgC0/pM0

劇場版を見てからの勢いで建てました
プロットは出来てるので完結しますが私は遅筆なものでゆっくり投下になります

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1480233287




5: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/11/28(月) 00:52:22.11 ID:0XfK7DOJ0


吹雪(吹雪です。)

吹雪(本日付けでこの鎮守府に着任しました、敷地内に入ってからの皆さんの表情を見る限り
   とても穏やかな鎮守府なんだと思います)

吹雪「きき、緊張するけど深呼吸を忘れずに、姿勢よく、ひと、人という字を書いて飲み込んで」

コン コン コン

「入れ」

吹雪「し、失礼します!」





6: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/11/28(月) 01:00:27.00 ID:0XfK7DOJ0


ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

吹雪「あわわわわわわわわわ」ガタガタガタガタガタ

インテグラ「」ゴゴゴゴゴゴ

陸奥「どうしたの?新人さん」

吹雪「あっ、あの!本日より着任いたしました!えっと、その」

長門「緊張しないで良い、深呼吸してみろ」

吹雪「は、はいっ!」スゥーハァー

吹雪「初めまして!吹雪です!よろしくお願いいたします!」




7: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/11/28(月) 01:03:53.18 ID:0XfK7DOJ0


インテグラ「私の名はインテグラル・ファルブルケ・ウィンゲーツ・ヘルシングだ
       ここの鎮守府の司令官を任されている。よろしく頼む、吹雪」

吹雪「は、はい!」

インテグラ「歓迎させてもらおう、自分でいうのもなんだが少々変わった面子ばかりだ
      少しでも早く交流を深め、命令系統の伝達等齟齬が無いように」

吹雪「はい!」

インテグラ「お前の事は鎮守府内全てに伝わっている、そこらを歩いていれば案内してくれる艦娘もいるだろう」 

インテグラ「早速だが明日からは近隣海域に出撃してもらう。期待しているぞ。」

吹雪「承知しました!し、失礼します!司令官!」




8: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/11/28(月) 01:05:06.85 ID:0XfK7DOJ0


長門「本当に良かったのか?提督」

インテグラ「何も問題はない、彼女になら、いや、彼女らにならできるさ」

陸奥「なあに?提督、そんなに含みのある言い方」

インテグラ「お前たち二人なら想像がつくだろう?」

陸奥「あら、提督ったら、あれ本気だったの?」

インテグラ「私はいつだって本気だ」

長門「この間一人で遠征任務に出かけようとしていたのも本気か?」

インテグラ「それは、あれだ。資材が足りてなくてな…」

長門「無理に大型建築などするからだ。」





9: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/11/28(月) 01:06:51.91 ID:0XfK7DOJ0


インテグラ「それに、私なら一人でも駆逐艦くらいの働きは出来るかと思ったんだ」

長門(絶対に無理だと否定できないところが怖い)

陸奥(敵の偵察機くらいなら落とせそうだし)

インテグラ「少し前なら資材や装備なんかは多少の無理を言おうが揃うようなところだった」

陸奥「そんなに恵まれたところで指揮をとってたの?」

インテグラ「まあ、少し変わったところにな」

長門「そういえば提督の以前の配属先についての話は聞いたことがなかったな」





10: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/11/28(月) 01:13:38.12 ID:0XfK7DOJ0


インテグラ(まあ聞いても信じないだろうが)

私も信じられない出来事には縁があるといったところだが、それでもまだ
まあよくも目を疑えることが起こるものだと思う。
ふと気が付くと一つの棺桶とともに見慣れない廊下に立っていた。
近くにあったのは、否、いたのは眼鏡をかけた男、銀行の窓口のようなところで新聞を読んでいた。
声をかけるより早くすぐ横の扉に吸い寄せられ、この鎮守府の目の前に立っていた。





11: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/11/28(月) 01:15:42.01 ID:0XfK7DOJ0


改めて現実を見て気づいた点がいくつかある。
私がいつの間にか若返っていた事、ここはどうも私のいたイギリスではなく
別の世界のようなものだという事、この世界では深海棲艦と呼ばれる異形共と
艦娘と呼ばれるかつての艦船の魂を持つ娘達が戦っているという事
私はこの鎮守府の長を任されているという事



共についてきた棺には中身が入っているという事





12: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/11/28(月) 01:20:21.78 ID:0XfK7DOJ0


艦隊指令室に何とか入れた棺を背に答える。

インテグラ「私がイギリスにいたことは知っているな」

陸奥「そうそう、それで金剛ちゃんもあなたに懐いちゃってるのよね」

インテグラ「あれはそういう理由だったのか…」

「まあともかく、かつて私が長を務めていた組織の近いところに、英国無双と呼ばれた人がいてな」

「イギリス最大の危機には迫りくる敵どもを千切っては投げ千切っては投げ」

「最後には敵船団とともに自爆されたんだ、立派な最期だった。」

長門「」ゴクリ

インテグラ「その人に言うといつも何も言わず快く我々に銃火器、物資その他諸々をくれてな」

陸奥「一体どういう関係なの…」




13: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/11/28(月) 01:22:11.70 ID:0XfK7DOJ0


インテグラ「今思うと少々わがままを言いすぎていたのかもしれないな」

長門「で、そのツケがまわってきたというわけだな」

インテグラ「言うな」

陸奥「そんなに大型建造ばっかりして、着任してほしい艦娘でも?」

インテグラ「まあ、そんなところだ。工廠の人間にはかなりの無理を強いてしまっていると思う」

長門「そういえば最近夕張も忙しそうにしていたな」

陸奥「けど、すっごく活き活きしてたわね」

長門「昔から無理難題を押し付けられるほど楽しそうにしていたが…」

陸奥「あの調子だと寝食もそのうち忘れちゃいそうね
   えっと、大和を建造しようとした時ってどの位籠ってたかしら?」

長門「あー確か、丸4日だったか」



14: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/11/28(月) 01:24:22.61 ID:0XfK7DOJ0


インテグラ「は、何?」

陸奥「そっか、その時はまだあなたじゃなかったのね」

長門「まだ前任の提督が就いておられた頃か」

インテグラ「一日でも出てこなかったらさすがに誰かが止めるだろう?」

長門「それが、我々戦艦の力を使ってもあの工廠の扉は開かなかったんだ…」

陸奥「鎮守府七不思議のひとつね」

インテグラ「……………あー、勝手とは思うが」

「明日は夕張以下工廠で働くもの全員休ませろ、何としてでもだ」

「これは命令だと伝えろ、誰か異論は」

長門「異議なし」

陸奥「異議なーし」



15: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/11/28(月) 01:25:30.20 ID:0XfK7DOJ0


陸奥「ところで、明日の吹雪ちゃんの初陣はいつも通り?」

インテグラ「そのつもりだが?」

長門「提督よ、やはりそういったところから余計に資材を使うのが」

インテグラ「気にするな、何せ初陣だ、豪勢に行こうじゃないか」

「警戒なんぞいくらでもしてやる、恐怖なんぞいくらでもしてやる、もう彼女らを失わないためにもな」




22: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/12/01(木) 23:00:45.94 ID:oYV8NjVC0


――翌日

コン コン コン

「一航戦赤城、入ります」

インテグラ「入れ」

赤城「失礼します。提督、直前になってしまい申し訳ありません。
   指令書と出撃先に差異が見られるのですが」

インテグラ「そうか、赤城が旗艦となるのは今回が初めてか」

赤城「…?いえ、これまでもありましたが?」

インテグラ「この件についてはすまない、完全に失念していた」

赤城「何がでしょうか…」

インテグラ「なに、そこまで深刻な話ではない。言ってしまえば簡単なものだ。」

「私が艦娘を初めて海に出すとき、どのような編成をしているかは知っているな」

赤城「はい、いつも、その、過剰と言えるほどの戦力を投入されています。
   今回も吹雪さんは支援部隊とはいえ主力艦隊と支援艦隊合わせて私たち一航戦と二航戦の二人
   金剛さん、比叡さん、第六駆のみなさん、最上さんと夕張さんこれだけの戦力に加えて
   川内型の全員と兵舎の同部屋である夕立さん、睦月さんまで」

インテグラ「そうだな」




23: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/12/01(木) 23:06:25.09 ID:oYV8NjVC0


赤城「ですがそれは、私達艦娘を守るためのものだと認識しています。」

インテグラ「その通りだ。初めて空をつかんだ鳥ほど撃ちやすいものは無い。
      しかしな、たかだか一戦力のためにそこまでの戦力を割くことを大本営は認めん」

赤城「そんな…っ」

インテグラ「だからだ、上に報告する書類はもちろんの事
      こちらで保管する書類も偽装させてもらっている。万が一ガサ入れに来られても面倒だ」

赤城「そういった事情が…」

インテグラ「そうだ、まあその辺りは私がうまくやるさ。
      私が残す書類はほとんどが出鱈目だと思ってもらって構わない」

     「お前たちは付近を警戒中、たまたま会敵した。いいな」

赤城「了解しました」

インテグラ「期待しているぞ、赤城」




24: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/12/01(木) 23:13:17.19 ID:oYV8NjVC0


吹雪「吹雪、出撃します!」


陸奥「成績は優秀、態度も真面目で礼儀正しく司令官であるあなたへの尊敬の念は忘れない」

  「艦娘としては、と言うより軍人としてでもいいけど、とてもいい人材だと思うわ」

インテグラ「うむ」

長門「唯一、艤装の扱いがてんでだめだと言うこと以外はな」

インテグラ「……うむ」

     「それでもいいんだ、今に見ているといい。あの娘はきっとあっという間にものにしてくるぞ」




25: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/12/01(木) 23:15:55.61 ID:oYV8NjVC0


陸奥「まるで知ってるみたいな言い方ね」

インテグラ「知っているさ」

「今まで見てきたことがあるはずだ、少なくともお前たちは」

長門「まあ、そうだが」

インテグラ「当然急ぐ必要はある。だが、焦って事を進めるわけにはいかない。
      もう二度とあれを繰り返すわけにはいかない」

     「もう、時雨や最上には…いや」

      「我々はこの戦争に勝利する。」




26: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/12/01(木) 23:28:10.90 ID:oYV8NjVC0


陸奥「そうね、ただ、頼もしいところ悪いんだけど」

インテグラ「なんだ」

陸奥「あの子思いっきりこけてるわよ」

インテグラ「そうか」

長門「なあ提督よ、私は提督を信じていいんだな?」

インテグラ「当然だ、そうでなければ困る」

陸奥「でもいくら私だって初日にこけたりはしなかったわよー?」

インテグラ「ぐ、ぐぐ」

長門「というよりあんな派手な初陣はそうそうあるものではないな」

インテグラ「ぐぐぐぐ」

長門「なあ本当に」

インテグラ「う、うるさい!誰か!誰か!あいつに訓練をつけろ!!
      泣いたり笑ったりできなくしてやれ!!」

陸奥「あら、鬼司令官ね。そう伝えておくわ」



27: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/12/01(木) 23:37:08.51 ID:oYV8NjVC0


陸奥「艦隊が帰ってきたわね」

川内「色々あったけど、無事勝利してきました!」

インテグラ「ご苦労、どうだった、彼女は?」

川内「まー、前途多難って感じかなーって思います」

インテグラ「だろうな「けど」

川内「すぐに私たちに追いついてくると思うよ」

インテグラ「ふっ、そうか」

川内「あっ、でもでも夜戦できなかったのはちょっと不満かな
   だって提督あんなに一気に戦力投入しちゃうんだもん」

陸奥「あらあら、今は吹雪ちゃんの話でしょう?」

インテグラ「そうだな、それは今度考えておこう」

川内「あっ、提督言ったよ!絶対だからね!忘れちゃだめよ?」

インテグラ「ああ、約束する。だが今日はゆっくり休め」

川内「やったあ!じゃあ、失礼します!」





28: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/12/01(木) 23:41:53.06 ID:oYV8NjVC0


長門「提督」

インテグラ「なんだ」

長門「夜戦をする予定があるなど聞いていないが」

インテグラ「そうだな」

     「ふー......いつ夜戦をするかまでは約束していない、問題はないだろう」

長門「そんな子供みたいな」

インテグラ「さて、吹雪の様子を見に行くとしよう」

「新兵の様子を見に行くのも指揮官の務めだからな」



29: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/12/01(木) 23:44:35.60 ID:oYV8NjVC0


長門「なあ、陸奥」

陸奥「なにかしら?」

長門「私はもしかして逃げられたのだろうか」

陸奥「もしかしなくてもそうだと思うわ」

長門「やはりか」

陸奥「ふふふっ」




30: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/12/01(木) 23:48:01.30 ID:oYV8NjVC0


吹雪「はあ…」

(赤城先輩、かっこよかったなあ)

(同じ機動部隊の皆さんも、川内さんも神通さんも那珂さんも)

(夕立ちゃんや睦月ちゃんだって)

吹雪「やっぱり私、駄目なのかな…」

インテグラ「この場所を知ったのは私が着任してから一年経ってからだった」

吹雪「し、司令官!」バッ

インテグラ「あることがきっかけでな、落ち込んだ艦娘達は皆ここに来ると聞いたのだ。
      確か霞にだったか」




31: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/12/01(木) 23:54:24.48 ID:oYV8NjVC0


インテグラ「着任時にこの辺りの地理は確認していたつもりだったが
      私はどうも、心を落ち着ける場所を探すのが苦手らしい」

吹雪「あの、司令官、今日ここに来られたのは…私が原因でしょうか」

インテグラ「そうだな、お前を探しに来たのだから原因と言っても間違いではないだろう」

     「だがそれはもういい、ところでお前は誰にここを教わったんだ?」

吹雪「えっと、私はその、自分で、自分で見つけました」

インテグラ「そうか、その視野の広さ、精神力、切り替えの速さ。
      戦場で上に立つ人間に必要なものだ。その点においては吹雪、お前には敵わないようだな」

吹雪「そ、そんな!司令官!私なんて」

インテグラ「だが、そんな無粋な言い方をする必要もない」

「お前は私より早くこの、茜に染まる空と海色を見つけた。今はそれでいい」




32: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/12/01(木) 23:56:56.64 ID:oYV8NjVC0



吹雪「私は、怖かったです」

「深海棲艦のことはずっと勉強してきました。編成についても、艤装についても」

「けれど、いざ目の前にしたら怖くて、自分を倒そうとしてくる敵が、砲塔が、殺意が」

「私に向いてるんだと思うと怖くなって」

「どの編成でどの陣形が有利かを分かってても、味方が攻撃を受けると怖くて」

「艤装の仕組みを知ってても、いざ構えてみると私に向かって話しかけてくるような」

「これが敵を倒す重さなんだ、戦うってこういう事なんだって言ってくるよな」

「それが怖くて、怖くて」





33: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/12/01(木) 23:59:26.71 ID:oYV8NjVC0

すみません、 >>32の手前にこっちです




インテグラ「さて、今日の初陣について教えてもらおうか」

吹雪「あ、はい、本日ヒトマルマル「それはいい」

インテグラ「川内から聞いている、今日お前はどうだった」

「何を思い、何を感じ、何を覚えた」

「それを聞かせてくれ」

吹雪「私が、ですか?」

インテグラ「そうだ」

吹雪「私は…」




34: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/12/02(金) 00:02:38.07 ID:BuqBR8Wa0


インテグラ(声、か)

吹雪「私、やっぱり駄目なんでしょうか」

「司令官に褒めていただいてすごく嬉しかったんです」

「けど、何処かでそんなことないって思ってしまう自分がいるんです」

インテグラ「そうか…ふむ」

「聞け、吹雪」

「人は常に恐怖の前に立ち続ける」

「それを眼前にする事すら耐えられず、道を外れる事は、人としての道を外れることも同じ」

「この鎮守府には様々な艦がいる、無比無類の武勲をあげた艦からお前のような新顔まで」

「その中で戦闘中、恐怖を感じない艦など誰一人としていない、私も含めてな」

「だがそれでいい、その弱さを、優柔さを自分のものにするのが人間だ」




35: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/12/02(金) 00:04:33.00 ID:BuqBR8Wa0


インテグラ「最初はそれでいい、ここから始めていくぞ。共にな」

吹雪「…はい」

インテグラ「期待しているぞ、吹雪」

吹雪「はい!」

「あの!ありがとうございました!失礼します!」



インテグラ「本当に良く似ているな…」

「さて、私も長門からの小言に立ち向かっておくか」




40: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/12/11(日) 00:47:45.58 ID:OQDYYLZ60


インテグラ「なんだ、相談というのは。お前が担当している座学の事でなにか?」

足柄「それがね提督、吹雪の事なんだけど…」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

インテグラ「珍しいな、あの吹雪が居眠りとは」

足柄「真面目な子だからあまりきつくは叱らなかったけど、何かあったのかもしれないわ」

インテグラ「そうだな…心当たりがないとは言わないが」

足柄「そうなの?さすが提督ね」

インテグラ「こちらでも確認しておこう、報告感謝する」

足柄「ありがとうございます、妙高姉妹皆が心配してたと伝えておいてくださいな」

インテグラ「ああ、ではな」

足柄「ええ、また」




41: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/12/11(日) 00:53:05.98 ID:OQDYYLZ60


インテグラ「という訳だ。ここで聞いておきたいのだが、吹雪に訓練を付けているのは誰だ?」

長門「川内一人に頼んだはずだが」

陸奥「えーとつまり…?」

那珂『那珂ちゃんのステージ!はっじまっるよー!』

インテグラ「私は疲れているのかもしれない。教えてくれ、隣にいるのは誰だ」

長門「吹雪だな」

陸奥「吹雪ちゃんね」





42: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/12/11(日) 00:57:33.69 ID:OQDYYLZ60


那珂『みんな聞いてね!初恋水雷戦隊!』

インテグラ「長門、最後に吹雪を見たのはいつだ」

長門「今朝、海上演習場で神通の訓練を受けていた。相変わらず艤装の扱いに四苦八苦していたが」

インテグラ「陸奥、お前は」

陸奥「昨日の夜中ね、川内ちゃんと一緒に外に出て行ったわ」





43: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/12/11(日) 00:59:26.05 ID:OQDYYLZ60

長門「神通の手ほどきも受けていたとなると
   朝帰ってきたところで呼ばれたという訳か」

陸奥「それで、ダウンしていたところに」

那珂『あ!北上さん!吹雪ちゃんに魚雷の撃ち方教えてあげてよ』

インテグラ「一応ちゃんと考えてはいるようだな」

長門「お互いの行動は全く考慮していないようだがな」

陸奥「皆まじめにやってくれてるみたいだけど」

インテグラ「あー、止めさせたいがあまり私が出ていくわけにもな…」

陸奥「けど、様子くらいは見に行ってあげたほうが良いんじゃないかしら?
   んーそうね、今夜あたりに」

インテグラ「あまり気が進まないが、なぜ今夜なんだ」

陸奥「行ってみればわかるわ」





44: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/12/11(日) 01:02:22.92 ID:OQDYYLZ60


インテグラ(陸奥は何か知ってるのか…?)

