SS速報VIP:緒方智絵里「汚れた私は、お好きですか?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492205497/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/15(土) 06:31:38.10 ID:huJ+d9ub0

※「アイドルマスター シンデレラガールズ」のSS

※キャラ崩壊あり、人によっては不快感を感じる描写もあるかも



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1492205497




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/15(土) 06:32:46.06 ID:huJ+d9ub0

「ん? 何だって?」


仕事をある程度終え、事務所の談話室にて中休みを取っている最中、突然智絵里からそんな事を聞かれ、俺は思わず聞き返してしまった。


もしかしたら、空耳だったかも。そう思っての事でもある。


「だ、だから、その……汚れた私は……好きか嫌いかを、聞いてるんです」


しかし、再度そう言った事により、空耳では無かったのが判明する。


先程に智絵里が言ったのは間違い無く、事実なのであると。


その表情は真剣そのもので、とても冗談を口にする顔とは違っている。






3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/15(土) 06:33:33.02 ID:huJ+d9ub0

「いや、ちょっと待ってくれ。まず、理由を聞いていいか?」


「理由……ですか?」


「そうだ。そんな事を聞いてくるのなら、それなりの理由があるはずだ。だから、まずそれを聞きたいんだ」


普通であれば、そういったものは人に尋ねる様なものでは無い。


誰しも自分の闇の部分は、胸の中にこっそりと隠しておくもの。


しかし、聞いてくるのだとすれば、相応の事情があるはずだ。


だからこそ、俺は智絵里にそう言って、問い掛けた。






4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/15(土) 06:33:58.57 ID:huJ+d9ub0

「え、えっと……聞いても、怒らないで下さいね?」


「内容次第じゃあ、怒るかもな」


「あうぅ……」


先にそう宣言し、釘を刺しておく。


もし、変な謀りであるのなら、今後は諫めないとならないからだ。


智絵里を変な色に染めてしまわない様にという、せめてもの気遣いである。


「あ、あの……実は、ですね。私のファンになってくれている人の中には、そういう人がいる……って、聞いたんです」


「ほう……」


大した驚きも見せずに、俺はそう短く呟く。


確かに、一部ではそういったファンがいる事は、俺も知っている。


ネットで少し探せば、そんな許し難い輩の書き込みは、目にしてしまう。






5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/15(土) 06:34:29.73 ID:huJ+d9ub0

そうならない様に、常日頃、智絵里には自分の評価をネットで調べるなと言っていたが、どうやら知ってしまったみたいだ。


「ちなみに……聞いたって、誰からなんだ?」


「昨日……杏ちゃんが、教えてくれたんです」


杏……双葉杏か。何て余計な真似を……。


彼女は俺の担当では無いアイドルだが、智絵里とは結構仲が良い。


しかし、善意か悪意かは分からないが、智絵里にそんな事は教えては欲しくはない。


智絵里は今のままが良いのだから、それは余計な気遣いなのだ。


「まぁ、それに関しては分かった。話を続けてくれ」


「えっと……で、ですので……プロデューサーさんは、どうかなって思ったんです」






6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/15(土) 06:35:02.95 ID:huJ+d9ub0

「お、俺?」


「はい……それが、その……どうしても、気になって……」


なるほど、そういう事だったのか。


きっとそういった声があるというのを知って、不安になってしまったのだろう。


それで俺の所にへと聞きにきたという訳なんだな。


しかし、そうだな……汚れた智絵里。


俺の脳裏にある智絵里のイメージとはまた別だから、考えた事も無かった。


だが、これも良い機会だ。


考える事で、智絵里の新たな側面も、見い出せるかもしれない。


そう思って、俺は問われた事に対し、じっくりと考え出す。






7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/15(土) 06:37:09.68 ID:huJ+d9ub0

「汚れた……汚れた、ねぇ……」


吟味する様に呟き、俺は脳内でそのイメージを構築していく。


汚れたと聞いて、真っ先に思い浮かべるのは、貞操を失う事だろう。


その場合、汚れるというより、穢されるという訳なんだが。


だが、俺はそこへは着地せず、違う観点からまず、考えてみる。


そう、例えばだ。


休日の公園。それも陽気が良い昼下がりぐらいの頃。


閑散とした公園内に、仕事も学校も休みの智絵里は一人でそこを訪れる。






8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/15(土) 06:37:39.36 ID:huJ+d9ub0

