1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11(水) 01:09:10.12 ID:6O4joy9w0


女神「それとも銀の斧ですか?」

男「お弁当です」

女神「もしかして・・・あれかな?胴の斧とかいっちゃう?」

男「お弁当」

女神「・・・・・・」

男「・・・・・・」

男「食べたんですね?」

女神「いや・・・」




3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11(水) 01:11:34.07 ID:6O4joy9w0


男「お弁当は?」

女神「そんなものおちてきませんでしたよ」

男「口の周りに食べカスがついてますよ」

女神「・・・!!」ゴシゴシ

男「嘘ですよ」

女神「・・・」

男「・・・食べたんですよね?」

女神「・・・」




4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11(水) 01:14:29.32 ID:6O4joy9w0


男「ちなみに、何が美味しかったですか?」

女神「からあげです」

男「卵焼きはどうでしたか」

女神「最高です。甘くてフワフワしておいしかったです」

男「そうですか」

女神「はい!」

女神「タコの赤いウィンナーのアレもおいしかったです」

男「いや、僕はお腹が空いてるんですけどね」

女神「・・・」




9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11(水) 01:17:37.34 ID:6O4joy9w0


男「まぁ、どうせ湖に落とした時点で諦めてましたけどね」

女神「すいません」

男「いいですよ。今日は昼飯抜きということで」

男「僕は薪取りの仕事に戻りますから」

女神「あ・・・あの・・・」

男「はい」

女神「あなたは、毎日この森で仕事をしているんですよね」

男「そうですね」




11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11(水) 01:19:58.46 ID:6O4joy9w0


女神「また明日もきますか?」

男「はい、おそらく」

女神「・・・」

男「・・・」

女神「お弁当、すごくおいしかったです」

男「はい」

女神「本当においしかったです」

女神「この湖の精霊になってから、人間の食べ物なんて食べてきませんでしたから」

男「・・・」




13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11(水) 01:22:45.87 ID:6O4joy9w0


女神「・・・」

男「・・・食べたいんですか?」

女神「・・・」

男「お弁当が」

女神 モジモジ...

男(・・・)

男「貧乏な僕にとっては、貴重な一食なんです」

女神「はい・・・」






17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11(水) 01:26:06.78 ID:6O4joy9w0


男「・・・まぁ、また手をすべらせてしまうかもしれませんけどね」

女神「ほんとですか!」

男「さぁ・・・」

女神「・・・」

男「じゃあ、僕は仕事があるので、これで」

女神「はい。それではさようなら。人間よ・・・」ブクブク

男(沈んでった・・・)


木こりの男は、薪割りをして家に帰りました。




21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11(水) 01:28:35.31 ID:6O4joy9w0


翌日


男 キョロキョロ

男 ミ□ ポチャン

男(・・・)


数十分後


ズゴゴゴゴ


女神「貴方が落としたのは、金の斧ですか?それとも銀の斧ですか?」ビチャビチャ

男「お弁当です」




23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11(水) 01:32:43.08 ID:6O4joy9w0


男「また食べてましたよね」

女神「・・・」

男「すぐ出て来ないのは食べてたからですよね。ちょっと一服くらいの間をとってますよね」

女神「はい」

男「どうでしたか」

女神「すごく・・・おいしいです」

女神「お肉の入ったおにぎり・・・よかった・・・ポテトサラダも最高でした!」

男「そうですか」

女神「あ・・・」




26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11(水) 01:35:28.47 ID:6O4joy9w0


女神「ごめんなさい・・・貴方のごはんを」

男「いや・・・今日は、予備のお弁当を持ってきてるんです」

男「力仕事ですから、すぐにお腹が減りますから」

女神「そうなんですか!」

男「一食失った事には変わりありませんけどね」

女神「・・・」

男「・・・」

男「じゃあ・・・とりあえず僕は仕事に」

女神「それではさようなら・・・人間よ・・・」ブクブク




28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11(水) 01:37:08.73 ID:6O4joy9w0