「全て見透かされているようだな、まったく末恐ろしいことだ」

川内「あ、提督だー!こんばんはー」

インテグラ「ああ、ご苦労、これからどこへ行く?」

川内「もちろん、特型駆逐艦の特訓だよ!」

インテグラ「そうか、あー…」

(様子を見ろ、か)

インテグラ「そうか、夜分遅くまで精が出ることだな、頼んだぞ」

川内「任せてください、提督」



インテグラ「さて」



45: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/12/11(日) 01:09:29.72 ID:OQDYYLZ60


川内「特型駆逐艦!今日も特訓だよ!」

吹雪「は、はい!」

睦月「待ってください」

インテグラ(睦月…か)

睦月「お話があります」





46: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/12/11(日) 01:11:34.50 ID:OQDYYLZ60


陸奥「どうだった?提督」

インテグラ「陸奥、万事お前の考えた通りだったという訳か?」

陸奥「ええ」

インテグラ「そうか、頭が下がる思いだ」

陸奥「やっぱりまだまだ提督はこの鎮守府を完全には知れていないって事ね」

インテグラ「耳が痛いな…」

陸奥「みんな優しい子ばかりよ」

インテグラ「そうだな、誇りに思う」



47: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/12/11(日) 01:16:18.92 ID:OQDYYLZ60


陸奥「これで何とかなりそうかしら?」

インテグラ「多少の無理難題を押し付けてしまっているが
      それを越えてくるのだろう?水雷魂というものは」

陸奥「あら、長門から聞いたのね」

インテグラ「そうだ、期待しておこう。初陣から改の艤装を使うという
      この壁を乗り越えてくる事に」





48: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/12/11(日) 01:17:25.16 ID:OQDYYLZ60

如月「あぁ、こんばんは司令官」

インテグラ「珍しいな如月、こんな時間にお前を見かけるとは」

如月「そうですね、少し眠れなくて...」

インテグラ「そうか…そうだな、私も時間を持て余していたところだ。
      まだ眠れないというのならどこかで夜話でも」

如月「ありがとうございます、司令官。けれど大丈夫
   もう眠らなくちゃお肌に悪いわ。今度お時間がたくさんあるときにいっぱいお話ししましょう?」

インテグラ「そうか、引き留めてすまなかったな」

如月「いいえ、司令官おやすみなさい」

インテグラ「ああ、良い夢を」




53: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/12/14(水) 23:51:41.49 ID:jwbi0u5n0

長門「W島への反攻作戦…ついに始めるのか」

インテグラ「ああ、大本営からのお達しだ」

長門「近々控えている大規模作戦の露払いをしろという事か」

インテグラ「よくて切り込み隊長といったところだろう。
      全く、末端の組織すらも消耗品程度にしか考えていないのだ。奴らは」

長門「提督の能力が評価されているという事ではないのか?」

インテグラ「作戦の一切がこちらに一任されている。
      自由にさせるといえば聞こえはいいが、自由と無責任はまるで違う
      評価されているのならな長門、何らかのリミットがあるはずなのだ」

長門「リミット、だと?」

インテグラ「ノルマと言えば聞こえは良いがな
      これが作戦の一部ならば壊滅か、占拠か、牽制か
      少なくとも日時の指定くらいはして来なければおかしいのだ。
      そうでなくては後の作戦立案もできはしない
      つまりは連中、この作戦がどうなろうと構いはしないのだ。ハナっから評価などしていない
      使い勝手のいい兵器程度にしか考えていない。不愉快な」




54: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/12/15(木) 00:01:48.59 ID:kPG1DC720

インテグラ「まあいい、良いように使われておいてやろう。
      絶対に我々を消費などさせん」

長門「…この作戦、決行はいつだ」

インテグラ「いずれ。なに、すぐだ」

長門「皆にこれを伝えて来よう」

インテグラ「ああ、頼む」




55: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/12/15(木) 00:13:56.50 ID:kPG1DC720


陸奥「ねえ、提督?」

インテグラ「なんだ」

陸奥「いくら今がずぅーっと考えてたW島作戦中だからって」

インテグラ「なんだ」

陸奥「いくらなんでも落ち着きがなさすぎるんじゃない?」

インテグラ「私はいつでも落ち着いている。落ち着き払っている」

陸奥「葉巻、いつまで咥えてるの?」

長門「鎮守府内での喫煙は禁止だ」

インテグラ「火は着いていない」

陸奥「意味ないんじゃない…?」

インテグラ「形だけでもいい、こうしておかなければ落ち着かないのだ」

陸奥「結局落ち着いてないんじゃない」





56: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/12/15(木) 00:14:33.22 ID:kPG1DC720

大淀「先遣隊より入電、敵艦隊と遭遇。情報の通りW島沖で停泊している様子です」

インテグラ「そうか」

長門「このまま夜戦を待つ…か」

インテグラ「夜か…」

長門「あの時の約束が果たせたという訳だな」

インテグラ「ここまで早くなるとは思わなかったが…結果的にはな」




57: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/12/15(木) 00:21:26.24 ID:kPG1DC720


インテグラ「大本営の情報の通りならW島に停泊中の艦は軽空母二隻を中心に
      軽巡洋艦二隻、駆逐艦二隻。付近を航行中の艦隊は無し、ということだったな」

長門「ああ、その通りだ」

インテグラ「この程度の規模、かつ夜戦による奇襲ならまず間違いなく敵を圧倒できるはずだが…」

陸奥「心配しすぎても仕方がないわ、今からそんな調子だと身が持たないわよ?」



58: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/12/15(木) 00:25:43.96 ID:kPG1DC720


大淀「先遣隊より入電、敵艦隊に発見されました。こちらに向かってきているようです!」

長門「何?」

インテグラ「旗艦に伝えろ、全速力で転回。無傷で帰る事だけを考えろ」

大淀「はいっ」

陸奥「どうするの?」

長門「どちらにせよ発見された時点で奇襲は失敗だ」

インテグラ「くっ」

陸奥「提督、指示を」

インテグラ「後続の水雷戦隊を急がせろ、航空戦力だけでも無効化し追手を振りきれ!」

大淀「後続の第四水雷戦隊、敵の別動隊を発見!こちらには気づいていないようですが
   確実にW島へ向かっているとのことです」

インテグラ「なんだと!」



59: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/12/15(木) 00:34:38.94 ID:kPG1DC720


インテグラ「第四水雷戦隊は別動隊へ奇襲、可能な限り攪乱せよ」

長門「ジリ貧…か」

陸奥「挟み撃ちを避けられただけでも良かったというべきね」

インテグラ「何か…長門!今からお前が出れば」

長門「落ち着け、提督。私が今からいったとしても間に合う訳がない」

陸奥「金剛でも、多分島風ちゃんでも無理よ」

インテグラ「付近に展開中の艦は…!」

陸奥「いないわ」

インテグラ「ぐっ」

長門「知っているだろう。今までも何度もあった。いつだってそうだ
   これ以上指令室で私達にできることは何もない。ただ、信じることだけだ」





60: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/12/15(木) 00:55:33.71 ID:kPG1DC720


天龍「提督より命令、奇襲し可能な限り攪乱せよ、だってよ」

龍田「あらー、攪乱?そんな程度で良いの?敵艦の規模は?」

如月「軽空母二隻、他重巡洋艦一隻に駆逐艦三隻よ」

龍田「たったそれだけ?天龍ちゃん、どうしましょう?」

夕張「試したい新兵器があるのよね」

望月「軽巡の先輩が怖すぎるんですけど」

弥生「見敵必殺…」

望月「こっちもだったかー」

天龍「第四水雷戦隊、敵を殲滅。提督に私たちの力、教えてあげましょう―」

「「「おおおおおおおーー!!」」」

天龍「おおー、って旗艦は俺なんだけど」

如月(睦月ちゃん、どうか無事でいて…)





61: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/12/15(木) 01:04:31.25 ID:kPG1DC720


夕立「もー!全然落とせないっぽい!」

那珂「那珂ちゃんがいくらアイドルだからってしつこいのはNGだよ!」

吹雪「勝って、帰らなきゃ!みんなのところに!」

睦月「帰って、帰らなきゃ、だってまだ、如月ちゃんに」


赤城『私達は戦うために生まれました。明日、いいえ、今日死ぬとも限りません。
   自分の思いは素直に相手に伝えた方がいいと思いませんか?』


如月『睦月ちゃん、今日が初めての出撃だったの?そう、不安だったわねぇ。今日は一緒に寝る?』


如月『大活躍だったじゃない、私もうれしいわ』


如月『睦月ちゃん、今日も頑張って、ね?私も後ろからついていくから』

睦月『うん、皆で無事に帰ろうね』


睦月「いつもありがとうって、大好きって、まだまだいっぱい、いっぱい言えてない!」

夕立「敵機直上!」

神通「睦月さん!危ない!」

睦月「えっ?」



62: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/12/15(木) 01:10:58.91 ID:kPG1DC720


吹雪「やぁぁぁぁぁぁぁ!!」


赤城『あなたが日夜努力をしていたことは知っています
けれど私よりもあなたの体がそれを十分に知っているはずです。
自分を、自分の努力を信じてください。結果は必ずついてきます
皆を守るという、あなたの素敵な目標の成果となって』


吹雪「はあ、はあ、私が絶対守るって、決めたんだから」

夕立「ギリギリ間に合ったっぽい!」

川内「やるじゃん特型駆逐艦!」






63: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/12/15(木) 01:22:58.09 ID:kPG1DC720


大淀「先行の第三水雷戦隊敵艦からの撤退に成功。ダメージは軽微
   敵航空勢力へのダメージは甚大なれど他の戦力については確認できず」

インテグラ「それ以上の深追いは無用、すぐに帰投せよ」

大淀「後続の第四水雷戦隊、敵艦隊を殲滅」

インテグラ「それは本当か!」

大淀「天龍型軽巡洋艦龍田より伝言です。『攪乱なんて役不足だわー』だそうです」

インテグラ「ふっ、感服した。認識を改めさせてもらうと伝えろ」

陸奥「ふふふ」





66: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/12/16(金) 00:29:39.49 ID:VyVp5XH70


神通「戦闘海域離脱しました」

那珂「ここまで来たら安心だね!みんな、もう大丈夫だよ」

神通「皆さん、怪我はありませんでしたか?」

吹雪「はい」

夕立「大丈夫っぽい!」

那珂「睦月ちゃんは?大丈夫?」

睦月「あ、は、はい!大丈夫です」

川内「あぁ、四水戦なら大丈夫だよ」

睦月「え、ほ、ほんとですか!?」

川内「うん、さっきこっちにも入電があってね、本当は迎えに来てくれるところだったけど
   駆逐艦の誰かが中破したから帰るつもりだって」

睦月「良かったあ…」





67: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/12/16(金) 00:31:29.85 ID:VyVp5XH70


天龍「そうだ、じゃあ悪りぃけど俺達は先に帰ってるから」

夕張「川内達はなんて?」

天龍「前の艦隊も逃げ切れたってよ。本当はこのまま合流するつもりだったけどよー」

望月「すんません…」

天龍「提督にも無理するなっていわれてるし、いったん帰るか」

龍田「本当はもっと沈めたいんだけどー、提督のお願いじゃ仕方ないわよねー」



70: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/12/16(金) 00:37:32.20 ID:VyVp5XH70


如月「睦月ちゃんも無事だったのね、良かった…」


睦月『皆で無事に帰ろうね!』


如月「ふふっ」

ゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥーーーーン

如月「やだ、髪が痛んじゃう…」


夕張「如月ちゃん!逃げて!撤退方向210度!」

天龍「如月っ!き、如月!!!」





71: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/12/16(金) 00:40:30.59 ID:VyVp5XH70


長門「まずは一安心、といったところか」

インテグラ「そうだな、また練り直す」

陸奥「今度はもっと綿密にね」

インテグラ「彼女らには悪いことをした。次は上手くやる。もっと、確実に」

長門「皆を沈めないためにも、な」

インテグラ「ああ、そ「第四水雷戦隊より入電」

インテグラ「なんだ、次は天龍か?」


大淀「墜落寸前の敵機による爆撃、睦月型駆逐艦、2番艦、如月に直撃」



「弾薬庫に誘爆した模様、如月、轟沈です…」





72: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/12/16(金) 00:43:22.42 ID:VyVp5XH70


インテグラ「第四水雷戦隊は更なる敵機を警戒しつつ周囲を捜索
      彼女の痕跡を回収せよ。何もなければ…それでいい」

大淀「はい」

長門「提督…」

インテグラ「私は、間違っていたのか」

陸奥「それは、誰にもわからないわ。ただ、また一人沈んでしまった。私達の指揮で」

インテグラ「そうだな」

陸奥「もし葉巻を吸うなら、人目の少ない良いところを知っているわ」

インテグラ「そうか、では案内を頼む」

長門「あとのことは、私がやっておく」

インテグラ「恩に着る」



73: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/12/16(金) 00:47:09.83 ID:VyVp5XH70


陸奥「火を着けましょうか?」

インテグラ「ああ、済まない」

陸奥「私も久しぶりにここへ来たけど、鎮守府って裏側から見ると大きく見えるわね」

インテグラ「そうだな」

陸奥「きっと、いつも小さく見えてるだけなんでしょうけど
   これだけの艦娘がいるんだもの、このくらい大きくないと窮屈なんでしょうね」

インテグラ「そうだな」



74: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/12/16(金) 00:52:10.36 ID:VyVp5XH70


陸奥「そうそう、間宮も出来てから3年…4年は経つのかしら
   あれができてからこっちの方までくる娘たちが増えたのよね」

インテグラ「そうか」

陸奥「確か、提督が着任したのは間宮が出来た後からだったかしら?なら、提督もここへきて3年は経つのね」

インテグラ「ああ、そうだったかな」

陸奥「その時から今日まで、たくさんの艦娘が着任したわ」

インテグラ「そうだ」

陸奥「そして、轟沈していった艦娘も一人や二人じゃないわ」

インテグラ「ああ」

陸奥「ちゃんと聞いて、インテグラル・ファルブルケ・ウィンゲーツ・ヘルシング
   あなたに言っているの」

インテグラ「…すまない」

陸奥「私だっていつ沈むかもわからないし、いつだって怖くて怖くて仕方ない」

インテグラ「そうだろうな、私も、私も敵を前にし恐怖を感じない瞬間はなかった」



75: ◆Gh4KnxEqTvCH 2016/12/16(金) 00:56:18.65 ID:VyVp5XH70


陸奥「けどね、あなたなら、あなたの指揮なら沈まない。たとえ沈んでもそれを無駄にはしない。
   心からそう信じているから震えずに、怯えずに、前を向いて出撃できる
   帰ってくることができる。他の娘だってそう、あなたは間違いなくここの司令官で、長で、灯りなの」

インテグラ「灯り…か」

陸奥「私達は絶対にあなたの元へ帰ってくるわ。絶対に」

インテグラ「…もう少し私はここにいる、すまないが帰投してきた二艦隊を迎えてやってはくれまいか」

陸奥「ええ、喜んで」



インテグラ「灯り…か」


「二度も組織を壊滅させられた私が灯りとはな…余りある名誉だ」




79: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/08(日) 22:42:32.09 ID:dJ9FFOmn0


吹雪「部隊の再編成?」

夕立「そう、これからもっと大きな作戦になるっぽいから
そのためにみんな入れ替わるっぽい」

睦月「そっか…みんなと離れちゃうんだね」

吹雪「大丈夫?睦月ちゃん」

睦月「うん、もう、大丈夫、大丈夫だよ」

吹雪「睦月ちゃん…」

夕立「離れ離れになっても間宮とか、いつでもどこでも会えるっぽい!」

吹雪「そう、そうだよ!今日は皆で一緒にご飯食べよう!」

睦月「そうだね、一緒に食べようね。みんなで」

夕立「じゃあさっそく荷造りしましょ!」





80: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/08(日) 22:50:00.56 ID:dJ9FFOmn0


長門「全艦娘、割り当てられた部屋への移動が完了したようだ」

インテグラ「報告ご苦労。さて、あと何分ほどで来ると思う」

陸奥「どうかしら?吹雪ちゃんが引き留めているかもしれないし」

長門「金剛もあれはあれで人間関係は上手くやれる」

インテグラ「良いだろう、私は五分以内。最初に開けるのは瑞鶴だ、ALL IN」

長門「…私は降りる」

陸奥「私も降りるわ」

長門「提督よ、ポーカーの駆け引きというものを知らないのか?」

インテグラ「何を言う、私がイギリスにいた頃も多少は嗜んだものだ
      コールとレイズ以外殆ど言ったことはないがな」

長門「強気すぎる…」

陸奥(そうよね…きっとそうだったでしょうね…前までなら)




81: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/08(日) 23:12:51.21 ID:dJ9FFOmn0


インテグラ「さて「提督さん!いる!?」

陸奥「予想通りね」

瑞鶴「ちょっと言いたいことがって、え?何の話?」

加賀「待ちなさい五航戦」

吹雪「ま、ま、待ってください~。あ、司令官、失礼します」

金剛「ヘェーイ!提督ぅーバァーニングゥ、ラァーヴ!!」

インテグラ「雷巡の二人は来ていないようだな」

陸奥「多分二人きりになったから仲良くしてるんじゃないかしら」

金剛「もおー提督ー、避けないでクダサーイ」

加賀「大体、あなたは礼儀がなっていないわ
   提督に直接物申そうだなんて100年は早いと思っておくことね」

瑞鶴「はあー!?あんただって文句言ってたじゃない!」

加賀「それを提督に言うのが間違っていると言っているの
   やはり五航戦は判断力、思考力共に足りていないようね。戦場で足を引っ張られては困るわ」

吹雪「ふ、二人ともその辺で」



インテグラ「静かにしろ」





82: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/08(日) 23:25:30.80 ID:dJ9FFOmn0


加賀「…失礼しました」

瑞鶴「ごめんなさい」

インテグラ「よし」

長門「それで、お前たちは何をしにここへ来た」

吹雪「その、部屋割りを変えてほしいそうです」

金剛「私はこのままでもノープロブレムなんですけどネー」

陸奥「という事は、その二人?」

加賀「私はこの程度問題になるとは思いませんが、五航戦の方が」

瑞鶴「誰かさんがここまで喧嘩売らなきゃ大人しくできたんですけどね」

インテグラ「つまり、二人のために今から部屋割りを考え直せという事か」

吹雪「すみません、司令官」





83: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/08(日) 23:35:54.22 ID:dJ9FFOmn0


インテグラ「ふむ」

「私が三日三晩考えて」

「艦娘同士の相性や今後の連携を頭に入れ」

「これまでのお前たちの人間関係を含め熟考したものを」

「お前たち二人のために考え直せというのだな」


瑞鶴「い、いや、な、何でもありません」

加賀「失礼しました」

金剛(久しぶりに怖い提督を見た気がしマース)

吹雪(金剛さん、声が大きいです)





85: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/09(月) 00:08:30.55 ID:XfHBsPOt0


長門「解決したようだな」

インテグラ「そろそろ昼食の時間だ。互いの親交を深めるいい機会だと思うが」

吹雪「で、では司令官失礼します!」

金剛「それじゃーまたティーパーティーに来てくださいネー」

瑞鶴「失礼しました」
加賀「失礼しました」




87: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/09(月) 00:25:28.13 ID:XfHBsPOt0


陸奥「ふふっ、なんだかんだ上手く行きそうね」

インテグラ「あのくらいで規律を乱されても困る」

長門「確かにそうだが、なぜあの組み合わせなんだ
   かなり相性が悪い組み合わせだと思うが」

インテグラ「吹雪と金剛がうまく緩衝材になってくれる
      それに私には彼女らの相性が悪いように思えん」

陸奥「そうかしら…」

インテグラ「私から見ればあんなもの、子猫がじゃれ合っているようなものだ」

長門「じゃれている…か?」



93: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/19(木) 22:30:45.94 ID:wVnZ5xS40


大井「それで、旗艦は誰にするのよ」

北上「あー、それだ、それ決めないとダメだよねー」

金剛「それなら戦艦である私ですネー」

瑞鶴「いっつもあんな指揮してる人に務まらないとおもうけど」

加賀「私は五航戦以外ならだれでもいいわ」

北上「私も向いてないしねー」

大井「だからって決めないわけにもいきませんし…」

吹雪「な、ならこういうのはどうでしょう!?」




94: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/19(木) 23:17:19.73 ID:wVnZ5xS40



長門「それで、これから全員で一度ずつ旗艦になり出撃をするという事らしい」

インテグラ「ふむ、まあ悪くないが…」

陸奥「一応、一番慣れているのは金剛のはずなんだけどね」

インテグラ「まあいい、思うようにさせてみろ」

長門「それは良いのだが提督、出撃の際の資材はどうなる?」

陸奥「皆結構練度高いんだからバカになんないわよー?」

インテグラ「…資材は消費するためにある」





95: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/19(木) 23:20:02.79 ID:wVnZ5xS40


金剛「それじゃー私からデース!皆サーン、フォーロミー!」




金剛「失敗デース…」

瑞鶴「だから言ってるじゃない!金剛さんがあんなに前に出たって
   私達も援護に回り切れないんだってば」

大井「あのタイミングで魚雷を撃っても味方に当たるだけです」

北上「魚雷は実際に撃ってみないと感覚も分かりづらいしねー」

吹雪「金剛さん、きっと慣れていなかっただけですよね!
   普段指示がなくても動ける人と組んで動いていたから
   思うように指示が出せなかったんですよね」

金剛「ブッキー…フォローありがとデース」

大井「次は私ですね」



96: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/19(木) 23:36:35.84 ID:wVnZ5xS40


長門「なかなか苦戦しているようだが」

インテグラ「戦場で功をあげる者が必ずしも将の器とは限るまい
      指揮官としての才はまた別物だからな」

陸奥「みんな得意不得意があるものね」

インテグラ「戦場に赴く以前の話だ、武勲とは異なる
      求心力協調性、統率力、士気のコントロール、知力
      判断力、適応性、融通、誠実さ、鳥瞰的視点、様々な要素が必要になってくる」

長門「提督は誰になると思う?」


インテグラ「そうだな……それらすべてを兼ね備え、かつ―――最も番臆病な人間だ」





97: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/19(木) 23:45:22.82 ID:wVnZ5xS40


