幸子「えいっ」


ポスン


P「…」

幸子「うーん。純粋に座り心地という意味でならソファの方が優秀ですね。まあプロデューサーさんは椅子ではないので当然ですが」グイグイ

P「まあな」

P「どうしたんだ? 急に」

幸子「あ、スーツってなんだかすべすべして素敵な触り心地ですね!」フフ

P「聞けよ」




荒木比奈「なんか飛んで来たっス」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1368934145/


このSSと多少話の繋がりがあります。
多少なので、気にならない方は無視してお読みください。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1372093621




2: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/25(火) 02:11:16.52 ID:a8poonqjo


ガサ


幸子「ボクお昼ごはんを買って来たんです」

P「うん」

幸子「食べたいですか? プロデューサーさんになら、少しくらい分けてあげてもいいですよ」

P「ありがとう」

幸子「いえいえ。ボクは優しいので。このくらい当然です」フフーン


ガサ


幸子「佃煮と梅干、どちらの具がお好きですか?」

P(渋いチョイスだな…)




3: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/25(火) 02:15:14.80 ID:I5aznOPDO


P「じゃあ梅で」

幸子「分かりました」コクン


ペリペリ


幸子「どうぞ!」

P「いいよ。自分で食べられるって」

幸子「いえ。どうせボクもそのまま食べますから、この方が手っ取り早いですよ」

P「なるほど。幸子はかしこいなあ」

幸子「ええまあ!」フフーン

P「じゃあ…あーん」パク

幸子「おいしいですか?」

P「うん」モグモグ

幸子「えへへ。まあ当然ですよね。ボクがあーんって、してあげたおにぎりですから!」フンス

P「うん」モグモグ

幸子「はむ」

幸子「あ、温かいお茶も買って来てありますよ」モグモグ

P「ありがとう」

幸子「いえいえ」モグモグ




4: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/25(火) 02:20:36.85 ID:a8poonqjo


ズズ…


P「おいしかった。ごちそうさま」

幸子「お粗末さまです。まあボクが作ったというわけではありませんが」

P「だれかと一緒に食べるご飯はおいしいよな」

幸子「仰る通りです。ましてプロデューサーさんのお相手はこのボクですからね。おいしさも二割増しです」

P「仰る通りです」ハイ

P(しかし二割増しって幸子にしては謙虚だな、とか言ったら怒るかな)




5: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/25(火) 02:25:50.64 ID:I5aznOPDO


ガサ


幸子「食後にコーヒーはどうでしょう」コト

P「ずいぶん用意がいいんだな」

幸子「ボクはカワイイですからね!」

P「事務所のコーヒーメーカーで淹れてもよかったのに」

幸子「缶コーヒーのちょっと甘いのでないと飲めないんです、ボク…」ドウゾ

P「あ、そっか」サンキュー


パコ


P「…まあ、甘いコーヒーも嫌いじゃないけど」ズズ…

幸子「ホントですか?」

P「うん」ゴク

幸子「よかったぁ…」ホッ…

幸子「あ、缶コーヒーは一つしか買って来てないので。ボクにも一口ください」

P「あ、うん」ハイ




6: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/25(火) 02:29:49.92 ID:a8poonqjo


P「でもそれなら、俺に気を遣わずに幸子が好きなジュースでも買ってくればよかったのに」

幸子「…」チビチビ

幸子「ボクもたまにはコーヒーが飲みたくなるんですよ。女の子ですから」

P「?? よく分からん」

幸子「もう。プロデューサーさんは仕方ないですねー」

P「ごめん」

幸子「いいですよ。ボクはカワイイので!」

P「はいはい」ナデナデ




7: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/25(火) 02:33:35.10 ID:I5aznOPDO


チョイ


幸子「あう」

幸子「な、なんですか?」

P「ああ、いや……梅雨だからか、いつもに増して髪の毛がはねてるなーって」

P「幸子はべつに気にしないのか?」

幸子「ええ。ボクほどになると自然とついた寝癖もカワイイですからね。自然体が一番です」コクン

P「なるほど」ニョーン

幸子「あう」

幸子「も、もう。べ、べつにプロデューサーさんにつまんでもらうために、そのままにしたわけじゃないですからね……」

P「つい」




8: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/25(火) 02:37:58.16 ID:a8poonqjo


