8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/22(金) 01:26:12.66 ID:umsHAw1bo

金剛「……とうとう、この時が来てしまいましたね」

提督「ああ……」

金剛「提督、胸が張り裂けそうです」

提督「私もだが……覚悟は出来たのではないのか?」

金剛「出来てますよ。でも……痛いものは痛いです」

提督「そうか……少しでも楽にさせれたら良いのだが」

金剛「……こればかりは難しいですね」

救護妖精「……準備、出来たよ」

提督「分かった。私が合図をしたら……最後の一仕事を頼む」

救護妖精「……あいよ」

金剛「……もう、ほとんど時間は残されていませんね」

提督「そうだな……。何もかも、消えてしまうのだな」

金剛「そうです……。あんなに提督の事を想っていた瑞鶴と同じように、私も提督の事を忘れてしまいます……。しかも、その『私』は私ではなく、私に似ている『誰か』です……」

提督「…………」

金剛「……提督。約束を憶えていますか?」

提督「ああ、憶えているよ。最初はしっかりと寝る約束だったな」

金剛「あの後、しっかりと寝ましたか?」

提督「結局、三時まで仕事をしていたな」

金剛「やっぱり……。早速約束を破ってたのですね」

提督「だが、途中で仕事を辞めて寝たぞ。最低でも三時間は寝るべきだと判断した」

金剛「もう……。始めっから無茶をしていたのですね。……約束は守ったと見做します」

提督「ありがたい。──次に約束したのは、金剛の姉妹艦を見つけるというものだったな」



10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/22(金) 01:39:37.89 ID:umsHAw1bo

金剛「提督はしっかりと、比叡、榛名、霧島と逢わせてくれました」

提督「艦娘として逢わせてやりたかったのが心残りだ」

金剛「いいえ。榛名は悲しい結果になりましたが……比叡と霧島は争いに身を置く必要のない状態で逢わせてくれました。二人でも妹達が苦しい思いも悲しい思いもしなくて良かったのは、とても嬉しかったです」

提督「そう言ってくれるとありがたいよ」

提督「次の約束は、瑞鶴によって破る形となってしまったな」

金剛「でも、その後はずっと話してくれました」

提督「最後を除いて、な」

金剛「その最後もちゃんと話してくれたではありませんか。約束はしっかりと守ってくれました」

金剛「その次の約束は、まだ言ってもらってませんでしたね?」

提督「ああ。強い面はもう知っているだろうから省く」

提督「私の弱い面は、自分勝手で、尚且つ自分の命を軽視している点だ。こう見えても、私は死にたがりなのだよ」

金剛「……まったくそうは見えませんね」

提督「一緒に出撃していたのがその証拠だ。砲雷撃戦に巻き込まれて死なないだろうか、と心の底ではいつも思っていた。最初に資源を最大量で建造したのも、さっさと死にたかったからだ。戦力乏しく艦娘共々海の藻屑となったら、誰も自殺とは思わんだろう?」

金剛「まったく何を考えていたんですか……。…………でも、そのおかげで私達は出会えました」

提督「ああ。あの感情も一概に悪いと言えないと思っている」

金剛「ぅー……。それはなんだか納得出来ません……」

金剛「──あ……次の約束は、守れませんね……」

提督「お前は沈んでいないじゃないか」

金剛「でも……沈むのと変わらないじゃないですか……」

提督「戦姫を相手にしても沈まなかったのは、評価出来るんじゃないのか?」

金剛「あれはわざと沈めなかったらしいです……」

提督「……そうか。だが、結果的にお前はここまで来て沈まなかった。約束は守られているよ」

金剛「……はい!」



11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/22(金) 01:51:58.50 ID:umsHAw1bo

提督「次の約束だが……アレはどう判断するべきだろうな」

金剛「ちゃんと守ってくれたと私は思っています」

提督「そうなのか?」

金剛「しっかりと私達を頼ってくれましたし、出来る限り無茶はしなくなってくれました。私、あの時は本当に怒っていたのですよ?」

提督「鬼気迫る中、優しさがあったな。あのビンタは二重の意味で痛かった」

金剛「心にも、ですか?」

提督「心にも、だ。あの時から私の心は動かされ始めたのかもしれないな」

金剛「ふふっ。ビンタをした甲斐がありました」

提督「その後の約束はしっかりとこなしたよな?」

金剛「寝ていたと思ったらいきなり目が覚めるのですから、ビックリしましたよ?」

提督「疲れが取れたという証拠だ」

金剛「もう……」

提督「榛名に関したあの約束は、無効という事で良いのかな?」

金剛「はい。榛名は消えてしまうまで生きました。──提督のおかげです」

提督「いや、あれはバレていたようだ。本人の意思の強さのおかげだ」

金剛「……まったく気付きませんでした」

提督「妹に一枚やられたな」

金剛「……この問題をすぐになんとかするという約束は、しなかった方が良かったかもしれません。早過ぎます……」

提督「……仕方がない事だ。成るように成ってしまった」

金剛「そう、ですよね……」

提督「…………」

金剛「…………」

金剛「約束、全部守って下さいましたね」

提督「金剛も、な」



12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/22(金) 02:04:17.91 ID:umsHAw1bo

金剛「私のはたった一つじゃないですか」

提督「たかが一つ。されど一つ。約束を守った事には変わりない」

金剛「……沢山、約束していましたね」

提督「そうだな……」

金剛「……もう、約束が出来ないのですよね」

提督「ああ……もう、出来ないな……」

金剛「……提督、それでも一つだけ、約束してください」

提督「……なんだ?」

金剛「消えるまで、私の手を握って下さい」

提督「そんな事で良いのか?」

金剛「そんな事、ですか……?」

提督「──ほら」ヒョイッ

金剛「わ、わっ!」

那智「!!!」

金剛「て、提督……?」ドキドキ

提督「こちらの方がよろしいのでは? お姫様」

金剛「──はい!」ギュッ

提督「…………」ジッ

金剛「…………」ジッ

那智「……………………」フイッ

スッ──ちゅ……。

提督「…………」スッ

金剛「……逝きましょう」

提督「……………………ああ」



13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/22(金) 02:33:19.01 ID:umsHAw1bo

 カチン──。
 硬いボタンを押す音が聴こえた。それは、腕の中で微笑んでいる少女の終わりを告げる音──。
「……消え始めましたね」
 チラリと自分の足を見ながら、寂しそうに彼女はそう言った。
 白く細く長い綺麗な足は、既に足首から先が消えてしまい、膝小僧は薄っすらと半透明になっている。
 その進行は止まる事をしらないように、ゆっくりと蝕んでいた。
「提督」
 呼ばれたので金剛の顔へ向くと、彼女は笑顔を作っていた。
 痛々しかった。彼女を解放を止めたい衝動にも駆られた。
 だが、それは許されない。ここまで来て、最後の最後で足を止めるのは許されない。
「どうした?」
 だから、私も無理矢理に微笑んで彼女の透き通った灰色の瞳を見詰めた。
 その瞬間、悲しそうな顔をされる。どうやら彼女にはお見通しらしい。
 けれど、すぐにその表情を痛々しい笑顔に変え、彼女は言った。
「ありがとうございました」
 ズキン、と胸に痛みが走る。
 言って欲しくなかった言葉。お別れを告げる、胸に刺さる言葉だった。
 それは少女も同じなのだろう。目の端に、宝石のように光る粒が姿を現した。
「私、最高に幸せです」
 また、胸に痛みが走った。今度はさっきの比ではない。
 彼女が楽しかったであろう出来事──。
 彼女が嬉しかったであろう出来事──。
 彼女が幸せであったろう出来事──。
 思い当たる節が、いくらでも思い浮かんだ。
 そのどれも、もう与える事は出来ない。貰う事すら出来ない。
 彼女の身体は、もう腰の辺りまで消えてしまっている。残された時間は、あと僅かしかない。
「……………………」
 何か言わないと──。
 そう思えば思う程、頭が働いてくれない。
 飴玉が詰まったビンを逆さにしても出ないように、言いたい事や伝えたい事が、ここぞという時に出てきてくれない。
「…………」
 ほら、彼女は待ってくれている。私の言葉を待っている。何をボーっとしているんだ早くしろ。
 気持ちは焦るばかりで、逆に言葉は全く出てきてくれない。
 いつも偉そうにしている癖に、自分がこういう状況に陥ったら何も出来ないのか。
「……金剛」
 やっと出てきた言葉は、彼女の名前だった。
 陳腐なんてものですらない。まだ三流芝居の言葉の方が遥かに気の利いた言葉を紡げている。
 なのに、もう胸の辺りまで消えてしまっている少女は、笑顔になってくれた。溜まっていた涙は、決壊したかのように溢れている。
 ……なぜだ。なぜこんな一言でそんなに喜んでくれるんだ。
「最後が、提督の腕の中で良かった」
 もう、首も半分以上透けてしまっている。何をすれば良いのか分からない。何と声を掛けてやれば良いのか分からない。
 そんなどうしようもない馬鹿な私──。そんな馬鹿な私にも、一つだけ思い浮かんだ事があった。
「────っ!」
 許可も、前触れも、何もしなかった。そのせいか、金剛はとても驚いた顔をしている。
 奪うような、触れるだけの軽いキス──。
 私の知っている中で、彼女が一番幸せそうにしていたのがキスだった。そんな安直な考えで、私は唇で唇に触れた。
「──あはっ」
 さっきよりも輝かしい笑顔で、彼女は笑ってくれた。



14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/22(金) 02:33:46.69 ID:umsHAw1bo

「ありがとうございます、提督──」
 その笑顔も、もうほとんど見えやしない。ハッキリと見える部分は、もう……無い。
 だが、私の愛した少女が心の底から喜んでくれているのだけは分かった。
 そして──

 ──さよなら。

 その言葉を最後に、腕の重みが無くなった。
 手を握っても、腕を動かしても、何も抵抗が無い。
「……金剛」
 …………………………………………。
 愛した少女は、何も答えない。答える事すらも、出来ない。
「────っ!!」
 胸が痛む。
 耐えれない程、痛い。
 その場で膝を突く。固く握った拳を振り上げ、そのままコンクリートの床を殴った。
 殴った拳が痛い。だが、胸の痛みと比べるとなんでもない。
 目の前が滲む。視界がぼやける。
 守れなかった悔しさが、心を占めていた。
「……提督」
 救護妖精が話し掛けてきた。
「金剛、助けてあげな」
 ぼやけて良く分からないが、どうやら『金剛』の方へ指を差しているらしい。
 フラフラと、その言葉に従って『金剛』の入っているカプセルの前に立った。
 培養液は排出され、カプセルは既に開いている。中で倒れている『金剛』を、少しだけ見詰めた。
 けれど、培養液を吐かす為にすぐ処置に入る。
 吐かすのはもう慣れた。半ば作業的にその処置をし始めた──のだが。
「ァハッ! ケホッ──!!」
 少し吐かせた所で、彼女は培養液を自ら吐き出した。
 それに少しだけ驚いたが、すぐに背中を擦った。
「ぁ……う…………」
 粗方吐き終わったのか、弱々しい呼吸と共に『金剛』は目を薄っすらと開いた。
 金剛よりも長い髪を掻き分け、目に髪が入らないようにした。
 まったく同じ顔で、まったく同じ色の髪で、まったく同じ灰色の瞳の少女が、私を捉える。
 虚ろな目をしているのに、私をしっかりと捉えていた。
 何かを伝えようとしているようにも見える。
 なので、少しだけ耳を近付けてみた。
「…………………………て、いと……く…………」
 その半開きの口から、信じられない言葉が出てきた。
「────金剛?」
 少女の名で呼び掛ける。
 けれど、さっきの一言で力尽きたか、少女は瞼を落とした。
 細く、小さな呼吸で、彼女の身体は上下している。
「提督? どうしたのさ」
 救護妖精が聞いてきたが、彼はそれに反応出来なかった。
「金剛……」
 呼び掛けても、彼女は反応しない。
 しかし、彼の中で一つの光が見え始めた。

 ──希望という名の、一筋の光が。

……………………
…………
……



44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/22(金) 22:15:40.69 ID:umsHAw1bo

金剛「…………」

提督「…………」

金剛「……あの」

提督「なんだ?」

金剛「…………ここ、どこデスか。それに、なぜ私はこんな格好なのデスか」

金剛「──貴方は、誰デスか」

提督「────」

金剛「な、なんですか?」

提督「……いや、なんでもない。救護妖精、説明を頼んだ」

救護妖精「え? ちょ、ちょっと提督!」

提督「私は、この間の子達を連れて帰る」

救護妖精「待ってってば! どうしたのさいきなり!!」

提督「…………察してくれ」

救護妖精「だから、分かんないんだってば!」

提督「頼む……」

救護妖精「…………。ああもう……分かったよ」

提督「……すまない」ツカツカ

ガチャ──パタン

金剛「……どうしたのですか、あの人」

救護妖精「まあ、なんとなくは分かるんだけど、予想とは違ってたというかなんというか」

那智「同感だ。私も手厚く介護すると思っていたのだが……」

救護妖精「どうしたんだろうね……一体……」

金剛「…………?」

……………………。



45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/22(金) 22:16:54.59 ID:umsHAw1bo

金剛「……………………」

救護妖精「まあ、信用できないよね」

金剛「……可能性はある、という程度で留めていても良いデスか?」

那智「構わん。私も最初は信じていなかった」

金剛「貴女はどうして信じたのデスか?」

那智「最初は……まあ、負けたからというのがあったが、あの方の行動を見ていれば信用に足る人物だと思えた。それだけだ」

金剛「負けたって何をしたのですか……」

那智「勝手に外に出るなと言われたので反抗した。それを実力で捻じ伏せられただけだ」

金剛「捻じ伏せ……」

那智「攻撃を全て受け流され、頭を撫でられた」

金剛「……ホワッツ?」

那智「そのままの意味だ。その後、もう一悶着あったが……あれは屈辱だった」

救護妖精「それから急に大人しくなったよねぇ。借りてきた猫みたいにさー。最初から解放された内の一人だし、提督の事が気に入ったんだねぇ」

那智「……八つ裂きにされたいか?」

救護妖精「おーこわ」

ガチャ──

提督「では、私はこの子達を連れて行く」

雷「鎮守府、楽しみね!」

島風「ここよりももっと広い場所でかけっこ出来るなんて嬉しいよ!」

暁「貴女、本当にそればっかりね……」

電「元気の証拠なのです」

響「私も楽しみにしているよ」

──パタン

提督「那智。利根と一緒に…………その子を頼む」

那智「了解しました」ピシッ

提督「敬礼は必要無いといつも言っているだろう」

那智「……すみません」

提督「癖なのは分かるが、私はお前の上司でもなければお前は私の部下でもない。あまり人に敬礼はしない方が良い」

那智「はい……」




46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/22(金) 22:17:45.76 ID:umsHAw1bo

提督「……では、車を取りに行く。お前達はここで少しだけ待っててくれ」

雷「はーい! 待ってるわね、提督!」

電「いってらっしゃいなのです、提督さん」

ツカツカツカ──…………。

那智「利根はどうしている?」

島風「爆睡してるわよ。提督はいち……いちべき? …………チラッて見るだけだったね」

那智「またか……。まったく警戒心の無い……。それと、それは一瞥というんだ」

島風「いちべつ、ね! ありがとう!」

響「つまり、利根さんはそれだけ那智さんの事を信頼してるって事じゃないのかな」

那智「私には怠けているようにしか見えないな」

雷「そう? 結構途中で起きてるわよ、利根さんって」

那智「ほう?」

雷「私達が音を立てたら一瞬だけ起きて、すぐに寝てるわ!」

那智「……ふん。そういう事か。サボるのが上手い奴め」

暁「それって褒めてるの?」

那智「半分だけな」

暁「ふーん……?」

救護妖精(さて、そろそろスープが出来る頃かな)

……………………。



47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/22(金) 22:19:17.76 ID:umsHAw1bo

救護妖精「いやぁ、それにしても短かったようで長い生活だったねぇ」

那智「まったくな。だが、次でもうここでの生活はしなくて良くなる」

金剛「……あの」

那智「なんだ」

金剛「訊きそびれていたのデスガ、あの人が私を避けるようにした理由って何なのでショウか」

那智「……………………」

救護妖精「あー、うん……まあ、ねえ?」

那智「私に振るな」

救護妖精「えー……私が言わないといけないのー……?」

那智「私はほとんど知らない。後はお前しか居ないだろう」

救護妖精「でもねぇ……」

金剛「無理にとは言いまセン。どうしてもダメでしたら諦めマス」

救護妖精「うーん……まあ、説明は私に一任されてるし、いっかなぁ」

那智「正直に言うと、私も気になってる。ある程度の予測は付くが……」

救護妖精「んー……なら、提督には言わないでよ? きっと気にしちゃうから」

金剛「分かりまシタ」

救護妖精「んっとね。まずなんだけど、さっき言った艦娘っていうの憶えてるよね?」

金剛「はい」

救護妖精「で、各提督は艦娘を一人だけ秘書に就けるんだけどさ。提督の秘書が、艦娘の金剛だったんだよね」

金剛「私……ですか」

救護妖精「違うよ。貴女とは似て非なる存在。……まあ、色々あって、その秘書が提督に恋しちゃってねぇ」

金剛「え」

那智「…………」



48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/22(金) 22:19:45.92 ID:umsHAw1bo

救護妖精「そのアタックの末、提督と晴れて赤い糸で結ばれました。──でも、現実は残酷でねぇ。秘書の艦娘は貴女を解放する時に消えたのさ」

金剛「私を……解放したカラ?」

救護妖精「それが二人の望みでもあったみたいだしね」

金剛「望み……? どうしてデスか。せっかく結ばれたのに、どうして離れ離れになる事を望んだのデスか?」

救護妖精「それは私には分からないね。そこまで詳しい事は知らない。……ただ、やらないといけない事だったのは確かだよ」

金剛「…………」

救護妖精「貴女を解放しないと、沢山の艦娘の金剛が苦しい思いをする。だからじゃないかな」

金剛「……………………」

金剛「……他に、方法は無かったのデスか?」

救護妖精「無いね。あったらそれをやってるよ」

金剛「そう、ですか……」

救護妖精「あ、自分のせいだーとか思っちゃダメだかんね。これは仕方の無い事だったんだからさ」

金剛「…………」

救護妖精「……まあ、それだけは頭に置いといてよ。あたしも眠いから寝るねー。あそこにベッドがあるから、好きに使っちゃってー」テテテ

ガチャ──パタン

金剛「…………」

那智「…………」

金剛「…………」

那智「……どうした。ベッドで寝ないのか?」

金剛「いえ……。すみません、寝ますネ……」トコトコ

那智「……………………」

……………………
…………
……



61: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/24(日) 22:09:07.04 ID:w8HpxKyWo

金剛「…………」ボー

利根「うん? そんなに出口を見てどうした。出たいのならばもう少し我慢せい」

金剛「あ……いえ、あの人が中々来ないなぁと思いまシテ」

利根「今日は恐らく来ぬぞ?」

金剛「え? どうしてデスか」

利根「毎日来るという訳ではないからのう。この総司令部に用事がある時だけ来ているようじゃ」

金剛「そうデスか……」

利根「どうした? 気になるのか?」

金剛「……少し。私はまったく身に覚えのない事ですケド、あの人はそうではありませんよネ?」

利根「我輩も話を聞いただけでよくは知らん。じゃが、那智の奴が言うには恋仲らしいのう」

金剛「…………」

利根「金剛。お主、なぜ気になっておる?」

金剛「そりゃ……元は恋人でシタ、と言われて何も思わないなんて事はないデス」

利根「ふむ。好奇心か」

金剛「それとはまた違いマス。……でも、なんて言えば良いのか分かりまセン。寂しいような、悲しいような……とにかく、良く分からないデス」

利根(ふぅむ……。流石にまったく検討が付かん。どういうモノなのじゃ?)

