前作
卯月「アイドルのみなさん、聞いて下さい」



SS速報VIP:【モバマス】凛「アイドルのみんな、聞いて欲しいんだけど」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1496749041/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 20:37:21.72 ID:YKkdqLUS0

凛「そう言えばプロデューサーって私達のプロデュース以外の仕事って何してるの?」

凛「知ってる人いる?」

アイドル達(……言われて見れば知らない…)

春菜「確かになんとなく働いてるイメージはありましたが、具体的に何をしてるかと言われれば出てきませんね」

瑞樹「この前プロデューサー君が風邪で休んだ時に、代わりにみんなでやったのは仕事が少ない日のごく一部の仕事だったしね」

マキノ「それでも普通に考えれば書類仕事等じゃないかしら?」

千枝「凛さんは、なんでその事が気になったんですか?」

凛「それがさっき仕事が終わってプロデューサーの所に行った時の話なんだけど……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1496749041




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 20:37:55.76 ID:YKkdqLUS0

回想

凛「プロデューサー、撮影終わって来たよ」

P「おう、トラプリの三人かお疲れ様」

加蓮「今は仕事中だったのかな?」

P「そうだぞ、この書類に載ってる偉い人達に電話を掛けて色々交渉してる所なんだ」

加蓮「なるほど」

奈緒「それは邪魔しちゃ悪いな、あたし達はもう戻ろうぜ」

凛「だね」

加蓮「プロデューサー、頑張ってね」

P「おう!ありがとな、それじゃあ、俺は仕事に戻るよ」

P「もしもし」

P「おう、久しぶり、うん?オレだよ。オレ……わかんない?オレだって、オレ、オレ」

奈緒「いや、名乗れよ」

P「……………うん、そうそう。オレが息子のサトルだよ!」

凛「!?」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 20:38:32.97 ID:YKkdqLUS0