幸子「…」プラプラ

P「…」

P「それで?」

幸子「? なんでしょう」プラプラ

P「どうかしたのか? 急に膝の上に飛んで来て」

幸子「いけませんか?」

P「そんなことないけど」

幸子「そうですか。よかったです」

P「うん」




9: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/25(火) 02:42:09.90 ID:I5aznOPDO


P(ん? なんかごまかされた気がする)

幸子「ねえねえ、プロデューサーさん」クイクイ

P「ん?」

幸子「ボク、トランプ持って来たんですよ。今ならカワイイボクがプロデューサーさんのお相手をしてあげてもいいですよ」

P「ありがとう」

幸子「いえいえ」

P(まあ、いっか)




10: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/25(火) 02:45:48.51 ID:a8poonqjo







ガチャ


比奈「おはよーございまース」

P「おう。お疲れさま」ナデナデ

比奈「?」

幸子「…くぅ」

比奈「……」

比奈「見なかったことにした方がいいでス?」

P「いやいや。べつにやましいことはなにもしてないからな」

比奈「しっ。声が大きいッス。起きちゃうッス」

P「すいません」

幸子「…」zz…




11: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/25(火) 02:48:52.60 ID:I5aznOPDO


比奈「どういった状況でス?」

P「なんか幸子が飛んで来たッス」

比奈「……」

比奈「どうせ何回言っても真似するのはやめてくれないんで、それはもう言わないッスけど…」

比奈「なんか必要以上に似ててキモイッス。それだけ言っとくッス」

P「ひどい」

比奈「べー」




13: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/25(火) 02:52:37.26 ID:zQIH+3aso


比奈「話を戻しまス」

P「逸らしたのは比奈だけどな」

比奈「私語厳禁でス」

P「横暴だー」

比奈「うるさい」

P「はい」



比奈「要するに、幸子ちゃんの方からプロデューサーの膝の上に乗って来たってことッスか」

P「うん」

比奈「…」フム

幸子「…むにゃ…」




14: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/25(火) 02:55:57.84 ID:I5aznOPDO


比奈「構って欲しかったんでスかねー」

P「かもな」ナデナデ


幸子「…、♪」フフーンピー…


P「今日は、比奈は輝子と一緒だったのか?」

比奈「でス。一緒にお昼ごはんを食べて、…もう来ると思うッスよ」

P「なにしてんだ?」

比奈「もう少し外の湿気を満喫してから来るって言ってたッス」

P「なにしてんだ」




15: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/25(火) 03:01:23.64 ID:zQIH+3aso


ガチャ


輝子「……あ、プロデューサー…お、おはよう…」フヒ

P「おはよう」

輝子「?」


幸子「…」エヘヘ…ボクカワイイ…ホントデスカー…ムニャムニャ


輝子「……さっちん、寝てるね…」

P「うん」

輝子「お、お仕事で、疲れちゃった…のかな」

P「?」

輝子「わ、私が、その……い、いつも、さっちんの足引っ張ってる、から…」

P「そんなことはないと思うぞ」ナデナデ

輝子「…」フヒ…




16: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/25(火) 03:04:29.50 ID:I5aznOPDO


比奈「輝子ちゃんは、幸子ちゃんのことは好きッスか?」

輝子「え」

輝子「も、もち、もち」コクコク

P「落ち着け」

輝子「…」コク

輝子「…う、うん。……この事務所で、さ、最初の…トモダチだし…」フヒヒ…

比奈「そっか」ニコ

比奈「じゃあ今日は、三人で晩ご飯でも食べに行きましょう」

輝子「え?」

比奈「ダメッスか?」

輝子「……」ブンブン

輝子「わ、私は、全然……ダメなんてそんな…」

比奈「よかったッス。えへへ、この三人で遊ぶのは初めてだから、楽しみッス!」

輝子「……」コクコク




17: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/25(火) 03:08:16.07 ID:zQIH+3aso


輝子「…」フヒヒ…

輝子「じ、じゃあ、キノコたちの様子を、見て来る…」

P「おう」

輝子「…」

P「?」

輝子「…」フヒ

輝子「…」ソーッ…


ポン


幸子「むにゃ」

輝子「…」ナデナデ

幸子「…♪」

輝子「……い、いつも…ありがと…」ボソ


比奈(輝子ちゃんはいい子ッスねー)

P(そうだな)




18: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/25(火) 03:11:59.72 ID:I5aznOPDO


