2: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 15:54:01.08 ID:sismaKMA.net

ルビィ「そうでしょうか……?」

曜「そう……だよ」


ルビィ「だけど……イヤっていうわけじゃないんですよね?」ピト

曜「な、ななっ!?///」


ルビィ「だって、ルビィがピトー♡ってくっついても曜さん、引き剥がそうとしないんだもん♡」

曜「それは……///」


ルビィ「ぎゅー♡」ギュー

曜「るる、ルビィちゃん!?」


ルビィ「困るなら無理矢理にでも離したらいいですよ……?」スリスリ

ルビィ「曜さんにはそうするだけの力があるんですから♡」

曜「確かにそうかもしれないけど……」



ルビィ「……あはっ♡」



3: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 15:55:03.47 ID:sismaKMA.net

曜「!?」ゾクッ


ルビィ「味わってるんですよね?ルビィのちっちゃなおっぱいの感触を……♡」

曜「いや!ちが、違うよ!///」


ルビィ「うふふ♡いいんですよ?そのままルビィのぷにゅぷにゅおっぱい♡」ギュッギュ

曜「あ、あぅ///」

ルビィ「い~っぱい、味わっても……♡」


曜「うあぁ///」プシュー

ルビィ「あはっ♡曜さん、かわいい♡」



ルビィ「よ~うさん♡」ツンツン

曜「しらないもん、ルビィちゃんなんて」プイッ

ルビィ「からかいすぎちゃった♡」

曜「むぅ~、全然悪いって思ってないよね?」プクー


ルビィ「そんなことないですよぉ、おわびの印に……♡」チュ

曜「んなっ!?」バッ



4: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 15:55:33.00 ID:sismaKMA.net

ルビィ「ほっぺにですけど……これで許してくれますか?♡」ニコニコ♡

曜「あわわ///」ゴシゴシ


ルビィ「ひどい……」シュン

ルビィ「そんなばい菌でもついたみたいに……ルビィ、傷ついちゃいます……」グスッ


曜「ルビィちゃん!?」

ルビィ「ルビィ、勇気を出してキスしたのに……」グスングスン

曜「ち、違うよ!いきなりでびっくりしただけで!」

曜「イヤじゃなかったから///!!」


ルビィ「……ほんとうに?」

曜「ほんとうだよ!」

ルビィ「それなら……」



ルビィ「もう一度しても……いいですよね♡」ニコー♡



5: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 15:56:00.05 ID:sismaKMA.net

曜「あっ……騙したね、ルビィちゃん」ジトー

ルビィ「騙しちゃいました♡」

曜「ルビィちゃんがこんなに小悪魔だったなんて知らなかったよ……」


ルビィ「はい、曜さん♡」パッ

曜「え~っと、両腕を広げてどうしたの?」

ルビィ「はぐ♡してください♡」ニコ

曜「っ!?」ドキッ

曜「し、仕方ないなぁ///」ギュ


ルビィ「あはっ♡もう少し強く抱きしめていいですよ……?」

曜「こ、こう?」ギュー

ルビィ「…………♡」キュンキュン



ルビィ「次は……キスですよね」



6: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 15:56:28.49 ID:sismaKMA.net

曜「本当に……するの?」

ルビィ「しますよ♡」

曜「じゃあ……こうしたらほっぺたにしやすいよね?」フイ

ルビィ「うふふ♡」グイ


曜「ルビィちゃん?どうして正面に……?」

ルビィ「ねぇ、曜さん?♡」



ルビィ「ルビィ、曜さんのお口にちゅーしたいなぁ……♡」ニコニコ

曜「くちぃ!?だっ、だめ!それだけはダメだよルビィちゃん!!」

ルビィ「どうしてダメなんですか?」ンー


曜「口同士のキスは……その、好きな人とするものであって……」

ルビィ「ルビィ、曜さんのこと好きですよ?」ンー


曜「だけど、その、あわわ……」

ルビィ「んー♡」ンー

曜(あ、ルビィちゃんのキス顔、かわいい///)


曜「じゃなくて!!」グイー



7: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 15:56:53.20 ID:sismaKMA.net

曜「ルビィちゃん、そういうことは軽々しくしちゃいけないよ」

ルビィ「そういうこと?」キョトン


曜「だから、口へのキス……とか///」

曜「ファーストキスは一度しかない特別なものなんだよ?」


ルビィ「……ああ!」パン

曜「わかってくれた?」ホッ


ルビィ「それなら大丈夫です、ルビィ、初めてじゃないから♡」ニコ

曜「え!?経験あるの!?」

ルビィ「はい♡ありますよ♡」ニコニコ


曜「そ、そうなんだ……最近の高校生は進んでるんだね」

ルビィ「曜さんだって高校生じゃないですか」クスクス

曜「そうだけど……」


ルビィ「だから、いいですよね?♡」ンー

曜「そ、それとこれとは話が別というか……」アタフタ



ルビィ「隙あり♡」ムチュー♡

曜「んんん!?」



8: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 15:57:19.88 ID:sismaKMA.net

ルビィ「んー♡……ぷはぁ♡」

曜「う、うそ……///」ヘナヘナ

ルビィ「しちゃいましたね♡ルビィとキス♡」


曜「酷いよ……初めてだったのに……」

ルビィ「わぁ」パァッ

ルビィ「曜さん初めてだったんですね♡予想どうりですけど♡」

曜「うぅ……」


ルビィ「奪っちゃった♡曜さんのファーストキス奪っちゃった♡」ニコ♡


曜「うっ……」グス

ルビィ「曜さん?」

曜「くっ」ゴシゴシ


曜「ダメだよルビィちゃん、無理矢理キスするなんて絶対ダメ」

ルビィ「うふふ♡曜さんも同じこと言ってる♡」ニコー♡

曜「え?」ゾワ



ルビィ「花丸ちゃんも善子ちゃんも、最初に唇を奪った時はそう言ってました♡」



9: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 15:57:57.40 ID:sismaKMA.net

ルビィ「だけど今では向こうの方からルビィを求めるようになっちゃって♡」

ルビィ「キスも、それ以上のことも……♡」


曜「……ルビィちゃんの経験って」

ルビィ「二人だけじゃないですよ?他にもルビィのお友達はいます」

ルビィ「曜さんも知っているお友達が♡」ニコニコ



曜「び……」

ルビィ「び?」クビカシゲ


曜「ビッチ!ルビィちゃん、そういうのビッチって言ってよくないことなんだよ!」


ルビィ「ビッチ……?」

ルビィ「ルビィが……?」



ルビィ「……………………あはっ♡」



11: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:00:07.96 ID:sismaKMA.net

ルビィ「そうなのかもしれません♡」ニコニコ

ルビィ「ルビィはキスをするのも、えっちなことも大好きなんです♡」

曜「なっ!?」


ルビィ「だからね?」

ルビィ「ルビィ、欲しいんです♡」サワサワ

曜「ちょ!ちょっと!!///」


ルビィ「あはっ♡やっぱり固くなってる♡」サワサワ

曜「ダメだって!触っちゃ!///」



ルビィ「うふふ♡曜さんの童貞、貰ってもいいですか……?♡」スリスリ



12: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:00:36.25 ID:sismaKMA.net

曜「ど──」カチン

ルビィ「曜さん?」サワサワ


曜「」コチン

ルビィ「よ~うさ~ん?」フリフリ


曜「」

ルビィ「フリーズしちゃった……」クスクス


ルビィ「童貞さんがほしいって言われたの……」

ルビィ「そんなに衝撃的だったのかなぁ?うふふ……♡」


ルビィ「王子様を眠りから覚ますには……」

ルビィ「お姫様のキス……ですよね?♡」ペロ♡


曜「」

ルビィ「うふ♡曜さんの唇、ツヤツヤしてて」ツー

ルビィ「とっっっても、美味しそう……♡」ンー♡


チュ...チュウ


ルビィ「ふふ♡おいし……♡」チュッチュ

曜「///」プルプル



ルビィ「あはっ♡お目覚めですか?」


ルビィ「曜さん♡」ニコー♡



13: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:01:05.71 ID:sismaKMA.net

曜「ルビィちゃん、今また……///」プルプル


ルビィ「はい♡曜さんがあまりにも隙だらけだったので……」ペロ♡

ルビィ「ちゅー♡またしちゃいました♡」ニコ


曜「ぁぁぁ……///」ウズクマリ


ルビィ「そんなことよりも、曜さん?さっきの質問に答えてください」

曜「そんなことなんてまるで全然大したことしてないような言い方///……って、質問?」


ルビィ「……」ジー

曜「え~っと……」タラ...

ルビィ「じ~」ジー

曜「あはは……」ダラダラ


ルビィ「あはっ♡曜さんって嘘つくのに向いてない人なんですね」ニコニコ

ルビィ「もう一度言いますよ?♡曜さんのどうて──」

曜「言わなくていいからー!///」



14: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:01:32.25 ID:sismaKMA.net

曜「はぁはぁ……」

ルビィ「曜さん……?」


曜「ふぅ……ルビィちゃん、質問の答えはノーだよ」

ルビィ「だめなんですか?でも……曜さんのココ♡やる気に満ちてますよ?♡」ギュッ♡


曜「に、握……っちゃダメ!///」グイッ

ルビィ「きゃっ♡」


曜「よく聞いてね、ルビィちゃん」

ルビィ「……」ニコニコ

曜「キスはされちゃったけど……本当はキスだってダメなんだけど……」

曜「もうこれ以上のことは絶対にダメなのです」



15: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:02:00.91 ID:sismaKMA.net

ルビィ「どうしてだめなんですか?」クビカシゲ

曜「どうしてって普通こういう事は交際を──」

ルビィ「……そっか!」ポン


ルビィ「曜さん、初めてを捧げたい人がいるんですね?♡」ニコ


曜「なっ……~~~~っ///」

ルビィ「わっ!?曜さんのお顔、真っ赤です♡」

ルビィ「誰かな♡誰かな♡千歌さん?それとも梨子さん?」

曜「る、ルビィちゃん、そういう詮索は……」


曜「っていうか!さっきからなんで初めてだって決めつけるかな?」

ルビィ「違うんですか?キスをしたこともないのに童貞さんじゃないなんて普通ないと思います♡」ニコー♡

曜「あぅ……」グヌヌ



16: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:02:32.95 ID:sismaKMA.net

ルビィ「……でも、そういうの素敵だと思いますよ♡」

曜「ルビィちゃん……」


ルビィ「すっっっっごく、童貞さん丸出しって感じですけど」ニッコリ

曜「うっ……」グサ


ルビィ「そんな曜さんに免じて……」

ルビィ「童貞さんを貰うっていうのは諦めます♡」ニコ

ルビィ「今日のところは」ボソッ


曜「ルビィちゃん……わかってくれたんだね?」パアッ

ルビィ「はい♡」ポスン


曜「えっと……どうして膝の上に?」

ルビィ「こういうことです♡」チュー♡



17: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:03:01.21 ID:sismaKMA.net

曜「もうっ!ルビィちゃん!///」バッ

ルビィ「うふふ♡童貞さんを貰うのは諦めますけど……」


ルビィ「もう初めてじゃなくなったし、キスならしてもいいですよね?♡」ニコー♡

曜「いや、キスだって///」

ルビィ「んっ♡」チュ

曜「ダメ……だよ……///」

ルビィ「ふふっ♡」チュッチュ

曜「ダ……メ」ポー



ルビィ「曜さん、キス……してもいいですよね?」ニコ...

曜「……///」コクン



18: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:03:59.08 ID:sismaKMA.net

曜「んっ♡ふっ♡」チュ...チュ

ルビィ「ふふ♡」チュ

ルビィ(曜さん♡必死に唇に吸い付いてきて可愛い♡)


曜「ルビィちゃん♡もっと、キス♡」チュー

ルビィ「だ~め、がっつきすぎですよぉ♡」グイー


曜「あっ……」シュン

ルビィ「……」ゾクゾク♡



ルビィ「曜さん♡口を半開きにして舌を気持ち外に出してくださいね♡」

曜「こう……?」ア...ン

ルビィ「そのまま……ですよ♡」ペロ...♡

曜「!?!?///」

ルビィ「うふふ……♡」チュー♡



19: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:04:33.89 ID:sismaKMA.net

ルビィ「んふふ♡」クチュ...ピチュ♡


曜「!?!?//////」ビクン

曜(ルビィちゃんの舌が……)


ルビィ「ふっ♡んー♡ふふっ♡」ニチュ...ジュル♡


曜「//////」チュル♡

曜(絡みついてきて……きもちいい♡)


ルビィ「ぷは♡」



ツツー...プツン♡



ルビィ「えへへ♡初めてのでぃーぷきす♡ですね」



20: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:05:03.06 ID:sismaKMA.net

曜「すご……きもちいい」ハア...ハア...

ルビィ「まだまだ、もっときもちよくなれますよ♡」ニコ


曜「もっと……?」

ルビィ「はい♡もう一度、でぃーぷなやつをしますね♡」チュ♡



ルビィ「次は曜さんの耳を塞ぎながらですけど♡」ソッ

曜(耳を塞いだくらいで何の変化が──)



グチュグチュ...ジュルッ...ヂュプ...♡



曜「!?!?!?!?」ビリビリ

曜(舌の絡み合う音が脳に響いて……)

曜(きもちよすぎてなにもかんがえられなくなるぅ……♡)アヘェ♡



21: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:05:52.17 ID:sismaKMA.net

ルビィ「……二人して夢中になってましたけど、いつの間にか日が落ちかけてますね」

曜「う、うん……そろそろ帰るよ」トロ...ン


ルビィ「それじゃあ外までお見送りします」スクッ



クイッ



ルビィ「曜さん?ルビィの服を掴んだりして何を……」


曜「最後にチュってしてほしい……」



ルビィ「……」キュン♡

曜「///」



22: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:06:23.77 ID:sismaKMA.net

ルビィ「……」ニコニコ♡

曜「……何か言ってよ///」


ルビィ「そうですね……今の場面、ルビィなら」

ルビィ「ぐいっと強引に抱き寄せられてキスされちゃうほうが好みです♡」ニコー♡


曜「グイッと……///」アワワ...

ルビィ「でも無理しなくてもいいんですよ?」

ルビィ「なにせ曜さんはキスだって今日したばかりの童貞さん♡」クスクス

曜「」ムッ

ルビィ「慣れるまではルビィがしっかりとリードし──」


グイッ


曜「……」チュッ

ルビィ「んむっ!?///」



23: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:07:09.46 ID:sismaKMA.net

曜「……ん」スッ

ルビィ「///」


曜「……これでいいのかな?ルビィちゃん」ニカッ

ルビィ「っ!?そ、そうですよ///なかなかやるじゃないですか///」

曜「あははっ、今日はルビィちゃんにタジタジにされっぱなしだったけど」

曜「これで一矢報いることができたかな?」ニッ



ルビィ「///」カァー

ルビィ「なっ、生意気!生意気ですよ曜さん!」

ルビィ「ちょっと前までキスもまだのお子ちゃまだったのに!」


曜「あははは」ケラケラ

ルビィ「むぅ~」プクー


───────
─────
───



24: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:08:04.54 ID:sismaKMA.net

曜「見送り、ここまででいいよ」

ルビィ「そうですか、それでは気をつけてくださいね?」

曜「ありがとう、ルビィちゃん」


ルビィ「それと……」

ルビィ「またキスがしたくなったら言ってくださいね?」

ルビィ「ルビィはいつでもオッケーですから♡」

曜「そっ、それは大丈夫」

曜「今日は雰囲気に飲まれちゃったけど、もうしないから」


ルビィ「ほんとうに?」

曜「本当に」

ルビィ「じ~♡」ジー

曜「う……」メソラシ

ルビィ「ん♡」チュ♡

曜「うわぁ!?」



ルビィ「あはっ♡曜さんってば隙だらけで」

ルビィ「これからもルビィのこと楽しませてくれそうです♡」ニコー♡

曜「も、もー!///」


───────
─────
───



25: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:08:29.07 ID:sismaKMA.net

ルビィ「うふふ♡今日はキスだけで済ませたけど……」

ルビィ「これから少しずつ曜さんの理性を壊していって」

ルビィ「いずれは曜さんの初めてもルビィのものに……♡」



ルビィ『慣れるまではルビィがしっかりとリードし──』


グイッ


曜『……』チュッ

ルビィ『んむっ!?///』



ルビィ「///」トクン♡

ルビィ「なんだろう?この感じ……」トクン♡トクン♡


ルビィ「まぁ、いっか」

ルビィ「あはっ♡曜さんの童貞さんを貰えるその日が楽しみ♡」ニコ♡



26: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:09:29.87 ID:sismaKMA.net

曜「ルビィちゃん……」ソッ

曜「キス……しちゃったんだ、ルビィちゃんと」

曜「…………」


ルビィ『誰かな♡誰かな♡千歌さん?それとも梨子さん?』


曜「違う……違うんだよルビィちゃん」

曜「千歌ちゃんでも梨子ちゃんでもなくて……」

曜「私は……」


ホワンホワン


ルビィ『すみません曜さん、待ちましたか?』

曜『大丈夫、今来たところだよ、さあルビィちゃんの見たがってた映画を見に行こうか』

ルビィ『はい♪』



曜「うんうん」ウナズキ


ホワンホワン


ルビィ『あはっ♡見ててくださいね♡曜さんのおちんちんがルビィのおまんこに飲み込まれていくところ♡』ズブブ...♡

曜『うっ……すごい、なんていうか、すごい』

ルビィ『うふふ♡童貞卒業、おめでとうございます♡』ニコー♡



曜「わぁーーーー!!!///」ゴロゴロ

曜「こんなのいけないよ!ルビィちゃんを汚すような!」ムク...

