SS速報VIP:野崎「友田が転校して来た」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494249770/



1: 250 ◆LYNKFR8PTk 2017/05/08(月) 22:22:50.56 ID:2l5/B1ri0

先生「今日は転校生を紹介します」

野崎「!!」

ザワザワ……

「おい、転校生だってよ……」

「男かな、女かな……」

野崎「転校生か……」

野崎(これはいいネタになりそうだ、夢子も喜ぶだろう)

先生「それじゃあ入ってください」

ガラガラ……

友田「なんでも聞けよな!!」

先生「転校生の友田くんです」

野崎「!!!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1494249770




2: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/08(月) 22:23:36.89 ID:2l5/B1ri0

先生「席はじゃあ……野崎の隣が空いてるからそこで」

野崎「!!!?」

友田「そっか、じゃあ俺の席はここか……」

野崎「……」

友田「俺、友田!! なんでも聞けよな!!」

野崎「何をだ」



3: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/08(月) 22:24:13.89 ID:2l5/B1ri0

瀬尾「野崎野崎ーー!!」

野崎「! 瀬尾」

瀬尾「転校生来たんだって!? どいつどいつ!!?」

友田「俺さ!!」

瀬尾「うわ、普通」

野崎(駄目だ、まだ頭が混乱している……)

佐倉「ちょっと結月!! 速いって!! はぁ
……はぁ……」

野崎「佐倉」

佐倉「あ、野崎くん!! ごめん、結月がいきなり……」

野崎「いや、それはいいんだが……」

佐倉「えっと……あそこにいる人が転校生?」

野崎「ああ」

佐倉「……あれ? この間、野崎くんがギャルゲーを徹夜でやった時に描いた漫画に出てくる人に似てない?」

野崎「!!! ああ、そうなんだ。 そいつそのものなんだ、名前も」

佐倉「ええっ!? そんな偶然があるの!!?」



4: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/08(月) 22:24:45.42 ID:2l5/B1ri0

鹿島「聞いた御子柴!? B組に転校生が来たんだって!?」

御子柴「へえ……そいつは運がよかったな」

鹿島「??」

御子柴「そいつがG組に来ちまったら……この俺の所為で霞んで見えちまうからな」

鹿島「見に行ってこよーっと!! 可愛い女の子かなー」

御子柴「無視すんなよ!!!///」











堀「転校生……? そいつは鹿島よりイケメンなのか?」



5: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/08(月) 22:25:12.47 ID:2l5/B1ri0

御子柴「よー野崎」

野崎「御子柴」

御子柴「転校生ってどいつだ?」

野崎「友田だ」

御子柴「……?」

野崎「友田が転校して来た」

御子柴「は!!?」









友田「みんな!! 俺と青春を過ごそうぜ!!!」

御子柴「!!?」



6: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/08(月) 22:25:38.33 ID:2l5/B1ri0

御子柴「友……田……?」

野崎「ああ、あの友田だ」

御子柴「なんでだよ……なんであの友田がいるんだよ!!?」

野崎「俺にも分からない……」

友田「なぁ野崎!! なんか分からないことあるか?」

野崎「ある!! 何故お前がここにいる!!」



7: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/08(月) 22:26:12.58 ID:2l5/B1ri0

瀬尾「転校生、全然つまんないやつだったなー千代」

佐倉「そ、そうかな……」

佐倉「……」

佐倉(なんで野崎くん達がやったゲームのキャラが現実に……?)

青木「おい瀬尾!! ちょっと来い!!」

瀬尾「やべっ、青木!!」ダッ

佐倉「あっちょっと結月!! ……行っちゃった」

佐倉「……また何かやらかしたのかな」

ガン!!

佐倉「キャッ!!」

友田「!! わ、悪い!! ぶつかった! 大丈夫か!?」

佐倉「……友田くん?」



8: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/08(月) 22:26:48.34 ID:2l5/B1ri0

友田「そうか、君は野崎の友達か」

佐倉「う、うん……」

佐倉(どうしよう……こんなこと……友田くん本人に言ったら……変かな……)

佐倉(……でも……これ以上悩んでる野崎くんを見たくないよ!!!)