ナデ…


輝子「…」

輝子「……」//

輝子「じ、じゃあ…もう行く…」

P「おう。またな」

輝子「…」コク


パタパタ…


比奈「…」

P「…」

P「それと、比奈も」

比奈「?」

P「いいお姉さん、やってるな」

比奈「…」アハハ…

比奈「幸子ちゃんにさみしい思いをさせたのは、私のせいでもあるッスからね。…いや、これは自意識過剰かもしれないでスけど」

P「……どうだろうな」




19: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/25(火) 03:16:45.48 ID:zQIH+3aso


P「…まあ…輝子は見たまま気を遣うやつだし、――」

ナデナデ

幸子「…ん…」

P「幸子も、言動によらず気を遣うところがあるからな」

比奈「でスね」

P「うん…。二人がちょっと距離を取っちゃったのは、お前だけのせいってこともないだろうけど」

P「これからは、上手く間を取り持ってやってくれ」

比奈「了解ッス。ここで私のお姉さん属性が火を吹くッスよ!」

P「はは。まあ柚や仁奈や楓さん相手にも十分できてると思うから、心配はしてないけどな」

比奈「う」

比奈「…き、急に褒めるのはなしッス」ワタ

P「はは」




20: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/25(火) 03:20:20.65 ID:I5aznOPDO








幸子「ふにゃ」パチ

幸子「…?」



P「…」カタカタ

幸子「プロデューサーさん」クイクイ

P「? お、起きたか」

幸子「はい」

幸子「その、長時間すいません。お仕事の邪魔を…」

P「いや。幸子はカワイイから邪魔じゃなかったよ」カタカタ

幸子「そうですか?」

P「そうそう」

幸子「そうですかー」




21: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/25(火) 03:24:02.93 ID:zQIH+3aso


P「降りるか?」

幸子「あ、いえ…」

幸子「もう少し、こうしていていいですか?」

P「うん。いいよ」

幸子「ありがとうございます」ギュ

P「…」カタカタ

幸子「…」




22: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/25(火) 03:27:30.28 ID:I5aznOPDO


P「…」カタカタ…

P「まあ、あれだ」

幸子「?」

P「幸子はもう少し、素直になってもいいかもな」

幸子「…素直に…ですか」

P「うん」

P(今でも十分自分に素直かもしれないが)

幸子「……」

幸子「分かりました。プロデューサーさんがそう仰るなら、善処してみます」コクン

P「うん」カタカタ




23: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/25(火) 03:31:38.84 ID:zQIH+3aso


幸子「よいしょ」

スト

幸子「長々とありがとうございました」ペコ

P「どういたしまして」

幸子「…えっと」キョロ

幸子「いま、輝子さんは事務所に?」

P「レッスンに行ってると思うけど」

幸子「分かりました。では迎えがてら――遊びに行って来ます」

P「…おう。気をつけてな」

幸子「はい!」




24: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/25(火) 03:34:19.76 ID:I5aznOPDO







ガチャ


柚「ただいまー」

仁奈「帰りやがりました!」モフッ

楓「お仕事疲れましたー…」ハフ

P「お疲れさまです」

柚「?」

柚「…ねえ、Pサン」

P「なんだ?」

柚「なんかいいことでもあった?」

P「…、ちょっとな」

柚「ほうほう。アタシに秘密にしようとはいい度胸だなー」ワキワキ

P「手をわきわきしないでください。なにする気だよ」

仁奈「たしかにPは、なんだか嬉しそうな顔をしてやがりますよ」コクコク

P「そうか?」

柚「うんうん。にやにやしてる!」

楓「はい。顔が綻んでますね。…ふふ、でもころっと困った顔になったなー、なんて…」フフ…

P「…」ハハ…




25: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/25(火) 03:40:05.95 ID:zQIH+3aso


P「なんというか」

柚「ン?」

P「三人は気楽そうでいいな」

仁奈「…」

楓「…」

柚「そ、そんなことないもん!」

P「そうか?」

楓「そ、そうですよ」

P「ちなみにいまはなにを考えてましたか?」

三人「お腹が空いた(カモ!)(なーって)(でごぜーます!)」

三人「あう…」

P「はは」




26: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/25(火) 03:44:27.82 ID:I5aznOPDO