P「うん、うん……だよね、風邪引いててさ声が…。でさ、本題なんだけど、オレ車ぶつけちゃってさ。うん、取り敢えず三百万円ほど……話が早くて助かるよ」

加蓮「プロデューサー、何の電話してるの!?」

P「あ、そう?うん、うん、それは悪いねお爺ちゃん、ありがと、助かるよ!じゃあまずは銀行に向かってくれる?うん、その後の指示はオレが出すから…」

凛「プロデューサー…事務所の仕事をしてるんだよね?本当に?」

P「はぁ?今は無理?おいおい、頼むよ爺さん。こちとら、怪我して困ってんだからさぁ、な?わかるよね?」

奈緒「え、なにその急にガラの悪い態度。って、おい、机に足のっけんなよ!どうしたんだよ、プロデューサーさん!?」

P「おう、そうだよ、五百万な」

加蓮「なんか金額上がってるけど!?」

P「あ、ごめんやっぱ七百欲しいわ」

奈緒「よくわからないけど、もう可哀想だからやめてあげて!」

P「じゃ、それで頼むわ。うん……ああ。そうだな…。それじゃあまた電話するから」

P「………………」ガチャ

トラプリ「…………………」

P「さ、次の仕事しよっと」

加蓮「ちょっと待って!」

凛「プロデューサー、一体なんの仕事をしてたの?」

奈緒「そうだぞ、なんか絶対良くなさそうな会話をしてたけど…」

P「おいおい、お前達、何のことだよ?俺、普通に仕事してたじゃん?」

ちひろ「プロデューサーさん、今は忙しい時期なんですから、ちゃんと働いて下さい!」

P「違うんだよ、ちひろさん、俺は真面目に働いてるのに三人が俺の仕事になんかイチャモンつけてくるんだよ!」

加蓮「いやいやいや、明らかにアイドル事務所とは関係ない会話してたじゃん?って言うかハッキリ言ってオレオレ詐欺みたいな事してたし…」

P「あれはただ、業界じゃ少し有名な映画監督相手に、ちょっと電話越しに演技の実演をしてただけだから」

奈緒「あれ、そんな案件だったのかよ!?」

凛「ちょっと待って、それって結局振り込め詐欺なんじゃ…」

ちひろ「プロデューサーさん?どうでもいいですから、ちゃんと働いて下さい!」

P「はーい」

回想終了



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 20:39:03.34 ID:YKkdqLUS0

凛「って言う事があって…」

茜「よくわかりませんねー」

茜「でもそれはお仕事をしていると言う事なんじゃないんでしょうか?」

千枝「そうなんですか?」

春菜「実はプロデューサーさんの冗談だと言う線もまだありますよ?」

亜季「冗談じゃなかったとしても、それをお仕事と認めていいのでありましょうか?」

茜「うーん、わからなくなってきました。
しかし、こういう時は本人に直接聞いて来るのが一番だと言います。と言う訳で私が聞いてきますね!」ダッシュ

藍子「あ、茜ちゃん!?」

きらり「凛ちゃん、そう言えばきらり達もこの前似たような事があったよー」

凛「聞かせて貰える?」

きらり「いいよー」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 20:39:36.97 ID:YKkdqLUS0