いつもの黄緑色をしたワンピースで身を包み、そして黙々とある行動に専念する。


その行動とはもちろん、智絵里の趣味である四つ葉のクローバー探しだ。


地面に膝を着き、せっせと数多くあるクローバーを選別していく。


「どこに……あるのかなぁ……」


照りつける日差しを浴びつつ、地面の土によって顔や手、膝等、体を汚していく。


それでも尚、智絵里は探すのだ。


賢明に、それも必死になってだ。


小さくて僅かな……そんな希望の芽を探そうと、頑張るのだ。






9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/15(土) 06:38:10.51 ID:huJ+d9ub0

しかし、そうは簡単には見つからない。


探せども、探せども、四つ葉のクローバーは出てこない。


そうして探している内に日は下がり、夕方となり、果ては夜になろうとする。


「今日は……駄目、なのかな……」


どうしても見つからず、智絵里は泣き出しそうになる。


小さな涙をじわりと目端に浮かべ、諦めて帰ろうとも思ってしまう。


しかし、そんな時だ。






10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/15(土) 06:38:40.05 ID:huJ+d9ub0

「……あっ!」


諦め掛けたその時、智絵里はようやく見つけるのだ。


幸福の証たる、四つ葉のクローバーを。


「やっと、見つけた……」


智絵里はクローバーの根元にへと手を伸ばし、そっと優しく、それを摘み取る。


「えへへ……」


そして摘み取ったクローバーを顔に近づけ、無邪気に微笑むのだ。


土に塗れて汚れてしまった、その顔でだ。






11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/15(土) 06:39:15.23 ID:huJ+d9ub0

それでも、智絵里は幸せなのだ。


頑張って探した、小さな幸せをその手に掴めたのだから。


……うん、なるほど。良いかもしれない。ありだな。


きっと、その場に俺がいたのなら……


「プロデューサーさん、見て下さい、ほら」


と言って、見つけたクローバーを俺に見せようと、駆け寄ってくるだろう。


にっこりと、満面の笑みでだ。


そう思うと、最高じゃないか。汚れた智絵里、最高、万歳。






17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/18(火) 05:58:57.07 ID:F4yJYduo0

だが、これで終わりだとは思えない。今の話はランクで言えば、序の口だろう。


まだまだ引き出しはある気がする……いや、考えれば考える程、幾重にも世界は広がっていく。


だからこそ、俺は直ぐ様、別の観点にへと移行する。


そう、例えばだ。


智絵里の仕事中でのワンシーン。


その日は珍しく、バラエティ番組の収録であった。


毛色の違う仕事ではあるが、智絵里は何とか頑張ろうと奮闘する。


時には小さなその体を駆使し、時には知恵を振り絞って。


周囲からの視線にも耐えつつ、ひたすらと懸命に頑張るのだ。


しかし、バラエティ故の宿命であるか、智絵里にもその時が訪れてしまう。






18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/18(火) 05:59:27.57 ID:F4yJYduo0

「きゃっ!?」


出された問題に間違った智絵里は、罰ゲームとして、問答無用で落とし穴にへと落とされてしまう。


落ちた先に広がっているのは、見渡す限りの小麦粉の海。


為す術も無く、無情にも、智絵里はそこにへとダイブし、全身をほぼ粉塗れとなってしまう。


更に追い打ちを掛ける様に、突き刺さる視線と笑い声。


まるで失敗を嘲笑うかの如く、それらが智絵里に浴びせられるのだ。


だが、しかし……それらを受けても、智絵里は挫けやしない。


「い、いぇい、です……えへへ」


小麦粉によって体中が汚れてしまっても、智絵里は笑顔を見せるのだ。






19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/18(火) 06:00:26.28 ID:F4yJYduo0

アイドルとして自覚、プロとしての責任を果たすべく、そうするのである。


昔の智絵里なら、挫けてしまい、泣き出してしまうかもしれない。


けれども、幾たびの経験を経て、強くなった智絵里は涙を容易には見せない。


強かと成長した姿を、周囲に向けて見せるのだ。


そうなれば、もう……誰も智絵里を嘲笑う事は無い。


称賛の声を上げ、拍手をして称えるのである。


……うん、これも悪くは無いな。


昔からのファンであれば、感動して涙を流してしまうかもしれない。


それ程にも、智絵里の逞しく成長した姿は、心にくるものがあるのだ。


俺だって、今の智絵里を見ていれば、感慨深いものを感じてしまう。


まぁ、それと同時に、寂しくも思うものもあるが……これは親心というものだろう。






20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/18(火) 06:01:02.43 ID:F4yJYduo0