佐倉「ねぇ……友田くん」

友田「?」

佐倉「友田くんって……ゲームのキャラ?」

友田「は?」

佐倉「ご、ごめん!! なんでもない!! 気にしないで!!」

友田「あ、ああ……」



9: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/08(月) 22:27:16.73 ID:2l5/B1ri0

友田「なぁ……佐倉さん。 俺も聞きたいことがあるんだけど」

佐倉「えっ……? 私に?」

友田「俺……野崎になんか悪いことをしちゃったっぽいんだよな」

佐倉「??」

友田「なんかあまり話そうとしてくれないというか……避けられてるっていうか……」

友田「野崎の友達の佐倉さんなら野崎にはこういうことやっちゃいけないってのを知ってると思って……」

佐倉「うーん……」

佐倉(流石にゲームのキャラだから驚いてる、とは言えないからね……それに偶然かもしれないしね)

佐倉「野崎くんはね……」

友田「野崎は……?」

佐倉「タヌキ以外だったらなんでもオッケーだよ!!」

友田「そ、そうか……ありがとう、佐倉さん」

佐倉「どういたしまして!!!」



10: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/08(月) 22:27:48.20 ID:2l5/B1ri0

友田「そうだ、ギブアンドテイクだ」

佐倉「??」

友田「俺も佐倉さんに情報提供するよ!!」

友田「なんの情報が知りたい?」

佐倉「いや、いきなり言われても分からないよ!!」

友田「そ、そうか……ごめんな。 じゃあ……」

佐倉「じゃあ……?」

友田「気になる人はいる?」

佐倉「!!!」



11: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/08(月) 22:28:18.82 ID:2l5/B1ri0

友田「あ!! その顔はいるな!!」

佐倉「う、うん……///」

友田「その気になる人が自分をどう思ってるか気にならない?」

佐倉「!!! 気になる気になる!!」

友田「だろ? だからその情報を教えようと思って……」

佐倉「教えて教えて!!」

友田「はい!! こんな感じ!!」

ピッ



12: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/08(月) 22:28:53.06 ID:2l5/B1ri0

野崎:俺の大切なアシスタントだ、本当にいつも感謝している

御子柴:妹みたいなやつ

堀:鹿島と仲良くしてやってくれ

若松:優しい先輩です!!


友田「ついで佐倉さんと関係する人のも表示してみたよ!!」

佐倉「す、すごい!!」

佐倉「……」

佐倉「……!!!!!!?」

佐倉「ちょ、ちょっと待って友田くん!!! どういうこと!? ツッコミどころいっぱいあるんだけど!!?」

友田「?」

佐倉「なんで転校初日の友田くんがそんなこと知ってるの!? なんで手からこんなウィンドウを出せたの!!?」

佐倉「やっぱり友田くんってゲームのキャラだよね!!!?」

友田「……」

佐倉「答えて!! 友田くんは……何者なの!!?」

友田「……」

佐倉「……」

友田「……分からないんだ」

佐倉「……へ?」



13: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/08(月) 22:29:27.96 ID:2l5/B1ri0

友田「俺、ここに転校してくる前の記憶が全くないんだ」

佐倉「えっ!?」

友田「なんでこんな力が使えるかも……分からないんだ」

佐倉「ほ、本当に?」

友田「ああ……」

佐倉「……」

友田「ご、ごめんな。 いきなりこんなこと言われても困るよな……信じて……もらえないよな」

佐倉「……ううん、信じるよ」

友田「!!」

佐倉「だって友田くんの目、嘘ついてないもん!!」

友田「佐倉さん……」

佐倉「……あっ!! もう授業だから行くね!! じゃっ!!」ダッ

友田「あっ……」

佐倉「野崎くんがどう思ってるか教えてくれてありがとう!!」

タッタッタッ……

友田「……」



14: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/08(月) 22:30:00.95 ID:2l5/B1ri0

野崎「冷静に考えてみれば……友田が現実にいるわけがない」

野崎「もしかしてこれは……夢なんじゃないのか?」

野崎「……」チラッ

友田「……」

野崎(だがどう見ても友田そのもの!!)

野崎「……」ガクガクブルブル

友田「……」

友田(野崎が俺を見て怯えている……)

友田(けど今の俺は……そんなのは関係ない)

友田(だって俺は……)



15: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/08(月) 22:30:28.47 ID:2l5/B1ri0

佐倉「……」

佐倉(『大切なアシスタント』、かぁ)

佐倉(そこから上の関係になるには……どうすればいいんだろう?)

