過去作
【ミリマス】七尾百合子「杏奈ちゃんは半殺しにしようかな?」



SS速報VIP:【ミリマス】ミリP「子どもの日」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493916230/



1: ◆y6uYTky2xI 2017/05/05(金) 01:43:50.46 ID:EMQlx/Sp0

子どもの日なので書きました

微妙にキャラ崩壊してるかもしれません
子どもを見るように優しい目で見てください

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1493916230




2: ◆y6uYTky2xI 2017/05/05(金) 01:44:35.98 ID:EMQlx/Sp0

P「今日は子どもの日だ」

P「普段あんまり遊べない分しっかり遊んでやろうと思う」

P「主に小学生組と!」

小鳥「変な気はおこさないでくださいね」

P「うるせーやい!それじゃ行ってくる」

小鳥「ちょっと今日の仕事」

P「毎日妄想ばっかりしてる小鳥さんが一日くらいまともに仕事すればこれくらい余裕でしょ」ダッ

小鳥「辛辣すぎる…ってもう行ってしまった」



3: ◆y6uYTky2xI 2017/05/05(金) 01:45:35.57 ID:EMQlx/Sp0

P「というわけで遊ぼう環!」

環「おやぶん遊んでくれるの!?やったー!」

P「環は何がしたいんだ?」

環「えーっとねー、鬼ごっこ!」

P「よし、なら近くの公園に行くか」


ーー公園ーー

環「たまき一番乗りー!」

海美「環はいつも元気だねー」

響「それが環のいい所だぞ」

P「二人とも付き合ってくれてありがとうな」

響「二人で鬼ごっこしてもつまんないだろうしね」

海美「私も体動かしたかったし構わないよ」




4: ◆y6uYTky2xI 2017/05/05(金) 01:46:39.51 ID:EMQlx/Sp0

環「最初はおやぶんが鬼ね!にっげろー!」

海美「わー逃げろー!」

響「ふふーん、プロデューサーに自分たちが捕まえられるかな」

P「プロデューサーをあんまりなめるなよ」ニヤッ

環「ほらほらおやぶんこっちだぞー」

P「待てー!」

海美「おそいよプロデューサー!」

P「ま、待てー」ハアハア

響「プロデューサー、息切れてないか?」

P「そんな事…ないぞ…」ゼエハア

環「おーやぶーんこーちーらー!」

P「おえっ…うっ、はあはあ…待って…」ポン



5: ◆y6uYTky2xI 2017/05/05(金) 01:47:42.10 ID:EMQlx/Sp0

P「ん、だれだ?」

警察「女の子を追い回してる不審者は君だね、ちょっと署まで行こうか」

P「いやいや違いますって!一緒に遊んでるだけですから!」

警察「抵抗するんじゃない!ほら行くぞ!」

P「うわああああああああ」ズルズル

海美「プ、プロデューサー!」

環「おやぶんいいなー、環もパトカー乗りたいぞ」

海美「そんな場合じゃないよ、どうしよ響!」

響「心配しなくていいぞ。プロデューサーは慣れっこだからな」

環「おやぶん、警察の人と友達なの?」

響「環や海美たちが来てからは回数も減ったけど、昔は週3くらいで警察に行ってたからな」

海美「それってどうなのさ…」

響「聞いた話だと警察からアイドルになった人や警官を勧誘したプロデューサーもいるくらいだしどうって事ないと思うぞ」

海美「アイドル界がよく分からなくなっちゃったよ」

環「たまきも警察署行くー!」

響「それじゃあ、一回事務所に帰ってからプロデューサーの迎えに行くぞ」

環「うん!」

海美「大丈夫かな、プロデューサー…」



6: ◆y6uYTky2xI 2017/05/05(金) 01:48:11.94 ID:EMQlx/Sp0

ーー事務所ーー

P「いやー久しぶりに警察にお世話になってしまった」

小鳥「部長さんどうでした?」

P「すごい元気だった。新しい巡査もやる気にあふれてて相変わらずいい所でしたよ」

海美「警察と仲良すぎでしょプロデューサー。談笑しながらお茶飲んでたし」

響「だから問題ないって言ったぞ」

環「おかし美味しかったしおじさん達もいい人だったね!」

P「さて、3人はお昼から仕事だ。頑張ってな!」

環「おやぶんついてきてくれないの?」

P「ごめんな環、次に行かなきゃならん所があるんだ」

環「う~、分かった。環我慢する」

P「えらいぞ環。響、海美、環を頼むぞ」ナデナデ

響「はーい」

海美「任せてよ」

環「今日はありがとうおやぶん!また遊ぼうねー!」ノシノシ

P「今度は鬼ごっこ以外で遊ぼうな」