大井「大井、出撃します」



大井「作戦が悪いのよ…」

瑞鶴「考えたのはあんたでしょうが…」

加賀「あなたは少し視野が狭すぎるわ
   北上と連携しての魚雷斉射の命中率は見事なものだったけれど」

吹雪「金剛さんだと私はあの位置で…大井さんだともう少し
   端にずれるんだ…北上さんなら」

金剛「んー?」

吹雪「え?あ、な何でもないです」

瑞鶴「次は私の番ね!見てなさい」





98: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/19(木) 23:59:02.14 ID:wVnZ5xS40


陸奥「ねえ、ところで睦月ちゃんの事だけど…」

インテグラ「同部屋だった夕立からはもう支障がないように見えると聞いている」

陸奥「あら、提督ったらそれ本当に信じてるの?」

インテグラ「あんなもの信じるのはよほどのお人好しか間抜けだけだ
      夕立も、睦月も自分と人を騙すのが下手すぎる」

長門「だが、おそらく提督が行っても仕方ないだろう」

インテグラ「私や、例えばお前が行ったら
      睦月は間違いなくいつもの調子を取り戻すだろうな
      彼女の優しさは少し前によくわかった。
      だがあれは、やはり自分で向き合わねばならない
      自分の痛みは自分以外に触れ得ない」

陸奥「触らなきゃ治せないものね」

長門「…ああ、そうだな」



99: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/20(金) 00:11:53.11 ID:aSfV/rok0


瑞鶴「旗艦瑞鶴!抜錨よ!」



インテグラ「目標は先日報告のあった南西諸島海域の機動部隊どもの偵察
      その中には以前遭遇した空母ヲ級と新たに発見された同型艦も確認された
      奴らが何を企んでいるかを知りたい、強行偵察を行い敵勢力と目的を明らかにしろ」

瑞鶴「はいっ」

インテグラ「命令は唯一つ、生きて帰れ、それ以外は許さん」

瑞鶴「了解!五航戦瑞鶴出撃します!」




101: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/20(金) 23:06:05.18 ID:aSfV/rok0


瑞鶴「さて、どう?吹雪、向こうの偵察機は発見できた?」

吹雪「はい、先ほどから数分おきに見えます」

瑞鶴「そう、それじゃしばらくあの小島あたりで様子見ね」

加賀「こちらからも偵察機を出してもいいのではないかしら」

吹雪「あ、も、もう少しだけ待ってください!」

加賀「何をかしら、ここから時間をかけても無意味だと思うけれど」

吹雪「もう少しで巡回ルートとペースがわかりそうなんです。
   もう少しだけ、もう少しだけ時間をください」




102: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/20(金) 23:14:54.30 ID:aSfV/rok0


大井「本当に、そんなことできるの?」

吹雪「敵艦が同じところに停泊していたなら、ですけど」

加賀「それなら問題はないわ。五航戦あなたにも分かるでしょう」

瑞鶴「そういえばそうね、うん、確かに」

加賀「私達が保証します。あれはほとんど同じ距離を何度も行き来しているわ」

瑞鶴「何機も飛ばしてきた私達ならわかるわ
   けど私達にもルートの絞り込みは出来ない、アンタに任せていいのね?」

吹雪「それなら大丈夫です、頑張ります」

金剛「ここは吹雪に任せるデース、私達は警戒を怠らないようにしマース」

北上「駆逐艦が頑張ってるのに」

大井「ここで見つかったら」

北上「かっこつかないもんねー」
大井「かっこつかないですもんね」





103: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/20(金) 23:24:47.27 ID:aSfV/rok0


吹雪「これで大丈夫です」

瑞鶴「報告して」

吹雪「敵機は三機を一組として少なくとも五組、こちら側に中心がずれた
   楕円形をルートとしながら周回、今から三分後最接近し二十分以内に最も遠ざかります」

瑞鶴「よし、三分後の敵機を待って中から遠距離を保ちつつ追い、奇襲作戦を行うわ」

加賀「提督に報告、お願いできるかしら」

吹雪「はい!」





104: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/20(金) 23:36:36.54 ID:aSfV/rok0


陸奥「以上、吹雪ちゃんより報告よ」

インテグラ「ご苦労、成功を待つと伝えろ」

長門「上手く行っているようだな」

陸奥「まあ、あの二人がうまくやって行けばとっても優秀なんだもの」

インテグラ「今回で旗艦が決まるだろう、今度もまた何か賭けでもしてみるか?」

長門「遠慮しておこう」





105: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/20(金) 23:45:50.91 ID:aSfV/rok0


大井「来ないわね」


加賀「向こうが移動を開始した、こちらに気付き攻撃態勢に入った」

吹雪「も、もしかしたら間違っていたのかも…」

加賀「でなければ、何かトラブルがあった」

吹雪「トラブル…」

瑞鶴「一応こっちも臨戦態勢とっといた方が良いかもね…」

北上「おお、いよいよですか」

吹雪「中心点の方角は…」

加賀「発艦用意」

吹雪「スコールだ…」

瑞鶴「全機はっか…スコール?」



106: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/21(土) 00:05:34.69 ID:WhXfaXTb0


吹雪「艦の不備なら、むしろ警戒を強めるはずです
   こちらに向かってきているならもう着いているはずですし
   移動しながらの偵察にしては範囲が狭すぎます」

北上「ほうほう」

吹雪「だからそれ以外の、完全に外から来たアクシデントでこの辺りで起こる予測のできないものならスコールかな…って、思ったんです…けどぉ」

加賀「それなら私達も艦載機は飛ばせないわね」

金剛「だったらこちらからも出撃デース」

吹雪「スコールは十五分から三十分、敵予測海域に着く直前には抜けられるはずです」





107: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/21(土) 00:07:10.22 ID:WhXfaXTb0


瑞鶴「全艦第一戦速、目標敵予測海域!」

吹雪「あ、でも、まだ絶対ってわけじゃ」

大井「早くしないと置いてくわよ、ほら」

吹雪「え、で、でも」

大井「あなたを信じようと思ったから動いているだけ
   根拠も、説得力も、もう関係ないわ。あなたが言うから動くのよ」



108: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/21(土) 00:10:07.51 ID:WhXfaXTb0


北上「とは言ったもののさーー!!」

大井「なんですかーーー!!」

北上「スコールの中を抜けるって無茶だよねーーー!!」

金剛「瑞鶴も結構抜けてマーーーース!!」
瑞鶴「うう、うるさーーーい!!」

加賀「やはり五航戦ね」

瑞鶴「聞こえてないけど悪口言ったのはわかるわよ一航戦!!!!」

金剛「ブッキーーー!!ちゃんとついて来れてマスかーーー!!!?」

吹雪「大丈夫ですーーーー!!!」

瑞鶴「ここから抜けたら敵の目の前とか洒落になんないわよね…」

北上「あ、見えたよー」





109: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/21(土) 00:15:16.16 ID:WhXfaXTb0


瑞鶴「第一攻撃部隊、発艦用意!」

加賀「鎧袖一触よ、問題ないわ」

北上「一人で四十門」

大井「二人で合計八十門」

北上「魚雷発射ー!」
大井「魚雷発射です!」

金剛「三式弾装填、攻撃機の露払いデース。ファイヤー!!」

吹雪(す、すごい…やっぱり、私はまだ戦力になれないのかも…)

金剛「あ、ブッキー!敵の観察をお願いしマース!」

吹雪「え、でも」

金剛「適材適所デース。もちろん、敵の攻撃に当たらないように気を付けてネー」

吹雪「わ、わかりました!」

吹雪(皆さんの役に立てるように!)




110: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/21(土) 00:21:36.70 ID:WhXfaXTb0


北上「あれ、あの空母どっか行っちゃった?」

加賀「撤退していったようね…」

瑞鶴「あ、もしかして強行偵察失敗になるんじゃ」

金剛「偵察はブッキーに任せてたのでノープロブレム!
   ところで、そのブッキーが見当たらないデース」

大井「まさか、追いかけて行ったんじゃ」

金剛「ブッキー!」

瑞鶴「あ、ちょ!金剛!」



111: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/21(土) 00:32:11.88 ID:WhXfaXTb0


吹雪「皆とはぐれちゃった…急いで戻らないと」

空母ヲ級「」

吹雪「あれは…?前に遭った敵空母と同じ」




「―――いや、もっと前に遭ってたような…?」



重巡リ級「」ズゥウ

吹雪「あ」

重巡リ級「」ガゴン

吹雪「ああ」




睦月『皆でまた、一緒にご飯食べようね』

夕立『加賀さんと一緒なんて吹雪ちゃんすごいっぽい!』



睦月『如月ちゃん………』


吹雪「や、やだ」

ドゴォォォォォ

金剛「ブッキー、迷子になるなら先に言っておいてほしいデース」

吹雪「金剛さん…」





112: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/21(土) 00:37:32.78 ID:WhXfaXTb0


金剛「ブッキーをいじめた悪い艦には
   全砲門一斉射!バァァーニング、ラァーヴ!!」



吹雪「金剛さん!敵空母がまだ近くに!」

金剛「うーん…どうやら完全に撤退されてしまったみたいデース」

吹雪「そうですか…よかっ、あれ?」

金剛「ブッキー?」

吹雪「あれ?どうして私泣いてるんだろ、おかしいな」

金剛「大丈夫デス、ブッキー」

吹雪「金剛さん?あの、急に」

金剛「大丈夫デス、ブッキー
   こうやってギュッてハグされるとここにいるってわかるデショ?」

吹雪「はい…」

金剛「怖かったことも悲しかったことも、いっぱいあっても
   ちゃんとあなたはここにいマース。だから、ほら安心してクダサーイ」

吹雪「はい…。はい…」



113: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/21(土) 00:53:00.25 ID:WhXfaXTb0


瑞鶴「艦隊帰投しました」

インテグラ「報告を」

瑞鶴「情報通り、南西諸島海域に敵空母二隻、他護衛用の艦が数隻
   駆逐艦吹雪が絞り込んだルートによると、この鎮守府周辺の偵察を行ってたみたい」

長門「狙いはここか」

瑞鶴「けど、戦力や士気を考えると奇襲をかけようとしていたわけではないみたい。あくまで偵察止まり」

陸奥「撃退しちゃったからまだしばらくはこちらに来ないでしょうね」

インテグラ「そうだな、やつらの目もついにこちらを向き始めたか」

長門「他の鎮守府からもそういった報告が増えてきている。いよいよ、という事だろうな」





114: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/21(土) 01:02:03.74 ID:WhXfaXTb0


インテグラ「報告ご苦労。で、旗艦は決めたのか」

瑞鶴「ええ、満場一致で吹雪に任せることになったわ」

長門「ほう、吹雪に決まったか」

インテグラ「いいだろう。瑞鶴、加賀と仲良くするようにな」

瑞鶴「うう、わかりました…失礼します」




115: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/21(土) 01:08:59.25 ID:WhXfaXTb0


吹雪「睦月ちゃん、ただいま」

睦月「吹雪ちゃん…お帰りなさい」

吹雪「睦月ちゃん、私ね、ちゃんと帰って来たよ」

睦月「吹雪ちゃん?どうしたの?」

吹雪「ねえ、ぎゅってしよう。睦月ちゃん」

睦月「…?吹雪ちゃん、変だよ」

吹雪「大丈夫だよ、睦月ちゃん」

睦月「吹雪ちゃん、そんなに強くされると痛いよ」

吹雪「大丈夫、睦月ちゃん。ちゃんと帰ってきたよ」

睦月「吹雪ちゃん、そんなにされると、痛くて、涙が止まらないよ…」

吹雪「そうだね、睦月ちゃん。ごめんね…」

睦月「うぅ、うあぁぁぁん、ああああぁぁぁん」

吹雪「ちゃんとここにいるから、私も、睦月ちゃんも…だから、大丈夫、大丈夫」





116: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/21(土) 01:15:54.29 ID:WhXfaXTb0


インテグラ「やはりここにいたか、吹雪」

吹雪「あ、司令官、どうしてここにいるって」

インテグラ「睦月をちゃんと泣かせてやれたのだろう」

吹雪「…はい」

インテグラ「友として最も辛い任務を押し付けてしまったな」

吹雪「司令官…私は、慰めてあげられたんでしょうか」

インテグラ「彼女の傷がそれで癒えることはない
      しかし差し伸べる手はどこからでも伸びているという事を
      教えてやることができた。それで彼女は救われるはずだ」

吹雪「…これから一緒に頑張って行けばいいんですね」



117: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/21(土) 01:20:50.82 ID:WhXfaXTb0


インテグラ「ところで旗艦就任だそうだな」

吹雪「あ、はい!そうです!皆さんに任されたからには一生懸命頑張ります」

インテグラ「そうか、吹雪、以前私がここで言ったことを覚えているか」

吹雪「一緒に始めていこう、ですね」

インテグラ「そうだ、そしてその少し前に私はこうも言っている
      戦場で上に立つ人間としてはお前の方が向いていることもあるかもしれない、と」

吹雪「あ、あれは励ますためのものだとばっかり…」

インテグラ「そういう点を評価し、私はお前をこの鎮守府の司令官に任命しようと思う
      私はもう、引退しよう」

吹雪「ええ!?し、司令官いくらなんでもそれは」

インテグラ「というのは冗談だが」

吹雪「うう?私、もしかして遊ばれてますか?」

インテグラ「ふっ、ではな小さな司令官、第五遊撃部隊を任せるぞ」

吹雪「ええ!?結局どっちなんですかー?」



118: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/21(土) 01:28:39.62 ID:WhXfaXTb0


インテグラ「隣、失礼する」

加賀「食堂でご一緒するなんて、どうかされたのですか?提督」

インテグラ「なに、お前から新しい艦隊について聞かせてもらおうと思ってな」

加賀「五航戦と一緒というのはまだ納得できないけれど、それ以外は順調ね」

インテグラ「そうか、――――何!まさかお前、それだけ食べておかわりしに行く気か!?」

加賀「ええ、すみませんが提督、少し失礼します」





119: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/21(土) 01:37:04.46 ID:WhXfaXTb0


インテグラ「吹雪を旗艦にしたそうだな」

加賀「ええ」

インテグラ「あのメンバーの誰も反対はしなかったのか」

加賀「そうね、誰一人として。戦闘に関してはまだまだだけれど」

インテグラ「手厳しいことだな」

加賀「私と、いずれ赤城さんと共に立つのですから、半端なものでは困ります」

インテグラ「ふっ、苦労をかけるが、頼むぞ」

加賀「ええ、けれど問題ありません、皆優秀な子達ですから」





120: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/21(土) 01:44:20.70 ID:WhXfaXTb0


大井「北上さーん私と一緒にお風呂入りましょうよー」

北上「あ、久しぶりにそれも良いかもねー」

金剛「ベリータイアッド!早く寝まショー」

吹雪「あ、あれ?」

(いつも加賀さんが作ってるうさぎさんが机に…?)

瑞鶴「あ、どうしたのそれ可愛いじゃない!タオルで作ったの?」

吹雪「あー、はい、そうなんですよー」



121: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/21(土) 01:45:00.48 ID:WhXfaXTb0


瑞鶴「ねえねえ、その作り方教えてよ」

吹雪「はい、でも私も他の人に教えてもらったので」

瑞鶴「へえー、その子なかなかいいセンスしてるわよねー」

加賀「」ビクッ

吹雪「そうですよね、一緒に教えてもらいましょう!」

瑞鶴「え、さすがにこんな時間に行くのは迷惑じゃ…」

吹雪「じゃあ、教えてもらって良いですか?加賀さん」

加賀「別に、良いけれど」

瑞鶴「えぇっ!」

吹雪「さあさあ、瑞鶴さん、加賀さんのお隣に座ってください!」

瑞鶴「ええぇぇぇぇーー」



122: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/21(土) 01:45:57.00 ID:WhXfaXTb0


金剛「オオ!とっても仲良しデスネ!」

吹雪「えへへ」

瑞鶴「ううぅぅ」

加賀「狭いわ」



125: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/21(土) 17:53:21.65 ID:WhXfaXTb0

インテグラ「で、相談というのはなんだ霧島。あまり長くなると金剛との茶会に遅れてしまう」

霧島「いえ、大丈夫です。短く済むようにしますから」

インテグラ「そうか、まあいい、部下を気にかけてやるのは上に立つ者の務めだ。話してみろ」

霧島「今回司令官にお話させていただくのは…戦闘についての事なんです」

インテグラ「ほう、しかし艦娘としての経験は私にはないぞ」

霧島「いいえ、そうではないんです、ですが、ああ、こういうことを言ってしまっては
   呆れられてしまうかもしれません」

インテグラ「私を見くびってもらっては困る、どんな些末なことでも構わない。言ってみろ」

霧島「は、失礼しました!司令。では話させていただきます。」

インテグラ「ああ」


霧島「司令の視力はどのくらいなのでしょうか?」



126: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/21(土) 18:10:53.82 ID:WhXfaXTb0


インテグラ「…は?」

霧島「あ、その、視力というのは動体視力だとかそういうものではなく
   ごくごく一般的に言われている視力の事です」

インテグラ「そこは、わかるが…。まさか、艦隊の頭脳はそこまでデータベース化してるのか」

霧島「ええ?あ、いえいえ、そういう意味ではありません。わかりづらい言い方でした
   私がお聞きしたいのは、司令は、裸眼でも戦闘行為を続けられるのかなー、という事です」

インテグラ「ああ、そういう…」

霧島「戦艦の中では数少ない眼鏡っ娘という属性で
   頭脳派を分かりやすく演出してはいるのですが」

インテグラ「属性とか言うんじゃない」

霧島「ぶっちゃけ、戦闘中すっごい邪魔なんですよね、砲撃したらすぐずれるしー
   波しぶきで全然見えなくなるし―」

インテグラ「ああ、あるなそういうの、そういう経験たくさんしてきたぞ」

霧島「一応、双眼鏡的な機能を搭載してはいるんですけど気が散って気が散って仕方ないっていうのが」

インテグラ「え、そんな機能あるのかそれ。私も夕張に言ったら作ってもらえるだろうか」

霧島「どうでしょう?一応艤装の一部扱いなので」

インテグラ「は?眼鏡積んでる艦なんてなかっただろうが」

霧島「司令、それ以上はいけません」



127: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/21(土) 18:19:27.09 ID:WhXfaXTb0


霧島「それで、一時期コンタクトにしたいと何度も思ったのですが
   眼鏡よりもすぐ取れるし、落としたら海の上で二度と回収できないし
   一部の艦娘に『わ、新しい金剛型の方ですか?』と聞かれるし」

インテグラ「ああ、そうか、かろうじて服で見分けはつくのだな」

霧島「あとは、単純に目が悪いという事もあります。
   裸眼だと多分、司令と深海棲艦が並んでいてもこの距離から分からないかもしれません」

インテグラ「それはもう目よりもおかしい部分がないか」

霧島「なので、教えていただきたいんです眼鏡と共に戦う術を」

インテグラ「ふむ…」



128: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/21(土) 18:31:14.56 ID:WhXfaXTb0

インテグラ「私の従ぼ…部下に拳銃で1㎞先の的を撃ち抜けるものがいた」

霧島「え、本当ですか司令、すごく嘘っぽいのですが」

インテグラ「本当だ、至って本当だ。彼は人間の目を使うな、と言っていた」

霧島「人間の目を…ですか」



129: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/21(土) 18:41:17.56 ID:WhXfaXTb0


インテグラ「額にもう一つ目があり、それで狙うようにして撃て、とな」

霧島「もう一つの目…」

インテグラ「艦娘の場合はなにも目だけにこだわる必要はない、潮の流れ、風、レーダー
      見えないものでも敵を見ることができる。少なくともお前の練度ならそれができるはずだ」

霧島「おぉぉ…おお!わかりました!私はわかりましたよ!司令!ありがとうございます!
   早速目隠しをして出撃してみますね!」

インテグラ「いや、さすがに目隠しで出撃するのはやめろ、本当に」

霧島「さ、司令!ともにお姉さまのティーパーティーに向かいましょう!」

インテグラ「分かっているだろうな?本当に駄目だからな!」



131: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/22(日) 00:18:06.81 ID:NJultog+0


瑞鶴「あ、提督さん!どうしたんですか?…加賀さんとは喧嘩してませんよ」

インテグラ「ああ…それは重畳、だがそんなことを確認しに来たわけではない」

瑞鶴「ふぅん・・・あ、何か私、悪い事しましたか?」

インテグラ「…」

瑞鶴「え、どうして黙ってるんですか」

イングテグラ「何か心当たりでも?」

瑞鶴「え、えぇー…皆に黙って鳳翔さんのところに行って甘やかしてもらってるとか…」

インテグラ「ほう?」

瑞鶴「え?違う?じゃあ、じゃあ…あぁー、こないだ寝てる加賀さんに
   いたずらしちゃったとか…」

インテグラ(一航戦呼びが抜けてしまっているな)