佐倉(やっぱり……色々と積極的にならないといけないのかな)



16: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/08(月) 22:30:56.72 ID:2l5/B1ri0

野崎「……」

野崎「ゲームのキャラが現実にいることは驚くが……よくよく考えてみれば友田だ」

野崎「特に俺に害があるわけじゃない……前野さんじゃあるまいし」

野崎「俺がいつまでも避けようとしていたら友田はいつまでも友達ができなくなってしまう……」

野崎「……」



17: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/08(月) 22:31:48.00 ID:2l5/B1ri0

次の日

野崎「おはよう友田」

友田「おっ野崎!! おはよう!!」

野崎「……昨日はその……悪かった。 そっけない態度で」

友田「気にすんなって!! それよりさ野崎、これ」

野崎「ん? なんだこれは」

友田「遊園地のペアチケット、余ったからやるよ」

野崎「いいのか?」

友田「ああ、一緒に行くやつもいないからさ」

野崎「そうか……ありがとう」

友田「女子に人気なんだってよその遊園地。 それでアシスタントの誰かといったらどうだ?」

野崎「!! そうか……」

野崎「だったら……あいつと行こう」

友田「……」

友田(よかったな、佐倉さん)










当日、遊園地

野崎「今日だけ俺は鈴木だ、御子柴」

御子柴「わけが分からねえよ……」



18: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/08(月) 22:32:33.66 ID:2l5/B1ri0

友田「よう野崎」

野崎「友田」

友田「佐倉さんとの遊園地は楽しかったか?」

野崎「佐倉……?」

友田「え、佐倉さんと一緒に行ったんじゃないのか?」

野崎「いや、俺は御子柴と行ったんだが……」

友田「」

野崎「お陰でいいネタができた。 ありがとう友田」

友田「……」



19: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/08(月) 22:33:26.56 ID:2l5/B1ri0

佐倉「友田くん!!」

友田「あ、佐倉さん」

佐倉「野崎くんの好感度見せて!!」

佐倉「この間ね、いつも以上にベタを褒められたの!!」

佐倉「だから気になって……」

友田「ああ、お安い御用だよ」






『佐倉なしでは生きていけない』

佐倉「!!!」











『このベタなしでは漫画家人生が終わってしまう』

佐倉「」



20: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/08(月) 22:33:56.82 ID:2l5/B1ri0

佐倉「そっか……やっぱ見てるのは技術だけなのかなぁ」

友田「……そんなことはないと思うぜ」

佐倉「友田くん……」

友田「技術だけだったらあんな仲良くしてないと俺は思う」

佐倉「本当!? 赤の他人の友田くんから見ても仲良い風に見える!?」

友田「ああ」

佐倉「……えへへ、なんか嬉しいなぁ」

友田「……」

佐倉「……友田くん?」

友田「! な、なに?」

佐倉「急にボーッとして……どうしたの?」

友田「な、なんでもないよ!! じゃあ!!」

佐倉「あっ……」



21: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/08(月) 22:35:06.65 ID:2l5/B1ri0

友田「……」

友田「赤の他人、か……」



22: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/09(火) 21:04:46.54 ID:6lGivLp+0

友田「……」スタスタ

野崎「佐倉」

佐倉「あ、野崎くん!!!」

友田「!」

野崎「ちょっと今度のアシスタントの件で話があるんだが……」

佐倉「うん、いいよ!!」

友田「……」



23: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/09(火) 21:05:12.49 ID:6lGivLp+0

野崎「実は……」

佐倉「うんうん……」

友田「いよっ!! お似合いだね!!お二人さん!!」

野崎「! 友田」

友田「まるでカップルみたいだね!! ヒュー!!」

佐倉「や、やめてよ友田くん!!!///」

野崎「……」

友田「もういっそのこと付き合っちゃえば?」

佐倉「友田くん!!!///」

野崎「……」




24: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/09(火) 21:05:51.99 ID:6lGivLp+0

佐倉「もう、友田くんは……」

佐倉「ごめんね野崎くん、嫌な思いさせちゃって……」

野崎「いや、俺は別に気にしてないが……ただ……」

佐倉「ただ……」

野崎「この光景……既視感があるんだ」

佐倉「へ?」



25: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/09(火) 21:06:24.44 ID:6lGivLp+0