金剛「あと……なんだか可哀想と思いまシタ」

利根「可哀想?」

金剛「ハイ。相思相愛のまま離れ離れになってしまうナンテ、可哀想デス……」

利根「…………」

金剛「それでしたら私は──」

利根「それはやってはイカン」

金剛「…………」

利根「お互い傷付くだけで誰のためにもならん。お主がどうしてそう思ったのかは知らんが、それだけは止めておいた方が良い」

金剛「……………………」

利根「…………」

金剛「ハイ……」

利根「まったく……」

……………………。



63: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/24(日) 22:26:30.26 ID:w8HpxKyWo

金剛「…………」ジー

那智「……飽きないのか?」

金剛「一応は……」

那智「ふむ……」

金剛「…………」

那智「…………」

金剛「…………」

那智「……少し訊いても良いか」

金剛「? なんでショウか」

那智「お前は、なぜそんなにあの人が気になっているんだ。ただ単に恋人だったからと聞いただけの反応だとは思えないが」

金剛「…………」

那智「それとも、恋人になりたいと思っているのか?」

金剛「………………いえ……」

那智「ハッキリしないな。もっと自分の考えを持っている奴だと思っていたのだが」

金剛「……私も、こんな気持ちは初めてデス。自分の事なのに自分の事が分からないナンテ……」

那智「……人は自分の事は良く分かっていない、という言葉もある。それでえはないのか?」

金剛「…………分からないデス」

那智「……そうか」

金剛「──え?」

那智「ん、どうした」

金剛「…………」ジッ

那智「……なんだ?」

金剛「……………………いえ。ごめんなサイ……なんでもありまセン……」

金剛「…………」ジー

那智(また出口を……。本当によく待てるな)

那智(……ずっとここで見張りと世話をしている私や利根も似たようなものか?)

金剛「…………」

金剛(あの人の事を考えると、とても不思議な気持ちになります。可哀想で、怖くて、優しそうで、悲しそうで──。沢山の感情がグルグル掻き混ざってます……)

金剛(私はあの人の事を知らない。なのに、なぜこんな気持ちになるのでしょうか……)

金剛(…………やっぱり分かりません。私はあの人の事を何も知らないのですから当たり前ですけど……)

金剛「はぁ……」

那智「…………」ジッ

金剛(恋人、ですか……)

那智「……………………」

……………………
…………
……



64: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/24(日) 22:34:36.33 ID:w8HpxKyWo

金剛「!」

利根「おお、提督殿。──なんじゃ、その空箱は?」

救護妖精「提督、終わったの?」

提督「ご苦労、二人共。──この空箱は後で説明する。そして、残念だがまだ終わっていない。海軍から身を引けるのはもう少し先になりそうだ」

救護妖精「そっか。頑張ってね」

利根「我輩達にも手伝える事があったらなんでも言ってくれ。出来る限り協力しようぞ」

提督「ありがたい。頼らせてもらうよ」

金剛「あ、あの!」

提督「──なにかね」

金剛「私も、手伝いマス!」

提督「そうか。その時は頼む」

金剛「────ぁ」

提督「なにかね」

金剛「い、いえ……何も、ありまセン……」

提督「……そうか」

金剛「ハイ……」

提督「さて、この施設の破壊の話を──」

ガチャ──パタン

那智「提督殿、来られたのですね」

提督「目を覚ませてしまったか。すまない、那智」

那智「いえ、大丈夫です。──それよりも、この施設を破壊すると仰っていましたが、どのように?」

提督「焼ける物を全て焼く。機械は文字通り破壊してしまえば良いだろう」

救護妖精「うげ……。ホルマリン漬けにしてるアレも焼くの……?」

提督「勿論だ。下手な処分をして再開されると困る」

救護妖精「まあ、そうだよねぇ……」

提督「今回は書類を運ぼう。この空き箱に詰めてくれ」

……………………。



65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/24(日) 22:35:08.07 ID:w8HpxKyWo

那智「……む」

那智(……困った。重くて不安定になりそうだな……)

利根「どうした那智。重くて持てぬと申すか?」

那智「馬鹿にするな。この程度、何も問題など、無い」フラッ

利根「……無理はせん方がよいぞ?」

那智「無理などしていない」フラッ

提督「那智、その箱を下ろせ」

那智「…………」

提督「…………」ジッ

那智「……分かった」ドサッ

提督「よろしい。代わりにこっちの箱を持ってくれ。──運ぶぞ」ヒョイ

那智「……………………むぅ」ヒョイ

利根「うむうむ。素直が一番じゃ」

那智「うるさい」

利根「那智は損をする性格じゃのう」

那智「余計なお世話だ」

利根「もっと素直になれば、提督殿も応えてくれよう」

那智「…………………………………………」

那智「……考えておく」

利根(お、少し素直になりおった)

提督「さあ、運ぶぞ」スタスタ

金剛「…………」トコトコ

金剛(一緒に作業をしているのに……物凄く疎外感がします……)

金剛(私……本当にここに居て良いのでしょうか……?)

……………………。



72: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/26(火) 04:51:28.42 ID:xHsj0Pkso

提督(満月の明るさに加えて無風か。これは綺麗に燃えてくれそうだ)

金剛「…………」ソッ

金剛「あの──」

提督「なにかね」

金剛「ひゃぅ!? きき、気付いていたのデスか!?」

提督「ああ。──それよりも、何か用か」

金剛「あ、えっと……何かお手伝い出来ないかな、と思いマシて……」

提督「特に無い。今日は燃やして消えるのを待つだけだ」

金剛「…………あの、見ていても……良いデスか?」

提督「寝なさい。朝に起きれなくなるだろう」

金剛「が、頑張って起きますカラ!」

提督「寝不足の状態で妹達の前に出るつもりか?」

金剛「う……」

提督「心配させたいというのならば話は別だが、その場合は無理矢理にでも寝付かせる」

金剛「ど、どうやってデスか?」

提督「…………」ジッ

金剛「──っ」ビクッ

提督「言わなければ分からないのならば、言うが」

金剛「…………」ビクビク

提督「……………………」

金剛「ぅ……」ビクビク

提督「…………」



73: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/26(火) 04:55:32.40 ID:xHsj0Pkso

提督「……すまない。怖がらせてしまった」フイッ

金剛「…………?」

金剛(今……後悔したような顔をしてました……?)

提督「寝なさい」

金剛「……あの」

提督「…………」

金剛「…………」

提督「……寝なさい」

金剛「…………はい」

提督「…………」

金剛「…………」

金剛「……ごめんなさい」

トボトボ……。

金剛「……あの」

提督「なにかね」

金剛「…………おやすみなさい」

提督「……ああ、おやすみ」

提督「……………………」

シュッ──ボッ──

提督「…………」

……チリッ

提督「…………」

チリチリッ──

提督(さすが古びかけた本。すぐに燃えてくれる)

金剛「…………」ソッ

提督(……それにしても、物陰に隠れているようだが、どうして金剛は帰らない。大方、救護妖精に私と『金剛』の事情を聞いたのが原因だろうが……)

提督(……一度、言うべきか。お前の気にする事ではない、と……)

提督(…………そうしよう。その方が良い)

……………………
…………
……



74: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/26(火) 05:00:05.12 ID:xHsj0Pkso

カリカリ──。

提督「…………」

提督(……朝礼の時間になっても誰一人来ないのは、寂しいものだな。……いずれ慣れる、か)

コンコン──。

提督「…………」

提督「入れ」

ガチャ──パタン

金剛「お、おはようございます」

提督「金剛か。なにかね」

金剛「えっと……秘書のお手伝い、したいなぁと思いまシテ……」

提督「問題無い。私一人で片付けれる」

金剛「で、でも大変ですよネ?」

提督「以前と違って前線に出る訳ではない。このくらいで丁度良い」

金剛「う……。ほ、ほら! 二人でやれば貴方もやりたい事が──」

提督「今の私にとっては、これがやりたい事だ。それに金剛、お前もやりたい事が出来なくなるのではないのか」

金剛「……これが、私のやりたい事デス」

提督「妹達を放っておいてまでか」

金剛「う……」

提督「家族は大事にしろ。良いな」

金剛「……はい」

ガチャ──パタン

提督「…………はぁ」

……………………。



76: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/26(火) 05:06:18.08 ID:xHsj0Pkso

コンコン──。

提督(また金剛か?)

提督「入れ」

ガチャ──パタン

瑞鶴「やっほー。遊びに来たわよ」

提督「私は忙しいのだが」

瑞鶴「なら手伝うわ。良いでしょ?」

提督「翔鶴や大和はどうした。仲が良いと思っていたのだが」

瑞鶴「二人は寝てるわね。私達、夜遅くまでお話してたもん」

提督「お前は寝なくて良いのか?」

瑞鶴「なんか目が覚めちゃってね。だからここに来たの」

提督「……何も手伝える事がない、と言ったらどうする」

瑞鶴「じゃあここに居させて? 仕事を見てる姿が見たいから」

提督「面白いか?」

瑞鶴「全然。──だけど、そうしたいと思ったの」

提督「……好きにするが良い」

瑞鶴「はーい。ソファ借りるわね」ポスッ

提督「…………」カリカリ

瑞鶴「ねー、何してるの?」

提督「仕事だ」

瑞鶴「そんなの見たら分かるわよ。どんなお仕事って事よ」

提督「旧帝国海軍が使っていた艦船に関する報告書の確認と、追加の指示の確認だ」

瑞鶴「良く分かんない」

提督「……そうか」

瑞鶴「あ、今の言葉もう一回言って?」

提督「…………そうか」

瑞鶴「なんだろ。それ懐かしい気持ちがする」

提督「……瑞鶴」

瑞鶴「なに?」

提督「紅茶を淹れてみないか?」

瑞鶴「紅茶? 淹れた事なんて無いわよ?」

提督「ダメか」

瑞鶴「うーん……まあ良いけど……」

……………………。



78: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/26(火) 05:11:03.96 ID:xHsj0Pkso

提督「…………」

瑞鶴「何これ美味しくない……。だから言ったでしょ? 淹れた事が無いって」

提督「すまなかった」

瑞鶴「なんでいきなり紅茶を淹れろって言ったのよ。いつも紅茶でも飲んでたの?」

提督「そんな所だ」

瑞鶴「ふぅん……」

提督「…………」ズズッ

瑞鶴「……でも、飲んでくれるんだ」

提督「紅茶を飲みながらの方が捗るからな」

瑞鶴「こんなに不味くても?」

提督「たまには良いだろう」

瑞鶴「……ふーん」

提督「どうした」

瑞鶴「なんでもないわ。じゃあ、ちょっと寝るわねー」

提督「……そこで寝るのか」

瑞鶴「そうだけど……。ベッドでも貸してくれるの?」

提督「そのつもりだ。ソファは寝心地が良くないだろう」

瑞鶴「……ちょっとだけ驚いた。優しいのね」

提督「優しくはないが、冷たい血を流しているとは思っていない」

瑞鶴「私が優しいって思ってるだけよ。勝手にそう思うくらいは良いでしょ?」

提督「……そうだな」

瑞鶴「──それじゃ、ベッドありがとね。眠たくなったら隣に入ってきても良いからねー」モゾモゾ

提督「…………」

瑞鶴「……少しくらい反応しても良いんじゃないかしら。女としての自信が無くなっちゃう」

提督「そんな事にはならないから安心して寝ると良い」

瑞鶴「つまんない返答……」

提督「…………」

瑞鶴「おやすみなさーい」

提督「おやすみ」

提督(……そんな都合の良い展開なんて無い。諦めるのが一番だ……)

……………………。



79: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/26(火) 05:17:40.48 ID:xHsj0Pkso

瑞鶴「ん……」

提督「…………」カリカリ

瑞鶴「くぁ……。おはよー……」クシクシ

提督「起きたか」

瑞鶴「今何時ー……?」

提督「十二時だ」

瑞鶴「そろそろお昼ねー。一緒に食べる?」

提督「キリが良い所までやってから行く。先に行っておくが良い」

瑞鶴「もー……仕事熱心ね」

提督「悪いか」

瑞鶴「ううん。良い事だと思うわよ。じゃあ、私待ってるわね」

提督「…………」

瑞鶴「悪い?」

提督「……いや、翔鶴や大和を放っておくのかと思ってな」

瑞鶴「あー……。ちょっと様子見てくるわね」

提督「ああ」

……………………。



80: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/26(火) 05:28:49.22 ID:xHsj0Pkso

コンコン──。

提督「入れ」

ガチャ──パタン

瑞鶴「ただいまー」

金剛「ハ、ハーイ……」

提督「……………………」

瑞鶴「あ、何よその顔。帰ってきたのがそんなにおかしい?」

提督「それもあるが、一人増えているように見えるのだが」

瑞鶴「うん。ここのドアの前で何か物凄く悩んでたの」

提督「……そうか。そして、何か用かね」

金剛「え、えっと……」

提督「…………」

金剛「い、一緒にご飯なんてどうでショウか」

提督「……キリの良い所になったら食堂へ行くつもりだ。どれくらい掛かるか分からん」

金剛「そう、デスか……」

瑞鶴「もう。それくらい良いじゃないの。ほらほら、行くわよ」グイッ

提督「あ、こら!」

瑞鶴「ちゃんと栄養を取らないと仕事も出来ないわよ。ほら立った立った」グイグイ

提督「…………」

金剛「ぁ……」

瑞鶴「ん、どうしたの二人共?」



81: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/26(火) 05:38:43.99 ID:xHsj0Pkso

提督「……いや、なんでもない…………」

金剛「わ、私もデス」

瑞鶴「どうもないって顔じゃないじゃない。ほら、言いたい事があるのなら言う。それで少しはスッキリするでしょ?」

提督「…………」

金剛「…………」

瑞鶴「ほら、まずは貴方から」

提督「……………………懐かしくてな」

瑞鶴「明らかに懐かしいじゃなくて悲しそうな顔だったじゃないの……。本当にそうなの?」

提督「ああ……」

瑞鶴「ふーん……? 金剛さんは?」

金剛「私もデス……。それと、なぜかは分からないのデスが、何か取られたような気がしまシタ……」

瑞鶴「取られた……? 金剛さんも良く分からない事を言うのねぇ……」

瑞鶴「で、さ。ちょっと訊きたい事が出来たんだけど良いかしら」

提督「内容による。まずは言ってみてくれ」

瑞鶴「さっきさ、悲しい顔をする一瞬だけ目に光が宿ってたけど、それも懐かしくてなの?」

提督「自覚していないから何とも言えん」

瑞鶴「そっか。何があったのか分からないけど、何かあったら言ってね? 力になるから」

提督「……憶えておく」

瑞鶴「うんうん。──それじゃあ、食堂に行きましょ!」

……………………。




82: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/26(火) 05:47:11.03 ID:xHsj0Pkso

コンコン──。

提督「入れ」

ガチャ──パタン

雷「提督さん! 遊びに来たわよ!」

電「あの、もしかしてお忙しいですか?」

島風「私、かけっこしたいな!」

暁「提督さん一位、島風二位の独占順位になるのが目に見えてるわよ」

響「提督、良いかな」

提督「かけっこは出来ないが、雑談には付き合える。それで良いか?」

雷「勿論よ!」

島風「私も異議なーし!」

提督「なら、紅茶を淹れてくる。少し待っていなさい」

……………………。

電「美味しいのです。苦味と甘みが一緒になって、チョコレートみたいなのです」コクコク

響「うん。甘いお菓子と一緒だと、紅茶に砂糖は入れないくらいが丁度良いね」カリカリ

暁「そう? どっちも甘い方が美味しいわよ」コクコク

島風「私も紅茶に砂糖を入れない方が良いかなー」カリッ

雷「暁だけお子様ね!」コクコク

暁「お子様言うなぁ!」

提督「楽しみ方は人それぞれだろう。気にする事はない」ズズッ

暁「ほら! 提督さんもこう言ってるじゃない!」

響「ん、ごめんよ。──ところで、提督はどうしてお菓子に手を付けないんだい?」

提督「私は甘い物が苦手だからな」

雷「好き嫌いは良くないわよ?」

提督「いや、私の身体は糖分を受け付けないらしい。一種のアレルギーだと思ってくれ」

電「大変なのです……」

提督「もう慣れたよ。だから、私はあまり運動してはいけないんだ」

響「だから最初に会った時、許可が必要って言ってたんだね」

提督「そういう事だ」



83: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/26(火) 05:58:03.20 ID:xHsj0Pkso

