2: TPP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/25(火) 00:16:52.02 ID:peCKeKSBo

P「…志保、どうして」

志保「兄さんは心配しないでください」

志保「…すぐにそいつを消して、解放してあげますから」

静香「残念だけど、それは無理ね」

静香「志保に消されるほど、私は弱くないから」

志保「…ふん、その減らず口がどこまで持つか楽しみだわ」

静香「あら、じゃあせっかくだし最後まで聞かせてあげるわよ?」

志保「…」

静香「…」



3: TPP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/25(火) 00:24:42.73 ID:peCKeKSBo

亜利沙『あ、あれ?なんだか凄くギスギスしているような…というかありさ、お腹が痛くなってきました』

伊織「亜利沙、マイク」

亜利沙『あ、はい、伊織ちゃんどうぞ』

伊織『あーあーマイクテスマイクテス、世界一可愛い伊織ちゃん!』

うおぉぉぉぉぉ!

伊織『あーはいはいうるさいわよあんた達!このハイパープロデューサー水瀬伊織ちゃんが喋るんだから静かにしてなさい!』



伊織『よろしい、じゃあ早速勝負のお題を決めるわよ』

伊織が指を鳴らす

するとステージが開き、調理台と何やらくじ引きの箱らしきものが現れた



4: TPP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/25(火) 00:33:37.12 ID:peCKeKSBo

伊織『志保、静香、あんた達のどっちかがくじを引きなさい』

伊織『そこに書かれているのがお題よ』

志保「私は引きません、何が来たって勝ちますから」

静香「じゃあ私が引かせて貰うわ」

志保「せいぜいじっくり選ぶ事ね、それがお前が作る最後の料理になるんだから」

静香「残念だけど、私はまだまだうどんを作り足りないしあの人の…P先輩の美味しいっていう笑顔が見たいから、最後にするわけにはいかないわ」

志保「お前なんかがP兄さんの名前を呼ぶな」

静香「嫌よ、私はP先輩の事が好きだもの」

志保「…殺す」



5: TPP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/25(火) 00:38:10.32 ID:peCKeKSBo

伊織『はいはい、さっさとくじ引きなさいよ』

静香「…」

くじ箱に手を入れ、探る

そして手を抜き、手の中にあった紙を開き、伊織先輩に見せた
伊織『…決まったわね、勝負品目は…うどんよ!』

勝負品目を聞き、会場がざわつく

志保は腕組みをして目を瞑り、まるで動じていなかった

…恐らく知っていたのだろう

きっとこのくじ箱の中身は全てうどんと書かれているに違いない



6: TPP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/25(火) 00:48:49.53 ID:peCKeKSBo

きっと父は私に有利な場を作って、それを打ち負かすためにこんなことをしたのだろう

だけど私はあえてそれに乗る

もう私は父の思い通りにはならない

P先輩と一緒にいるために、父の思惑にのって、それを打ち砕く!

伊織『料理対決、品目はうどん!制限時間は一時間よ!』

伊織『調理開始の宣言をなさい、亜利沙』

亜利沙『は、はい!』

亜利沙『調理開始ィィィ!』

どこからともなくゴングの音が聞こえ、ステージに設置された電光掲示板に時間が表示された



7: TPP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/25(火) 01:22:57.10 ID:peCKeKSBo

高木『ほう、最上くんのうどん作りの腕前は知っていたが…北沢くんもかなりの手際だね』

貴音『北沢志保…あれだけの腕に到達するために相当過酷な訓練を重ねたのでしょう』

高木『どういうことだい? 』

貴音『P殿にお聞きしましたが、志保は今年までうどん作りをした経験が無かったとのこと』

高木『あの素晴らしい手際を見ているとそうは見えないけどねぇ』

貴音『志保があれだけの動きを身に付けたのはP殿への愛情、執着、そして最上静香への怒りと憎しみでしょう』

貴音『志保の瞳からそういった感情が読み取れます』

高木『…負の感情は肉体や精神の限界を超えて力を引き出す動力になる、しかし…』

貴音『高木殿、わたくし達は…見守りましょう』

貴音『二人の行く末を』



8: TPP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/25(火) 01:35:00.30 ID:peCKeKSBo

高木『四条くん…お腹の虫を鳴らしながら言っても格好良くないよ…』

貴音『はて…』






P「静香、出汁はOKだ」

静香「ありがとうございます!」

先輩と分担してうどんを作る

こっちは順調だけど…

静香「志保は…」

向こうの調理台をチラッと見る

志保「…」

向こうでは志保が物凄いスピードで作業をしていた

静香「…っ」

志保の背中から発せられているプレッシャーに怯みそうになる

あれだけ大口を叩いても、恐怖を感じる程のプレッシャーだ



9: TPP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/25(火) 01:39:38.38 ID:peCKeKSBo

P「静香」

先輩の腕が肩に置かれる

P「大丈夫、力を抜いて」

P「俺達は負けられないんだろ?志保にだって」

静香「…はい」

P「俺は静香を信じてる、静香との未来を信じてる」

P「だから見せてやろうじゃないか、俺達の描く未来を」

静香「…はい!」

私は気合いを入れるために顔を張る

パン!と小気味良い音がした

静香「…」

P「静香?」

静香「強く叩きすぎて痛いです…」



10: TPP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/25(火) 01:49:48.66 ID:peCKeKSBo

調理が進むにつれ、電光掲示板の時間もまた減っていく

P「…」

調理する静香を見ながら、志保を見る

調理をしている志保からは、何か焦りのようなものを感じる

その焦りが何なのかは俺にはわからない

だけど志保の気持ちは…想いは伝わってくる

静香が俺に向けるものと同質の想いだ

いつからなのかはわからない

だけど志保が俺を想い、それに囚われているのは間違いない



11: TPP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/25(火) 01:52:58.99 ID:peCKeKSBo

