1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/07(月) 18:45:08.47 ID:XW76JuHNO

佐天「御坂さん御坂さん!こっち見て下さい!」

美琴「?」

佐天「…」ジッ

美琴「な、なに…」

佐天「あ…まだ動かないで下さいね…はい、おっけーです!」

美琴「?」

佐天(かかった…!)ペロッ

美琴「??」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/07(月) 19:03:58.81 ID:XW76JuHNO

佐天「…御坂さん…キス…してもいいですか?」

美琴「さ、佐天さん!?な、何言って…女の子同士でそんな…んっ!?」チュウ

佐天「ん…あむ…れろ…」

美琴「んっ…んんっ!!」

佐天「ん…ぷは…あはは、奪っちゃいましたよ?御坂さんの唇♪」

美琴「~っ!」

―――――
―――


美琴「はぁっ!!」ガバッ

美琴「はぁっ…はぁっ…なんで…佐天さんが…あんな…」

美琴「…」カァッ

美琴「~っ」ジタバタ



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/07(月) 19:17:20.51 ID:XW76JuHNO

―――――――――

黒子「お姉様、今日は初春と佐天さんと遊びに行く日ですわね…わたくしも久々に休みが取れましたの…全く…人使いが荒くて大変ですの」

美琴「う、うん…」

黒子「…お姉様?」

美琴「な、なんでもないから!」

黒子「?」

美琴(うぅ…佐天さんにどんな顔で会えばいいのよ…)



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/07(月) 19:26:03.52 ID:XW76JuHNO

――――――――
初春「あ、白井さーん!御坂さーん!こっちですよーぅ!」フリフリ

黒子「はぁ…初春、はしゃぎすぎですの」

美琴「…」

黒子「ん…初春、佐天さんはご一緒でなくて?」

初春「佐天さんはちょっと遅れてくるそうです!」

美琴「!」ホッ



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/07(月) 19:35:47.23 ID:XW76JuHNO

「う―い―は―るぅ!!」バッ

初春「ひあぁぁっ!?」ビクゥッ

佐天「あはは、しましま~」

美琴「!」

初春「さささ、佐天さん!人前でスカートめくるのやめて下さいよぅ!!」プンスカ

黒子「全く…あの二人は…相変わらずですわね…ねぇ、お姉様?」

美琴「…へ…?あ、あぁ…そ、そうね…あはは…はは…」

黒子「…」

黒子(…おかしいですわね…)



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/07(月) 19:52:03.90 ID:XW76JuHNO

佐天「御坂さんと白井さんもこんにちは~」

美琴「こ、こんにちは…」

黒子「御機嫌よう」

佐天「…」チラッ

美琴「!」ドキッ

佐天「…」ニコッ

美琴「!!」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/07(月) 21:03:10.76 ID:XW76JuHNO

佐天「どうしました?御坂さん、ちょっと顔が赤いような…」スッ

美琴「な、なんでもないから!ホントになんでもないから!」アタフタ

佐天「んー、そうですか?」ピト

美琴「ひゃっ」

黒子「な、何をなさってますの!?」

佐天「熱は…無いみたいですね」

美琴(ち、近い…!顔が…佐天さんの…唇が…)ドキドキ

佐天「あはは、無理しちゃダメですよー?」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/07(月) 21:10:19.16 ID:XW76JuHNO

美琴「ぁ…」ドキドキ

佐天「…今夜も楽しみにしてて下さいね?」ボソッ

美琴「っ!?」

佐天「ふふっ」ニヤニヤ

美琴「さ、佐天さ…それってどういう…」

佐天「さ、行きましょうか!私、服を見に行きたいのでいいですか?」

黒子「まぁ…構いませんの」

黒子(…耳打ち…何を話していたのやら…)

初春「わーい」

美琴(…どういう意味…なの…?)



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/07(月) 21:23:51.79 ID:XW76JuHNO

―――――――――

初春「楽しかったですね~♪特に今日は久々のお休みだったので良かったですよ~」

黒子「初春、気を緩めてはいけませんの、明日からまたお仕事ですの…」

佐天「またこういう機会があればいいですねー、ね、御坂さん?」

美琴「へっ!?あ、あぁ…そうね」

黒子「お姉様、何か今日は調子がいつもと少々違うというか…わたくし心配ですの」ギュッ

美琴「って、ナチュラルに抱き付くな!!」ビリッ

黒子「あふんっ!!それでこそいつものお姉様ぁっ!!!」

美琴「はぁっ…もうっ!馬鹿やってないで帰るわよ、黒子!」

美琴(…やっぱ…意識しちゃってた…かな…)



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/07(月) 21:32:12.23 ID:XW76JuHNO

初春「相変わらずですね~」

佐天「そだね、まぁ二人らしいっていうか」

黒子「お姉様ぁ…も、もっと…」ビクンビクン

初春「うわぁ…」

美琴「うっとうしい!ほら、早く帰らないと門限あるんだから!」

黒子「うふ、うふふ…いっそこのまま二人で逃避行を…」

美琴「怒るわよ?」

黒子「あふん」

佐天「あ、そうだ御坂さん」

美琴「何?」

佐天「…」ジッ

美琴(ま…また…)

佐天「ん、おやすみなさい」ニコッ

美琴「あ…う、うん」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/07(月) 21:51:48.30 ID:XW76JuHNO

―――――――――

美琴「はぁ…」ポフッ

美琴(…変よね…やっぱり…意識しちゃってる…佐天さんのこと…)

美琴(…あんな夢見たからかな…佐天さんとあたしが…キス…して)

美琴「~~~っ」カァッ

美琴「…おかしくなりそうだよぉ…」ドキドキ

黒子「何がおかしくなりそうなんですの?」

美琴「ひっ!?なんでもないっ!あ、アンタも早く寝なさいよ!」

黒子「わたくしは少々やらなければならないことがあるのでお姉様はお先におやすみくださいまし」

美琴「あ、そ…じゃあおやすみね…」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/07(月) 21:57:38.93 ID:XW76JuHNO

―――――
―――


佐天「えへへ、また来ちゃいました、御坂さん…」

美琴「佐天…さん…」

佐天「約束しましたからねー…さ、やりましょうか」

美琴「な、何を?」ドキドキ

佐天「やだなぁ…白々しいですよー、わかってるでしょう?続きですよ、つ、づ、き」

美琴「!」



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/07(月) 22:05:10.14 ID:XW76JuHNO

佐天「あはは、期待してました?」

美琴「ばっ…そんなわけっ…!」

佐天「ま、いいんですけどねー…御坂さんに拒否権は無いので」

美琴「何よ…それ…」

佐天「抵抗できませんから…ん…」チュウ

美琴「んっ!んっ…ふっ…」

佐天「ん…んむ…」モミッ

美琴「んんっ!?」ビクッ



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/07(月) 22:50:20.70 ID:XW76JuHNO