島風「んー……じゃあかけっこはいいや」

提督「許可が下りたら構わん」

島風「よく分かんないけど、提督にとって運動するのって危ないんでしょ? だったら私はかけっこしたくないな」

提督「……優しいな、島風」

島風「そんな事ないよー。私は人を危ない目に合わせたくないだけだもん」

提督「そう言えるのは立派だ」

島風「んー…………ありがと?」

提督「うむ」

雷「でも、不思議ね? お砂糖を摂っちゃダメだなんて」

提督「世の中には水がアレルギーの人間も居るらしい。そう考えたら糖分が受け付けられないというのも不思議ではなかろう」

電「お水がダメな人が居るのですか!?」

響「それは……すぐに死んでしまうんじゃないのかな」

提督「あくまで聞いた話だ。真実かどうかは知らない。だが、その人は果汁百パーセントのジュースか牛乳を一日でコップ三杯までしか飲んではいけないらしい」

暁「たったの三杯だなんて……」

島風「私は絶対に耐えれない自信がある」

雷「大抵の人はそうだと思うわよ?」

提督「世の中には色々な人が居るという事だ」

電「私も茄子が苦手なのはアレルギーだったりは……」

提督「ないな」

響「ないね」

雷「ないわね!」

暁「好き嫌いよね」

島風「好き嫌いね」

電「はわわわわ……。皆イジワルなのです……」

提督「茄子が苦手な子でも美味しく食べられるように間宮に伝えておく。好き嫌いは克服しような、電」

電「うぅ……はいなのです……」

雷「──あら。紅茶が切れちゃったわ」

提督「新しく淹れてこよう。……まだ飲みたい子は居るか?」

全員「はーい!」

提督「全員だな。では今度は少し多めに作ってこよう」

……………………。



108: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/26(火) 23:49:43.69 ID:xHsj0Pkso

コンコン──。

提督「入れ」

ガチャ──パタン

金剛「お邪魔しマス……」

提督「金剛か。なにかね」

金剛「あの、やっぱりお手伝いをしようと思って来まシタ」

提督「妹達はどうした」

金剛「事情を話したら三人共納得してくれまシタ。今度は大丈夫デス」

提督「……そうか」

金剛「あの……ダメ、デスか?」

提督「…………」

金剛「…………」

提督「……なら、少し話し相手になってくれ。休憩をしようと思っていた所だ」

金剛「──はいっ!」

提督「金剛、紅茶は淹れられるか?」

金剛「得意デス! 提督さんは紅茶がお好きなのデスか?」

提督「ああ。執務中には紅茶を欠かさない程にな」

金剛「ワオ……相当ですネ……。──すぐに淹れてきマス! 少し待ってて下サイ!」

提督「期待しているよ」

……………………。



109: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/27(水) 00:14:09.76 ID:VC3RhkFKo

金剛「! この茶葉、質の良い茶葉デスね」コクコク

提督「ああ。紅茶に少し縁があってな。茶葉は出来るだけ良い物を使うようにしている」ズズッ

金剛「このクッキーも美味しいデス。甘みが無いのに、なぜかとっても優しい味がします」サクサク

提督「……まあ、な」

金剛「どうかなさいまシタか?」

提督「いや、なんでもない」

金剛「…………?」

提督「ところで、どうしてそんなにも私を気に掛ける」

金剛「…………」

金剛「それは……その……」

提督「理由にも因るが、基本的には怒らないから安心したまえ」

金剛「ハイ……。えっと、その……ですね? なぜか気になるというか……放っておけないというか……。そんな感覚がするのデス」

提督「……ふむ」

金剛「救護妖精からも少しお話を聞きまシタ。ケド、それだけが理由ではありまセン。もっと別の、良く分からない何かが私を動かしていマス」

提督「良く分からない何か、か」

金剛「ハイ……。残念ながら、私にはそれが何なのか分かりまセン……。漠然としていて、自分でも不思議なのデス」

提督「……そうか」

金剛「予想は……付きますケド……」チラ



111: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/27(水) 00:36:48.49 ID:VC3RhkFKo

提督「それは本当の気持ちではない。人は異常な状況下では相手の言葉を信用しやすい。それ以外、情報が無いからな。お前も恐らくそれが原因だろう」

金剛「そう、なのでしょうかネ……」

提督「そういうものだ。だから、艦娘の金剛が私と特別な関係であった事は気にしない方が良い」

金剛「……貴方は、それで良いのデスか?」

提督「覚悟の上で解放した。受け入れている」

金剛「…………」

提督「だから、私の事を気に掛ける必要はない。お前はお前で好きなように生きろ」

金剛「私の好きなように……」

提督「そうだ。お前と私の関係は、少しの間だけ一緒の鎮守府に居た……それだけだ」

金剛「それは違います!」

金剛「私は貴方が居なければ、ずっとあの場所であのままの状態でした。貴方は、私にとって恩人です」

提督「だが、新しい生活を始めれば、自然と離れていく。私も少しばかり疲れたからな。ひっそりと暮らしたいのだよ」

金剛「……そこに、私が居てはいけませんか?」

提督「お前が妹達を放っておけるとは思えんな」

金剛「ぅ……」

提督「そこの所はどうする気だ」

金剛「……説得しようと思っていました」

提督「ほう。説得か。残された者は悲しむぞ」

金剛「…………」



112: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/27(水) 00:58:14.25 ID:VC3RhkFKo

提督「そもそも、なぜ私に拘る? お前にとっての私は変態提督程度のものだと思っていたのだが」

金剛「だって……気になるのです……」

提督「気になる?」

金剛「なぜかは分かりません……。でも、私は誰かに言われたからではなく、私自身が貴方を気にしています」

金剛「根拠なんて、無くても良いじゃないですか……。私だってこんな気持ちになるのは初めてです……。そう思うのは、ダメですか……?」

提督「…………ダメではない。が、振り回されるなよ」

金剛「……はい!」

金剛「────あ……」

提督「なんだ?」

金剛「いえ……私は、自分の好きなようにすれば良いのですよね?」

提督「そうだ。自分の好きな事をして良い」

金剛「なら、今の私のやりたい事を手伝って貰って良いでしょうか」

提督「内容に因る。まずは言ってみなさい」

金剛「私は、貴方の秘書と同じ事をしたいです」

提督「…………なぜだ?」

金剛「この気持ちを確かめる為です。本物なのか、それとも人の言葉に惑わされたものなのか──」

金剛「──愛情に似ている、この気持ちを」

提督「……好きにすれば良い」

金剛「では──!」

提督「だが、私は非協力的に接する。何かをするのは自由だ。それにも付き合おう。だが、私から何か助言をする事はないと思え」



113: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/27(水) 01:19:38.13 ID:VC3RhkFKo

金剛「充分です!! ありがとうございます!」

提督「……礼を言われるような事をしたつもりはないのだがな」

金剛「私にとっては、それだけでも有り難い事なのです」ニコニコ

提督「…………そうか」

金剛「お仕事はまだ残っていますよね? 新しく紅茶を淹れてきます!」スッ

提督「……………………」

金剛「あ……ダメでしたか?」

提督「……いや、構わない」

金剛「やった! では、少々お待ち下さいね!」タタッ

提督(……金剛は金剛、という事か。あの明るさにはどうしても押されてしまうな……)

……………………。

金剛「♪」ニコニコ

提督「…………」ズズッ

提督「……………………」ジッ

金剛「あ、あれ……? お口に合いませんでシタか?」

提督「金剛、そっちの紅茶を飲ませてみろ」

金剛「え……」

提督「……やっぱりな。お前、自分のは出涸らしを使っているだろう」

金剛「な、なぜ分かったのですか……?」

提督「なんとなく、な」

金剛「うぅ……」

提督「これからは使えなくなるまで出涸らしを使え。無論、私のもだ」

金剛「ハイ……」

提督「分かれば宜しい」カリカリ

金剛「…………」

提督「…………」カリカリ

金剛「…………」ウズウズ




115: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/27(水) 01:39:08.02 ID:VC3RhkFKo

提督「……なにかね」

金剛「私も何か手伝いたいデス」

提督「そうか。何が出来る」

金剛「え!? え、えーっと……………………書類整理、デスかね……?」

提督「…………」

金剛「ほ、他に何か出来そうな事があったら仰って下サイ!」

提督「……いや、それで構わない。やりたいのならば頼もう」

金剛「────! はいっ! 喜んでやらせて頂きマス!」

提督「…………」

金剛「あ、そういえば……貴方の事はなんてお呼びすれば良いでしょうか」

提督「好きにしてくれ。私は特に拘っていない」

金剛「では、テートクとお呼びしますね」

提督「……………………ああ」

金剛「やった! ──テートク、この書類ってどのように分ければ良いのデスか?」

提督「左上に担当部署の名前が書いてある。それの通りに分けてくれ」

金剛「ハイ!」

提督「…………」カリカリ

金剛「~♪」テキパキ

……………………。

提督「ふむ。終わったか」

金剛「……あれ?」

提督「なにかね」

金剛「いえ……もっと時間が掛かるものだと思っていましたノデ……」

提督「拍子抜けした、と」

金剛「ハイ」

提督「こういう日もある。次もこうなる訳ではない」

金剛「──はいっ! 今後も頑張りマス!」

提督「……ああ、頼む」

……………………
…………
……



144: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/27(水) 23:18:55.15 ID:VC3RhkFKo

コンコン──。

提督「入れ」

ガチャ──パタン

瑞鶴「こんばんは、提督さん」

提督「瑞鶴か。どうした、こんな時間に」

瑞鶴「提督さんに会いに来たのよ」

提督「……そうか」

瑞鶴「迷惑だったら言ってよ? 私、バカだからそういうのよく分かんないのよ」

提督「迷惑ではないから安心しておけ」

瑞鶴「……艦娘の私も同じ事してた、とか?」

提督「…………ああ」

瑞鶴「正直なのね」

提督「故に馬鹿を見るがな」

瑞鶴「良い事じゃないの。私、そういうバカは好きよ」

提督「……そうか」

瑞鶴「あ、異性として好きって意味じゃないからね? 勘違いしちゃダメよ?」

提督「そうか」

瑞鶴「……なんで少しホッとした感じになってるのよ」



146: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/27(水) 23:39:37.61 ID:VC3RhkFKo

提督「救護妖精にお前と私の関係を訊けば分かる」

瑞鶴「救護妖精さん?」

提督「私以上にお前と私の関係を知っている。私が知らない真実も知っているだろう」

瑞鶴「ふーん……? いまいち納得できないけど、明日になったら聞いてみるわね」

瑞鶴「ところで、一緒に寝て良い?」

提督「……会いに来た理由はそれか」

瑞鶴「そうよ。ねぇねぇ、一緒に寝ましょ?」

提督「断る」

瑞鶴「女の子の誘いを断るの?」

提督「私は心に決めている者が居る。だから無理だ」

瑞鶴「へぇ……結構意外ね」

提督「私とて人だ。恋くらいする」

瑞鶴「ふぅん」ニヤニヤ

提督「……なんだ、その反応は」

瑞鶴「なんだか嬉しくなったの。なんでかは分からないんだけどね」

提督「……そうか」

瑞鶴「まあ、そういう事なら仕方がないわね。また今度の機会にするわ」

提督「機会は無いと思うがな」

瑞鶴「あら、いつ提督さんの気が変わるか分かんないじゃないの。その時が来るまでゆっくり気長に待つわ」

提督「…………」

瑞鶴「じゃあおやすみ、提督さん」

提督「……ああ、おやすみ」

ガチャ──パタン

提督「色々と、心が痛むな……」

……………………
…………
……



147: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/27(水) 23:57:39.09 ID:VC3RhkFKo

救護妖精『ん? 艦娘の金剛の部屋?』

救護妖精『んー……まあ、なんとなく理由は分かるけど、無理はしないようにね。紙に書くよ。……ほい、これだよ』

金剛(ここが『金剛』のお部屋デスか……)スッ

金剛(──っと、今は誰も使っていないのでシタね)

ガチャ──パタン

瑞鶴「──え?」

金剛「え?」

瑞鶴「どうしたのよ、こんな所に来ちゃって」

金剛「あ、あれ……?」

瑞鶴「ああ、もしかして金剛さんもこの部屋で手掛かりが見つかると思って来たの?」

金剛「そうですけど、瑞鶴もデスか?」

瑞鶴「うん。私はダメだったけどね」

金剛「そう、デスか……」

瑞鶴「そっちが金剛さんの──違った。艦娘の金剛さんが使ってたベッドよ」スッ

金剛「ありがとうございマス。──って、なぜ知っているのですか?」

瑞鶴「私、艦娘の金剛さんに会ってるのよ」

金剛「!」

瑞鶴「と言っても、私は邪魔だったみたいだけどね」

金剛「邪魔?」



148: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/28(木) 00:19:12.19 ID:ko+4+1lBo

瑞鶴「んーとね、艦娘の金剛さんは艦娘の私を大切な人のように扱ってたみたいなの。私がここに来た時、物凄く悲しそうな顔をしていたわ」

瑞鶴「そんな大切にしていた人と見た目や声がまったく同じ別人が来たら、そりゃあ悲しむわよね」

金剛「……あの」

瑞鶴「なーに?」

金剛「その人の知っている事を、教えてもらって良いでしょうか」

瑞鶴「私よりも提督さんに聞いた方が良いと思うわよ?」

金剛「テートクは教えてくれませんでした。そして、救護妖精も……。だから、今この鎮守府で頼れるのは瑞鶴しか居ないのです。お願いします」ペコッ

瑞鶴「……頭、下げないでもらって良いかしら」

金剛「ですが……」

瑞鶴「良いから」

金剛「……はい」スッ

瑞鶴「私ね、金剛さんに頭を下げられるのが嫌なの」

金剛「そうなのですか?」

瑞鶴「まあ、実は良く分かってないんだけどね。なんか嫌なの」

金剛「は、はあ……」

瑞鶴「あと……悪いんだけど私も何も知らないの。せいぜい、人が良いってくらいしか分かんなかった」

金剛「人が良い……ですか」

瑞鶴「うん。本当にそれくらい……。ごめんね、役に立てなくて」



150: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/28(木) 00:45:00.18 ID:ko+4+1lBo

金剛「いえ、何も知らなかったので嬉しいです。ありがとうございます」

瑞鶴「それより、いつまでそこで立ってるの? ベッドにでも座ったら良いじゃないの」

金剛「……いえ、私はこのベッドを使う資格はありません」

瑞鶴「?」

金剛「このベッドは……艦娘の金剛が使う為のベッドです。テートクも、私が使うのを良くは思わないでしょう」

瑞鶴「…………」

金剛「だから、私はこの部屋を見て回るだけで充分です」

瑞鶴「……ほーんと、貴女には敵わないわ」

金剛「え?」

瑞鶴「ううん。独り言よ。気にしないで」

金剛「はぁ……」

瑞鶴(敵わない、か……。なんでだろ。そう思った事も、少しだけ悲しい気持ちになったのも、どうしてかしらね)

金剛「……この本は、瑞鶴の物デスか?」

瑞鶴「ん? 違うわよ。たぶんこの部屋を使ってた人のだと思う」

金剛「そうですか。……随分と偏った種類の本ですネ?」

瑞鶴「そうなの? ──うわ。海上戦術と気遣い心配りって本ばっかり」

金剛「おまけに物凄い栞の数デス……」

瑞鶴「すっごい読み返したのね……」



151: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/28(木) 01:05:49.38 ID:ko+4+1lBo

金剛「なぜこんなに偏ってるのでショウか……」

瑞鶴「さあ……」

金剛「海上戦術は分からなくもないデスガ……」

瑞鶴「それ以外の本は本当にどうしてあるのか分からないわね……。──あ、紅茶の本がある」

金剛「あ、本当デス」

瑞鶴「……これも随分と栞が多いわね」

金剛「よっぽど勉強していたのでショウね」

瑞鶴「頑張るわねぇ……」

金剛「関心しマス」

瑞鶴「でも……」

金剛「どうしまシタ?」

瑞鶴「この本見てると……なんだか辛い」

金剛「…………?」

瑞鶴「私、この本と何か縁でもあるのかしら」

金剛「……読んでみると、何か分かる事があるかもしれまセンよ?」

瑞鶴「そうね。今度読んでみる」

金剛「私も、この海上戦術という本が気になりマス」

瑞鶴「……よくそんなものに興味が沸くわね」

金剛「自分でも不思議デス……」

……………………
…………
……



177: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/29(金) 18:56:06.98 ID:lJQ8B2bOo

金剛「~♪」

響「ん、金剛さん?」

金剛「ハイ、響! 今日も良い天気ネー!」

響「随分と機嫌が良いみたいだけど、何か良い事でもあったのかな」

金剛「クッキーが上手く焼けたデース! 今日のクッキーは会心の出来ネー!」

響「へぇ。金剛さんってお菓子を作れるんだね」

金剛「イエス! 紅茶のお茶請けに甘い物は欠かせまセーン」

響「あっちに向かっているという事は、提督と一緒に食べるのかな?」

金剛「そうですヨー。頭を使うお仕事をしていますから、糖分の補給は大事デース」

響「……残念なお知らせがあるんだけど、提督は甘い物が食べられない体質だよ」

金剛「──え?」

響「部屋の皆と一緒に遊びに行った時、本人から直接聞いたんだ。アレルギーみたいなものだと思ってくれって言ってたよ」

金剛「…………ありがとうございます、響! お礼にこのクッキーを差し上げます!」スッ

響「え? でもこれは……」

金剛「ノープロブレム! とても良い情報を下さいました! これはそのお礼デース!」

響「……良いのかな?」

金剛「ハイ! ──味は保障しマース。お茶請けにいつも作っていますからネー。何かクッキングしてほしいお菓子があれば何でも言って下サーイ! 私が作れる物なら何でも作るヨー!」

響「う、うん」

金剛「それでは! グッバイ響!」タタタ

響「…………」

響(無理をしてるって分かるよ、金剛さん……)

……………………。



178: 余ってたのに気付かなかった。ちくせう。 2013/11/29(金) 18:57:02.52 ID:lJQ8B2bOo

提督「それでビタークッキーを作ってきた、と」サクッ

金剛「ハイ! 作るのは初めてですケド……どうでしょうか。お口に合いますか?」

提督「……ああ、美味いよ」

金剛「やった!」

提督(──まったく同じ味だよ、金剛…………)

金剛(あまり美味しくなかったようですね……。もっと頑張らないと……)

……………………
…………
……



182: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/29(金) 19:26:52.00 ID:lJQ8B2bOo