瑞鶴「これも違う!?じゃあ、じゃあ」

インテグラ「少しお前に頼みたいことがあってな」

瑞鶴「えぇ?」

インテグラ「だがお前が勝手に話し出すので何となく黙って聞いていた」



132: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/22(日) 00:24:02.05 ID:NJultog+0


瑞鶴「ええ?それってちょっと!提督さん!」

インテグラ「お前は幸運艦と呼ばれているんだったな、そこで頼みがあるのだが」

瑞鶴「私が勝手に恥かいただけって事じゃない!?」

インテグラ「お前の幸運を私に分けてほしい」

瑞鶴「ちょっと聞いて…幸運を分ける?」

インテグラ「ああ、ちょっとした幸運がいるのでな」

瑞鶴「あのー、それってどうやれば」

インテグラ「知らん」

瑞鶴「わー断言されちゃった。私も知らないんですけど」

インテグラ「何とかしてくれ」

瑞鶴「ええー…」



133: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/22(日) 00:35:08.33 ID:NJultog+0


瑞鶴「うううあああーー、提督さん!手を出して!」

インテグラ「ああ」

瑞鶴「と、とりゃーーー」

インテグラ「何故私は手を握られているのかわからんのだが」

瑞鶴「こう、幸運ビーム的なものが手のひらから」

インテグラ「出るのか」

瑞鶴「出てるといいなーって」

インテグラ「………」

瑞鶴「…………」

インテグラ「私が悪かった。手を離してもらえるか」

瑞鶴「はい、精進します…」


雷「司令官危ない!!」

ビシャァァァ

電「はわわ、ごめんなさいなのです」

インテグラ「いや、問題ない。怪我はないか?」

電「大丈夫なのです」
雷「大丈夫よ!」




134: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/22(日) 00:54:28.11 ID:NJultog+0


インテグラ「そうか、それは何よりだ…これは?」

電「皆でカレーを作るために工廠へ行こうとしてたのです!」

雷「今度のカレー大会のためのね!」

瑞鶴「なんだ、あんたたちも出るの?」

電「はいなのです!」

瑞鶴「言っとくけど、優勝は翔鶴姉と私がもらっていくからね!」

雷「私達だって負けないんだから!」

瑞鶴「果たしてどうかしら……っていうか、床にぶちまいた
   鍋の具材!早く片付けなきゃ!」

電「はわわ!電は雑巾を取ってくるのです!」

雷「私もついていくわ!」

インテグラ「まあ、絨毯もたまには綺麗にせねばな」

瑞鶴「そうねーって、あれ?」

インテグラ「どうした?」

瑞鶴「提督さんの服が全然汚れてない…
   それどころか鍋の中身が避けるみたいに枝分かれして床に落ちてる…」

インテグラ「……つまり幸運ビームか」

瑞鶴「幸運ビームかも…」



138: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/23(月) 00:12:30.60 ID:z4+D/lAU0


インテグラ「此度の宴は、全て諸君らの晩餐となる。みな、思うように作り上げよ!」

長門「という訳だ。手は洗ったか?材料の準備は済んだか?なら良い。既に知っている通り、今回の大会で選ばれたカレーが食堂で出されるメニューに追加される。各々、十分に奮闘せよ!」

陸奥「それじゃあ、出場チームはこっちに来てくださーい。簡単なルール説明の後、スタートしてもらいまーす」



139: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/23(月) 00:22:00.33 ID:z4+D/lAU0


インテグラ「始まったな」

長門「ああ」

インテグラ「味見役が出来なくて残念だ。私はボーキサイト入りのカレーなぞ食べることは出来んからな」

長門「そうだな、それは仕方がない……陸奥、やっぱり変わってくれないか?味見役」

陸奥「ごめんね、長門。私、辛い物ちょっと苦手なの。だから頼もしいお姉ちゃんにお願いしたいなーって」

インテグラ「そうだな、姉としての威厳を保つためにも辛い物くらい、笑顔で完食せねばな」

長門「て、提督まで…ぐ、ううう。良いだろう、この長門好き嫌いなどせず完食して見せよう」

陸奥「おおー」

インテグラ「すごいーすごいぞー」

長門「今回は戦艦から空母、果ては駆逐艦まで様々な艦種が参戦している。全てのカレーを受け止めるのも秘書艦としての役目だ」



140: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/23(月) 00:42:05.91 ID:z4+D/lAU0


陸奥「えーと、それで…出揃ったはずの各チームのカレーなんだけど…」

那珂「実況の那珂ちゃんが説明しちゃうよー!」

「まずは、味見した時に何故か卒倒!必殺の隠し味、金剛、比叡チーム!…は失格だよー」

「次は、味見してたら材料がなくなっちゃったよ!赤城、加賀チーム!…もちろん失格だよー」

インテグラ「奴らは何をしに来たんだ」

那珂「次、調理も食べるのも超スピード!島風チーム!…食べちゃダメだよー」

「えっと、ハプニングで途中退場!翔鶴、瑞鶴チーム!…ポロリはアイドルの那珂ちゃんの仕事なのにー」

「あ、ここで初めて完成品!なんで!?足柄、羽黒チーム!…長年の経験と、知識がちょっとだけ重いよ!」

「そして最後!第六駆逐隊のカレーだよ!皆の応援ですっごくおいしそうなカレーができたよ!」

陸奥「さあ、それじゃ、長門秘書艦に味見をしてもらいましょう」

長門「う、うむ」


足柄「いくつもの試作を重ねて作った特製カツカレー!辛さも揚げ具合も完璧なはず!」

雷「私達だって頑張ったんだから!」



141: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/23(月) 01:05:57.31 ID:z4+D/lAU0


長門「ではまず、足柄たちのカレーから…ぅぐっ」

陸奥「長門、お水いる?」

長門「くれ、早く、早く!」

陸奥「はいはい」


長門「次に、第六駆逐隊のカレーを…」





142: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/23(月) 01:12:31.79 ID:z4+D/lAU0


那珂「それじゃー結果発表!優勝したのはー?」

長門「うむ、どちらも甲乙つけがたいものだったが、あえて順位をつけるなら…」

那珂「つけるなら?」

長門「第六駆逐隊のカレーが優勝だ」

暁「やったーーー!!」

響「ハラショー」

電「やったのです!」

雷「私がいたんだもの、当然よ!」

那珂「優勝おめでとー!という訳で、金曜日のカレーは第六駆逐隊の甘口カレーに決定!」


長門「良かった…」

インテグラ「フッ」

陸奥「ふふふ」



143: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/01/23(月) 01:28:26.28 ID:z4+D/lAU0








「今度送ったあの女は果たしてうまくやっているのかしら?」

「失せよ、哀れな女」

「ふん、いくらやったって無駄なのに。哀れなのはどっちなんだか」

「変わる、変え得ることができる。人の在り方も、世界そのものも、彼らはそういう存在だ」

「はッ、一度目にあんな失敗をしておいてそんな口が利けるなんて」

「お前には関係のないことだ」

「精々、無駄なあがきを楽しむといいわ。紫」





146: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/02/07(火) 21:41:30.48 ID:QtA7B0mr0


インテグラ「ふざけるなっ!なんだこの糞のような作戦は!作戦と呼ぶのすら虫唾が走る!」

長門「どうした、提督」

陸奥「今日はやけに荒れてるわね」

インテグラ「ぐぐ…くっ」

長門「まあ待て、落ち着いてくれ。そんな顔、駆逐艦たちには見せられん」

陸奥「大本営の作戦はいつもひどいって言ってたじゃない。どうしたの?」

インテグラ「……読み上げるのすら屈辱の極みだが、我が鎮守府は全戦力を持ってトラック泊地へ移動、そこから他の鎮守府と共にFS作戦へ移行。と、もっと簡単に言ってしまえば玉砕覚悟の突撃に等しい」

陸奥「戦局はそこまで厳しい物じゃなかったはずだけど」

インテグラ「この状況で選び得る最悪手だ。ただの気まぐれか、ごっこ遊びに付き合わされているようにしか思えん」

長門「どうするのだ提督。命令違反となれば、さすがに書類改ざん程度の罰では済まされんぞ」

インテグラ「…大本営の建物を倒壊させるのに火薬は何トン必要だ?」

陸奥「だ、だ、だ駄目よ提督!本当、洒落にならないわよ!」

長門「いざというときは霧島に計算させるが、今はこらえろ、提督」

インテグラ「そうか、それを聞いて安心した。なに、ただの冗談だ。イギリス流のな」

陸奥「わかんない、わかんないわよ…」




147: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/02/07(火) 21:55:37.59 ID:QtA7B0mr0


インテグラ「だが、招集がかかっている、大本営に用事があるのは本当だ。あー、ここからどのくらい時間がかかるのだったか」

陸奥「あら、提督、向こうに行くのは初めて?」

インテグラ「一度か二度、行ったことがある程度だ。いくつか手続きをしにな。すでに内装すら記憶にない」

長門「いいだろう、少し待っていろ。調べて来る」

陸奥「いってらっしゃい」

インテグラ「頼む」





148: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/02/07(火) 22:04:25.73 ID:QtA7B0mr0


陸奥「収集がかかってるってことは他の鎮守府の提督も集まったりするのよね?」

インテグラ「そうなるだろうな、私はほとんどの人間とそこで初めて会う事になるだろうが」

陸奥「絶対に、喧嘩しないでね?」

インテグラ「あ、ああ、わかっている」

陸奥「本当によ?」

インテグラ「大丈夫だ……おそらくな」

陸奥「いざとなれば私たちは提督に付くけれど、それだってどんな状況でもってわけにはいかないし、万が一鎮守府が解体されたとして、私達や提督がどうなるかなんて簡単に想像できるでしょう?」

インテグラ「まあ、最悪はお前たち全員の処理、私は反逆罪で処刑、といったところか」

陸奥「良くても私達は他の鎮守府に分散。そこで、謀反に加担した艦娘の処遇なんて」

インテグラ「大丈夫だ、肝に銘じる」

陸奥「まあ、提督がそんなことしないとは思ってるわよ」

インテグラ「ああ、武器は抜かないようにするさ」

陸奥「そもそも武器を抜く寸前まで行かないで」


長門「すまない、少し待たせたな」

インテグラ「ああ、ありがとう長門」

陸奥「長門、謀反するときってどうすればいいのかしら」

長門「今までそんな物騒な話をしていたのか?」




149: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/02/07(火) 22:18:37.55 ID:QtA7B0mr0


運転手「こちらが目的地でございます」

インテグラ「ご苦労、また帰りも頼みたいのだがよろしいか」

運転手「畏まりました」


????「ああ、ずいぶん早いお着きだ。まだ少し準備に時間がかかる。そこらで寛いでいて頂けるか?」

インテグラ「なっ、お前は…なぜ、お前が、お前がそこに居る!?」




150: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/02/07(火) 22:35:55.64 ID:QtA7B0mr0


少佐「ああ、なんという事だ。またしても戦場でかつての宿敵に会えるとは」

インテグラ「…なぜ、何故貴様がここにいる?」

少佐「それは愚問というものだ、フロイライン。ならば私も問おう、どうしてあなたはここにいる?何故その姿でこの世界に存在している?」

インテグラ「ぐっ…その神経を逆撫でするような態度、どこまでいっても貴様はそうなのだな」

少佐「ああ、私はいつまでも変わらん。これはもうどうしようもなく変わらない」

インテグラ「…どういうことだ」

少佐「何がかな?」

インテグラ「呼び出して置いて車を迎えによこさんとはどういうことだと聞いている」
 
少佐「ああ!それは失礼した。何分人も十分に足りていない、かつては一個大隊を率いていた私だが、今ではここの精々三分の一ほどだ」



153: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/02/11(土) 00:30:11.16 ID:mhNLmB/R0


少佐「此度の作戦もあなたがいるとなれば何も問題なく遂行されるだろう。敵対していないことは本当に悔やまれるが、かつての敵軍を友軍とするのもまた戦争では起こらないことじゃない」

インテグラ「私も貴様の下で働くなど微塵も考えてはいなかった」

少佐「そう、となれば少し指揮系統も考えなくては。随分戦果を挙げている鎮守府があるとは思っていたが、かのヘルシング卿ともなればそんなもの過小評価も甚だしい」

インテグラ「此度の、という事はこれまでの作戦、全てを貴様が考えたという事か?」

少佐「そう、そうだとも。何かお気に召さないことでもおありかな?」





154: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/02/11(土) 00:37:24.66 ID:mhNLmB/R0


インテグラ「本当に?」

少佐「何を言っているのだ、フロイライン。私には誓う神などいないが、信頼する部下は存在する。今回ばかりは味方のあなたを騙しても何も得はあるまい」

インテグラ「だとすれば妙だと言っている。あれが貴様の考えた作戦だとすればな」

少佐「ほう、妙?妙…か」

インテグラ「ああ、貴様の作戦はいたずらに犠牲者を増やしすぎている。滅ぼされるなら完膚なきまでに滅ぼされるが、滅ぼすなら、渾身の力をもって滅ぼそうとする。そんな奴だったはずだ」

少佐「ふむ」

インテグラ「貴様は戦争狂だ。どうしようもなく変態だ。だが、ただ被害を受けるだけが好きなマゾヒストではないことは、これ以上なく私がよく知っている、知らしめられている」

少佐「その通りだ。しかし、あなたならもう気付いていると思っていたが」





155: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/02/11(土) 00:42:32.94 ID:mhNLmB/R0


インテグラ「どういう事だ」

少佐「私はあなたが言うように戦争が好きだ。とてもとても好きだ。いつだって戦争をしている。戦争をしていなかろうと、四六時中戦争をしていることを考えている。目的なんぞは後回しだ、無くても何ら構わない」

インテグラ「そんなことはもう知っている」

少佐「しかし今は、戦争をするために、し続けるために、かの深海棲艦と戦い続けている。それ自体が目標で、それ自体が手段なのだ」

インテグラ「貴様の妄言など聞きたくはない、早く聞かせろ。私はそこまで穏やかな人間ではない」

少佐「この戦争は、被害も戦果も等価と言える。倒そうが、倒されようが、滅ぼそうが滅ぼされようが何ら変わらない」

インテグラ「何を言っている。貴様の価値観の話など聞く気は」





156: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/02/11(土) 00:48:13.72 ID:mhNLmB/R0


少佐「まだ気づかないとは、まさかここへきて偽物だという事かな?インテグラ、インテグラル・ファルブルケ・ウィンゲーツ・ヘルシング!王立国教騎士団!ヘルシング機関!代々その長を務めてきたヘルシング家が気付かないはずがあるものか!!」

インテグラ「何を…」

少佐「…まあいい、それもいずれ分かる事だろう。気長に待とうじゃないか」

インテグラ「さっきから何の話をしている、答えろ」

少佐「それはまた後にしよう。これで今生の別れという事もあるまい、我々は同じ戦場にいる同志だ。何度でも機会はある」





161: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/02/14(火) 23:14:14.06 ID:0HfUxmqb0


少佐「それを置いてもやはり、あなたの鎮守府は素晴らしい戦果をあげている。自分でもそうは思わないかね?」

インテグラ「いや、私は……鎮守府に来てからの成果が充分だと思った事は無い」

少佐「何をバカなことを。私の想定していたよりはるかな戦果を、戦火を、成果を、確かに上げてきたじゃあないか。轟沈も僅か5隻と聞いている、他の鎮守府に比べるまでもない。それとも、私から受けた災禍を忘れたかね?」

インテグラ「ふん…確かに、貴様に好き勝手されたせいで失った人数に比べれば、少ないと言えよう。しかしゼロではない。すでに何もかも失った身でありながらまたそれを繰り返したのだ。誇れるはずがあるものか」

少佐「ふむ、確かに百の精強な兵を二度も失った事は大きな損失となるだろう。しかし、あなたが失ったのは兵器じゃあないか。また新たに作り直せる、Ⅳ号戦車だろうと、ティーゲルだろうとビスマルク級だろうと、失えば新たに改良すれば良い。それが兵器だ!それが戦争による技術の進歩だ!そうだとは思わんかね?」

インテグラ「ああ、兵器ならばそうだな。しかし、彼女らは兵器であって兵器ではない、一人の立派な軍人で、一人の人間だ!貴様が消費しても良いものではない!」





162: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/02/14(火) 23:15:21.06 ID:0HfUxmqb0

少佐「私はほとんど艦娘と呼ばれる者達と会話したことはないが、ああ、そうか、そうか、ああ、やはり、私は彼女らを人のような兵器だと言い、あなたは兵器のような人だという。そうだフロイライン、ははは、全く、やはり私とあなたは違う!これ以上ない程に違う!そこに立つのは以前と全く同じ、私の愛すべき宿敵だったか!」

インテグラ「ああ、どうあっても貴様とは相いれないらしい」

少佐「そうだ、それが、それこそが!何と素晴らしい、やはり宿敵、私が勝利し、私が負けるだけの価値がある敵だった!」

インテグラ「…今回限りは貴様の作戦とやらを聞こう、狂った少佐。しかし、私が貴様の眼前に膝をつき頭を垂れる事は永劫無い」

少佐「ああ、いいとも、いや、そうでなくては困る。さて、私もそろそろ準備をしなくては。名残惜しいがこれも私のつとめだ。そろそろ部屋に行くと良い。席の準備はもう済んでいるだろう。名家の者が使うには少々不足だが、それなりに良いものを用意しているはずだ」

インテグラ「ふん、ご苦労」

少佐「ふっふっふっ」



163: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/02/14(火) 23:24:29.14 ID:0HfUxmqb0


「敬礼!」

少佐「諸君、はるばるとここまで御苦労だった。私が、今作戦及び今作戦に至るまでの戦いの指揮を海軍大将より仰せつかっている者だ。諸君らの武勲は、よくよく聞いている。指揮を執る者として私は諸君らの能力を、人格を、愛国心を誇りに思う。だからこそ、私から作戦指揮という名の提言をしようと思う。すでに届いているだろうが、諸君らにはより深く、重ねて言っておこう」




164: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/02/14(火) 23:27:58.42 ID:0HfUxmqb0


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

少佐「以上が、本作戦の概要だ。最後に一つ、私から補足をさせてもらおう」

「諸君、よくぞ集まってくれた。改めて礼を言わせてもらいたい」

ザワザワ…   ザワザワ…



少佐「諸君らの中には、様々な人間がいる事だろう。正義感に燃えるもの、国のために戦うもの、そして実際に故郷を異形共に脅かされた者

「私もこの目で幾度も見てきた。唯一の稼ぎを失くし、今では見る影もなくなってしまった港街。活気と光にあふれ、今では砲弾後しか残らぬかつての都市。武器を持たぬ彼らに一方的に守るべき民が奪われていくのは、とても、とても悲しいことだ」

「ぐっ…」
「………っぅ…!」




165: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/02/14(火) 23:35:19.44 ID:0HfUxmqb0


少佐「では


「では我々はどうする?いつ来るかわからぬ敵におびえながら徐々に徐々に、数を減らしていくか?惨めに震えながらただ死を待つか?我々を滅ぼし、やがて君臨する奴らに、浅ましく降伏するか?祈りを捧げながら頭を垂れ、神に救いを乞うか?潔く、無様に自決するか?」


「い、嫌だ!」
「俺達はもう家族が死ぬのを見たくない!」
「奴らに勝つんだ!」


少佐「そうだ、連中には思い知らせなければならない。やがて死んでゆき、それでもなお深く、深く、深淵へと押し留められてきた我々の痛みを!一方的に蹂躙され、血肉を啜られ、押しつぶされて来た我々の怒りを!

「我々はまさにこの身に、この地に、溢れる憎悪を宿してきている。堰が切られればもう流れ去るだけでは止まらない、ただの戦争ではもはや足りない!!