曜「汚す……ような……」ムクムク



曜「…………」シコ...

曜「ごめん……ごめんね……」シコシコ...

曜「ルビィちゃん♡ルビィちゃん♡」シコシコッ♡


───────
─────
───



27: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:10:11.51 ID:sismaKMA.net

ルビィ「♪」フンフン

ルビィ「順調♡順調♡」

ルビィ「あんなことがあったのにお誘いを断らずにまた家に来てくれたし」

ルビィ「それに……」



ルビィ『曜さん……♡』ギュ♡

曜『……///』ギュ...

ルビィ『あはっ♡抵抗しないで抱き返してくれるなんて』

ルビィ『もしかして、こういうこと期待してたんですか?♡』ササヤキ


曜『///』カァー

ルビィ『いいんですよ、恥ずかしがらずに素直になっても』

ルビィ『ね?もうしないなんて言ってはみたけど……』


ルビィ『ルビィとのキスが忘れられないんですよね?♡』



28: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:10:36.47 ID:sismaKMA.net

曜『そ、そんなことは!』

ルビィ『うふふ♡』


ルビィ『自分に正直になってください』ニコ

ルビィ『ルビィは決して引いたりしませんから♡』チュ


曜『んっ///』

ルビィ『どうしても言えないならルビィが代わりに言いましょうか?』


ルビィ『曜は、ルビィちゃんと、またキスができるかもしれない、そう思うと、断ることができずに、やって来ました』

ルビィ『だいたい合ってますよね?』

曜『うん……///』



ルビィ『あはっ♡やっぱり♡』

ルビィ『いいですよ?また夢中になって唇を擦り付けあって♡舌もいっぱい絡ませてお互いの唾液を交換して♡』ニコー

曜『ルビィちゃん……///』ドキドキ

ルビィ『ルビィに曜さんのよだれをごっくん♡させてくださいね?♡』ンー♡



31: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:12:48.87 ID:sismaKMA.net

ルビィ「うふふ♡次あたり、もう少し攻めてみてもいいかも♡」


「ちょっといい?」


ルビィ「どうしたの?なにか用?」

「ええ、少し話があるの、屋上に来てもらってもいい?」

ルビィ「ルビィはいいよ、じゃあ行こっか」



善子「……」ムス

ルビィ「善子ちゃん♡」ニコニコ



32: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:13:29.65 ID:sismaKMA.net

ルビィ「それで、話ってなぁに?」

善子「……小耳に挟んだんだけど、最近曜さんを部屋に連れ込んでるみたいじゃない」


ルビィ「連れ込むだなんてまるでルビィが悪いことでもしてるみたいな言い草だね」クスクス

善子「……それで曜さんと一体何をしてるのよ?」

ルビィ「善子ちゃんは何をしてると思う?」

善子「質問で返さないで答えてよね」イライラ



ルビィ「怖い♡怖い♡」

ルビィ「……善子ちゃんの予想通りじゃないかな?」

ルビィ「曜さんとはルビィのお部屋であま~い♡キスをいっぱいしてるよ♡」


善子「やっぱり……」ギリ



34: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:14:35.27 ID:sismaKMA.net

ルビィ「曜さんって可愛いんだ、自分からはしてって言えないのに♡」

ルビィ「いざキスをし始めるとちゃんと舌をむぐっ!?」



善子「……」チューッ!!

ルビィ「ふふ♡」チュ...チュウ



善子「……いい、それ以上聞きたくない」

ルビィ「うふふ♡善子ちゃん、ヤキモチ焼いちゃった?」ニコー♡


善子「そうよ、貴女が他の女と触れ合ってるなんて我慢ならないの」

善子「ねぇ、いい加減私だけのものになってよ!」


ルビィ「あはっ♡その気持ちは嬉しいけれど……」

ルビィ「ルビィは誰のものにもならないんだぁ♡」クスクス...♡



35: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:15:21.74 ID:sismaKMA.net

ルビィ「ルビィはえっちなことが好きなだけなの」

ルビィ「だから相手は善子ちゃんじゃなくてもいいんだよ?」


善子「なによそれ……」


ルビィ「あんまり我儘言うなら……」

ルビィ「もう善子ちゃんとえっちなことするのやめちゃおうかなぁ♡」ニコニコ


善子「っ!!」カッ

善子「ルビィ!」ドサッ

ルビィ「 きゃっ♡」



善子「……ルビィが悪いのよ、私を怒らせるから」ハァハァ

ルビィ「押し倒されちゃった♡ルビィ、どうなっちゃうのかなぁ?♡」

善子「これはおしおきよ、その生意気なお口を犯してあげる」ボロン


ルビィ「あはっ♡何もしてないのにもうおっきくなってる♡」サワサワ

ルビィ「どうしてだろう?曜さんのことを聞いて興奮しちゃったのかなぁ?♡」ニコー♡



善子「無駄口叩いてないで咥えなさい!」ズボォ!!

ルビィ「むぐぅ!?」



36: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:15:51.25 ID:sismaKMA.net

善子「はぁ……♡あったかい……♡」

ルビィ「ん゛ん゛~」


善子「ふふ……」

善子「ルビィの口まんこ、存分に使わせてもらうわ」カクッカクッ

ルビィ「ん゛っ、ぐっ、お゛え゛」

善子「苦しい?苦しいわよね?ノドの奥までおちんちんを突っ込まれてるんだから」ピタ...


ルビィ「ふー、ふー」

善子「けど……」ツーサイドニギリ



善子「お仕置きなんだから甘んじて受け入れなさい!♡」ズンッ♡ズンッ♡

ルビィ「む゛っ♡んぐ♡ゔっ♡」カクンカクン



38: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:16:22.57 ID:sismaKMA.net

善子「はぁ……はぁ……ふぅ」ヌポ...

善子「舐めなさい」ズイ


ルビィ「ん……♡ちゅ……♡」ペロ♡チロ♡

善子「ふふ、一生懸命舐めちゃって」ゾク...



善子「そんなにおちんちんが好きなのかしら……」スッ

ルビィ「ふあ……?」オチンチンガ...

善子「ねっ!」ペチン!!

ルビィ「うあっ!」



善子「ねぇ?どうなの?答えてよ」ヌリュ♡ヌリュ♡

ルビィ「やだ……酷いことしないで……」ウルウル...♡



善子「ははっ、よく言うわね」ゾクゾクッ

善子「顔におちんちんをと擦り付けられてウットリした顔してるわよ♡」グリグリ♡



39: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:16:59.97 ID:sismaKMA.net

善子「もう曜さんのおちんちんもこうやって味わったの?」スリスリ

ルビィ「あ……♡」アーン♡


善子「ダメよ」サッ

善子「答えてくれるまではしゃぶらせてあげない」



ルビィ「善子ちゃん……」ウルウル

善子「そんな顔してもダメ、早く答えて、答えなさいよ」


ルビィ「……まだだよ、まだ曜さんとはキスまでしかしてないから」

善子「そう、『まだ』なのね……」

ルビィ「うん、『まだ』だよ」


ルビィ「今はキスだけだけど、いつかは曜さんのおちんちんをじゅぷじゅぷ♡ってしゃぶって」

ルビィ「曜さんのせーえき♡ごっくんしちゃうから♡」ニコー♡

善子「くっ……」ギン

ルビィ「うふふ♡そうなったら善子ちゃんにも曜さんおちんちんの感想を教えてあげるね♡」ニコ...♡



40: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:17:49.22 ID:sismaKMA.net

善子「なんなのかしらねこの子は、もっとおしおきをされたいとでもいう……のっ!?」ズンッ!!

ルビィ「うぐっ!♡」



善子「くっ、このっ……私が一番ルビィを……なのにっ!」パンッパンッ

ルビィ「んぶ♡ん゛っ♡」ジュルッジュプッ

善子「ああっ♡吸い……♡おちんちん吸いつかれて♡」ズンッズンッ

ルビィ「ふっ♡ん゛っ♡」チュポ♡チュポ♡



善子「ダメ♡イキそう♡まだおしおきは終わってないのにっ!♡」ヌポッ!!

善子「はっ……はぁ……」ビクッビク

ルビィ「うふふ♡」ニコー...



41: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:18:44.29 ID:sismaKMA.net

善子「……しゃぶっちゃダメよ、舐めるだけ」ズイ

ルビィ「ふぁい♡」ペロ♡



善子「これまでルビィは何本のおちんちんをしゃぶったんだっけ?」シコ...シコ...

ルビィ「善子ちゃん、花丸ちゃん、果南さん、鞠莉さん♡」ペロ♡ペロ♡


善子「そのうちそこに曜さんも……」ギリ

ルビィ「あはっ♡」ニコッ♡

善子「なにがおかしいのよ?」ギンギン


ルビィ「なんでもないよ~♡」ペロッ♡チュッ♡

ルビィ(うふふ♡善子ちゃん、自分では気づいてないのかもしれないけど)

ルビィ(こうして他の誰かとえっちしてることを聞くとすごく固くなるよね♡)



42: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:19:13.57 ID:sismaKMA.net

ルビィ(そういうの寝取られって言うんだっけ?そんなので興奮できるなんて……)



ルビィ「へんたい♡」ボソッ



善子「なに?なにか言った?」

ルビィ「ん~ん、なんでもな~い♡」パクッ♡


善子「なっ!?咥えるのはダメって!」

ルビィ「んふ♡んっ♡」ジュルルルッ!



善子「もっ♡……イキそうだったからこれ以上我慢が……♡」ガクガク

ルビィ「いっひゃっていいほ?♡」モゴモゴ♡



善子「くっ!」ズポッ!!

善子「か、顔!顔にかけるわよっ!ルビィ!」シコシコッ‼︎



43: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:19:48.08 ID:sismaKMA.net

善子「イ、イクッ……ああああぁぁぁ!♡」ビュルッ♡ビュッビュッ♡

ルビィ「あはっ♡善子ちゃんのせーえき♡」ビチャッ♡ポタッ♡


善子「うっ……くぅ……」シコシコ...ピュッ!

善子「はぁ……はぁ……あはは♡マーキングしてあげたわ♡」

善子「ルビィの所有者は私なのよ、そう、私だけがルビィの……」ハァハァ


ルビィ「うふふ♡ルビィのお顔、善子ちゃんので汚されちゃった♡」ニコ...♡

ルビィ「ドロドロ♡ネバネバで♡」スクイ


ルビィ「くさいせーえき♡」ペロ...♡

善子「あ……」ムク...



ルビィ「んっ♡くさくておいしぃ♡」コクン♡

善子「……」ムクムク



44: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:20:16.32 ID:sismaKMA.net

ルビィ「あはっ♡一回せーえきぴゅっぴゅ♡ってしただけじゃ満足できないんだね?♡」ニコニコ♡

善子「だって、ルビィがあまりにもイヤらしく精液を飲むところを見せるから……」ギンギン♡


ルビィ「うふふ♡ルビィもまだ物足りないし……♡」スルスル...



善子「……」ゴクッ



ルビィ「次はルビィのおまんこ♡おしおきしてくださいヨハネ様♡」クパァ...♡



45: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:20:42.87 ID:sismaKMA.net

善子「そ……それは魅力的なお誘いだけど大丈夫なの?」

ルビィ「だいじょーぶってなにが……?」キョトン


善子「何がって……今はゴムなんて持ってないし……いろいろとマズイでしょ」シナ...

ルビィ「うふふ……♡」クチュ

善子「っ……」



ルビィ「善子ちゃんがしたくないならいいよ♡」クチュクチュ

ルビィ「それならひとりえっちでスッキリするだけだから……♡」クチュクチュ♡



善子「…………」ムクリ...



46: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:21:10.51 ID:sismaKMA.net

ルビィ「もったいないなぁ……ルビィがいいっていってるんだから……」クリクリ...♡

ルビィ「んきゅ♡生でおちんちん挿れるチャンス、なのに♡」ヌチュヌチュ...♡


善子「はぁ……はぁ……」ギンギン


ルビィ「あはっ♡」グニグニ...♡

ルビィ「ゴムが……んっ♡あったら味わえない気持ちよさを感じることができると思うのになぁ……♡」ズポ...



善子「ルビィ……えっろ……」シコシコ


ルビィ「うふっ♡見てる♡善子ちゃんがルビィのおまんこをすごい見てるよぉ……♡」ズポズポ...♡



47: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:21:39.40 ID:sismaKMA.net

ルビィ「おまんこ見ながら……あはっ♡必死でおちんちんシゴいてる♡」グリグリ...

善子「くっ♡」シコシコッ!!


ルビィ「しゅごい……♡おちんちんいっぱいゴシゴシ♡って」クチュクチュ...♡

ルビィ「そんなの見せられたら……ああっ♡ルビィも……ルビィも!♡」クチュクチュッ!!


善子「はぁ……♡はぁ……♡」シコシコ♡


ルビィ「だめ♡イク!♡ルビィ、イっちゃう!♡」クチュッ♡

善子「イって♡ルビィがイクところ私に見せて♡」シコシコッ♡


ルビィ「ああっ♡見てるのにっ!♡善子ちゃんが見てるのにはしたなくおまんこいじって……!♡」グチュグチュッ♡

善子「ルビィっ!♡私も!♡」シコシコッ!!♡



「「ああああぁぁぁっっっ♡♡♡!!!」」



48: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:22:03.93 ID:sismaKMA.net

ルビィ「はぁ……はぁ……ふぅ、イっちゃった……♡」ニコー...♡

善子「私なんて2回目よ……」



ルビィ「えへへ……」

善子「……ふふっ」


「「あははっ!」」



ルビィ「善子ちゃん♡ちゅーしてください♡」ニコ♡

善子「まったく、シテる最中はヨハネを挑発するようなことばかり言うくせに」

善子「終わったら物凄く甘えてくるんだから、本当に小悪魔ね♡」ニッ



チュ♡



49: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:22:29.78 ID:sismaKMA.net

善子「ん♡」レロ...♡

ルビィ「ふっ♡んん♡」チュパ...♡



ツツー...プツン♡



善子「ふぅ……」

ルビィ「善子ちゃんのおちんちん、まだ先っぽからせーしが滴ってる……」トローン...♡

ルビィ「キレイにしなくちゃ♡」パクッ...♡


善子「んっ♡」

ルビィ「んっ♡んふ♡んん♡」チュー...チュプ


善子「っ……♡」ムク...♡

ルビィ「まだ残ってる、最後まで……」



ルビィ「んく♡んっ♡」ヂュー...チュ♡

善子「んっ♡ヨハネの精子、吸い出されてるっ……♡」ムクムク...♡



50: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:22:56.86 ID:sismaKMA.net

ルビィ「んっ♡」チュポン♡

善子「あぅ……♡」


ルビィ「……」モゴモゴ...コクン♡

ルビィ「おいしぃ♡」ポワー...♡


善子「……」ゴクリ...

善子「ね、ねぇ?ルビィ」


ルビィ「なぁに……♡」ポー...



善子「ヨハネのココがまたヤンチャしてるんだけど……」ギンギン

善子「……生で挿れてもいい?」オソルオソル



51: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:23:29.17 ID:sismaKMA.net

ルビィ「……」ポー...