志保は始まる前に言った

俺を解放すると

…志保、俺も同じ気持ちだ

俺のせいで志保が憎しみに囚われているなら、志保を解放するのは俺にしか出来ない

だから俺は、俺達は、志保を倒す

志保を倒して、またあの優しい志保に戻してみせる

俺は拳を強く握り、調理を再開した



16: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/25(火) 23:51:06.53 ID:peCKeKSBo

亜利沙『さあ残り時間もあと僅かとなりました!見たところ両者仕上げに入っている様子!』

亜利沙『一体どんなうどんが出てくるのか、ありさわくわくが止まりません!』

伊織『まあ私達は審査員じゃないから食べられないけどね』

亜利沙『…え?』

伊織『何よ、知らなかったの?』

亜利沙『あ、ありさ、朝とお昼を抜いて…』

伊織『しょうがないわね、終わったらどこか食べに連れて行ってあげるわよ』

亜利沙『あああありがとうございます!神様仏様伊織様!』

伊織『あら、もっと私を褒め称えても良いわよ?にひひ♪』



18: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/26(水) 01:40:42.84 ID:Ta9F9hyfo

志保「仕上がりました」

亜利沙『おっと先に仕上げたのは志保ちゃんです!』

亜利沙『出来上がったうどんが今、審査員の皆様の前に運ばれていきます!』

高木『ほう…』

貴音『なんと…』

静香「あれは…まさか…!?」

静香が志保のうどんを見て驚いている

P「何か知ってるのか?」

静香「父の店…それも本店でのみ販売しているうどんです」

静香「一日限定五食しか出さないのでアレを食べるためだけに深夜から並ぶ人がいるほどです」

P「そんな凄いうどんなのか…」



19: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/26(水) 01:49:09.24 ID:Ta9F9hyfo

志保「丸ごと伊勢海老のスペシャル海鮮うどんです、どうぞ」

亜利沙『ななななんと!志保ちゃんの出したおうどんは伝説の伊勢海老うどんです!やぁ~ん美味しそうです~!』

伊織『一度食べたことがあるけれどあれは相当な品よ』

伊織『あれを越えるのは相当難しいでしょうね』

亜利沙『では審査員の皆様!試食をどうぞ!』

高木『ほう…これはこれは、美味しいねぇ』

貴音『…これは』

志保「ガマゴリうどんをベースに伊勢海老を加え特製の醤油を使いぶっかけうどんにしました」

貴音『伊勢海老の甘みとあさりの味わいに…これは薄口醤油を加えているのですね』

貴音『それらが合わさることでそれぞれの素材の良さを引き出し一つのうどんとして完成している…』

貴音『わたくしはこのレベルのうどんと出会ったことはありません』

審査員から絶賛されている



20: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/26(水) 02:16:43.32 ID:Ta9F9hyfo

P「これは…もしかしたら旗色が悪いか…?」

静香「…」

志保「もうすぐ…もう少しで、兄さんを解放出来る」

志保「今度こそ、私は兄さんを救ってみせる」

志保「だから兄さん、もう少しだけ待っていてくださいね?すぐに助け出しますから」

P「志保…一体何を言っているんだ」

志保「あの人は約束してくれたんです、この勝負に勝てば最先端の記憶修復術を手配してくれるって」

志保「兄さんが失った記憶を…私が殺してしまったあの時の兄さんを蘇らせるためにも、私は必ず勝ちます」

志保「だから兄さんは、心配しないでください、必ず助けますから」

P「俺の…記憶…」



21: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/26(水) 02:24:08.01 ID:Ta9F9hyfo

静香「私を差し置いて勝手に話を進めないでくれるかしら?」

志保「お前には関係のないことよ、これは私と兄さんの問題、お前は部外者ですらないただの障害」

志保「だから私は障害を…お前を絶対に排除する、兄さんが幸せに暮らせるように」

静香「悪いけど私はP先輩と未来を誓い合った仲だから、先輩の問題は私の問題でもあるの」

志保「…兄さんを誑かす悪魔め、お前の相談を兄さんに持っていった過去の自分を殺してやりたいくらいだわ」

静香「残念だけど過去は変えられないわね、だから私は」

静香「私と先輩で、未来を切り開く」



23: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/26(水) 02:36:06.77 ID:Ta9F9hyfo

静香が出来上がったうどんを手に、一歩足を踏み出した

俺達の全てが詰まった未来を切り開くうどんだ

亜利沙『さああの伊勢海老うどんの後に765学園のうどんクイーンは一体どんな凄いうどんを出すのか!…ってあれ?』

審査員席に置かれたのは、何の変哲も無い…

静香「かけうどんです、どうぞお召し上がりください」

亜利沙『な、なんと!静香ちゃんのうどんは何の変哲も無いかけうどん!?勝負を捨てちゃったのでしょうか!?』

高木『これも美味しそうだねぇ』

高木学園長がうどんを啜り始める

一方貴音と最上父はうどんに手をつけていなかった



24: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/26(水) 02:42:11.18 ID:Ta9F9hyfo

静香のうどんを見て鼻で笑う最上父

静香はそれを見てグッと手を握った

そんな時、貴音が口を開いた

貴音『…最上殿、自分の娘の作った料理を鼻で笑うとは、一体どういうつもりなのですか』

その声には怒気が含まれている

貴音『例え親であっても…いえ、親だからこそやってはならないことをあなたは行ったのです』

貴音『心を込め作られた料理を笑う資格など何人にもありません!親として、人として、恥を知りなさい!』

貴音から激しい一喝が飛ぶ

貴音が怒ったところを初めて見た気がする

だけど静香のために怒ってくれて、俺は少しだけ、嬉しくなった



25: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/26(水) 02:45:31.29 ID:Ta9F9hyfo

貴音の喝に怯んだ最上父だったが、どんぶりを手に取るとうどんを啜り始めた

貴音『最上静香』

静香「は、はい」

貴音『いただきます』

貴音は優雅に手を合わせると、うどんを食べ始める

静香「…」

静香と俺はその光景を固唾を飲んで見守るのだった



26: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/26(水) 03:01:02.01 ID:Ta9F9hyfo

