前作
【モバマス時代劇】本田未央「憎悪剣 辻車」

【モバマス時代劇】木村夏樹「美城剣法帖」_

【モバマス時代劇】一ノ瀬志希「及川藩御家騒動」



SS速報VIP:【デレマス時代劇】速水奏「狂愛剣 鬼蛭」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1496137193/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/30(火) 18:39:54.26 ID:KNm5BNRE0

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/30(火) 18:50:19.96 ID:KNm5BNRE0

速水奏は悩ましげな息を吐いた。

20歳足らず、世間的には“小娘”と呼ばれる年齢である。

しかし奏には、奇妙に円熟した妖艶さがあった。

深い海のような髪。

しっとりと甘い色をした肌。

整った目鼻。形の良いあご。

だが、全体的な容貌よりも、

特別美しい場所があった。

唇。

薄すぎず、厚すぎすぎず。

丁度よく、ふっくらしている。

ほんのり桜味がかって、ふにふにと柔らかい。

そしていつも濡れるように、

つらつらと輝いている。





3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/30(火) 19:00:14.27 ID:KNm5BNRE0

奏の唇は、男だけでなく、女もでも狂わずにはいられなかった。

また彼女自身も、様々な人間に“狂って”きた。

奏が初めて愛情を覚えたのは、速水家の下男だった。

特に美しくもなく、醜くもない。

賢いわけでも、馬鹿でもない。

ただ、奏に優しかった。

奏は時間を見つけると、その下男に引っ付いて甘えた。

幼いときも、少女に成長したときも。

身体が女としての変化を始めたときも。

年若く魅力的な娘が、自分にしな垂れかかってくる。

下男はある時我慢ができなくなり、奏の唇を奪おうとした。

しかしその瞬間、愛情が強烈な憎悪に変わって、

奏は彼を斬り殺した。




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/30(火) 19:10:02.84 ID:KNm5BNRE0

また、奏は神道流居合術の道場へ通っていた。

特に理由はない。

ただ、速水家から近かった。それだけだ。

だが神道流の剣は、奏の肌に合わなかった。

静謐と一撃。気に食わぬ。

奏はもっと激しく、執拗に相手を斬りたかった。

彼女は神道流剣術の摂理を捻じ曲げ、

独自の法則性を築き上げた。

そして、剣術とも舞踊とも

なんとも言えぬものが出来上がった。

奏はそれを用いて、親しかった道場の皆を弑殺した。

奏の動きを馬鹿にしたからだ。






5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/30(火) 19:14:19.79 ID:KNm5BNRE0

愛と憎悪。

速水奏の人生は、その間の往復かのように見えた。

藩で1番の男娼。

接吻が上手と自慢したので、斬り殺した。

尊敬していた上役。

奏が身を寄せたとき、唇にふれようとしたので

顔面の皮を剥がした。

初めての嫁。

せっかく貞淑だったのに、

次第に奏に媚びるようになった。

だから、閨で解体した。













6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/30(火) 19:21:36.33 ID:KNm5BNRE0

しかし二年前程から、彼女の心はにわかに落ち着きはじめる。

理想の親友を手に入れたためである。

奏と同じく馬廻、新田美波。

奏とは、まったく異な魅力を持つ女だった。

初夏の清流のような、さわやかな笑顔。

木漏れ日のような、心地よい優しさ。

奏は美波に夢中になった。

美波の方は、あくまで友人としての

立ち位置を守った。

肩を寄せれば一歩離れる。

手をつなごうとすれば解く。

「好き」と告げようとすれば、話をはぐらかす。

だが奏はそうされると、

かえって、ますます美波のことが愛おしくなった。















7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/30(火) 19:23:06.36 ID:KNm5BNRE0

聖女。

奏の美貌に溺れず、奏に優しくしてくれる。

彼女は永らく、そのような人間を待っていたのだ。



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/30(火) 19:29:32.29 ID:KNm5BNRE0

その美波が、藩から終われる身になった。

罪状は家老の殺害。犠牲になったのは、奏の母親だった。

だが、奏は美波を全く恨まなかった。

奏の母親は、よく娘に添い寝をせがんだ。

そして娘が寝静まると、その身体をまさぐるのであった。

奏はある時目を覚まして、奏の臍を吸っている母親を見た。

気持ちが悪かった。

とはいえ、家老を簡単には殺せなかった。








9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/30(火) 19:35:32.02 ID:KNm5BNRE0