P「…まあ、そんな風に、ちょっと適当で素直なのは、いいと思う」

柚「ホント?」

P「うん」

P「よし。じゃあ四人で飯でも食べに行くか」

仁奈「わーいですよ!」ピョンピョン

楓「?」

楓「そう言えば、比奈ちゃんはいないんですか?」

P「…ああ、はい。今日の比奈は、お姉さんモードですから」

楓「??」

P「まあ…五人では、また今度行きましょう」

楓「はい」ニコ




27: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/25(火) 03:48:19.33 ID:zQIH+3aso


P「ところで三人はなにが食べたい?」

柚「ハンバーグ!」ハイッ

仁奈「うどん!」ハイッ

楓「お蕎麦がいいですー」

P「そこは統一してください」

柚「てへー」

楓「てへ」

仁奈「もふ!」

P「勢いはいいけどごまかせてないぞ」ペチ

仁奈「あう」モフ




28: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/25(火) 03:53:31.70 ID:I5aznOPDO







ガチャ


輝子「あ」

幸子「おや。ちょうどいいタイミングでしたね」

輝子「あ、うー……え、えと、その……さ、さっちん…」ゴニョ

幸子「輝子さん」

輝子「…、フヒ…、な、なに?」

幸子「ごめんなさい」ペコ

輝子「? え?」




29: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/25(火) 03:57:15.15 ID:zQIH+3aso


幸子「いろいろ伝えたいことを考えたのですが、言い訳がましいので、やめておこうと思います」

幸子「ただ、このところ距離を取ってしまってすいませんでした。さみしかったので今日は一緒に遊んでください」

輝子「…」ポカン

輝子「……あ…その……よ、喜んで」フヒ

輝子「というかこちらこそ……ご、ごめん…」

幸子「いえ。ふふ、友達ですからね。謝るのもこれくらいにしておきましょう」

輝子「……そ、そだね…」コクコク



比奈「……」ニコ

比奈(万事解決! おかげで私のお姉さん属性が路頭に迷ったッス!)アーアー



幸子「ふふ」ニコ

輝子「フ、フヒヒ」ニコニコ



比奈「…」

比奈(ま、いいか)ウン

比奈「おーい。私も混ぜるッスよー」タタタ…




30: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/25(火) 03:58:42.59 ID:I5aznOPDO

ここまでお読み頂きありがとうございます。


以上で モバP「なんか飛んで来たっス」 は終わりですが、
もう二話ほど短編をこのスレで書きたいと思います。

それぞれ「幸子、輝子」メインと「柚比奈仁奈楓さん」メインの予定です。


こんなのんびりするだけのお話ですが、よければもう少しお付き合いください。



35: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/26(水) 00:01:14.98 ID:2Ks1SRIQo


輝子「き、今日はっ」 幸子「?」





36: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/26(水) 00:02:55.58 ID:LEsFh4mDO


輝子「…」

輝子「…」

幸子「…あの、声が裏返ったことなら気にしないので…続けていいですよ?」

輝子「…」

輝子「…う、うん。フヒ、ヒ…」ストン

幸子(珍しく気合を入れたところで空回った感じですか)カワイイ

比奈(今の可愛いッスねぇ)カワイイ

比奈(っと、原稿に集中っと…)カリカリ…

輝子「…」フヒヒ…




37: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/26(水) 00:06:12.13 ID:2Ks1SRIQo


幸子「それでどうしましたか? 輝子さんにしては、ずいぶん力の入った第一声でしたが」

輝子「……」

輝子「そ、それ…」

幸子「?」

輝子「…その…わ、私、…さっちん、呼ぶ」

幸子(なぜ片言?)

輝子「で…さ、さっちん、私を、…輝子さん、呼ぶ……」

幸子「はい」

輝子「……」フヒヒ

幸子「…」

輝子「…」フヒ…

幸子「…」

幸子「あっもしかして、呼び方を変えて欲しいと、そういう話ですか」

輝子「! そ、うん、そう…」コクコク

幸子「なるほど」

幸子(というかすごくストレートなお願いですね!)