亜利沙『さてさて審査員の皆様も食べ終わったようです!それでは審査員の皆様、お手元にあるカードをご確認ください!』

亜利沙『そのカードには静香ちゃん、志保ちゃんの名前が書かれています!どちらのうどんが美味しかったをカードを掲げて投票してください!』

亜利沙『それでは投票スタートですぅ!』

高木『ふーむ、悩むね』

貴音『…』

高木学園長は悩み、貴音は目を閉じている

静香の父親やすでにカードを選んだようだ

亜利沙『それでは!提示をお願いします!』



27: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/26(水) 03:04:22.62 ID:Ta9F9hyfo

高木学園長がカードを掲げる

書かれた名前は『北沢志保』

高木『私は北沢くんのうどんかな、純粋に満足度が高かったように思えたね』

志保「ありがとうございます」

P「まずいな…」

いさかなりリーチをかけられてしまった

亜利沙『お次は貴音さん!どうぞ!』

貴音がカードを掲げる

書かれた名前は『最上静香』

P「よしっ!」



28: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/26(水) 03:07:57.48 ID:Ta9F9hyfo

貴音『わたくしの評価は最後にいたします』

亜利沙『わかりました!では最上さん!どうぞ!』

最上父がカードをとる

泣いても笑っても最後の票だ

これで勝負が決まる

最上父がカードを掲げる

カードに記された名前は…

『最上静香』



33: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/26(水) 22:53:45.29 ID:Ta9F9hyfo

亜利沙『志保ちゃん1票静香ちゃん2票!よって静香ちゃんの勝ちです!』

P「勝っ…た?」

静香「先輩!」

P「おっとっと」

静香が飛び付いてきたのでそれを抱き止める

静香「やりました…!私、私達、勝ちました!」

P「…ああ!そうだな!俺達の勝ちだ」

志保「どう…して…!」

志保が最上父に詰め寄る

志保「あなたはどうしても連れ戻したいと言っていたのに、どうして!」

貴音「落ち着きなさい、北沢志保」



34: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/26(水) 22:59:19.66 ID:Ta9F9hyfo

貴音「何故貴女が負けたのか、それは料理の出来栄えではありません」

志保「…どういう意味ですか」

貴音「志保のうどんは真、美味でした、しかしそれだけのもの」

貴音「最上静香のうどんには心がこもっていた、わたくし達に美味しく食べて貰いたい、楽しんで貰いたい、そんな気持ちを感じました」

志保「そんなもの…ただの思い込みじゃないですか、気持ちを込めれば美味しくなるというのなら世界中美味しい料理しか存在しないということですか」

貴音「…確かに、思い込みかもしれませんね、しかし実際に静香の気持ちのこもったうどんが最上殿の心を打った」

貴音「それこそが答えではありませんか」



35: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/26(水) 23:05:04.61 ID:Ta9F9hyfo

志保「そんな…そんなことで負けるなんて…それじゃあ兄さんの記憶は…」

志保が膝をつき、俯く

P「静香、静香、ちょっと離れてくれ」

静香「もう少しだけ、もう少しだけ」

P「帰ったらいくらでも抱き締めてあげるから、な?」

静香「…分かりました」

静香が身体を離す

俺は志保の所へ歩いて行った



36: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/26(水) 23:29:38.91 ID:Ta9F9hyfo

P「…志保」

志保「兄…さん」

俺は膝をつき、志保と目線を合わせる

志保「…ごめんなさい兄さん、あなたを…助けられなくて」

P「その助けるとか良くわからないけどさ、俺は不幸じゃないよ」

P「桃子がいて、このみ姉さんがいて、海美がいて、志保が、みんながいて」

P「俺は幸せだって胸を張って言える」

志保「でも…私は小さい頃に、兄さんを殺して…」

P「俺は生きてるよ」

P「確かに昔記憶は失った、だけど今はそれが気にならないくらい、充実してるんだ」



37: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/26(水) 23:40:12.08 ID:Ta9F9hyfo

志保が顔を上げて俺を見る

遠目では気付かなかったが、深い隈があったり微妙に肌も荒れているようだ

だから俺は

P「志保」

志保を強く抱き締めた

志保「にいさ」

P「ごめんな、志保」

P「俺のせいで辛い思いをさせて、本当にごめん」

志保「ちが…違うんです…私は、兄さんに謝りたくて、償いたくて…!」



38: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/26(水) 23:53:04.64 ID:Ta9F9hyfo

P「そんなことはしなくて良いんだ」

P「きっと昔の俺も、志保が苦しむことより笑ってくれる方が良いって言うはずだから」

志保「兄…さん」

P「だから志保、笑って」

P「俺は謝られるより、償われるより、志保が笑っていてくれる方が嬉しい」

志保「兄さん…兄さん…!」

P「ん、今は泣いても良い、ずっと心に抱えてたものは涙と一緒に流してしまえば良い」

志保「うう…ああ…!」

P「今までよく頑張った、偉いぞ、志保」

志保が声を上げて、子供のように泣きじゃくる

俺はそんな志保の軽く背中を叩きながら、志保が泣きやむまで抱き締めていた



39: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/27(木) 01:10:23.52 ID:iRRF64rKo

志保が泣いている

先輩に抱き締められて、子供のように声を上げて泣いていた

チラッと聞こえてきた会話から察するに過去に二人の間に何かがあり、志保がずっとそれに対して罪の意識を抱いていたみたい

…だから、自分を蔑ろにしてでも先輩に尽くそうとしていたんだろう

抱き合う二人を見ていると

静香「…お父さん」

父がこちらに向かってきた



41: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/27(木) 10:19:53.04 ID:iRRF64rKo