佐倉「えっと……じゃあ友田くんが主人公とヒロインに言った台詞まんまってこと?」

野崎「ああ」

野崎「あまり気にしないようにしていたが……ここまで来ると気にせざるを得ない」

野崎「一体どうして友田が現実に……」

佐倉「うーん……」

「A組とB組の人は集まってくださーい」

野崎「!」

佐倉「あ、そっか!! 修学旅行の班決めだね!!」

野崎「そうか、確か今年はA組とB組、C組とD組というように違うクラスの人と組むんだったな」

瀬尾「千代ー」

佐倉「あ、結月」

瀬尾「私と組もうよー」

佐倉「うん!」

瀬尾「あとさ、B組のあいつとあいつでさ……」

野崎「佐倉は瀬尾達と組むのか……」

友田「俺からの提案!!」

野崎「どうした友田」

友田「佐倉さんと同じ班になったら?」

野崎「佐倉とか? だが佐倉は……」

友田「いいからいいから!!」



26: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/09(火) 21:06:52.99 ID:6lGivLp+0

友田「佐倉さん、瀬尾さん」

瀬尾「あ、平凡」

友田「あのさ、俺らと組まない?」

瀬尾「えー」

佐倉「友田くん?」

野崎「友田……何を考えているんだ?」

友田「普通に仲良いやつと同じ班になりたいだけだよ」

友田「それとも佐倉さんの事が嫌いなのか?」

野崎「そういうわけじゃないが……」

瀬尾「まあお前が完璧な女の私と組みたい気持ちは分からなくもないけど」

野崎「……」イラっ

野崎(こいつが一緒にいるのが……)

友田「若松くんにぴったりのイタズラ教えてあげるから」

瀬尾「まじで!? よっしゃ、組もうぜ!!」

野崎「ぴったりなイタズラってなんだ」

佐倉「……」



27: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/09(火) 21:07:32.61 ID:6lGivLp+0

友田「よかったな佐倉さん!!」

佐倉「友田くん……もしかして私の為に?」

友田「うん!!」

佐倉「あ、ありがとう!! でも……」

友田「でも……?」

佐倉「友田くんはどうして……どうして私にそこまでしてくれるの?」

友田「!!」

佐倉「だって……ついこの間までの記憶がないのに……自分のことで精一杯のはずなのに……」

佐倉「なんだか申し訳ないよ……」

友田「……」

キンコーンカンコーン

友田「!! 悪い、もう行くな」

佐倉「……うん」



28: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/09(火) 21:08:00.55 ID:6lGivLp+0

御子柴『ゲームと同じイベントが起きたぁ!?』

野崎「ああ、主人公とヒロインを同じ班にする為に友田が催促してきた」

御子柴『確かにあのゲームにもあったけどよ……そんなイベント、ほかのゲームでもあるぜ?』

野崎「うーん……」

御子柴『お前の考え過ぎじゃねえの?』

野崎「……だったらいいが」



29: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/09(火) 21:08:31.26 ID:6lGivLp+0

修学旅行当日

佐倉「着いたね!!」

野崎「ああ、とりあえずまずは四人で……」

友田「瀬尾さん!! あそこにおもちゃあるぜ!!」

瀬尾「おー! 面白そう!! 行こうぜ友田!!」ダッ

野崎「!! 二人共、団体行動を……」

佐倉「の、野崎くん!!」

野崎「?」

佐倉「ふ、二人で一緒に……ネタ探ししない?」

野崎「ネタ探し?」

佐倉「う、うん!! だって修学旅行だよ?」

佐倉「結月は友田くんがいるし……ケータイもあるからはぐれても大丈夫だよ!!」

野崎「……」

佐倉「ダメ……かな?」

野崎「いや、やろう。 修学旅行で芽生える恋もあるはずだ」

野崎「じゃあまずはC組のあいつらの様子から……」

佐倉「うん!!!」



30: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/09(火) 21:09:03.72 ID:6lGivLp+0

宿

野崎「そろそろ寝るか」

「クラス対抗男子枕投げ対決ーーー!!!」

野崎「何!?」

「野崎!! お前も出ようぜ!! 俺らの盾になれよ!!」

野崎「下手したら突き指するからいやだ」

「そんなこと言わねーでやろうぜ!」

友田「フッフッフッ……」

「どうしたんだよ友田」

友田「この枕投げチャンピオンの俺をスルーするとは……お前らの目は節穴か?」

「枕投げチャンピオン!!?」

友田「俺がいれば百人力だぜ!! B組からは俺一人でいい!!」

「「「「うおおおおおおおお!!!」」」」



31: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/09(火) 21:09:35.91 ID:6lGivLp+0