輝子「?」




38: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/26(水) 00:08:55.48 ID:LEsFh4mDO


輝子「そ、その」

輝子「……あ、あだ名で呼び合った方が、…も、もっと、仲良くなれると思う…から…」ボソボソ

幸子「…」

幸子(そっか。それで輝子さんはボクのことをさっちんと呼んでくれていたわけですか…なるほどです)コクン

輝子「…」フヒ…

輝子「…あ、の…べつに無理にとは…」

幸子「……」

輝子「…? さ、さっちーん…?」

幸子「…いえ、なんでもありません」

幸子「そうですね。分かりました」

幸子「せっかくですからカワイイボクが、輝子さんにぴったりの素敵なあだ名を考えてあげますよ!」

輝子「……、フヒ」

輝子「あ、ありがと…よろしく…」ニヘラ

幸子「はい!」




39: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/26(水) 00:11:43.57 ID:2Ks1SRIQo


ガサ


幸子「…とはいえ」ポリポリ

幸子「まあ…あだ名なんて、考えて考えるものでもないですよねぇ…」ポリポリ

輝子「…か、かな…」ポリポリ

幸子「ええ。輝子さんがボクを呼ぶ、さっちん、もまあよくある語感でしょうし」

輝子「…そ、そうだね」フヒ

幸子「…」フム

幸子「しょこたんとか」

比奈(それはちょっと)カリカリ…

幸子「…いや…しっくり来ませんね…」

比奈(ほっ)

輝子「…」フヒ…

幸子「…ふむ…」ポリポリ

幸子「あ、輝子さん。これもおいしいですよ」アーン

輝子「あ、…アリガト…」パク

比奈(平和ッスね)カリカリ




40: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/26(水) 00:14:18.71 ID:LEsFh4mDO


幸子「お菓子もいいですけど、少しお腹が空きましたね」

輝子「う、うん。……でも外、まだ雨だねー…」ペタ…

比奈(なぜ窓と零距離なんでスかね…)クス

輝子「…ヒンヤリして…キモチイイ…」フヒ

幸子「本当ですか? じゃあボクも」ペタ

輝子「……ど、どう?」

幸子「悪くないですね」フフ

輝子「だ、だよね」ニヘラ

比奈(なにあの二人可愛い)




41: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/26(水) 00:17:58.13 ID:2Ks1SRIQo


幸子「まあ…雨が降ると分かっていたので、お菓子を買って事務所でのんびりしようと、そういう話だったわけですが」ムニー…

輝子「…」コク

幸子「そうは言ってもお腹が空くものは空きますね。なにか食べに行きましょうか」ムニムニ

輝子「…」コクコク

輝子「…フヒ…雨の中を歩くのは…悪くない…」

幸子「そうですか?」

輝子「う、うん。ジメジメしてて、いい」

幸子「…そうですか?」

比奈(分かるッス)ウンウン




42: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/26(水) 00:21:08.03 ID:LEsFh4mDO


幸子「ではせっかくですから、例のファミレスに行ってみましょうか」

輝子「??」レイ…?

幸子「茸料理のフェアをやっているとかなんとか。輝子さん、来る途中気にしていましたよね?」

輝子「………フヒ…」バ、バレテタ…

幸子「ふふん。ばれないはずはありません。ボクは輝子さんのお友だちですから」ドヤァ

輝子「…………」

輝子「…そ、そか。なら仕方ない…」

幸子「ええ。仕方ありません」




43: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/26(水) 00:24:28.90 ID:2Ks1SRIQo


輝子「……」エヘヘ…

輝子「さ、さっちんは、優しいねー…」

幸子「そうですか?」

輝子「うん」コクコク

幸子「…ふふ、ありがとうございます」

幸子「じゃあ行きましょうか」

輝子「…」コク

輝子「あ、…ひ、比奈さんも、一緒に、どう…?」

比奈「え? 私ッスか?」

幸子「そうですね。せっかくですから、一緒に行きましょう」

比奈「……ふひ」

比奈「ありがとでス。じゃあお言葉に甘えるッス」ニヘラ

幸子「はい」

輝子「フヒ…みんなでお出かけ……これはすごい…」フヒ




44: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/26(水) 00:28:23.11 ID:LEsFh4mDO


比奈「そう言えば」

幸子「? はい」

比奈「あだ名は結局どうなったんスか?」

幸子「…」

輝子「…」

幸子「…そうですね」

幸子「まあ輝子さんが嫌でなければ――呼び慣れたもので、いいんじゃないかなと」

輝子「……」

輝子「う、うん。さっちんがよければ、べつに…私はその…」モジ

幸子「ふふ」


ポン


輝子「…」

幸子「安心してください。その分もっと一緒に仲良くすればいいだけの話です」

輝子「……、フヒ」

輝子「そ、だね。うん。そうしよう」コクコク

幸子「はい」ニコ

比奈「ふふ、なるほどッス」




45: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/26(水) 00:30:56.52 ID:2Ks1SRIQo