静香「私のうどん…どうだった?」

父は憑きものが落ちたような顔で美味しかったよ、と

そう言ってくれた

静香「ありがとう、お父さん」

そして父は少し寂しそうな顔をして、私が親離れしたことを褒めてくれる

静香「私一人じゃここまで来られなかった」

静香「あの人が…先輩が一緒にいてくれたから、私はお父さんが美味しいって言ううどんを作ることが出来たの」

静香「…うん、凄く良い人」

静香「ずっと一緒に歩いて行きたいって、そう思える人」



42: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/27(木) 10:46:52.41 ID:904tlzeEO

静香「…良いの?」

静香「…うん、ありがとう、お父さん」

静香「私、その期待に応えられるように頑張るから」

静香「…え?家には帰らないけど」

静香「ええ!?今応援してくれるって言ったじゃない!」

静香「もう!お父さんの馬鹿!」



43: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/27(木) 11:54:11.87 ID:ubtQcrNMo

P「ん、おかえり静香…ってなんで怒ってるんだ?」

静香「知りません!」

P「な、なあ静香、なんで静香の親父さんはあんなに俺を睨んでるんだ?」

静香「知りません!…それよりも」

静香「志保はいつまで先輩の手を握ってるの」

志保「私は従妹だから、手を繋いでいてもおかしくはないでしょ」

静香「じゃあ恋人繋ぎをする理由は?」

志保「私は従妹だから、恋人繋ぎをしてもおかしくはないでしょ」

静香「いやおかしいから」



44: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/27(木) 14:51:24.23 ID:ubtQcrNMo

静香「…すっきりした?」

志保「何の話よ」

静香「先輩に抱き着いて泣いてたじゃない」

志保「泣いてない」

静香「はいはい、そういうことにしておくわ」

志保「…やっぱり私はお前が気に入らない」

静香「…」

志保「でも」

志保「今までみたいに、無理矢理排除する気も無い」

静香「それって…」

志保「勘違いしないで」



45: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/27(木) 15:25:18.91 ID:ubtQcrNMo

志保「私は私の独りよがりな行動で兄さんを傷付けたくないだけ」

志保「お前を無理矢理排除すると兄さんが悲しむから」

志保「だから私は手は出さない」

静香「志保…」

志保「だけど」

静香「だけど?」

志保「それとは別に私は兄さんが好きだからお前が今いるその席…兄さんの隣は必ず奪い取るから」

静香「は!?いや駄目よそんなこと!」

志保「静香が嫌がっても関係ない、安心しなさい、兄さんは私がちゃんと幸せにするから」

静香「安心出来るわけないでしょ!?先輩の隣は絶対渡さないから!」



46: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/27(木) 21:16:41.26 ID:ubtQcrNMo

ぎゃーぎゃーと姦しい静香と志保に挟まれる

喧嘩するほど仲が良いということだろうか

とりあえず俺を間に挟んでやりあうのは止めて欲しい

亜利沙「Pさん、Pさん」

P「ん、どうした亜利沙?」

亜利沙「静香ちゃんと志保ちゃんに挟まれてる天国のような状態で申し訳ないのですが景品がありまして」

P「景品?」

亜利沙「はい」

P「わかった、静香」

静香「はい」

P「景品が出るらしい、受け取りに行こう」

静香「わかりました」



47: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/27(木) 21:26:27.54 ID:ubtQcrNMo

伊織「はいこれ、景品よ」

P「ありがとう伊織」

静香「中身は何なんです?」

私が聞くと伊織先輩は何やらニヤニヤしながら手招きした

静香「?」

私は伊織に耳寄せる

伊織(二人用の温泉旅行券よ)

静香(良いんですか?)

伊織(景品なんだから良いに決まってるでしょ?)

静香(ありがとうございます、伊織先輩)

伊織(あ、部屋は二人部屋だから夜這いするなりなんなりしてあいつをメロメロにしちゃいなさいよ)

静香「よ、よば!?」



49: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/27(木) 22:53:49.84 ID:ubtQcrNMo

P「どうした?」

静香「な、何でも無いです」

口から出かけた言葉を飲み込む

静香(い、伊織先輩!よ、夜這いって…)

伊織(良いじゃない別に、ガッとやってチュっと吸ってはあんしちゃいなさいよ)

静香(言い方!)

伊織(女は度胸よ、好きな男を押し倒せなくてどうするのよ)

伊織(それにもたもたしてたらあいつ、志保に食べられるかも知れないわよ)

静香(そ、それは…嫌です)

伊織(じゃあガンガンいきなさい、あいつにぶちんなんだから)

静香(…はい!)



52: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/28(金) 00:17:41.52 ID:tcEeMfuuO

P「内緒話は終わった?」

静香「はい」

伊織「にひひ♪」

静香は微妙に顔が赤いし伊織はニヤニヤしている

一体何の話をしてたんだか

伊織「ま、なんにせよお疲れさま、残りの文化祭存分にいちゃいちゃすれば良いわ」

P「おうよ」

静香「存分にいちゃいちゃ…よ、夜這い…」

今何やら変な単語が聞こえた気がするが、気にしないでおこう

P「それじゃ静香、行こうか」

静香「はい!行きましょう!」

ここが会場だと言うこと忘れ、手を繋ぐ

…会場全体に思いっきり冷やかされたのだった



53: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/28(金) 00:41:52.66 ID:kYpLYepMO

P「ふう…今日は疲れたな」

静香「ですね」

ようやく帰宅し、一息つく

P「緊張した?」

静香「それはもちろんです」

P「だよな」

あの後途中で志保も乱入したものの文化祭を楽しく回ることが出来た

静香「二人っきりじゃなかったのは残念ですけど、志保も一緒にいて、少し嬉しかったです」

P「そうだな…」

ずっとすれ違っていたからな

静香「でも先輩、今は二人っきりですね」

P「…そうだな」



54: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/28(金) 01:05:50.28 ID:8bNyUYCho

