1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 08:45:59.09 ID:wqyDgj9LO

箒「そういえば、たまに二人揃って居なくなるな」

シャル「それに、今朝一夏の部屋に行ったらセシリアが居て……部屋が…その…
い、イカ臭かった……」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 08:48:56.61 ID:wqyDgj9LO

箒 鈴「!!?」

ラウラ「……?」

箒「ま、まさかそんな!」

鈴「卑猥だわ! 卑猥だわ!」

ラウラ「どうして部屋がイカ臭いと卑猥なんだ?」

シャル「それは……」

箒「その…だな…」

鈴「…ねぇ?」

ラウラ「…わけがわからん」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 08:52:32.00 ID:wqyDgj9LO

シャル「とにかく、あの二人がナニをしてるか確かめる必要があると思うんだ」

箒「そうだな! ナニかするなど許せん!」

ラウラ「…? よくわからんが、私は嫁の部屋に行って来る」

鈴「だ、ダメよそんなの! まずは私が偵察を…」

箒「いや、ここは私が」

シャル「え? じゃ、じゃあ僕が」

箒 鈴「どうぞどうぞ」

シャル「あぁっ!」

ラウラ「何をしているんだお前らは」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 08:56:57.96 ID:wqyDgj9LO

シャル(うぅ……確かめるなんて行ったけど、万が一本当にナニしてたら……
遭遇したら気まずすぎるよぉ!)

シャル(ここはばれないようにそっと覗いて……)
カチャ…
「こんなことされて喜ぶなんて、セシリアは変態だなぁ!」
ビシィ!
「あぁん! も、もっと強くしてください一夏さん!」

シャル「っ!!?」

「おらっ! 顔にくれてやるよ!」
ビターン!ビターン!
「ひぎぃ!」

シャル「………」
ガチャ……



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 09:00:21.29 ID:wqyDgj9LO

鈴「で、どうだったのよ」

シャル「怖くて覗けなかったけど……セシリアが一夏に叩かれて喜んでたみたい…」

箒「アブノーマル!」

鈴「変態よ! 変態だわ!」

ラウラ「何がおかしいんだ? 叱って貰えるのは嬉しいだろう
私も教官に殴られて伸びた子だからな」

シャル「ラウラはちょっと黙ってて」

ラウラ「うぬぅ…」

箒「学園でそんな破廉恥な事をするとは……私が止めてきてやる!!」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 09:03:49.08 ID:wqyDgj9LO

箒(勇ましい事を言って出てきたが、やはりナニをしてたら何というか…
やっぱりまずはこっそり覗くとしよう! 別にナニを見てみたいわけでは…)
ガチャ……
「ほら、入れるぞセシリア……」

「あ……はふぁ!」

箒「な…!?」

「なんだよそのだらしない顔は……ヨダレ垂れてるぞ」

「そ、そんなぁ…ひゃあん」

「普段のキリッとした顔と全然違うな…じゃあ次はこっちの穴に入れるぞ…」

「ま、まって…ッーーー!!」

箒「あががががが……」
ガチャ…



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 09:08:01.42 ID:wqyDgj9LO

鈴「箒! どうだったの!?」

箒「………」プルプル

シャル「だ、大丈夫?」

箒「最中だった……しかも両穴に入れてた……」

鈴「ま、まさかお尻の…!」

シャル「一夏にそんな趣味が…」

ラウラ「拷問に耐える訓練か
私もよく教官に色々突っ込まれたものだ」

シャル「えぇ!?」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 09:16:36.51 ID:wqyDgj9LO

鈴「つ…突っ込まれたってあんたどういうことよ? 女同士で!」

ラウラ「耳の穴に綿棒を突っ込まれたりな
あれは耐え難いくすぐったさだ」

鈴「………」

シャル「ラウラはホントに黙ってて」

ラウラ「な、何なんださっきから!?」

鈴「もういい。私が出るわ」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 09:18:11.10 ID:wqyDgj9LO

鈴「ちょっと一夏!」
バターン!
セシリア「り、鈴さん!?」

鈴「セシリア…一夏、どこ?」

セシリア「一夏さんなら今シャワーを……」モジモジ

鈴「………」
ガチャ…



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 09:19:09.31 ID:wqyDgj9LO

鈴「事後だったわ…もう手遅れよ…」

シャル「やっぱり……」

箒「あががががが……」

ラウラ「……もう良いのか? 私は行くぞ」

鈴「イカ臭かったわ……イカ臭かった……」

シャル「もういいよ…もうやめてよ…」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 09:20:51.49 ID:wqyDgj9LO

ラウラ「入るぞ」
ガチャ
セシリア「こ、今度はあなたですか…」

ラウラ「む……生臭いな、この部屋は」

セシリア「それは、その……」

一夏「あれ、どうしたラウラ」

ラウラ「なんだ嫁よ。こんな時間にシャワーか?」

一夏「ああ、ちょっとはしゃぎすぎて服がイカ臭くなっちゃってさ」

セシリア「い、一夏さんっ!?」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 09:22:40.18 ID:wqyDgj9LO

一夏「いやぁ、少し前にセシリアがイカで叩いて欲しいって頼んできてさ
最初はちょっと引いたけど、始めてみたら楽しくなってきて」

セシリア「もうっ……///」

ラウラ「そうなのか。しかし食べ物で遊ぶのは良くないと教官に聞いたぞ」

一夏「だからこれからちゃんと焼いて食べるんだよ。ラウラも食うか?」

ラウラ「嫁の手料理か、いただこう」

セシリア「ちなみに、今日はノーメイクなので私の顔を叩いたイカも食べて問題ありませんわ
でも、足は私の耳に入れたので……///」

一夏「セシリアは変態だなぁ」

ラウラ「本当に生臭いな。お前もシャワーを浴びてこい」

セシリア「あら、この臭いの良さがわからないなんてあなたもまだまだ子供ですわね
どんな香水よりも高貴なこのイカスメル!」

一夏「いや、俺もそれはどうかと思う」


イカは三人でおいしくいただきました



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 10:02:25.79 ID:51V3EZK9O

>>1

I・S<イカぬるっと・スパンキング> ‐完‐



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 10:37:15.10 ID:eso+8tZdO

>>33
吹いた


元スレ
シャル「最近の一夏とセシリアは仲が良すぎる気がする…」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1312155959/