佐天「ん…ふ…れろ…ちゅ…」ムニムニ

美琴「んっ…く…ぅ…ん…」ピクン

佐天「はぁ…御坂さん…かわいい」

美琴「はぁっ…はぁっ…はぁっ…んっ…ぁ…」

佐天「あはは、胸、柔らかいですね…ちっちゃいけど」ツンッ

美琴「ひぁっ!」ビクッ

佐天「感度が良いですね」

美琴「や…ぁ…」




64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/07(月) 22:59:20.18 ID:XW76JuHNO

佐天「あはは、かわいいです、苛めたくなっちゃいますよ…」クニッ

美琴「んぁっ!だ…めぇ…」

佐天「そんなこと言って期待してるんじゃないですかぁ?その証拠に…下の方は…」スル

美琴「や…ぁ…佐天さ…」

美琴「だめ…そこは…」





―――――
―――


美琴「そこは…だめぇっ!!」ガバッ

美琴「あっ…ゆ、夢!?そんな…また…」



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/07(月) 23:11:48.05 ID:XW76JuHNO

美琴「嘘よ…絶対…嘘…だって…」

美琴「私が…佐天さんと…あんなこと…」

美琴「うぅ…」

美琴「佐天…さん…」クチュッ

美琴「んっ…濡れちゃってるよぉ…」ネト…

美琴「はぁ…はぁ…あんなとこで目が覚めちゃうから…んっ…くぅんっ!」クニクニ





68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/07(月) 23:23:33.00 ID:XW76JuHNO

美琴「あっ…ぁ…ダメ…黒子が…起きちゃ…ふぁっ…」クチュクチュ

美琴「でもっ…んっ…あっ…佐天さ…佐天さんっ!」

美琴「はっ…ぁ…んぁっ!」

美琴「~~~っ!」ビクンッ

美琴「はぁっ…はぁっ…」





美琴(…あたし…最低だ…)

美琴(…友達で…こんなことして…)

美琴「…友達失格だよ…」ボソッ



135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/08(火) 13:11:31.97 ID:dWbs9uv3O

―――――――――

美琴「はぁ…」

黒子「どうなさいましたの、お姉様?…ここ数日そのような調子では…黒子は心配ですの」

美琴「…ごめん…だいじょぶだから…」

黒子「謝らないで下さいまし…わたくしではお力になれませんの?」

美琴「…ごめん…」

黒子「お姉様…」



138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/08(火) 13:27:56.48 ID:dWbs9uv3O

チャララ~♪

美琴「あ…携帯…」パカッ

美琴「さ、佐天さん!?」ポチ


from:佐天さん

件名:おはようございます!

本文:突然ですけど今日時間空いてますか?
少し二人で話したいことがあるので…

もしよかったらいつもの喫茶店で会いましょうね~



美琴「…ど…どうしよう…断るのも変だし…でも…」

黒子「佐天さんからですの?」

美琴「!」ビクゥッ

美琴「えと、…アンタには関係無いわよ、うん…あはは」

黒子「…」



139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/08(火) 13:36:57.26 ID:dWbs9uv3O

―――――――――

美琴「結局来ちゃった…」

美琴「…平常心…平常心…」ドキドキ

佐天「みっさかさーん!」ポン

美琴「ひゃあぁっ!?」ビクゥッ

佐天「わっ、ビックリしたぁ…あはは、驚きすぎですよー」

美琴「ご、ごめんね…いきなりだったからつい…」

佐天「…かわいい…」ボソッ

美琴「へっ!?佐天さん…今何て…」

佐天「ん、何がですか?さ、中に入りましょうよ!」

美琴「う、うん…」ドキドキ



142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/08(火) 13:43:13.72 ID:dWbs9uv3O

佐天「御坂さん何食べます?」

美琴「あ、じゃあこの苺ショートケーキと…紅茶を」

佐天「私は何にしよっかなー♪」

美琴「…あの…」

佐天「ん?」ニコッ

美琴「っ!」バッ

美琴(ダメ…やっぱり…顔会わせらんない…)カァッ



148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/08(火) 13:55:26.25 ID:dWbs9uv3O

美琴「あの…その…話って…」

佐天「よし!…すいませーん!苺のショートケーキ1つと、この春限定季節のフルーツショートケーキっての1つと紅茶2つお願いしまーす!」

店員「かしこまりました、少々お待ち下さい」

佐天「あはは、限定って言葉に弱いんですよねー、私」

美琴「そ、そうなんだ…」

美琴「それで…その…話って…」

佐天「…間違ってたらすいません…その…御坂さん、最近悩みごとあるんじゃないかなって…」

美琴「!」



149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/08(火) 14:05:34.03 ID:dWbs9uv3O

佐天「…なんか昨日も心ここにあらず、って感じがして…それに今日だってそうですよ…」

美琴「…それは…その…」

佐天「…悩み、聞かせて下さいよ」

美琴「…言えないよ…」

美琴(特に…佐天さんには…絶対…)

店員「お待たせ致しましたー」

佐天「きたっ!…ってアレ?こっちも苺じゃん!!」

佐天「そっかー、春だもんね」



151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/08(火) 14:17:35.93 ID:dWbs9uv3O

佐天「じゃあいただきまーす…もぐ…あ、美味しい!美味しいですよ、これ!」

美琴「ふふっ…よかったじゃない」

佐天「あはは、やっと笑ってくれましたねー」

美琴「えっ…」

佐天「元気になってくれて良かったです」ニコッ

美琴「!」

美琴(…佐天さん…なんで…)ズキ



152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/08(火) 14:28:51.80 ID:dWbs9uv3O

佐天「でも…残念だな…さっきの『言えない』っていうのは…あるって、ことですよね?悩みごと…」

美琴「…」

佐天「私…頼りになりませんよね…やっぱり…あはは…」

美琴(なんで…)ズキズキ

佐天「心配してたんですけどね…余計なお世話だったみたいですね…」ニコッ

美琴(ちがう…ちがう…佐天さんは…悪くない…)ズキズキ

佐天「あ、でも気が変わったら教えて下さいね!いつでも相談にのりますから!」

美琴(…こんな…優しい…こんな…綺麗な…友達を…私…は…)ズキズキ

佐天「それでも役には立てないかもですけどね…あはは」

美琴(…汚しちゃった…)ズキンッ



179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/08(火) 17:53:54.95 ID:dWbs9uv3O