静香がもたれ掛かってくる

ふわりと甘い香りが俺の鼻腔をくすぐった

静香「この温もりが…私にとってかけがえのないもの」

そういって静香が目を閉じる

静香「私は、夢を叶えるのは独りじゃないと意味がないって思っていました」

静香「だけど違った…独りきりじゃ叶えられないって、わかったんです」

静香「独りで叶えられる人もいるかも知れません、だけど私はそんなに強くない」

静香「あなたが行き詰まっていた私に、自分自身というガラスの檻に閉じこもっていた私に手を差し伸べてくれた」

静香「たった一粒の、ちっぽけな私を掬ってくれた」



55: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/28(金) 01:19:04.86 ID:8bNyUYCho

静香「そのあなたとこうやって一緒に寄り添って、二人の時間を過ごせて」

静香「私は幸せです」

P「静香…」

静香の頭を撫でる

静香「ねえ…先輩」

P「ん?」

静香「私はもっとあなたを感じたい」

P「…それは」

静香「私に、ください、あなたを」

P「わかった」

二人でベッドに寝転がる

そしてキスをした後

静香の生地を捏ね、めん棒で仕上げをした



61: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/29(土) 00:53:15.85 ID:V43dPrlko

静香「はあ…はあ…」

P「お疲れさま静香、良く頑張ったな」

静香「は、話には聞いていましたけど…本当に体力使うんですね」

P「下手な運動より運動してるって聞いたことあるな」

静香「ふう…」

くたびれた感じで静香が俺の胸元にもたれ掛かってくる

そしてそのまま頭をぐりぐりと押し付けてくる

P「静香?」

静香「あなたのこの胸に抱かれてたんですよね…」



62: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/29(土) 01:09:29.54 ID:V43dPrlko

P「そうだな…可愛かったぞ、静香」

静香「ふふ、例えば何処が、ですか?」

P「触られてびくびくってなってたとことか」

静香「もう…えっちなんですから」

静香「でも…あなたに触られてあんなに喜んでた私も、えっちなのかも知れませんね」

P「俺はえっちな静香も好きだよ」

静香「ふふ、ありがとうございます」

P「静香…」

静香「駄目です、また今度」

P「むう…仕方ないか」



63: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/29(土) 01:24:17.65 ID:V43dPrlko

静香「…先輩、11月の連休はお暇ですか?」

P「11月?特に予定は無いけど…なんで?」

静香「でしたらその…私と温泉に行きませんか?」

P「温泉?」

静香「はい、温泉です」

P「俺は構わないけど、費用とかは?」

静香「それについては問題ありません」

静香が小さな胸を張る



64: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/29(土) 01:34:57.25 ID:V43dPrlko

静香「今日貰った景品、実は温泉旅行のチケットだったんです」

P「そうだったのか」

静香「はい、ですから連休にあなたと行きたいなと」

P「そう言うことなら大歓迎だ、行こう」

静香「ありがとう!今から楽しみです」

P「俺も、楽しみにしてるよ」

お互いにテンションが上がった結果

鉢に水で溶いた小麦粉を注いだ



71: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/29(土) 23:55:32.11 ID:V43dPrlko

未来「しーずかちゃん!」

静香「あら、おはよう未来」

未来「でへへ~、おはよう!」

静香「随分機嫌が良いじゃない」

未来「うん!だって文化祭での静香ちゃん格好良かったもん!」

静香「そう?」

未来「うん!それに先輩と手を繋いでた静香ちゃんすっごく幸せそうだったし!」

静香「あ、あれは忘れて…」



72: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/30(日) 00:05:05.64 ID:l8rfLBFTo

未来「静香ちゃん、先輩と付き合ってたんだね!」

静香「ええ、とても良い人よ」

未来「静香ちゃんの顔見てたら分かるよ」

静香「…そんなに顔に出てた?」

未来「うん!」

静香「そ、そう…」

ちょっと恥ずかしい

未来「ところで静香ちゃん」

静香「何?」

未来「ちょっとおっぱい大きくなった?」

静香「ぶっ」



73: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/30(日) 00:09:16.79 ID:l8rfLBFTo

未来「うわぁ!静香ちゃんきちゃないよ!」

静香「ご、ごめんなさい…でもいきなり何を聞いてるのよ」

未来「うーんなんかそんな感じがして…えい!」

静香「ひゃあ!?」

未来がいきなり私の胸を鷲掴みにする

未来「うん、やっぱりちょっと大きく…痛い痛い!静香ちゃん!私の腕そっちには曲がらないからぁ!」




静香「全く…次やったら両腕へし折るわよ」

未来「うう…静香ちゃんが恐い」



74: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/30(日) 00:20:58.59 ID:l8rfLBFTo

静香「それで…」

未来「?」

静香「ほ、本当に私の胸、大きくなってたの?」

未来「うん!体感で0.1cmは大きくなったと思うよ!」

静香「そ、そう…何でかしら…」

未来「最近私が仕入れた情報なんだけど、自分で揉んだり誰かに揉んで貰うと大きくなるんだって」

静香「…それ、本当?」

未来「わかんない」

静香「…」

もしこの情報が本当なら、もしかして夏休みの時とかにしたアレが効果を…?

未来「?静香ちゃん、顔赤いけどどうしたの?」

静香「な、何でも無いわ」



75: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/30(日) 00:37:33.34 ID:l8rfLBFTo

…やっぱり先輩も大きい方が好みなんだろうか

この前は特に何も言わなかったけど、実はがっかりされていたんじゃ…

そんな考えばかりが頭の中を駆け巡る

未来「静香ちゃん?静香ちゃーん」

…やはりここは大きくするために努力しなければ

静香「未来」

未来「あ、帰ってきた、どうしたの?」

静香「私、胸を大きくするわ」

未来「えっ」



76: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/30(日) 00:41:32.22 ID:l8rfLBFTo