善子「……」ドキドキ



ルビィ「いいよぉ♡」ニコ...♡

善子「っ!」パァ


善子「じゃ、じゃあ立っておしりを突き出すようにして壁に手をついて」

ルビィ「んしょ……」スクッ



ルビィ「こう……?♡」マルミエ

善子「うわ……えろすぎ」


ルビィ「うしろでシたいなんて……善子ちゃん、えっちだね♡」

善子「えっ?そういうわけじゃ……コンクリートに寝そべってなんてルビィがキツイでしょ?」


ルビィ「善子ちゃん……♡」

善子「ま、まあ?全く興味がないなんて言うと嘘になるけど?」



52: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:23:54.19 ID:sismaKMA.net

ルビィ「うふふ♡善子ちゃん、はやく♡はやく♡」オシリフリフリ

善子「……」クラクラ


ルビィ「おちんちん、ルビィにい・れ・て?♡」

善子「もう……むり」ガシッ


善子「ごめんねルビィ、気遣うだけの余裕なさそう」クチュクチュ♡

ルビィ「あっ♡善子ちゃん♡焦らしちゃやぁ♡」



善子「くっ……」ズプ...

ルビィ「っ……♡」


善子「はいっ……たぁ♡」ズププッ♡

ルビィ「ふあぁ……♡」ピクピク



善子「なにこれ……いつもと全然違う……」パン...パン...

ルビィ「あっ……♡あっ……♡」

善子「こんなの……すぐに出ちゃう♡」パン...パン...

ルビィ「んっ……♡あはっ……♡」



53: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:24:19.42 ID:sismaKMA.net

善子「どうにか……時間を稼がないと……」パン...パン...

ルビィ「あっ……♡はっ……♡」チラ...チラ...


善子「……ん?」パン...

ルビィ「んっ……♡」アナルチラリ♡


善子「……」ニヤー...♡

善子「そういえば、ココはまだ手をつけたことなかったわね♡」クニクニ♡


ルビィ「よっ、善子ちゃん!?///」アセアセ

善子「あら、流石のルビィもココは初めて?」クニクニ...♡


ルビィ「ダメっ!そんなところ、きたないからぁ……///」イヤイヤ

善子「フフ……♡」ヌプ...♡

ルビィ「お゛っ!?」

善子「アハハ♡ヨハネの指がどんどんルビィに飲み込まれてくわ♡」ヌププ♡

ルビィ「ゔあ゛あ゛!?!?」



54: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:24:46.42 ID:sismaKMA.net

善子「どう?気持ちいいものなの?」グニグニ...♡

ルビィ「やだ……変なの、指抜いてぇ……」ウルウル...


善子「最初から気持ちよくなるなんてことはないのね」ヌポォ...♡

ルビィ「っ!?」ビク♡



善子(次からのお仕置きは開発も兼ねてアナル攻めにしようかしら……)

ルビィ(今の指が抜ける瞬間、ちょっとだけ……)ドキドキ...♡


善子「結局、全然時間稼ぎにならなかったわね」パンパン

ルビィ「あっ♡あっ♡」


善子「あぁっ♡やっぱり気持ちよすぎ♡こんなの絶対我慢なんてできない♡」パンッパンッ♡

ルビィ「あっ♡うっ♡る、ルビィも善子ちゃんの、おちんちん、気持ちいいよ♡」


善子「そ、そろそろイキそう……♡どこに出したらいい?」パンッ!!パンッ‼︎

ルビィ「どこでも♡善子ちゃんの好きなところに出して♡」

善子「そ、それって……」ピタリ...



善子「膣内で出してもいいってこと?♡」



55: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:25:56.97 ID:sismaKMA.net

ルビィ「ルビィの膣内に出したいの……♡」

善子「だ、ダメ?」


ルビィ「そっかぁ♡」

ルビィ「いいよ♡ルビィ、善子ちゃんに種付けされちゃう♡」ニコー...♡

善子「たっ!?///」ナンテタンゴヲ...


ルビィ「ルビィの赤ちゃんのお部屋に善子ちゃんのせーえき♡いっぱい出してね♡」

善子「……やってやろうじゃない!」


善子「ルビィの初めての中出しの相手は私よ!」パンパンッ‼︎

ルビィ「うっ♡善子ちゃん一生懸命だぁ♡んっ♡」

ルビィ「ルビィのことをモノにしようとして♡あはっ♡いっぱいおちんちん打ち付けてるぅ♡」


善子「はぁ……はぁ……」パンパンッ‼︎♡

善子「あっ♡イキそう……♡受け止めて!ルビィ!♡」パンパンパンパンッ‼︎‼︎♡♡



ルビィ「きて!♡善子ちゃんのせーえき!♡ルビィの膣内に!……んんんっっっ!!!♡♡♡」プシッ...♡

善子「くうぅぅっっ!!♡♡」ビュルッ♡ビュッ♡ビュルッ♡



56: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:26:24.22 ID:sismaKMA.net

ルビィ「はぁ……♡はぁ……♡」

善子「なにこれ……気持ちよすぎて頭がヘンになりそう……」ハァハァ


ルビィ「善子ちゃん……♡」ハァハァ

善子「ルビィのこと、気持ちよくしてあげられたかしら?」ナデナデ...♡

ルビィ「うん♡善子ちゃん、ありがとう……♡」ニコ...♡



善子(か、かわいすぎ……///)

善子(こんなにもかわいい子の膣内に出せたなんて)

善子(な……かに)ギン‼︎


ルビィ「!?」ビクン♡

ルビィ「善子ちゃん?」

善子「ど、どうなってるのかしらね?今日はヤル気に満ちあふれてるみたい……」アハハ...


ルビィ「…………」

ルビィ「んっ♡ふっ♡」クイックイッ...♡


善子「る、ルビィ!?」

ルビィ「もういっかい、しよ?♡」グリグリ...♡



善子「」プツン

善子「」パンパンパンパンッ‼︎



ルビィ「あはっ♡」



───────
─────
───



57: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:26:50.88 ID:sismaKMA.net

善子「ほらルビィ!急がないとHRに間に合わない!」ダダッ

ルビィ「善子ちゃんだって夢中になってたくせにぃ」タタッ

善子「だからそれはゴメンって」

ルビィ「……まぁ、気持ちよかったから許します♡」


善子「フッ、ラストスパート、行きましょう?」ギュッ

ルビィ「うんっ」ギュッ



ガラッ



善子「セーフっ!」ハァハァ

ルビィ「なんとか間に合ったね」ハァハァ



58: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:27:18.14 ID:sismaKMA.net

花丸「ルビィちゃん、急にいなくなったと思ったら善子ちゃんといたんだね」

ルビィ「うん、善子ちゃんと少し『お話』があったんだぁ」

花丸「『お話』ね、それにしても……」ジッ


花丸「二人とも手を繋いだりなんかして、随分と仲がいいんだね?」ジト...

善子「そうよ、ルビィはこのヨハネのリトルデーモン」

善子「とぉ~っても!仲がいいんだから!」フフン

花丸「……ルビィちゃんとの付き合いはマルの方が長いから善子ちゃんよりももっと仲がいいんだよ?」クスッ


バチバチッ‼︎


ルビィ(逃げよう……)

ルビィ「二人とも席に座ってよぅ」ニコ

花丸「それもそうずらね」ストン

善子「はぁ……疲れた」ストッ


花丸(あれ……?微かに二人から漂うこの臭い……)クンクン

花丸(やっぱり『お話』って……)ムゥ...



ルビィ(あはっ♡花丸ちゃん、気付いちゃったみたい♡)ニコニコ♡



59: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:27:44.56 ID:sismaKMA.net

キーンコーンカーンコーン


ルビィ「……」ガタッ

花丸「ルビィちゃん、どこか行くの?」

ルビィ「ちょっと、おトイレに……」


花丸「…………ちょうどマルも行こうと思ってたんだ、一緒に行こ?」

ルビィ「うん、行こっか」

花丸「善子ちゃん、じゃあね」クスリ

善子「行ってらっしゃい」



善子「……今の笑い、まさかね?」ムムム...



60: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:28:37.84 ID:sismaKMA.net

ルビィ「ルビィはこっちを使うね?」キィ

花丸「……」ガシッ


ルビィ「えっ?」

花丸「……」トンッ

ルビィ「きゃっ!?」



パタン...



ルビィ「な、なに!?」

花丸「ルビィちゃん?」ズイ

ルビィ「は、はい」ビクッ


花丸「この匂い……」クンクン

花丸「善子ちゃんとえっちなことをしてたんだよね?」


ルビィ「……やっぱりバレてたみたいだね?♡」クスクス



61: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:29:03.30 ID:sismaKMA.net

花丸「登校して初めにすることがソレなんて二人とも節操なさすぎずら」ジト...

ルビィ「エヘヘ……♡」


ルビィ「だけどルビィから誘ったわけじゃないよ?」

ルビィ「善子ちゃんが我慢できなくなっちゃったみたいで」

ルビィ「押し倒されて♡おちんちんのご奉仕をお口で無理矢理させられて♡」ニコニコ♡


花丸「……」ゴクリ...


ルビィ「うふふ♡それでルビィもスイッチ入っちゃって善子ちゃんと2回もしちゃった、あはっ♡」

花丸「に、2回も?」ムク...


ルビィ「そう♡何回出しても衰えなくてすごかったよ♡今日の善子ちゃんは♡」ニコッ

花丸「ま、全く……善子ちゃんは神聖な学び舎をなんだと思ってるずら……」ムクムク


ルビィ「ねえ……?」

ルビィ「花丸ちゃんもその学び舎でこんなになってるけどガマンできるの?♡」サワサワ...



花丸「我慢……できないずら……///」カァー

ルビィ「…………あはっ♡」



62: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:29:32.37 ID:sismaKMA.net

花丸「んく♡ちゅ♡ちゅ♡」チュー♡

ルビィ「ふっ♡はぁ♡」シコシコ

花丸「ふふっ♡」コロコロ...♡

ルビィ「あっ♡ちくびきもちいよぉ……♡」シコシコッ♡

花丸「ぷは♡」


花丸「ルビィちゃんのおっぱいはマルが育てるずら♡」ムニムニ

ルビィ「もう♡花丸ちゃん、おっぱい好きだね♡」シコシコ


花丸「今はAqoursの貧乳担当のルビィちゃんだけど……」モミモミ♡

ルビィ「……えいっ♡」ギュウッ‼︎


花丸「痛っ!?い、今のは失言ずら……」ムニュムニュ...

ルビィ「うふふ♡」ナデリナデリ♡



63: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:30:05.68 ID:sismaKMA.net

花丸「今は控えめで可愛らしいルビィちゃんのおっぱいだけど」モミモミ

ルビィ「うんうん♡」シコシコ♡


花丸「マルが愛情こめて揉みこんで」ムニムニ♡

花丸「まずは善子ちゃんより大きくして見せるずら♡」モミモミッ♡

ルビィ「うふふ♡楽しみにしてるね♡」シコシコ♡


花丸「うふふ♡乳首の感度は抜群だよね」コネコネ...キュッ♡

ルビィ「!?」ビクンッ‼︎♡


花丸「よく大きいと感度が鈍いって言われるけど、逆に言えば小さ──」クニクニ

ルビィ「なぁに?♡」グッ


花丸「っ……なんでもないずら」モミモミ...



64: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:30:33.77 ID:sismaKMA.net

花丸「ちゅうぅぅ♡っぽん♡」チュパチュパ♡

ルビィ「あはっ♡ルビィのおっぱい花丸ちゃんのよだれでべとべと♡」シコシコ

花丸「んふふ♡」レロレロ♡



花丸「じゃあ、おっぱいを可愛がるのはこれくらいにして次は……」ススッ

ルビィ「……待って」ガシ


花丸「?」

ルビィ「こっちはいいかな、今日は」


花丸「そんなこと言われたの初めて、どうかしたの?」

ルビィ「……善子ちゃんのせーえきがまだ残ってると思うから」



花丸「え……それって……」

花丸「善子ちゃんと避妊具なしでしちゃったの?」

ルビィ「うん、しちゃった♡」ニコ♡



65: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:31:06.27 ID:sismaKMA.net

花丸「…………ら」ボソッ

ルビィ「?」


花丸「善子ちゃんだけずるいずら!」グチュッ‼︎

ルビィ「は、花丸ちゃん!?」ビクッ


花丸「善子ちゃんが嫉妬心からルビィちゃんにお仕置きって激しい行為をしてるの知ってた」クチュクチュッ

花丸「本当はマルだって善子ちゃんがしたこと以上のことをしてルビィちゃんから善子ちゃんの痕跡を消したかった」クリクリ♡


ルビィ「そ、そんな……」ビクッビク...♡

花丸「だけど、そんなの重いかなって気持ちに蓋をしてきたのに」グチュグチュ

花丸「本能のままに突っ走った善子ちゃんだけがいい思いをするなら!」グチュッ‼︎♡



ルビィ「は、花丸ちゃんにこんなに嫉妬深い面があったなんて……♡」ビクン‼︎♡

花丸「そうずら、マルだって人間、醜い一面だって当然持ってるずら」シコシコッ


花丸「だから……ヤッてやるずら」

ルビィ「…………あはっ♡」ジュン...♡



花丸「マルもルビィちゃんの膣内で出して善子ちゃんを上書きしてやるずら」ギンギン



66: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:31:41.81 ID:sismaKMA.net

ルビィ「挿れちゃうの……?花丸ちゃんもルビィに生で挿れちゃうの……?♡」

花丸「挿れるよ、ルビィちゃんがダメって言っても挿れるずら」グッ

花丸「ルビィちゃんの膣内に……」クチュ...♡


ルビィ「…………あはっ♡」

ルビィ「いいよ♡善子ちゃんだけだと不公平だもんね♡」ニコ♡



ルビィ「どうぞ♡生でルビィのおまんこを召し上がれ……♡」クパァ...♡

花丸「っ!」


花丸「こんなの……こんなの見せられて冷静でなんていられないよ」ズブ...

花丸「いやらしいずら……ルビィちゃんは本当にいやらしい……ずらっ!」ズプンッ‼︎♡



67: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:32:09.48 ID:sismaKMA.net

ルビィ「っ!……はぁ♡」

花丸「うあぁ……♡なんずら♡なんずらこれぇ♡」


花丸「いつもと全然違う、気を抜いたらすぐに果てちゃいそうずら♡」パン...パン...

ルビィ「あっ♡あっ♡はっ♡」


花丸「果てちゃいそうなのに……激しく動くのはまずいのに……」パンパン

花丸「ルビィちゃんの膣内がマルをキュウキュウと締め付けて……」パンパンパン



花丸「気持ちがよすぎて腰を止められないずらぁ♡」パンパンパンパンッ♡

ルビィ「あっ♡ふっ♡あっ♡あはっ♡」


花丸「ルビィちゃんは……?ルビィちゃんはマルで気持ちよくなれてる?」パンッパンッ

ルビィ「あっ♡きもちいい♡花丸ちゃんのおちんちんきもちいよぉ♡」



69: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:33:59.75 ID:sismaKMA.net

ルビィ「花丸ちゃんも、あっ♡ルビィの膣内でいっぱいきもちよくなってね♡」

花丸「…………マルずら」パン...パン...