美琴「…めん…」

佐天「え?」

美琴「…ごめ…っく…ごめん…なさ…ひっく…」ポロポロ

佐天「ちょ、ちょっと御坂さん!?」

美琴「ひっく…うぇ…佐天さ…っく…ごめ…ひっく…」ポロポロ

佐天「!」

佐天(あの…御坂さんが…泣いてる…あの…レベル5の御坂さんが…こんな顔…初めて見た…)

佐天(…かわいい…)ゾクゾクッ



180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/08(火) 18:00:53.85 ID:dWbs9uv3O

ザワザワ

佐天(もっと見てたいけど…やば…視線が…)

佐天「…御坂さん…隣、失礼しますね…」スッ

美琴「ひっく…っく…ふぇ…」

佐天「だいじょぶですから、私がいますから」ギュッ

美琴「ぁ…」

佐天「…」ナデナデ

美琴「ふぁ…」

美琴(…佐天さん…すごく落ち着く…)

美琴(…良い匂い…)ポーッ



183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/08(火) 18:11:03.68 ID:dWbs9uv3O

美琴(やだ…私…変なこと考えてる…)ドキドキ

美琴(…佐天さんのこと意識して…だからかな…あんな夢見たの…)ドキドキ

佐天「落ち着きました?」

美琴「…うん…ごめんね…取り乱しちゃって…」

佐天「じゃあ席戻りますね」

美琴「ぁ…だめ…」ギュッ

佐天「えっ?」

美琴「…もうちょっと…側にいてよ…」ギューッ

佐天「っ!」ドキッ

美琴(甘えたいのかな…私…)



188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/08(火) 18:27:08.53 ID:dWbs9uv3O

佐天「あはは…参ったな…」

美琴「…嫌…?」

佐天「嫌じゃないですって!あ…でもケーキ食べられませんよ?紅茶も冷めちゃいますし…」

美琴「…て…」ゴニョゴニョ

佐天「へ?」

美琴「食べ…させて…」カァッ

佐天「~っ!」ドキンッ

佐天(…やばいかも…私…)



196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/08(火) 18:54:32.45 ID:dWbs9uv3O

佐天「い、いきますよ…あ、あーん」

美琴「あーん…ん、おいし」モグ

佐天(可愛いなぁ…この人は…)

佐天「御坂さんのも美味しそうですね、なんて…あはは」

美琴「…」カチャ

美琴「…佐天さん…あーん」

佐天「!」

佐天「は、恥ずかしいですって!」



203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/08(火) 19:03:15.83 ID:dWbs9uv3O

美琴「…そっか…ごめん…」

佐天「食べます!」

美琴「!…はい、あーん」

佐天「んぐ…あ、美味しい」モグ

美琴「えへ…良かったぁ…」

佐天「あぅ…」カァッ

佐天(最初は…いたずらのつもりだったのに…ど、どうしてこうなった…)ドキドキ

佐天(あはは…もう…止めらんないよ…?)



208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/08(火) 19:42:06.71 ID:dWbs9uv3O

佐天「いやー、美味しかったですね」

美琴「うん…」

佐天「また来ましょうね、二人で」

美琴「う、うん!」

佐天「あ、相談もいつでも受付けてますんで!」ビシッ

美琴「あはは…」

美琴(たぶん…それは…言えないけど…)

佐天「あ、最後にいいですか?」

美琴「えっ?」

佐天「見て下さい」ジッ

美琴「あぅ…」モジ

美琴(ま、また…)

佐天「ちゃんと…見て下さい…」ジーッ

美琴「ぁ…ぅ…」カァッ



209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/08(火) 19:43:19.77 ID:dWbs9uv3O

佐天「はい、終わりです!」

美琴「…あの…これって…」ドキドキ

佐天「おまじないですよ」

美琴「?」

佐天「いい夢見れますように、っていうおまじないです!」ニコッ

美琴「ゆ…め…?」

佐天「ふふっ、おやすみなさい」ニコッ

美琴「お、おやすみ」ドキドキ






佐天「…いい夢、見れるといいですね…」ニヤ



215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/08(火) 20:38:52.29 ID:dWbs9uv3O

―――――――――

美琴「…おまじない、か…」ボソッ

美琴「…いい夢…」

美琴「…佐天…さん…」ポーッ

美琴「…見れるといいな…いい…夢…」

―――――
―――




286: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 07:50:50.24 ID:3IjNQgheO

佐天「どーもー」

美琴「佐天…さん…!」

佐天「あはは、今日も来ちゃいました」

美琴「うん…うん…」

佐天「今日は御坂さんにご褒美あげちゃいましょう!」

美琴「!」



288: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 07:54:52.19 ID:3IjNQgheO

美琴「ご褒美って…?」

佐天「御坂さんがしてほしいこと、してあげます」

美琴「!それって…」ドキドキ

佐天「言わなきゃわかりませんよ…?」

美琴「あぅ…その…えと…」カァッ

佐天「ふふん」



289: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 08:00:50.95 ID:3IjNQgheO

美琴「…して…」ボソッ

佐天「…聞こえませんよ…」

美琴「あぅ…その…ギュって…して…ほしい…」カァッ

佐天「へ?」

美琴「…抱き締めて…ほしい…」

佐天「ありゃ…?」



291: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 08:05:50.62 ID:3IjNQgheO

美琴「だめ…かな…?」

佐天「と、とんでもない!…それじゃ…いきますよ?」ギュッ

美琴「ふにゃぁ…」

美琴(やっぱり…落ち着くな…佐天さんの…腕の中…)

佐天「…」

佐天「…これだけでいいんですか?」

美琴「…えっ?…なんで…」



292: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 08:12:46.51 ID:3IjNQgheO

佐天「…あむっ」パクッ

美琴「ひぁっ!?」ビクッ

佐天「んっ…れろ…」ペロペロ

美琴「やっ…ぁ…耳っ…舐めちゃっ…んっ…」

佐天「はむっ…ちゅっ…」レロ

美琴「んっ…くぅっ…さ…てん…さっ…」

佐天「…ん…はぁ…この前の続き…して欲しくないですか…?」ネト…

美琴「はぁ…はぁ…佐天…さん…」ゾクッ



295: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 08:19:25.79 ID:3IjNQgheO

美琴「…したい…よぉ…」

佐天「んー?何をですか?」

美琴「続き…してほしい…」カァッ

佐天「わからないですよ…そんなんじゃ…御坂さんの口からちゃんと言って下さい…」

美琴「…うぅ…佐天さんの…いじわる…」ウルッ

佐天「!」ゾクゾクッ



299: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 08:29:03.25 ID:3IjNQgheO

美琴「…えっち…したい…ちゃんと…最後まで…してほしい…中途半端は…やだよぉ…」カァッ

佐天「…よく言えました」ナデナデ

美琴「ふぁ…」

美琴「…佐天さんは…ずるいよ…」

佐天「…ずるい…ね…あながち間違っては無いね…」

美琴「え?」

佐天「あ、こっちの話だから気にしないでいいですよ…さて…やりましょうか?えっちぃこと」クススス

美琴「~っ!」カァッ



304: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 08:41:58.55 ID:3IjNQgheO

佐天「あはは、じゃ…いきますね…」スッ

美琴「ま、待って!」

佐天「…なんですか?」

美琴「あの…き、キス…して…」

佐天「!」ドキッ

佐天「…全く…どっちがずるいんだか…んっ」チュッ

美琴「んんっ!んっ…れろ…」ニュル

佐天「んっ!?」

佐天(御坂さん…自分から…舌を…!)