しかし……悪くは無いのだが、これは少し、違うかもな。


自分で考えて何だが、別にこれ……汚れてなくても、反応は同じ気がする。


結局は外見だけが汚れているだけで、内部はそのままの智絵里なんだから。


心が挫けない限り、どう汚れ様と変わりはしないはずだろう。


だったら、次ではもっと……マイナス寄りにイメージで構想してみよう。


外側だけで無く、心の内まで汚してしまう様な……それこそ、最初に思い立ったイメージで。


そう、例えばだ。






23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/22(土) 21:19:34.09 ID:zCyS9JSd0

時刻は夕方……家に帰ろうと、帰路につく道中の事だ。


「えへへ……見つけられて、良かったなぁ」


智絵里はそう言いながら、手にしている四つ葉のクローバーを眺める。


長い時間を掛け、ようやくと見つけた1本。


それを大事に大事に持ち、幸せ一杯に微笑むのである。


「明日はきっと……良い事がありそう、かも」


以前に智絵里は『四つ葉のクローバーを見つけた日には、良い事があるんです』なんて、言っていた事がある。


それを信じ、明日に期待を寄せて、そう考える。


希望を夢見る、無垢な少女的な発想だ。






24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/22(土) 21:21:20.06 ID:zCyS9JSd0

しかし、そんな智絵里に対し、魔の手が降りかかる。


てくてくとゆっくり歩く智絵里の後方から、速度を上げ、迫り来る大きい影があった。


影の正体は、黒塗りの大型ワゴン車。


後方座席の窓には濃い目のフィルムが張られ、外からは中が見えない仕様となっている。


そんな仕様の車がハイビームを照射し、智絵里にへと接近する。


「えっ?」


ライトに照らされた事で、ようやくと智絵里も接近する車に気がつく。


速度を出して近づく車に危機感を感じてか、道の端にへと寄り、巻き込まれない様にと動く。


だが、車は智絵里の直ぐ横に到達すると、速度を急に落とし、その場に急停車した。






25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/22(土) 21:22:55.71 ID:zCyS9JSd0

同時に車のドアが開き、中から数名の屈強な男達が出てくる。


そして連携の取れた素早い動きで、瞬時に智絵里の周りを取り囲んだのである。


「え、な、何……何です、か?」


突然の出来事に戸惑い、怯えつつも智絵里は男達にそう問い掛ける。


しかし、男達からは返答は返ってこない。


それ所か、一人一人がニヤニヤとした嫌らしい笑みを浮かべ、智絵里にへと近づきだしたのだ。


「こ、来ないで……下さい……」


泣きそうになるのを堪えながら、智絵里は身構えてそう言った。


だが、それでも男達は止まらない。


じりじりと距離を詰め、徐々に智絵里を追い詰める。






26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/22(土) 21:24:37.98 ID:zCyS9JSd0

そして遂には、智絵里は男達の内の一人に左腕を掴まれ、捕まってしまう。


「は、離して……!」


掴まれた手を何とか振り解こうと試みるが、体格差、力の違いからそれは叶わない。


そうしている内にも、他の男も智絵里を捕まえようと、傍まで近寄る。


智絵里は抵抗する事も出来ず、口を塞がれ、両腕を掴まれ、両足を抱えられ、完全に捕縛されてしまった。


「んむ、んんー!!」


助けを呼ぼうと声を上げるが、口を塞がれてる為に、しっかりと言葉として、発する事ができない。


じたばたと暴れてはみるも、複数人相手には、大した抵抗にはならない。


やがて、男達は智絵里を抱えて車内にへと無理矢理と押し込む。


それから全員が車にへと乗り込み、それが済むと、車は急発進してその場から離れていった。






27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/22(土) 21:25:11.46 ID:zCyS9JSd0

(こ、これから私……どう、なっちゃうんだろう……)


自分の周辺を取り囲む男達と、徐々に変わりつつある外の光景を目にし、智絵里はそう思った。


為す術も無く、あっけなく捕まってしまった智絵里。


ここから抜け出すには、限りなく不可能に近いものがある。


携帯で助けを呼ぼうにも、既に携帯は取り上げられていてできない。


車から逃げ出そうにも、ドアの周りは男達が固めていて無理だった。


ましてや、後部座席の一番奥に押し込められている状況では、何もできないのだ。


(お願い……誰か、助けて……プロデューサーさん……)