ルビィ「花丸ちゃん……?♡」

花丸「花丸じゃなくてマルって呼んでほしいずら♡」パンパンッ

ルビィ「まっ♡マルちゃん?♡」

花丸「……あはぁ♡」キュンキュン


花丸「マルちゃん、いい響きずら♡」パンパンパンパン♡

花丸「ルビィちゃんだけが呼んでくてる特別な♡」パンパン



花丸「特別なあだ名ずらぁっ!♡」ズンズンズンズン‼︎♡

ルビィ「あっ♡あっ♡マルちゃん♡いきなりっ♡はげし♡」



70: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:34:34.05 ID:sismaKMA.net

花丸「ルビィちゃん、マル、そろそろ限界かも……♡」パンッパンッ

ルビィ「んっ♡はっ♡る、ルビィのことは気にしないでいつでもイッていいからね♡」


花丸「そんな健気なこと言われたら♡マル、頑張ってルビィちゃんを絶頂に導きたいずら♡」パンパン

ルビィ「あはっ♡じゃあ、イカせてくれることを期待しちゃおうかな?♡」ニコ♡



「二人とも~、まだいるの~?そろそろ授業始まっちゃうわよ~?」



ルビまる「「!?」」ビクッ


善子「いないのかしら?」

花丸(善子ちゃん、なんで来ちゃうかな……)ピタリ



71: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:35:02.96 ID:sismaKMA.net

花丸「こうしてること善子ちゃんにバレたらきっと中断させられちゃう」ボソボソ

花丸「えっちなことが好きなルビィちゃんには辛いよね?」ボソボソ

花丸「だから声を出しちゃダメだよ?」ボソッ

ルビィ「……」コクコク


花丸「善子ちゃん、もう少ししたら行くずら」

善子「あら?ルビィはいないの?」


花丸「ルビィちゃんはもう行ったずら、入れ違いになったんじゃないかな?」ズルー...♡

ルビィ「っ!?!?」

花丸「マルの指を咥えて声を抑えるずら」ボソボソ

ルビィ「……」コクコク♡


善子「そうなの?入れ違いなら会わないわけないのに……」

花丸「他に用事があって真っ直ぐ教室に向かわなかったんじゃないかな?」ヌリュー...♡

ルビィ「っ♡」チュパチュパ♡

花丸(ルビィちゃんが声を出さないように我慢してるのを見ると……)ズリュー...♡

花丸(イケナイ気分になってくるずら♡)ゾクゾク♡



72: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:35:41.63 ID:sismaKMA.net

花丸「授業には間に合うようにするから教室に戻ってていいよ」ズリュッズリュッ♡

ルビィ「っ♡っ♡」クチュクチュ♡

花丸(ルビィちゃんのおくち、涎でいっぱいだ)

花丸(声を抑えるのに必死で飲み込もうとするとこまで意識が回らないんだね)


善子「じゃあ先に教室に行ってるわね」

花丸「わかったずら」ズリュッズリュッ♡

ルビィ「っ♡っ♡っ♡」ジュプジュプ♡



カツカツ...



花丸「行っちゃったずら……?」ヌポ...♡

ルビィ「ま、マルちゃん……♡」ウルウル...♡


花丸「」ムラッ

花丸「んっ♡」チュッ♡

ルビィ「んんっ♡」

花丸「んふー♡んむ♡」ジュル...♡ピチャ...♡



73: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:36:12.89 ID:sismaKMA.net

ルビィ「ふっ♡んん♡」チュル...♡チュク...♡

花丸「んっ♡ぷは♡」ゴク...♡



ツツー...プツン♡



花丸「ルビィちゃんの、たくさん飲んじゃったずら♡」

ルビィ「もう♡声を出さないようにするの大変だったんだから♡」

ルビィ「動くなんて聞いてないよ♡マルちゃん♡」


花丸「えへへ♡ごめんなさい♡」

花丸「何故だかルビィちゃんのことを苛めたくなっちゃったずら♡」

ルビィ「ひどいなぁマルちゃんは、許してほしかったら……」



ルビィ「ルビィのこと、いっぱい気持ちよくして……?♡」ニコー...♡

花丸「任せてずら♡」クスッ



74: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:36:40.50 ID:sismaKMA.net

花丸「ルビィちゃんの膣内♡本当に気持ちよくて♡」パンパンパンパンッ♡

ルビィ「あっ♡あっ♡あっ♡あっ♡」


花丸「こんなの絶対にやめられなくなっちゃうずら♡」パンパンパンパンッ♡

ルビィ「ルビィも♡んっ♡きもちいいよ♡マルちゃん♡」ニコ♡


花丸「ああっ♡だめずら♡限界ずら♡ルビィちゃん♡マル、イクずら♡ルビィちゃんもイッてずらぁ!♡」パンパンパンパンッ‼︎♡

ルビィ「まっ、マルちゃん♡ルビィも♡ルビィも一緒にっ!♡」



花丸「あああぁぁぁっっっ!!!♡♡♡」ビュルッ♡ビュッ♡ビュッ♡

ルビィ「はっ♡はあぁ……♡」ビクビクン...♡



花丸「うあ♡」ズルゥ...♡

ルビィ「はぁ……♡はぁ……♡」ヒクヒク...♡タラー...♡


花丸「ルビィちゃんからマルのが溢れて……」シコシコ...

花丸「こんなの味わっちゃったらもう後戻りは出来そうにないずら♡」ピュッ...♡



75: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:37:15.92 ID:sismaKMA.net

花丸「ルビィちゃん、大丈夫?」フキフキ

ルビィ「ちょっと疲れちゃったかも、マルちゃんはルビィで気持ちよくなれた?」

花丸「すごく気持ちよかったよ!まさに天にも昇る心地よさだったずら!」


ルビィ「そう言ってもらえて嬉しいな♡」ブルッ

ルビィ「あ……」ソウイエバ


花丸「そろそろ戻ろっか?」

ルビィ「うん……マルちゃんは先に戻ってて」

ルビィ「ルビィはおしっこしてから行くから」


花丸「おしっこ?ルビィちゃんの……?」

花丸「それは是非とも見たいずら~♡」



77: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:39:01.97 ID:sismaKMA.net

ルビィ「ほんとうにするの……?」

花丸「これは善子ちゃんもしてないよね?マルが初めてになれるずら♡」


ルビィ「そうだけどぉ……」モジモジ

花丸「ほら、脚を広げてもっとよく見せて」ガバッ♡

ルビィ「っ!?///」カァー


花丸「恥ずかしがるルビィちゃんなんて珍しい♡」

ルビィ「あんまりじっくり見ないでね!?///」

花丸「イヤずら♡しっかりと目に焼き付けてあげるね♡」ジー



ルビィ「マルちゃんの本性はSだったよぉ……///」



78: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:39:42.98 ID:sismaKMA.net

花丸「早く早く♡」ワクワク

ルビィ「ん……///」チョロ...♡



チョロチョロ...シャー♡



花丸「出てるずら♡ルビィちゃんの大事なところからおしっこが♡」

ルビィ「見られてる、見られてるよぉ///」シャー♡


花丸「あ、微かにアンモニアの臭いが……」クンクン

ルビィ「言わなくていいからぁ……///」チョロチョロ...♡



花丸「終わっちゃった……」

ルビィ「もう二度としないからね///」フキフキ

花丸「え~?また見せてほしいずら」

ルビィ「だめ、すごく恥ずかしいんだから///」


花丸「じゃあ、こうしよ?ルビィちゃんをえっちで満足させられたら見せてくれるっていうのは?」

ルビィ「…………考えとく///」フキフキ



79: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:40:12.31 ID:sismaKMA.net

花丸「今度こそ教室に戻ろうか、善子ちゃんも待ってるし」

ルビィ「うん、でも一緒に行ったらまずいよね?」

花丸「そういえば別行動してるって設定だったね」

花丸「じゃあマルが先に教室に入るから、ルビィちゃんはその後からきて」

ルビィ「わかった、そうするね」

花丸「まずはトイレから出よう?」キィ


「随分とお楽しみだったようね」


花丸「……」パタン...


善子「何閉めてるのよ!開けなさい!」ドンドン



80: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:40:45.49 ID:sismaKMA.net

花丸「いつ戻ってきてたの?」

善子「いつも何も、元々出て行ったふりをしてずっといたのよ」

ルビィ「まんまと騙されちゃったね」クスクス

花丸「そうなんだ、いるなら絶対に邪魔されると思ったのに」


善子「まあ、今日は私もしたし?おあいこだからいいかなって」

花丸「そっか」

ルビィ「よかったね、マルちゃん」


善子「……けどそれは別問題よ、マルちゃんって何?一人だけアダ名で呼ばれるなんてズルいわ!」

ルビィ「善子ちゃんもアダ名で呼んでほしいの?」


善子「私の場合はアダ名ではなくヨハ──」

ルビィ「よっちゃん♡」

善子「……今、なんて?」

ルビィ「よっちゃんって呼んだんだよ」ニコ

善子「まぁ……それで許してあげるわ」



81: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:41:16.71 ID:sismaKMA.net

花丸「よかったね」ポン

善子「そうね、これでお互いの進展具合は同じくらいかしらね」

善子「だけど、あっちは私の方がルビィを気持ちよくさせてあげられるけどね」フフン

花丸「む、それは聞き捨てならないずら」ピクッ

花丸「マルの方がルビィちゃんを満足させられてるよ」

善子「いいえ、私よ!」

花丸「マルずら!」

善子「私!」

花丸「マル!」


バチバチッ‼︎


ルビィ(こっちに標的が移る前に逃げよう……)ソロー...

善子「ルビィ!」ガシッ

花丸「ルビィちゃん!」ガシッ

ルビィ「はっ、はい!?」


「「どっちの方が気持ちいい!?」」


ルビィ「え、えっと……どっちもじゃダメかな?」ニコッ♡

善子「……言葉よりも身体に聞く方がいいみたいね」

花丸「その意見にはマルも賛成」

ルビィ「あの……」


善子「3Pというものをして、どっちがルビィを悦ばせているのか」

花丸「直接確認するずら」

善子「いいわよね?」

花丸「ルビィちゃん?」



ルビィ「…………あはっ♡しょうがないなぁ♡」ニコー...♡


───────
─────
───



82: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:41:47.14 ID:sismaKMA.net

ルビィ「……こうですか?」カキカキ

曜「うんうん、それで合ってるよ」


ルビィ(花丸ちゃんと善子ちゃんの勝負は3人の都合が合う日までのお楽しみということになり)

ルビィ(今日は曜さんに家へと来てもらい勉強を見てもらっています)


曜「だけど私なんかでいいのかな?頭のいい子は他にもいるし」

曜「それこそダイヤさんに聞くのが一番手っ取り早いと思うんだけど」

ルビィ「ルビィの面倒を見るのイヤでした?」

曜「いや、そんなことはないよ、頼られて嬉しい、だけどどうして私なのかなって」


ルビィ「曜さんに……」

ルビィ「曜さんに会いたかったから、それじゃダメですか……?」

曜「え……?///」



83: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:42:19.72 ID:sismaKMA.net

ルビィ「ホントに勉強を見てもらうだけなら他の人に頼みますよ」

ルビィ「こんなのはただの口実で曜さんに会いたかったんです……♡」

曜「そ、そう?アハハ、なんだか照れちゃうな///」


ルビィ「うふふ♡まずは勉強を終わらせちゃいましょう、お礼も用意してますよ♡」

曜「お礼?なんだろう、楽しみだな」



ルビィ「こういうのです♡」チュッ

曜「んっ……これが私を呼んだ本当の目的だよね?」ジトー



84: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:42:59.39 ID:sismaKMA.net

ルビィ「あはっ♡バレちゃいました?」ニコッ♡

ルビィ「そういうことなら遠慮なく……♡」ンー♡


曜「ダ・メ」ガシッ

ルビィ「……むぅ」プクー


曜「まずは勉強を終わらせる、続きはそれからだよ」

ルビィ「……はぁい♡」ニコニコ


曜「随分と聞き分けがいいね」

ルビィ「だって曜さん、勉強が終わったらキスしてもいいって言ってるんですよ?」

ルビィ「もうルビィとキスするのに抵抗はないんだなぁって♡」ニコニコ


曜「な゛っ!?」

曜「……いや、でもそうだよね、ルビィちゃんに迫られて数えきれないくらいしてるんだもの」

曜「もうキスすることにも慣れちゃったよ」


ルビィ「うふふ♡その調子で曜さんの童貞をルビィにくれてもいいんですよ?♡」

曜「っ///……調子に乗らないの」


───────
─────
───



85: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:43:28.61 ID:sismaKMA.net

ルビィ「ん~、疲れた~」ノビー

曜「お疲れ様、ルビィちゃん」


ルビィ「ホントですよ」トコトコ



ボフン



曜「そんなベッドに飛び込んだりして行儀が……」ハッ


ルビィ「どうしました?」チラリ♡

曜「あ、いや……///」ショーツガ...///


ルビィ「うふふ♡疲れちゃいました♡」ニコー♡

曜「……」ゴクリ

曜「ルビィちゃん……お礼、もらってもいいかな……?」フラ...フラ...



ルビィ「…………あはっ♡」



86: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:43:55.41 ID:sismaKMA.net

曜「ん♡ルビィちゃん♡」チュッチュッ♡

ルビィ「曜さん♡激し♡」チュッ♡チュー♡


曜「ルビィちゃん♡ルビィちゃん……♡」ギュッ

ルビィ「あっ……///」ドキッ

ルビィ(恋人繋ぎ……こんなのいつもマルちゃんやよっちゃんとしてるのに……)

ルビィ(どうして?どうして……こんなに胸がドキドキするんだろう……?)トクントクン♡


ルビィ「曜さん♡もっと♡もっとちゅーしてください♡」トローン...♡

曜「」プツン



チュッ♡チュッ♡チューッ♡チュッ♡



88: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:45:47.06 ID:sismaKMA.net

曜「……」スリスリ♡

ルビィ(曜さん、無意識でしてるのかな?)

ルビィ(さっきから太ももに……おちんちん擦り付けられてる♡)


ルビィ「曜さん、気付いてますか?」

曜「気付いてるって何に?」スリスリ♡


ルビィ「さっきからルビィの太もも、曜さんのおちんちんで犯されてます♡」

曜「っ!?!?」バッ

ルビィ「あはっ♡」


曜「る、ルビィちゃん、ごめんっ!」

ルビィ「…………?」

ルビィ「どうして謝るんですか?」


ルビィ「ルビィは気にしてないからいくらでもスリスリしていいですよ?」ニコー♡

曜「うぇっ!?」

ルビィ「さあ……どうぞ♡」



89: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:46:41.51 ID:sismaKMA.net

曜「いや……でも……」

ルビィ「……意識するとできないですか?」

曜「う、うん……いくらルビィちゃんがいいって言っても……」


ルビィ「…………」ウーン

ルビィ「…………そうだ、こういうのはどうでしょう?♡」ポン


ルビィ「曜さんができないなら……ルビィが曜さんのおちんちんシコシコしてあげます♡」


曜「る、ルビィちゃん……?なにを……」ギン...

ルビィ「だって……曜さんのココ♡すごく辛そうですよ……?」サワサワ



90: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:47:16.29 ID:sismaKMA.net

曜「あぅ……」ビクン

ルビィ「ルビィは曜さんへのお礼ができる……」サワサワ

曜「る、ルビィちゃ……」


ルビィ「曜さんは気持ちよくスッキリできる……」ギュッ♡

曜「っ!」


ルビィ「どっちにとってもプラスしかない……素晴らしいことだと思いませんか?」シコ...

曜「お礼……スッキリ……でも……」クラクラ


ルビィ「うふふ♡なにも曜さんの童貞さんを貰おうってわけじゃないんです……」シコ...シコ...

ルビィ「難しくなんて考えないで……ルビィの手でいっぱい気持ちよくなってください……♡」シコッ


曜「…………いいのかな?」クラクラ

ルビィ「いいんです♡」シコシコ


曜「そうだよね……これはお礼をしたいっていうルビィちゃんの為でもあるんだ……」クラクラ

曜「ルビィちゃん……お願いします……」



ルビィ「……………………あはっ♡」



91: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:47:43.18 ID:sismaKMA.net

ルビィ「脱がせますよ?」

曜「…………うん///」ドキドキ

ルビィ「うふふ♡」スルスル...



ブルンッ!!♡



ルビィ「すご……♡」ハネタ...♡

曜「///」ギンギン


ルビィ「すごいです……♡もうこんなにカチカチ……♡」キュッ

曜「っ」ピク...


ルビィ「曜さん……ルビィのお手手でいっぱい気持ちよくなってくださいね……♡」シコシコ♡

曜「う、うん///」


ルビィ「…………うふふ♡」シコッ

曜「き、きもちいぃ……♡」


ルビィ「もっともっと気持ちよくさせてあげますね……♡」ナデナデ

曜「うぁっ♡さきっぽ……♡」ビクビク



ルビィ「いーこ♡いーこ♡」ナデリ

曜「それ……ヤバい……♡」



92: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:48:13.30 ID:sismaKMA.net

ルビィ「うふふ♡曜さん?」スッ

ルビィ「これ……なぁに?♡」ネチャー...♡

曜「っ!///」カァー


ルビィ「とってもヌルヌルで……糸を引いて……♡」ネバー...♡

ルビィ「んっ……」ペロ...♡


ルビィ「……しょっぱい♡」ニコー♡

曜「//////」ボッ

ルビィ「ねえ曜さん?」

ルビィ「この曜さんのおちんちんのさきっぽから出てきてる」ヌリュヌリュ♡


曜「あっ♡」

ルビィ「ヌルヌルした液体……ルビィになんなのか教えてほしいなぁ……」スリスリ



曜「が……」ビクビク

ルビィ「が?」



曜「がまんじる……///」ボソボソ

ルビィ「……………………あはっ♡」ゾクゾク...♡



93: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:48:38.39 ID:sismaKMA.net

ルビィ「がまん……してるんですか?」シコシコ

ルビィ「本当はもうせーえき出そうなのに……ルビィのお手手を味わいたくて」シコッシコッ

ルビィ「せーえきぴゅっぴゅ♡しちゃうの我慢してるんですか?♡」シコシコッ♡


曜「う、うあぁ……♡」ゾクゾクゥ...