308: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 08:51:45.29 ID:3IjNQgheO

佐天「んっ…んんっ!」

美琴「んっ…ふぅっ……ちゅぱっ…ん…」

佐天「…ぷはっ!はぁ…はぁ…少し予想外でした…まさか御坂さんが自分から舌絡めてくるなんて…」

美琴「あぅ…だって…だって…」

佐天「…御坂さんってえっちぃですね」

美琴「~っ!…佐天さんの…せいだから…」

美琴「…あたし…おかしくなっちゃったの…佐天さんのせいだからっ…」カァッ

佐天「!」

佐天(…私も…御坂さんのせいでおかしくなりそうですよ)ゾクッ



310: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 09:14:03.40 ID:3IjNQgheO

佐天「…んっ」チュッ

美琴「っ!?」

美琴(い、いきなり…っ!)

佐天(…仕返し)

佐天「んっ…んむ…」ニュルン

美琴「んんっ!?んっ…んぁ…」

佐天「れろ…んむっ…ちゅ…」

サワッ

美琴「んっ!?」ビクッ

美琴(キスしながら…下の方触られっ…)

美琴「んっ…んんっ…ぷはっ!やっ…佐天さっ…触っちゃ…」

佐天「もー、勝手に口離しちゃダメです…ん」チュウ

美琴「ん~っ!?」

クニッ

美琴「~~~っ!!」ビクンッ



315: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 10:12:46.61 ID:3IjNQgheO

美琴「んぁっ!はぁっ…はぁ…はぁ…」トローン

佐天「ふふっ、今度は直接触ってあげます…」スルッ

美琴「あっ…や…ぁ…」

佐天「…綺麗ですね…あはは、興奮しちゃいます」

美琴「~っ!」カァッ

佐天「…舐めても…いいですよね」

美琴「はっ!?な、舐めっ…!?だめっ…汚っ…ひぅんっ!!」ビクンッ

佐天「れろ…ん…じゅる…」ペロペロ

美琴「あぁっ!く…ぁっ…やっ…いやぁっ…ひっ…」



318: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 10:23:01.28 ID:3IjNQgheO

佐天「んっ…ちゅ…はぁ…おいし…んっ…」レロ

美琴「や…やだぁ…んぁっ!…そんな…こと…ぁっ…言わ…んっ…ないで…」

佐天「んっ…御坂さんってMっぽいですよね…」

美琴「ぁ…えっ…?」

佐天「口では嫌がっててもほら…」ツン

美琴「んぁっ!!」ビクンッ

佐天「しっかりと感じちゃってますしね」

美琴「はぁっ…はぁっ…ちが…ちがうの…」カァッ

佐天「嫌なら止めます…けど…」スリスリ

美琴「ひっ!ぁっ…」ピクッ

佐天「そんなワケないですよねぇ…?」ニヤ

美琴「さ…てん…さん…」ハァハァ



321: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 10:31:17.75 ID:3IjNQgheO

佐天「あはっ」ツプ…

美琴「ひぁっ!?」

佐天「ほら…御坂さんはこんなに簡単に私を受け入れる…」ヌプツ

美琴「あっ…ぁ…ひっ…んぁっ…」

佐天「指咥えこんで…いやらしい…」ハァハァ

美琴「んっ…くぁ…や…ぁ…さて…さん…ぁっ…」

佐天「あはっ」クニッ

美琴「んぁっ!」ビクゥッ



323: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 10:40:36.99 ID:3IjNQgheO

佐天「もっと激しくいきますよー」ヌプッヌプッ

美琴「あっ!ひっ!…あんっ…激しっ…あっ!」

佐天「あはは、気持ちぃですか…?御坂さん…?」グニッ

美琴「はぁっ!あぁぁぁぁっ!気持ちっ…ぃっ!…佐天さっ…いっ…あひっ!」

佐天「はい…ストーップ!」ピタ

美琴「はぁっ…はぁっ…な…で…」

佐天「あはは、ごめんなさい」

美琴「やだ…ぁ…もっと…もっと…」

―――――
―――





324: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 10:47:56.25 ID:3IjNQgheO

美琴「…」パチ

美琴「また…夢…だ…」

美琴「…」ポーッ

美琴「また…こんな夢…見て…」

『いい夢見れますように、っていうおまじないです!』

美琴「あはは…」

美琴「私…変態だよ…」



326: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 10:57:53.86 ID:3IjNQgheO

美琴「佐天さん…ごめんなさい…ごめん…なさい…」

美琴「でも…無理…だよ……」クチュッ

美琴「あっ…抑えらんない…よ…んっ…」

美琴「くっ…ぁ…佐天さん…っ…」

美琴「佐天さっ…ん…ぁっ…やっぱり…くっ…ずるい…よ…あんなとこで…んっ…」クチュ

美琴「最後までって…んっ…ちゃんと…ふぁ…お願いした…のにっ…」

美琴「…いっ…くぅっ!ふぁっ!あぁっ!!」ビクンッ

美琴「はぁ…はぁ…やっぱり…最低だ…あたし…」



330: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 11:09:27.21 ID:3IjNQgheO

黒子(ど、どどどどどういうことですの!?)ドクンドクン

黒子(何やら騒がしいと起きてみれば…)

黒子(あの…あのお姉様が自慰に耽っているなどと…っ!)

黒子(し、しかも…相手はあまつさえあの…)

黒子(佐天さん!!)

黒子(何故!何故っ!黒子ではございませんのぉぉぉぉ!?)

黒子(最近様子が優れなかったのも…もしや…)ハッ

黒子(…佐天さんに…原因が…?)



391: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 15:23:39.27 ID:3IjNQgheO

―――――――――

美琴「佐天…さん…」

美琴「…会いたい…な…」

美琴「…」

パカッ

ポチ ポチ

ピッ

美琴「…ふぅ…」ポフッ



397: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 15:36:08.83 ID:3IjNQgheO

―――――――――

~♪

佐天「お、メールだ…初春かな…」パカッ

佐天「!」

佐天「み、御坂さんからだ…」

from:御坂さん

件名:今日の放課後

内容:用事ある?