友田「さぁ野崎、行きな」

野崎「友田……?」

友田「女子部屋に入れるのは今のうちだぜ」

野崎「!!」

友田「佐倉さんとこに行けばいいネタになるんじゃねえの?」

野崎「……ありがとう」

「御子柴もやろうぜ!!」

御子柴「ガキだなお前ら、俺はやらねえよ」

御子柴「俺が投げるのは枕じゃなくて……愛だぜ」

「始めーーーー!!!」

御子柴「うわっ、ちょっ……いてえ!!」

瀬尾「おらおらおらーーー!!!」

御子柴「なんでお前がいるんだよ!!!」



32: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/09(火) 21:10:12.87 ID:6lGivLp+0

野崎「女子の恋バナか……」

野崎「しかしネタにはなるが……盗聴じゃないかこれ」









佐倉「もー結月ったら……部屋に戻る時間なのに……」

佐倉「呼び戻してこよーっと」









野崎「あ」

佐倉「あ!」



33: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/09(火) 21:10:53.18 ID:6lGivLp+0

佐倉「の、野崎くん!!」

野崎「佐倉、ちょうどお前を探してたんだ」

佐倉「えっ!!?///」

野崎「盗聴器持ってないか?」

佐倉「!!!!?」



34: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/09(火) 21:11:27.27 ID:6lGivLp+0

野崎:何故だろう、佐倉といる時が一番楽しい。








佐倉「友田くん!!!!」

友田「ああ!!」

佐倉「ありがとう友田くん!! 友田くんが色々してくれたから……私……」

友田「違うよ、佐倉さんが頑張ったからだよ」

友田「俺は悪魔でチャンスを作っただけさ、そのチャンスを活かせたのは佐倉さん自身の力だよ」

佐倉「友田くん……」



35: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/09(火) 21:12:04.62 ID:6lGivLp+0

佐倉「友田くん」

友田「ん?」

佐倉「私、友田くんの為に何かしてあげたい!!」

友田「え?」

佐倉「だって友田くんが転校してきてから色々助けてもらってるのに……私は何もしてないなんてやだよ!!」

佐倉「ねえ友田くん!! 好きな人とかいない!? もしいたら私も……」

友田「!!!」

佐倉「あ!! いるんだ!! その顔はいるよね!?」

佐倉「ねえねえ誰!? 教えて!! 私、なんでもするよ!!」

友田「……」

佐倉「?」

友田「……俺はさ」



36: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/09(火) 21:12:34.22 ID:6lGivLp+0

佐倉「うん」

友田「佐倉さんが幸せになれたら俺はそれでいいんだ」

佐倉「!! で、でも……」

野崎「佐倉」

佐倉「野崎くん!」

野崎「今日、一緒に帰れるか?」

佐倉「!!」ドキッ

野崎「部活とか……大丈夫か?」

佐倉「う、うん!! 大丈夫だよ!!」

友田「いよっ!! ラブラブだね!!」

佐倉「も、もう!!///」



37: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/09(火) 21:13:19.98 ID:6lGivLp+0

佐倉「……」スタスタ

佐倉(野崎くんと二人きりだぁ……)

野崎「そういえばこの間のあのシーンなんだが……」

佐倉「うんうん!!」

野崎「そしたらその時……」

佐倉「うんうんうん!!!」



38: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/09(火) 21:14:03.36 ID:6lGivLp+0

佐倉「そしたらみこりんが……」

野崎「ははは、あいつらしいな」

佐倉「……」

佐倉(楽しいなぁ……野崎くんと話してると……こんな楽しい気持ちになれるんだぁ)

佐倉(それに最近、距離も縮まって来た気がするし……)

佐倉(これも全部……友田くんのおかげだよ!!)