金剛「テートク、そろそろ二時になりますケド、お身体は大丈夫デスか?」

提督「……ふむ、もうそんな時間か。金剛、今日はもう寝なさい」

金剛「テートクが眠るのならば私も寝マス」

提督「キリの良い所まで終わらせてから寝る」

金剛「では、私も付き合いますネ」

提督「比叡や榛名、霧島が寝ずに待っているかも知れんぞ」

金剛「あの三人には事情を話していますから大丈夫デス」

提督「そうか。では命令だ。寝なさい」

金剛「な、なぜデスか!?」

提督「健康に関わる。お前が体調を崩しでもすれば、皆が心配するだろう」

金剛「う……」

提督「分かったか」

金剛「…………」

提督「…………」

金剛「……それでも、起きていマス」

提督「どうしてだ」

金剛「テートクがちゃんと寝るかの確認デス。体調管理も仕事の内デスよ」

提督「……………………」ジッ

金剛「っ」ビクッ

提督「もう一度言う。寝ろ」

金剛「あ、あの……」

提督「なんだ」

金剛「ごめんなさい……」ビクビク



184: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/29(金) 19:59:40.73 ID:lJQ8B2bOo

提督「…………」

提督「……すまない」ポン

金剛「っ!」ビクン

提督「怖がらせてしまった」ナデナデ

金剛「…………」ビクビク

金剛「…………?」

提督「良いから、今日は寝なさい。……少し、一人で考え事もしたい」スッ

金剛「……はい…………ごめんなさい……」

提督「お前は何も謝らなくて良い。私が悪い」

金剛「…………」

提督「おやすみ、金剛」

金剛「………………はい。おやすみなさい……テートク……」

ガチャ──パタン

提督「……さっさと気持ちを落ち着けたらどうなんだ、私よ。あの子には何の罪も無いだろう……」

……………………。

金剛「…………」

カチャ──ソッ

榛名「あ、おかえりなさいませ金剛お姉様」

金剛「──え?」

霧島「待ちくたびれましたよ。さあ、一緒に寝ましょう」

比叡「私、お姉様の隣が良い!」

霧島「また一緒に寝るつもりですか? 本当に金剛お姉様が好きですよね」



185: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/29(金) 20:22:03.72 ID:lJQ8B2bOo

金剛「……なぜ三人共起きているのデスか?」

榛名「金剛お姉様を放っておいて寝るなんて出来ません」

比叡「気合入れて起きていました!」

霧島「そういう事です」

金剛「三人共……」

比叡「一番必死に眠気を抑えていたのは霧島だったよね」

霧島「ちょっ! 恥ずかしいですから言わないで下さい!」

榛名「ふふっ。顔が真っ赤」

霧島「は、榛名まで……!」

金剛「──あはっ。待たせちゃってごめんネ? 今日は四人で寝まショウ!」

比叡「本当ですか!?」

榛名「比叡お姉様、声が大きいです」

比叡「っとと……」

霧島「それよりも、順調に進んでおられますか?」

金剛「へ? 何の話デスか?」

霧島「お昼に言っていた、記憶を取り戻すという話です」

金剛「ぁー……。いまいち成果が現れないデス」

榛名「そうですか……。」

金剛(姉思いの妹を持てて、私は幸せデス)

金剛(……そうデスね。今度、テートクと一緒に寝てみまショウ。それで何か思い出せるのなら──)

金剛「…………?」

金剛(私、なぜこんなにも焦っているのでしょうか……?)

……………………
…………
……



186: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/29(金) 21:20:21.89 ID:lJQ8B2bOo

コンコン──。

提督「入れ」

ガチャ──パタン

金剛「テートクー!」

提督「……どうした。やけに機嫌が良いようだが」

金剛「間宮さんがスコーンを作ってくれたのデース!」

提督「……ほう」

金剛「お仕事の手を一旦止めて、ティータイムしまショウ! ね? ね?」

提督「…………」

金剛「──あ、ダメ……でしたか?」

提督「……いや、丁度休憩に入ろうと思っていた所だ」

金剛「ナイスタイミング! 早速紅茶を淹れてきマスね!」

提督「ああ……」

……………………。

金剛「ん~! おいしいっ! やっぱりクリームティーは一番ネー!」

提督「本当に好きだな」

金剛「ハイ! 特にこのクロデッドクリームなんて濃厚で最高デス!」サクサク

提督「……プレーンも美味いぞ」サクサク

金剛「そうなのデスか? では……」サクサク

金剛「……………………」

提督「どうした」

金剛「い、いえ……えっと……その…………」

提督「甘みが無くて食べられない、か」

金剛「うぅ……ハイ……。まったく砂糖が入っていないスコーンをプレーンでは……」



187: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/29(金) 21:29:05.81 ID:lJQ8B2bOo

提督「……悪かった」

金剛「私は素直にジャムとクリームを付けて食べマス……」

金剛「……ところで、テートクは本当に砂糖がダメなのデスか?」

提督「ああ。アレルギーみたいなものと思ってくれ」

金剛「それって……身体は大丈夫なのデスか?」

提督「無事ではない。私は常に低血糖という症状と隣り合わせだ」

金剛「あ、聞いた事がありマス。目の前が緑色の世界になって倒れるのデスよね?」

提督「…………」

金剛「あれ……違いまシタか?」

提督「……いや、私の場合はそれで合っている」

金剛「?」

提督「詳しい事は救護妖精に聞くと良いだろう。病気の専門家だからな」

金剛「は、はい……」

金剛「……あの、もしテートクが低血糖で倒れたら、私がしっかりと介抱します。だから、安心していて下さい」

提督「…………」

金剛「…………?」

提督「……ああ、その時は頼むよ」

……………………。



188: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/29(金) 21:29:34.53 ID:lJQ8B2bOo

救護妖精「低血糖時の応急手当?」

金剛「ハイ。知っているつもりデスガ、間違っていたら危ないので確認しにきまシタ」

救護妖精「ああ、提督が低血糖だからだね?」

金剛「ハイ」

救護妖精「じゃあ教えておくね。無いだろうけど、あたしが居ない時はお願いするよ」

救護妖精「意識があったらブドウ糖……はそんな簡単に手に入らないだろうから、角砂糖六個くらいを飲み込んでもら

ったらそれで良いよ。でも、意識が無い場合はその角砂糖を磨り潰して、水に溶かさず歯茎と唇の相手に塗りこんでお

く。十分から十五分くらい経っても回復しないようだったらもう一回同じ事をしたら良いよ」

金剛「その際は頭を少し垂れさせるべきでシタっけ」

救護妖精「一応はね。だけど、提督に対しては絶対にだよ。提督は意識が戻った時に吐く可能性があるから、喉に吐瀉

物が詰まったら危ないからね」

救護妖精「あと、なんで飲み込ませなくても良いかは知ってる?」

金剛「口の粘膜で糖分が吸収できるカラ、ですよネ?」

救護妖精「うん正解。大丈夫みたいだね」

金剛「合っていてホッとしまシタ……」

救護妖精「うろ覚えの知識で対処するのが一番危険だからね。確認するのは良い事だよ」

金剛「ありがとうございました」ペコ

金剛「──ところで、低血糖の時って緑色の世界になって倒れるのはなぜデスか?」

救護妖精「んー? 必ず緑色って訳じゃないよ」

金剛「そうなのデスか?」

救護妖精「ブドウ糖の不足によって脳に障害が出るから、その時によって変わったりもするし、個人差もあるよ。人に

よっては紫っていう人も居るし何も変わらないっていう人も居るしね」

金剛「…………」

救護妖精「どしたの? なんか難しい顔しちゃって」

金剛「い、いえ。なんでもありません」

救護妖精「ふーん? ま、応急手当が終わったら必ず私を呼ぶんだよ。応急手当はあくまで緊急手段なんだからさ」

金剛「ハイ。その時はお願いしマス」

救護妖精「あいよ。他に聞きたい事はあるかい?」

金剛「今の所はありまセン。また知りたい事が出来たらお訪ねして良いデスか?」

救護妖精「良いよー」

金剛「ありがとうございます! ──では、失礼しマス」

救護妖精「またねー」

ガチャ──パタン

金剛(……緑色の世界になるって、どこで知ったのでしょうか? …………思い出せません)

……………………
…………
……



220: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/01(日) 14:59:26.21 ID:X0BSBW2Po

瑞鶴(昨日、救護妖精さんに私と提督さんの事を聞くの忘れてた……。ダメだなぁ私……なんでこんなに忘れっぽいのかしら……)

コンコン──。

救護妖精「はいよー」

ガチャ──パタン

瑞鶴「失礼します」

救護妖精(んー……なんだか嫌な予感がするねぇ……)

瑞鶴「私と提督さんの事について、聞きたい事があるの」

救護妖精(予感的中。どうして嫌な予感って当たるんだろうねぇ……)

救護妖精「貴女と提督がどうしたっていうのさ」

瑞鶴「提督さんが、救護妖精さんなら知ってるって言ってたの」

救護妖精「ああ……これは言い逃れ出来ないってやつだね……。しょうがない……話すよ」

救護妖精「単刀直入に言うと、貴女と提督は兄妹なのさ」

瑞鶴「……はぁ!?」

救護妖精「ついでに言うと、大和が貴女達の母親」

瑞鶴「え、っちょ……えぇええ!?」

瑞鶴「いやいやいやいや! それっておかしいじゃないの!」

救護妖精「うん? 何がおかしいの?」

瑞鶴「だって、私はお兄ちゃんやお母さんが居るだなんて知らないわよ!? 生き別れか何かなの!?」

救護妖精「そう思って良いよ。詳しい事は言えないけど、ちゃんと血は繋がってる。それはあたしが保証する」

瑞鶴「えええぇ…………」

瑞鶴(────って、ああ……だから『異性としての好きじゃない』って言った時にホッとしてたのね)



221: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/01(日) 15:00:02.88 ID:X0BSBW2Po

救護妖精「貴女達は複雑な事情を抱えてるからねぇ……。本当はもっと複雑な関係だよ」

瑞鶴「……どんなの?」

救護妖精「艦娘の瑞鶴と提督は兄妹と知らずに片方が恋をしたり、深海棲艦となった後でも艦娘として復活したり、敵である深海棲艦と仲良くなったり、深海棲艦となった母親を殺しかけたり──」

瑞鶴「ごめん。話についていけないからもう良いわ……」

救護妖精「だと思った」

瑞鶴「……とりあえず、提督さんと私は兄妹っていうのは間違いないのよね?」

救護妖精「うん。そだよ」

瑞鶴「……翔鶴姉は?」

救護妖精「貴女のちゃんとした姉だよ」

瑞鶴「そう……良かったぁ……」

救護妖精「今までずっと姉と思っていた相手が姉じゃなかったらちょっと心にくるものがあるもんね」

瑞鶴「そうならなくて良かったわ……」

救護妖精「とりあえず話せる事はそれくらいだけど、何か質問とかある?」

瑞鶴「……今の所は無いわね。何かまた疑問に思ったら聞いて良い?」

救護妖精「良いよ。話せる事ならね」

瑞鶴「ありがと」

救護妖精「で、身体の調子とか大丈夫?」

瑞鶴「うん。それは大丈夫なんだけど、所々、なんだか頭に引っ掛かる事とかあるのよね」

救護妖精「引っ掛かる?」

瑞鶴「うん。提督さんが懐かしいような、知らないはずなのに知ってるような、そんな不思議な感覚」

救護妖精「…………」

瑞鶴「これって何かの病気なの?」

救護妖精「……いや、病気じゃないよ。それはデジャヴって言ってね、人ならば誰でも起きる事だよ」

救護妖精「大体は知っているのに忘れているとか、似たような体験と重ねちゃってるとか、ただ単なる勘違いとかだね」



222: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/01(日) 15:00:42.60 ID:X0BSBW2Po

瑞鶴「ふぅん?」

救護妖精「まあ、そういう事もあるって程度に思っていたら良いよ」

瑞鶴「はーい」

救護妖精「他には何かある?」

瑞鶴「ううん。ありがとね」

救護妖精「はいよ。何か異常があったらすぐに言いに来るんだよ」

瑞鶴「うん。分かったわ。──それじゃあ、失礼するわね」

救護妖精「あいよー」

ガチャ──パタン

救護妖精「……原典の少女に記憶が移ってる? まさか。そんな事をしたら、記憶がゴチャゴチャになってるよ」

救護妖精「でも……本当にそうだとしたら……? …………これは、ちょっと詳しく調べないといけないね──って」

救護妖精「ああぁぁぁ……。そうだった……。資料は全部燃やしちゃったんだ……。一回は目を通すべきだったなぁ……」

……………………
…………
……



230: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/02(月) 02:32:26.37 ID:oizVNKlto

金剛「テートク、そろそろ二時デス」

提督「ふむ。今日はここまでにしておこう」

金剛「はい。お疲れ様デス」

提督「ああ、お疲れ様」

金剛(……今日も何も変化がありませんでした…………。何かが出掛かっている感じがするのに、出てきません……。

どうすれば良いのでしょうか……)

金剛(早く……早くしなければならない気がします。何か嫌な感じが、全身を襲ってきて……怖いです…………)

提督「…………」

金剛「……あ、あの……テートク。一つ我侭を言わせて下さい」

提督「…………」

金剛「今日……今日だけ、今日だけで良いですから、一緒に寝させて下さい……」

提督「…………」

金剛「不安に押し潰されそうです……。何か……とても怖い何かが、私に纏わり付いてきているのです……だから……

……」

提督「…………」

金剛「……テートク?」チラ

提督「…………」ズル

金剛「────────え?」

ドサッ──……。

金剛「……テートク?」

金剛「────テートク!! テートク!? どうしたのですか!?」ユサユサ

提督「…………」

金剛「まさか……低血糖……? 砂糖──! 確か提督の懐に──あった!」ゴソゴソ

金剛(砂糖を塗り込んだら救護妖精を呼んでこないと──!)

……………………。



231: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/02(月) 02:33:18.26 ID:oizVNKlto

救護妖精「……ねえ、砂糖は塗りこんだんだよね?」

金剛「はい……。そろそろ十分経ちます……」

救護妖精「……一応確認しておくけど、提督はお酒飲まないよね?」

金剛「え? はい……そうですけど……」

救護妖精「なら、これが使えるね」スッ

金剛「注射……ですか?」

救護妖精「そ。グルカゴン注射。砂糖を塗りこむよりもこっちの方が確実なんだよ」ソッ

救護妖精「昔は結構手に入ってたんだけど、最近はちょっと入手が難しくてね。これが搬入されたのは最近なんだよ」

スーッ

金剛「……大丈夫、ですよね?」

救護妖精「前よりも症状がちょっと深刻だからなんとも言えない。今回は血糖値が低過ぎる」

金剛「そん、な……」

救護妖精「どうしてこんなに血糖値が低くなっても動けてたのかが分からないくらいだよ。……もし回復しても、後遺

症は覚悟しなよ」

金剛「────────」



232: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/02(月) 02:34:09.87 ID:oizVNKlto

 前に本で、血糖値が低くなり過ぎた時の後遺症を読んだ事がある。
 低血糖での昏睡で数時間が経過すると、脳に浮腫が出来たり、その他の後遺症、植物状態、最悪死ぬ事もあると──。
 以前は軽口を叩いていた救護妖精も、今回は真剣な表情で提督を診察している。
 それは、事の重大さを物語っていた。
『悪い夢であれば良いのに』
 ──今回も、そう思った。
 現実の私はベッドの上でうなされていて、傍では提督が優しく頭を撫でてくれているはずだ。
 そして、起きると提督がほんの少しだけ柔らかく笑ってくれて、おはようの挨拶を交わす──。そんな、なんの変哲もない日常が始まるはずだ。
 早く起きなきゃ……。この悪い夢から、早く醒めなきゃ……。
 だけど、どんなに強く思っても、夢からは解放されなかった。
 現実──。その言葉が、とても重い。
 彼が死んでしまうかもしれないという現実は、私にとって支え切れないほど重い。
「ぃ……ぁ…………っ!」
 胸が鋭利な刃物で刺されたかのように痛い。頭もガンガンと鐘を鳴らされているようだ。
 目の前が霞み、重力を失い、耳鳴りで何も聴こえず、自分がどこで何をしているのかが分からない。
 不安と恐怖が、私を押し潰そうとしている。
 ヤダ……怖い……助けて…………! 提督……! 助けて……!!
 世界が回る。
 身体に衝撃が走る。
 意識が遠ざかる。
 何もかもが分からない。私は今、どうなっているのだろうか。
 助けて……。助けて下さい…………提督……。
 助けて…………助けて……………………。

 ──真っ暗な闇の中、自分の姿が見えた気がした────。

……………………
…………
……



233: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/02(月) 02:34:37.30 ID:oizVNKlto

提督「…………む」

救護妖精「起きたみたいだね、提督」

提督「……また倒れてしまったのか、私は」

救護妖精「そう。ついでに、隣の子もね」

提督「…………」チラ

金剛「…………」

救護妖精「救護室まで運べないから、隣に寝かせたよ。悪く思わないでよね」

提督「それは構わない。が、金剛はどうして倒れた」

救護妖精「それが……完全に原因不明なんだよね。いきなり倒れた。検査しても何も異常なんて無いし……」

提督「……そうか」

救護妖精「とりあえず一日様子見てみようと思ってる。後で救護室に運んでくれても良いかな」

提督「…………」

提督「いや、今から運ぼうか」

救護妖精「バカ言ってるんじゃないよ。提督だってさっきまで倒れてたじゃないか。とにかく安静にしな」

提督「だが──」

救護妖精「ドクターストップ。今回は血糖値が下がり過ぎてるんだから、検査でオッケー出せるくらいまで回復してからにする事だね。それに、口の中もまだ甘いんじゃないの? 気分悪そうじゃん」

救護妖精「嫌かもしれないけど、命に代えなんてないんだから二人でベッドを使いなよ? こんな深夜に人を起こすなんて出来ないんだから」

提督「……分かった」

救護妖精「あと、丁度良いから瑞鶴についても言っておくね」

提督「瑞鶴? 何かあったのか」

救護妖精「どうせ提督なら気付いてるんだろうけどさ、瑞鶴はどうやら艦娘の時の記憶が少しあるみたいだよ」

提督「……やはりか」

救護妖精「もしかして、金剛もそうなの?」

提督「恐らくな」

救護妖精「……そっか。ねえ、もしかしてあの二人は艦娘の魂が──」

提督「いや、それはないだろう」

救護妖精「なんでさ?」

提督「整合性が無い。もし本当にあの『金剛』や『瑞鶴』だとすれば、どうして私の事やこの鎮守府の事を忘れている」

提督「全ての魂の中から艦娘にとって必要な知識や経験だけを蓄える、という方がまだ納得出来る」



234: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/02(月) 02:35:28.45 ID:oizVNKlto