幸子「じゃあ――比奈さん、輝子さん。行きましょうか」

比奈「はいッス、幸子ちゃん」

輝子「う、うん。…さっちん」ニコ




46: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/26(水) 00:31:37.77 ID:LEsFh4mDO

以上、「幸子、輝子」メインな短編でした。
一応>>35 がスレタイ的な。

もう一編いつかは未定ですが、また投下しますのでよろしければもう少しだけお付き合いください。



49: 「柚比奈仁奈楓さん」編です。 ◆qEJgO2U6bM 2013/06/27(木) 14:30:26.48 ID:ES+7h/j7o








ザアアアア…


柚「…」ペタ

仁奈「…」ペタ


ゴオオォ


柚「おー」

仁奈「おー」



P(なにしてんだあの二人)カタカタ

比奈(ついこの前あんなの見たような…)クス




50: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/27(木) 14:35:48.69 ID:Rz7sTtsDO


楓「…」ムニャ…

楓「……」

P(楓さんはお休みですか)カタカタ

楓「…あ…」

P「?」

楓「……ぷ、プロデューサーさ…たんぽぽ……たんぽぽは…食べられませんよぉ…」

P「どんな夢見てんだこの人」

比奈「食用のたんぽぽもあるらしいッスよ」

P「そこじゃねえよ」

楓「ふふぅ」

P(寝ながら腹抱えて笑ってるし…)




51: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/27(木) 14:46:25.29 ID:ES+7h/j7o


柚「Pサーン」

P「はい」

柚「えいっ」ポス

P「…」

柚「えへへ」

P「…」ナデナデ

P「柚も体重軽いな。ちゃんとご飯食べてるか?」

柚「食べてるよぅ。軽いのは、前髪の分カナ!」

P「ぱっつんすげぇ」




52: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/27(木) 14:49:13.34 ID:Rz7sTtsDO


柚「退屈なんだー」

P「外を眺めるのには飽きたのか?」

柚「うん。あれはあれで楽しかったけどね!」

P「そいつはよかった」ナデナデ

柚「うんっ」

比奈(平和ッスねぇ…)カリカリ…

楓「…くぅ」




53: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/27(木) 14:53:12.54 ID:ES+7h/j7o


タタッ


仁奈「えい」モフン

柚「わ」

仁奈「えへへ。仁奈も混ぜやがるですよー」

P「よしよし」モフモフ

仁奈「えっへへ」

柚「レッスンもお仕事もないと退屈だね」


ザアアアア…


P「…まあ…この雨だとな」

比奈「事務所に来るまではほどほどだったんでスけどねー」

P「悪いな。半分事務所に缶詰みたいになっちゃったけど」

比奈「いえ。私はその方が助かってるッス」キリ カリカリ…

P「そっか。がんばれ」クスクス

比奈「ス」




54: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/27(木) 14:57:48.94 ID:Rz7sTtsDO


柚「アタシもー」プラプラ

柚「家にいても退屈だしねー」プラプラ

P「? さっき、退屈だって言ってなかったっけ」

柚「?? うん」

P「ん?」

柚「ン??」




55: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/27(木) 15:02:28.52 ID:ES+7h/j7o


仁奈「?」

仁奈「これ、飲んでみてもいいですか?」

P「いいよ。でも仁奈ってコーヒー飲めたっけ」カタカタ

仁奈「いえ。飲んだことがないので、飲んでみたいですよ」

P「そっか。ちょっと苦いかもしれないけど」ハイ

仁奈「どうもでごぜーます。では…」コク

仁奈「……」ズズ…

仁奈「…………」

仁奈「…」ウプ

P「おいしくなかったか」ハハ

仁奈「……」コクコク

柚「お水取って来るね」パッ

P「頼む」

仁奈「……」フルフル…フルフル…

P(…可愛い)

比奈「そんな戯言言ってると、仁奈ちゃん踊りだしちゃいまスよ」カリカリ

P「それってヤギじゃなかったっけ」ナデナデ

仁奈「……」フルフル…フルフル…




56: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/27(木) 15:06:26.34 ID:Rz7sTtsDO