曜「る、ルビィちゃんダメだよ……」ビクビクン...♡

曜「そんなこと言われたら……出ちゃいそうになる……♡」


ルビィ「うふふ……♡」タラー...♡

曜「ルビィちゃん……?」ヨダレガ...


ルビィ「これで……」ギュッ...

ルビィ「滑りが良くなりましたよね♡」グチュッグチュッ



95: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:49:32.19 ID:sismaKMA.net

曜「~~~っっっ!!!」ビクンッ‼︎

曜「なにこれ……?こんなのしらないぃ……♡」タラッ...


ルビィ「曜さん♡ヨダレ……垂らしちゃって……よっぽど気持ちいいのかなぁ……♡」クチュクチュッ

曜「る、るびぃちゃん……♡もう、が、がまんできない……♡」


ルビィ「イキそうですか?いつでも……いいですよ♡」グチュッ

曜「あっ♡あぁ♡でるっ♡もうっ♡」


ルビィ「曜さんがイクところ……♡近くで見させてもらいますね……♡」ススッ

曜「うん!♡みて!♡イク!♡イッちゃうぅっ!♡」ガクガク

ルビィ「…………♡」グチュッ‼︎♡



曜「あっ♡ああぁぁ……♡」ビュッ‼︎♡

ルビィ「きゃっ♡」ベチャッ♡


曜「うあぁ…♡」ビュクン♡ピュッ♡

ルビィ「…………♡」シコ...シコ...



96: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:50:21.40 ID:sismaKMA.net

曜「はぁ……はぁ……♡」ビクン...♡

ルビィ「……気持ちよかったですか?」ニコッ♡

曜「うん……♡あ……ルビィちゃんごめん、顔が……」セーシマミレ...



ルビィ「気にしないでください♡」スクイ

ルビィ「ん♡おいし♡」パクッ♡

曜「~~~っっ///」カァー


───────
─────
───



97: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:51:02.94 ID:sismaKMA.net

ルビィ「今日はありがとうございました」ペコッ

曜「ううん、困ったときはお互い様、また何かあったら頼ってね」ナデナデ


ルビィ「あっ///」カァー

曜「あれ?ルビィちゃん、顔が赤くない?」

ルビィ「そそ、そんなことないです!」


曜「もしかして……頭撫でられて照れちゃった?」ニヤニヤ

ルビィ「なっ……!?」


曜「ははっ、ルビィちゃんにもこんな一面があるんだね」

ルビィ「~~~~っ///」

曜「ルビィちゃん?」

ルビィ「……」ウツムキ


曜「えっ?ごめん!そんな反応するなんて──」

ルビィ「」バッ


チュッ‼︎


ルビィ「さよならっ!」ダッ



曜「ルビィちゃん……」ソッ

曜「ルビィちゃんなりの照れ隠しなのかな……?」クチビルニカンショクガ...

曜「ふふっ、またねルビィちゃん」ニカッ


───────
─────
───



98: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:51:34.93 ID:sismaKMA.net

ルビィ「んっ♡んっ♡」ジュプジュプ♡シコシコ♡

花丸「はぁ……♡」

善子「ルビィ、こっちも舐めてよ」


ルビィ「ん……♡」チュポン

ルビィ「あむ♡」パクッ


ルビィ「ぢゅっ♡んっ♡」シコシコ♡ジュプジュプ♡

善子「そう、いい子ね♡」ビク

花丸「善子ちゃん敏感なんだね」


善子「ルビィにしゃぶられても平然としてるアン、タの方がっ……くっ♡」

善子「おかしいと思うわ……♡」ビクビク

花丸「そうかなぁ?ルビィちゃん、こっちもお願い」


ルビィ「は……ぁ♡」チュポ

ルビィ「ふふ♡」レロレロ♡シコシコ♡


花丸「それにしても、二人を相手するの随分と慣れてる感じがするよね」ナデナデ

善子「確かにね、まるで経験があるような……」

ルビィ「うふふ♡」シコシコ♡レロレロ♡


───────
─────
───



99: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:52:01.68 ID:sismaKMA.net

~数ヶ月前~


ルビィ「ふふっ、何も言われなくてもお姉ちゃん達にお茶を持って行く」カチャンカチャン

ルビィ「気配りの出来る妹だってところを見せちゃうんだぁ♪」カチャンカチャン


スーッ


ルビィ「お姉ちゃん、お茶──」



果南「ほらダイヤ、もっと舌を使って」パンパン

ダイヤ「む゛っ!ぐぅ……お゛っ!」

鞠莉「ダ~イヤ、もっと速くしていい?」パンパンパンパン

ダイヤ「ん゛ーっ!?」



ルビィ「な……」

ルビィ「何してるんですか!?」


ダイかなまり「「「!?!?」」」」ビクッ



100: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:52:31.36 ID:sismaKMA.net

ルビィ「二人ともお姉ちゃんから離れて……離れてください!」


果南「あはは……見られちゃったね」ズルゥ...

鞠莉「そんなに怒らないで、cuteな顔が台無しよ」ズポォ...

ダイヤ「ゲホッ!ゲホッ!」


ルビィ「どういうことなんですか?二人はお姉ちゃんの大切な友人だと思ってたのに」

ルビィ「どうして……こんな酷いことするんですか……」


鞠莉「酷いこと?果南、何か心当たりある?」

果南「さぁ?私もちょっとわからないや……」



ルビィ「ふ……ふざけないでください!」



101: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:53:02.89 ID:sismaKMA.net

ルビィ「二人してお姉ちゃんに無理矢理乱暴して!犯罪ですよコレ!」

ダイヤ「る、ルビィ……違うのです……」


ルビィ「お姉ちゃん……こんな人達のことを庇おうとしなくていいから……」

ダイヤ「そうじゃないの、あのねルビィ、わたくし達は三人で交際をしているのですわ」


ルビィ「…………?」

果南「そういうこと」

鞠莉「だからこれは愛情を確かめ合うのに必要な行為なのよ」


ルビィ「え?え……?意味がわかりません、三人で付き合うなんてそんなのおかしいです……」

果南「そうだよね、確かに普通とは言えない、だけど世の中普通じゃないことなんてたくさんあるんだ」

鞠莉「こんなこと言われても納得できないと思うけど、これが私達の付き合い方だから見逃してね」



102: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:53:36.51 ID:sismaKMA.net

ルビィ「で、でも!お姉ちゃん、とても辛そうでした……」

ダイヤ「それは……」


鞠莉「ダイヤはね、どうしても身体がセックスに慣れないのよね……」

ルビィ「セッ……///」カァー

果南「そこはダイヤに我慢させてるのはわかってるけどさ……」

ダイヤ「いいのです、わたくし自らが二人を受け入れると決めたのですから」


ルビィ「お姉ちゃん……」

ルビィ「……………………」

ルビィ「…………わかりました」


果南「わかってくれたんだね」

ルビィ「お姉ちゃんの負担を軽くしたい……だから……」

ルビィ「ルビィ、ルビィも……」



ルビィ「ルビィも二人の相手をします」



103: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:54:07.23 ID:sismaKMA.net

果南「なっ!?」

鞠莉「……」

ダイヤ「ルビィ!?何を言っているの!?」


ルビィ「お姉ちゃん……その、するの辛いんだよね?ルビィも手伝えば少しは楽になるから」

ダイヤ「ですが!ルビィがそんなことをする必要なんてないのですわ!」


ルビィ「あるよ!!」

ダイヤ「っ!?」ビクッ


ルビィ「あるよ……三人がまたアイドルできるようになって、お姉ちゃん昔みたいに生き生きして……」

鞠莉「……」


ルビィ「それなのに、この先このことが原因でギクシャクすることがあるかもしれない……」

果南「……」


ルビィ「そんなのルビィが見たくない……だから、これはルビィの為でもあるの」

ダイヤ「……ルビィ」



105: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:55:47.06 ID:sismaKMA.net

鞠莉「随分とお姉ちゃん思いなのね」ギュッ

ルビィ「っ!?」ビクン


鞠莉「だけど、言ってることの重大さ、わかってる?」

ルビィ「わ、わかってます」


鞠莉「わかってないわ、いい?私達の相手をするってことは……キスも」ツツー

ルビィ「!?」ピクッ


鞠莉「バージンも……」ススッ

ルビィ「っ……」ビクッ


果南「ちょっ、鞠莉!」

鞠莉「ルビィの大切な初めて、どっちも私か果南に奪われるって事なのよ?」



果南「っ!?」

果南(そうだ……あの小さい頃からお姉ちゃんお姉ちゃんってダイヤの後ろを付いてきてた)

果南(私にとっても妹みたいな存在だったルビィの初めてを……)ムク...


鞠莉「…………果南?」ジトッ

果南「えっ!?いや!何も考えてないよ!」アセアセ

鞠莉「……何も言ってないけど?」

果南「……うん」



106: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:56:23.52 ID:sismaKMA.net

ルビィ「覚悟は……」

鞠莉「うん?」

ルビィ「覚悟はできてます……だか──」



鞠莉「ん」チュッ

ルビィ「んんっ!?」



果南「あーっ!ずるい!」

ダイヤ「ま、鞠莉さん!?」


鞠莉「ふふっ」ペロ

鞠莉「そこまで言うなら相手をしてあげる、途中で止められて私も治まりがつかないし」ギン

ルビィ「ひっ……」


果南「人に何か言いたげだったくせに自分から手を出すなんて酷くないかな?」ギンギン

ルビィ「うぅ……」


ダイヤ「鞠莉さん!果南さん!おやめなさい!」

ルビィ「いいの……お姉ちゃんのお役に立ててルビィ、嬉しいんだぁ」

ダイヤ「ルビィ……」


鞠莉「どうするの?ルビィはああ言ってるけど」

果南「決めるのはダイヤだよ」



ダイヤ「…………お姉ちゃんのこと、助けてくれますか?」

ルビィ「……うんっ!」ニコッ



107: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:57:16.36 ID:sismaKMA.net

ルビィ「……」シコ...シコ...

鞠莉「そうそう、そうやってしごくのよ」


果南「私のは舐めてみようか?」

ルビィ「な、舐め……!?」

果南「別におかしなことじゃないよ、普通にすることだから」

ルビィ「で、でも……」


鞠莉「ダイヤのこと、手助けするんでしょ?」

ルビィ「……わかりました」


果南「初めてだし今日は亀頭、先の一段高くなってる部分だけを好きなように舐めてみて?」

ルビィ「は、はい……」ペロ...ペロ...



108: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:57:50.67 ID:sismaKMA.net

鞠莉「舐めることばかりに集中しないで、もう一人のペニスをしごくのも忘れない」

ルビィ「ふぁい……」ペロ...シコ...


果南「しばらくしたら舐めてた方のちんちんをしごいて」

鞠莉「しごいてた方のペニスを舐めるように交代するのよ」

ルビィ「……」シコ...ペロ...


鞠莉「そう、上手よ」ナデナデ

果南「気持ちいいよ、ルビィ」ナデナデ

ルビィ「…………///」シコシコ...ペロペロ...



鞠莉「どうする?このままイっちゃう?」ボソボソ

果南「私は折角だからルビィのまんこだけでイキたいからやめとく」ボソボソ

鞠莉「そう?じゃあ私だけこのままイっちゃおうかな」ボソボソ

果南「オッケー」ボソボソ



109: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:58:15.73 ID:sismaKMA.net

果南「ルビィありがとう、私はもういいから鞠莉の相手だけしてあげて?」スタスタ

ルビィ「はい……」シコシコ


果南「ちょっと休憩っと」ストン

ダイヤ「……」ハラハラ

果南「心配?」

ダイヤ「当たり前でしょう?ああ……ルビィ……」


果南「鞠莉はルビィの手と口で一度イクみたいだからさ」

果南「ルビィの可愛い顔が精子でべっとりと汚されちゃうんだろうね」

ダイヤ「は、初めてでそんなことをされたらトラウマになってしまうのでは……」



果南「ダイヤ」チュッ

ダイヤ「ん……」



果南「二人を見守ってあげよう?」ハグッ

ダイヤ「……はい」ギュッ



110: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:58:52.09 ID:sismaKMA.net

ルビィ「……」シコシコ...ペロ...

鞠莉「両手でしごいて、舌は先端を舐め回す……そう、goodよ」

ルビィ(疲れた……しょっぱい味がする……多分、鞠莉さんのって大きいよね果南さんしか比較対象がいないけど……)


鞠莉「この時に上目遣いで相手の目を見ながらすると悦んでくれるわ」ナデナデ

ルビィ「……こうですか?」ジッ...

鞠莉(あ、ヤバ……一気に込み上げて……♡)キュンキュン♡


鞠莉「ルビィはザーメンって見たことある?」ビク...

ルビィ「ザーメン?なんですかそれ?」シコシコ

鞠莉「精液のことよ♡」

ルビィ「精え……ないです///」


鞠莉「そう……今から見せてあげるからペニスから目を離さないでしごき続けて♡」ビクビクッ

ルビィ「…………」シコシコ



鞠莉「あ……イクッ!!♡♡♡」ビュルルッ‼︎

ルビィ「きゃっ!?」ベチョッ♡



鞠莉「手は離さないで、出なくなるまでゆっくりと動かし続けるの……♡」ビュルルッ...ビュッ...ビュルッ♡

ルビィ「……///」シコ...シコ...

鞠莉「♡」ピュ...♡


鞠莉「はぁ……♡ありがとうルビィ、すごく気持ちよかったわ♡」ナデナデ

ルビィ「…………///」



111: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:59:23.12 ID:sismaKMA.net

鞠莉「顔、おもいっきり汚しちゃったわね、ティッシュは……?」キョロキョロ


ルビィ「これが、せーえき……」スクイ

ルビィ「ヌルヌルで……青臭いような……でもなんだか……」クンクン

ルビィ「クセになる臭い……かも///」ポー


鞠莉「あったあった、拭き取るわ」

ルビィ「はい……///」ポー♡


鞠莉「ルビィ?」

ルビィ「…………///」



鞠莉(もしかして……ザーメンの臭いで興奮してる?)

鞠莉(意外とこっち方面の才能があったりするのかしら?)



112: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 16:59:50.99 ID:sismaKMA.net

鞠莉「よし、綺麗になったわ」フキフキ

ルビィ「ありがとうございます……」

鞠莉「お礼を言うのはこっちの方、今度はルビィに奉仕する番ね」



鞠莉「果南!もう休憩はいいでしょう?」



果南「呼ばれちゃった、じゃあ行くね」

ダイヤ「あの……」


果南「次は……ルビィが女になる番だと思う」

ダイヤ「…………」


果南「ルビィの覚悟、見届けてあげて」

ダイヤ「はい……」



113: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:00:17.81 ID:sismaKMA.net

果南「お待たせ」

鞠莉「二人でルビィを気持ちよくさせるわよ」

果南「了解、ルビィは一人でシたことってある?」


ルビィ「え……?一人って、その……」

ルビィ「ひとりえっち///」ボソ...

ルビィ「ですよね?えっと、ないです……」


果南「ん、わかった」サワ...

ルビィ「っ」ピクン


鞠莉「ハードじゃなくてソフトにしないとね」サワワ...

ルビィ「っ」ピクピク


果南「鞠莉は上をお願い」サワサワ

鞠莉「オッケー」モミ...

ルビィ「っ!」ピクン


鞠莉「ほぉら、ルビィ?身体をこっちに預けて」

ルビィ「はい……」コテン

鞠莉「そうそう、そうやってもたれ掛かってて」モミモミ



114: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:00:46.78 ID:sismaKMA.net

ルビィ「うぁ……」ピクピク

果南(すごくいい反応、全てが未知の刺激で耐えられないんだね)


果南「ルビィ、脚広げるよ」グイ...

ルビィ「あっ、やぁ……///」ググ...