救護妖精「そうだよね……そんな都合の良い事、起きる訳ないよね……」

提督「期待をすれば、いつか絶望する。それならば、最初から諦めていた方が随分と精神衛生が良い」

救護妖精「…………」

提督「私なりの処世術だ。悪く思わないでくれ」

救護妖精「……納得はしないよ」

提督「ああ……」

金剛「ぅ……」

救護妖精「!」

提督「どうやら、金剛の心配は要らないよう──だ……?」

金剛「…………」ギュ

救護妖精「…………」

提督「……金剛、起きているのなら放せ」

金剛「提督……ていと、く……」ギュゥ

提督「…………」

救護妖精「……うなされてるみたいだね」

金剛「ヤダ……嫌です…………私は────です……」カタカタ

提督「……………………」

救護妖精「提督、抱き締めてやりなよ」

提督「…………」

救護妖精「人助けだと思ってさ。このままは可哀想だよ」

提督「………………………………」

金剛「っぅ……! ゃ、だ……!」カタカタ

提督「………………仕方が無い……な」ソッ

金剛「…………っ!」ビクッ

金剛「……っぁ…………あぁ……」

金剛「……………………」スゥ



235: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/02(月) 02:35:56.25 ID:oizVNKlto

救護妖精「……ん。落ち着いたみたいだね」

提督「そうみたいだな」

救護妖精「心労、なんだろうねぇ……。お互いさ」チラ

提督「…………」

救護妖精「提督、辛いのならちゃんと周りに頼るんだよ?」

提督「……ああ」

救護妖精「あと、開発が全然進まなくてごめんよ……」

提督「気にするな。そう簡単に作れる物ではない」

救護妖精「……ありがと」

提督「話は変わるが、私はこのまま寝ても問題無いのだな」

救護妖精「ん。むしろそのまま寝るのをお勧めするね。ゆっくり休みなよ」

提督「……ああ」

救護妖精「それじゃあ、私は戻るね。ごゆっくりー」

提督「…………」

ガチャ──パタン

提督「……本当、近頃のお前は金剛に似ているな」ナデナデ

金剛「んぅ……」

提督「…………はぁ。私も寝るとしよう……」

……………………
…………
……



243: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/02(月) 23:39:53.62 ID:oizVNKlto

金剛「……ん」スッ

金剛(…………あれ? どこデスかここ……)モゾ

金剛「…………?」

金剛(誰かに抱き締められているみたいデスね。……落ち着くという事は、抱き締めている人はテートクでショウか)

金剛「……提督?」

金剛(え……? なぜ私がここに。私は、あの時──)

提督「む……」

金剛(──ああ……きっと、そういう事なのですね。では、少しだけ我慢しましょう)

提督「……起きたか、金剛」

金剛「おはようございます、テートク」

提督「おはよう」スッ

金剛「あ……」

提督「どうした」

金剛「あ、いえ……」

金剛(もう少し、抱き締めて欲しかったですケド、いつまでもこうしている訳にはいきませんからネ)

金剛「明かりを付けてきマス。少々お待ち下さサイ」モゾモゾ

パチン──。

金剛「…………時間は、マルゴマルマルですネ」

提督「────」

金剛「? どうしまシタ、テートク? なぜそんなに驚いているのデスか?」

提督「……………………」

金剛「…………」



244: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/02(月) 23:59:14.86 ID:oizVNKlto

提督「……金剛、いつも私達は何の仕事をしていたか言ってみろ」

金剛「最近は書類整理だけでしたね。──少し前は、この鎮守府の運営をしていました」

提督「お前がこの鎮守府に来たのは何番目だ」

金剛「最後ですね。──それとも、二番目……電の次と言った方が良いでしょうか」

提督「…………」

金剛「…………」

提督「……夢、か?」

金剛「現実ですよ、提督」

提督「だが……」

金剛「提督。私、言いましたよね」


──私の魂に刻まれます。


金剛「ってね」

提督「…………金剛、こっちに来い」

金剛「はい」ソッ

提督「っ!」ギュッ

金剛「──っつ! あはっ。痛いですけど……嬉しいです……」

提督「……金剛」

金剛「……提督」



245: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/02(月) 23:59:43.31 ID:oizVNKlto





おかえり──。


──ただいま。







249: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/03(火) 00:13:15.50 ID:6x68i+t2o

……………………。

提督「すまない。みっともない姿を見せてしまった」

金剛「貴重な姿を見れて嬉しいです」

提督「しかし……一体どういう事なんだ? もう、帰ってこないと諦めていたのだが」

金剛「……私もよく分かりません。ただ分かっている事は、私は提督の知っている『金剛』ではない、という事です」

提督「……どういう事だ?」

金剛「確かに、提督に仕えた時の記憶はあります。けど、それも完全という訳ではないようで、思い出そうとしても思い出せない部分が沢山あります」

金剛「提督と約束した事、私を愛してくれた事、提督の胸の中で最後を迎えられた事──。特に大事な部分は憶えていますけど……それ以外はあまり……」

提督「…………」

金剛「言ってしまえば、提督と一緒の日々を過ごした記憶のある別人……そう言ってしまう方が合っていると思います。現に、ここ数日の記憶もしっかりと有ります」

金剛「記憶は本物でも、身体は別人です……。提督が私をどう扱うか……それで変わってくると思います」

提督「……………………」

金剛「……提督。提督は、私をどう扱ってくれますか……?」

提督「考える必要もない」

金剛「…………」ビクッ

提督「さっき言っただろう。おかえり、と」

金剛「────提督ーっ!!」ギュッ

提督「…………」ナデナデ

金剛「~♪」スリスリ

金剛「──あっ。でも……本当に良いのですか? 私、身体は完全に別人で、中身も半分は別人なのですよ……?」

提督「I don't mind that everyting is a lie. As long as love me forever.」

金剛「────!」

提督「例え全てが嘘でも構わない。お前が私を愛している限り、永遠に。……金剛の言ったものを捩っただけだが、これでどうだ?」

金剛「……惚れ直しましたっ」ギュゥ

提督「嵌って抜け出せそうにないな」

金剛「とっくの昔からそうなってますっ」

提督「くくっ。そうだったな」

……………………。



252: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/03(火) 00:32:08.93 ID:6x68i+t2o

救護妖精「……マジで?」

金剛「リアリー。全部ではありませんが、思い出しましたヨー」

救護妖精「はー……。そんな事ってあるんだねぇ……。本当に驚いたよ……」

提督「私もだ。本当に夢かと思った。だが、一応念の為に検査をしてくれないか」

救護妖精「おやおや。過保護だねぇ?」ニヤニヤ

提督「愛する女性を守るのは当然だろう」

救護妖精「……真顔で言われると返し辛いね。……まあ、なんともないだろうけどやっておくね。お昼前には終わると思うから、その時まで借りておくよ」

提督「頼んだ」

金剛「テートク、私が居ない間に無理はノーなんだからネー!」

提督「うむ。お前もしっかりと検査されてこい」

金剛「はいっ!」ピシッ

救護妖精(……ま、一番心配だった提督が治ったみたいだし、いっか)

救護妖精(──生きる目的、見つけたんだね)

……………………
…………
……



253: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/03(火) 00:49:18.33 ID:6x68i+t2o

提督「……うむ。素晴らしい」

少将「ほ、本当ですか!」

提督「ああ。これならば私がもう居なくても問題無いだろう」

少将「……とうとう、この日が来てしまいましたね」

中将A「寂しいものがありますな……」

中将B「本当に退役なされるのですか?」

提督「ああ。私のような死に損ないはとっとと消えるべきだ」

中将B「そうでございますか……」

提督「中将A、中将B、少将。これからのこの国を頼んだぞ」

中将A「何を仰っていますか。我々は海を護るだけですよ」

提督「くくっ。そうだったな」

中将B「これからの海軍も、大将殿の意思を潰えないようにしていきます」

提督「思想は時代と共に変わる。私に囚われ過ぎて大事なモノを見失うのではないぞ」

中将A・中将B・少将「はっ!」ピシッ

提督「では、これから頼むぞ、新大将の三人よ。──会議はこれで終わりだ。以後、新大将の三人に任せる」

少将「──大将殿。最後にお一つ宜しいですか?」

提督「なにかね」

少将「軍縮についてですが、多数の鎮守府が廃棄される事となります」

提督「それがどうした」

少将「その内の一つを、貰って頂けませんか?」



254: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/03(火) 01:05:43.17 ID:6x68i+t2o

提督「……どういう事だ」

中将A「私達のささやかなプレゼントだと思って下さい」

中将B「大将殿が居なければ、私達は大事なものに気付く事もありませんでした。そのお礼です」

少将「これがあの鎮守府の土地の権利書です。既に手続きは済ませておきました」

提督「……あのような広い土地をどうしろというのかね」

少将「それは大将殿がお決め下さい。……あの鎮守府に、何か思い入れがあるのですよね?」

提督「……隠していたつもりだったが、どうして分かった?」

中将A「勿論、私達も同じだからです」

中将B「特に大将殿は艦娘を大事にしておられたと耳にしています。そこまで知れば、想像するのは容易です」

提督「……やられた。私もまだまだ若いという事だな」

提督「ありがたく頂こう。鎮守府内の物資はどこへ運べば良い」

中将B「下の書類に記載してあります」

提督「分かった。……そうだな。残りの余生は海を眺めて暮らすとしよう」

中将A「まだまだお若いのですから旅をしてみるのも良いでしょう」

提督「そうだな。考えておく」

提督「……三人共、ありがとう」

……………………
…………
……



256: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/03(火) 01:27:41.25 ID:6x68i+t2o

利根「燃やすのはこれで最後かのう?」

提督「ああ」

那智「……本当にグロテスクだな、これは」

救護妖精「無理しないでね。気持ち悪くなったらすぐに言いなよー」

金剛「だ、大丈夫デス……」

提督「……一緒に付いているから、絶対に無理をするんじゃないぞ」

金剛「──はいっ!」

那智「…………」

利根(まだ諦め切れないのか、那智よ)ヒソ

那智「……煩い」ボソッ

提督「──これを燃やせば、この世に残っている艦娘の製造資料は無くなるな」

救護妖精「え? 大国には残ってるんじゃないの?」

提督「大将権限で密かに大国の様子を探らせてみた。その結果、大国の一部にクレーターのような爆発した跡があると判明した。その場所は海に面しており、近くには飛行場や造船設備もあったとの事だ」

救護妖精「……それって」

提督「奪われた艦娘製造を行った基地と考えて良いだろう。……もうこの世に残っている製造資料は、目の前にある物だけだ」

救護妖精「じゃあ……私の悲願は……」

提督「達成されるという訳だ」

救護妖精「…………ありがとう、提督」

提督「皆のおかげだ。私一人の功績ではない。──さて、最後の一仕事をしよう」

救護妖精「──うん」

……………………。



257: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/03(火) 01:50:08.72 ID:6x68i+t2o

金剛「うぅ……」ヨロヨロ

那智「ふん。軟弱者め」

金剛「あんなモノ……見ていて平然と出来るくらいなら軟弱なままで良いデス……」

提督「紅茶でも飲むか?」スッ

金剛「イタダキマス……」コクコク

提督「…………」ナデナデ

金剛「ん……少し、楽になりました……」

提督「うむ」ナデナデ

那智「……………………」

救護妖精「あー……やーっと終わったよ……」グッタリ

提督「ああ、終わったな。艦娘の存在自体はこれからも語られるだろうが、その内、曖昧になって伝えられる事となるだろう。もう、憂う必要はない」

救護妖精「後は、この鎮守府に残ってる子達の新しい住居を与えるって仕事くらいかねぇ」

提督「そうだな。……だが、それも中々に難しいものだ」

利根「うむ。何しろ、ごねている者とその姉妹しか残っておらぬのう」

提督「その中の一人が何を言う」

利根「じゃから言っておるじゃろう。提督殿の近所に住まわせてくれるだけで良いと」

提督「……そうだな。いっその事、ごねている全員をここに住まわせるのも良いかもしれないな」

全員「!!」

那智「それは本当か!?」

利根「えらい食いつきようじゃな……」

提督「この鎮守府の土地の権利書を退役祝いとして頂いた。……が、ここで住むには些か広すぎる。どうだ?」

那智「住まわせてくれ。しっかりと働く」

救護妖精「私も専属医師として住み込みで良いかな?」

利根「住み込み……。うむ。我輩も家政婦として住み込みで働きたい」

金剛「わ、私もです!」

提督「金剛はダメだ」

金剛「──え?」



258: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/03(火) 01:50:35.81 ID:6x68i+t2o

提督「お前は住み込みではなく、ここで私と一緒に住んでくれると嬉しい」

金剛「そ、それって……」

提督「……私の籍に入ってくれないか?」

金剛「────」

提督「…………」

金剛「……は………………」

提督「…………」

金剛「────はいっ! 喜んで!!」ギュウ

提督「幸せにし続けるよ」

金剛「はいっ! はいっ!!」

那智「…………」ズーン

利根「……まあ那智よ。今夜は朝まで酒に付き合ってやるから、の?」

救護妖精「まったく……場所を弁えなよ提督」

……………………
…………
……



259: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/03(火) 01:51:04.47 ID:6x68i+t2o

提督「──という訳で、これ以上ごねるのならばこの鎮守府で私と一緒に暮らしてもらう」

響「じゃあ、ごね続けるね」

雷「私もごねるわ!」

電「はいなのです」

暁「それで手を打つわ」

島風「やったー!」

川内「いいねそれ!」

神通「川内、嬉しそうね」

那珂「神通もねー」

天龍「ふふ……ふふふふふ……!」

龍田「あらぁ。あらあらぁ。とーっても良い案ねぇ」

瑞鶴「良い感じじゃない。私もごねるわね」

翔鶴「瑞鶴が良いのでしたら私もそれで構いません」

大和「そうですね。私もごねましょう」

利根「我輩は昨日、言ったのう」

筑摩「利根姉さんから聞きました。姉さんの珍しい我侭ですので、賛成します」

那智「利根と同じだ」

妙高「那智ったら我侭なんだから」

足柄「まあ、ここなら良いんじゃないかしら」

羽黒「わ、私もです」

霧島「私もそれが良いと思います」

比叡「お姉様が居る所に比叡在り! 私もここで気合、入れて、住みます!」

榛名「私も構いません。けど、気合を入れて住むってどういう事なのですか比叡お姉様……」

提督「……ごねていた者どころか、その姉妹も全員納得してしまったな」

金剛「この鎮守府は広いデスから、大丈夫ネ」

提督「何が大丈夫なのやら」

金剛「えへへー」

金剛「……賑やかになりますね」

提督「ああ。あの時のように、な」

……………………
…………
……



260: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/03(火) 01:51:34.54 ID:6x68i+t2o

コンコン──。

提督「入れ」

ガチャ──パタン

瑞鶴「やっほー。遊びに来たわよー。──って、ここは全然変わらないのね」

金剛「やっぱり、あのままの方が落ち着きますからネ」

提督「何より、思い入れがあるからな」

瑞鶴「ふーん……」

提督「それより、こんな時間にどうした」

瑞鶴「夜・這・い」

金剛「なぁっ!?」

瑞鶴「冗談よ。単純に妹として遊びに来ただけよ」

金剛「っ!」ギュゥ

瑞鶴「……どうしたのよ、提督さんを抱き締めちゃって」

金剛「い、妹だからといっても、提督は渡しまセン! というか、提督の妹だったのデスか瑞鶴は!」ギュウゥ

提督「……金剛、少し痛い」

瑞鶴「……前々から思ってたんだけどさ、金剛さんって提督さんとすっごく仲が良いわよね。あげないわよ?」

金剛「────!!」



261: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/03(火) 01:52:24.80 ID:6x68i+t2o

金剛「テートクのハートを掴むのは、私デース!」ギュゥ

瑞鶴「!?」

金剛「絶対に渡しまセーン!!」

瑞鶴「えっ……ちょ、ええぇえ!!? ほ、本気で!? 提督さんも良いの!?」

提督「掴む所か、既にガッチリと掴まれている」

瑞鶴「はぁっ!? いつの間に!?」

提督「……艦娘の時から、だな」

瑞鶴「ちょっ……」

金剛「私は食いついたら放さないんだからネ!」ギュゥゥ

瑞鶴「…………ええええぇぇぇぇぇぇ……」

金剛「ぅー……」ジッ

瑞鶴「…………」ニヤ

瑞鶴「まあ、妹って立場を利用すればいくらでも──」

金剛「提督は絶対に譲りませんからネ!! 胃と心と身体で繋ぎ止めマス!!」

瑞鶴「…………」ニヤニヤ

提督「金剛、冷静になれ。完全にからかわれているぞ」

金剛「──ハッ!」

瑞鶴「いやぁ、良いもの見れたわ。爆弾発言も頂いちゃったし。胃と心と『身体』で繋ぎ止める、ねえ?」ニヤニヤ

金剛「う、ぅぅ……」

提督「離れないから安心しろ」ナデナデ

金剛「ぁ……ハイ!」

瑞鶴「ふふっ……」

瑞鶴(なんだろ……心のどこかで、こうなるのを望んでいた自分が居る……)

提督「ずっと一緒だ」ギュ

金剛「約束ですよ」ギュ

瑞鶴(二人共、幸せそう……)

提督「ああ、約束だ」

金剛「提督の約束なら安心です!」

瑞鶴(──ああ。一つ思い出した事があるわ)

提督「約束は、これからも破らないよ……」

金剛「私も、絶対に破りません……」

瑞鶴(私、二人のこの笑顔が見たかったのね)

瑞鶴「────幸せにね、二人共」




──── 金剛「テートクのハートを掴むのは、私デース!」瑞鶴「!?」 ────





273: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/03(火) 02:03:05.89 ID:6x68i+t2o

終わりました。ここまで読んで下さった方々、お疲れ様です。


■あとがき的な何か
本来書く予定の無かったグッドエンドです。故に、色々とご都合主義な面々が……。
この物語は初めからルートは金剛のみで考えていました。瑞鶴へのルートもちょっとだけ考えましたけど、どうしても金剛で進めたかったので金剛ルートでやりました。
響はまだ子供なので論外として、

