2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 10:52:19.89 ID:vgo2k3nS0

緒方智絵里は、

千間通りの前にある遊郭の遊女であった。

幼い頃、食うに困った両親が彼女を売った。

智絵里は醜女ではなかったが痩せっぽっちで、

いつも自信がなさそうな顔をしている。

抱かれている時もその顔なので、客はとんと付かない。

金が稼げない遊女に遊郭は冷たく、

智絵里の食事はよくはじかれた。

なので、智絵里は痩せっぽっちのままだった。




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 10:52:59.84 ID:vgo2k3nS0

ある時、ふくよかで健康的な

武士が智絵里を買った。

女色は武士の文化であるから、別に誰も咎めない。

名前は三村かな子。

金がなかったから、一番安い女を買ったのだという。




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 10:53:35.68 ID:vgo2k3nS0

三村は智絵里に優しかった。

着物を乱暴に剥ぎ取ったりせず、

しゅるしゅると脱がしてくれた。

はじめに三村は、浮き出た肋骨に接吻をした。

智絵里は、ひゃっとくすぐったい声をあげた。

こんなことをされたのは初めてだった。




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 10:54:30.90 ID:vgo2k3nS0

肌を合わせると、

三村の肉はむっちりとしていて気持ちがよかった。

ゆったりとした営みであったから、

智絵里はそれを十分に堪能した。

しあわせ。

智絵里はこの日、女としても、

人としても、初めて悦びを覚えた。




6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 10:55:11.52 ID:vgo2k3nS0

行為が終わると、

三村は小倉饅頭を智絵里に勧めた。

別段高価なものではなかったが、それは美味かった。

口に含むとふっと酒のよい香りがして、

餡子の甘みが舌に沁みる。

甘味は長引かないですっと引くから、

口の塩梅も悪くならない。

また1つ、もう1つと食べ続けられる味。




7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 10:55:40.75 ID:vgo2k3nS0

智絵里は、5個の饅頭を平らげた。

こんなに美味しいものを、

心ゆくまで食べたのも、

この日が初めてのことだった。

三村は智絵里を温かい目で見守っていた。




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 10:56:24.39 ID:vgo2k3nS0

それから智絵里は、三村に指名され続けた。

そして毎度毎度と菓子を貰っていたから、

智絵里に少しずつ肉がついた。

また、幸福な表情を浮かべる女は

三村以外の人間も惹きつけた。

次第に智絵里を選ぶ客が増えていった。

無論智絵里の値段も上がっていき、

三村の財布に見合う女ではなくなった。




9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 10:57:32.68 ID:vgo2k3nS0

だが、智絵里は以前と同じ金で三村と会った。

周囲も三村の優しさを知っているから、

2人の関係を邪魔しなかった。

三村が遊郭の前の千間通りに現れると、

「三村様がやってきたぞ」と

智絵里に教えてくれた。




10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 10:58:11.01 ID:vgo2k3nS0

給金の増えた智絵里は、

今度は自分が菓子を買って

三村を待つようになった。

春は桜餅。

夏は水羊羹。

秋は栗きんとん。

冬は雪うさぎ。

どれも上等で、三村は喜んでくれた。




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 10:58:59.33 ID:vgo2k3nS0

本当に、美味しそうに菓子を食べてくれた。

けれど、三村がいっとう気に入っていたのは、

あの小倉饅頭だった。





12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 10:59:36.27 ID:vgo2k3nS0

「貧乏武士だから、舌も貧乏なの」

三村はそう笑った。

その笑顔も、智絵里は大好きだった。

肌も合わせず一緒に菓子を食べたり、

話したりしているだけでも、智絵里は幸福だった。

幸福すぎて、なんだか申し訳ない気分さえした。




13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 11:00:34.16 ID:vgo2k3nS0

だがある時、三村が難しい顔をしてやってきた。

この時、町では攘夷を訴える浪士と、

それを抑えつける藩が対立していた。

三村は藩側の人間であった。

だから斬り合いに巻き込まれ、命を落とすかもしれない。

三村はぽつりと、そう言った。




14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 11:01:17.66 ID:vgo2k3nS0

引き止めたかった。

しかし藩命であるし、

刀の勝負は武士の誉である。

智絵里は何も言えなかった。


三村は智絵里に、四葉の飾りがついた簪を贈った。

智絵里の幸福を願っていると。

自分ではない、誰かのそばでも幸福でいてほしいと。




15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 11:01:52.97 ID:vgo2k3nS0