静香「…と言う訳なんだけど」

昼休み、私は胸を大きくするためにやるべきことを相談しに来ていた

志保「…」

静香「志保、聞いてる?」

志保「…一つ言って良いかしら」

静香「どうぞ」

志保「お前、うどん食べすぎて頭の中までつるつるの喉越しの良いうどんみたいになってない?」

静香「つるつるの喉越しの良いうどんの何が悪いのよ!」

志保「…」



77: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/30(日) 00:45:52.05 ID:l8rfLBFTo

静香「それで、志保は胸が大きいわよね?」

志保「お前よりはね」

静香「どうやったの?」

志保「は?」

静香「どうやって胸を大きくしたの?」

志保「知らないわよ、勝手に大きくなったんだから」

静香「なにか、なにか理由があるはずなのよ」

志保(…面倒くさい)



78: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/30(日) 00:50:26.79 ID:l8rfLBFTo

志保「!」

志保「そうね…例えば好きな人に揉んで貰うとか、好きな人の事を想って自分で揉むと大きくなるとは言われてるわね」

静香「それ、未来も言ってたわ…やっぱり効果があるのね」

静香「…志保も好きな人…先輩のことを想って揉んだりしたのかしら?」

志保「し、静香には関係ないでしょ」

そういって微妙に赤くなって顔を逸らす静香

静香「…試してみようかな」



79: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/30(日) 01:00:26.37 ID:l8rfLBFTo

P「ただいま」

放課後、冬馬と少しだけ寄り道をしてから帰宅する

どうやら静香以外はまだ帰ってきていないようだ

とりあえず部屋に荷物を置いて一息つこう

そう考えて部屋の扉を開けると

静香「…えっ!?」

P「えっ」

俺のベッドで胸元をはだけさせ、自分の身体に手を伸ばしている静香がいた



80: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/30(日) 01:11:02.15 ID:l8rfLBFTo

P「し、静香…一体何を…いや、なんでナニを」

静香「そ、それはその、理由があって」

P「と、とにかくだ」

静香「は、はい」

P「その…ムラムラする」

静香「うっ…」

P「静香」

静香「は、はい」

P「良いかな?」

静香「…はい、来てください」

ナニからナニまで楽しんだ



86: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/04/30(日) 23:57:26.99 ID:l8rfLBFTo

P「ところで静香」

静香「?」

P「なんでわざわざ俺のベッドでナニってたんだ?」

静香「そ、それは…」

静香が言いにくそうに口をもごもごさせる

P「言いにくい?」

静香「その…理由を聞いても笑いませんか?」

P「んー、内容によるけど…真剣っぽいしちゃんと聞くよ」

静香「わかりました、では…」



87: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/05/01(月) 00:05:22.39 ID:y+WQrU7Eo

静香「そのですね?やっぱり男の人は胸が大きい方が好みなのではと思いまして」

P「…はい?」

静香「それで未来や志保が好きな人に揉んで貰ったり好きな人を想いながら胸を揉むと大きくなるらしい…と」

P「…それで俺のベッドで?」

静香「はい…ここが一番あなたの匂いがして、あなたを感じられるかなと思って」

P「えっ、まさか匂うのか」

静香「いえ、そうではなくて…なんて言えば良いのか自分でも良くわからないんですけど」

静香「私はあなたの匂い、好きです」

P「そうか…」



88: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/05/01(月) 00:10:51.45 ID:y+WQrU7Eo

P「…ふふっ」

静香「あ!なんで笑うんですか!?」

P「いや…たださ」

静香の頭に手を置いて優しく撫でる

P「胸の大きい小さいは俺は気にしないよ、好きになった人の胸が好きだ」

P「だけど静香の気持ちは凄く嬉しい、俺のためにありがとうな」

静香「…なんだか子供扱いしてませんか?」

静香が片方だけ頬を膨らませる

P「そんなことは無いぞ」

俺は膨らんだ静香の頬を突っつき、空気を抜く



89: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/05/01(月) 00:24:30.48 ID:y+WQrU7Eo

P「静香のことを子供扱いしてたら俺達はこんな関係にはなれなかったんだ」

P「だから俺は、静香のことをちゃんと一人の女性として…一番大切な人として扱ってるよ」

P「俺は静香のその綺麗な髪が好きだ、その慎ましいけど無いわけではない胸が好きだ、ちょっと怒りっぽいけどとても心優しいところが好きだ」

P「俺は、静香の全部が好きだよ」

静香「あ、ありがとうございます…」

P「だから俺の好みのためになんて気にしなくて良い、だってどう変わろうと俺はその静香を好きになるから」



90: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/05/01(月) 00:35:44.50 ID:y+WQrU7Eo

静香「ふふ、嬉しいです」

P「まあ静香が胸を大きくしたいならそれはそれで手伝っても良いかなって」

P「むしろ手伝いたい」

静香「駄目です、私もう胸のことは気にしないことにしましたから」

P「それなら仕方ないな」

静香「はい、諦めてください」

P「…はは」

静香「ふふっ」

明らかな茶番なのだが楽しく思えてしまうのは静香と一緒だからなのだろう

どんなくだらないことでも静香と一緒なら楽しく思える

俺はそれだけこの子のことが好きなんだな



91: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/05/01(月) 00:44:33.37 ID:y+WQrU7Eo

P「さて、そろそろ準備とか始めようか」

静香「そうですね、今日もお客さんいっぱい来てくれるでしょうし」

P「静香の親父さんもな」

静香「あの人は…最近仕事を放り出して来てるみたいで」

P「なんでまた」

静香「さあ…なんでも跡継ぎを見つけたとか何とか」

P「ふーん…よくわからないけど、最近静香の親父さんもうどんのこと色々教えてくれるからちょっと楽しみだよ」



92: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/05/01(月) 00:59:29.97 ID:y+WQrU7Eo

静香「先輩」

P「ん?」

静香「んっ」

不意打ち気味に静香がキスをしてくる

P「…どうしたんだ?」

静香「今日はまだキスをしていませんでしたから」

P「そっか…」

静香「それじゃあ色々と補給したので、今日も頑張りましょう!」

P「ああ」

静香「Pさん」

P「ん」

静香「これからも私達のかけがえのないもの、大切にしていきましょうね」



93: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/05/01(月) 01:00:19.37 ID:y+WQrU7Eo