「大戦争を!一心不乱の大戦争を!!」


「「「「うおおおおおおおおお!!!!」」」」


「奴らに思い出させてやろう。我々の砲列を、為す術もなく滅ぼされゆく日々を、我が物顔で海を渡り、悠々と玉座に座らんとする彼らの首をつかみ引きずり降ろすのだ」

少佐「現時刻をもって第一次FS作戦を開始する。さあ、諸君、征くぞ」




166: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/02/14(火) 23:47:42.93 ID:0HfUxmqb0


少佐「ああ、いたいた。ここにいたか、演者に声をかけず劇場を出ようとするとは、随分と淡白な事だ」

インテグラ「貴様の顔を一度鏡で見てくると良い。一日にそう何度も見たくなるような顔をしていないことは瞭然として理解できるだろう」

少佐「あっはッはっは、これは手厳しい。で、どうだったかね、私の演説は?滾ったかね?紅く燃え盛る戦争の業火がありありと見えたかな?」

インテグラ「最後の大隊などという狂人によって語られた狂人の部隊を率いていただけある。あそこまで人々を狂奔に駆り立てる弁は大したものだ。あの銃捌きで少佐にまでなったのは伊達ではないという事か?」

少佐「そう手放しでほめられるとは、光栄の至りだ」

インテグラ「……ふん、迎えの車を待たせてある。願わくば、もう二度と会いたくないものだ」

少佐「それはそれは。ではまたお会いしよう。願わくば次は槍衾の前で」




171: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/02/20(月) 00:03:42.80 ID:efqTdGqK0


運転手「お待たせしました、お客様。発車いたしますがよろしいですか?」

インテグラ「ああ、出してくれ」

インテグラ(さて…)

(考える事があまりに多過ぎる…現時点であの狂った男は何もする気はないようだが…無警戒でいられる訳もない。だが表立って行動するのは私個人としても組織としても得策とは言えん。

(FS作戦が終わったところで深海棲艦との争いが終息するわけでもない。どころか、勝利の糸口すら掴めていない。この戦い、奴らを駆逐すれば勝てるのか?そもそも奴らを滅ぼしうるのか?)

『この戦争は、被害も戦果も等価と言える。倒そうが、倒されようが、滅ぼそうが滅ぼされようが何ら変わらない』

(戦果も被害も等価とはどういうことだ?どちらも等しくマイナスという事か?ゼロ、あるいはプラスとなるのか?)

『ヘルシング家が気付かないはずがあるものか!』

(ヘルシング家の人間にはわかるのか?ならばなぜ私は気づかない?ならばなぜ奴が気付いた?

(もう少し……なんだ?何が足りない?

(ヘルシング家の私は、何を失ってしまった?何を忘れてしまった?)





172: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/02/20(月) 00:06:08.61 ID:efqTdGqK0


満潮「あれ、ここに先客がいるなんて珍しいじゃない」

吹雪「えっと、あなたは」

満潮「満潮よ、あんたは確か、吹雪、だったかしら」

吹雪「そ、そうです…?」

満潮「敬語なんか使わないでいいわよ。あんたもここ、教えてもらったの?司令官に」

吹雪「ううん!私は自分で見つけたんだ。それで、司令官に褒められちゃって…えへへ」

満潮「はあ、あんなのに褒められて嬉しいの?」

吹雪「もちろん、私は艦娘に教えてもらったがお前は自分ひとりで見つけたんだな。すごいぞーって」

満潮「ふふん、ならまだまだね。あいつにここの事教えたのは私よ」

吹雪「あ、そうそう、司令官もそうやって言って…あれ?」



173: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/02/20(月) 00:06:53.48 ID:efqTdGqK0


満潮「なによ?」




吹雪「確か司令官……教えてもらったのは霞ちゃんだって言ってたような…?」






175: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/02/21(火) 00:38:14.48 ID:Lxdll8120


時雨「あ、提督、お帰りなさい」

夕立「提督さん!お帰りなさい!……どうかしたっぽい?」

インテグラ「何がだ」

時雨「ううん!ただ何というか…複雑な顔をしてるように見えたんだ」

夕立「なんだか怒ってるような?とっても疲れたような?そんな顔してるっぽい?」

インテグラ「そうか、移動時間が長かったのでな、少し疲れただけだ」

時雨「それなら良かった!それにしてもこうして話すのは久しぶりだね。最近とても忙しそうだったからこうしてゆっくり話すなんてできないと思ってたんだ」

夕立「夕立も嬉しいっぽい!提督さん、もうちょっとゆっくりお話しできるっぽい?」

インテグラ「すまないが、もう少し片付ける仕事が残っている。その後でよければ付き合うが」

夕立「やった、やったっ!夕立、ちゃんと待ってるから。約束ね?」

時雨「僕も待ってるね、提督」

インテグラ「ああ、約束しよう」





176: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/02/21(火) 00:39:52.38 ID:Lxdll8120


満潮「そう、司令官、まだ引きずってるの…」

吹雪「満潮ちゃん?」

満潮「確かに、あんたの記憶は正しいわ。けど、あの場所を教えたのが私なのも間違いない」

吹雪「てことは、司令官の覚え間違いって事?」

満潮「……正確には意識して忘れたのよ。上から塗り直すみたいに。だから、私達と話してても、私達を見てても、私達を思い出しても、少しだけずれる」

吹雪「忘れたって……満潮ちゃんを?」

満潮「そう、今いる人間でいえば私と、時雨と、最上と」

吹雪「どうしてその三人だけ…」



177: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/02/21(火) 00:42:47.48 ID:Lxdll8120


満潮「あいつが口止めしてるみたいだから詳しくは言わないけど、あいつが指揮した艦隊、一度壊滅しかけてるのよ」

吹雪「壊……滅……」

満潮「一緒にいた時雨と最上は大破、私は……」

吹雪「満潮ちゃん…?」

満潮「……私は、たまたま入渠してたせいで無傷。西村艦隊なんて呼ばれたことがあるくらい何度も一緒に出撃してたのに私だけ、一人だけ、みんな、ボロボロになって帰ってきたのに、みんな、沈んだのに…わたしだけ……」

吹雪「そんなことが…」




178: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/02/21(火) 00:44:53.95 ID:Lxdll8120


満潮「それから、司令官は人が変わったみたいに臆病になったの。見敵必殺!なんて言ってたのが嘘みたいに、本当情けないわよね。それで、私達の事も見えなくなった、目を背ける余りね」

吹雪「でも、けど、そんなのって…!」

満潮「あいつに文句を言うのはやめて」

吹雪「文句じゃないよ!でも」

満潮「情けないって言ったけど、これ以上あいつを責めるのは駄目」

吹雪「ちゃんと話せばもしかしたら」

満潮「きっついのよね…仲間が二度と帰ってこないって」

吹雪「っ………」





181: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/03/16(木) 01:29:48.22 ID:ZviSNsiJ0


陸奥「あ!お帰りなさい。提督」

インテグラ「ああ……なんだその恰好は」

陸奥「もしかしたら、提督がもう追われて帰ってくるんじゃないか、と思って…」

インテグラ「室内で艤装を展開するな。お前を中心にかなり床が撓んでいる。長門!」

長門「私も止めたんだが、聞かないんだ」

インテグラ「あー、もう!元あった場所に戻してきなさい!」

陸奥「はーい……?」

長門「どうした」

陸奥「長門、この下の部屋は何だったかしら」

長門「縁起でもないことを言うな」

陸奥「床から音がした……かも」

長門「い、いいい今すぐ四つ這いになれ!一点に荷重がかかるよりマシなはずだ!」

陸奥「こ、こうね!」

長門「そのままゆっくり、ゆっくりこちらへ近づいてこい」

インテグラ「本当に、なんというか…帰ってきたのが私一人でよかったな」





182: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/03/16(木) 01:42:12.51 ID:ZviSNsiJ0


長門「で、結局何のために呼ばれたんだ?大規模作戦を前に檄でも飛ばされたか?」

インテグラ「まあ、そんなところだ」

陸奥「ちゃんとおとなしくしてたのよね?」

インテグラ「当然だ、私を誰だと思っている」

陸奥「だからこそじゃないのよ……」

長門「ふふっ、ところで、目新しい情報はあったのか?」

インテグラ「いや、特にないな。通達があったものを改めて……ん」

陸奥「どうしたの?」

インテグラ「私が忘れてしまっている事、なんだと思う?」

長門「忘れてしまっている事?」

陸奥「そんなこと言われても……」




183: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/03/16(木) 01:57:12.07 ID:ZviSNsiJ0


インテグラ「向こうで言われたのだ。かつての私なら、この戦いの意味が分かるはずだと。勝利の意味が、敗北の理由が須らくわかるべきだと。しかし私にはわからない。児戯のようにしか見えん。ならば私には何が足りない?私は何を失った?かつての私とはなんだ?」

陸奥「そう……なら」

長門「ならば私達にもわかる」

陸奥「長門」

長門「いい、陸奥。私が言おう、私が言って聞かせる。惑う司令官の頬をはたくも腹心の務めだ。それに、たまには姉に頼れ。妹よ」

陸奥「そう、そうね。お願いします、お姉ちゃん」

長門「良いんだな、提督。過去の傷をもう一度開くことになるぞ」

インテグラ「覚悟の上だ」




184: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/03/16(木) 02:21:58.38 ID:ZviSNsiJ0


長門「そうだな、まずは二年前、提督が着任して一年が経とうとしている時、何があったかは覚えているか?」

インテグラ「……西村艦隊か」

長門「そうだ。あの時轟沈した艦は覚えているな?」

インテグラ「忘れられるものではないさ」

長門「ならば生き残った艦は?」

インテグラ「最上、満潮、時雨だ」

長門「いいだろう……最後に、彼女らと話したのはいつだ?」

インテグラ「それなら……」

長門「具体的でなくてもいい、ゆっくりでいい、教えてくれるか」

インテグラ「いや、待て。そんな…そんなはずは」

長門「そう、そんなはずはないんだ。人員も、広さも並程度の鎮守府に何年も会ったことがない艦娘などいるはずがない」




185: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/03/16(木) 02:28:22.57 ID:ZviSNsiJ0


長門「少し聞き方を変えよう。さっき駆逐艦とすれ違ったはずだ、誰だった?」

インテグラ「夕立とすれ違った、彼女と執務の後に少し話をしようと約束した」

長門「そうか、彼女らはそれまでに執務室に用事があってな、ちょうど提督とすれ違いになったのだろう。本当に、夕立一人だけだったか?」

インテグラ「彼女ら?彼女らだと?何を言う、何を言っている。夕立と……」

『そうか、移動時間が長かったのでな、少し疲れただけだ』

『それなら良かった!……』

『夕立も嬉しいっぽい!』

『すまないが、もう少し片付ける仕事が残っている。その後でよければ付き合うが』

『やった、やったっ!夕立、ちゃんと待ってるから。約束ね?』

『…も待って……』

『ああ、約束しよう』




186: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/03/16(木) 02:29:50.40 ID:ZviSNsiJ0


インテグラ「時雨…!」

長門「そうだな。それがおそらくかつてのお前にあり、今のお前に無い一葉だ」

インテグラ「…いますぐ「行っても仕方ないと思うわ」

陸奥「今行ったところであなたがかけられる言葉はあるの?二年間も放っておかれた艦娘にどんな言葉をかけてあげるの?」

長門「もう少し落ち着いてからだ。今夜会う予定があるのならそこで、それまで精々悩むといい」

インテグラ「そうか、そうだな………すまない」





189: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/03/22(水) 00:59:02.81 ID:MVLjEIl/0


夕立「時雨」

時雨「どうしたの?夕立」

夕立「今夜、本当に一緒に来る?」

時雨「え?えへへ、夕立ったら」

夕立「あ、あ、そういう意味じゃないっぽい!ただ、どうしても、なんていうか」

時雨「いいよ、何でも言って」

夕立「時雨がああやって、いないみたいにされるのは夕立もちょっと辛いっぽい」

時雨「そっか」

夕立「さっきは提督に約束しちゃったけど、時雨が行かないなら夕立も」

時雨「いいんだ、僕は提督といられるだけで楽しいもの」

夕立「ぽい…」




190: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/03/22(水) 01:34:18.50 ID:MVLjEIl/0


時雨「僕がこうして話しかけに行ってたらさ、いつか提督も気づいてくれるんじゃないかって思うんだ。二年間、いつまでも待ってる満潮や、もう諦めようとしてる最上もみんな頑張ってるから、僕も自分にできることを頑張りたいんだ」

夕立「そっか、だったら夕立もできるだけ手伝うっぽい!一緒に提督とお話しに行きましょ!」

時雨「ありがとう、夕立。それじゃあ、またあとで」

夕立「ぽいぽーい!」



194: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/03/22(水) 02:43:25.29 ID:MVLjEIl/0


「いかがなされました少佐殿。大変ご機嫌がよろしいようですが」

少佐「ふふふ、なに、旧知の人間との交友を深め合ったのだ」

「その方は今日来られてたうちの一人でいらっしゃいますか?」

少佐「そう、なんとも不思議なこともあるものだ」

「本当に」

少佐「まだまだ世には戦争が溢れている。死ねんなあ…ああ、これは死ねんよ」

「…?」

少佐「楽しみだ。ああ楽しみだ。ふふふ」




196: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/03/23(木) 01:04:48.86 ID:IqRl1rjj0


インテグラ「夕立」

夕立「あ、提督さん。もうお仕事は終わったっぽい?ごめんなさい、まだお仕事時間かかりそうって思って時雨とはいったんお別れしちゃって」

インテグラ「いい、構わない。こちらこそ謝りに来たのだ」

夕立「謝りに?提督さん、何か悪い事したかしら?」

インテグラ「ああ、先約があったのをすっかり忘れてしまっていた」

夕立「あ、成る程!わかったっぽい!それは確かに悪い事ね」

インテグラ「ああ、二年間も待たせてしまったのだ。どれだけ謝っても足りないだろう」

夕立「二年間!?それは待たせすぎ……あっ」




197: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/03/23(木) 01:10:41.26 ID:IqRl1rjj0


インテグラ「ああ、だから今夜はすまないが」

夕立「提督さん」

インテグラ「…なんだ」

夕立「夕立はまだ怒ってないっぽい。けど、時雨が怒るなら夕立も一緒に怒るし、時雨が喜ぶなら一緒におっきな声で喜ぶわ。そう決めたから」

インテグラ「そうか」

夕立「早く迎えに行ってあげて。時雨は、ずっと待っててくれたっぽい」

インテグラ「そうだな。私のためだけに二年間も待たせてしまった」

夕立「時雨とは、食堂に行くまでの海岸のところで待ち合わせてるっぽい」

インテグラ「……恩に着る」




198: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/03/23(木) 01:22:23.93 ID:IqRl1rjj0


ザーーーーーーー

「もう!廊下は走っちゃだめよ!」

「今日は、私達が作ったカレーの進水日だからね。急ぎたくもなるさ」

「暁が一番なんだから!」

「ま、待ってほしいのです」


「あれ?蒼龍。こんなところで何してんの?」

「雨、やまないなーって」

「あー、けどどうせこの後出る予定もないじゃない?」

「もー飛龍ってば人がせっかく物憂げにしてるのにー」

「あはは、似合わないって」


インテグラ「……」



199: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/03/23(木) 01:28:16.20 ID:IqRl1rjj0


「くまっくまっ」

「にゃー」

「ねー大井っち―」

「なんですか?北上さん」

「姉ちゃんたち、ちゃんと前見てまっすぐ歩いてくれよ…危ないだろ」


「早く行くのー!」

「あんまり出歩いちゃダメって提督に言われたでしょ」

「そうよ、っていうかまだ部屋の片づけ終わってないんじゃない?」

「うう…それは、やりました…なの」

「嘘ね」

「ううーー」


時雨「夕立まだかなあ?」




200: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/03/23(木) 01:42:46.10 ID:IqRl1rjj0


「ネー比叡、今度一緒に買い物に行こうヨー」

「そうですねお姉さま!私、何処までもお供します!」

「もっちろん、榛名たちも一緒にネー」

「ええ、お姉さま」

「さっそく、予定を決めておきましょうか」


「そうそう、今度新しメニューを考えたのだけど、味見役をしてもらえないかしら」

「それは」

「是非」

「お二人はとてもおいしそうに食べるもの、今から腕が鳴ります」

「鳳翔さん、私達もご一緒してもいいですか?」

「ええ、もちろん良いですよ」

「むしろ、一航戦よりも私たちの方が味見に向いてるわよ!」

「五航戦が何か言っているわね」

「反論するならせめてカレーを作り切れるようになってからしてくださーい」

「お二人とも、喧嘩はやめなさい」

「はい」
「はーい」


インテグラ「待たせた」

時雨「あ、あれ、提督?ごめんね、夕立はまだ」

インテグラ「時雨、長い間待たせてすまなかった」

時雨「だからもうちょっと……え?」

インテグラ「許されなくていい。失望されても構わない。話をさせてくれないか、時雨」

時雨「てい…とく……提督!提督!提督ぅ!!」



203: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/03/29(水) 00:51:52.87 ID:tYhq2Q610


時雨「ごめんね、提督」

インテグラ「謝るのは私の方だ。償えるならなんだってする。たとえそれが許されない罪であっても」

時雨「気にしないで、って言うと少し違うかな。えっと僕は怒ってない?…じゃなくて悲しんでない…?うんと…久しぶりだからなんて言ったらいいかわからないね。うーん…」

インテグラ「いい、私も待つ。いくらでも待つさ」

時雨「えへへ、二年待ってくれる?」

インテグラ「そうだな。待って見せる」

時雨「寂しいよ?多分、何回も諦めそうになるよ?」

インテグラ「……そうか。そうだろうな。そうだったろうな」




204: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/03/29(水) 01:01:36.96 ID:tYhq2Q610


インテグラ「仲間を失う恐怖から逃れようとお前たち、そして自分自身からさえも目を背けた。ただの臆病者だ、とんだ茶番劇だ」

時雨「ああ!そんなに責めてるつもりはなかったんだ!少しだけ、意地悪したかっただけで」

インテグラ「いい、それだけのことをしたのだ」

時雨「そうじゃないよ提督、僕は楽しくお話したかったんだ。二年間でとっても悲しかった時もあったし、ずっと怒ってたこともあったけど、もう今日の、この雨で全部流れて行ったさ」

インテグラ「そう、か」

時雨「やっぱり、止まない雨はなかったんだね」



205: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/03/29(水) 01:12:37.56 ID:tYhq2Q610


時雨「あ、でも最上と満潮は僕より怒ってるかもしれないよ。満潮は叩いてくるかも」

インテグラ「それでも構わない。もとよりそのつもりだった」

時雨「そっか…けど、その時は言ってね。僕も一緒に行くから」

インテグラ「すまない」

時雨「ねえ提督、そういう顔じゃなくてもっと、いつもみたいな笑った顔が僕は見たいな」

インテグラ「…私はいつもそんなに笑っているか?」

時雨「そうだね、いつも『自信があります』って顔してたよ」

インテグラ「ふっ…ともかく、お前がいつもどんな風に私を見ていたかはわかった」

時雨「えっ、僕そんなに変なこと言ったかな?」




206: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/03/29(水) 01:21:41.10 ID:tYhq2Q610


時雨「ところで提督、僕の次の出撃はいつかな?」

インテグラ「ああ、そうだな。そのことも考えるべきか。しかしいいのか?私が言えた義理ではないが、出撃することに恐怖はないのか?」

時雨「怖かった時もあったさ。けどね、気づいたんだ。体はその時に沈んだけど、皆の魂はきっと僕たちと共にあるって」

インテグラ「魂………魂?」

時雨「そうだよ」

インテグラ「魂、艦の魂…血の…」

時雨「みんなと一緒だと思うと怖くなくなったんだ。あの時に沈んだ扶桑と、山城と、それから…」




「吹雪とも、一緒さ」



208: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/01(土) 23:49:28.06 ID:KMhn0QYe0


夕立「青い海!」

吹雪「し、白い砂浜!」

睦月「紺の水着!」

吹雪「紺の水着は私達だけのような…」

夕立「トラック泊地って思ってたよりもずっと夏っぽい!」

睦月「皆で今日はいーっぱい遊びましょー!!」

吹雪「ふ、二人とも、テンション上がりすぎじゃあ」

夕立「もう、吹雪ちゃんってば、提督が直々に遊んでいいぞー!って言ってくれたんだからいうこと聞かないとだめっぽい!」

吹雪「そ、そうだけどー…」

睦月「なら、もっともっと遊ばなきゃだよ!吹雪ちゃん」

吹雪「そ、そうだよね!あ、遊ぶぞー!」

夕立「おおー!」
睦月「おー!」





209: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/01(土) 23:52:59.31 ID:KMhn0QYe0


長門「もう一度聞こう。何と言った?」

インテグラ「お前たちにはトラック島に行って貰う」

長門「その後だ」

インテグラ「大いに遊んできなさい」

長門「本気で言っているのか!?」

インテグラ「何を言う、休めるときに休むことも兵士のつとめだ」

長門「今が休めるときなのかと聞いているんだが…」

インテグラ「というより、ウチの鎮守府がどちらかというと近い位置にあり、かつ今作戦内では末席にいるせいで先に行って諸兄がたを待たねばならんらしい」

長門「それならそうと言ってくれれば…」

陸奥「それで、何日くらい遊べるの?」

インテグラ「約七十二時間だな」

長門「三日だと!?」

陸奥「新しい水着買おうかしら……」



210: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/02(日) 00:01:52.26 ID:Us4KjfBY0


インテグラ「それを最後に、お前たちには今作戦の終わり、つまりMO島周辺の異形共を駆逐するその時まで安息は無い」

長門「…そうか」

陸奥「いよいよね」

インテグラ「ああ、迷惑をかける」

陸奥(迷惑…?)