女神「ぶくぶく・・・」

男「・・・」

男 スタスタ


それから男は、毎日お弁当を湖におっことしつづけました。





33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11(水) 01:41:24.93 ID:6O4joy9w0


ズゴゴゴゴ

女神「あなたが落としたのは

男「お弁当です」

女神「はい。一口カツと、シューマイが絶品でした」

男「もはや悪びれる様子も皆無になりましたね」

女神「すいません・・・」

男「いえ、落とした僕が悪いんですけどね」

女神「ですよね!」

男「まぁ、十分気をつければ絶対に落としませんけどね」

女神「すいません」




34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11(水) 01:44:55.11 ID:6O4joy9w0


女神「あ、あの」

男「はい」

女神「このあいだの、カレー味の肉団子、美味しかったです」

男「そうですか」

女神「はい」

男「・・・」

女神「・・・」

男「・・・まぁ、またお弁当に入ってるかもしれません」

女神「やったー!」




39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11(水) 01:47:38.61 ID:6O4joy9w0


女神「あ・・・」

男「?」

女神「美味しいお弁当ですが・・・もしかしてお嫁さんとかが、つくってるんですか?」

男「ああ」

男「いえ、独り身ですから。自分でつくってますよ」

女神「・・・そうなんですか!料理うまいですね!」

男「ありがとうございます」

女神「すごいです、男さん・・・!いや人間よ・・・」

男「神っぽい威厳はとうに失われていますからそういうのいいですよ」




42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11(水) 01:51:40.44 ID:6O4joy9w0


男「そういえば以前、この湖の精霊になったといってましたが」

女神「はい」

男「もとは、精霊じゃなかったんですか?」

女神「はい、もとは人間でした」

男「そうなんですか。どうして、精霊に?」


女神「・・・身投げ、したんです。この湖に」

男「!」

女神「人間の頃の悲恋を嘆いて・・・この湖に命を落としました」

男「・・・」




45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11(水) 01:54:41.82 ID:6O4joy9w0


女神「そのままなら彷徨える魂になるはずでしたが」

女神「私の心が清らかな事を他の神に買われて、この湖の守り神にしてもらったのです」

男「自分で清らかとかいっちゃいますか」

女神「メガ純粋ですよ!」

男「そうですか」

女神「・・・」


女神「男さんは・・・人間の頃に愛していた男性に、似ている様な気がします」

男「そうですか」




50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11(水) 01:57:58.60 ID:6O4joy9w0


女神「・・・でも、身投げの事はもう別にいいんです」

女神「そういう俗世とは切り離された神聖な存在に昇華しましたから!」

男「食欲に関しては俗心を捨て切れていないようですが」

女神「・・・」

男「・・・」


男「・・・また、明日来ます。じゃあ、これで」

女神「おお、人間よ、人間よ・・・」ブクブク







52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11(水) 02:03:04.73 ID:6O4joy9w0



それから男は、毎日お弁当を湖におとしました。

来る日も来る日も、おいしいお弁当を。

男と女神は、いつも顔を合わせました。

そしてわりかし淡白な会話をしたあと、

男は森へ。

女神は湖へかえってゆくのでした。





53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11(水) 02:03:57.66 ID:6O4joy9w0


数日後

ズゴゴゴゴ

女神「貴方が落としたのは、お弁当ですね・・・」

男「はい」

女神「あ・・・あれはなんですか!なにかトロッとしたの!」

男「多分かにクリームコロッケだと思います」

女神「ああ、もう幸せです。最高の美味しさです!」

男「よかったですね」

女神「はい・・・良い、良いです」




57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11(水) 02:06:43.62 ID:6O4joy9w0


女神「おお・・・人間よ・・・私は明日が楽しみです・・・」

男「だからそういうのいいですよ」

女神「そういえば、木こりの仕事はどうですか?調子は」

男「まったく稼げませんね」

女神「そうですか・・・」

男「なので、木こりの仕事はやめることにしました」

女神


女神「え」




62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11(水) 02:09:52.42 ID:6O4joy9w0


