SS速報VIP:モバP「仕事がうまくいかなくなるボタン?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495029294/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/17(水) 22:54:54.78 ID:J+XTAhHD0

晶葉「そうだ。」

晶葉「このボタンを押した人は、今日一日の仕事がうまくいかなくなるのだ。」

モバP(以降P)「お前すごいな...すごいよ...。」

晶葉「ふっふっふっ、そうだろ?」



P「そんな凄い天才少女はちひろさんの説教部屋に連行だー!仕事に遅刻してまでこんなもん作りやがって!」ガシッ

晶葉「やめてくれ!服を引っ張ってちひろさんのところに連れて行こうと...ギャーッ!!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1495029294




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/17(水) 23:09:09.70 ID:J+XTAhHD0

...一分後... ガチャッ

幸子「プロデューサーさん!おはようございまーす!カワイイボクがやってきましたよー!...ってあれ?」

幸子「誰もいないんですか?まったく。カワイイボクが来たというのに...ん?」

幸子「何でしょうこのボタン...。ハッ!」

幸子(まさかこれはドッキリ!?ボタンを押したら頭上からドジョウが降ってきたり!?)

幸子(はたまた床が抜けて落とし穴的な!?もしくはハッピーターンが一個落ちてくる的な!?)

幸子(大丈夫、どんなドッキリであれ完璧なリアクションを取ってみせます!タカさん!ノリさん!見ておいてください!)



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/17(水) 23:15:01.92 ID:J+XTAhHD0

幸子「あれーっ、こんなところにボタンがありますねー...」

幸子「きっとこのボタンも、カワイイボクに押してもらえた方が幸せですよねー...」

幸子「...」

幸子「えいっ」ポチッ

シーン

幸子(何も起きませんね...あっ、もうこんな時間!お仕事行かなきゃ!)ダッ



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/17(水) 23:29:59.11 ID:J+XTAhHD0

...

晶葉「うぅ...怖かったな...」

P「ちひろさんの顔が如来みたいだったな...俺悪くないのにちびりそうになったもん。」

晶葉「やめてくれ!思いだしただけで...あーっ!!!!!!!!!!」

P「どうした晶葉?恐怖で漏らしたのか?大丈夫だ。実は俺も...」

晶葉「違うわ!そんなことより大変だ!誰かがボタンを押してしまったみたいだ!」

P「なんだって!やべえじゃんあきえもん!」

晶葉「押したのはどうやら...幸子みたいだな。」

P「えっ、なんでわかるの?」

晶葉「こんなこともあろうかと、押した人が誰なのか、どういう風に仕事を失敗するのか、それくらいはわかるように作っておいたんだ。」

P「ワオご都合主義!」

晶葉「とりあえず幸子のところに向かおう!幸子の今日の仕事は何だ?」

P「えっと最初の仕事は...」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/17(水) 23:45:04.64 ID:J+XTAhHD0

―某CDショップ―

P「今日はここで、ミニライブとサイン会がある。」

晶葉「まずはミニライブからか...もうライブ開始まで時間がないから、このボタンのことを幸子に伝えられないな...」

P「お前が急にハード○フに寄ったからな。ちなみに幸子はどういう風に失敗するんだ?」

ボタン「サチコ...ライブ...ウタ...マチガエル...」

P「シャベッタァァ」

晶葉「というと、歌詞をミスってしまうということか。」

P「ああ、なら一安心だ。」

晶葉「なぜだ?」

P「歌詞間違いはライブでよくあることだし、別視点で考えれば口パクをしてないってことになるし。」

P「超重大な失敗じゃないから大丈夫だろ。」

晶葉「だといいが...おっ、はじまるみたいだぞ。」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/17(水) 23:54:18.09 ID:J+XTAhHD0

幸子「みなさーん!カワイイボクのライブに来てくれてありがとうございまーす!」

幸子「それでは一曲目聴いてください!To my darling!」


テテッ テッテー ンテテテテッテー


幸子(あれ!?To my darlingじゃない!このファンキーなフレーズは...)

幸子(Earth Wind And FireのSeptember!?)

幸子(なぜ!?早く曲を止めてもらわないと...いや、まさか!?)

幸子(これがドッキリ!?)



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/18(木) 00:02:37.05 ID:vOr5bfQS0

幸子(さっきのボタンはダミー!ドッキリじゃないと安心させておいて、ここでドッキリを仕掛けてくるとは..)

幸子(おそるべしバラエティ!ですが、ボクはくじけません!)

幸子(敦さん、亮さん、見ておいてください!)




P「あれ、なんかEarth Wind And Fireが流れてんだけど」

晶葉「幸子にはBoogie Wonderlandのほうが似合うと、私は思うんだが...」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/18(木) 00:38:59.71 ID:vOr5bfQS0

幸子「仕事がうまくいかなくなるボタン!?」

P「ああ、そうらしい。」

幸子「なんでそんなもん作ったんですか!おかげでうろ覚えでSeptemberを歌うはめになったじゃないですか!」

晶葉「お客さんたちが乗り方がわからなくてオドオドしてたな。」

幸子「あなたのせいですよ!」

P「とりあえず今日の仕事はあと握手会だけだ。何とか乗り切ってくれ!」

幸子「仕方がないですねえ、日曜日、ボクとデートしてくれるなら頑張りますよ!」

P「ああ!もちろん!とにかく頼んだ!」

幸子「はい!ってええ!?」

P「ん?どうした?」

幸子「な、なんでもないです!」

幸子(いつもなら断られるのに...でも、やっとプロデューサーさんとデートに行ける...!)