果南「大丈夫だから」ガバァ



ルビィ「…………恥ずかしい///」

果南「ルビィの太もも、意外と肉付きが良くてスベスベしてて触り心地最高」サワサワ

ルビィ「んっ」ピクン


鞠莉「上は脱いじゃいましょう」プチプチ

果南「スカートも、脱がせるね」ジー


ルビィ「///」

果南「……薄ピンク」

鞠莉「ルビィらしい、可愛いデザインの下着ね」



115: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:01:13.00 ID:sismaKMA.net

ルビィ「ありがとうございます?///」


鞠莉「でもワイヤーが壊れるといけないからこれも取っちゃおう」プチ

ルビィ「あっ///」

鞠莉「あらー?てっぺんが可愛く自己主張してるわ」キュッ♡

ルビィ「ひっ!」ビクン


果南「こっちも脱がすよ」スルスル

ルビィ「うぅ……///」


果南「綺麗だね、ルビィのココ」マジマジ

ルビィ「あ、あんまり見ないで……///」モジモジ


果南「なに……それ」ゴクリ

果南「初めてだからできるだけ優しくしようって思ってるのに」

果南「肝心のルビィがそんなにもやる気にさせるような仕草をするんじゃ……」モンモン



果南「ごめん!我慢できない!」ジュル♡

ルビィ「!?!?」ビクビクッ



116: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:01:39.09 ID:sismaKMA.net

果南「んっ、んっ、んん」ジュルジュル♡クチュ♡ジュルル♡

ルビィ「いやっ!」ビクン


果南「ヤバイよ、加減できない」ズズッ...レロレロ♡

ルビィ「あっ!///」ビクッ


鞠莉「あらら、いきなりクンニするなんて暴走しすぎじゃないかしら」モミモミ


ダイヤ「ルビィ……気をしっかり……」


果南「ルビィ、気持ちいい?まんこ舐められて気持ちいい?」ジュルッ...クチュクチュ

ルビィ「っ!っ!」ビクビク


鞠莉「返事する余裕もないみたい、はむっ♡」パクリ

ルビィ「~~っ!」ビクビクッ


鞠莉「んふ♡」コロコロ♡

鞠莉「上も下も同時に責められて訳がわからなくなってるみたいね」チュッ♡チュッ♡

ルビィ「あっ!はっ!」ビクン



117: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:02:07.38 ID:sismaKMA.net

果南「鞠莉、そろそろ……」

鞠莉「ええ、それじゃあ同時に……」



ジュルジュルッ♡コロコロ♡ピチャピチャ♡レロレロッ♡ズズッ♡チューッ♡



ルビィ「~~~~っっっっ!!!」ビクンビクンッ‼︎‼︎

鞠莉「……イッたみたいね」

果南「ルビィ、大丈夫?」


ルビィ「はぁ……はぁ……」ピクピク...

ルビィ「果南……さん……ルビィ、頭が真っ白になって……」ハァハァ

ルビィ「なにが起こったんですか……?」


鞠莉「今のはオーガズム、こっちの言葉で言うとイクってやつね」

ルビィ「イク……今のが」ハァ...ハァ...


果南「さてと……」

果南「次は……コレ、挿れよっか」ギンギン

ルビィ「っ!」ビクッ


鞠莉「最後にもう一度だけ聞くわ、本当にいいのね?」

ルビィ「…………」チラ...

ダイヤ「ルビィ……」



ルビィ「果南さん、お願いします」

果南「…………わかった」



118: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:02:34.18 ID:sismaKMA.net

果南「ダイヤ、アレちょうだい」

ダイヤ「……わかりました」ゴソゴソ


ルビィ「アレってなんですか……?」

鞠莉「コンドーム、避妊は大事だよ?」

ルビィ「……意外です、そういうこと気にしてないものだと思ってました」


鞠莉「どうしてそう思ったの?3人でシテるような人間達だからそういうところもだらしないなんて思ったりした?」

ルビィ「はい……鞠莉さん達には悪いですけどそういうイメージが……」


鞠莉「……私達ね、最初から今みたいに3人でシテたわけじゃないのよ?」

ルビィ「……そうなんですか?」


鞠莉「ええ、私とダイヤ、果南とダイヤ、そうやって普通の営みをしてたんだけど……」

鞠莉「果南がダイヤのことを抱いているということだけは知っているのに」

鞠莉「その内容がわからないから、私とシテるよりも悦んでいるダイヤを想像しちゃって落ち込んだり」

鞠莉「果南に対しても嫉妬したりしてね……それは果南も同じことなんだけど」

ルビィ「そんなことが……」



119: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:03:00.96 ID:sismaKMA.net

鞠莉「だからさっきのルビィのギクシャクするかもって指摘、あながち間違いじゃなくてドキッとしちゃったわ」

ルビィ「…………」


鞠莉「それでこのままじゃダメだよねってことで、まずは果南と二人で相談して」

鞠莉「お互いの意見が同じだったからダイヤにお願いして、今の形が出来上がったの」

ルビィ「そうだったんですね……」


鞠莉「だけど、二人を同時に相手にすることでダイヤには負担を掛けっぱなしで」

鞠莉「今度はダイヤがパンクしていた可能性もあったから……」

鞠莉「ルビィの申し出は本当にありがたかったわ」ナデナデ

ルビィ「…………///」



121: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:04:47.71 ID:sismaKMA.net

果南「……話は済んだかな?」ゴムソウチャク

ルビィ「…………」ビク...


鞠莉「ルビィ……膝枕、ここに頭を乗せて?」ポンポン

ルビィ「はい……」スッ...


果南「ダイヤ……そんな遠くにいないでルビィの傍で励ましてあげてよ」

ダイヤ「……わかりました」スタスタ


ダイヤ「ルビィ……手を握りましょう、少しは安心できるかもしれませんわ」ギュ

ルビィ「ありがとう、お姉ちゃん」プルプル

ダイヤ(やはり……怖くないなんてことありませんわよね……)


果南「ルビィ、難しいとは思うけど……身体を強張らせてると余計に辛くなるから」

果南「できる限りリラックスした状態でいてね?」

ルビィ「は、はい……」



122: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:05:24.48 ID:sismaKMA.net

果南「じゃあ、挿れるよ」ググ...

ルビィ「っ!」ズキッ...


果南「少しずつ、ゆっくり進めるから……」ズブ...ズブブ...

ルビィ「~~~~っっっっ!!!!」ギュウウウゥゥゥッッッ‼︎‼︎

ダイヤ(ルビィ……わたくしにできることはこれくらいしか……)ギュ...


果南「大丈夫?無理だと思ったらすぐに言うんだよ?」ズブブ...

ルビィ「だい……じょおっ……」

鞠莉(……嘘をつくのが下手すぎよ)ナデナデ


果南「……もう少し、後はここさえ越えれば」グッ...

ルビィ「あ……あぁ……」ズキズキ



果南「くっ!」ヅプン

ルビィ「かはっ!」ビクッ



123: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:05:56.83 ID:sismaKMA.net

果南「……ルビィ、よく頑張ったね」

鞠莉「偉かったわ」ナデナデ

ダイヤ「もう、我慢しなくてもいいのよ……」ギュウッ


ルビィ「……………………ぐす」ポロ...

ルビィ「いたい…………本当はとてもいたいの…………」ポロポロ...

ダイヤ「ええ、わかっていますわ……」ウル...


ルビィ「火傷したみたいにヒリヒリして……」ポロポロ...

果南「落ち着くまでじっとしてるからね」


鞠莉「ルビィ……」チュ...

ルビィ「ん……鞠莉さん?」ポロポロ...

鞠莉「こうしていれば、少しは気が紛れるかもしれないから……」チュ...チュ...

ルビィ「…………ありがとう」ポロ...



124: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:07:37.38 ID:sismaKMA.net

ルビィ「……果南さん、もう大丈夫です」

果南「まだ全然休めてないけど、そんなに急がなくてもいいんだよ?」

ルビィ「だいぶ痛みも引いたから……」


果南「わかった……なるべくゆっくり動くからね」ヌルー...ヌルー...

ルビィ「っ……っ……」

果南「……キツくない?」

ルビィ「…………これくらいならなんとか」


果南「了解」ヌルー...ヌルー...

ルビィ「あっ……はぁ……」

果南(挿れた時ほどの痛みは感じてなさそうだね)


果南「ふぅ……くっ……」ヌルー...ヌルー...

果南(ダイヤとシはじめた頃は中々濡れなくてこっちも痛みを感じてたくらいだけど)


ルビィ「んっ……んんっ……///」ジュワ...

果南(ルビィはそうでもないみたい、それにこの表情……もしかして、感じてる?)



果南「…………えい」ズンッ‼︎

ルビィ「あ゛っ!♡」ビクン



125: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:08:21.03 ID:sismaKMA.net

ルビィ「!?!?」バッ

ダイマリ「「……?」」パチクリ


ルビィ(なに今の……?頭がびりっと痺れたみたいに……)

ルビィ「あ、あはは……変な声出ちゃった……」テレテレ...


果南「……………………」ニヤ...♡

果南「ルビィ、気持ちいんだ?初めてなのに」パン...パン...

果南「こんな娘なかなかいないよっ!」パン...パン...


ルビィ「あっ♡ま、待って♡果南さん♡」ビクッ...ビク...

果南「待てない、だってルビィだよ?」パンパン

果南「あのルビィが私のちんこを咥えこんで喘いでるんだ」パンパン

ルビィ「いやっ♡恥ずかしいから言わないで♡」ビクッビクッ


果南「エロい事とは無縁そうな幼い顔立ちのルビィが」パンッパンッ

果南「こんなにもいやらしい顔して!」パンッパンッ


ルビィ「いやらしくないっ♡ルビィっ♡」ビクッ

ルビィ「いやらしくっ……なんかっ♡ないです!♡」ビクン



126: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:08:50.45 ID:sismaKMA.net

果南「ああもう、我慢できない」パンパン

果南「ルビィっ!そろそろイクよっ!」パンパンパンパンッ‼︎


ルビィ「ああっ♡は、はや……♡かなんさ、もっとやさしくっ♡」ビクッ♡ビクッ♡

果南「よく言うよ!気持ちよくなってるくせに!」パンパンパンパンッ‼︎

ルビィ「だめっ♡なにか、なにかきちゃうっ♡♡♡」ビクン


果南「もう……げんかいっ!♡」パンパンッ‼︎♡♡

果南「イ……クぅっ♡♡♡♡」ブビュッ♡

ルビィ「~~~~っっっっ!!!♡♡♡♡♡」ビクンッビクンッ♡♡♡


果南「うぁ……♡止まらない……」ビュクン♡ビュッ♡ビュルッ♡

ルビィ「はぁ……♡はぁ……♡」ピクン♡ピクン♡

果南「やっと……終わった」ビュッ...ビュルッ...

ルビィ「はぁ……はぁ……」



127: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:09:21.67 ID:sismaKMA.net

果南「気持ちよかった……ありがとう、ルビィ」ナデナデ

ルビィ「…………♡」


ルビィ「ちゅー……かなんさん、ちゅーしてください♡」

果南「」キュン

果南「いいよ♡何度だってしてあげる♡」チュッ♡

ルビィ「♡」チュッ♡チュッ♡


鞠莉「ゴホン、ゴホン」

果南「なに?今いいとこなんだけど……」

鞠莉「今いいとこなんだけど……じゃないわよ!」


鞠莉「こんなの見せられて落ち着いてられるわけないじゃない」ギンギン

鞠莉「ルビィ、次は私が相手よ♡」

ルビィ「…………♡」ワクワク♡



129: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:11:03.95 ID:sismaKMA.net

鞠莉「マリーのペニスは特大サイズだから、ちょっとキツイかもしれないわね」クチュクチュ

ルビィ「焦らさないでください……はやく♡」ヒクヒク♡


鞠莉「あらあら、すっかり気持ちいいことのトリコね」ロックオーン♡

ルビィ「…………♡」


鞠莉「挿れるわよ?」メリ...メリ...

ルビィ「あ……?お……?」

鞠莉「裂けたりはしないと思うけど……念の為スローにするわ」ミチ...ミチ...

ルビィ「お゛っ……お゛ぉ……」



鞠莉「ふぅ、これでラスト!」ズプッ

ルビィ「っ!?!?」ビク



130: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:11:35.14 ID:sismaKMA.net

鞠莉「どうかしら、私のペニスは?」

ルビィ「すごい圧迫感です……お腹の中いっぱい……」チョットクルシイカモ...


鞠莉「これからガンガン乱暴に突いちゃうけど、覚悟はいい?」

ルビィ「はい♡」


鞠莉「きっとルビィが長くは保たないと思うから」パンッパンッパンッパンッ

鞠莉「すぐに終わるよう最初からフルスピードでいくね♡」パンッパンッパンッパンッ

ルビィ「!?!?!?!?」ビクンビクン


鞠莉「キツ……ルビィがキュンキュン締め付けて……」パンッパンッパンッパンッ

鞠莉「けどこれならすぐにでもイケそうね」パンッパンッパンッパンッ



131: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:12:40.17 ID:sismaKMA.net

ルビィ「あ゛っ♡がっ♡お゛っ♡」

鞠莉「やっぱり余裕がないからかな、獣みたいな喘ぎ声」クスッ


ルビィ「ま゛、ま゛り゛ざん゛……も゛っど♡」

鞠莉「驚いた……そうまで快感に貪欲になれるのね」

鞠莉「じゃあ、お望み通りにっ♡」パンッパンッパンッパンッ

ルビィ「お゛っ♡お゛っ♡お゛っ♡お゛う゛♡」ビクン♡ビクン♡


鞠莉「そろそろイクわよ♡」パンッパンッパンッパンッ‼︎♡

ルビィ「ぎでっ♡ル゛ビィでい゛っで♡」ビクッ♡ビクッ♡


鞠莉「グレイト……♡」ゾクゾク...

鞠莉「ラストスパートっ!」パンッパンッパンッパンッ‼︎‼︎♡♡♡


ルビィ「お゛♡お゛お゛♡あ゛っ♡ぐっ♡」ビクビクッ♡

鞠莉「ルビィ……イクわっ!!!♡♡♡」ビュッ♡ビュッ♡

ルビィ「う゛あ゛ぁ゛……♡♡♡」プシャッ‼︎♡♡♡♡♡

鞠莉「はあぁ……♡」ピュッ...ピュル...

ルビィ「あ゛あ゛…………♡」チョロ...チョロ...♡♡♡



鞠莉「失禁……耐え切れなかったのね」

鞠莉「ありがとう、それとお疲れ様」チュ♡

ルビィ「♡」スヤァ...♡


───────
─────
───



132: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:13:18.89 ID:sismaKMA.net

ダイヤ「ルビィ、ルビィ」ユサユサ

ルビィ「ん……」パチ...


ダイヤ「そろそろ晩御飯よ」

ルビィ「あれ?果南さんと鞠莉さんは?」

ダイヤ「もう随分と前に帰りましたわ、二人からの伝言『ありがとう』ですって」

ルビィ「そっか……ルビィ、シちゃったんだ……」


ダイヤ「ルビィ……」ダキ...

ルビィ「お姉ちゃん?」

ダイヤ「わたくしからも改めて、本当にありがとう」

ルビィ「もう……いいから、ね?」ギュ


ダイヤ「身体の方は、痛いところはない?」

ルビィ「大丈夫だよ、それよりもお姉ちゃん……」

ダイヤ「は……い?」ゾワ...



ルビィ「えっちするのって…………気持ちいいね♡」ニコー♡


───
─────
───────



133: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:13:52.18 ID:sismaKMA.net

善子「ルビィ!膣内で出すわ!」ドピュ♡

ルビィ「はぁ……♡」ビクン♡

善子「はぁ……はぁ……もう、無理」ハァハァ...


花丸「善子ちゃん、お疲れ様」ハァハァ...

善子「貴女もね、二人でいったい何回出したことか」


花丸「それもこれも、ルビィちゃん?」

善子「どっちの方がよかったのか、教えなさいよ」

ルビィ「ルビィは……マルちゃんもよっちゃんも、それぞれ別のよさがあるから」

ルビィ「どっちの方が上手かなんて決められないよ♡」ニコ♡


善子「はぁーーー!?」

花丸「ルビィちゃん、その答えはちょっと……」

ルビィ「だめ……かな?」ウルウル...



善子「…………はぁ」

花丸「ずるいなぁ、ルビィちゃんは」

ルビィ「エヘヘ♡」



134: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:14:33.39 ID:sismaKMA.net

花丸「勝負は引き分けってことで、今日はもう帰ろうか?」

善子「そうね、それじゃあそろそろお暇するわ」


ルビィ「え……?帰っちゃうの……?」

ルビィ「ルビィはまだまだ気持ちよくなりたい……な」クパァ...♡

花丸「っ」ゴクリ...

善子「……」ゴク...