7: ◆y6uYTky2xI 2017/05/05(金) 01:48:45.92 ID:EMQlx/Sp0

小鳥「次はどこへ?」

P「桃子たちが朝から仕事なんで迎えに行ってそのままご飯を食べてきます」

美奈子「ご飯ならここに」スッ

P「美奈子ごめん今日だけは許して。小鳥さんが全部食べるから」ダッ

小鳥「えっ」

美奈子「えー、仕方ないですね」スッスッ

小鳥「えっえっ?」

美奈子「とりあえず炒飯3人前と餃子5人前とレバニラ炒め7人前作ったので食べてください!」スッ

小鳥「……………えっ?」



8: ◆y6uYTky2xI 2017/05/05(金) 01:50:28.83 ID:EMQlx/Sp0

ーースタジオ前ーー

P「お疲れ様、桃子」

桃子「お兄ちゃん、おはよう」

P「春香と雪歩もお疲れ様」

雪歩「プロデューサー、迎えに来てくれてありがとうございます」

春香「桃子ちゃんすごい頑張ってましたよ」

桃子「プロだもん、あれくらい当然だよ」グウ?

桃子「い、今のはなんでもないから!///」

春香・雪歩(かわいい)

P「ちょうどお昼だからな、一緒にご飯に行こう。ホットケーキが美味しい店があるんだ」

桃子「本当!?ありがとうお兄ちゃん」ニッコリ

雪歩「よかったね桃子ちゃん」フフッ

春香「わざわざ調べてくれたんですよねー」コッソリ

P「さあなー」スットボケ

春香「かっこつけたがりなんですから」

P「ちょっとくらいいいだろ?早速行くから三人とも車に乗ってくれ」

桃子・春香・雪歩「はーい」



9: ◆y6uYTky2xI 2017/05/05(金) 01:55:06.92 ID:EMQlx/Sp0

ーー食後ーー

P「どうだった桃子?」

桃子「すごいフワフワでとっても美味しかったよ!」

P「そういってくれるとごちそうしたかいがあるよ」

雪歩「ご馳走様でしたプロデューサー」

春香「私ももっと美味しいお菓子を作れるようになりたいなー」

桃子「春香さんのお菓子も桃子好きだよ。優しい味がするから」

春香「あーもうかわいいなあ桃子ちゃん!」ナデナデギュー

P「桃子が素直に言えるようになって嬉しいぞ…ふわあ」

雪歩「眠いんですか?」

P「食後だしちょっとな」

桃子「気をつけてよねお兄ちゃん」

P「大丈夫大丈夫、春香のドンガラじゃあるまいし…あっ」ドン

春香「プフーwww人の事バカにするからですよwww」

P「笑ってる場合じゃねえよ!」



10: ◆y6uYTky2xI 2017/05/05(金) 01:57:18.69 ID:EMQlx/Sp0

桃子「お兄ちゃん…」ドンビキ

P「やめてそんなゴミを見るような目で見ないで!」

春香「黒塗りですごい高級そうな車ですねー」

雪歩「なんか黒服にグラサンの人が降りてきましたよ」

P「もうだめだあ…おしまいだあ…」

春香「プロデューサーさん、度胸ですよ、度胸!」

P「そ、そうだな。とりあえず話してみるよ」ガチャッ

桃子「お兄ちゃんは仮にもプロデューサーだし口は上手いはず」

春香「あっ、速攻で土下座してる」

桃子「身も蓋もないね」

雪歩「うーん、あの人見た事あるような」

桃子「雪歩さん、グラサンの知り合いがいるの?」

春香「しっ、そこはふれちゃだめだよ桃子ちゃん」

雪歩「ちょっと行ってくるね」ガチャッ

桃子「雪歩さん!?春香さん止めなくていいの!?」

春香「雪歩なら大丈夫だよ」

桃子「本当だ、黒服の人がペコペコしてる」

春香「ねっ」グッ



11: ◆y6uYTky2xI 2017/05/05(金) 02:00:12.28 ID:EMQlx/Sp0

ーー事務所ーー


P「助かったよ雪歩」

雪歩「うちのお弟子さんでよかったですぅ」

春香「話したら意外といい人だったし、まさか私たちのファンだったなんてね」

桃子「お詫びとはいえサインだけでよかったのかな」

P「手書きサインなんてファンからしたら宝だからセーフ」

桃子「それはお兄ちゃんが言っていい事じゃないよ」

春香「とにかく、もう事故らないように注意してくださいね!」

P「はい、すみませんでした」

雪歩「下手したら海の底でしたよ」

P「心の底から反省します」

桃子「もう…ふわあ」



12: ◆y6uYTky2xI 2017/05/05(金) 02:01:55.87 ID:EMQlx/Sp0

雪歩「桃子ちゃん、お昼寝する?」

春香「朝早かったからねー、眠くなるのも仕方ないよ」

桃子「うん、そうする」

P「それなら仮眠室に…ん?どうした桃子、袖を引っ張って」グイッ

桃子「…」

雪歩「プロデューサー、寝るまで付き添ってあげてください」コッソリ

P「そういう事か、ありがとな雪歩」コッソリ

P「あー、俺もまだ眠いしなー、一緒に仮眠室行くか桃子」(棒読み)

