SS速報VIP:古泉「……彼女が欲しいんですよ」 キョン「……そうか」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495185802/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 18:23:23.43 ID:pl6UUZzS0

古泉「閉鎖空間って……結構、いやかなり危険な場所なんですよ」

キョン「……おう」

古泉「傷ついた仲間を見るのも一度や二度じゃありませんよ……」

キョン「……おう」

古泉「ふと、どうしようもなく不安になる日もあります……」

古泉「僕もいつ、ああなるかと思うね……」

キョン「……おう」

古泉「……だから彼女が欲しいんですよ」

キョン「……おう」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1495185802




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 18:24:10.28 ID:pl6UUZzS0

古泉「異性との性行為も体験できず死ぬっていうのは……悲しいと思うんです」

キョン「……」

古泉「あ……ひきましたか? ……すみません」

キョン「……いや、わかるさ」

キョン「俺だって健全な男子高校生だからな……」

キョン「したいよな……SEX」

古泉「……はい」

古泉「……ですから彼女が欲しいんですよ」

キョン「……おう」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 18:24:37.34 ID:pl6UUZzS0

キョン「例えば……」

古泉「……」

キョン「SOS団の中なら……やっぱり朝比奈さん、か……?」

古泉「朝比奈さんですか…………」

古泉「……いや、無理ですね」

キョン「……」



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 18:25:08.63 ID:pl6UUZzS0

古泉「可愛らしい方だとは思いますよ……お茶も美味しいですし、癒されます……」

古泉「でも、もし付き合って、僕が閉鎖空間で死ぬ思いをしながら帰ってくるとします……」

キョン「……おう」

古泉「絶対泣いてくれるじゃないですか……」

キョン「いいじゃないか……」

古泉「いや、毎回泣くんです……」

キョン「……」

古泉「そうすると僕は疲れきった体で彼女を宥めなきゃいけない……」

古泉「泣いてくれるのは嬉しいですけど……お互い絶対しんどくなりますよ」

キョン「……おう」

古泉「……同情が欲しいのではなく、彼女が欲しいんですよ」

キョン「……おう」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 18:25:36.01 ID:pl6UUZzS0

キョン「長門なら……どうだ?」

古泉「長門さん……」

キョン「あいつなら……それほど泣くことはないんじゃないか?」

古泉「……いや、無理ですね」

キョン「……」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 18:26:01.73 ID:pl6UUZzS0

古泉「もちろん泣いてくれないのが嫌とか……そういうことではないんです」

古泉「ただ長門さんと付き合ったとして、何を話せばいいんですか……?」

キョン「本の話とか……」

古泉「いや、そうじゃないんです……」

古泉「貴方ならある程度長門さんとコミュニケーションがとれるのかもしれない……」

古泉「でも僕と長門さんの会話って今までずっと僕からの一方的な質問しかないんですよ……」

キョン「……」

古泉「こっちが泣きたくなりますよ」

キョン「……おう」

古泉「……楽しくおしゃべりできる彼女が欲しいんですよ」

キョン「……おう」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 18:26:32.87 ID:pl6UUZzS0

キョン「……ハルヒは?」

古泉「……いや、無理ですね」

キョン「……」

古泉「魅力的な方だと思ってますけどね……」




9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 18:27:44.85 ID:pl6UUZzS0

古泉「これはもう……簡単ですよ」

古泉「僕が飽きられて終わり……それだけです」

キョン「いや……」

古泉「僕は謎の転校生という属性のおかげでここにいますからね……」

古泉「それがなければただの限定的な超能力者です……」

キョン「……あいつは、不思議とか求めてるし……正体を明かせばあるいは」

古泉「言いませんよ……」

古泉「それに……」

キョン「……それに?」

古泉「付き合う人には属性じゃなくて……僕を見て欲しい」

キョン「……おう」

古泉「……僕自身を見てくれる彼女が欲しいんですよ」

キョン「……おう」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 18:28:11.96 ID:pl6UUZzS0