尾張
明日はおまけの温泉を少々



103: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/05/02(火) 01:29:10.77 ID:3xbLpRcgo

P「温泉だ」

静香「温泉ですね」

文化祭での料理勝負に勝った俺達は今、景品の温泉旅行券を使い温泉に来ていた

ちなみに温泉に行く前、静香は志保と一悶着会ったらしいのだが詳しいことは教えてくれなかった

静香「やっぱり独特の匂いがしますね」

P「そうだな…でもこの匂い、俺は嫌いじゃない」

静香「ふふ、私もです」

P「まずは旅館に荷物置きに行くか」

静香「はい」



104: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/05/02(火) 01:36:42.16 ID:3xbLpRcgo

旅館に到着し、部屋に案内される

静香「ここが私達が泊まる部屋ですね」

P「ああ、結構良い部屋だな」

静香「そうですね、結構良い雰囲気がします」

部屋はまさに旅館といった感じの部屋で中々に広く、のんびり寛げそうだ

荷物を置いて畳に寝転がる

すると静香も荷物を置いた後、俺の隣に寝転がった

P「畳は良いな」

静香「はい」



105: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/05/02(火) 01:45:08.60 ID:3xbLpRcgo

P「このまま畳の上でごろごろするのも良いけど…どうする?」

静香「そうですね、とりあえずは…」

P「とりあえずは?」

静香「もうちょっとごろごろしてから決めましょうか」

P「ん、賛成」

静香と畳の上でごろごろする

とても穏やかな時間を過ごせた



106: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/05/02(火) 02:00:38.48 ID:3xbLpRcgo

P「…よし」

静香とある程度ごろごろした後、浴衣に着替えて外で待つ

静香「お待たせしました」

P「お、おお…」

夏祭りの時とは違う浴衣を身に纏った静香が出てくる

P「綺麗だ…よく似合ってる」

静香「ありがとうございます…とと」

P「歩きにくいか?」

静香「そうですね、草鞋はあまり履き慣れていないので…」



107: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/05/02(火) 02:02:17.06 ID:3xbLpRcgo

P「なら転ばないようにちゃんとエスコートしないとな」

静香に手を差し出す

静香「はい、お願いします」

静香は差し出された俺の手を取る

P「じゃあ、行こうか」

静香「はい」

俺は静香の手を引いて、歩き出した



108: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/05/02(火) 02:24:42.68 ID:3xbLpRcgo

P「階段、気を付けてな」

静香「はい」

静香と一緒に土産物屋を見て回る

色々なものが置いてあり、見ているだけで楽しい

静香「ふふ、このお土産、星梨花に買って帰ろうかしら」

P「これは海美の分、これは志保の分、これは翔太の分、冬馬の分は…温泉卵で良いか」

静香「志保のお土産はこれにしようかな…」

P「お、志保喜びそうだな」



109: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/05/02(火) 02:28:45.29 ID:3xbLpRcgo

土産物を買って店を出る

そろそろお湯に浸かりたいところだが…

静香「Pさん」

静香が俺の浴衣の袖を引く

P「ん?」

静香「あっちに足湯があるみたいです、行ってみませんか?」

P「足湯か、良いな」

静香「では、行きましょう」



110: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/05/02(火) 02:42:26.59 ID:3xbLpRcgo

P「温かいな…」

静香「そうですね…すごく気持ち良い」

足からじんわりと温かくなってくる

とても気持ちが良い

隣を見ると静香が目を擦っていた

P「目にゴミでも入った?」

静香「いえ、そういうわけでは…ふぁ」

そういって小さくあくびをする

P「肩貸すし、ちょっとだけ寝るか?」

静香「…じゃ、じゃあお借りします」



111: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/05/02(火) 02:56:35.17 ID:3xbLpRcgo

静香がコトンと俺の肩に頭を落とす

静香「Pさんの肩、固いですね」

P「固い肩」

静香「ふふ…それで笑うのは千早さんくらいですよ?」

P「えっ」

こんなので笑うのか…如月さんのクールなイメージが崩れそうだ

しばらくすると静香の寝息が聞こえてきた

P「おやすみ、静香」

俺は静香の頭を撫でると

同じように目を閉じた



116: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/05/02(火) 23:58:38.93 ID:3xbLpRcgo

P「ここは良いところだな」

静香「そうですね」

旅館で夕食を食べ、温泉を堪能した俺達は部屋に戻り思うように寛いでいた

静香「Pさん、明日は朝から温泉街巡りにしましょう」

P「構わないけど」

静香「実はこの温泉街にはとても美味しいうどん屋さんがあるそうで」

P「なるほど、何か勉強になるかも知れないな」

静香「はい、ですので今日は早く休もうかと」

P「良し分かった、じゃあ今日は早めに寝ようか」

既に敷かれていた布団に潜り込み目を瞑る

静香「おやすみなさい」

P「ああ、お休み」

眠気はすぐにやって来た



117: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/05/03(水) 00:25:18.97 ID:Gc1FvPtMo

P「…んん」

夜中、ふと寒さを感じて目が覚める

P「なんだ…?」

寒さの理由はかけ布団がなかったからだ

暑くて布団を蹴飛ばしたのだろうか

そして気付く、もう一つの違和感に

…誰かが覆い被さってる

P「!?」

その誰かは俺の浴衣を開けさせ、胸元をそっと撫でた

冷たい指で撫でられ変な声が出てしまう

P「ひぃっ!だ、誰だ!」

「…起きちゃいましたか」



118: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/05/03(水) 00:30:57.61 ID:Gc1FvPtMo