211: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/02(日) 00:04:19.39 ID:Us4KjfBY0


大和「皆さん、ようこそいらっしゃいました。といっても、みなさんお疲れでしょうから、先に補給にいたしましょう」

吹雪「夕立ちゃんたちはもう荷物置いてきたの?」

夕立「うん、先にご飯も済ませてきたっぽい!」

睦月「お部屋もね、すごく広いんだよ!」

吹雪「へぇ~楽しみだなぁ…」

金剛「ワァオ!けっこう本格的なホテェルデスネー」

球磨「遊びまくるクマー!!」

多摩「まくるにゃああー!!」




212: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/02(日) 00:27:18.80 ID:Us4KjfBY0


長門「すまないな、大和」

大和「いいえ、私も自分の事はわかっていますから」

陸奥「大和は秘密兵器だもの、そうそう表には出せないのよ」

長門「提督が虚偽の轟沈報告をしてまで完全に隠匿されたとっておきだ。とはいえ、戦えない辛さを強いてきたことになる」

大和「そうですね、けれど提督からお聞きしました。今回のFS作戦には私も出していただけると」

陸奥「そうよ、わたしも楽しみにしてるわ」

長門「背中は任せるぞ」

大和「ええ、もちろんです」




213: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/02(日) 00:36:46.17 ID:Us4KjfBY0


陸奥「さて、長門は今日どんな水着を持って来たのかしら?」

長門「一時的とはいえ提督に指揮を任命されたのだ。そんなもの持ってきているわけがないだろう」

陸奥「そう…大和っ!」

大和「ええ、大和型一番艦大和、推して参ります」

長門「な、なんだ!何処に行くつもりだ!?」

陸奥「大和はこの場の主よ、マスターキーを持っているのは当然よね?」

長門「ま、まさか」

陸奥「私の役目はここであなたを止める事。そして大和の役目は」

大和「ありましたーー!!」

陸奥「あなたの水着を探す事」

長門「やめろ、やめてくれ!」

陸奥「どんな水着か楽しみね、お姉ちゃん」



214: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/03(月) 23:59:09.38 ID:gfajmTZR0


睦月「わぁー!」

夕立「海っぽぉーーーい!」

吹雪「海はいつも出てるような…」

夕立「もー吹雪ちゃん、もっと楽まなきゃだめっぽい!」

吹雪「そ、そっか…う、海だあーー!」

島風「おーー」

吹雪「あ、そうだ!」

睦月「吹雪ちゃん?」

吹雪「ちょっと待ってて!」

夕立「行っちゃったっぽい…」




215: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/04(火) 00:12:21.26 ID:for2Y2uo0


大井「北上さん!」

北上「あー大井っちー着替えるの早いねぇ」

大井「北上さんとっても可愛いです!」

北上「そお?えへへ、新しいの買ってきてよかったよー」


朧「あれ?曙、そんな水着持ってたっけ?」

曙「なによ、あたしがどんなの持ってようが勝手じゃない」

漣「ぼのは今日のために新しいの買って来たんだよねー」

潮「そうなの?曙ちゃん」

曙「そ、な、なんで」

漣「こっちのピンクのが良いかしら…あ、でも派手すぎるかも…こっちは…サイズが無い…」

曙「あんたそれ何処で聞いてたのよ!?」



216: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/04(火) 00:25:35.82 ID:for2Y2uo0


朧「店員さんに聞けばサイズが違うの探してくれるんじゃない?」

漣「これ以上小さいのはないって言われるのが恥ずかしくて聞けなかったんだよねー」

曙「ちっがう!」

潮「そうそう、恥ずかしいよね。私もそれで違うの選んじゃうもん」

漣「同じように見える二人の間には決定的な違いがあるのでした…」

曙「うぐ…てかあんたもでしょうが」

漣「需要はあるのだ。希少価値だ」

朧「潮のすっごいよね。同じ型っていうか、同じ駆逐艦とは思えない」

潮「お、朧ちゃん?あんまり見ないで…!」

漣「キマシタワー。まあ、重巡のお姉さま方くらいぱんぱかぱーんだよねえ」

曙「・・・ね、ねえ、需要って本当にあるの?」

漣「お?お?それはだねえ…わあ!ktkr!」

曙「な、なによ!?」

潮「す、すごいねー」


吹雪「さあさあ、大和さん」

大和「そ、そんなに急かさないでください」



217: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/04(火) 00:41:56.90 ID:for2Y2uo0


吹雪「せっかくですから、艤装を付けてみませんか?」

大和「そ、それは」

長門「それは駄目だ」

吹雪「長門秘書官…」

夕立「すっごく派手な水着っぽい―」

長門「と、とにかく大和を出撃させることは許さん」

吹雪「ど、どうしてでしょうか?」

長門「それが提督の意志だからだ。一つの例外も許されない」

吹雪「…はい、わかりました」

夕立「…あれ?」

長門「どうした、夕立」

夕立「だ、大丈夫。ちょっと熱っぽいだけで」

長門「念のため後で工廠へ行け。いいな」

夕立「ぽいー」

長門「今この島に停泊しているのは十分に休み英気を養うためだ。体調管理も重要なつとめだと思え」




218: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/05(水) 02:18:20.70 ID:rR0a7ovO0


インテグラ「すまない、まだ時間はあるか?」

間宮「あら、いらっしゃいませ。提督」

インテグラ「……間宮がこんな時間まで営業しているとは知らなかったな」

間宮「そういえば、提督がいらっしゃるのは初めてでしたね。一応営業時間外ではあるんですけれど、重巡洋艦のようないわゆる年上組の飲み場になっていたり、私が試作品をお出しする時間になっています」

インテグラ「そうか」

間宮「…?」

インテグラ「……」

間宮「提督、もしよろしければ紅茶の試飲をお願いできませんか?」

インテグラ「うん?ああ、構わないが」

間宮「すぐ準備しますね、少々お待ちください」





219: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/05(水) 02:24:10.46 ID:rR0a7ovO0


間宮「お待たせしました」

インテグラ「ああ、すまない」

間宮「……いかがですか?」

インテグラ「刺激も少なく、落ち着く香りだな。色合いも淡く澄んだ色をしている。試飲といったが、普段とは違うものを使っているのか?」

間宮「いえ、というより普段紅茶をお出ししていないんです。いつ提督がいらっしゃってもお出しできるようにと練習いたしまして…」

インテグラ「そうか…」

間宮「その…やはり金剛さんの出されるものの方が良かったでしょうか?」

インテグラ「何を言う。これからも執務の合間に顔を出したいくらいだよ」

間宮「そうですか。うふふっ、良かったです」




220: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/05(水) 02:37:29.60 ID:rR0a7ovO0


間宮「それにしても、随分静かになってしまいましたね…」

インテグラ「そうだな、お前たち非戦闘員を除きすべての艦娘を向こうにやったからな。閑散ともするだろう」

間宮「そうですねぇ、普段なら静かな閑古鳥も今はぴいぴい鳴いています」

インテグラ「…不安ではないか?」

間宮「少しもない、と言ってしまうと嘘になってしまいますね」

インテグラ「そうか」

間宮「ええ、皆さんとても頼もしいので、誰もいないのは少し…」

インテグラ「・・・・・・・・・三日以内に敵の艦隊が来る」

間宮「えっ?」

インテグラ「通過などしない、恐らくまっすぐここへ向かってくるだろう」

間宮「で、でしたら提督も」

インテグラ「わたしたちはそれを迎え撃つ。いや、撃滅する」

間宮「ですが戦力になれる子が」

インテグラ「お前たちにはできるだけ被害を減らしてもらいたい。出来るな?」

間宮「ですが提督」

インテグラ「これは命令だと思え。私が聞くのは了解か拒否のどちらかだ」

間宮「・・・・・・ぅ…了解しました」

インテグラ「頼んだ。ではな、次に飲む紅茶も楽しみにしている」




221: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/05(水) 02:49:45.31 ID:rR0a7ovO0


吹雪「夕立ちゃん大丈夫ですか!?」

夕張「ああ、二人とも来たんだ。大丈夫・・・っていうかそもそも体調が悪かったわけじゃないのよ。まあ、説明するよりも実際にあってきたほうが良いかも。中にいるから会ってきてあげたら?」

吹雪「ありがとうございます」

睦月「夕立ちゃん、どうしたんだろう…」

吹雪「ずっと熱っぽいって言ってたけど…体調が悪いわけじゃないって」

夕立「あれ?吹雪ちゃん?睦月ちゃん?」

吹雪「夕立ちゃんの声!」

睦月「夕立ちゃん?どこ?」

夕立「こっちこっちー」

吹雪「あの衝立の中?かな?」

睦月「そうだね、行ってみよう」



223: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/05(水) 23:30:52.13 ID:rR0a7ovO0


睦月「夕立ちゃん?」

吹雪「のお姉さん?」

夕立「正真正銘の夕立っぽい!」

夕張「どう?夕立ちゃん、何か変わった事は無い?」

夕立「あ、ううん。全然問題ないっぽい」

夕張「二人とも、夕立ちゃんは改装したからこれから夕立改二よ」

睦月「夕立…」

吹雪「改二…」

夕立「えへへ、あんまり見られると恥ずかしいっぽい」




224: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/05(水) 23:40:42.45 ID:rR0a7ovO0


夕張「改二になると艤装もちょっと変わってね、もう並の駆逐艦の威力とは全然違うものになってるわ」

夕立「夕立ったら結構頑張ったっぽい?」

吹雪「へぇー」

睦月「すごいね!夕立ちゃん、ずっと頑張ってたもんね」

夕立「吹雪ちゃんが旗艦になったって聞いてから夕立も負けてられないって」

吹雪「私が…」

夕張「で、これが夕立ちゃんの新しい艤装なんだけど…吹雪ちゃん、せっかくだから持ってみる?」

吹雪「え?私がですか?」

夕張「まあまあ、せっかくだし」

吹雪「よい…しょっ!おお、重いぃー」

夕張「どう?構えてみて」

吹雪「うう、構えるのが精いっぱいで、こんなの狙ったところに撃てないですー」

夕立「吹雪ちゃん、まるで最初に出撃した時みたい」




225: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/06(木) 00:04:48.73 ID:k1iO31Vx0


吹雪「ううう、睦月ちゃん、次どうぞ!」

睦月「ええ、う、うん。わわっ、おぉ重過ぎるにゃしぃ…睦月だと持ち上げるのも無理だよお…」

夕張「はい、じゃあ夕立ちゃん」

夕立「はーい」

夕張「まだちゃんと調節してないから、違和感があったら言ってね」

夕立「おーー、あ、でも思ってたよりしっくりくるっぽい」

夕張「そう、じゃあ次は試射してみてからね」

夕立「了解しましたっぽい」




226: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/06(木) 00:20:09.99 ID:k1iO31Vx0


睦月「夕立ちゃん、すごかったねー」

吹雪「そうだね…」

睦月「吹雪ちゃん?」

吹雪「私も…私も頑張らなきゃ…」





227: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/06(木) 00:36:19.41 ID:k1iO31Vx0


インテグラ『で、どうだ?しゅびは?』

夕張「はい、問題なく終わりましたよ」

インテグラ『そうか』

夕張「しばらくは駆逐艦みんなの注目の的っていうところですね」

インテグラ『見た目の変化も大きい。しばらくおもちゃにされるだろうな』

夕張「そうですね、今ちょうど試運転中って所ですけど砲撃のたびに歓声が上がってるくらいです」

インテグラ『それはやりづらかろう』





228: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/06(木) 00:46:17.93 ID:k1iO31Vx0


夕張「そうそう、提督が言ってたこと、本当でしたよ」

インテグラ『ああ、やはりか』

夕張「本当なら改二の艤装なんて駆逐艦じゃ絶対に持てないのに、軽々ととはいきませんでしたけど、何とか構えるまでは出来てました」

インテグラ『そうか、それは良い知らせを聞いた。何とか間に合ったようだな』

夕張「間に合った…ですか?」

インテグラ『軽巡洋艦夕張、貴艦に命ずる。急ぎ以下の艦娘を鎮守府を呼び戻せ「吹雪」「満潮」「時雨」「最上」』

夕張「了解しましたっ!吹雪、時雨、最上、満潮ね」

インテグラ『ああ、頼む』



229: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/06(木) 00:52:10.59 ID:k1iO31Vx0


大淀「提督っ!鎮守府近海に敵影が確認されました!」

インテグラ「本当に、瀬戸際だったという事か。鎮守府内に避難命令!誰一人として残すな!」

大淀「はい!」

インテグラ「攻めてくるだろう、この状況なら。攻めて来ざるを得ないだろう。明らかに罠だとわかっていても放っておくには大きすぎる火薬庫だ。一度あの男にやられた手だが、ああ、全くもって不愉快な策だ」




230: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/06(木) 00:55:13.07 ID:k1iO31Vx0


「鎮守府近海に敵影!かの鎮守府はインテグラどのが司令となっている鎮守府です!」

少佐「そうか、彼女らも遂に始めようというのか」

「いかがいたしますか少佐殿!今からでも援軍は」

少佐「やめろ、無粋な真似をするんじゃあない。今、かの鎮守府ではまさに戦争の終の美が行われようとしている。我々がそれを邪魔するわけにはいかない」

「で、では」

少佐「警戒したまえよ、君。明日は我が身だぞ」

「は、はっ!!失礼します!」



少佐「ふっふっふっ、さあ、満身創痍のお嬢さん、どうするのかね?素敵な啖呵を切ってくれるかな?あの時のように、あの、英国崩壊の時のように」



231: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/06(木) 01:05:37.50 ID:k1iO31Vx0


インテグラ「避難は完了したようだな」

「ならば籠城戦と洒落込もうではないか」

「城壁も、城門もないちっぽけな城に、城主とバリスタ、たったそれだけだ」

「敵は名高き深海棲艦、その数二十四」

「罠であろうと押し進み、敵が待ちかまえようと、叩き潰す。その意気やよし」

「ならば我々は骨身の髄まで教えてやる!我々の戦さを!」

「後悔させてやる!たかだか千にも満たない艦船如きが、これぞ好機と攻め入ったことを!我らが鎮守府に攻め入ったことを!」

「海の光は全て敵。ならば我々はその全てを壊滅する」

「命令はただ一ツ、見敵必殺。見敵必殺だ!」

「貴様の望みどおりだ戦争狂め。この火蓋、私が切って落とす。鬨の声を聞くがいい」




234: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/10(月) 00:36:46.03 ID:38HxLB9X0


吹雪「帰還…ですか?」

長門「ああ、提督からの命令だ」

吹雪「そんな…」

陸奥「正確に言うとあなただけじゃないわ、最上、時雨、満潮の四名よ。一応、後から空母の二人について行ってもらうわ」

吹雪「その、私…至らない点があったのでしょうか。何か失敗してしまったとか」

長門「ああ、それは違うだろう。私も詳しく聞いてはいないが、お前はよくやってくれている」

陸奥「提督の事だからきっと一人が寂しくなったのよ。行ってきてあげて」

吹雪「…はい」



235: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/10(月) 00:46:36.06 ID:38HxLB9X0


吹雪「失礼します…」

長門「とは言ったものの…なぜこのタイミングで彼女らを呼び戻す必要がある?」

陸奥「変よねえ…吹雪ちゃんの改装も多分もうすぐだし、呼び戻すならそれが済んでからだと思うけど」

長門「まあ、何か考えがあっての事だろう」

陸奥「あら、あらあら?随分あっさり引っ込むのね」

長門「提督のすることだ。私たちはそれに従うまで」

陸奥「そうね。そうしようかしら」

長門「では、私は風呂に入るとしよう」

陸奥「良いわね、私も一緒に入ろうかしら」

長門「は、一緒にか!?」

陸奥「あら、駄目かしら?」



236: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/10(月) 00:49:59.17 ID:38HxLB9X0


長門「駄目とは言わないが…」

陸奥「なら、何か見られて困る事でも?」

長門「な、無いぞ!そんなものない!」

陸奥「…ふふ、リス」

長門「っは!?」

陸奥「たまたま入ってきたリスとは赤ちゃん言葉でほおずりまでするのに、長門お姉ちゃんは冷たいでちゅねー」

長門「は、入る!ぜひ一緒に入ろう!陸奥!だからそのことは黙っていてくれ!」

陸奥「しかたないでちゅねー」

長門「頼む、本当に!お願いだ」




237: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/10(月) 00:54:53.84 ID:38HxLB9X0


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『このように、ザマの戦いにおいてスキピオは』

『ねえウォルター、座学の時間が大事なのはわかっているけど、こんなにずっと昔の話を勉強しても仕方ないと思うの』

ウォルター『いいえ、お嬢様。これもまた大事なものでございます。とはいえ、そうでございますな、やはりお嬢様が疑問を抱かれるのもまた道理。ではお嬢様、走為上という言葉は覚えておいでですかな?』

インテグラ『ええ、たしか中国の兵法三十六計の中の、自陣が劣勢に立っている時の計のうちのひとつで、勝ち目がないのなら犠牲を最小限にするために全力で逃げなければならない。というものだったかしら』

ウォルター『そうでございます。どれだけ窮地に立たされようと、敗戦さえしなければまたいくらでも策を練り直すことができる、ということでございます』

インテグラ『私もちゃんと覚えているわ、それがどうしたの?』

ウォルター『この走為上、お嬢様を長とする、このHELLSING機関においてはその限りではないのです』

インテグラ『逃げてはいけないの?』

ウォルター『ええ、お嬢様。我々HELLSING機関が相手にするは、われわれの安寧を奪い、われわれの夜を我が物とし、血液という魂の通貨を奪う外道共です。我々が引いてしまえば、そこに住む民は、生活は夜族共にただただ、食われるの待つのみとなってしまう』

インテグラ『だから…』

ウォルター『ええ、我々の撤退はすなわち、人類の敗北。三十五の計を以ても敵わぬ相手にも我々の撤退は許されない。それでもなお、更なる計を案じられなければならないのです』


インテグラ「すまないな、ウォルター。私はいったん引かせてもらう。なに、彼女らならばたどり着いてくれるだろう。我々の敗北はない」

伊58「ゴーヤもついて行っていいでち?」

インテグラ「ああ、頼む」

伊58「やったあ!これからもよろしくお願いするでち!」




238: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/10(月) 01:15:53.88 ID:38HxLB9X0


睦月「いってらっしゃーい!」

夕立「またねー!まってるっぽーーい」



最上「それじゃあ、行こうか。出来るだけ急ぐけど、何かあったら言ってね?」

時雨「うん、わかったよ…あれ?吹雪ちゃん?大丈夫?」

満潮「あんたもぼさっとしてないで、ちゃんと警戒を怠らずに進みなさいよね」

吹雪「は、はい…」

時雨「ふふふ」





239: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/10(月) 01:21:42.15 ID:38HxLB9X0



吹雪『敵影ありません!』

扶桑『ええ、では引き続き警戒をお願いね』

吹雪『はい!』

時雨『張り切ってるね、吹雪』

吹雪『もちろん、だって今日は憧れの扶桑さんと山城さんと一緒に出撃できたんだもん!帰投しているからって気は抜かないよ!』

最上『あはは、あんまり張り切りすぎて空回りしないようにね』

吹雪『はいっ!』

時雨『大破してるんだから、あんまり無理しないでね』

吹雪『大丈夫っ!』

山城『今日はいつにも増して艦隊が騒がしいですね…』

扶桑『そうね、山城。けど、あんなにも私達を慕ってくれるのは嬉しい事ね』

山城『それは、そうですけど…』

最上『偵察機より入電、航路上に敵航空勢力を確認!後方に……姫と見られる敵影を発見!』

扶桑『姫…!』

時雨『こんなところになんで…』

山城『不幸だわ…』



240: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/10(月) 01:46:34.92 ID:38HxLB9X0


扶桑『提督へ打電、予定ルートを大きく迂回し、敵を避けて航行します』

時雨『了解!』

最上『敵空母からの航空機発艦を確認!』

吹雪『そんな…!』

扶桑『山城』

山城『ええ、お姉さま』

扶桑『時雨、先ほどの報告内容を訂正。私達はこの場に残り、敵の注意をひきつけます。大破状態の吹雪さんを連れてあなた達だけでも逃げてください』

時雨『な、なに言ってるの!?僕達も戦うよ!』

吹雪『おふたりを置いて行けません!』

山城『最上、あなたが代理の旗艦よ。頼むわ』

最上『………はい』


吹雪『ぃ嫌!嫌だぁ!』

時雨『離して!最上!お願いだよ!』




241: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/10(月) 01:49:29.11 ID:38HxLB9X0