智絵里にできる事といえば、手に持つ四つ葉のクローバーにそう祈り、願うだけだった。


連れ去られる時に強く握った事で、少し萎れてしまった四つ葉のクローバー。


それでも、それは智絵里にとって、残された最後の希望だった。






29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/22(土) 22:22:12.94 ID:zCyS9JSd0

だが、無情にも、祈り虚しく、智絵里を乗せた車はどんどんと遠くにへと移動する。


そして辿り着いたのは、人気の無い、鬱蒼と木が生い茂る山の中であった。


道と呼べる様なものが無い場所。そこで車が止まり、智絵里は手を引っ張られて外に連れ出される。


外に出た智絵里は周りを見渡すが、明かりも無く、暗くて良く見えない。


ここに来るまでに時間が経過し、時刻は夜となっていたからだ。


(ここ……どこ、なんだろう……真っ暗で、何も見えない……)


そうした状況が、余計に智絵里を恐怖にへと誘うのである。


大声で助けを求めても、直ぐに人が駆けつける訳では無いのを、嫌でも知ってしまうのだから。






30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/22(土) 22:22:38.21 ID:zCyS9JSd0

その内、男達は智絵里から少し離れた所で話し出す。


これからの事をどうするのかと、意見を出して相談しているのだ。


その間に逃げ出してしまいたかったが、一人だけ会話に参加していない男がいて、そいつが智絵里の体を拘束し、捕らえていた。


(やだ……嫌、だよ……怖いよぉ……)


知らない男に逃げられない様にがっちりと捕まり、どうにもできないという事実に、恐怖で体を打ち震わす智絵里。


更には、その様な智絵里の姿を見て興奮したのか、男がハァハァと荒く息を吐く音を聞き、それが恐怖をより助長させるのである。


そして話し合いが終わったのか、ぞろぞろと男達が智絵里の傍にへと群がってくる。


近づく男達に怖がってか、智絵里は目を瞑って顔を背ける。






31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/22(土) 22:23:08.12 ID:zCyS9JSd0

しかし、男達の中の一人、リーダー格だと思われる男が前に出て、背けた智絵里の顔をその手で掴む。


それから力尽くで自分の方にへと男は智絵里の顔を向けさせ、素早い動きでキスをした。


「んむ……!?」


無理矢理と唇を奪われた智絵里は、信じられないとばかりに目を見開く。


だが、それで終わりでは無かった。男はそのまま次の行動にへと移る。


智絵里が動揺している間に、男は舌を伸ばし、智絵里の口内にへと突き入れる。


男の舌によって蹂躙されていく智絵里の口内。


拒絶したくて、智絵里は男の胸板を押し、自分から離れさそうとするが、男の体はビクとも動かない。


そうしている間にも、男の行為は続いていく。


智絵里の舌、歯、唾液等、口内のあらゆるものを男は征服していくのだ。






32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/22(土) 22:23:41.74 ID:zCyS9JSd0

そして、数十秒後。男は満足してか、唇を智絵里から離す。


望まない長いキスから解放された智絵里は、ショックからか、その表情を絶望の色にへと染める。


無理矢理と奪われた自分の初めて……ファーストキス。


本当なら、自分の初めては好きな人にへと捧げる予定だった。


それなのに、好きでもない、誰とも知らない相手に捧げてしまったファーストキス。


「ひっ……ぐすっ……やだぁ……もう、やだよぉ……」


これまで泣かないと耐えてはいたが、遂にそれは決壊してしまう。


智絵里は男達に囲まれ、堰を切った様に泣き始めたのだ。


「帰して……お願いですから……帰して、下さい……」


泣きじゃくりながら、智絵里は男達にそう懇願する。






33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/24(月) 22:35:43.21 ID:CDqcHrar0

泣きじゃくりながら、智絵里は男達にそう懇願する。


しかし、悲しいかな。男達はそう言われた所で止まりはしない。


寧ろ、智絵里がそうした姿を見せた事で、逆に煽り立ててしまったのだ。


絶望した智絵里の表情に興奮してか、男達は一斉にと智絵里にへと殺到する。


「い……いやっ……!」


智絵里は前に手を突き出して抵抗する姿勢を見せるが、理性の失った相手に対し、それは無意味だった。


男達はあっという間に智絵里を組み伏せ、衣服に手を掛け、そして……









34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/24(月) 22:37:44.27 ID:CDqcHrar0