桃子「お、お兄ちゃんがそういうなら、しょうがないから桃子が一緒に寝てあげるよ」///

春香「プロデューサーさんへったくそですね」

P「春香はもっとボーカルレッスンをしろ」スタスタ

春香「昔に比べたら上達しましたよ!」プンプン



13: ◆y6uYTky2xI 2017/05/05(金) 02:02:28.47 ID:EMQlx/Sp0

ーー仮眠室ーー

桃子「お兄ちゃん」

P「どうした、桃子?」

桃子「今日はありがとう。久しぶりに一緒にご飯食べられて楽しかった」///

P「どういたしまして。桃子だけじゃないけどみんな忙しくなってきかたからなー」

P「俺も久しぶりに桃子とご飯食べてお話できて楽しかったぞ」

桃子「また行こうね」

P「おう、桃子はまだ子どもなんだからもっと甘えてもいいんだぞ」

桃子「むう…桃子はこの業界じゃ先輩なんだから」

P「俺の方が桃子の倍は生きてるからおあいこだ」

桃子「じゃあ…一つだけいい?」

P「なんだ?」

桃子「桃子が寝ちゃうまで、手をつないでて」///

P「…ふふっ、いいぞ」ギュッ

桃子「お兄ちゃんの手、おっきい…あったかい」

桃子「おやすみなさい、お兄ちゃん」

P「おやすみ桃子」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/05(金) 02:04:13.39 ID:EMQlx/Sp0