キョン「SOS団内は……無理だな」

古泉「ええ……仮定の話でもこれですから」

キョン「……」

古泉「……」

キョン「……森さん」

古泉「え……」

キョン「そうだよ……森さん、森園生さん……」

古泉「森さん……」

キョン「年上かもしれんが……美人だし」

キョン「なにより……お前の事情も知ってくれてるし」

古泉「……いや、無理ですね」

キョン「……」



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 18:28:41.59 ID:pl6UUZzS0

古泉「彼女とはもちろん顔合わせることが多いんですよ……」

キョン「……おう」

古泉「仕事仲間としてね……」

キョン「……おう」

古泉「もうその時点で無理って言うか……」

キョン「……」

古泉「やりにくくて仕方ありませんよ……年上で職場一緒の彼女とか……」

キョン「……」

古泉「絶対疲れますよ……少なくとも僕は」

キョン「……おう」

古泉「……癒しをくれる彼女が欲しいんですよ」

キョン「……おう」



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 18:29:07.80 ID:pl6UUZzS0

キョン「鶴屋さん、とか……」

古泉「鶴屋さん……」

キョン「ああ見えて気配りもできるし……スペック高いし……」

古泉「……いや、無理ですね」

キョン「……」



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 18:30:02.51 ID:pl6UUZzS0

古泉「単純に考えて欲しいんですけど……」

キョン「……おう」

古泉「善意で出資してくれてる家の娘を喰う男ってどう思います……?」

キョン「……両想いなら」

古泉「それでも僕なら得たいの知れない超能力者団体に娘を預けるのは嫌ですね……」

古泉「資金欲しさに人質に取られるかもしれないし……」

キョン「取るのか……?」

古泉「いえ……でも絶対そういうしがらみは付きまとうんですよ」

キョン「……おう」

古泉「……自然に付き合える彼女が欲しいんですよ」

キョン「……おう」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 18:30:35.60 ID:pl6UUZzS0

キョン「……」

古泉「……誰かいませんかね?」

キョン「……禁じ手だが」

キョン「俺の……妹……」

古泉「……いや、無理ですね」

キョン「……」



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 18:31:06.81 ID:pl6UUZzS0

古泉「これに関しては……要ります? 理由……?」

キョン「一応……」

古泉「……」

古泉「……僕は少女性愛者じゃないんですよ」

キョン「いや……数年待てば」

古泉「すみません……待てません」

キョン「……おう」

古泉「……いますぐにでも彼女が欲しいんですよ」

キョン「……おう」



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 18:31:33.45 ID:pl6UUZzS0

キョン「……朝倉なら」

古泉「……いや、無理ですね」

キョン「……」

キョン「……うん、それ無理」

古泉「……」

古泉「……ふふ」

古泉「もしかして……それが言いたかっただけ……とか?」

キョン「……」

キョン「……くくっ」

古泉「ふふ……」



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 18:32:05.55 ID:pl6UUZzS0

古泉「TFEI……宇宙的な方たちはちょっと……」

キョン「……」

古泉「どうしても腹の探り合いみたいになってしないますから……」

キョン「そうすると……喜緑さんや九曜も無しだな……」

古泉「ええ……無しの方向で」

キョン「……おう」

古泉「……警戒しなくていい彼女が欲しいんですよ」

キョン「……おう」



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 18:32:41.89 ID:pl6UUZzS0

キョン「……なら佐々木は?」

古泉「佐々木さん……」

キョン「あいつもお前と同じで長ったらしい講釈垂れるの好きだし……」

キョン「お前もいつだったか……気が合いそうって」

古泉「……いや、無理ですね」

キョン「……」



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 18:33:14.46 ID:pl6UUZzS0

古泉「どうやってもNTRみたいになってしまいそうで……」

古泉「そういうのは僕……ちょっと」

キョン「……」

キョン「……NTRって何だ?

