2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 19:51:28.55 ID:pVIxyO240

 貧しい流浪の武士、三村かな子はわびしい気分だった。

 なけなしの金で注文した蕎麦は、飯茶碗ほどの量。

 しかも味が薄い。さらに蕎麦の質も悪い。

 それに対して、正面の兵士の蕎麦。

 大盛りである。くわえ海老が二本乗っている。
 
 かな子の錯覚か、ほのかに輝いているように見える。




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 19:52:39.37 ID:pVIxyO240

 よだれを垂らして見つめていると、

 相手がじろりと睨んできた。

 かな子はふっと目をそらした。

 相手は、飛ぶ鳥落とす北軍の兵士である。





5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 19:53:23.47 ID:pVIxyO240

大和は南北に別れていた。

 だが合戦は北軍が有利で、主要な都市はすべて抑えられていた。

 南軍はその数を減らし、現在は敗走状態である。

 かな子はどちらにも属していなかった。

 討ち死にするのが怖い。

 だがなによりも、飯を食えなくなるのがもっと怖い。





6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 19:54:28.00 ID:pVIxyO240

北軍の兵士は蕎麦を食い終えると、金も払わず出て行った。

 こういう振る舞いは少なからず住民の反感を買っていた。

 さらに北軍は各地から兵糧をかき集め、

いくつもの地主や百姓を没落させたという。

 恨みは多いが、誰も口には出せぬ。皆命が惜しい。




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 19:55:12.94 ID:pVIxyO240

かな子はさっと、兵士のどんぶりを自分の方に寄せた。

 天かすがまだ残っている。そばの切れ端も。

 それらは海老のうまみがしみて、たいそう美味かった。

 だが、かな子はすぐに虚無感に襲われた。

 ひどくわびしい気分である。

 さらに、半端に食べたせいで、空腹感がより増した。

 だが金がない。どうしよう。
 
 かな子は、ちらりと自分の刀を見た。




9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 19:55:50.05 ID:pVIxyO240

その日の夜更け、かな子は鰻屋に強盗に入った。

 季節は秋口。

鰻にあぶらがのって、たいそう美味い時期である。

 どうせやるなら大物、そういう心算であった。

 さすがに斬るのは忍びなかったので、脅すに留め、

 首尾よく、まるまると太った鰻を手に入れた。

 しかし捌き方もわからず、泥抜きもしなかったので、

 出来上がった串焼きはひどい味だった。

 なんたる、くたびれもうけ。





10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 19:56:53.79 ID:pVIxyO240

その数日後、かな子は仰天した。

 鰻屋家族が牢に入れられていた。

 聞くところによれば、北軍大将に献上する鰻を逃してしまったという。

 かな子は、しばらく食欲が失せるほどの罪悪感に襲われた。

 自分の責任である。




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 19:57:30.45 ID:pVIxyO240

食い意地を張ったばかりに、一つの家族を獄門に送ることになろうとは。
 
しかも、鰻屋は“奪われた”とは言っていないらしい。 

かな子のことを北軍に話していないのだ。

鰻屋は被害者どころか、かな子の命の恩人である。 

飯が食えなくなるのは、怖かった。

しかしここで立ち止まれば、武士ではない。





12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 19:58:27.21 ID:pVIxyO240

かな子は牢に忍び込んだ。

そこで、鰻屋家族を解放することに成功した。

しかし場所は北軍のお膝元。

かな子1人ならまだしも、

鰻屋家族を連れては逃げられない。

考えあぐねていると、他の牢人達が、

かな子の方を小犬のような目で見た。





14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 20:01:17.62 ID:pVIxyO240

上役に煙たがられた武士。

北軍に借金を踏み倒された挙句、

獄にまで入れられた商人。

南軍の指揮官。

みな哀れであった。

毒を喰らわば皿までよ、とかな子は全員を解き放った。

そして、彼女らと共に脱出することにした。




15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 20:02:05.93 ID:pVIxyO240

関所を力ずくで突破し、かな子達は山に逃れた。

ちょうど北軍の兵舎が見下ろせる位置であった。

ひとしごと終えた、とかな子はどっかり腰を下ろした。

北軍の兵士に顔は見られていない。

街で口笛を吹いていようが、

せせっこましく蕎麦を食っていようが、かな子の自由である。




16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 20:02:56.43 ID:pVIxyO240


やれやれ、とかな子が周りを見渡すと、

人数が足りないことに気づいた。

上役に嫌われたという、暑苦しい女がいなかった。

どこへいったのか、とかな子が思っていると、

北軍の火薬庫が突如爆発し、辺りを煌々と照らした。

かな子が呆然と立ち尽くしていると、南軍の指揮官が肩に手を置いた。

この事はあらかじめ仕組まれたことであったらしい。




17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 20:03:44.79 ID:pVIxyO240

北軍の大将は、賊軍が現れたという情報を耳にした。

人数は2000人程度。