このような経緯があったから、

彼女は美波に対して、感謝の念と深い愛情を抱いた。

周囲の人間達は、奏のことを哀れんだ。

実の親友に、実の母親を殺された。

さぞ憎かろう。

そして藩主はまったくの同情から、奏に美波の成敗を命じた。

仇を自身の手で討て、と。

その命を受けたとき、奏の背筋はぞくぞくとした。



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/30(火) 19:42:44.98 ID:KNm5BNRE0

現在の奏は馬を駆り、美波の潜伏する農村へ向かっていた。

奏ではまた、悩ましげな息を吐いた。

美波を討つつもりは毛頭なかった。

だが、黙って見逃すわけにもいかぬ。

やはり共に行くべきか。

奏と美波の腕前を以ってすれば、造作もないことである。

美波は澁川流薙刀術の猛者。

そこらの武士など、瞬く間になます斬りにしてしまう。

そして藩内で美波と渡り合えるのは、奏のみ。

どこの国へ逃れようかしら。

奏は、幸福そうな笑みを浮かべた。





11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/30(火) 19:44:35.38 ID:KNm5BNRE0

果たして美波は、奏を待っていた。

村の中心に立って、逃げも隠れもせず。

美波の表情にいつもの笑顔はない。

唇をきつく引き絞って、奏を睨んでいた。



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/30(火) 19:49:09.85 ID:KNm5BNRE0

「速水様から聞いたの」

奏は愛した人間の血を刀に吸わせる、剣の鬼。

お前もじきに殺される。

「ずっと私を斬りたかったの!?」

美波は薙刀を振るった。

村に吹く木枯らし、舞い散る葉、砂利の混じった地面。

それらがばっくりと裂け、抉られる。

美波は悲しんでいた。そして、奏を憎んでいた。

少々距離の近い友人。

そう思っていた相手が、虎視眈々と自分の命を狙っていたとは。



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/30(火) 19:54:53.05 ID:KNm5BNRE0

奏にはそれを否定する余裕がない。

今の美波の薙刀は、達人を通り越して、

怪物的ですらあった。

奏は暴風のような攻撃を、“ぬめり”とした動きで躱す。

これが奏の工夫である。

自分と相手の間合いから絶対に離れない、

見た目に反した攻撃的な動き。

だが奏は美波を傷つけるわけにはいかぬ。

せめて相手の動きを止めねば。

奏は水が滴るように、ゆっくりと剣を抜いた。



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/30(火) 20:00:16.59 ID:KNm5BNRE0

美波の薙刀さばきは激しさを増す。当然である。

奏が臨戦態勢に入ったのだから。

だが薙刀は重い。まして、気の休まらない逃亡の身。

美波の表情には疲れが浮かんできていた。

彼女の攻撃は勢いを保っていたが、大雑把になってきていた。

奏はその隙を見逃さず、美波に斬り返す。

狙いは彼女の武器。





15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/30(火) 20:06:14.83 ID:KNm5BNRE0

がっと乾いた音がして、刀身が薙刀の柄に食い込む。

奏はちょうど美波を押し倒す形となった。

美波の誤解をはやく解かないと。

殺気のない鍔競りをしながら、奏は思った。

しかし身体には力が込もっているから、声が出せぬ。

どうしたものか。

奏が考えあぐねている間に、美波の限界がきた。

ふっと薙刀から彼女の力が抜ける。

その拍子に奏の刃が、美波の綺麗な首筋に

すっと滑り込んだ。





16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/30(火) 20:11:03.38 ID:KNm5BNRE0

「美波…!」

奏は親友の名を読んだ。

しかし刀は引かず、押し込んだままだった。

身体が自然にそうした。

奏は気づいてしまった。

美波を斬れと命じられた時感じた、甘い疼痛の正体を。

奏は無意識の内に、美波を斬りたいと、ずっと願っていたのだ。

いや、美波だけではない。

今まで愛した人間達は、心底斬りたいと望んだ者ばかり。

憎悪は、ほんのきっかけでしかなかったのだ。



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/30(火) 20:13:39.75 ID:KNm5BNRE0

「美波…」

奏は再び、親友の名を読んだ。

結局、母親と美波の言う通りになってしまった。

奏は今まで誰にも許さなかった唇を、

美波の唇に重ねた。

そして喉から噴き出してくる血を、じゅるじゅると啜った。

その姿は人ではなく、一匹の大きな蛭のようであった。





18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/30(火) 20:15:18.41 ID:KNm5BNRE0

おしまい


元スレ
SS速報VIP:【デレマス時代劇】速水奏「狂愛剣 鬼蛭」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1496137193/