響「逆さ吊り」

……響はまだ子供なので道徳的に宜しくなかったので、提督に恋をして行動も起こした女の子の一人として扱いました。
瑞鶴ではない理由は、金剛が艦娘として普通だからです。
普通に提督を愛し、普通に提督の為に動き、普通に提督に身と心を捧げた少女なので、金剛のルートにしました。
妹心から来る恋愛とか大好物ですけど、普通の少女が頑張って非日常で動いていくのを書きたかったので……。

本来のエンディングも書いていきますが、何かご質問などがありましたら遠慮なくどうぞ。
だが、本来のエンディングは今日投下するかは未定ですのでご了承下さいませ。



323: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/04(水) 21:21:01.45 ID:2XI1T3vDo

ちょびっとだけ投下します。
ちなみに、>>72よりルートが変わります。結構サクサク進むと思いますので、ボリュームは無いかも。



324: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/04(水) 21:21:30.70 ID:2XI1T3vDo

提督(満月の明るさに加えて無風か。これは綺麗に燃えてくれそうだ)

金剛「…………」ソッ

金剛「あの──」

提督「なにかね」

金剛「ひゃぅ!? きき、気付いていたのデスか!?」

提督「ああ。──それよりも、何か用か」

金剛「あ、えっと……何かお手伝い出来ないかな、と思いマシて……」

提督「特に無い。今日は燃やして消えるのを待つだけだ」

金剛「…………あの、見ていても……良いデスか?」

提督「……………………」

金剛「お傍に居たいのデス……」

提督「……寝なさい。朝に起きれなくなるだろう」

金剛「が、頑張って起きますカラ!」

提督「…………」

金剛「…………」

提督「……少しの間だけだぞ」

金剛「──ハイッ!」

提督「あと、眠たくなったら正直に言う事。良いな」

金剛「はいっ」



325: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/04(水) 21:23:12.76 ID:2XI1T3vDo

シュッ──ボッ──

提督「…………」

……チリッ

金剛「…………」

チリチリッ──

金剛「……すっごく簡単に燃えていきますネ」

提督「何せ古びた本だからな。脆くなっているのだろう」

金剛「……近くに寄って良いデスか?」

提督「救護妖精から私と『金剛』の事を聞いたからか」

金剛「…………ハイ」

提督「それは気にするな。お前はお前だろう」

金剛「でも、私も気になるのデス。貴方を放っておけない、そんな気持ちがありマス」

提督「…………」

金剛「…………」

提督「……好きにすると良い」

金剛「──ハイッ!」

……………………
…………
……



326: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/04(水) 21:23:47.19 ID:2XI1T3vDo

カリカリ──。

提督「…………」

提督(……朝礼の時間になっても誰一人来ないのは、寂しいものだな。……いずれ慣れる、か)

コンコン──。

提督「…………」

提督「入れ」

ガチャ──パタン

金剛「おはようございます!」

提督「金剛か。なにかね」

金剛「秘書のお手伝いをしに来まシタ!」

提督「……妹達はどうした」

金剛「まだ寝ていマス。ここに行くと書き置きもしてきたデス」

提督「……そうか」

金剛「──あの後ですね、考えたのです」

提督「何をだ」

金剛「私のこの奥底に眠っている何かを、です」

提督「…………」

金剛「考えれば考えるほど、貴方が浮かんできました。顔、行動、感情……全てが貴方に関するものでした。その中に、おかしなモノもあったのです」

提督「おかしいもの?」

金剛「えっと、その……貴方と口付けを交わしている姿、です」

提督「…………」



327: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/04(水) 21:24:35.18 ID:2XI1T3vDo

金剛「詳しい事は憚りますけど、実際に体験したかのような記憶でした。でも、それっておかしいですよね」

提督「ああ。私は勿論、お前も私へ接吻した事など無いはずだ」

金剛「だから、私はこう思ったのです。──これは、前の『私』が経験した記憶なのではないか、と」

提督「……可能性はある」

金剛「ですよね!」ズイッ

提督「…………」

金剛「私は、前の『私』の記憶を取り戻したいです。このまま放っておくのは私も気分が悪いですし、何よりも貴方が救われません。なので、協力して頂けませんか?」

提督「……何をさせる気だ」

金剛「憶えている限りで良いです。貴方の知っている『金剛』と同じ事を、私にして下さい。思い出せるかもしれません」

提督「思い出さないかもしれないだろう」

金剛「その時はその時です。思い出すかもしれないのですから、やってみるべきだと思います」

提督「…………」

金剛「ダメ、ですか……?」

提督「……試してみる価値はあるだろう」

金剛「────!! ハイッ! まずは何からすれば良いでしょうか!」

提督「書類整理からお願いする。左上に担当部署が書いてあるから、それの通り分けてくれ」

金剛「ハイ! ──あ」

提督「どうした」

金剛「何か飲み物を用意しまショウか。その方が集中出来ると思いマスよ」

提督「……なら、紅茶を淹れてくれるか。いつもそうして貰っていた」

金剛「ハイッ! 少し待ってて下サイ!」

金剛「──あ、そういえば、なんてお呼びしまショウか?」

提督「……お前ならば私をどう呼ぶ」

金剛「え? ええと……テートク……ですかネ?」

提督「…………ならばそれで良い。そう呼んでくれ」

金剛「は、はい……」

……………………。



336: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 03:39:09.49 ID:hMIrHRjro

金剛「どうぞ、テートク。おかわりデス」スッ

提督「うむ」ズズッ

金剛「♪」コクコク

提督「……………………」ジッ

金剛「あ、あれ……? お口に合いませんでシタか?」

提督「金剛、そっちの紅茶を飲ませてみろ」

金剛「え……えっとぉ……その…………」

提督「お前、自分のは出涸らしを使っているだろう」

金剛「な、なぜ分かったのですか……?」

提督「なんとなく、な」

金剛「うぅ……まさかバレるとは思いませんでシタ……」

提督「……健気だな」

金剛「いえ、私がテートクと同じ紅茶を飲んでいるのがおかしいのデス。本来ならば私はこんなに良い紅茶を飲める立場ではないと思いマス」

提督「秘書の特権だ。ここではそうなっている。これからは使えなくなるまで出涸らしを使え。無論、私のもだ」

金剛「ハイ……」

提督「……気を遣ってくれるのは嬉しいが、私はお前と同じモノを飲みたい。それが一番の理由だ」

金剛「──ハイッ!」

提督「素直で良い子だ」

金剛「ありがとうございますっ。──あ、もしかして艦娘の私もそうだったのデスか?」

提督「ああ。似たような会話をしたよ」

金剛「この調子デスね! もっともっと同じになれるよう頑張りマス!」

提督「記憶を取り戻すのが本来の目的だろう」

金剛「あ。そうでシタ。でも、薄っすらとこのようなやりとりをしたような気はしマス」

提督「そうか。このまま、戻ってくれるとありがたいな」

金剛「きっと戻りますよ。きっと──」

……………………。



337: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 03:39:38.29 ID:hMIrHRjro

コンコン──。

提督「入れ」

ガチャ──パタン

瑞鶴「やっほー。遊びに来たわよ──って、金剛さん?」

金剛「おはようございマス瑞鶴」

提督「私は忙しいのだが」

瑞鶴「何よ、金剛さんは居るじゃないの」

提督「金剛は私の仕事を手伝ってくれている。断じて遊んでいるのではない」

瑞鶴「むー……。じゃあ、仕事をしている姿が見たい」

金剛「……それって面白いのデスか?」

瑞鶴「あら、面白いわよ。金剛さんが私の立場だったらどう思う?」

金剛「……………………納得しました」

提督「…………」

瑞鶴「でしょ?」

提督「……好きにするが良い」

瑞鶴「はーい。ソファ借りるわね」ポスッ

金剛「瑞鶴の紅茶を用意しますので、少しお待ち下サイ」スッ

瑞鶴「ん、ありがとね」

提督「…………」ズズッ

瑞鶴「……ねえ、提督さんって紅茶が好きなの?」

提督「執務をしている時は必ずと言っても良いほど口にしている」

瑞鶴「相当ねそれ……。うーん……紅茶かぁ」

提督「どうした。興味でもあるのか」

瑞鶴「今興味が沸いたわ」

提督「……そうか」

瑞鶴「あ、今の言葉もう一回言って?」

提督「…………そうか」

瑞鶴「なんだろ。それ懐かしい気持ちがする」

提督「…………」

瑞鶴「んー……紅茶の淹れ方、金剛さんに教えてもらおうっと」スッ

提督「…………」

提督(……僅かながら記憶がある、か)

……………………。



338: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 03:40:21.96 ID:hMIrHRjro

瑞鶴「ん……?」

提督「起きたか」

瑞鶴「あれ……私、いつのまに寝ちゃってたの?」クシクシ

金剛「一時間くらい前デス。なんだか幸せそうな顔をしていましたケド、何か良い夢を見ていたのデスか?」

瑞鶴「んー……よく分かんない。ただ、あったかい夢だった気がするわ」

金剛「炬燵の中で丸くなっていたトカ」

瑞鶴「もう。私は猫じゃないわよ。──そうねぇ。心があったかくなる夢だったと思う」

金剛「良い夢だったようですネ」ニコ

瑞鶴「うん。──って、もう十二時じゃないの。二人共、そろそろお昼にしたらどう?」

提督「構わないが、お前達の妹や大和を放っておくのか」

金剛・瑞鶴「あ」

金剛「すみません。少しマイシスターズの所へ行ってきマス」

瑞鶴「私もちょっと様子を見てくるわね」

提督「ああ」

……………………。



339: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 03:40:51.69 ID:hMIrHRjro

コンコン──。

提督「入れ」

ガチャ──

瑞鶴「ただいまー」

金剛「ただいま戻りまシタ」

榛名「お邪魔します」

霧島「お邪魔しますね、提督」

比叡「提督、ご飯ですよー!」

翔鶴「失礼します」

大和「お仕事の調子はどうですか、提督?」

──パタン

提督「……………………」

瑞鶴「どうしたのよ? なんだか物凄く不思議そうな顔してるけど」

提督「いや、予想外だった」

比叡「それよりも早く食堂に行きませんか提督! 私、もうお腹がペコペコですよ!」

提督「もう少し待ってくれ。あと少しでキリの良い所になる」

榛名「はい。お待ちしますね」

提督「しかし、お前達が来るのは意外だな」

霧島「そうでしょうか? ……確かに、どこか近寄り難い雰囲気ではありましたけど、そこまで意外だったのでしょうか」

提督「自分で言うのもおかしいとは思うが、あまり好ましくは思われていないと思っていたからな」

翔鶴「少し怖いイメージがありますけど、タイミングが掴み辛かったのは確かです」

提督「気軽に来てもらって構わない。そこの瑞鶴のようにな」

瑞鶴「……なんだか私、邪魔者扱いされてる?」

提督「仕事をしている時に『遊びに来た』などと言うのは瑞鶴しか居ないだろう」

瑞鶴「だって、他に良い言葉が無かったんだもん……」

大和「瑞鶴、あまり提督を困らせてはいけませんよ」

瑞鶴「はーい……」

提督「…………特に困っているという訳ではないから安心しろ」

瑞鶴「──うん! ありがとね!」

提督(……親子、か。私も昔はこうであったのだろうか……)

……………………。



340: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 03:41:22.65 ID:hMIrHRjro

コンコン──。

提督「入れ」

雷「提督さん! 遊びに来たわよ!」

電「あの、もしかしてお忙しいですか?」

島風「私、かけっこしたいな!」

暁「提督さん一位、島風二位の独占順位になるのが目に見えてるわよ」

響「ん、金剛さんも居るね。もしかして忙しかったかな」

金剛「えっと……」チラ

提督「……丁度休憩を挟もうとしていた所だ。かけっこは出来ないが、雑談には付き合える。それで良いか?」

雷「勿論よ!」

島風「私も異議なーし!」

金剛「ハイ。それでは紅茶を淹れてきマスので、少し待っていて下さいネ」

電「はいなのです」

暁「手伝っても良いかしら」

金剛「あら、暁はお利口デスね」

暁「お子様扱いしないでー!」

響「そう言うと益々お子様に見えるよ、暁」

暁「う、うー……!」

提督「……ほら、大人しく待っていたら砂糖菓子を出してやるから静かにしていなさい」

……………………。



341: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 03:42:00.01 ID:hMIrHRjro

電「美味しいのです! 苦味と甘みが一緒になって、とっても美味しいチョコレートみたいなのです!」コクコク

響「うん、凄く良い組み合わせだね。甘いお菓子と一緒だと、紅茶に砂糖は入れないくらいが丁度良いね」カリカリ

暁「そう? どっちも甘い方が美味しいわよ」コクコク

島風「私も紅茶に砂糖を入れない方が良いかなー」カリッ

雷「暁だけお子様ね!」コクコク

暁「お子様言うなぁ!」

提督「楽しみ方は人それぞれだろう。気にする事はない」ズズッ

金剛「そうデース。好みは人によって違いますネー」コクコク

暁「ほら! 提督さんも金剛さんもこう言ってるじゃない!」

響「ん、ごめんよ。──ところで、提督はどうしてお菓子に手を付けないんだい?」

提督「私は甘い物が苦手だからな」

金剛「そうなのデスか?」

雷「好き嫌いは良くないわよ?」

提督「いや、私の身体は糖分を受け付けないらしい。一種のアレルギーだと思ってくれ」

金剛(一応、甘い紅茶も控えておきまショウ)

電「大変なのです……」

提督「もう慣れた。だから、私はあまり運動をしてはいけないんだ」

響「だから最初に会った時、許可が必要って言ってたんだね」

提督「ああ。そういう事だ」

島風「んー……じゃあかけっこはいいや」

提督「許可が下りたら構わん」

金剛「え……? い、良いのですか……?」

島風「んー……よく分かんないけど、提督にとって運動するのって危ないんでしょ? だったら私はかけっこしたくないな」

提督「……優しいな、島風」

島風「そんな事ないよー。私は人を危ない目に合わせたくないだけだもん」

提督「そう言えるのは立派だ」

金剛「島風は人を思いやれる優しい子デス」



342: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 03:42:27.31 ID:hMIrHRjro

島風「……ありがと?」

金剛「ハイ。褒めていマスよ」

提督「うむ」

島風「えっへへー」

雷「でも、不思議ね? お砂糖を摂っちゃダメだなんて」

提督「世の中には水がアレルギーの人間も居るらしい。そう考えたら糖分が受け付けられないというのも不思議ではなかろう」

電「お水がダメな人が居るのですか!?」

金剛「それって生きていけるのデスか……?」

提督「あくまで聞いた話だ。真実かどうかは知らない。だが、その人は果汁百パーセントのジュースか牛乳を一日でコップ三杯までしか飲んではいけないらしい」

暁「たったの三杯だなんて……」

島風「私には絶対に耐えれないね」

雷「大抵の人はそうだと思うわよ?」

響「運動が好きな人は、特に辛そうだね」

提督「世の中には色々な人が居るという事だ」

電「私も茄子が苦手なのはアレルギーだったりは……」

提督「ないな」

響「ないね」

雷「ないわね!」

暁「好き嫌いよね」

島風「好き嫌いね」

金剛「ダメですよ電」

電「はわわわわ……。皆イジワルなのです……」

提督「茄子が苦手な子でも美味しく食べられるように間宮に伝えておく。好き嫌いは克服しような、電」

電「うぅ……はいなのです……」

雷「──あら。紅茶が切れちゃったわ」

金剛「次のを用意してありマス。少し待っていて下さいネ」

提督「準備が良いな、金剛」

金剛「これだけの人数が居れば、すぐに無くなるのは目に見えていまシタ。今度は今飲んでいる紅茶と違いますカラ、また違った楽しみがありマスよ」

島風「本当!? 金剛さんって凄いのね!」

響「紅茶のスペシャリストだね」

金剛「サンキュー。褒められるのはくすぐったいネー」

提督「今後も紅茶を頼むよ」

金剛「ハイ! 任せて下サーイ!」

……………………。



350: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 23:13:20.30 ID:hMIrHRjro

雷「──とっても美味しかったわ!」

暁「ありがとう。お礼はちゃんと言えるし」

電「幸せな気分になれたのです」

島風「ありがとねー!」

響「ダスビダーニャ」

提督「ああ、またな」

金剛「グッバイ」フリフリ

──パタン

金剛「……テートク、一つよろしいでしょうか」

提督「何かね」

金剛「さっきのお話の件についてです。砂糖がダメという事は、テートクは低血糖なのですか?」

提督「ああ。そうだ」

金剛「これからは懐に砂糖を常備しておきます」

提督「ほう。応急手当を知っているのか」

金剛「唇と歯茎の間に塗り込むのですよね?」

提督「知っているようだな。ならば安心だ。……だが、低血糖の応急手当を知っているとは思わなかった。どこでそんなものを知ったんだ」

金剛「えっと……テートクに教えて貰った記憶があります」

提督「私に、か」

金剛「よく憶えていないのですが、何かを食べている時に教えて貰ったような……」

提督「……そうだな。今度、間宮にスコーンを作って貰おう」

金剛「ほ、本当ですか!?」

提督「ああ。濃厚なクロデッドクリームとジャムも付けてな」

金剛「私スコーン大好きです! ありがとうございます!」ギュッ

提督「こらこら。はしゃぐ気持ちは分かるが、少しは抑えてはどうだ」

金剛「テートク、大好きです」スリスリ

提督(……出来れば、その言葉は記憶が戻ってから言って欲しかったな)

……………………。



351: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 23:13:50.24 ID:hMIrHRjro

コンコン──。

提督「入れ」

ガチャ──パタン

瑞鶴「こんばんは提督さん、金剛さん」

金剛「こんばんは瑞鶴」

提督「瑞鶴か。どうした、こんな時間に」

瑞鶴「二人に会いに来たのよ」

提督「……そうか」

金剛「私達に、デスか?」

瑞鶴「うん。少し暇だったのよね」

瑞鶴「あ、迷惑だったら言ってよ? 私、バカだからそういうのよく分かんないのよ」

提督「迷惑ではないから安心しておけ」

瑞鶴「……艦娘の私も同じ事してた、とか?」

提督「…………ああ」

金剛「…………」

瑞鶴「正直なのね」

提督「故に馬鹿を見るがな」

瑞鶴「良い事じゃないの。私、そういうバカは好きよ」

金剛「!!」

提督「……そうか」

瑞鶴「あ、異性として好きって意味じゃないからね? 勘違いしちゃダメよ?」

提督「そうか」

金剛「…………」ホッ



352: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/05(木) 23:14:32.75 ID:hMIrHRjro