相談、のって欲しいな…


佐天「あはっ」

佐天「…呼ぶ手間省けたね」

佐天「…じゃあまた昨日の喫茶店で、と」ピッ

佐天「ふふっ…楽しみだなぁ…」



402: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 15:47:36.67 ID:3IjNQgheO

――――――――

美琴「~♪」

黒子「ご機嫌ですわね、お姉様」

美琴「ちょっとね、あ、今日ちょっと出かけてくるから!」

黒子「…どこへですの?」

美琴「ど、どこだっていいでしょ!」

黒子「…そうですわね、失礼しましたわ」

美琴「なによ…アンタ機嫌悪いの?」

黒子「…別に、何でも…お姉様には関係の無いことですの」

美琴「なによ…」ムッ

美琴「まぁいいわ、じゃ、出かけてくるわね」

黒子「…お気をつけて…」

黒子「…」



403: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 15:56:25.53 ID:3IjNQgheO

―――――――――

美琴「あっ…」

佐天「御坂さーん!」フリフリ

美琴「さ、佐天さん…もしかして待たせちゃった?」

佐天「あはは、そんなに待って無いですよ―、それに昨日は御坂さんの方が先に来てたじゃないですかー」

美琴「そ、それなら良いんだけと…」

佐天「さ、中入りましょー!」

美琴「う、うん…」



410: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 16:17:36.76 ID:3IjNQgheO

佐天「さてと、なーに食べよっかなー」

美琴「そうね…」チラッ

佐天「わぁ、これおいしそー!けどこっちも…むぅ…」

美琴(佐天さん…可愛いなぁ…)ドキドキ

佐天「御坂さんはどうします?」

美琴「へっ!?あ、ごめん…聞いて無かった…」

佐天「何食べます?」

美琴「あ…じゃあ昨日のと一緒で…」

佐天「かしこまりっ!店員さーん!苺のショートケーキと本日のケーキってのを…あと紅茶二人分でお願いしまーす!」



414: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 16:24:51.99 ID:3IjNQgheO

佐天「この何が来るかわからないワクワク感がいいですよね!」

美琴「そうなんだ…あはは…」

佐天「で、相談っていうのは…」

美琴「!」

美琴「あの…ここじゃ話しにくいから…後で…」

佐天「ん、わかりました…気が向いたらお願いします」ニコッ

美琴「…ありがと…」
佐天「あ、そうだ!」

美琴「?」

佐天「昨日、いい夢見れました?」

美琴「えっ!…あ…その…」カァッ

美琴「…///」コクン

佐天「あはっ」



422: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 16:43:14.35 ID:3IjNQgheO

佐天「それは良かったです!後でまたやってあげますね!」ニコッ

美琴「うん…うん…」カァッ

店員「お待たせ致しましたー」カチャッ

佐天「あ、はい、御坂さんの苺のショートケーキと…ありゃ?」

佐天「本日の…苺のケーキ!!えー…どんだけこの店苺プッシュして…ねぇ、御坂さん?」

美琴「…え…あ…ごめん…」

佐天「…やっぱり最近おかしいですよ…御坂さん」

美琴「そ…そんなこと…無いから…」



423: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 16:53:05.66 ID:3IjNQgheO

佐天(ま…十中八九私のせいだけど…)

佐天「じゃあ御坂さん…これ食べて元気出して下さい」カチャ

佐天「はい、あーん」

美琴「!」

美琴「あ、あー…んっ!」パクッ

美琴「ん、おいし…」

佐天「御坂さん、私にも下さいよぅ」

美琴「!」

美琴「あ、あーん…」ドキドキ

佐天「ん…もぐ…お、やっぱり美味しいですね、それ!」



425: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 17:00:22.98 ID:3IjNQgheO

美琴「ふふっ…佐天さんのも美味しかったわよ?」

佐天「あはは、元気出ました?」

美琴「あ…」

美琴(…あたし…また佐天さんに心配かけてる…ダメだな…あたし…)

佐天「あ、口のとこにクリームついてますよ?」

美琴「えっ…嘘…どこ…?」

佐天「えーとですね」ガタッ

佐天「ここですよ」ペロッ

美琴「っ!!?」ビクッ

美琴「なっ…ななな…」ドクンドクン

佐天「おいし…」ボソッ

美琴「~~~っ!?」カァーッ



427: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 17:10:44.26 ID:3IjNQgheO

美琴「あ…あ…ぁ…」ドキドキ

佐天「あはっ」

佐天(クリームなんてホントは付いて無かったんだけど…)

佐天「どうしました御坂さん?」

美琴「あ…え…?…あの…佐天さんはこういうことしても…平気なの?」ドキドキ

佐天「何言ってるんですか、女の子同士ですよ?あはは」

美琴「…あ…そう…なんだ…」

佐天「まぁ御坂さん以外だったら多分やってないかなー…」

美琴「!」ドキッ

美琴「それって…」ドキドキ

佐天「あ、こっちの話ですよ…気にしないでいいです…」

美琴「…」ドキドキ

佐天「…」

美琴「…」

佐天「…あはっ」



473: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 21:13:21.06 ID:3IjNQgheO

アリガトウゴザイマシター

佐天「んー、さてと…本題入りましょうか」

美琴「あの…」

佐天「そうですね…公園にでも場所変えましょうか」ニコッ

美琴「う…うん…」

佐天「話はそれからですね」

美琴(…佐天さんに…言わなきゃ…)

美琴(…このまま…佐天を…汚せないよ…)



479: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 21:21:41.35 ID:3IjNQgheO

―――――――――

佐天「…良かったです…相談してくれる気になったみたいで」

美琴「うん…」

美琴(…怖い…ホントのこと言うのが…)ドクン

佐天「あはは…それにしても嬉しいな…私…頼りにされてるってことですよね」

美琴(佐天さんとの関係が…壊れるのが…)ドクンッ

佐天「何でも言って下さいよ!できる限り力になりますから!」

美琴(でも…言わなきゃ…謝らなきゃ…)ドクンッ

美琴「あ…佐天…さん…あのね…あたし…」



483: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 21:30:37.12 ID:3IjNQgheO

美琴「あの…もしかしたら不快に思うかもしれないんだけど…」

佐天「…うん」

美琴「あたし…最近…夢を…見るの…」

佐天「…どんな夢ですか?」

美琴「~っ!」カァッ

美琴「いつも…佐天さんが…出てくるの…」

佐天「私ですか?」

美琴「それで…夢の中の佐天さんが…佐天さんが…」

佐天「…」

美琴「あたし…にっ…」



485: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 21:37:14.19 ID:3IjNQgheO