ムクムク♡



善子「し、仕方ないわね♡」

花丸「これもルビィちゃんの為、もう少し頑張るずら♡」



ルビィ「……………………あはっ♡」


───────
─────
───



135: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:15:03.44 ID:sismaKMA.net

ルビィ「けほっ……うぅ……」

ルビィ「季節外れなのに風邪をひいちゃうなんて」ポチポチ



花丸『ルビィちゃんがいない間のノートはマル達に任せてゆっくり休んでね』


善子『しっかり休んで次に会うときは元気な顔を見せなさいよ』


ダイヤ『わかっているとは思いますが安静にしてないと駄目ですわよ?』



ルビィ「はぁ……」

ルビィ「みんなに会えなくてつまんないなぁ……」ウト...ウト...



136: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:15:31.26 ID:sismaKMA.net

ルビィ「すぅ……すぅ……」スヤスヤ

「もう熱はなさそうだね」ピト


ルビィ「んん……?」パチ...

曜「あ……ごめん、起こしちゃったかな」

ルビィ「……あれ?曜さん?」ボー


曜「お見舞い、迷惑かなって思ったんだけど」

曜「ダイヤさんに聞いたらルビィちゃんも喜ぶだろうからって、お邪魔じゃなかった?」


ルビィ「邪魔だなんてとんでもないです」

ルビィ「来てくれてありがとうございます」ニコ

曜「あはは……///」カワイイ...



137: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:15:58.54 ID:sismaKMA.net

曜「そうだ!お土産にプリン買ってきたんだけど食べれそう?」ジャーン

ルビィ「はい、食欲もありますしプリンなら重くもないので」モゾモゾ


曜「よかった、じゃあどうぞ」ハイッ

ルビィ「え……」

曜「?」

ルビィ「食べさせて……くれないんですか?」

曜「あっ!ああ、そういう……ごめんね、気が回らなかったよ」ペリペリ


曜「はい、あ~ん」スッ

ルビィ「あ~ん」パク


ルビィ「……」モグモグ...ゴクン

ルビィ「おいしいです♡」


曜「それはよかった、はい」アーン

ルビィ「あ~ん」パク

曜「ふふっ」



138: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:16:26.15 ID:sismaKMA.net

ルビィ「ごちそうさまでした」

曜「うん、食欲もあるし熱ももうないみたいだし、明日には出てこれそうだね」


ルビィ「あの、曜さん、改めて言いますけどお見舞いに来てくれてありがとうございます」

曜「お礼なんていいから、私がルビィちゃんに会いたかっただけだからさ」


ルビィ「えっ……///」ドキン


曜「あっ……いや、今のは……」アセアセ

ルビィ「……………………」ドキドキ

曜「なんていうか……あはは……」


ルビィ(ルビィに会いたくて来てくれたんだ……うれしい、すごく胸がドキドキする……)

曜「変な意味じゃないんだよ?今頃ルビィちゃんは何してるのかな~って!」

ルビィ「……………………」ドキドキ♡


曜「でも元気そうでよかった!明日は練習一緒に頑張ろうね!」

ルビィ(前から曜さんといると感じることのあったこの気持ち、きっと……この気持ちは……///)



139: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:16:55.05 ID:sismaKMA.net

曜「じゃあ、そろそろ帰ろうかな!」ササッ

ルビィ「待って!」


曜「っ!?ルビィちゃん?」

ルビィ「あの、もしかしたら風邪を移しちゃって迷惑をかけるかもしれないですけど」



ルビィ「帰る前に、最後に、ちゅってしてください……」

曜「…………」

ルビィ「…………///」カァー



曜「ふふっ」

曜「いつもは『してもいいですか?』なのに今日は『してください』なんだね」

ルビィ「……いけませんか?」

曜「そんなことないよ、でも顔を赤くしてお願いするルビィちゃんが新鮮で可愛いなって思う」


ルビィ「かわ……///」プシュー

ルビィ「見ないでください!」バサッ


曜「布団で顔を覆っちゃったらキスできないけどいいの?」クスクス

ルビィ「…………いじわる」パサ...



140: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:17:24.05 ID:sismaKMA.net

曜(今日のルビィちゃん、乙女みたいな反応で本当に可愛い……///)


曜「目を閉じて?」

ルビィ「はい……」スッ


曜「いい子だね」ナデナデ

ルビィ「ん///」ピク...



チュ♡



ルビィ(胸の中があったかくて、ドキドキが止まらなくて……これが、幸せって気持ちなの?///)


曜「…………」レロォ...

ルビィ「!?」ビクゥ

ルビィ「も、もういいです!」グイー


曜「どうしたの?」

ルビィ「あの!そこまですると本当に移しちゃうかもしれないですから!///」ドキドキ


曜「ん~?」ジー

ルビィ「///」メソラシ...

曜「もしかして……恥ずかしがってる?」



141: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:17:53.19 ID:sismaKMA.net

ルビィ「っ!」ビクッ

曜「ふ~ん」ニヤ



曜「私のファーストキスを奪ったその日の内に舌を絡めるようなことしたり」

ルビィ「~~~///」


曜「ヨダレもいっぱい口に流し込んで飲ませたりしてきたルビィちゃんが」

ルビィ「うぅ……///」


曜「今更舌を入れようとしただけで恥ずかしがっちゃうんだね?」

ルビィ「言わないでください……///」ウルウル...



曜「……」ゾクゾク

曜(なにこれ……なにこれ!)

曜(すごく可愛い!いや、いつものルビィちゃんが可愛くないってわけじゃないけど)

曜(……でも、どうして急に?)



142: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:18:32.55 ID:sismaKMA.net

曜「ごめんね、からかいすぎちゃった」

ルビィ「いえ……気にしてないです」


曜「そう?それにしても今日のルビィちゃんはいつもと雰囲気がずいぶん違うね」

ルビィ「…………こんなルビィは、おかしいですか?」


曜「え?いやいや、全然おかしくないよ、それにさっきも言ったけどすごく可愛い!」

ルビィ「…………ありがとうございます///」カァー

曜「……」キュンキュン


曜(マズい、恥ずかしがるルビィちゃんを押さえつけて無理矢理いろんなことがしたい)

曜(ルビィちゃんが私に色々なことをしてきたのもこういう気持ちだったからなのかも)

曜(抑えが効かなくなる前に退散しよう……)


曜「えっと……今度こそ帰ろうかな、ルビィちゃんお大事ね」

ルビィ「はい、今日はありがとうございました」

曜「じゃあ、またね」フリフリ


ルビィ「あの!」

曜「?」

ルビィ「明日、学校で会いましょう」

曜「ルビィちゃん……うん、約束だよ!」


───────
─────
───



143: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:19:09.75 ID:sismaKMA.net

ルビィ「あ~……」



曜『そんなことないよ、でも顔を赤くしてお願いするルビィちゃんが新鮮で可愛いなって思う』

曜『え?いやいや、全然おかしくないよ、それにさっきも言ったけどすごく可愛い!』



ルビィ「…………」ドキドキ

ルビィ(最初はルビィがえっちなことでからかうとオロオロする曜さんを見るのが楽しいからだと思ってた)

ルビィ(楽しいから……それで胸がドキドキするんだなって)

ルビィ(だけど違うって気付いちゃった……ルビィは……)



善子『……いい、それ以上聞きたくない』

ルビィ『うふふ♡善子ちゃん、ヤキモチ焼いちゃった?』ニコー♡


善子『そうよ、貴女が他の女と触れ合ってるなんて我慢ならないの』

善子『ねぇ、いい加減私だけのものになってよ!』


ルビィ『あはっ♡その気持ちは嬉しいけれど……』

ルビィ『ルビィは誰のものにもならないんだぁ♡』クスクス...♡



ルビィ(よっちゃんにはあんなこと言ったのにね……)

ルビィ(ごめんね、よっちゃん……ルビィ、ルビィは……)

ルビィ「ルビィは曜さんのことが好き……曜さんのものになりたいんだぁ……」


───────
─────
───



145: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:20:43.85 ID:sismaKMA.net

ルビィ「……」ボー

ルビィ「曜さん……」

ルビィ「…………」



ホワンホワン



ルビィ『すみません曜さん、待ちましたか?』

曜『大丈夫、今来たところだよ、さあルビィちゃんの見たがってた映画を見に行こうか』

ルビィ『はい♪』



ルビィ「エヘヘ……///」



ホワンホワン



曜『ルビィちゃん』

ルビィ『あっ……』

曜『目、閉じて』

ルビィ『…………はい』スッ...



ルビィ「きゃーーー!///」ゴロゴロ



ホワンホワン



ルビィ『きゃっ!』ドサッ

曜『ルビィちゃん……』

ルビィ『よ、曜さん……?』

曜『欲しいんだ……ルビィちゃんの全てが』ギシッ...



ルビィ「~~~///」ジタバタ‼︎



146: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:21:15.27 ID:sismaKMA.net

ルビィ「はぁ……はぁ……」

ルビィ「……今までキスもえっちも普通にしてきてたのに」

ルビィ「どうして想像するだけでこんなになっちゃうんだろう……?」


ルビィ「これが恋する乙女、ってことなのかな……」

ルビィ「乙女……エヘヘ、ルビィはもう乙女なんて言えないくらいに汚れちゃってるけど」


ルビィ「それでも曜さんの恋人になりたい……過去に戻ることはできないけど」

ルビィ「せめて今できることをしてから、そうしてから告白しよう」

ルビィ「そうと決まれば……」


───────
─────
───



147: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:21:42.11 ID:sismaKMA.net

コンコンコン


ダイヤ「どうぞ」


スーッ


ルビィ「お姉ちゃん、お話があるんだけど……」

ダイヤ「話?なんですの?」


果南「こんにちは、ルビィ」

鞠莉「ダイヤに相談?ダイヤだけじゃなくて私達も頼っていいのよ?」

ルビィ「ちょうどよかった、果南さんと鞠莉さんにも聞いてほしいんだぁ」

ダイかなまり「「「三人に?」」」


ルビィ「はい」

ルビィ「実は……果南さんと鞠莉さん、二人とえっちするのはもうやめます」


ダイヤ「え……」

鞠莉「あら、突然ね」

果南「理由、聞いてもいいかな?」



148: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:22:10.54 ID:sismaKMA.net

ルビィ「あの……その……す、好きな人ができたので……///」ボソボソ

ルビィ「その人に想いを伝える前にこの関係を全部終わらせようって///」


鞠莉「へ~、ルビィに想い人とはね」

果南「その好きな人が誰かは聞いてもいいのかな?」

ルビィ「それは……ちょっと///」テレテレ

果南(反応がかわいい……)


鞠莉「ちょっと果南!野暮なこと聞いちゃダメじゃない!」

ルビィ「鞠莉さん」パァ


果南「そうだよね、ごめん」

鞠莉「わかればよろしい、それで誰なの?」

ルビィ「えぇっ!?」


果南「ちょっと、鞠莉!私への注意はなんだったのさ!」

鞠莉「イッツアジョーク、ルビィちょっと」チョイチョイ


ルビィ「なんですか?」トコトコ

鞠莉「耳を貸してね」

鞠莉「曜でしょ?」ゴニョゴニョ

ルビィ「!?///」



149: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:22:44.63 ID:sismaKMA.net

鞠莉「その反応はビンゴね」

ルビィ「え?え!?なんで!?///」


鞠莉「ルビィってばホットな視線をよく送ってたの気付いてなかったの?」

ルビィ「うそ……そうなんですか?」


鞠莉「自覚なしだったのね、前から練習中にチラチラ見てることが多いな~とは思ってたのよ」

鞠莉「だけど、お手本にしてるのかなって思って気にしてなかったけど」

鞠莉「今日の話を聞いてそういうことだったのねってわかったわ」


ルビィ「…………恥ずかしい///」モジモジ

鞠莉「私以外にもルビィのことをよく見てる人がいたら気付いてるかもしれないわね」


果南「一人で納得してないで私にも教えてよ」

ダイヤ「そうですわ!一体誰ですの!ルビィのことを誑かした人間は!」

鞠莉「ハイハイ、ダイヤはちょっと落ち着こうね~」


鞠莉「誰かは近いうちにわかると思うから」

鞠莉(ルビィが曜を見ていたように曜もルビィのことをよく見てた、あれは脈アリね)



150: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:23:22.60 ID:sismaKMA.net

果南「そうなの?」

鞠莉「オフコース!」

ダイヤ「しかし……」


鞠莉「それよりも、本題は別にあるよね?」

ダイヤ「そうでしたわ……ルビィの主張はもっとも、ですが……」

果南「いいんじゃない?ルビィの望むようにしてさ」

ダイヤ「果南さん!?」


果南「それよりこれまで付き合ってくれたことに感謝しないと、そうだよね?鞠莉」

鞠莉「そうね……今までありがとう、ルビィ」

ダイヤ「鞠莉さんまで!?」


ルビィ「お姉ちゃん……」

ダイヤ「ルビィ……お姉ちゃんを助けてくれるのよね?」


ルビィ「…………」ジー

ダイヤ「…………」ゴクリ...

ルビィ「…………」ニコ♡


ダイヤ「ルビィ!」パァ

ルビィ「…………」フルフル


ルビィ「ルビィ、これからは恋に生きるの」

ダイヤ「な゛っ!?」

ルビィ「ルビィがいないと大変だと思うけど頑張ってね」スタスタ

ダイヤ「嘘ですわよね!?」


ルビィ「じゃあね♡」フリフリ



151: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:24:06.08 ID:sismaKMA.net

パタン



ダイヤ「嗚呼、ルビィ……」ヘナヘナ...

鞠莉「情けないわね~、妹のルビィが変わろうとしてるのに姉はこの有様で」

果南「……私達も前に進むときが来たのかも」

ダイヤ「果南さん?」


果南「鞠莉……もう三人でするのはやめよう?今度はダイヤじゃなくて私達が努力する番だよ」

鞠莉「果南……」


果南「またお互いに嫉妬するなんてことがないよう気持ちをコントロール出来るようにさ、ね?」

鞠莉「そうね、それくらいのことはやってのけないとルビィに笑われちゃうわ」

ダイヤ「果南さん、鞠莉さん」パァッ


果南「だけど……」グイッ

ダイヤ「え……」ドサッ


鞠莉「今日は……」プチ...プチ...

ダイヤ「えぇ……?」スッポンポン


かなまり「「3Pし納めってことで、全力でダイヤを堪能させてもらうよ」」ニヤ♡

ダイヤ「えええぇぇぇっっっ!?!?」



マ、マリサンオヤメナサイ‼︎カナンサンモ‼︎

イヤヨイヤヨモスキノウチー♡

マアマア、ダイヤオチツイテ

オチツイテナンテイラレマセンワ‼︎



ルビィ「……………………」クスッ

ルビィ「心配しなくていいみたい」


───────
─────
───



152: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:24:36.96 ID:sismaKMA.net

ルビィ「…………」ポチポチ


ルビィ『お話があるので屋上で待ってます』


ルビィ「これでよし、と」

ルビィ「うまくいくといいんだけど……」



153: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:25:01.98 ID:sismaKMA.net

バタン...



ルビィ(…………きた)


「こんなところまで呼び出して、そんなに重要な話なのかしら?」

ルビィ「うん……」

ルビィ「とても大事なお話だよ」


善子「…………」

ルビィ「よっちゃん」


善子「ふぅん、まぁ聞いてあげてもいいけど、先に教えて」

善子「私にとってそれは良い話?それとも悪い話?」


ルビィ「…………悪いお話、だと思う」

善子「……………………そう」



154: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:25:28.89 ID:sismaKMA.net

ルビィ「………………」

善子「話して」

ルビィ「…………うん」


ルビィ「あのね、ルビィ好きな人ができたの」

善子「っ」

ルビィ「……だからよっちゃんとは今まで通りの関係ではいられないんだ」


善子「そんなことだろうと思った……」ボソッ


ルビィ「ごめんね?いきなりで」

善子「誰……って聞くまでもないわよね」



善子「曜さん、でしょ?」

ルビィ「……ルビィ、そんなにわかりやすいかな?」



155: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:25:55.68 ID:sismaKMA.net

善子「はぁ……」

善子「好きな人のことなのよ?わからないわけないじゃない」

ルビィ「好きな……ひと?」


善子「……なによ、不思議そうな顔して」

善子「まさか、私がルビィの身体だけが目当てだと思ってたんじゃないでしょうね?」ジト...