扶桑『ねえ、山城』

山城『なんでしょう、お姉さま』

扶桑『あなたも逃げてもいいのよ?』

山城『いいえ、お姉さまこそ。私に構わずお逃げください』

扶桑『愛しい妹を置いて逃げられません』

山城『なら私も、この身を捧げてもお姉さまをお守りします』

扶桑『ふふふ』

山城『ふふっ』

扶桑『では山城、提督に打電してもらえる?』

山城『ええ』

扶桑『我ら、眼前に雲霞の如き敵を発見す。我らの行動指針は唯一つ』


扶桑『サーチアンド』
山城『デストロイ!!』



242: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/10(月) 01:52:00.80 ID:38HxLB9X0


満潮「時雨ー、あんたもボーっとしてんじゃないわよ」

時雨「あ、ああごめんね」

満潮「全く、揃いも揃ってふがいないわね」

吹雪「ごめんなさい…」

最上「みんな、あれ見える!?」

時雨「煙が!?」

吹雪「私達の鎮守府から煙…?」

満潮「司令官は…!?」



243: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/12(水) 01:01:17.70 ID:LJpFhab50


間宮「残っていた私達は全員避難できたのですが、提督は…」

大淀「鎮守府内を捜索したのですが、何の痕跡もなく…生きてらっしゃるのかどうかすら…」

長門「そうか」

陸奥「とにかく、まずは鎮守府内の被害状況を確認するしかないわね」

長門「そうだな、被害状況の確認、並びに提督の痕跡を少しでも捜索する」

「「「おおーー!!」」」




244: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/12(水) 01:07:47.15 ID:LJpFhab50


利根「まずは工廠とドックの修理を優先するぞー」

望月「あいあいさぁ」
初雪「あいあいさぁ」


筑摩「使えそうなものは出来るだけ区分けして集めましょう」

川内「これってこっちでいいー?」

那珂「こっちもまだ使えそうだよ!」

神通「ああ、そんなに乱暴に扱っちゃあ…」


加古「重たいものはぁ…よいしょ」

古鷹「はい、重巡にお任せください」


時雨「・・・・・・」

白露「あれ?どうしたの?時雨」

時雨「う、ううん。なんでもないよ」



245: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/12(水) 01:11:54.79 ID:LJpFhab50


摩耶「提督ーここにいるかー?」

鳥海「姉さん、真面目に探してください」

摩耶「ってもよー、あの提督の事だから砲撃受けようが雷撃受けようがどっかで生きてると思うんだよなー」

那智「私も同感だ。だが、だからこそ私たちに何かを残していると思うが…」

足柄「なんだったら敵の棲地まで殴り込みに行ってるんじゃないかしら!」

龍驤「無い無い、とは言い切れへんからなあ」

翔鶴「すみません、力のある方、こちらのお手伝いをお願いできますか?」

摩耶「へーい」

愛宕「私も行こうかしら」


那智「なあ、足柄」

足柄「なあに?」

那智「ここにあった棺桶…どこかで見たか?」

足柄「あ、そういえば…どこに行ったのかしら?壊されたなら破片くらい残ってるはずだし…」




246: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/12(水) 01:18:50.07 ID:LJpFhab50


長門「みなの日々の復旧作業感謝する。港と工廠が復帰次第、当初の予定通りFS作戦を再開する予定だ。未だ提督の足取りはつかめないが、提督の残された作戦指令書と提督からの言葉が見つかった」

赤城「提督の残された…書類…?」

長門「暗号で書かれているようで、具体的な作戦内容は解読後にもう一度説明する事になる。提督からの言葉は唯一つ」

「命令は最初ッから何一つ変わらない。見敵必殺、見敵必殺だ。我々を邪魔する全てのものは、その一切を粉砕し押し進め。それが誰であっても、それが何であっても」

長門「以上だ!我々は、この命令を何一つ違うことなく完遂する!いいな!」

「「「はいっ!」」」




247: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/12(水) 01:23:55.71 ID:LJpFhab50


「報告します。攻撃を受けた鎮守府ですが…その、壊滅したとのことです」

少佐「被害状況は」

「はっ、非戦闘員を除く全艦娘は既にトラック島で待機していたため、無傷。また、鎮守府内にいた非戦闘員も避難し、無傷だったそうですが…。唯一、避難指示を出されていたインテグラ提督のみ行方が分からなくなっており、今もって捜索中とのことです」

少佐「そうか…また私の同胞が一人消えたか…常に起こりうることとはいえ、やはり悲しいものだ」

「設備に関しては、遺された秘書艦である長門を中心に、生活施設及び、工廠、港の復旧が間もなく終了する。との報告です。インテグラ殿の代理の派遣はいかがなされますか、少佐殿」

少佐「なに、彼女が残した部下たちだ。彼女がいなくともなかなかうまくやっているようじゃあないか。今作戦期間中の異動はない、士気にも関わることだ」

「はっ、そのように」




少佐「ふっふっふっ………」





248: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/12(水) 01:39:00.51 ID:LJpFhab50


長門「吹雪、お前個人に提督からの言葉がある」

吹雪「は、はいっ!え?私個人に…ですか?」

長門「ああ、だが、私にも意味が分からないものもある。だが、わざわざ提督が残したものだ。何らかの意味があるとは思う」

吹雪「どんな内容でしょうか?」

長門「まず最初に、改になれと書かれている。改装し、吹雪改になれ。という事だ。しかしその次だ」

「最初に私にした報告を思い出せ。あの恐怖はいつの日もお前とともにある」

「期待しているぞ、小さな司令官」

吹雪「最初の報告…」

長門「暗号が解けるとしたらそれ以外に鍵はないだろう、と私は思っている」

吹雪「最初に、私がした報告…?あの恐怖…?」

長門「鎮守府復旧までの間、お前には自己鍛錬とともに、この文章についての記憶をたどってもらいたい。頼めるか?」

吹雪「はい、やってみます!」



249: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/12(水) 01:47:14.67 ID:LJpFhab50


時雨「提督…何をしようとしているの?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

時雨『吹雪とも、一緒さ』

インテグラ『血液…魂の通貨…魂を媒介するもの…』

時雨『どうしたの?提督』

インテグラ『そうか、これが…これこそが…ここまで来る事こそが…』

時雨『提督?』

インテグラ『これが私がここにいる理由、あの男までもがここにいる理由。成る程、かの廊下の男が為そうとしたのはつまりはそれか。かつての私が為そうとしていたことはこれか』

時雨『……ふふ』

インテグラ『そうか、ならば私はかつての私への責任を果たさねばならん。私は私として、インテグラル・ファルブルケ・ウィンゲーツ・ヘルシングとして、王立国教騎士団、ヘルシング機関、代々その長を務めてきたヘルシング家としての務めを果たさねばならん』

時雨『やっぱりその顔の方が良いね。いつもの何兆倍もいいよ』

インテグラ『もう奴の戦争ごっこに付き合ってやる義理はない。FS作戦なんぞはもうやめだ。玉砕作戦は逆手に取らせてもらう。私は私の仕事を、化物退治を始めさせてもらおう』



時雨「けど、僕は提督のすることを信じるよ」




250: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/12(水) 01:51:13.82 ID:LJpFhab50


吹雪「改になる…提督への報告…んんんーーあれから何日も経ったのに全然進展せず……」

睦月「あ、吹雪ちゃん」

吹雪「んんーーむむむむむ……」

睦月「吹雪ちゃん?」

吹雪「あ、睦月ちゃん」

睦月「今お話し良いかな?」

吹雪「今?ううーん」

睦月「今がいいの、ね?吹雪ちゃん」

吹雪「そう、だね」

睦月「なら、ここに座って」

吹雪「うん」



251: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/12(水) 02:29:35.46 ID:LJpFhab50


睦月「吹雪ちゃん、最近、とっても頑張ってるよね。睦月、すごいなあっていつも思ってるんだ」

吹雪「ありがとう睦月ちゃん。けど、まだまだこれくらいじゃ足りないんだ」

睦月「吹雪ちゃん……どうしてそんなに頑張るの?」

吹雪「え?」

睦月「吹雪ちゃん、頑張りすぎだよ、そんなんじゃそのうち、ううん、すぐに」

吹雪「むつ、どうしてそんなこと言うの!?睦月ちゃん!!」

睦月「体を壊しちゃ…え?」

吹雪「私は強くならなきゃいけないの!もっと、もっと!今まで頑張ったくらいじゃ全然足りないくらい、もっともっと頑張らないと……がんばらないと…?」

睦月「吹雪ちゃん…?」

吹雪「あれ?私、どうしちゃったんだろ…こんな、こんなこと言いたくないのに…おかしいな」

睦月「吹雪ちゃん」

吹雪「むつきちゃ」

睦月「いいんだよ。吹雪ちゃんしばらくこうやってギュってしてれば大丈夫だよ。あの時吹雪ちゃんがしてくれたみたいに、今度は私がちゃんと吹雪ちゃんはここにいるって教えてあげるから」

吹雪「うん…」



252: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/12(水) 02:31:43.23 ID:LJpFhab50


睦月「吹雪ちゃん、睦月はね、怖いんだ。出撃するたびに怖い。自分がいなくなっちゃうかもしれない事も、昨日まで一緒に寝てた子が明日から二度とお話しできなくなることも。吹雪ちゃんは怖くないの?」

吹雪「私は…私も怖いよ。けどね、睦月ちゃん、私はそれでも、どれだけ怖くても隣に立つ子に笑いかけてあげたい。一緒に居れば怖くても大丈夫だよ、って教えてあげたい」

睦月「だから吹雪ちゃんは頑張れるの?」

吹雪「そう、そうだよ睦月ちゃん。私が強くなりたいのはみんなで一緒に笑うため。皆を守るためだよ」

睦月「そっか…なら吹雪ちゃん、やっぱり頑張りすぎちゃだめだよ。吹雪ちゃんが笑いかけてあげるんでしょ?睦月もお手伝いするから、二人で頑張ろう?」

吹雪「えへへ、そうだね。気を付けます」

睦月「それじゃあ、はりきって、まいりましょー!」

吹雪「よし、おおーーーー!!」




253: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/19(水) 00:26:21.24 ID:ZS4Y6pB10


吹雪「と、いっても…どうしたら良いのかなあ」

睦月「具体的な目標が必要じゃないかな…誰みたいに強くなりたい、みたいな」

吹雪「そりゃあやっぱり赤城先輩だけど」

睦月「それなら、一回相談しに行ってみればいいんじゃないかな?あとは、特訓してください!とか」



254: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/19(水) 00:29:02.77 ID:ZS4Y6pB10


加賀「赤城さん?どうかしたのですか?」

赤城「いいえ、それほど問題がある訳ではないんですけど…」

加賀「何か気になる事でも?」

赤城「具体的に何がある、という訳ではないのですが…頭の中で、何かが引っ掛かってるような…」

加賀「大規模な作戦を前に、不安感や焦燥感におそわれているだとか、そういうのではないのですね」

赤城「ええ、おそらく」

加賀「何か言葉にできそうなものはないのですか?」

赤城「何か…これは違う!という私と、このままがいい、という私がいるような」

加賀「状況がでしょうか?それとも」

赤城「何がかは分かりません…私の杞憂だと良いのですけど」

吹雪「あ、あの!赤城先輩!少しよろしいでしょうか!?」




255: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/19(水) 00:37:43.66 ID:ZS4Y6pB10


赤城「準備は良いですか?吹雪さん」

吹雪「はい、大丈夫です!」

加賀「私達が放つ練習機をすべて撃ち落としてください。私達も、この子たちも本気であなたを沈めに行きます。練習機と言って侮らないでください」
赤城「では、始めます!」



256: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/19(水) 00:41:56.82 ID:ZS4Y6pB10


吹雪「ううっ!」

加賀「機体の動きが読めていません。攻撃をするとき必ずあなたに向かいます。そこを狙いなさい」

吹雪「前からも、横からも上からも…次は…あぁ!」

赤城「すぐに立ちなさい。あなたが落せなければ被害を受ける艦だって現れるのです」

加賀「敵は必ずあなたの隙をついてきます。常に動き、視野を広くとって」

吹雪「はぁ……はぁ…っふぅ…!」



257: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/19(水) 00:43:09.72 ID:ZS4Y6pB10


赤城「常に周りの動きを把握しなさい。次に撃ってくる機はどれか?自身が撃てる機はどれか?常に気を配るのです」

吹雪(もう、頭もぼーっとしてきた)

加賀「すぐに次が来ます、備えなさい」

吹雪(避けなきゃ、体を…どっちに?)

〝8時の方向より敵機確認!〟

吹雪(誰の声?私の声?)

〝撃ち方用意!〟

〝テー!〟

吹雪「おねがい、当たってください!」


赤城「一機撃墜…」

加賀「まだまだ!」



258: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/19(水) 00:45:05.46 ID:ZS4Y6pB10


〝やりましたぁ!〟

吹雪「やったっ!」

〝赤城さん有する九九式艦爆の急降下爆撃の命中率はほとんど百パーセント…なら〟

吹雪(ここぞというとき赤城先輩が狙ってくるのは…)

吹雪「上!」

赤城「あ…」

加賀「ふふっ」




259: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/19(水) 00:48:11.35 ID:ZS4Y6pB10


赤城「お疲れさまでした、吹雪さん」

加賀「随分成長したのね」

吹雪「え、えへへ…」

加賀「今なら改装が可能なはずです。さ、工廠の方へ」

吹雪「はい、ありがとうございます」




260: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/19(水) 00:51:57.70 ID:ZS4Y6pB10


時雨「吹雪ちゃんが改装できるようになったって本当?」

加賀「ええ、本当よ」

時雨「そう…ていう事は」

赤城「はい、恐らく」

時雨「そっか、僕二人を呼んでくるよ」

赤城「お願いね」



261: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/19(水) 00:56:47.18 ID:ZS4Y6pB10


夕張「はい、もういいですよー。入ってあげて下さい」

睦月「吹雪ちゃん!!」

吹雪「う、うわあぁ!」

夕立「睦月ちゃん、いきなり飛び込んだら危ないっぽい」

赤城「ふふふ」

加賀「どうですか、気分は」

吹雪「なんだか、あんまり変わらないような?という感じです」

夕張「ちゃんと変わってるわよ。足元の装備は変わらないけど、左手に94式高射装置が増えてるじゃない」

吹雪「そ、そうなんですけどー…夕立ちゃんはほら」

睦月「ぎ、艤装が変わっても見た目が変わらない事もあるみたいだよ」

吹雪「うぅーー」

夕張「あ、あははは…とにかく、長門さんに報告してきてね」

吹雪「はい、分かりました」




262: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/19(水) 01:03:17.14 ID:ZS4Y6pB10


赤城「吹雪さん、始めの出撃の時とは比べ物にならないくらい、立派になりましたね。あの時は…」

加賀「どうしたのですか?赤城さん。また何か…?」

赤城「そうです、吹雪さんの初めての出撃の時……私は提督に確か…」

加賀「赤城さん?」

赤城「思い出しました。頭の中の何かを」

加賀「一体何を…?」

赤城「今作戦に関わることだと思います。吹雪さん、私もあなたと共に指令室へ向かいます。良いですか?」

吹雪「は、はい!」





263: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/19(水) 01:05:41.67 ID:ZS4Y6pB10


長門「おめでとう、吹雪。まずは一つ達成できたという訳だな」

吹雪「はい、ありがとうございます」

陸奥「赤城はどうしてここに?」

赤城「はい、その暗号の事で、一つ思い出したことがあるのです」

長門「それは本当か?赤城」

赤城「はい、以前、吹雪さんの初めての出撃の際、私は書類の不備があるのではないかと提督へ報告に行きました」

長門「覚えているか?陸奥」

陸奥「うーん…」

赤城「そうですね、お二人はいなかったと思います。しかし、すでに知っていると思います。提督は私達のために書類に細工をしている事」

陸奥「確かにそうね」




264: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/19(水) 01:11:15.44 ID:ZS4Y6pB10


赤城「その時提督は仰ったのです。私の残す書類はほとんどが出鱈目だと思ってくれていい。と」

陸奥「という事は…」

長門「この指令書も出鱈目だという事か」

陸奥「それじゃあ、提督の指令っていうのは」

赤城「はい、おそらく。ですが、おふたりにはありませんか?かつて同じように戦った記憶が」

長門「…」

赤城「私達が行っている作戦行動。かつて起こったことをそのまま、繰り返しているような、そんな思いに駆られたことはありませんか?」

陸奥「…」

赤城「聞こえる気がするのです。私たちの、艦としての声が」




265: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/19(水) 01:17:38.98 ID:ZS4Y6pB10


長門「確かに私も「あ、あの!」

吹雪「そのことについてお話があります!」

最上「ごめんなさい!遅れました!」

長門「来たか」

時雨「満潮がどうしても見つからなくって」

満潮「何よ、私のせいだって言いたいの?」

長門「少し待ってくれるか。それで吹雪、話というのは」

吹雪「もう一つの任務の方です、提督へ最初に行った報告の。その時私は初めての出撃が怖かったと言いました。敵からの殺意が怖い、味方を失うのが怖い、そして、敵を倒す重さを艤装が語ってきているようで怖い、と」

長門「あの恐怖はいつの日もお前とともにある…か」

吹雪「そうです。そして、さっき赤城さんの訓練で確かに聞こえたんです。艤装の中の私の声が」

最上「艤装の中の声…」

時雨「吹雪の声…かな」




266: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/19(水) 01:19:54.02 ID:ZS4Y6pB10


吹雪「あ、こんなの信じられないですよね」

長門「いや、信じよう。それが、提督の狙いだった」

吹雪「提督が…?」

陸奥「正確に言うとね、それはあなたの声ではないのよ」

長門「今なら伝えてもいいだろう。吹雪、お前の艤装のうち、94式高射装置は更なる改装、つまり改二で装備可能となる艤装なのだ」

吹雪「これが…?これだけがですか?」

長門「そうだ」

最上「長門秘書艦、ここからは僕が説明してもいいですか?」

長門「……頼む」




267: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/19(水) 01:23:27.65 ID:ZS4Y6pB10


最上「吹雪ちゃん、この鎮守府にはね、君の前にも駆逐艦吹雪が所属してたんだ」

吹雪「私が、ですか?」

最上「そう、彼女は君と同じく努力家で、改二まで到達し、第一線で活躍していた

「聞いたことあるかな?彼女は最後の出撃で西村艦隊に随伴していてね。大破していたけど、皆疲労もなく警戒も怠らず帰投していた。

「僕たちはそこで姫にあったんだ」

吹雪「姫、ですか?」

最上「僕達は見つからないように逃げようとしたんだけど、敵に捕捉されてしまった。

「僕たちは、扶桑型姉妹を置いて逃げなくては行けなかった。あの人たちがいなかったらきっと、僕達は誰一人として帰ってこられなかったと思う。

「僕、時雨、吹雪は何とか鎮守府近海まで帰ってこられたんだけど、吹雪だけが隙を見て交戦場所まで戻って行った。みたいだ」




268: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/19(水) 01:27:07.36 ID:ZS4Y6pB10


長門「知っての通り、この鎮守府には潜水艦が所属していない。当時もそうだ。捜索は困難を極めたが、唯一見つかったのがその」

吹雪「94式高射装置…」

最上「艤装を回収できたのは奇跡だったって言われてる。けど、僕は吹雪が居場所を教えてくれたんじゃないかと思うんだ」

陸奥「実を言うと、あなたは初期から改の艤装で出撃していたの。きっと負担は大きかったでしょうね。ごめんなさい」

吹雪「い、いえ、ですがどうして、装備できる練度を無視してまでこの艤装が必要だったんですか?」

長門「その艤装は、残されたものの中で唯一、姫に遭遇できた可能性のあるものだ。かつていた吹雪ならば、姫の事を何か掴んでいるかもしれない。その一縷の光となるかもしれない。提督はそう考えた。そしてもし、それが成功したなら、さらなる論理の飛躍が可能だともな」

陸奥「それで、おそらく実際に成功した。みたいね?」

吹雪「はい、多分そうだと思います」




269: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/19(水) 01:35:40.66 ID:ZS4Y6pB10


長門「ともかく、これで今後の指針が決まった。我々は、MI島を攻撃する」

赤城「やはり、長門さんもそう考えていましたか」

吹雪「MI島、私も少し前の私も、きっとそこに呼ばれているんじゃないかと思っていました」

長門「ああ、提督は必ず帰ってくる。ならば私は、それまで提督の務めを果たすまで」




271: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/21(金) 01:28:34.55 ID:mimzsqvM0


長門「みな、集まったな。これより、MI島攻略戦の部隊編成を言う。聞け。まず、今作戦の要となる第一機動部隊から――」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夕立「吹雪ちゃんと同じ部隊なんて心強いっぽい!」

吹雪「うん!一緒に頑張ろう!」

睦月「二人とも、頑張ってきてね。絶対、帰ってきてね」

夕立「もちろん!」

吹雪「睦月ちゃん、鎮守府をお願いね」


大井「北上さんと別部隊なんて…!」

北上「大井っちも主力部隊じゃん、大和さんにもよろしくー」

大井「ううーー……そうですけどぉー」

北上「またどっちが沈められるか勝負できるでしょ?楽しみだねー、いやあ腕がなるねー」


金剛「比叡!よろしくネー!」

比叡「ええ、お姉さま!私達二人で護衛するからには、赤城さんたち機動部隊にはかすり傷一つつけさせません!」

金剛「グゥーーッド!その意気デース!榛名、霧島!大和はお願いしマース!」

榛名「ええ」

霧島「お任せください!」




272: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/21(金) 01:35:26.30 ID:mimzsqvM0


赤城「私達は変えられるでしょうか、運命を」

加賀「わかりません、私達はただ、変えられると信じて戦う事しかできません」

蒼龍「私達、第一機動部隊が要になるんですね。うぅー緊張するー…」

飛龍「そうりゅー、今からそんなに気を張っても仕方ないよ。リラックス、リラックス」

蒼龍「そうだけどぉー」

赤城「………」




273: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/21(金) 01:41:42.24 ID:mimzsqvM0


長門「諸君、これよりMI島攻略作戦を発動する。今作戦の目標はMI島を棲地とする機動部隊であり、また、今作戦は提督の意志でもある。しかし、皆の中には既視感を覚えるもの。まるで戯曲の中にいるような感覚を覚えるもの。大きな潮流の中にいるように感じるものがいると思う。私もそうだ

「だが、それがどうした。だとしても何も変わらない。私達が実行する命令は唯一つ

「見敵必殺、見敵必殺だ!それ以外に、我々が従うべき律は一つとして存在しない!