………


……









「……? どうか、しましたか? 何だか、プロデューサーさん……怖い顔、してます」


黙々と脳内で妄想を繰り広げていると、目の前に座っていた智絵里がそう言った。


その表情は恐怖と怯えの色が入り混じった様になっている。


という事は、智絵里がそうなってしまうぐらい、俺は険しい顔をしていたのだろう。


「あぁ、すまんな。ちょっと嫌なイメージを想像してしまってな」


俺は直ぐにそう言って、智絵里に対して謝った。






35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/24(月) 22:39:10.51 ID:CDqcHrar0

しかし……想像とはいえ、少々やり過ぎだったかもな。


自分で考えた事だけれども、はっきり言って、胸糞悪い気分になった。


これがもし、現実で起きたら……いや、考えたくは無いな。


何であっても、智絵里が知りもしない第三者に襲われてなんて欲しくは無い。


それに、智絵里が汚されるというのなら……他ならぬ、俺自身の手で汚してやりたい。


その役目を、他の誰かに明け渡して堪るものか。


「それで、あの……どう、ですか……?」


「うん? どう、って……何が?」






36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/24(月) 22:40:10.43 ID:CDqcHrar0

「えっと……汚れた私は、好きかどうかです。プロデューサーさん……まだ、答えてくれてません」


おぉ、そういえばそうか。


色々と考えてはいたが、きっちりと回答はしてなかったな。


「あぁ、悪いな。すっかり考え込んでいて、忘れてたよ」


そう言って俺は本日二度目の謝罪を、智絵里に向けて告げる。


「さて、そうだな……俺としては、汚れた智絵里はそんなに嫌いでは無いな」


「……そう、ですか」






37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/24(月) 22:42:03.89 ID:CDqcHrar0

俺が質問に答えると、智絵里は淡々とそう言って俺の言葉を受け止める。


あれこれと考えてはみたが、総評として、悪くは無いという結論に至った。


中には先程の様な悪いイメージもあった。


しかし、前半の様なイメージなら、割と問題は無い。


どんなに汚れきったとしても、俺は変わる事無く、智絵里を好きでいられるだろう。


……あぁ、だけれども。


この回答だけ言って終わるのも、何だか味気ないな。


だからこそ、俺は智絵里に向けて、更に言葉を紡ぐ。


「……なぁ、智絵里」


「……? 何でしょう」


「智絵里は『汚れた私は……』なんて言うけど……はっきり言うと、俺からすればそんなのどうだっていいんだ」


「どうだって、いい……?」


「あぁ。だって、俺は……」






38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/24(月) 22:43:01.49 ID:CDqcHrar0

「どんな智絵里だろうと、迷わずに愛せるからだ」


「……本当、ですか?」


「嘘を言ってどうするんだ。本当だよ」


少し声を震わせて尋ねる智絵里に、俺はそう言った。


虚飾も無い、俺の本心からの想いであるのだから、嘘のはずが無い。


「……え、えへへ……私、嬉しいです。プロデューサーさんに、そう言って貰えて……」


智絵里は表情を緩ませて、はにかんだ笑顔でそう言った。


そんな表情を見せられると、こっちもほっこりと嬉しい気分になる。


やはり、どんな智絵里だろうと、素敵である事に変わりは無いのだ。


だけど、まぁ……欲を言うのなら……


壊れて、愛の重い智絵里が一番だと……俺は思うな。


誰に何と言われようと、これだけは絶対に外せない。


汚れたよりも、可愛らしいよりも……俺にはそっちの方が、とても素晴らしく見えるのだ。






39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/24(月) 22:43:42.72 ID:CDqcHrar0

「……あの、プロデューサーさん」


と、邪念を抱いていると、智絵里からそう声を掛けられる。


「ん? どうした?」


「私……頑張って、プロデューサーさんに相応しい女性……いえ、アイドルになってみせます。だから……」






40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/24(月) 22:44:08.40 ID:CDqcHrar0







「その時まで……絶対に、見捨てないで下さい……ね?」







終わり






41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/24(月) 22:50:27.23 ID:CDqcHrar0

とりあえず、終わりです

何となく思いついて、何となく書いてみた

そんな感じの作品でした

私はどんな智絵里だろうと愛せれる自信はありますので、問題ありませんがね




元スレ
SS速報VIP:緒方智絵里「汚れた私は、お好きですか?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492205497/