北軍が駐留していた町を占拠し、一勢力を築いているという。

しかし北軍の大将は、慌てなかった。

こちらの軍勢は18万。兵、とくに鉄砲隊が精強である。

鈍と鍬で武装した賊軍に、なんとかできるものか。

高笑いしながら、将軍は酒をすすった。





18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 20:04:20.87 ID:pVIxyO240

三村かな子は震えあがった。

自分の人相書きが、賊軍の指導者として

全国に出回っているらしい。


一刻もはやく逃げ出せねば。

そう思って立ち上がるかな子の袖を引くのは、

茶碗いっぱいの飯である。




19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 20:05:30.91 ID:pVIxyO240

賊軍とはいえ大将格、出される食事は立派である。

それを食っていると、明日でもいいかという気になる。

この集団を抜け出せば、かな子は再び流浪の貧乏暮らし。

せいぜい今のうちに腹一杯食って、

覚悟が決まったら逃げ出そう。

そうやって、明日、また明日と時間が過ぎていった。




20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 20:06:42.18 ID:pVIxyO240

北軍の大将は眉を顰めた。

賊軍が、敗走していた南軍と勢力を糾合して、

2万人にほどに増えたそうである。

こうなると、いかにこちらが数で

優っているとはいえ看過できぬ。

北軍の大将は、自身の軍勢を三村軍に差し向けた。

負けることはなかろう。

北軍の大将は、顔をしかめながら酒を啜った。






21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 20:07:20.92 ID:pVIxyO240

三村かな子は、逃げる機会を完全に逸していた。

飯を食って、たまに昼寝して、

また飯を食っているうちに、

周囲は、かな子を三村軍の大将として祀り上げていた。

「三村さまー!!!」

「三村さまー☆」

「三村ちゃまー!」

かな子は、自分を慕う者達に四六時中取り囲まれている。

そして、仮に逃げられたところで待っているのは、

北軍からの執拗な追跡である。

かな子は大将飯を食いながら、さめざめと涙を流した。




22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 20:08:04.49 ID:pVIxyO240

それを見た側近達は、

「大将にもっと旨い飯を食わせねば」と奮起した。

かな子の指揮能力は低い。むしろ、無能と言って差し支えない。

だが、飯をたいそう美味そうに食うので、

それが周りの庇護欲求を誘うのであった。

周囲の視線は、さながら母鳥である。




23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 20:09:08.90 ID:pVIxyO240

北軍の大将は衝撃を受けた。

三村軍の勢力が、14万ほどに膨れ上がったそうである。

聞くところによれば、かつて捕らえた

南軍の城ヶ崎美嘉が

民衆に演説を行って兵をかき集めているという。

特に、北軍に虐げられていた百姓達などが、喜び勇んで

三村軍に参加している。


だが、まだこちらが数では優っているし、

訓練も実戦も積んでいる。

運が三村軍に味方せぬ限り、負けることはない。

北軍の大将は、震える手で酒を煽った。




24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 20:10:06.78 ID:pVIxyO240

三村かな子は、座敷でくつろいでいた。

だが、内心はやけっぱちであった。

もうこうなれば、運命を天にゆだねるしかあるまい。

兵隊の管理も訓練も、

側近がやってくれているので、

かな子に仕事はない。

せいぜい北軍に敗れるまで、

たらふく旨い飯を食うのみである。


ゆったり泰然と構えるかな子。

周囲の側近達は、「大将としての風格が出てきた」と、

感慨を深めていた。






25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 20:10:34.66 ID:pVIxyO240

北軍の大将は高笑いしてた。

勝利ではなく、絶望の笑いであった。

三村軍の兵力は、現在50万。

破った北軍の指揮官を助命し、

登用することで勢力を拡大しているらしい。




26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 20:11:17.94 ID:pVIxyO240

さらに櫻井桃華なる商人が、洋国から最新式の鉄砲と船を

無償で借り受けたという。

見返りは、幕府樹立後の交易権の確立。

つまり三村軍は勝利を確信していることになるのだが、

北軍の大将はすでに立てる腹もない。

そういう状況である。




27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 20:11:49.52 ID:pVIxyO240

その後、三村軍は北軍を正面から叩き潰し、

あれよあれよという間に京に上った。

そして朝廷を包囲し、

三村かな子は征夷大将軍の官位を授与された。

これが三村幕府のはじまりであった。




28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 20:12:16.64 ID:pVIxyO240

三村かな子は有能な側近に恵まれ、よい治世を行った。

病気も怪我もなく長生きしたが、

晩年餅をのどに詰まらせて、

惜しまれつつ亡くなった。

人々はかな子のことを、「食い意地将軍」と呼んで、

後の世まで語り継いだそうな。




29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 20:12:42.13 ID:pVIxyO240

おしまい。


元スレ
SS速報VIP:【デレマス時代劇】三村かな子「食い意地将軍」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1496400657/