回想

莉嘉「Pくん早くしないとLIVEに遅れちゃうよ?」

P「今から事務所関係の予算交渉の連絡しないとだから…少しだけ待っててくれ」

みりあ「はーい」

P「もしもし、…担当さん?はい、そうそう、ちょっと最近お金を使い過ぎな件の話」

きらり「Pちゃんも真面目に仕事してるみたいだにぃ」

みりあ「そうだねー」

P「あー、はい、はい、それは厳しいかな。ウチの事務所にも限度ってものがあるからね~」

莉嘉「ちょっと揉めてるみたい?」

P「……まあ、そっちの誠意次第だよね」

凸レーション「!?」

P「病気?んなこと、こちとら知ったこっちゃねぇんだよ!貸したもんは、返して貰わねぇとな!十一だ、十一!」

みりあ「プ、プロデューサー…?」

P「はっ!責任転嫁かよ!この貧乏人がぁ!利子が高額だぁ?それでも契約書に判子押したのは、そっちの方だよな!なあ」

きらり「Pちゃん、本当に事務所のお話なんだよね?すごく熱くなっちゃってるけど……」

P「だからさぁ、前から言わせて貰ってるけど、金で払えないなら、あんたの娘で勘弁してやるっつってんだろ」

凸レーション「!?」

P「そちら側の誠意って言うもんを見せて欲しいもんだ、誠意を。ぐへ、ぐへへへ」

莉嘉「今日のPくん、なんか怖いよ」

P「ああ、それじゃ、そういう事で。今回の交渉は成立だな」

みりあ「交渉が成立しちゃったよ!大丈夫なの?」

P「ぐへ、ぐへへへ。楽しみにしているぜぇ……じゅるり」

きらり「Pちゃんが人に見せちゃメっなお顔してるにぃ」

P「…………………」ガチャ

凸レーション「………………」

P「よし!早くLIVE会場に向かおうぜ!」

みりあ「プロデューサー、今なんの電話してたの?」

P「?なんの電話って、仕事のだけど?」

莉嘉「絶対違った!その『仕事』って事務所のお仕事と関係ないでしょ!」

P「なにを言ってるんだよ?俺、ちゃんと予算交渉の電話してたのになー」

莉嘉「で、でも……」

P「そんな事より本当に早くしないと遅れちゃうぞ?」

回想終了



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 20:40:33.98 ID:YKkdqLUS0

きらり「って事が……」

凛「やっぱり、プロデューサーの仕事は普通じゃないのかも…」

有香「そうですね…」

千枝「千枝、プロデューサーさんがわからなくなってきました…」

茜「皆さん、戻って来ましたよ!」

藍子「茜ちゃんどうだったの?」

茜「安心して下さい、プロデューサーさんは普通にお仕事をしていました!」

有香「そうでしたか、良かった…」

茜「さらに私はプロデューサーさんのお仕事のお手伝いもして来ましたよ!」

亜季「お手伝い?」

茜「そうです、なんでも、必要な書類にサインを書くだけの簡単なお仕事でしたよ」

凛「その書類なんて書いてたか覚えてる?」

茜「ん~?よく覚えてはないですが『れんたいほしょーにん』とか書いてた気がしますね」

アイドル達「………………」

亜季「茜殿は、それに名前書いちゃったのでありますか?」

茜「はい、他の書類にも色々書きましたよ?後、李衣菜ちゃんも一緒にお手伝いしていました!」

アイドル達「……………………」

文香「…こんな時に言うのも何ですが、私も昨日プロデューサーさんの、そのお電話のお仕事を拝見する機会がありました……。」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 20:41:09.69 ID:YKkdqLUS0

回想

P「ちょっと仕事の電話するから待っててくれ」

ありす「はい」

P「もしもし、プロデューサーですが、はい、はいはい」

P「あ、いえ、そうじゃなくて。……はい。いや、だからそのプロデューサーです!はいプロデューサーです」

ありす「?」

P「ですから、そうじゃなくて。プロデューサーですよ!プロデューサー!」

文香「相手の方の耳が遠いのでしょうか?」

P「いや、だから、新免武蔵藤原玄信じゃなくてですね…」

飛鳥「どういう間違い方をされているんだい!?」

P「はい、プロデューサーです、はい!そうそう、そうです……。あ、いえ、違いますね。私はプロデューサーです。」

周子「あはは、いつまで名前の説明してるんだろうね」

P「だから、消滅の滅の字とか名前に関係なくてですね」

飛鳥「本当にどういう間違い方をされているだ?」

P「はい……あ、そうですそうです!」

文香「ようやく伝わったようです」

P「そうです、顔がヒュー・ジャックマン似の、プロデューサーです!」

飛鳥「おい、待てこら」

周子「wwww」

P「思い出して頂けましたか。ああ良かった良かった。そうです、そうです。ついでに身体付きがシュワルツェネッガー似で、性格が良くて甲斐のある事に定評のある、あのプロデューサーですよ、はい!」

飛鳥「しかもここぞとばかりに盛っている」

ありす「これ絶対違う人を想像してますよ、相手の人の誤解まだ解けてませんから!」

P「所で、例の件についての話なんですが……はい、はい……」

文香「やっと本題に入りました…」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 20:41:38.50 ID:YKkdqLUS0