古泉「え……それはどちらの意味で?」

キョン「……?」

古泉「だから……彼女にも……意中の相手が……ほら?」

古泉「……とにかく佐々木さんもちょっと……」

キョン「正直……今回は納得できんが」

キョン「……おう」

古泉「……誰にも気兼ねしなくていい彼女が欲しいんですよ」

キョン「……おう」



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 18:33:42.97 ID:pl6UUZzS0

キョン「……橘」

古泉「……え?」

古泉「橘……橘京子……?」

キョン「……おう」

古泉「橘京子……橘さんか……」

キョン「橘京子なら……どうだ……」

キョン「あっちは多分……いや絶対、お前に気がある……」

キョン「敵対してたとか……この際置いといて……」

古泉「橘さん……!」

キョン「そう……橘京子……!」

古泉「橘さんなら……! あ……いや、無理ですね」

キョン「……」



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 18:34:22.28 ID:pl6UUZzS0

キョン「理由を……聞こうか」

古泉「はい……」

古泉「彼女とは前に組織間で敵対していました……」

キョン「だから……それはこの際……」

古泉「それで……あの一件以来彼女たちの組織は地下に潜って」

古泉「その時に僕……彼女に何かと便宜を図ったつもりです……」

古泉「急に所属する組織がそんなことになって不安だと思ったので……」

キョン「ますますいいじゃないか……あいつも恩義を感じて……」

古泉「そんな相手が急に付き合って欲しいとか言ってきたら断れますか……?」

キョン「……」

古泉「半分強姦ですよ……」

キョン「……おう」

古泉「……対等な関係の彼女が欲しいんですよ」

キョン「……おう」



22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 18:34:49.61 ID:pl6UUZzS0

キョン「阪中……」

古泉「誰でしたっけ……?」

キョン「ほら……あの犬の……」

古泉「あー……あの犬の……」

古泉「……犬の顔しか思い出せません」

キョン「……うん」

古泉「……無理ですね」

キョン「……」




23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 18:35:23.58 ID:pl6UUZzS0

古泉「……ふふ」

キョン「……!」

古泉「やはり僕は……このままのようですね」

キョン「あ……諦めるなよ……」

キョン「長門も何か言ってやれって……」

長門「………………」

古泉「いえ……お二人に聞いて頂いただけで随分楽になりました……」

古泉「……ありがとうございます」

キョン「古泉……」



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 18:35:55.22 ID:pl6UUZzS0

キョン「俺たちには……彼女はまだ早いのかもな……」

古泉「かもしれません……」

古泉「さぁ……オセロでもしましょう……」

キョン「古泉……」

古泉「ふふ……」

キョン「……でも……彼女、欲しいな」

古泉「……ええ」



25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 18:36:42.61 ID:pl6UUZzS0

ハルヒ「おっっまたせ~!」バーン!!

古泉「やぁどうも、涼宮さん」

キョン「おい! いい加減ドアを静かに開け閉めすることを覚えろ! ドアが死ぬぞ!」

ハルヒ「うっさいわねー!そんな柔なドア、SOS団の拠点にふさわしくないわ」

キョン「どんな理屈だよ」

古泉「ふふ、涼宮さんらしいじゃないですか」

古泉「さ、角は頂きますよ」パチッ

キョン「オセロは角とった奴が勝つゲームじゃないがな」パチ

古泉「おや? 置く場所が……」



26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 18:37:18.18 ID:pl6UUZzS0

ハルヒ「あんたら案外仲いいわよね~。……付き合ってたりして、な~んてね」

キョン「……」

古泉「……」

長門「……」

ハルヒ(え……? 何この空気……?)



古泉「いや……無理ですね」

キョン「……おう」


~終わり~



27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 18:37:50.94 ID:pl6UUZzS0

終わりです
お付き合いいただきありがとうございました!



29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 18:45:11.79 ID:02CUqgPnO

キョンと古泉のこういうssすき


元スレ
SS速報VIP:古泉「……彼女が欲しいんですよ」 キョン「……そうか」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495185802/