佐天「…私が御坂さんに…?」

美琴「…っ…はぁ…はぁ…ごめん…少し落ち着かせて…」

佐天「…御坂さん」ギュッ

美琴「…ぁ…」

佐天「…だいじょぶですよ…ちゃんと、聞きますから…気持ちの整理しましょう…ね?」

美琴「…うん…うん…」ギューッ

佐天「…」



488: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 21:52:40.25 ID:3IjNQgheO

美琴「…」ギュッ

佐天「…落ち着きました?」

美琴「…だいぶ…ありがと…」

佐天「いえいえ」

美琴「…あの…佐天さんがね…あたしに…えっちなこと…するの…」

佐天「…」

美琴「夢に出る度…佐天さんがっ…佐天さんがっ…」ジワッ

佐天「…」

美琴「あたしっ…意識しちゃって…!…起きた後もっ…頭から離れなくてっ…!」

佐天「…」

美琴「…ひっく…あたしっ…うぇ…佐天さんを…っく…汚しちゃったっ…ひっく…」

佐天「…」



491: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 22:04:10.17 ID:3IjNQgheO

美琴「…謝らなきゃって…っく…ずっと…思っててっ!…でもっ…ひっく…言えなくてっ…!」

佐天「…」

美琴「ごめ…さいっ…ひっく…ごめんなさいっ…うぇっく…うぇぇぇっ…」ポロポロ

佐天「…」ギュッ

美琴「ふぇ…」

佐天「馬鹿です…御坂さんは…」ギュッ

美琴「…ひっく…さて…さん…?」



495: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 22:15:36.63 ID:3IjNQgheO

佐天「…謝る必要なんて無いじゃないですか…」

美琴「…だって…っく…きっと…嫌われちゃっ…」

佐天「そんなことで嫌いになりませんよ…」ナデナデ

美琴「…佐天…さん…」

佐天「あはは、むしろ嬉しいな…御坂さんの夢にまで出られて…なんて」

美琴「…」ギュッ

佐天「それだけ私を気にかけてくれたんだなって思うと…嬉しいです」ニコッ

美琴「佐天さんっ…佐天…さんっ…」ギューッ

美琴(…なんで…佐天さんは…こんなに…)

美琴(…優し…すぎるよ…)ギュッ

佐天「…」



594: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 10:08:31.26 ID:NF9Jb34bO

―――――――――

佐天「…もうだいじょぶですよね?」

美琴「…もうちょっと…このまま…」ギュッ

佐天「…一つ…聞きたいことがあるんですけど」

美琴「…?」

佐天「…私を汚しちゃったってどういう意味ですか?」

美琴「えっ…えっ…?…それは…その…」カァッ

佐天「…あは、一人でシちゃいました?」ボソッ

美琴「~~~っ!」カァッ

佐天「…いいんですよ、ムラムラしたら…私だって…その…やる時ありますし」

美琴「…ホント…?」ドキドキ

佐天「あはは、人間ですもん」



596: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 10:20:39.51 ID:NF9Jb34bO

美琴「…良かった…」ギュッ

佐天「…何がですか?」

美琴「…相手が…佐天さんで…それに…相談して…良かった…」ドキドキ

佐天「!」ドクンッ


佐天「…御坂さん」

美琴「…何…?」

佐天「御坂さんは、私と…えっちぃことしたいですか?」

美琴「へっ!?さ、佐天さん!?な、なな何言って…!」カァーッ

佐天「…なーんてね、冗談ですよ、冗談」

美琴「…じ、冗…談…?」ドキドキ

佐天「ほら、もうこんな時間です!帰らないと」

美琴「…う、うん…」ドキドキ



598: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 10:30:22.64 ID:NF9Jb34bO

佐天「あぁ、御坂さん、今日もかけてあげますよ、おまじない」

美琴「っ!」ドキッ

佐天「…」ジッ

美琴「あぅ…」

美琴(…見つめられると…変な気分になっちゃうよ…)ドキドキ

佐天「…はい、終わりです」

美琴「う…うん…」

佐天「…じゃ、今日はさよならですね」

美琴「あっ、あのっ…」

佐天「はい?」

美琴「あ、明日も…会える…かな…?」

佐天「!…とーぜんですよ!」ニコッ

美琴「!」パァッ

佐天「それじゃ、また明日…ですね」

美琴「うん…うん!」



602: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 10:36:32.41 ID:NF9Jb34bO

佐天「…ふぅ…」

佐天(…あー、興奮した…)

佐天(…全く…御坂さんは…)

佐天(…今日も…苛めてあげないとね…)ペロ

佐天「…まぁ…罪悪感は…無いわけじゃないけどさ…」ボソッ

「何が無いわけじゃありませんの?」

佐天「っ!!」ビクッ

佐天「あ…し、白井…さん…」

黒子「…どうも」ニコッ



603: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 10:44:33.83 ID:NF9Jb34bO

佐天「なんで…ここに…?」

黒子「…居てはいけませんこと?」

佐天「そういうわけじゃ…」

黒子「…最近、お姉様の様子が優れませんの…」

佐天「…え…」

黒子「…佐天さんは何かご存じでなくて?」

佐天「…知りませんよ…」



604: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 10:52:51.53 ID:NF9Jb34bO

黒子「…それならいいんでしょうけど…」

佐天「…」

黒子「…わたくし、心配で失礼ながら本日はお姉様のあとをつけさせて頂きましたの」

佐天「…」

黒子「…そしたらなんとまぁ…ははっ…佐天さんとデート紛いなことをしてらっしゃる」

佐天「…何が…言いたいんですか…?」

黒子「…率直に言いますと、佐天さん、あなたが原因だと思ってますの」

佐天「…ひどい当て付けですね」



610: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 11:08:15.58 ID:NF9Jb34bO

黒子「…」

佐天「…私も実は御坂さんが最近様子が変だな、って思ってたんですけどね」

黒子「…何を…」

佐天「…今日、相談受けました…御坂さんから…あ、知ってますよね…ついてきたなら」

黒子「…見て…いましたの…聞こえは…しませんでしたが…」

佐天「打ち明けてくれました、全部」

黒子「…その…な、内容はっ!?」

佐天「やだなぁ、教えるわけ無いじゃないですかー…これは御坂さんと私の二人だけの秘密なんです」

黒子「くっ…!」



612: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 11:16:09.46 ID:NF9Jb34bO

佐天「それなら御坂さんに直接聞けばいいじゃないですかー、相談のりますよって言って…」

黒子「それはっ…言いましたの…ですが、お姉様は…関係ない…などと…一人で抱え込んでっ…」

佐天「…それを私には相談してくれました」

黒子「!」

佐天「あはは、信頼されてるんですね、私…白井さんよりも」

黒子「っ!」ギリッ

佐天「で…この件は解決でめでたしめでたしってわけですよ」

黒子「ですがっ…納得いきませんのっ!」

佐天(あー…もう…めんどくさいなぁ…)