P「あ、いや、七年前のあの大事件の話は一旦置いておいて貰ってですね…」

CAERULA「!?」

P「そうです、アイドル関係の方のアレです……はい」

飛鳥「え、何なんだったんだい、今のその意味ありげな伏線は…」

P「そうなんですよ……はい。ははっ、またまた、ご冗談を」

ありす「私『またまた、ご冗談を』って実際に言っている人を初めて見ました」

P「ほ、本気なんですか……」

奏「冗談じゃなかったみたいね」

P「……ゴクリ……………」

飛鳥「なに生唾飲み込んでいるんだ!一体どんな話の内容だったんだ!?」

周子「wwww」

奏「周子、ちょっと笑い過ぎよ?」

周子「だ、だってー」

P「それはまた…残虐な事をしましたね……」

文香「残虐な事ですか……」

P「まだ若いのにねぇ…」

ありす「なんですか、その若者の訃報を聞いた時の近所のおばあちゃんみたいな反応は!」

P「心から、ご冥福をお祈り致します」

飛鳥「死んだのか!?誰か死んだのか!?」

P「それはそうと、アイドルの方の話なんですが……」

奏「絶対にアイドルの事よりも重要そうな話を沢山していたわよね?」

P「はい…、いえ、そう言われましても……。はい、はい、すみません」

周子「相手は目上の人みたいだね」

P「はい…はい……わかりました」

文香「プロデューサーさん、なんだか殊勝です」

P「次こそは、必ず仕留めて見せましょう!このプロデューサーの名にかけて!!!」

ありす「一流の殺し屋みたいな事を言っていますよ!?誰と話しているんですか!?」

P「ではそのように、はい、では失礼致します」

P「…………………」ガチャ

CAERULA「…………………」

P「はぁ、真面目に仕事するのも疲れるな」

飛鳥「本当に仕事だったのか!?」

周子「wwww」

奏「あー、これは飛鳥のツッコミがツボな感じなのね」

回想終了



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 20:42:30.23 ID:YKkdqLUS0

凛「これまでの話とは少しだけ、傾向が違う感じの会話だったね」

藍子「むしろこの三つ目の話でよりわからなくなった気も……」

文香「すみません…余計な事を……」

藍子「い、いえ、今のは文香さんを責めて言った訳ではないので!」

有香「私も聞けば聞くほどわからなくなってきました」

マキノ「でも100%ロクな事じゃないのはこれで確かね」

春菜「最初の話では詐欺らしき会話、二つ目の話では借金の取り立て?らしき会話、三つ目は一応後半で殺し屋っぽい会話をしてましたね」

亜季「プロデューサー殿のお仕事とは、本当の所はなんなのでありましょうか…少し怖くなってきました」

瑞樹「普通に考えれば危ない組織か何かの仕事人なんだけどね」

凛「いやいや、私達のプロデューサーに限ってそんな訳……」

瑞樹「そんな訳?」

凛「…もしかしたらあるかも……」

茜「プロデューサーさん、実は悪い人だったんですか!?それは大変ですよ!!早く警察に行かなくてはっ!」

藍子「茜ちゃん、ま、まだそうと決まった訳じゃないから、ね?」

マキノ「そう言えばプロデューサー、いつもニコニコしてるのに偶に凄く哀しそうな目をしながら空を眺めている時があったわね…もしかしたらあれはそう言う事だったのかしら……案外、人はデータだけでは測れないものね……」

藍子「マキノちゃん!?」

千枝「みりあちゃんや桃華ちゃんをお母さんだと勘違いするのも、もしかしたら…悪いお仕事のストレスのせいで……」

藍子「千枝ちゃんまで!?」

春菜「もしかしたらプロデューサーさんにメガネの魅力がなかなか伝らなかったのもプロデューサーの心のレンズが汚れていたから……」

アイドル達「プロデューサー(さん)………」

藍子「ちょ、ちょっと、みんな!?」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 20:43:22.11 ID:YKkdqLUS0

プロデューサーのデスク

ちひろ「プロデューサーさん、ちゃんと真面目に働いて下さいよ」

P「え~、だって書類仕事とか面白くないじゃないですかー」

P「俺はもっとアイドルたちと絡める仕事がしたいんですよ、ちひろさん」

ちひろ「はぁ~、いつもそんな事ばかり言って……だから仕事が溜まって最近アイドル達と一緒のお仕事が少なくなって来ているんですよ?」

P「だってぇ~」

ちひろ「それに最近はお仕事の電話もふざけた感じでしていますよね?」

P「あれは相手も気の知れた人だからいいんですよ、それに」

ちひろ「それに?」

P「アイドル達のリアクションがめちゃくちゃ面白い…」

ちひろ「はぁ」

ちひろ「バレて大変な事になっても私は知りませんからね?」

P「へいへい、せいぜいバレないようにしますよ~っだ」


この後、デスク下の輝子と乃々に報告されてめちゃくちゃ怒られました。

おわり



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 20:46:26.35 ID:YKkdqLUS0

前作

卯月「アイドルのみなさん、聞いて下さい」

前作がわりと好評だったので二作目書きました
例によって生徒会の一存オマージュが入ってます。
気になる方は原作を買って下さい。既に原作を持ってる方はそのお金で葵せきな先生著作の別の本を買いましょう。



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 20:53:46.08 ID:znrQC7mbo

おっつおっつ
面白かった


元スレ
SS速報VIP:【モバマス】凛「アイドルのみんな、聞いて欲しいんだけど」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1496749041/