佐倉「……」













友田『佐倉さんが幸せになれたら俺はそれでいいんだ』









佐倉(友田くん……)

佐倉「……」

佐倉「野崎くん」

野崎「?」



39: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/09(火) 21:14:40.06 ID:6lGivLp+0

佐倉「私、野崎くんと話してるとね……胸が締め付けられる思いになるんだ」

野崎「!! 大丈夫か? 具合でも悪いのか?」

佐倉「ううん! 違うの!! 病気じゃないの!!」

野崎「じゃあどうして……?」

佐倉「なんでか知りたい?」

野崎「ああ、教えてくれ。 俺でよければ相談にのる」




40: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/09(火) 21:16:36.38 ID:6lGivLp+0

佐倉「それはね……」

野崎「それは……?」

佐倉「それは……」

野崎「……」

佐倉「野崎くんのことが……」

野崎「俺……?」

佐倉「す……」

野崎「……」

佐倉「す……」

野崎「す……?」

佐倉「……」

佐倉(ダメ!! やっぱり言えないよ!!///)



41: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/09(火) 21:17:04.85 ID:6lGivLp+0











『諦めんなよ!! 好きなんだろ!!!!』

佐倉「!!!!!」



42: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/09(火) 21:17:42.76 ID:6lGivLp+0

佐倉(今の声……)

チラッ

佐倉(いない……)

野崎「佐倉……酢がどうかしたのか?」

佐倉「!!」

佐倉(……言わなきゃ!!!)

佐倉「あのね、胸が締め付けられるのはね……」













佐倉「野崎くんが……好きだからなの!!!」



43: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/09(火) 21:18:31.23 ID:6lGivLp+0

あれから月日が経ちました。

その時、頑張って告白したのは鮮明に覚えてます。

けど、思い出せないんです。

その時の告白に……それまで距離を縮めるのに……誰かが協力してくれた気がするんだけど……

それが誰か……思い出せないんです。



44: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/09(火) 21:19:39.19 ID:6lGivLp+0

友田「……」

友田「よかったなぁ……佐倉さん」

??「お仕事ご苦労様!!」

友田「!! あんたか……」

??「君は役目を終えたから消滅するよ!!」

??「勿論、周りの人達からの記憶からも消えるからね!!」

友田「あぁ……」

??「ん? 未練ある?」

友田「あるとすれば……」

友田「……佐倉さんと……もっと話したかったなぁ」

シューン……

友田「! 消える……」

??「じゃあね!! 僕が生み出した恋の使い魔さん!!」

友田「ああ、ありがとな……」

友田「……前野さん」

??→前野「うん! じゃーね!!」

シュウウウウウン……



45: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/09(火) 21:20:40.16 ID:6lGivLp+0

時は流れ……










野崎「ん? これは……」

佐倉「どうしたの?」

野崎「懐かしいな。 昔、御子柴とギャルゲーをやった後に描いた漫画だ」

佐倉「あ!! これって……私達が付き合う前に描いたやつ?」

野崎「ああ、確か主人公の親友の友田が誰とも結ばれなくて可哀想だと思って描いた漫画だ」

野崎「結果、友田と結ばれたのは主人公……」

野崎「……ん?」

佐倉「どうしたの?」

野崎「おかしいな……俺は当時、主人公を描いた覚えがあるんだが……」












野崎「どうして女性になってるんだ……?」



46: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/09(火) 21:21:07.08 ID:6lGivLp+0

佐倉「あれ、このリボン……私にそっくりだ」

野崎「!! 本当だ、髪型も……」

野崎「主人公を描いたのは……俺の記憶違いか?」

佐倉「うーん……」

野崎「しかも告白のシーンを描いたはずなのに……『幸せになれよ』なんて描いた覚えもないんだが……」

佐倉「もしかして……これは別のやつなんじゃない?」

野崎「ああ、そうかもしれないな……」

野崎「……とまあ、この漫画は置いといて」

野崎「……新婚旅行はどこに行こうか、千代ちゃん」

佐倉「あ、あのね梅太郎くん!! 私はね……」

~終わり~



47: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/09(火) 21:21:44.52 ID:6lGivLp+0

前野「さっすが僕!! 鈴木くんを召喚して千代ちゃんの恋を応援するなんて!! なんて素晴らしいアイデアなんだろう!!」

前野「そんな僕、妖精ミツヤの活躍が見たい人はこれをチェック!!」


佐倉(目が覚めたら野崎くん家の扇風機になっていた)
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1448099940/



佐倉「ええっ!? 野崎くん以外の人が私を好きになる魔法!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1454932219/


本当に終わり


元スレ
SS速報VIP:野崎「友田が転校して来た」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494249770/