聞き慣れた声と目が慣れてきたのか、相手が誰かわかる

P「し、静香…?」

静香「はい」

P「な、何をしてるんだ?」

静香「夜這いです」

P「夜這いってお前な…」

静香「喋っちゃ駄目です」

静香が人差し指で俺の口を塞ぐ

P「…」

静香「…Pさん」

静香が俺の首筋に顔を埋め、舌を這わせる

P「っ」

そしてそのまま首筋を吸い始めた



119: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/05/03(水) 00:35:04.00 ID:Gc1FvPtMo

P「…ははっ、なんか吸血鬼みたいだな」

静香「ん…もし私が吸血鬼ならあなたを眷属にして一生一緒にいられますね」

P「それも悪くないけど」

体を起こすと静香と正面から抱き合う形になる

P「俺は今のまま、静香とちゃんと歩いて行きたいな」

静香「…」

P「で、なんでこんなことを?」

静香「その…伊織先輩に旅行券を渡されたときに焚き付けられて…」

P「あの生意気デコ娘…」



120: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/05/03(水) 00:37:37.59 ID:Gc1FvPtMo

静香「それで夜這いの意味は知っていたんですがやり方を知らなかったので本の知識が豊富な百合子に聞きに行ったんです」

P「プロダクション書記の?」

静香「はい、そこで百合子が首筋を吸ったり舐めたりすれば良いと」

静香「まるで経験があるかのように教えてくれました」

P「ふむ」



121: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/05/03(水) 00:42:02.71 ID:Gc1FvPtMo

静香「でも」

再び静香が俺の首筋に顔を埋める

静香「あなたの匂いを嗅いでいると頭がくらくらして、ふわふわします」

P「…俺の体から危険物でも出てるのか」

静香「体の奥から熱くなって、何というか…凄いです」

P「凄いか」

静香「はい、凄いです」

静香「このままじゃ間違いなく寝られないくらい、凄いです」

P「…」



122: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/05/03(水) 00:48:19.67 ID:Gc1FvPtMo

正直俺自身も静香の体の柔らかさは熱っぽい表情、シャンプーの香りにくらくら来ている

P「静香」

静香を抱き締めようとした時、静香に押し倒された

P「…ほ?」

まさかあの細腕に押し倒されるとは思わず間抜けな声が出る

そして反応が遅れた隙を突かれ、静香が手早く帯を外してそのまま俺の腕を縛った

P「ちょっ」

静香「夜這いですから、今日は私が主導権を握ります」



123: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/05/03(水) 00:53:42.89 ID:Gc1FvPtMo

P「ちょ、これ取れないんだが!」

思ったよりも本格的に縛られていてほどけない

静香「暴れちゃ駄目ですよ、他のお客さんの迷惑になりますから」

P「ぬぐぅ…」

静香「Pさん…」

静香が俺の胸元を舐めたり吸ったりを繰り返す

P「くっ…」

静香「ふふ、あなたが隠してた麺棒が、私を求めてますよ?」

P「静香っ…!」

静香「大丈夫、ちゃんと私が手入れしてあげますから」

そういって静香は俺の麺棒を握り

静香に麺棒を丁寧に手入れされた



124: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/05/03(水) 01:01:28.04 ID:Gc1FvPtMo

P「はあ…」

静香「ふふ」

麺棒の手入れの後、部屋に備え付けられている小さな露天風呂に入り汗を流す

俺はかなり疲れたのだが、静香はつやつやしていた

そして今、静香は湯船の中で俺の膝に座り胸に頭を預けていた

静香「星と…月が綺麗ですね」

P「そうだな…漱石か?」

静香「はい」

P「ならずっと月は綺麗だよ」

静香「ふふ、ありがとうございます」



125: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/05/03(水) 01:15:43.02 ID:Gc1FvPtMo

静香「あなたとこうやっていることが、なんだか夢みたいですね」

P「夢…か」

静香「あなたという一粒が…たった一粒の夢が動かしてくれたから、新しい私になれた」

静香「自分の夢を追いかけて焦ったり立ち止まったりを繰り返していた私の背中を押して…いえ、一緒に歩いてくれた」

静香「今はまだ道の途中ですけど、あなたと一緒ならまだ見えない遙か彼方にだって行ける…そう確信しています」

それを聞き、俺は静香を抱き締める

P「ありがとうな、静香」

静香「?」

P「俺はさ、自分のやりたいことが見つからなかった」

P「だけど今は違う、静香と一緒に同じ夢を見て、その夢を掴みたいと思ってる」

P「だからありがとう静香、俺に生きる意味をくれて」



129: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/05/03(水) 01:27:42.47 ID:Gc1FvPtMo

静香「私がPさんに何かをあげられたのなら、とても幸せです」

静香「あなたと二人で見るこの景色も、この星空も、私たちの夢が導いてくれた…」

静香「私の夢だったものがあなたのおかげで私達の夢になって」

静香「きっとこれからも私達を導いてくれる」

静香「あなたと歩く未来を、照らしてくれる」

静香「私達の未来は、ここにある」

そういって自分の胸に手を当てる静香



130: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/05/03(水) 01:56:37.09 ID:+Zkno1dyo

P「静香」

静香「はい」

P「今の俺達が羨むような、そんな最高の未来を作ろうな」

静香「はい!」

きっとこれからも困難は待ち受けているだろう

だけど俺達ならどんな困難だって乗り越えられるって、そう思える

静香「Pさん」

P「ん?」

静香「ん…」

静香が素早く俺にキスをする

静香「これからもずっと…私の…私だけのたった一つだけのかけがえのないものでいてくださいね」

そして俺達は、もう一度キスをした



131: BSP ◆p7PT31uvn8zf 2017/05/03(水) 01:57:18.30 ID:+Zkno1dyo

尾張名古屋



134: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/03(水) 03:18:10.65 ID:ITSJRGDD0

おつおつ
楽しく読ませてもらったよ~



135: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/03(水) 03:41:30.57 ID:lCl0Mzb/0

美奈子たのしみにしてます!


元スレ
SS速報VIP:【ミリマス】765学園物語HED √PG 後編
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493045829/