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/18(木) 01:06:26.94 ID:vOr5bfQS0

P「で、ボタンよ。幸子は握手会でどんな失敗をするんだ?」

ボタン「サチコ...アクシュカイ...シオ...」

幸子「シャベッタァァ」

晶葉「握手会...塩...塩対応ってことか」

P「でもさっきだって、歌詞じゃなくてPAさんが流す音楽を間違ってたからなあ。何が起きるかわからないぞ。」

幸子「まあ、カワイイボクは塩対応してもカワイイですけどね!」

<コシミズサァァン デバンデスゥゥゥゥゥ

P「まあ、気を付けてくれ。」

幸子「はーい!それでは、行ってきますね!」




晶葉「なあ、プロデューサー。シオってもしかして...」

P「...まさか。幸子は14歳だ。そんなことが...」

晶葉「私も14歳だがな。」



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/18(木) 01:29:13.85 ID:vOr5bfQS0

客A「幸子ちゃんカワイイね!いつも応援してるよ!」

幸子「フフーン。もっと言ってくれていいんですよー。」

客B「幸子ちゃん腹パンしたいくらいカワイイよ!」

幸子「えっ、あ、はい。ま、まあボクの可愛さは罪ですからね!」

客C「ハァハァハァハァハァ...」

幸子「まあ、ボクの可愛さの前では言葉をなくしますよね!」



晶葉「今のところは順調だな」

P「幸子すげえなカワイイなあ」

<ゴフンカンノキューケーハイリマァァス



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/18(木) 02:37:48.84 ID:j8qCuaUl0

P「どうだ幸子。なんか変わったところはないか。」

幸子「相変わらずボクはカワイイし、みんなボクのことカワイイって言ってるし、何の変化もないですね。」

晶葉「さすがの自信だな。」

P「まあ、何もないならそれはそれで...」

<キャアアアアア

P「何だ!どうかしたんですか!」

スタッフ「実は...幸子さん用へのプレゼントボックスに...」




スタッフ「塩が敷き詰められてまして...」



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/18(木) 02:47:45.12 ID:j8qCuaUl0

...

晶葉「犯人はとりあえず警察に突き出されたらしいぞ。」

晶葉「事件ということで握手会は中止になったけどな...」

P「そうか...」

幸子「...ま、まあ、ボクの可愛さのせいで我を忘れてしまうことだって...」

P「チクショウ...」

幸子「プロデューサーさん...?」

P「チクショウ!!!!!!!!!」バンッ

晶葉「プ、プロデューサー落ち着け!」

P「どうして...どうしてなんだ...」

幸子(プロデューサーさん...ボクのことを思って...)

P「どうしてっ...





どうしてそっちのシオなんだよっ!!!!!!!!」



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/18(木) 02:59:36.93 ID:j8qCuaUl0

晶葉「...は?」

幸子「...え?」

P「何普通に捻りもなく塩で事件が起きるんだよ!?別のシオがあるだろーがっ!!!」

晶葉「うわぁ...」

幸子「え?どういうことですか?」

晶葉「幸子!聞くな!」

P「輿水ゥ!!!」

幸子「は、はいっ!」ビクゥ

P「俺はなぁっ!お前のぉ!塩じゃない!別の!シオを!見たかったんだよォ!!!!!!」

晶葉「こいつ!14歳女子二人の前でなんてことを!!!!」

P「俺はァ!見たかったんだよォ!お前の...






シオらしい姿をォ!!!!!!」



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/18(木) 03:09:57.53 ID:j8qCuaUl0

晶葉「...え」

P「こんなにただでさえカワイイ幸子が少しでも奥ゆかしいところを見せてみろっ!」

P「超絶激カワで絶対惚れてしまうだろぉぉぉがぁぁぁ!」バンッバンッ

P「大好きな幸子がしおらしく振る舞う姿...」

P「見てえだろおがあ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」アタマヲ ツクエニ バンバン

晶葉「シオってそのシオかよ!じゃなくて、幸子!プロデューサーに何か言ってやれ!」

幸子「プロデューサーさん...その...ボク...いや...」





幸子「ワタシのしおらしい姿、見せてあげましょうか...?」



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/18(木) 03:21:23.23 ID:j8qCuaUl0

P「」ボーンッ!

晶葉「プロデューサーが幸子の可愛さに気絶した!」

幸子「プロデューサーさん!カワイイボクのために起きてください!」

P「ハッ!天使がいたような...」

幸子「大丈夫ですか...?」

P「やっぱ天使だぁぁ!!!」

幸子「ま、まあ、ボクは天使以上にカワイイですけどね!」

P「そうだったな、ごめんごめん...」

幸子「もう!プロデューサーさんったら...」

P「そうだ幸子、仕事も終わったんだし、ご飯を食べに行こうぜ。」

幸子「えっ、そ、そうですねぇ!カワイイボクとご飯が食べられるなんて、良かったですねぇ!」

P「ハッハッハッ...」

晶葉「...」




晶葉「リア充爆発ボタンでも作るか。」

ちひろ「そうね。協力するわ。」



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/18(木) 03:39:44.26 ID:j8qCuaUl0

おしまい 





21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/18(木) 03:42:44.07 ID:j8qCuaUl0

おまけ

後日...

P「そういえば晶葉は、なんであんなボタンを作ったんだ?」

晶葉「...秘密だ。」

晶葉(言えるわけないだろう...あのボタンをプロデューサーに無理やり押させて)

晶葉(いつも頑張ってるプロデューサーに無理やりにでも休んでもらおうと思ってたなんて...)

晶葉「言えるわけないだろう...」


おしまい



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/18(木) 08:57:21.08 ID:T4w+aB9pO

乙おもしろかった
次はかわいい晶葉が報われる話おなしゃす


元スレ
SS速報VIP:モバP「仕事がうまくいかなくなるボタン?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495029294/