ーー仮眠室前ーー

春香・雪歩「かわいいなあ桃子ちゃん」コッソリ

P「お前らはどうするんだ?」ガチャッ

春香・雪歩「添い寝してきます」シュバッ

P「はいよ、ごゆっくり」スタスタ

P「最初のころはずっとツンツンしててどうしたものかと思ってたが、いい仲間と出会えてよかったな桃子」

小鳥「なーにいい話っぽくしてるんですか」

P「小鳥さん!?ナズェイキテルンディスカ!?」

小鳥「うちのアイドルをなめてもらっては困りますねえ」ニヤッ

P「アイドル…まさかっ!」

貴音「まこと、美味でしたよ」

美奈子「わっほ~い!おそまつさまです、貴音さん」

貴音「ところで美奈子、食後のらあめんをお願いしてもよろしいでしょうか?」

美奈子「任せて下さい、らあめん特盛10人前ですね!」

P「美奈子に耳鼻科勧めてこようかな」

小鳥「それより事務所のエンゲル係数が毎月徐々に上がってくのをなんとかしてくださいよ」



15: ◆y6uYTky2xI 2017/05/05(金) 02:05:11.28 ID:EMQlx/Sp0

P「頑張ってお仕事取ってくるので相殺してください、っと誰か帰ってきたな」

育「お疲れ様でーす!」

伊織「帰ったわよ、プロデューサー」

未来「ただいまープロデューサーさーん!」

P「天使と天使とアホの天使が来た」

伊織「あら、天使だなんてよく分かってるじゃない」ニヒヒッ

育「確かに今日は天使の衣装の撮影だったけどもう着てないよ?」

未来「アホってなんですかー!」プンプン

P「まあまあ、これ食って落ち着け」

未来「生クリーム!ありがとープロデューサーさん!」ジュルジュル

P「ついでにキッチンに行ってこい、でっかいお山が二組あるぞ」

未来「はーい…あっ、貴音さんに美奈子さん!」ウズウズ

美奈子「未来ちゃんおかえりー」

貴音「未来、美奈子の料理が終わるまで我慢するのですよ」

未来「はーい貴音さん…でへへ~」ムギュー




16: ◆y6uYTky2xI 2017/05/05(金) 02:06:11.78 ID:EMQlx/Sp0

P「未来は相変わらずだなあ」

P「それと伊織、誕生日おめでとう!これは俺からのプレゼントだ」ポンッ

伊織「プロデューサーにしては気がきくじゃない!ありがとう」

P「夜は事務所でパーティーだからそれまでゆっくりしてるといいぞ」

伊織「そうね、しばらく休ませてもらうわ」

育「伊織さん誕生日おめでとう!私は後で渡すから楽しみにしててね!」

伊織「ありがとう育、期待してるわよ。それじゃ後でね」スタスタ

P「さて育、今日は何の日か分かるかな?」

育「伊織さんの誕生日!」

P「と?」

育「子どもの日!って子ども扱いしないで!」プンプン

P「まあまあ、事務所じゃ最年少なんだし」

P「そういうわけで伊織の誕生日パーティーまで遊ぼうじゃないか!何がしたい?」

育「それじゃあねー…」




17: ◆y6uYTky2xI 2017/05/05(金) 02:06:55.29 ID:EMQlx/Sp0

ーー応接室ーー

P「応接室っていうか実質ゲームルームだよな」

育「大型テレビにハードも沢山あるよねー」

P「それにしても一緒に映画を見るだけでよかったのか?」

育「有名なやつだから一度見たかったし、せっかくなら誰かと一緒に見て感想の言い合いとかしたいもん」

P「はえー、育さん真面目だねえ」

育「んしょ…っと、準備オッケーだよ!」ポスッ

P「育?脚の間に入ってどうした?」

育「だめ?」

P「だめなわけないだろいつまでも入ってていいぞ」

育「なにそれー」フフッ

育「ほら、始まるよプロデューサーさん!」



18: ◆y6uYTky2xI 2017/05/05(金) 02:07:43.26 ID:EMQlx/Sp0

ーー映画鑑賞中ーー

P(映画は普通の恋愛ものだった、それはいい)

P(問題は脚の間の育である)

P(女の子特有のいい匂いやばい)

P(いいシーンになると顔を赤らめる育かわいい)

P(そしていろんなシーンで身体全体でリアクションを示す育)

P(そのたびにPのpに刺激が当たってリアクションを返しそうになる)

P(いかんいかんこんな時は素数を数えるんだ)

P(1、3、5、7、9…19…育…イク…)




19: ◆y6uYTky2xI 2017/05/05(金) 02:10:09.96 ID:EMQlx/Sp0

ーー映画終了ーー

育「はー、いい映画だったねプロデューサーさん」

P「………」ブツブツ

育「プロデューサーさんどうしたの?」

P「育がイク、育でイク、育とイク…はっ!」

育「大丈夫?プロデューサーさん疲れた?」

P「問題ない、とってもいい映画だったよ」

育「だよねー!私もあんな恋愛したいなあ」キラキラ

P「育ならきっとできるさ。まあその前に見合うだけの相手を探さないとだけどな」

育「えっ、相手はプロデューサーさんじゃないの?」

P「えっ?」

琴葉「詳しく」スッ

P「どこから来たのさ」

育「だってプロデューサーさんクリスマスに指輪くれたんだよ?」

琴葉「一体どういう事ですかプロデューサー?」ハイライトオフ

P「琴葉のハイライトが死んだ!」



20: ◆y6uYTky2xI 2017/05/05(金) 02:11:34.63 ID:EMQlx/Sp0

琴葉「私にも指輪をくれたのに…やっぱり小さい子の方が好きなんですか?」

P「落ち着けまじで落ち着け」

育「プロデューサーさん浮気なんてひどいよ!」

P「ちげーよもともと本気じゃねーよ!」

琴葉「アハハ…やっぱり遊びだったんですね…」ナイフスッ

P「ちくしょう!やられてたまるか!」タタタッ

琴葉「逃げないでくださいよ、プロデューサーさん!」タタタッ

育「二人とも行っちゃった…」

育「私は冗談のつもりだったんだけどなあ」ニガワライ

育「まあプロデューサーさんならなんとでもなるかな」

育「ふふっ、今日はありがとうプロデューサーさん」

育「ちゃんと恋愛するのはもうちょっと私が大人になってからね」



21: ◆y6uYTky2xI 2017/05/05(金) 02:12:32.00 ID:EMQlx/Sp0

育「ところで小鳥さんはなんで血の涙を流してるの…?」

小鳥「10歳と18歳に先を越されて、2X歳の私は…」

小鳥「ああああああああああああああああああああ!!!」

育「いつかいい人が見つかるといいね…」


おわり



22: ◆y6uYTky2xI 2017/05/05(金) 02:16:33.62 ID:EMQlx/Sp0

書き終えた後にあんまり遊んでない事に気が付きました

環は台湾お疲れ様
桃子はニコ超お疲れ様
育はまた次のステージで頑張ろう

そしていおりん誕生日おめでとう
誰か書いてください



23: ◆y6uYTky2xI 2017/05/05(金) 02:21:26.73 ID:EMQlx/Sp0

こちら過去作です 気が向いたらどうぞ

【ミリマス】七尾百合子「杏奈ちゃんは半殺しにしようかな?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493653207/


ありがとうございました
html化依頼出してきます


元スレ
SS速報VIP:【ミリマス】ミリP「子どもの日」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493916230/