ゴキュ


仁奈「ぷは」

仁奈「……はふ」

仁奈「お水、ありがとーごぜーます。柚おねーさん」

柚「いいよー。コーヒーは苦いよねぇ」

仁奈「…」コクコク

仁奈「Pはコーヒーが好きでやがりますか?」

P「ん? まあ、好きかどうかと言われると……どうだろう。気分の問題だと思うけど」

仁奈「??」キブン…

柚「朝は牛乳一杯プハーッて飲まないと一日がはじまらない的な!」

P「ちょっと違う気もするけど。柚は牛乳が好きなのか」クス

柚「あ、ごめ、べつにそうでもない」

P「なんだそれ」




57: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/27(木) 15:10:11.18 ID:ES+7h/j7o


P「比奈は飲まないか?」

比奈「飲みまスよー」カリカリ

比奈「まそんな量は飲まないッスけどね。布団でぼにゃーってネタ考えることもありまスし…寝れなくなると困るッス」カリカリ

P「……」

比奈「…なんでスか」

P「なんでも」ニヤニヤ

比奈「なんでスかーもー。はっきり言うッスー」ユサユサ

P「言っていいのか」

比奈「……」

比奈「…や、言わなくていいでス」ハイ

P「ぼにゃーって可愛い擬音だな」

比奈「言うなって言ってるッス!? しかもそっち!?」バス

P「いて。ああ、寝れない比奈も想像したら悶えた」

比奈「だから言うなっ!」ボス

P「クッションは飛び道具じゃないぞー」イテ




58: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/27(木) 15:14:14.96 ID:Rz7sTtsDO


仁奈「?」モフ

仁奈「コーヒーを飲むと…眠れなくなりやがりますか?」

柚「そうだよー」

仁奈「…」モフ…

柚「えっとね。Pサンや比奈サンは大人だからたくさん飲めるんだけどね。まだアタシや仁奈チャンみたいに小さいと…」

仁奈「ち、小さいと?」ゴク

柚「飲める量があるんだよ。だから仁奈チャンはひょっとしたら――さっきの一口で、もう眠れない羊サンになっちゃったカモ!」

仁奈「! ふぇっ」ガーン

P「こらそこ」ペチ

柚「あう」テヘ

仁奈「……あ、う……じ、じゃあ仁奈は、ふ、ふとんの気持ちに……」ブツブツ…

比奈「ならなくても大丈夫でス」カリカリ




59: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/27(木) 15:18:00.37 ID:ES+7h/j7o


P「一口くらいなら大丈夫だよ」ナデナデ

仁奈「ホントでごぜーますか?」グス

P「うん。…まあ、またおいしいと思うときが来たら、飲めばいいんじゃないかな」ナデナデ

仁奈「了解でごぜーます!」モフモフ

柚「Pサーン…これじゃ前が見えないよぅ…」フラフラ

P「しばらくそうやって反省しなさい」

柚「ふえーん」




60: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/27(木) 15:23:48.00 ID:Rz7sTtsDO


仁奈「…」

仁奈「…でも…」ボソ

P「?」

仁奈「仁奈はちょっとだけ…Pと同じのが飲んでみたかったですよー…」

P「……仁奈?」


クイ


P「?」

楓「…」

P「あ、楓さん。おはようございます」

楓「……ぐすん」

P「…え?」

楓「うぇぇ…ぷろでゅーさーさーん…」クイクイ

P「」

比奈「あーあー。泣かしちゃダメじゃないッスか」

楓「うにゅ」グス

P「いやいや」ナンダコレ




61: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/27(木) 15:29:57.48 ID:ES+7h/j7o


仁奈「楓おねーさん、なにか悲しい夢でも見やがりましたか?」ヨシヨシデスヨー

楓「うえーん…仁奈ちゃーん…もふもふ…」

P(九歳児にあやされるのはさすがにどうですかね…)

比奈(楓さんでスからねぇ)

P(それ、マジックワードじゃないからな)イカンデショ

P(…というかたぶん寝惚けてるだけだな…)ハア




62: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/27(木) 15:35:22.30 ID:Rz7sTtsDO