瑞鶴「……金剛さんは分かるんだけど、なんで提督さんも少しホッとした感じになってるのよ」

提督「救護妖精にお前と私の関係を訊けば分かる」

瑞鶴「救護妖精さん?」

提督「ああ。だが簡潔に言うと、お前と私は兄妹だ」

瑞鶴「……は?」

金剛「……え?」

提督「後の事は救護妖精に聞いてくれ。私の知らない真実も知っているだろう」

瑞鶴「いやいやいやいや……。どういう事なの?」

金剛「私も全く分かりません……」

提督「お前達と同じように、私もあの実験の被験者だ。私に昔の記憶がほとんど無いように、お前達も同じようなものなのだろう」

金剛・瑞鶴「…………」

提督「今はそういうものだと納得してくれ」

瑞鶴「……うん、分かった」

金剛「はい……」

瑞鶴「で、話は変わるんだけどさ、妹だったら一緒に寝ても良いのかしら?」

金剛「!?」

提督「断る。私には金剛が居る」

金剛「提督!? ス、ストレート過ぎませんか!?」

瑞鶴「あー、やっぱり?」

金剛「やっぱりって気付いていたのですか!?」

瑞鶴「うん。なんとなくね」

金剛「……いつからですか?」

瑞鶴「最初から。気のせいだと思ってたんだけどね」

金剛「…………」

瑞鶴「まあ、そういう事なら邪魔は出来ないわね。じゃあおやすみ提督さん、金剛さん」

提督「……ああ、おやすみ」

金剛「お、おやすみなさい……」

ガチャ──パタン

提督(色々と、心が痛むな……)

金剛(……瑞鶴はライバルですかね? テートクの妹がライバルとは……むむむ……)

……………………
…………
……



373: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 22:55:49.35 ID:kAOR1dc1o

瑞鶴「…………」コロコロ

瑞鶴「……金剛さんが艦娘の時、提督さんと恋人だった、かぁ。あ、いや、艦娘の金剛さんが、か」

瑞鶴「でも……絶対に艦娘の『私』も気が有ったわよねぇ……。私だって気になってるんだもの」

瑞鶴「むー…………どうだったのか気になるー……」コロコロ

瑞鶴「……まあ、私が気にしても仕方がないのは分かってるんだけどね──って、あら、この部屋に本ってあったのね。気付かなかったわ」

瑞鶴「……何かすっごい栞が挟まってるわね。どれだけ読み返したのよ……」ソッ

瑞鶴(……ちょっと読んでみましょうかね)

瑞鶴「…………なんで海上戦術と気遣い心配りって本ばっかりなの? ──あ、紅茶の本もあるわね」

瑞鶴「紅茶……」

瑞鶴(そういえば、提督さんって紅茶が好きだったわよね。何か役に立ちそうなのとか載ってるかしら)ペラ

瑞鶴「……………………」ペラ

瑞鶴(……あれ? この部分知ってる。おかしいわね……紅茶なんて淹れた事ないわよ……?)

瑞鶴「……ふむふむ。なるほどね。こういう淹れ方をすれば、より美味しくなるのね……」

瑞鶴(でも、なんでかしら……。この本、読んでいくとどんどん辛くなってく……)

瑞鶴「紅茶、ね……今度淹れてみようかしら……。いやでも、絶対に美味しくないんだろうなぁ……むー……」

……………………
…………
……



374: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 22:56:29.75 ID:kAOR1dc1o

瑞鶴「えーっと……次はこうしてっと……」ジー

響「ん、瑞鶴さん?」

瑞鶴「──あら、響じゃないの。どうしたの? お菓子でも取りに来たのかしら」

響「そんな所だよ。間宮さんに何かお茶請けみたいな物を分けて貰いに来てみたんだ」

瑞鶴「お茶会でも開くの?」

響「うん。紅茶と一緒にお話をするよ」

瑞鶴「へぇ。響って紅茶が淹れれるのね」

響「ただのティーバッグだよ。誰でも出来るものさ。金剛さんや瑞鶴さんみたいにそうやって茶葉からやるものじゃないさ。瑞鶴さんは紅茶の勉強かな?」

瑞鶴「うん。ちょっと作りたくなってね。飲んでみる?」ソッ

響「ん、スパスィーバ。いただきます」コクコク

瑞鶴「…………」ドキドキ

響「──うん。美味しいよ。ティーバッグとは比べ物にもならない」

瑞鶴「金剛さんの紅茶とどっちが美味しい?」

響「それは金剛さんかな。経験の差だと思うよ」

瑞鶴「やっぱりかぁ……」

響「瑞鶴さんは紅茶を淹れ始めてどれくらいなんだい?」

瑞鶴「これが初めてだけど、どうしたの?」

響「初めて……」

瑞鶴「?」

響「いや、ただ単に私も本格的に淹れた事があるんだけど、雲泥の差があるから……ちょっとね」

瑞鶴「あら、響も淹れた事があるの?」

響「うん。だけど、ティーバッグの方がずっと美味しかった。だから、初めてでここまで美味しく出来るのなら充分凄いと思うよ」

瑞鶴「なんだか照れるわね。ありがとっ」

響「正直な感想だよ」

瑞鶴「でも、私は本を読みながらやっただけよ。響もこれを読みながらやれば同じように出来ると思うわ。丁寧に分かりやすく書いてくれてるわよ、これ」

響「へぇ……。今度、借りても良いかな。また挑戦したくなったよ」

瑞鶴「良いわよ! お互い頑張りましょ」

響「スパスィーバ。じゃあ、私は間宮さんに会ってくるね」

瑞鶴「ええ。またねー」

……………………
…………
……



375: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 22:56:59.51 ID:kAOR1dc1o

金剛「テートク、そろそろ二時になりますケド、お身体は大丈夫デスか?」

提督「……ふむ、もうそんな時間か。金剛、今日はもう寝なさい」

金剛「テートクはどうするのデスか?」

提督「キリの良い所まで終わらせてから寝る」

金剛「では、私も付き合いますネ」

提督「比叡や榛名、霧島が寝ずに待っているかも知れんぞ」

金剛「あの三人には、今夜テートクの部屋にお泊りするかもしれませんと伝えてマース」

提督「……そうか。どんな反応をしていた」

金剛「比叡は複雑そうな顔をしてたネ。榛名と霧島は応援してくれまシタ」

提督「応援はまだ分からないでもないが、比叡に何があったんだろうな」

金剛「比叡もテートクの事を少し気に入っているみたいデスので、きっとそれが原因だと思いマス」

提督「……意外だな。そんなに接していないのだが」

金剛「何を言っているのデスか。この鎮守府にテートクの事が気になっていない人なんて居ませんヨ?」

提督「……………………」

金剛「嘘だと思うのでしたら聞いてみても良いのではないでショウか」

提督「……なんとなく想像が付いたから止めておくとしよう。だが、金剛の口からその言葉が出てくるとは思わなかったな」

金剛「テートクの良さが広まってくれるのは私にとってもハッピーな事デース! こんなに素敵な人を放っておける方が分からないデス!」

提督「…………」

提督「言葉だけ受け取っておこう。──さて、さっさとキリの良い所まで進めるとしようか」

金剛「ハイ! 体調管理も仕事の内デスからネー。テートクは放っておくといつまでもお仕事をしていそうで不安デス」

提督「…………」

金剛「……テートク?」

提督「──いや、言葉に詰まっただけだ。何も反論出来なかったからな」

提督(憶えていないようだが、考える事は『金剛』と同じ、か……)

……………………
…………
……



376: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 22:57:26.19 ID:kAOR1dc1o

コンコン──。

提督「入れ」

ガチャ──パタン

金剛「テートクー! ただいまー!」

提督「おかえり金剛」

金剛「ありがとうございますテートクー! スコーン大好きです!」ギューッ

提督「お気に召したかな」

金剛「勿論です! 間宮さんの所におつかいなんて何かと思ったら、とっても嬉しいサプライズなのです! お仕事の手を一旦止めて、ティータイムしましょう! ね? ね?」

提督「…………」

金剛「──あ、ダメ……でしたか?」

提督「……いや、余りのはしゃぎっぷりに驚いていただけだ」

金剛「あ……あうぅ…………」

提督「まあ、そこまで強請られたら断る訳にもいくまい。紅茶の用意をしてもらって良いか?」

金剛「テートクのいぢわる……」

提督「ああ、私はイタズラ好きだぞ」

金剛「もー……。私は紅茶を淹れてきます!」フイッ

提督「ああ、頼んだ」クス

……………………。



377: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/07(土) 22:57:59.30 ID:kAOR1dc1o

金剛「ん~! おいしいっ! やっぱりクリームティーは一番ネー!」

提督「本当に好きだな」

金剛「ハイ! 特にこのクロデッドクリームなんて濃厚で最高デス!」サクサク

提督「……プレーンも美味いぞ」サクサク

金剛「そうなのデスか? では……」サクサク

金剛「……………………」

提督「どうした」

金剛「い、いえ……えっと……その…………」

提督「甘みが無くて食べられない、か」

金剛「うぅ……ハイ……。まったく砂糖が入っていないスコーンをプレーンでは……」

提督「……悪かった」

金剛「私は素直にジャムとクリームを付けて食べマス……」

提督(好みも同じ、か……)

……………………
…………
……



401: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/10(火) 19:06:12.65 ID:qKILR08vo

金剛「テートク、そろそろ二時デス」

提督「そうか。今日はここまでにしておこう」

金剛「はい。お疲れ様デス」

提督「ああ、お疲れ様」

金剛「…………うーん……」

提督「どうした」

金剛「いえ……テートクとの記憶なのデスが、最近新しい事が全然思い出せなくテ……。他にやっていない事はないデスか?」

提督「あるにはある。が、それは既に出来ない事が多い」

金剛「艦娘にしか出来ない事、とかデスか?」

提督「そういう事だ」

金剛「では……他には何も無いのデスか……?」

提督「ある」

金剛「ではそれを──」

提督「ダメだ」

金剛「──え?」

提督「こればかりは出来ない。お前も快く思わないものだ」

金剛「……どんなものなのでしょうか」

提督「聞かない方が良い」

金剛「どうしても、ですか?」

提督「…………」

金剛「…………」



402: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/10(火) 19:32:12.22 ID:qKILR08vo

提督「……良い気分にはならないぞ」

金剛「覚悟の上です」

提督「……そうか。なら言おう。肌を重ねる事だけはやっていない」

金剛「…………え?」

提督「二度は言わん。そういう事だ」

金剛「…………」

金剛「……………………」

金剛「…………………………………………」

提督「だから聞かない方が良いと言っただろう……」

金剛「あ、あのー……」

提督「なんだ」

金剛「……良いですよ? その、えっちな事……」

提督「…………」

金剛「ほ、ほら! もしかしたらそれで思い出すかもしれないじゃないですか!」

提督「…………」

金剛「それにほら、私の嫌という訳ではありませんし……テートクも気持ち良くなれますよ?」

提督「…………」

金剛「……ダメですか?」

提督「…………」ズル

金剛「──え?」

──ドサッ

……………………。



403: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/10(火) 19:51:53.72 ID:qKILR08vo

提督「……すまん。迷惑を掛けた」

救護妖精「……意識が戻るの早いね。あたし来たばっかりなんだけど」

提督「……どのくらい時間が経っている」

金剛「えっと、五分も経っていないと思いマス」

提督「……そうか。ありがとう、金剛…………」

金剛「あ、あの……顔色が悪いようですけど大丈夫なのですか……?」

救護妖精「ほい提督、バケツ」スッ

提督「…………」スッ

金剛(ぁー……まだ口の中に砂糖が残っているのですね……)

~提督がバケツに嘔吐しました。これより、吐瀉物の処理に入ります~

救護妖精「よくあれだけ我慢出来たね」

提督「汚すと後が大変だからな……」

金剛「テートク、紅茶を飲みマスか?」

提督「頂こう……」チビチビ

金剛(ああ……相当辛いようですね……)

提督「……うむ。少し楽になった。ありがとう金剛」

金剛「お役に立てたのなら嬉しいデス」

救護妖精「まあ、症状が軽いみたいで良かったよ。特に問題もなさそうだしね」

金剛「良かったぁ……」ホッ

救護妖精「んじゃあ、後は若い者に任せるとしようかね。あんまり激しく動くんじゃないよ。お大事にねー」

ガチャ──パタン



404: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/10(火) 20:17:58.23 ID:qKILR08vo

提督「……事の経緯でも話したのか?」

金剛「いえ、特には……。どうして気付いたのでしょうか……」

提督「ただ単なる冗談だと思いたいが、真実は彼女のみぞ知る、か……」

金剛「流石に訊くなんて事は出来ません……」

提督「時々、救護妖精の考えている事が全く掴めない事があるよ」

金剛「私はほとんど分からないです……」

提督・金剛「…………」

提督「……深くは考えないようにしておこう」

金剛「それが良いですね……」

金剛「えっと、それと……えっちな事はどうしますか……?」

提督「…………」

金剛「…………」ドキドキ

提督「……お前の記憶が戻ったら、な」

金剛「──はい。きっと戻してみせます」

提督(…………)

……………………
…………
……



405: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/10(火) 20:42:45.27 ID:qKILR08vo

提督「……うむ。素晴らしい」

少将「ほ、本当ですか!」

提督「ああ。これならば私がもう居なくても問題無いだろう」

少将「……とうとう、この日が来てしまいましたね」

中将A「寂しいものがありますな……」

中将B「本当に退役なされるのですか?」

提督「ああ。私のような死に損ないはとっとと消えるべきだ」

中将B「そうでございますか……」

提督「中将A、中将B、少将。これからのこの国を頼んだぞ」

中将A「何を仰っていますか。我々は海を護るだけですよ」

提督「……そうだったな」

中将B「これからの海軍も、大将殿の意思を潰えないようにしていきます」

提督「思想は時代と共に変わる。私に囚われ過ぎて大事なモノを見失うなよ」

中将A・中将B・少将「はっ!」ピシッ

提督「では、これから頼むぞ、新大将の三人。──会議はこれで終わりだ。以後、新大将の三人に任せる」

少将「──大将殿。最後にお一つ宜しいですか?」

提督「なにかね」

少将「軍縮についてですが、多数の鎮守府が廃棄される事となります」

提督「それがどうした」



406: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/10(火) 21:24:45.29 ID:qKILR08vo

少将「その内の一つを、貰って頂けませんか?」

提督「……どういう事だ」

中将A「私達のささやかなプレゼントだと思って下さい」

中将B「大将殿が居なければ、私達は大事なものに気付く事もありませんでした。そのお礼です」

少将「これがあの鎮守府の土地の権利書です。既に手続きは済ませておきました」

提督「……あのような広い土地をどうしろというのかね」

少将「それは大将殿がお決め下さい。……あの鎮守府に、何か思い入れがあるのですよね?」

提督「……隠していたつもりだったが、どうして分かった?」

中将A「勿論、私達も同じだからです」

中将B「特に大将殿は艦娘を大事にしておられたと耳にしています。そこまで知れば、想像するのは容易です」

提督「……やられた。私もまだまだ若いという事だな」

提督「ありがたく頂こう。鎮守府内の物資はどこへ運べば良い」

中将B「下の書類に記載してあります」

提督「分かった。……そうだな。残りの余生は海を眺めて暮らすとしよう」

中将A「まだまだお若いのですから旅をしてみるのも良いでしょう」

提督「そうだな。考えておく」

提督「……三人共、ありがとう」

提督(…………もう誰も戻って来ない鎮守府を、か……。戻ってきたように見える分、余計に心が痛むな……)

……………………
…………
……



407: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/10(火) 21:26:08.63 ID:qKILR08vo

提督「…………」

金剛「テートク、何か悩んでいるようですケド、どうしまシタ?」

提督「……ごねている者達をどう説得しようかと悩んでいてな」

金剛「ぁー……アハハハ…………」

提督「まったく。どうして私に拘るのか……」

提督(この鎮守府で暮らしていた者と大和、翔鶴は分かるが……利根と那智が離れるのを嫌がる理由がいまいち分からん。……大体の予想は付いているが)

提督「いっその事、ごねている全員をここに住まわせるのも手か」

金剛「──え!? そんな事出来るのですか!?」

提督「退役祝いとしてこの鎮守府の土地を頂いてな。出来ない事もない」

金剛「とても良い事じゃないですか! それでいきましょう!」

提督「だが、それは私が艦娘に関する情報を持っていると公言するようなものだ。艦娘と同じ姿、声をしている者が元鎮守府に一箇所で固まっていれば不審に思われるだろう」

金剛「ああ……確かに……。むー……身寄りの無い人を引き取ったとすればどうでショウか?」

提督「それでもあまり変わらないだろう」

金剛「デスよねー……」

提督「──うん?」

金剛「どうしまシタ?」

提督「この鎮守府の周辺の空き家を見ているのだが、昨日と比べて数が増えている事に気付いてな」スッ

金剛「えっと……あれ、本当デス。昨日まで一件でシタのに」

提督「移住をする季節ではあるから、いずれ空くとは思っていたが……いきなり十件近く空くとはな」

金剛「まあ、ここはどっちかと言えば田舎デスからね。深海棲艦が居なくなった今では戦争も無くなりまシタし、もっと都会の方へ移るのは当たり前なのでショウ」

提督「ふむ……皆を集めてくれるか?」

金剛「ハイ」

……………………。



408: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/10(火) 21:26:36.42 ID:qKILR08vo

提督「──さて、これでどうだろうか」

川内「うーん……」

龍田「…………」

利根「確かに近いが……」

那智(これが妥協点か……?)