ルビィ「えっと……違うの?」

善子「呆れた……」


善子「あのねぇ、身体目当てなら相手が他の誰と何してようが興味なんてないし」

善子「嫉妬して独り占めしたいなんて思うわけないでしょ?」


ルビィ「……………………」



156: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:26:26.14 ID:sismaKMA.net

善子「でも、ルビィがそんな風に思ってたなら、いっそそういう関係もいいかもね」ツカツカ

ルビィ「よっちゃん?」



ドン



ルビィ「っ!?」ビク

善子「我慢、できるの?」

ルビィ「え……?」


善子「仮に曜さんとうまくいったとしても……」

善子「あれだけ性に奔放だったルビィが曜さん一人で我慢できるの?」

ルビィ「それは……我慢するよ」


善子「どうだか」クイ

ルビィ「だめ……」


善子「このヨハネがルビィの性欲を受け止めてあげるから」

ルビィ「いや……」


善子「リトルデーモンに奉仕するなんて滅多にない、とても名誉なことなのよ」

善子「新しい契約、結びましょう?」

ルビィ「ダメッ!」ドンッ‼︎



157: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:26:57.26 ID:sismaKMA.net

善子「っ!」ヨロッ

ルビィ「…………」ハァハァ


ルビィ「だめだよ……これ以上したらよっちゃんのこと嫌いになっちゃう」

善子「私の色々な初めては一方的に奪っていったのに随分な言い草ね」

ルビィ「…………ごめん」


善子「……………………行きなさいよ」

善子「主に逆らった貴女はヨハネのリトルデーモンとしての資格を失った」

善子「何処へでも好きなところに行けばいいじゃない」



ルビィ「よっちゃん……本当にごめんなさい、それとありがとう」タッタッタッ



バタン



158: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:27:30.87 ID:sismaKMA.net

善子「………………」グス...

善子「……」ゴシゴシ


善子「幸せになりなさいなんて絶対に言わない……」

善子「それにこれで諦めたわけじゃないのよ?」

善子「もし曜さんがルビィを奪える隙を見せたら掻っ攫ってやるんだから」



善子「それが堕天使……ヨハネなの」



───────
─────
───



159: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:28:04.95 ID:sismaKMA.net

ルビィ「…………」トボトボ



善子『あのねぇ、身体目当てなら相手が誰と何してようが関係ないし』

善子『嫉妬して独り占めしたいなんて思うわけないでしょ?』



ルビィ「全員がそうだとは限らないけど」

ルビィ「もしかしたらマルちゃんも……」



160: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:28:30.01 ID:sismaKMA.net

ガラッ



花丸「…………」ペラ...ペラ...

ルビィ(やっぱり図書室……いた)


ルビィ「……マルちゃん」

花丸「あれ?本でも借りにきたの?」


ルビィ「ううん、マルちゃんにお話があってきたの」

花丸「うん、聞かせてもらえるかな?」


ルビィ「ルビィね、もうマルちゃんとはえっちなことできないの」

花丸「そっか」


花丸「理由、教えてもらってもいい?」



161: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:29:00.37 ID:sismaKMA.net

ルビィ「うん」


ルビィ「ルビィね、好きな人ができたんだぁ」

ルビィ「だからその人以外とそういうことはしないって決めたの」


花丸「……ルビィちゃんはマルのこと、好きじゃなかったんだね」

ルビィ「そ、そんなことないよ!」

ルビィ「マルちゃんはルビィの大事なお友達!大好きだよ!」

花丸「……」ジー

ルビィ「……だけど、マルちゃんへの好きとその人への好きは違ってて」

花丸「…………」ジー


ルビィ「だから……マルちゃん、その……」

花丸「…………くすっ」


ルビィ「?」

花丸「ごめんね、からかってみただけずら」



162: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:29:30.17 ID:sismaKMA.net

ルビィ「え?」

花丸「マルもルビィちゃんのことは好きだけど、やっぱり友達としての好き」

花丸「だから……ルビィちゃんと気持ちいいことができなくなるのは残念だけど」

花丸「応援……してる……よ?」


ルビィ「マルちゃん……ありがとう!ルビィ、頑張るね!」

花丸「うん……」


ルビィ「じゃあ、もう行くね?」タッタッ

花丸「待って!」

ルビィ「!?」ピタッ

ルビィ「なぁに?」クル


花丸「もし……もしもだよ……?」

花丸「もしもマルとルビィちゃんがもっと早くに出会えてたら……」


花丸「そんなことがあったら、今とは違う関係になれてたのかな?」



163: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:30:01.46 ID:sismaKMA.net

ルビィ「…………どうなんだろう、そんなこと考えたこともなかったから」

花丸「……………………」


ルビィ「だけど、うん、そうだったら隣を一緒に歩いてるのはマルちゃんなんだって……」

ルビィ「そんな未来になってたかもしれないかな」


花丸「…………そっか、うん」

花丸(それが聞けただけで満足かな)

花丸「引き止めてごめんね、もう行っていいよ」

ルビィ「うん、じゃあね」


花丸「そうだ」

花丸「ルビィちゃん、曜さんとお幸せにね」


ルビィ「マルちゃん……うん!」タッタッタッ



ガラッ



164: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:30:31.44 ID:sismaKMA.net

花丸「ルビィちゃんったら読んでる途中で邪魔するんだから」

花丸「全く、困っちゃうずら」クスッ


花丸「ふふ……」ペラ...ペラ...

花丸「…………文字が……よく見えないな」ポロポロ...


───────
─────
───



165: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:31:07.13 ID:sismaKMA.net

~放課後、屋上~



曜「ルビィちゃんごめん、待ったかな?」

ルビィ「いえ、大丈夫です」

曜「そう?」


ルビィ「……………………」

曜「それで、何のよう──」

ルビィ「ルビィ達の関係、ちょっと前とは随分変わっちゃいましたよね」

曜「?」


ルビィ「先輩と後輩、同じグループの仲間」

ルビィ「そんなごく普通の関係だったのに……」



ルビィ「ルビィが崩した」

曜「…………」



166: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:31:38.42 ID:sismaKMA.net

ルビィ「ルビィがキモチイイことが好きだから……曜さんともそういうことをしたいって……」

ルビィ「そう考えて、曜さんに迫りました///」

曜「そう……だね、それで今の関係が始まったよね」


ルビィ「はい……最初こそ無理矢理だったけど、曜さんもルビィに応えてくれて」

ルビィ「これで曜さんもマルちゃんやよっちゃんみたいにルビィにキモチイイを与えてくれる」

曜「っ」ズキ...


ルビィ「そういう人になってくれるんだと思って……」

ルビィ「思ってたんですけど……」

曜「…………」



ルビィ「曜さんはキ、キスだけはすぐに受け入れてくれたけど///」

ルビィ「そ、その先はガードが固かったですね……それ以上のことができたのは、その……一回だけ///」

曜「うん……///」


ルビィ「それもルビィからスルだけで、曜さんはルビィの身体には触れもしない///」

曜「うん……///」


ルビィ「……うん、ばっかりですね」クスッ



167: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:32:04.76 ID:sismaKMA.net

ルビィ「でも、今にして思えばそこまでで終わってよかったです」


ルビィ「……これから先は曜さんと両想いになってから進みたいから///」ボソ

曜「?」


ルビィ「あのね、曜さんとそういうことをするようになってから」

ルビィ「ルビィにおかしなことが起こり始めたんです」

曜「おかしなことって、どんな?」



ルビィ「…………胸がドキドキって心臓の鼓動が早くなったり」

ルビィ「身体の奥とか顔がカァーって熱くなったり……」


ルビィ「それは曜さんとキスしてる最中に起きたり……」

ルビィ「他にも何気ない会話の最中にも起きたり……」



曜「それって……」

曜(まるでルビィちゃんが私のことを意識してるみたいな……)



168: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:32:33.46 ID:sismaKMA.net

ルビィ「そんなことは今までありませんでした……」

ルビィ「他の人とシテいても気持ちいいと思うことはあっても」

ルビィ「…………そんなことは」


曜「………………………………」


ルビィ「なんでだろうって不思議だったんです」

ルビィ「こんな気持ち、今まで感じたことがなかったから……」


ルビィ「曜さんをえっちなことでからかうのが楽しくて、それでドキドキするのかなって」

ルビィ「そう考えたこともあるけど……」

ルビィ「そうだとしたら会話の中でドキドキする意味がわからない…………」


曜「……確かに、そうだね」



169: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:33:02.96 ID:sismaKMA.net

ルビィ「それならどうしてって、ルビィなりに色々考えて」

ルビィ「一つの答えにたどり着きました」


ルビィ「…………だから、今ならわかります」

曜「教えて……くれる?」


ルビィ「はい……」

ルビィ「ルビィ……ルビィは、曜さんのことが……………………///」ドキドキ

ルビィ(言わないと、曜さんに好きって伝えるんだ!)



ルビィ(…………だけど、もし断られたら?)

ルビィ(そんな誰とでもするようなビッチなんてお断りだよ、なんて)

ルビィ(言われ……ちゃった……ら?)



170: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:33:37.75 ID:sismaKMA.net

ルビィ「っ」ブルッ



ルビィ(………………………………こわい)

ルビィ(そうだよ、どうして?)

ルビィ(どうしてこの瞬間まで断られる可能性があることを考えなかったの?)


ルビィ(どうしよう……目の前が真っ白になる…………)

ルビィ(何を喋ればいいのか…………わからなくなる…………)



ルビィ「……………………」ブルブル

曜「ルビィちゃん」ギュ...

ルビィ「」ハッ


曜「落ち着いて……慌てなくても、ゆっくりでいいから……」

ルビィ「…………はい」ニコ...

ルビィ(曜さんの手、あったかい……震えが収まっていく)



ルビィ「…………曜さん、好きです///」

曜「……………………うん」



171: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:34:07.65 ID:sismaKMA.net

ルビィ「衣装作りをしててルビィが疲れたなってタイミングを逃さず休憩を挟んでくれる優しい曜さんが好き」


ルビィ「ダンスがうまくいかない時に居残り練習に付き合ってくれる後輩思いの曜さんが好き」


ルビィ「飛び込み台に立った時の真剣な表情をしてるカッコいい曜さんが好き」


ルビィ「時々ルビィが思わず赤面しちゃうイケメン?な行動を見せる曜さんが好き」


ルビィ「だけどルビィが迫った時にオロオロして動揺しすぎだよって思っちゃうような曜さんも……かわいくて好き///」



ルビィ「全部、ぜ~んぶがルビィの好きな曜さんです」



172: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:34:39.81 ID:sismaKMA.net

曜「…………ありがとう、ルビィちゃん」


ルビィ「前に曜さんの好きな人は千歌さんか梨子さんなのかなって予想はしたけど……」

曜「そんなこと、言ってたね」


ルビィ「実際には誰なのかわかりません」

曜「…………」


ルビィ「でも!」

曜「っ!?」ビクッ


ルビィ「ルビィの曜さんへの好きって気持ちは」

ルビィ「曜さんが好きな人に向ける気持ちに決して負けないと思っています!」

曜「ルビィちゃん……」


ルビィ「この告白をする前に他の皆との関係は終わらせてきました」

ルビィ「これからは曜さんだけを見つめ続けます」


ルビィ「だから……もし、曜さんが受け入れてくれるなら…………」ブルブル

曜「…………がんばって」ギュッ



ルビィ「ルビィを……………………曜さんの恋人にしてくれませんか?」



173: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:35:15.94 ID:sismaKMA.net

曜「…………ルビィちゃんが色々な人とそういうことをしてるってわかった時」

曜「正直に言うとガッカリした」


ルビィ「っ!」ビク


曜「ルビィちゃんの初めての相手になりたかったなって、そう思うのは悪いこと?」

ルビィ「…………そんなことは、ありません」



174: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:35:52.80 ID:sismaKMA.net

曜「いっそのこと……このままルビィちゃんに溺れて割り切った関係になるのも」

曜「…………それはそれでアリなんじゃないか?」


曜「そう思って葛藤したりもした…………」

ルビィ「……………………」ブルブル



曜「だけど、欲望に負けかけたこともあったけど」

曜「最後までスルのは……それだけは駄目なんだって」

曜「自分に言い聞かせて、最後の一線だけは守ることができたんだ」

曜「それは…………ルビィちゃんを恋人にできたらすることだって」



175: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:36:27.86 ID:sismaKMA.net

ルビィ「曜さん……?」


曜「ごめんね、本当は年上の私から言わないといけないことなのに」

曜「ルビィちゃんが複数の人とそういうことをするって知って」

曜「私だけを見てくれることはないんだって勝手に思い込んでさ」

ルビィ「…………」


曜「ルビィちゃんに飛び込む勇気が持てなくて……」

曜「それならたまに相手をしてくれる、それでいいんだって自分を無理矢理納得させて」



曜「…………ルビィちゃん、好きだよ」

ルビィ「本当……ですか?」ジワ...

曜「うん、嘘なんかじゃない」



176: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:37:33.47 ID:sismaKMA.net

曜「衣装を作ってる時の大変だけど楽しいって想いが伝わる表情をしたルビィちゃんが好き」


曜「アイドルのことで質問すると生き生きとして嬉しそうに語ってくれるルビィちゃんが好き」


曜「飛び込みの練習を見に来てくれた時に演技の感想をわからないなりに言おうと一生懸命頑張るルビィちゃんが好き」


曜「この前のお見舞いで見せた乙女らしい反応ばかりのルビィちゃんも好き」


曜「えっちなことに積極的なルビィちゃんも……好きだよ///」


ルビィ「…………曜さん」ウルウル



曜「ルビィちゃん、私の恋人に……なってくれる?」

ルビィ「……………………」ゴシゴシ



ルビィ「はいっ!」ニコッ


───────
─────
───



177: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:38:08.53 ID:sismaKMA.net

ルビィ「夢みたいです……曜さんの恋人になれるなんて」


曜「それなんだけどさ、恋人同士になったんだから」

曜「話し方を変えてみようよ」

ルビィ「変えるっていうと、どういう風にですか?」


曜「敬語は使わなくていいし、曜さんもやめようか?」

ルビィ「敬語も……さんも……」

ルビィ「……こほんっ」


ルビィ「よ、曜ちゃん、こんな感じでいいのかな?」テレテレ

曜「そうそう、その感じでいってみようね」



曜「ルビィ」



ルビィ「る、るる、ルビィ///!?」ビクン



178: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:38:43.20 ID:sismaKMA.net

曜「あ……駄目だったかな?」シュン...

ルビィ「ダメなんかじゃない!」ブンブン


ルビィ「いきなりでびっくりしちゃっただけだから」

曜「そっか、じゃあこれからよろしくねルビィ」

ルビィ「♡」キュンキュン♡


曜「……いい時間だし、帰ろうか?」

ルビィ「うん!」



曜「ルビィ♡」グイッ

ルビィ「ち、近くないかな?曜ちゃん///」ビクッ



179: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:39:16.14 ID:sismaKMA.net

曜「恋人だもん、肩くらい抱いてもいいよね?」

ルビィ「い、いいけどぉ……///」


曜「ふふっ、ルビィは本当に可愛いね」ボソッ

ルビィ「~~~~//////」カァー


ルビィ「からかわないでよ!曜ちゃん!///」

曜「えへへっ、今までの分があるからどうしようかな~」ニヤニヤ

ルビィ「むぅ~」プクー


曜「あははっ」

ルビィ「…………エヘヘ」



曜「……次の休みは遊びに行かない?」

ルビィ「えっと……予定はないし大丈夫」

曜「それじゃあ休みは二人でデートだ」

ルビィ「デート!?///」


曜「そうだよ、恋人が一緒に遊びに行く、これってデートだよね」

ルビィ「言われてみれば確かに……」



曜「これからはさ、普通の恋人らしい過ごし方をしようね、ルビィ」ニカッ

ルビィ「曜ちゃん……うんっ!」ニコッ



180: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:39:55.78 ID:sismaKMA.net

ルビィ(ここまでルビィは普通の人は近寄りもしないイケナイ道を歩んできたけど)

ルビィ(巡り巡って今日という日に繋がるのならそれも悪いことだけじゃなかったのかな?)

ルビィ(なんて思ったりもして……)



曜「ん?どうかした?」

ルビィ「なんでもないよ」フルフル

ルビィ「…………あ、なんでもないこともなかった」


曜「え~?なんなの?」

ルビィ「あのね……」



ルビィ「曜ちゃん、だいすきっ♡」



181: 名無しで叶える物語 2017/06/06(火) 17:40:36.32 ID:sismaKMA.net

これで終わりです


元スレ
ルビィ「曜さん♡」曜「ち、近くないかな?ルビィちゃん」
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1496732022/