P「なにかあったんですか?」

楓「はい、えっと……夢を見たんです…」

P「どんな夢ですか?」

楓「…」グスン

楓「まず、プロデューサーさんが、たんぽぽを食べて…」

P「結局食べたのか…」

比奈「あの、食用もあるって言ったッスけど、ちゃんと品種は選んだんでスか?」

P「俺に言われても」




63: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/27(木) 15:38:29.27 ID:ES+7h/j7o


楓「そのあと」

P「はい」

楓「風が吹いて」

P「はい」

楓「プロデューサーさん、飛んで行っちゃったんです…」グスン

P「……」

P(いまどき小学生でもこんな夢は見ないんじゃないですかね)

比奈(楓さんッスからねぇ)

P(だからそれ)

仁奈「もふもふすると元気になりやがりますよ!」

楓「ありがとう…」モフモフ

P「…」ハア




64: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/27(木) 15:42:27.58 ID:Rz7sTtsDO


キュ


P「ん」

楓「ふふっ。でも、夢でよかったです」

楓「プロデューサーさん。もう勝手にどこかへ行ったりしないでくださいね。私を、置いて行ったりしないでくださいね」ニコ

P「……」

P「…当然です」

楓「えへへ。そうですかー…。ふふっ♪ ありがとうございます」

P「……」

P「…」ハア

比奈「楓さんでスから」

P「楓さんだもんな」ウン

楓「??」




65: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/27(木) 15:45:34.21 ID:ES+7h/j7o


P「みんなでコーヒーでも淹れましょうか。楓さんはちゃんと眠気を覚ましてください」

楓「分かりましたー」ハーイ


ポン


仁奈「?」

P「砂糖とミルクを入れれば、きっと仁奈でもおいしく飲めると思うよ。一緒に作るか」

仁奈「……」

仁奈「にへ。よろしくお願いしやがります」ニコ

P「おう」




67: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/27(木) 15:48:58.27 ID:ES+7h/j7o


トントン


P「ん」クル

柚「がおー」

P「…」

柚「のっぺら柚チャンだよぅ!」

P「のっぺらぼうってがおーって鳴くのか」

柚「へへっ。Pサンががおーって言うと可愛いね!」

P「反省したのか?」

柚「柚チャンは逆境にめげない子だよ!」

P「引き続き反省してください」キュ

柚「ふにゃー。ひ、ひもまでひっぱちゃうと……もう本格的になにも見えない…」フラフラ

P「まったく」

比奈(プロデューサー、どう見ても楽しんでまスね…)クス




69: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/27(木) 15:53:31.58 ID:Rz7sTtsDO


柚「アタシも仲間に入れてよー…」フラフラ

P「……」

P「ったく」シュル

柚「あっ…、…あ」

P「反省したか?」

柚「……、う、うん。も、もうばっちり…」パチ

P「…う、すまん。ちょっと長い間、フードを締めすぎたかな…」

柚「え? ふあっ」

P「顔赤いぞ。大丈夫か?」ペタ

柚「……~~…っ…だ、ダイジョブダイジョブ! ゆ、柚チャンは、強いので!」

P「?? はあ。よく分からんけど…まあいいや。そっか」

柚「うんうん」コクコクコクコク




70: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/27(木) 15:58:01.57 ID:ES+7h/j7o


P「よし。じゃあみんなでコーヒーでも淹れて」

比奈「淹れて?」

P「……」

P「なにってこともないな。のんびりするか」ハハ

比奈「ふふ。そうでスね。まあいつも通りで」

P「うん」

柚「仁奈チャン! 行こっかー」

仁奈「はい!」トコトコ

楓「比奈ちゃんもプロデューサーさんも、早く行きましょう?」

比奈「はーい」

P「はーい」



―――おしまい




71: ◆qEJgO2U6bM 2013/06/27(木) 15:59:55.08 ID:Rz7sTtsDO

wikiったら「たんぽぽ;利用」で真っ先に草笛があって草不可避。
よく知らんですが目にするのは大体セイヨウタンポポってことらしいですね。
ニホンタンポポはむしろ食用ではないそうですが文化的になのかそもそも食えないのか。


では依頼を出して来ます。ありがとうございました。



73: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/27(木) 16:41:14.24 ID:vy5vS/bt0

なごんだよ




74: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/27(木) 17:00:25.46 ID:dxsTnscw0

>>1乙。この事務所の雰囲気大好きです。


元スレ
SS速報VIP:モバP「なんか飛んで来たっス」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1372093621/