616: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 11:32:33.48 ID:NF9Jb34bO

黒子「それでは何の解決にもなっていませんの!」

佐天「…はぁ…」

佐天(…ちょっと…予定変更しよっかな…)

佐天「白井さん」

佐天(今日は…)

黒子「な、なんですの…?」

佐天「信じて下さい…私、何も知りません…この目を見て下さい」ジッ

黒子「うっ…」

佐天「白井…さん…」ジーッ

黒子「わ、わかりましたの!…わたくしも友人を疑うなど、どうかしていましたの…」バッ

佐天「…白井さん…」






佐天「あはっ」

佐天(白井さんを苛めてあげよう)



623: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 11:49:08.16 ID:NF9Jb34bO

―――――――――

美琴「~♪」

黒子「…ただいま…ですの…」

美琴「あっ、黒子、今日は遅かったじゃない」

黒子「…少し、ジャッジメントの仕事が長引いてしまいまして」

美琴「ふーん、そっか、まぁご苦労様」

黒子「…今日はご機嫌ですのね」

美琴「あはは、ちょっとね」

黒子「…何か良いことでもありまして?」

美琴「あ、アンタには関係ないっつーの!」アタフタ

黒子「…そう…ですの…」

黒子(…関係ない…また…どうして…お姉様は…)

黒子(…私を頼ってくれませんの…)



631: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 13:05:41.76 ID:NF9Jb34bO

―――――――――

美琴「…ふぁ…黒子、あたしもう寝るから…」

黒子「…おやすみなさいませ、お姉様…わたくしもそろそろ眠りますので…今日は、少々疲れましたし…」

美琴「ふーん…じゃ、おやすみね」

パチン

美琴「ふふっ」

美琴(…いい…夢…かぁ…)

―――――
―――




632: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 13:15:39.30 ID:NF9Jb34bO

佐天「…っと」

美琴「!」

美琴「佐天さん!」

佐天「ありゃ?」

佐天「あー」

佐天(そういえば最初に御坂さんにも能力かけたっけ)

佐天(あれ…この場合どうなるんだろ…)

佐天(まぁいっか…とりあえず…)

佐天「…いつも通りいきますか」



634: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 13:25:46.37 ID:NF9Jb34bO

佐天「御坂さん…!」ガバッ

美琴「ひゃっ…佐天さん…そんな…いきなり…っ!?」

佐天「すいません…我慢、出来ないんで…」

美琴「…ぁ…」ドキドキ

佐天「御坂さ…」

「お、お姉様っ!?」

佐天「!」

美琴「へっ…く、黒子ぉ!?」

黒子「佐天…さんも…何をしてらっしゃいますの…?」

佐天「…へぇ」

佐天(…複数人に能力使うとこうなるんだ…)

佐天(でも…これで白井さんにもお仕置できるね…)

佐天「あはっ」



640: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 13:45:59.71 ID:NF9Jb34bO

佐天「…御坂さんはちょっと待っててくださいね…?」スッ

美琴「う…うん…」

佐天「白井さん」

黒子「…なんですの…?」

佐天「白井さんはそこで見ててくださいね」ニコッ

黒子「はっ?…何を…」

佐天「まぁ…ここでは私が絶対なんで…どっちにしても、白井さんは見てることしかできませんけどね」ボソッ

黒子「…えっ…?」

佐天「さ、御坂さん!始めましょうか」



644: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 13:58:17.69 ID:NF9Jb34bO

佐天「今日は…思いっきりいきますんで…」スッ

美琴「えっ…どういう…んぐっ!?」チュッ

黒子「!!」

佐天「んっ…ふ…ちゅ…」ニュルッ

美琴「ん~っ!!」

黒子「お姉様っ!!お姉様っ!!」

黒子(な、何故ですの!?身体がっ…動かなっ…)

佐天「ぷは…へへ…」ネト…

黒子「さ、佐天さんっ!これはどういうことですの!?お姉様にっ…お姉様になんということをっ…!」

佐天「うるさいなぁ…黙って見ててくださいよ…それに、ほら…御坂さんの顔…」

美琴「はぁっ…はぁっ…ふにゃ…ぁ…」トローン

佐天「満更でもないでしょう?」

黒子「っ!!」



646: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 14:07:39.61 ID:NF9Jb34bO

佐天「さ…服、脱ましょうね」スルッ

美琴「や…ぁ…黒子が…黒子が…見てる…」カァッ

佐天「見せつけてあげましょうよ、ね?」チラッ

黒子「!」ビクッ

黒子(嫌…ですの…)

佐天「あは…かわいー…御坂さんのおっぱい…」

美琴「ゃ…ぁ…」カァッ

黒子(…こんな…お姉様…)

佐天「…かわい…んっ」チュパッ

美琴「ひぅんっ!!や…らぁ…そこ…吸っちゃ…あっ!」ビクッ

黒子(…見たく…ありませんの…)ギュッ



648: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 14:22:33.93 ID:NF9Jb34bO

佐天「ちゅっ…んっ…はぁ…御坂さん、もしかしていつもより感じてます?」

美琴「んぁ…はぁっ…はぁ…そんなこと…な…い…」カァッ

佐天「ホントですかー?さきっちょこんなに固くして…」カリッ

美琴「ひぁぁぁっ!!」ビクンッ

佐天「御坂さん、見られると興奮するタイプですか…あはは、ホントに変態だぁ…あ、良かったですねー、白井さん、ちゃんと役に立てて」

黒子「なっ!!」

美琴「や…ちが…ちがう…あたし…変態じゃ…」カァッ



649: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 14:31:18.50 ID:NF9Jb34bO

黒子「…お姉様が…嫌がって…いますの…」

佐天「やだなぁ…白井さんには嫌がってるように見えるんですか…?…確かに口ではアレですけど…」ツンッ

美琴「んぁっ!!」ビクッ

黒子「!」

佐天「ほら…御坂さんはマゾっぽいですから…それと、御坂さん」

美琴「はぁ…はぁ…ふぇ…?」

佐天「…えっちな夢見た後オナニーしちゃったり、もう立派な変態ですよ…」ボソボソ

美琴「~~~っ」カァッ



654: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 15:20:24.95 ID:NF9Jb34bO