響「ヤダ」

提督「響達はまだ幼いからこの鎮守府で住んでもらう。その年で自立させるのはマズイと気付いた。すまない」

雷「あ、そうなのね」

電「良かったのです!」

島風「やったー!」

暁(お子様なのも案外バカに出来ないわね……)

天龍「おいズルい! 俺達もここで暮らしたいんだぞ!」

提督「遊びに来るのは構わん」

天龍「む……それならまあ……」

提督「これで納得してくれないと、どうしようも出来ない」

神通「……仕方がないようですね」

利根「むう。提督殿の事は気に入っておったのじゃがのう」

提督「私もこれ以上は譲歩出来ん」

龍田「それなら仕方が無いわね~。ここに遊びに来ても良いのなら私は良いわよ~」

那珂「私もそれなら良いかなぁ」

大和「……まあ、それなら」

瑞鶴「仕方ないわねぇ。それで妥協するわ」

提督「話は纏まったな。では各自、引越しの準備をしておきなさい」

瑞鶴「……ところで、金剛さんはどうなるの?」

提督「まだやって貰わなければならない事がある。しばらくは住み込みで働いてもらう事になるだろう」

瑞鶴「良いなぁ……」

龍田「…………」

川内「むー……」

榛名「じゃあ、私達もですか?」

提督「お前達は金剛の姉妹だからな。希望を出すのならば終わるまでここで住むのも構わん」

比叡(良し!)グッ

川内「ずーるーいー!」

龍田「流石に私もそれは寛容できそうにないわ~」

瑞鶴「私も抗議に出るわよ」

那智「私も納得できない」

利根「うむ」

提督(……振り出しに戻った)

……………………
…………
……



414: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/12(木) 17:52:25.58 ID:eEap9igho

提督「……ふう」

金剛「なんとか納得してくれましたネ……」

提督「ああ……。疲れた」

金剛「お疲れ様デス」ソッ

提督「……抱き締めてきてどうした」

金剛「なんだか、急に愛おしくなっちゃいまシテ」スリスリ

提督「……そうか」ナデナデ

金剛「ん……落ち着きます」スリスリ

提督「……金剛」

金剛「はい。何でしょうか?」

提督「一つ、変な質問をするが良いか?」

金剛「? はい」

提督「金剛、お前は金剛だよな」

金剛「は、はい……?」

提督「…………」

金剛(テートクが何を言いたいのか分からないです……。私は私以外なんでもないですし……もしかして、艦娘の『金剛』かどうかという意味なのでしょうか……?)

金剛「えっと……」

提督「…………」

金剛(いえ、テートクがそんな事を訊くはずがないです。テートクなら自分の目で確かめて自分で判断します)

金剛「その……」

提督「…………」

金剛(……ダメ。どういう意図があるのか分からないです……)

金剛「……ごめんなさい。テートクが何を言おうとしているのか分からないです……」

提督「…………そうか」

金剛「でも! ……もし、私が艦娘の『金剛』という意味で言ったのでしたら、私は分からないです」

金剛「最近、本当に新しい事は何も思い出せないのです……。だんだんと、本当に私はテートクの知っている『金剛』なのかどう分からなくなってきました……」

金剛「こんな私は……テートクにとっては、別人なのかも、しれません…………」

提督「……………………」

金剛「…………」



415: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/12(木) 17:53:14.79 ID:eEap9igho

提督「……お前は、私の事をどう思っている」

金剛「それは……愛しています。ご迷惑かもしれませんが……」

提督「好きな理由は、どうしてだ」

金剛「…………」

提督「…………」

金剛「……………………」

提督「……………………」

金剛「……分かりません。テートクの事を思い出している内に、いつの間にか好きになっていました」

提督「いつの間にか、か」

金剛「ごめんなさい……」

提督「謝らなくて良い。なんとなく、そんな気がしていた」

金剛「…………」

提督「一つ、確認しておきたい事がある。──金剛、お前は私を愛しているんだな?」

金剛「はい。絶対です」

提督「…………」

金剛「っあ……ごめんなさい……。そんな事を言っても信用出来ませんし、テートクが傷付いて──」

提督「いや、充分だ」

金剛「テートク……」

提督「……そういえば、お前と交わした特別な言葉で、まだ言っていないモノがあったな」

金剛「…………?」

提督「I don't mind that everything is a lie. As long as love me forever.」

金剛「──え? テ、テートク……それって……意味、分かっているです、よね?」

提督「ああ、勿論だ。……まあ、お前が言った言葉を少し捩ったものだがな」

金剛「でも……なぜ……なぜですか? 私は貴方の求めている金剛ではありません……記憶をちょっと貰った、姿形がそっくりの別人です……」

提督「確かに別人だろう。だが、それは身体面での話だ。精神面は、私の知っている金剛だと思っている」

金剛「…………」

提督「私が愛したのは『金剛』そのものだ。容れ物である身体は、さほど問題視していない。言い換えるならば、姿が変わってしまっても愛せなくなる事はない」

金剛「テートク……」

提督「私が認める。お前は、私の知っている金剛だ。何もかもが嘘でも構わない。お前が私を愛していると言ってくれるのなら、私はそれで良い」

金剛「……それ以外、全て嘘でも……ですか?」

提督「ああ。私はそれだけで充分だ」

金剛「…………」

提督「…………」



416: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/12(木) 17:54:24.82 ID:eEap9igho

金剛「身体が偽物です」

提督「些細な事だな」

金剛「心もほとんど偽物です」

提督「それがどうした」

金剛「これ以上、思い出さないかもしれませんよ」

提督「今のお前で充分だ」

金剛「……貴方を、私の魂に刻んでも良いですか?」

提督「とっくに刻まれているんじゃないか?」

金剛「…………」

提督「…………」

金剛「……負けました」

提督「このやりとりで勝ったのは初めてだ」

金剛「嬉しいですか?」

提督「お前をお前と見れて嬉しいよ」

金剛「……テートク」

提督「どうした」

金剛「──大好きです」

提督「──私もだ」

コンコン──。

提督「……入れ」

金剛「え、あ、ちょっと──」

ガチャ──パタン

瑞鶴「やっほー。遊びに来たわよー。あら、金剛さんが先客のようね」

金剛「…………」

金剛(もうちょっと、テートクと甘い会話をしたかったです……)

瑞鶴「……なんだか落ち込んでるけど、私お邪魔だったかしら」

金剛「い、いえ! 大丈夫デス!」

瑞鶴(ああ、やっぱり邪魔しちゃったみたいね)



417: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/12(木) 17:54:51.37 ID:eEap9igho

提督「それより、こんな時間にどうした」

瑞鶴「夜這いって言ったらどうする?」

金剛「全力で阻止しマス」

瑞鶴「金剛さん怖いってば……」

金剛「瑞鶴には言わないといけないデスね。宣言しておきマス」ギュ

提督「…………」

瑞鶴「何を?」

金剛「テートクのハートを掴むのは、私デース!」

瑞鶴「!?」

金剛「瑞鶴には絶対に譲りませんからネー!」

瑞鶴「…………」ニヤ

瑞鶴「……宣戦布告っていう事で良いのかしら?」

提督「お前、前に邪魔は出来ないとか言っていなかったか」

瑞鶴「あの場の邪魔は出来ないって言っただけよ。諦めるなんて一言も言ってないわ」

金剛「やっぱり貴女はライバルですネ……」

瑞鶴「ふふん。今は提督さんの心は金剛さんに向いている見たいだけど、隙を見せたら攫っちゃうからね」ニヤニヤ

金剛「何があっても繋ぎ止めてみせマス!」ギュゥ

瑞鶴「まあ私は、第二夫人でも全然良いんだけどね?」ニヤニヤ

金剛「テートク! この国はそんな制度を認められていないネ!!」

提督「一夫多妻をするつもりはない。そもそも瑞鶴は私の妹だろう」

瑞鶴「ちぇー」

提督「あと金剛。お前、からかわれているだけだぞ」

金剛「……なぁッ!?」

瑞鶴「ふふっ。必死になってる金剛さん、可愛かったわよ」

金剛「ずーいーかーくー!」

瑞鶴「まあまあ。提督さんを取るっていうのは冗談だから、ね?」

金剛「それとこれとは話が別デス!」

瑞鶴「あらあら」

瑞鶴(……なんだか違うような気もするけど、二人が幸せそうならそれで良いわね)

金剛「大体、瑞鶴は──」

瑞鶴(艦娘の私の望んでた事、ちゃんと叶ったみたい)

金剛「そもそも──」

瑞鶴(幸せにね、二人共──)

金剛「ちゃんと聞いていマスか瑞鶴ー!」





──── 金剛「テートクのハートを掴むのは、私デース!」瑞鶴「!?」 ────





418: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/12(木) 17:56:54.87 ID:eEap9igho

これにてトゥルーエンドは終わりとなります。
ここまで読んで下さった方々、私のオナニーに付き合ってくれてありがとうございます。

ここからは質問やら何やらに答えていこうと思いますので、どうぞお気軽に書き込んでいって下さい。



421: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/12(木) 18:09:59.33 ID:4s66PGuyo



いい話だった



425: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/12(木) 18:36:35.76 ID:PB0b7C+H0

6でも出てたけど救護妖精に影響与えた艦娘って誰?
子供たちと一緒にいるために犠牲になろうとした母親の大和じゃないかと思っているんだけど

出てきた後は皆記憶が消えちゃっているってことでいいのかな?自分の本当の名前とか出身地とか家のことぐらいは覚えているのかね?



427: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/12(木) 19:18:53.67 ID:eEap9igho

>>425
裏設定も含んでいるのでわざと出しませんでした。



Q:
救護妖精に影響を与えた艦娘は誰?

A:
自分なりに考えている設定はありますけど、ここは各個人で妄想してもらいたい部分でもあります。
なので、考えられるであろう一部憶測の中に一つだけ正解を入れてお答えします。

1:救護妖精に影響を与えた艦娘の原典は培養液に適応できず死んでいる。救護妖精が職員を全員殺してまでやり遂げようと思ったのはこの為。
2:幼いながらも妙に頭の回る雷。それ故、救護妖精は本当は良い人だと気付いていて信じていた。
3:海軍の最終兵器である大和。最終兵器故に最後に造られているので、時系列的に可能性が高い。
4:提督の艦娘にならなかった誰か。



Q:
(カプセルから)出てきた後は皆記憶が消えているのか?

A:
正確には、記憶が定着していないだけです。ただし、時間と共に艦娘の記憶は一部を除いて消えていきます。
裏の設定として、一部の艦娘として必要な記憶や経験は原典に蓄積されます。特に練習もせず砲撃や雷撃をガンガン当てられるのはその為です。
また、そのタイミングとは艦娘の魂が原典に還った時で、この時点では記憶や経験を選別します。
何も考える事を許されていないカプセルの中とは違い、カプセル解放後の原典の少女達は物事を考えられます。なので、記憶の定着には時間が掛かり、この時の彼女達の行動次第で定着出来る記憶が決まります。
思い切り考えたり悩んだり、精神が不安定な状態であればある程、記憶の選別には時間が掛かります。
グッドエンドの金剛は、提督が全く振り向いてくれないので、焦り、悩み、何とかしようと躍起になっていたので大体の『提督の金剛』の記憶が定着しました。
一方、トゥルーエンドの金剛は、落ち着いて提督と共に記憶探しをして安定してしまっていたので、あまり『提督の金剛』の記憶が定着しませんでした。
また、原典となる前の記憶はほぼ完全に消えています。艦娘にとっては邪魔以外何物でも無いので研究者達が消しました。
ただ、姉妹や親子などの感情は完全に消えさせずにしています。なので、金剛型などの姉妹はいつも一緒にくっついています。



474: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/19(木) 16:45:01.17 ID:jJdWouZko

軽く書いたので投下します。真面目に蛇足程度なのであまり期待しない方が良いかもね。



475: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/19(木) 16:45:55.40 ID:jJdWouZko

瑞鶴「…………」チビチビ

翔鶴「…………」コクコク

大和「…………」コクコク

提督「…………」ズズッ

金剛(何を話せば良いのか分からないというのは理解できマスが、とても家族の団欒とは思えまセン……。本当に紅茶を飲んでいるだけデス……)

提督「……ここに住みだしてからそろそろ半月は経つが、この元鎮守府には慣れたか?」

翔鶴「は、はい……」

大和「……と、とても良い場所だと思います」

瑞鶴「ここって良いわよねー。鎮守府自体もこの部屋も。まさに我が家って感じ」

提督「……ふむ。金剛はどうだ?」

金剛「……私も瑞鶴と同じ意見デス。初めて来た時から知らない場所とは思えませんでシタ」

瑞鶴「あ、やっぱり金剛さんも?」

金剛「ハイ。空気と言いマスか雰囲気と言いマスか……よくは分からないですケド、ここはとても大事な場所だと思っていマス」

提督「……そうか。そう言ってくれるとありがたい」

瑞鶴「…………」

翔鶴「…………」

大和「…………」

金剛「…………」

提督「…………」

金剛(か、会話が続きまセン……)



476: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/19(木) 16:46:28.02 ID:jJdWouZko

コンコン──。

提督「入れ」

金剛(誰でも良いデス! この気まずい空気を何とかして下サイ!)

ガチャ──パタン

響「あれ、お邪魔だったかな」

金剛(……こう言うのもアレですケド……響は大人しいデスから期待は出来ないネ……)

提督「いや、構わない。どうした」

響「単純に遊びに来ただけだよ。一家の団欒中かな? それにしては空気が重いようだけど」

提督「何を話せば良いのか分からなくてな。さっきからこんな感じだ」

響「勿体無いね」トコトコ

響「よいしょ」ポフッ

金剛・瑞鶴「え」

翔鶴・大和「!」

提督「……なぜ私の膝の上に座った」

響「座りたかったからだよ。あと甘えたいから。ほら、抱き締めて」

提督「……何を言っているんだ。ほら、降りなさい」

響「ヤダ。しっかり愛でてくれないと降りない」

瑞鶴「ちょっとちょっと! 何それ! ずるいわよ! 私だってまだ身を寄せた事すらないのよ!?」

翔鶴「確かに、私も甘えた事がありません」

金剛「テートクの正妻は私デス!」

大和「どうして論点がそこになるのかしら……?」



477: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/19(木) 16:46:54.87 ID:jJdWouZko

瑞鶴「私だって甘えたいけど我慢してるっていうのに、他の子が甘えてるのなんて見逃せないわよ」

翔鶴「瑞鶴と同じです。私達はお兄さんの膝に乗った事すらないのに」

金剛「私は単純に嫉妬していマス」ヂー

大和(金剛さんは置いておいて、二人はまるで子供ね……)

提督「そういう事だ響。降りなさい」

響「むう……仕方が無いね」スッ

金剛「…………」ギュ

響「なんだい、金剛さん?」

金剛「変な事をしないようにする為デス」ギュー

響「賢明な判断だね」ソッ

金剛「…………? 手を握ってどうしまシタ?」

響「あったかいね」

金剛「……ええ」

瑞鶴「……なんか、提督さんと金剛さんの子供みたいで微妙な気分」

金剛「こ、子供……?」

翔鶴「まだ姉妹の方が近くない……?」

大和「流石にこれくらいの子供を持つには若過ぎると思いますよ」

響「おかーさん」

金剛「!」

響「おとーさん」

提督「…………」ピクッ

金剛「……ダメです。なんか母性本能が」ギュー

提督「…………」ナデナデ



478: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/19(木) 16:47:55.84 ID:jJdWouZko

瑞鶴「何あれ……凄い羨ましい……」

翔鶴「私達も言ってもらうとなると、おねーちゃんになるのかしら?」

大和「そうなると私は、おばーちゃんですね……」ズーン

翔鶴「そ、そういう意味ではなくて!」

提督「父の話によると大和の年齢は四十八になるはずだが、半分の数字でも通用するな」

瑞鶴「うんうん。私達の姉って言われても違和感無いわよね」

翔鶴「む、むしろ、そっちの方がしっくりしますよ!」

金剛「そもそもグランドマザーと呼ぶのには無理がありマス」

大和「貴女達が良い子で嬉しいわ……」ナデナデ

瑞鶴(あー……こういうのされると、やっぱりお母さんなんだなぁって思うわね)

金剛「っと、響の紅茶も用意しますネ。ちょっとだけ待っていて下サイ」スッ

響「あれ、私を放して良いのかい」

金剛「その時は響だけお茶菓子抜きデス」ニコ

響「紅茶の淹れ方を教えてもらっても良いかな」

金剛「ハイ。勿論デス!」

瑞鶴「お茶菓子の魅力には勝てなかったのね」

大和「女の子は甘い物が大好きですものね」

翔鶴「はい。甘い物が嫌いな女の子は居ませんよね」

大和「そういえば、甘い物といったら──」

提督(……ふむ。あの重々しい空気が消えたな。後で響にお礼を言うとするか)

提督「…………」チラ

提督(青いな……空。どこまでもどこまでも青くて、少し前まで戦争をしていたとは思えない青さだ)

提督(電、金剛、雷、響、瑞鶴、神通、川内、那珂、暁、天龍、龍田……皆、良くやってくれた)

提督(暁、響、雷、電……もう憶えていないのだろうが、この掛け軸はずっと飾っておくぞ)チラ

響「…………」ニヤ

金剛「どうしました、響?」

響「ううん。なんでもないよ」

瑞鶴「? 外なんて眺めてどうしたの、お兄ちゃん?」

提督「いや……ただ単に思っていただけだ──」

提督「──平和だな、とな」



479: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/19(木) 16:58:37.14 ID:jJdWouZko

以上で蛇足終了です。
加賀さんと大将Bの話も書いてみたいと思ったけど、流石にあれこれと書き出すといつまで経っても終わらない気がしたので止めました。
これが本だったら全部書いてたかもね。


三日後にはHTML依頼を出します。
現行で読めず、レスしたかったのにレス出来なかった人の為にこのSS専用のアドレスを晒しておきますので、何か感想やその他を書き残したい方が居ましたら下のアドレスにどうぞ。返せるだけ返します。

※メルアドはスレでご確認ください 


それでは、ここまで読んで下さってありがとうございました。
また会う事がありましたら読んで下さいな。



482: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/19(木) 17:08:47.90 ID:sFkSUIkXP

最初から読ませてもらってたよ
乙でした
いつかまた貴方の作品に出会える日を楽しみにしています



488: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/19(木) 21:08:24.16 ID:jMPAmafm0

本当にお疲れ様でした

次回作くるまで全裸待機します


元スレ
SS速報VIP:金剛「テートクのハートを掴むのは、私デース!」瑞鶴「!?」 三隻目
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1385048978/