「さあ、暁の水平線に勝利を刻むぞ!」

「「「「おおーーーーーーー!!!!」」」」





274: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/21(金) 01:45:58.79 ID:mimzsqvM0


赤城「一航戦赤城、出撃します!」

加賀「一航戦、出撃します」

蒼龍「我が機動艦隊、出撃します!」

飛龍「よし! 二航戦、出撃します!」




275: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/21(金) 02:10:25.68 ID:mimzsqvM0


金剛「私達の出番ネ!フォーロミー!!」

比叡「気合!入れて!行きます!」

利根「うむ、参ろうか!」

筑摩「筑摩、準備万端、出撃します」

吹雪「第十一駆逐隊、吹雪! 出撃します!!」

夕立「さあ、素敵なパーティしましょ!」

北上「重雷装巡洋艦北上、出撃します!」





276: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/21(金) 02:19:03.35 ID:mimzsqvM0


榛名「榛名!いざ、出撃します!」

霧島「出撃よ!さて、どう出てくるかしら?」

大井「大井、水雷戦隊、出撃します」



大和「戦艦大和、推して参ります!」





277: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/21(金) 02:19:38.92 ID:mimzsqvM0





「  来   イ  」







278: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/21(金) 02:23:39.77 ID:mimzsqvM0


夕立「敵影ありません!っぽい」

利根「とはいっても、この悪天候じゃ、視界も何もあったものではないしのう…吾輩のカタパルトが不調でなかったら…」

筑摩「一応、この場所で大和さんたち別動隊と合流する事になっていますが…無線封鎖している今、いつ合流できるかもわかりません」

赤城「出来るだけ待ちたいですが、あまり敵勢力圏内で留まってるのも危険ですね…」

加賀「合流のため数隻をここへ残し、私たちは索敵を行ないながら進みましょう」

赤城「そうですね。私達なら敵より先んじて相手を発見することができるはずです。吹雪さん、金剛さん、お二人は別動隊を待ち、合流次第追ってきてください。お願いできますね?」

吹雪「はいっ!」

金剛「オフコース!」




279: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/21(金) 02:39:52.60 ID:mimzsqvM0


筑摩「敵影発見!あれは、姫…!」

利根「単艦の今、奇襲に成功すればかなりの痛手を負わせられるじゃろう!」

加賀「制空権を取るなら今です。赤城さん」

赤城「ええ、第一次攻撃隊、発艦用意!姫への攻撃を開始します!」

「「はい!」」





280: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/21(金) 02:44:37.10 ID:mimzsqvM0


蒼龍「やったっ、やったっ!」

赤城「奇襲成功ですね。畳みかけます、第二次攻撃部隊、全機爆装してください」

加賀「はい」

筑摩「いえ、敵の増援を発見しました。空母機動部隊です……いいえ、囲まれています!」

利根「なんじゃと…!?」

夕立「さすがにちょっときついっぽい…」

飛龍「大和さんたちは間に合わないかもね…」

赤城「か、回避運動を取ってください!まずは奪われた制空権を取り戻します!」

比叡「隙を見て打ち返しま、ひ、ひえー!」

蒼龍「きゃあっ!飛行甲板が…」

加賀「くっ」



281: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/21(金) 02:53:23.94 ID:mimzsqvM0


赤城(第一機動部隊が全員中破…このままじゃ………)

夕立「赤城先輩!直上!」

赤城(敵機っ!避けられない……

(この景色……また…

(天城姉さん……!)




282: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/21(金) 02:54:35.53 ID:mimzsqvM0


「やああああああああああ」

赤城「……吹雪さん?」

吹雪「大丈夫でしたか?赤城さん!」

赤城「ええ、大丈夫です」

吹雪「ここから反撃ですよ!赤城先輩!長門秘書官も一緒です!」


金剛「比叡ーケガは無いデスかー!?」

比叡「お姉さま!榛名!霧島も!」


大和「三式弾装填、撃ち方始め!」



283: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/21(金) 03:05:08.88 ID:mimzsqvM0


瑞鶴「加賀さん、大丈夫ですかー?」

翔鶴「応急修理要員さんと一緒に来ましたから、急いで修理なさってください」

加賀「感謝するわ、五航戦」

赤城「我々も、一航戦としての誇り、見せるときですね」


北上「あー囲まれてる…うぅ、ピンチかも。大井っちー」

大井「北上さーーーーーーん!!」

北上「大井っち!」

大井「邪魔よ!魚みたいなキモイの!北上さん!!」

北上「おおいっちぃー!!」

大井「北上さん!」

北上「大井っちーー!!」

大井「北上さん!」


北上「――――あ、忘れてた。さあさあ、両舷合わせて四十門」

大井「二人合わせて八十門の魚雷!海の藻屑と」

北上「なりなよー」





284: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/21(金) 03:14:54.04 ID:mimzsqvM0


霧島(敵の数不明、どこから来るかもわからない。なら、私の選択は…)

比叡「霧島が眼鏡を!」

榛名「外した…!?」

霧島「潮流よし、駆動音よし、艦隊の配置よし、電探の反応よし、風向きよし、あとは…信念、計画、努力、全てよし!全門斉射!」

金剛「ワオ!全弾命中デース!」

霧島「計算通り。私こそ、艦隊の頭脳です」


長門「目標、姫」

陸奥「ええ」

大和「はい!」

長門「撃ち方始め!!」

ドォ!  ドン! ドン

飛行場姫「アツイ……シズム…コノ海で……そう………」



赤城(おそらく、かつての私はあの時に沈んでいた。あの子の一撃から、全てが変わっている…運命を、変える!)





285: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/21(金) 03:17:11.37 ID:mimzsqvM0


「―――大きな艦だ。お前ひとりで動かせるものなのだな

「そうか、ああ、丁寧な操船を頼む。私は船に弱いのでな

「敵影は無し。泥のような空だ。お前たちが活動するにはちょうどいい天気か?」




288: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/21(金) 23:12:41.10 ID:mimzsqvM0


筑摩「また、敵の増援です!」

赤城「そんな…っ」

加賀「姫は叩きました。私達の消耗も激しい。ここは一旦引いた方が」

吹雪「いいえ、駄目です!」

大和「ええ、何度倒しても現れる増援、まるで私たちがここで勝つことを何としてでも阻もうとするような、強い力。大きな流れを変えるなら、おそらくここが分岐点。なら、私達は勝たなくてはいけません」

長門「そうだ。敵が何度来ようとも、われわれが何度でも沈めてやる!艦隊!この長門に続け!」



289: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/21(金) 23:20:19.88 ID:mimzsqvM0


吹雪(一度沈んだ、少し前の私が言っている。まだ、まだ足りない。姫を倒すには、倒さなきゃいけない艦がいるって)

「ならそれは…どこ?」





290: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/21(金) 23:24:08.37 ID:mimzsqvM0


赤城「第一次攻撃部隊、攻撃成功。敵機動部隊の被害甚大」

加賀「押し込みます」

瑞鶴「第二次攻撃隊。稼働機、全機発艦!」


摩耶「まだまだぁ!」

愛宕「全部撃っちゃおうかしら」

川内「周りの護衛艦は任せて!」

神通「こちらには誰一人近づけさせません!」

那珂「じゃあ那珂ちゃんはこっちー!!」


利根「敵は…減っておるのか?」

鳥海「叩いても叩いても湧いて出るような…」

吹雪(あれじゃない…あれでもない……けど、確実に居る。確実に感じる…喪失感と、無力感と、寂しさ…どこにいるの…?)




291: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/21(金) 23:33:17.04 ID:mimzsqvM0


金剛「――シット!そろそろ打ち止めデース」

比叡「私も、そろそろ限界が……」

長門「ここまでか…」

陸奥「長門っ!あれ見て!」

長門「あれは!?」

大和「倒したはずの姫が…」

中間棲姫「ナンドデモ…シズンデイケ…」

赤城「そんな…」

大和「まだ…足りないというの?」

赤城(やはり、運命には抗えないの…?)

北上「さすがにそろそろ無理だよー」

赤城(どれだけ抗おうと、ここで沈むことからは逃れられない…?)


「目標、敵全機。撃て」


ヒュボッ   ボッ  ボッ   ボ ボ ボ ボ ボボボボボ



292: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/22(土) 00:35:28.75 ID:tm27tTxa0


長門「支援攻撃……どこから?」

加賀「あれは……空母?」

赤城「提、督・・・・・・」


インテグラ「言ったはずだ赤城!命令は何一つ変わらない!見敵必殺!見敵必殺だ!我々の征く道を邪魔するものは、なんであろうと叩いて潰せ!ただ押し進み!粉砕しろ!相手がなんであろうと関係ない!それが例え、無尽の異形であろうとも!それが例え、忌まわしき過去であろうとも!それが例え、逃れられない運命の鎖であろうとも!」

吹雪「いた!あれが!あの空母が!あれを倒せれば!」

ヲ級「………」

インテグラ「大鳳!奴の動きを抑えろ」

大鳳「はい!」

インテグラ「第二射用意!我々の、大英帝国王立国教騎士団、HELLSINGのやり方を見せてやろう。セラス!」


セラス「ヤーーッ!!」  ズパッ   ガゴッ

ヒュゴッ  バオゥッ ボッ  ボ  ボ ボ





293: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/22(土) 00:43:36.00 ID:tm27tTxa0


インテグラ「撃て、全て、全て潰せ、過去の因果なぞ知ったことか。纏う怨嗟なぞ構うものか。我々の今を、返してもらう」

セラス「うあああああああああああああああああ!!!!!!」

インテグラ「大英帝国海軍インヴィンシブル改級、VSTOL空母一番艦「イーグル」改めセラス・ヴィクトリア。艤装、30mmカノン砲ハルコンネン。よくぞ作り上げた、明石」

明石「いえいえ、あれだけ資源を持ってきてもらえたら、こんなの朝飯前ですよ!それよりも艦に積んだ機械の方が…にひっ」




294: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/22(土) 00:54:35.22 ID:tm27tTxa0


吹雪「さあ、一緒に帰ろう」

金剛「ブッキー?何言ってるデース?」

吹雪「あれ?わたしも、何を言ってるんでしょう」

大鳳「敵機は落としたわ!空母を叩いて!」

吹雪「絶対に当てます!いっけぇーー!」


夕立「ヲ級轟沈!吹雪ちゃん流石っぽい!」

吹雪「うん………さよなら、またね」



295: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/22(土) 00:58:31.61 ID:tm27tTxa0


インテグラ「これが最後だ、異形共。貴様らを待つのは海の底ではない、地獄だ。目標、姫。全艦撃ち方用意、てー!」

ボッ   ヒュボッ  チュン ボッボッボ  ボボボ


中間棲姫「ソンナ……私ガ……落チると…いうの?」

インテグラ「ああ、お前は死なねばならない。倒されなくてはならない。膨大な過去が、未来をも奪ってはならない」

ヲ級「…………レ、ナイデ………」





296: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/22(土) 01:04:28.22 ID:tm27tTxa0


陸奥「やった……」

長門「終わった、か?」

インテグラ「まだだ!待たせたな!潜水艦部隊!奴らの部品をすべて集めろ!一片たりとも取りこぼすな!」

「「「「あいあいさー!!」でち」なのね!」」


インテグラ「我々の勝利だ。そして、ここからが私達の宣戦布告だ」

長門「何をするつもりだ…?」

インテグラ「なに、ただの謀反だ」

陸奥「あら」



297: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/22(土) 01:06:12.56 ID:tm27tTxa0


明石「作業終了しましたー!問題ありません!」

インテグラ「全艦、帰投する!間宮が腕を振るってくれるそうだ。急ぐぞ」

夕立「やったー!っぽい!」






298: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/22(土) 01:06:41.71 ID:tm27tTxa0




インテグラ「ああ、そうだ。鎮守府に打電。睦月に任務を通達、帰還報告を行う。迎えの言葉を用意して待て、とな」



299: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/22(土) 01:12:29.29 ID:tm27tTxa0


間宮「あ!見えてきましたよ!」

睦月「あ、おーい!!」



インテグラ「長門以下、全員帰還した。各自、損傷状態の確認及び、必要に応じて入渠を行った後、補給を行う。いいな」

長門「ああ」

赤城「ええ、勿論」



300: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/22(土) 01:16:12.55 ID:tm27tTxa0


加賀「撃墜数は私の勝ちのようね」

瑞鶴「わ、私の方が被害は少ないですし!」

加賀「もっと最適な運用を教えてあげるわ、覚悟する事ね」

瑞鶴「はいはい、楽しみにしてますからね」


セラス「あぁ、はい!どうも、初めましてー、あの、艦娘ってわけじゃないんですけど、乗ってるのも空母っていうか、でもほとんど巡洋艦っていうか。あ、そうです、インテグラ様の元々…あ、もしかしてここでは提督とお呼びした方がいいんでしょうか?」

インテグラ「構わん、好きにしろ」


那珂「MIでも那珂ちゃん輝いてたよね!?」

利根「吾輩と筑摩の方が活躍しとったじゃろう?」

筑摩「利根姉さん…軽巡と張り合わなくても…」

金剛「マーマー!どっちもクールでしたヨー」


吹雪「ただいま!睦月ちゃん!」

睦月「おかえりなさい!無事でよかったあー!」

夕立「ちょっとー夕立もいるっぽい!」

睦月「夕立ちゃんも!お帰りなさい!」





301: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/22(土) 01:17:19.54 ID:tm27tTxa0


吹雪「えへへ、睦月ちゃん、もう一人だよ」

夕立「これは睦月ちゃんも予想できないっぽい?」

睦月「え?睦月、誰も忘れて……」



如月「睦月ちゃん………」

睦月「如月ちゃん……?如月ちゃん!!」

如月「ごめんなさい、睦月ちゃん……その、ただいま」

睦月「おかえり、なさい!きさらぎちゃん!だいすき!だいすきだよ!きさらぎちゃん!」

如月「ありがとう、好きよ。睦月ちゃん」




302: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/22(土) 01:19:24.15 ID:tm27tTxa0


大鳳「―――――提督、今更だけど、なぜ私がこの艦隊に呼ばれたのかしら?軽巡だとか、駆逐艦だとか、もう少し小回りの利く子の方が良かったんじゃないですか?」

インテグラ「ああ、かつて私は、あの艦を相手に戦ったことがある。様々な策を巡らせたが、最後にこの間を打倒せしめたのは、成層圏からマッハ3での垂直降下攻撃だ」

大鳳「え?」

インテグラ「お前にはそれを止めてもらおうと思ってな。幸運ビームだのなんだの、様々なことをやったものだ」

大鳳「わ、わたし、ちょっとそれは…」



303: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/22(土) 01:23:11.87 ID:tm27tTxa0


セラス「マスター、あの装置っていったい何なんですか?」

インテグラ「ああ、あれは艤装に宿る艦の魂を、艦娘に定着させるものだ」

セラス「へえー、そんなことができるんですねー」

インテグラ「かつて人間だったものが喰屍鬼になる。吸血鬼が血を媒介とし、魂を己が内に取り込む。今まで嫌というほど見てきた光景だが、それによって沈んでいった艤装の、艦の魂が深海棲艦になっているのではないか?という仮説がたった」

セラス「ほうほう?」

インテグラ「実際、艦娘になる前の艦の記憶を持つもの、以前使われていた同型艦の艤装を使うことによってその声を聴いたものが現れた。そこからはお前も必要な実験だった」

セラス「ああ、あの時の!」

インテグラ「鎮守府を襲撃してきた艦のうち、一隻を鹵獲。お前に吸血させ、深海棲艦から艦娘の魂を引き剥がそうとした」

セラス「結局、私が吸えたのは深海棲艦の方の魂?みたいなものでしたけどね。おかげで、ベルナドットさんが吸血鬼の次はコイツかよチクショー!!って怒ってましたけど」

インテグラ「ふっ、セラスの中にいるからとて、お前の仕事は変わらないと伝えておけ」

ベルナドット「ひぇー、相変わらず血も涙もない人だよ。あんたは」

セラス「ちょ、ベルナドットさん…」




304: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/22(土) 01:26:25.89 ID:tm27tTxa0


インテグラ「残った艦娘の艤装から、艦娘を建造。というより、復元したのが明石の開発したアレだ。新たに復活した伊58には轟沈した時の記憶まではっきり残っているらしい」

セラス「そ、それじゃあ、今まで敵だった深海棲艦を、どんどん味方の艦娘にできるってことですか?」

インテグラ「ああ、これからの戦いは、取り戻すためのものとなる。かつてのHELLSING構成員、86名、傭兵部隊ワイルドギース。そのほとんどを喪った私達だが、ここから、手に入れるための戦いを行う」

セラス「はい!ところであのー、アーカード様は何処に?」

インテグラ「奴はこちらには来ていないが」

セラス「あれー?そうなんですか?てっきり私より先にいるものだとばっかり…」





305: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/22(土) 01:29:39.01 ID:tm27tTxa0



「少佐殿!こちらにおられますか!?」

少佐「なんだ、騒がしいなあ。私は食事中だぞ、静かにしてくれたまえ」

「は!大変失礼いたしました!しかし、すぐにお渡ししたいものが!こちらです!」

少佐「なんだ?これは……おぉ!!」

「消えたはずのインテグラ提督からの書状です!」

少佐「おお!!おお!!!!素晴らしい!!なんということだ!やった!!やったぞおお!!」

「ど、どうなさいまし」

少佐「素敵だ。ああ、素敵な宣戦布告だ。最高だ。また我が宿敵と戦争ができるとは。食事中でなければ歓喜のあまり踊り出すところだった!ああ、こうしてはおれん。すぐに準備をしなくては。食事が終わればすぐに始めなくては。ああ、君、もういいぞ。食事の邪魔だ」

「はっ!失礼します!」



306: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/22(土) 01:33:22.30 ID:tm27tTxa0



―――――――――――――――鎮守府よりはるか遠洋






「ここはどこだ」



「わたしの」

「あるじは」




「どこだ」








307: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/22(土) 01:43:03.79 ID:tm27tTxa0


インテグラ「やはり、ここにいたか。心配をかけた」

吹雪「あ、司令官!」



インテグラ「ただいま、司令官」


吹雪「お帰りなさい!司令官!」




308: ◆Gh4KnxEqTvCH 2017/04/22(土) 01:46:28.53 ID:tm27tTxa0

おしまいです

お付き合いいただきありがとうございました



309: ◆MNMy.fqCRg 2017/04/22(土) 06:52:45.79 ID:kObphOvjO

乙、楽しめました


元スレ
SS速報VIP:インテグラ「至誠に悖る勿かりしか」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1480233287/