この日久しぶりに、三村は智絵里を抱いてくれた。

智絵里は、まず三村の脇腹に接吻した。

三村はくすぐったい声を出した。




16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 11:02:27.16 ID:vgo2k3nS0

それから2人は、以前よりもゆっくりと、

まるでお互いが溶け合うように交わった。

この時間が永遠に続けばいいと、智絵里は思った。




17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 11:03:09.29 ID:vgo2k3nS0

疲れた智絵里が眠ってしまって、

彼女が目を覚ました頃には、

三村はいなくなっていた。

布団に、2人の甘い汗の香りが残っていて、

智絵里はそれを胸いっぱいに吸い込んだ。

すると、涙が溢れてきた。




18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 11:03:50.10 ID:vgo2k3nS0

それから三村は遊郭にも、千間通りにも現れなくなった。



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 11:04:19.69 ID:vgo2k3nS0

こんこんこんと、町に雪が降り積もる。

その銀景色を、浪士と藩士の血が彩る。

町では、毎日おびただしい量の死者が出た。

智絵里の見知り合いの遊女も、

斬り合いに巻き込まれて命を落とした。

どうか、どうか三村様。

智絵里は簪を弱々しく握りしめて、三村の無事を願った。




20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 11:04:56.80 ID:vgo2k3nS0

ある夜、智絵里は庭の燈籠をぼんやり眺めていた。

ちろりちろりと、日が頼りなく揺れている。

それは智絵里の心だった。

三村が、三村がいなければ、智絵里はいつまでも、

痩せっぽっちで自信のない女のまま。




21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 11:05:45.05 ID:vgo2k3nS0

菓子の味、笑い方、

女として、人間としての悦び。

幸福の在り処。

それらを教えてくれたのは、三村だった。

三村がいなければ、智絵里の世界はまっくらで、

彼女はいつまでも、ひどく心細く蹲っているだけだった。




22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 11:06:14.25 ID:vgo2k3nS0

ふっと、灯篭の火が消える。

智絵里はぞおっとして、戸を閉めた。




23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 11:06:50.64 ID:vgo2k3nS0

早朝。

一匹の雀がちよちよと鳴いている。

智絵里は、仲間の遊女に起こされた。

「……三村様がいらっしゃった」

三村様が、と智絵里は立ち上がった。

箱いっぱいの小倉饅頭がこぼれるのも構わず、

智絵里は入り口まで駆けた。




24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 11:07:37.69 ID:vgo2k3nS0


果たして、三村はいた。

ひどい刀傷をおって、倒れていた。

「三村様!」

智絵里が近づくと、

三村がゆっくり顔を上げた。

「智絵里ちゃん…」

智絵里は、三村を抱きかかえた。

夥しい量の血が、粘った音を立てた。




25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 11:08:08.33 ID:vgo2k3nS0

「お腹、空いちゃった…」

三村は力なく笑った。

腹から、腸が飛び出していた。

智絵里は三村の口に、小倉饅頭をひとつ含ませた。




26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 11:08:47.86 ID:vgo2k3nS0

「おいしいね。…本当に、おいしい…」

三村の口から、饅頭がこぼれた。

智絵里は新しい饅頭を、三村の口に運んだ。





27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 11:09:25.51 ID:vgo2k3nS0

だが、三村はもう動かなくなっていた。



28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 11:10:03.99 ID:vgo2k3nS0

「三村様…まだ、饅頭がいっぱい残っております…
 
 だから、だから…食べてくださいまし」

冷たくなった武士の口に

饅頭を押し当てる女を見て、

遊郭の人間らも、静かに涙を流した。




29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 11:10:36.12 ID:vgo2k3nS0

おしまい。



30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 11:14:25.35 ID:QUx1qE/+o

おつおつ
美味しいから大丈夫ではなかったな・・・



31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 11:22:53.33 ID:HESTWyOPo

猫侍と相討ちした居合いの達人の智絵里はいなかったんだね!
かな子も別人かな
乙!


元スレ
SS速報VIP:【デレマス時代劇】緒方智絵里「三村様の通り道」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1496454683/