女神「や、やめる・・・?」

男「はい」

女神「・・・そ、そうなると、この森にくることは・・・」

男「・・・」

女神「・・・」

女神「や、やめてどうするんですか・・・」

女神「最近は再就職とか厳しいし・・・そう簡単に仕事変えるとか溜めた方がいいのでは・・・」

男「そういう現実的な話はちょっとSSにはやめたほうが」

女神「・・・・・・」




64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11(水) 02:11:23.19 ID:6O4joy9w0


女神「そう、なんですか・・・」

男「はい」

女神「・・・」



女神「・・・これから、何をするつもりなんですか」



男「はい。料理屋をやろうかと」

女神「料理屋・・・?」




66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11(水) 02:14:48.46 ID:6O4joy9w0


男「昔から、木こりは向いてないと思っていました。華奢だし」

男「家業をついでみたものの、どうもしっくりきませんでした」

男「それより好きな事がありました」

女神「それが・・・料理・・・」

男「はい」


男「でも、村や町では料理なんて女のする仕事・・・と割り切られています」

男「いくらか自信もありませんでしたけが」

男「でもある日、僕のつくったものを美味しいといってくれる人が現れて」

男「いや、人じゃなかったかな」

女神




68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11(水) 02:17:38.31 ID:6O4joy9w0


男「あなたに、おいしいといってもらえて、自信がつきました」

男「自分を信じて、料理人になろうと思います」

女神「・・・そうですか」

男「・・・」

女神「・・・」



男「ところで・・・店を出す場所なんですが」

男「この湖畔の、すぐそばにしようかと」

女神

女神「えっ」




71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11(水) 02:20:20.68 ID:6O4joy9w0


男「他の人に湖に女神が出ると言ってみたものの、誰も信用しませんでしたが」

男「女神の出る湖の店、なんて集客効果抜群だと思うんです」

女神「え。えっ人間よ、人間よ・・・」

男「どう思います?」

女神



女神「・・・――――――いいと思います!!」

男「・・・そう、ですかね」




73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11(水) 02:23:59.21 ID:6O4joy9w0


男「なので、今日はこの辺りにお店をつくるために」

男「木こりとしての、最後の木材取りの仕事に来ました」

女神「そう、そうなんですか!」

男「ええ」


女神「・・・おおお、人間よよ!!」ポロポロ

男「ははは・・・」


女神は泣きました。涙の粒が湖に落ちて、またそれが湖の一部となりました。





77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11(水) 02:28:53.49 ID:6O4joy9w0



それから森に、一つのお店が出来ました。

お客が窓から料理をひとつ落とすと、女神が現れるという事で。

女神の湖の店は、大繁盛しました。

お客は奇跡を目の当たりして、なおかつ素晴らしい料理に舌鼓をうって、満足してかえっていきます。


そして、おいしい料理を食べ続けた女神は、少しばかりふくよかになりましたが。

それでも湖と、その店の守り神として。

人々と、そして店の主人に深く愛され続ける事になりました。





79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11(水) 02:30:22.27 ID:6O4joy9w0



ズゴゴゴゴゴ


女神「おお、人間よ人間よ・・・」

男「やぁ。今日の料理は?」




女神「――――――最高です!!」




めでたし



84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11(水) 02:31:07.26 ID:6O4joy9w0

てきとうすぎてごめんなさい
しょうどうにかられてやってしまいました
おわりです



86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11(水) 02:31:39.29 ID:BvmvTSX90

ちょっと湖に弁当投げてくる



90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11(水) 02:34:17.91 ID:mH3qfyuX0

>>84
良い衝動だった




106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11(水) 04:34:14.91 ID:LpUN88RQ0

女神かわいいな


元スレ
女神「貴方が落としたのは金の斧ですか?それとも」男「お弁当です」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1341936550/