佐天「…ほら…下も…」スッ

美琴「…だっ…だめっ…」

佐天「…何言ってるんですか…今更…前は…すぐ受け入れてくれたじゃないですか…」チラッ

黒子「…っ…あぁ…」

美琴「そう…だけど…恥ずかしい…よ…見られながら…なんて…」

佐天「…」スルッ

美琴「あっ…や…ぁっ…」

佐天「あはは、すっごい濡れちゃってますね…確かにこれじゃ見せるの恥ずかしかったですよねー」

美琴「あぅ…ぅ…」カァッ

黒子「お…姉…様ぁ…」フルフル



656: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 15:27:11.24 ID:NF9Jb34bO

佐天「あ、そうだ!白井さんにもよーく見せてあげましょうよ!」

美琴「っ!」

佐天「ほら…こうやって…」クパァ…

美琴「あひっ…い…や…見ない…で…くろ…こぉ…」カァッ

黒子「ぁ…あぁ…」ドクンッ

佐天「…どうです?白井さん、御坂さんのココ、綺麗でしょう?」

美琴「~っ!!」

黒子「…はぁっ…はぁっ…」ゴクッ



658: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 15:36:43.91 ID:NF9Jb34bO

佐天「…ほら…感想言ってみてくださいよ…」

黒子「…き…れい…です…の…すごく…」ハァハァ

美琴「~~~~~っ!」

佐天「触りたいですか…?」

黒子「!」

佐天「触りたい…ですよね…?」

黒子「~っ」

黒子「~~~っ!!」コクン

佐天「あはっ」

佐天「ダメです♪」



663: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 15:52:55.58 ID:NF9Jb34bO

佐天「残念でしたー」

黒子「あ…あぁ…ぁ…」

佐天「まぁ…見ててくださいよ」ニコッ

黒子「…っ」ギリッ

美琴「さて…さん…」

佐天「御坂さん…」クニッ

美琴「ひぅっ!あっ…んぁっ…ぁ…んっ…!」

黒子「…」

佐天「可愛いです…御坂さん…」

黒子「…」

美琴「あっ…ふぁっ!さてんっ…さっ…!」

黒子「…」



672: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 16:13:44.04 ID:NF9Jb34bO

黒子「…まし…」ボソッ

佐天「…んー?」

黒子「もう…やめて…くださいまし…ひっく…」ポロポロ

佐天「…」

黒子「わたくしの…お姉様を…これ以上…っく…けがさないでっ…くださいっ…!」

佐天「!」ゾクゾクッ

佐天「あはっ、あははっ!」

佐天「ちょっと都合がよすぎるんじゃないですかぁ?」

佐天「汚されたくないのに、自分で汚したいとか…欲張りですよ、白井さんは」

佐天「…さ、続けましょ…御坂さん?」

美琴「…うん…」

黒子「っ!~っ!!」



676: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 16:20:46.25 ID:NF9Jb34bO

佐天「あはは、ちょっと気分がいいので御坂さんのやって欲しいことやってあげますよ」

美琴「!」

美琴「あの…それじゃ…その…」

佐天「ん?」

佐天(ありゃ…白井さんがいなくなってる…起きたのかな…?)

美琴「…今日は…最後まで…シて…」

佐天(ま…いっか…)

佐天「…いいですよ?ちゃーんと、ね?」

―――――
―――




679: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 16:41:19.00 ID:NF9Jb34bO

黒子「はぁっ!はぁっ…はぁ…夢…ですの…?」

黒子「…ひどい…悪夢でしたの…」

黒子「…っ」

黒子「…こんなっ…夢っ…最悪…ですの…」

黒子「っ!…濡れて…ホントに…最悪ですの…」

黒子「こんな…わたくしを…お許しくださいっ…お姉…様ぁっ…」ギュッ



682: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 16:56:02.51 ID:NF9Jb34bO

黒子「お姉…様…」スッ

美琴「…ん…ぁ…い…ゃ…ぁ…」

黒子「!」ドクンッ

美琴「…はぁ…はぁ…ん…」

黒子「…っ」ゴクッ

黒子「…お姉様…なんとも…」ハァハァ

美琴「…だ…め…さて…さん…さてん…さ…」

黒子「!」

黒子「また…佐天さん…ですの…?」ギリッ



687: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 17:04:54.38 ID:NF9Jb34bO

黒子「…お姉様は佐天さんの夢を見ていますの…?」

黒子「…わたくしの…夢も…佐天さんが出て…」

黒子「…偶然…ですの…?」

黒子「…そんな…馬鹿なっ…」

『ここでは私が絶対なんで』

黒子「っ!」ドクンッ

黒子「そんなっ…」



690: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 17:41:16.80 ID:NF9Jb34bO

黒子「お姉様っ!起きて下さいましっ!お姉様っ!!」

美琴「ん…あ…黒…子…?…何よ…せっかく…いいとこ…」

黒子「いくつか…質問に答えて欲しいのですが…」

美琴「質問…?」

黒子「ええ…その…本日…佐天さんの夢を見ましたか…?」

美琴「!」

美琴「…なっ、なんであんたに言わなきゃなんないのよ…」

黒子「~っ!見たんですのっ!?」ガッ

美琴「痛っ…!やめてよ…離して!」バッ

黒子「あっ…お姉…様…」

美琴「あんたには関係無いって言ってるでしょっ!!」

黒子「!」

黒子「…そう…ですわね…申し訳…ございませんの…」ギュッ



695: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 17:58:41.01 ID:NF9Jb34bO

―――――――――

美琴(今日も…佐天さんと会えるっ…)

美琴「ふふっ…」

黒子「佐天さん…ですの…?」

美琴「!」

黒子「はぁ…また密会ですのね…二人きりで…」

美琴「…なんで…知ってるのよ…」

黒子「…昨日はさぞ楽しかったのでしょうね…佐天さんの夢を見るくらい」

美琴「!あんたっ…見てたのっ!?」キッ

黒子「…さぁ、どうでしょう?お姉様には関係の無いことですの」

美琴「か、関係無いわけっ…」

黒子「知りませんの」

美琴「~っ!もういい!!出掛けるからっ!」バンッ

黒子「…」



697: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 18:16:27.61 ID:NF9Jb34bO

―――――――――

黒子「…御機嫌よう」シュン

佐天「あ…白井さん…すいません、今日は用事があるんで…」スッ

黒子「…待って下さいまし」ガシッ

佐天「…何ですか…?」

黒子「昨日のお話の続きをしたいので」ニコッ

佐天「はぁ…」

佐天(ホント…めんどくさい人だなぁ…)

佐天(さて…どうしよっかな…)



718: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 20:30:23.73 ID:NF9Jb34bO

佐天「ホント…忙しいというか…はは…」

黒子「お姉様…ですわね?」

佐天「…まぁ…そうですけど」

黒子「わたくし…昨日夢を見ましたの」

佐天「はい?」

黒子「全く…ひどい夢でしたわ…」

佐天「…」

佐天(へぇ…)



719: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 20:39:10.00 ID:NF9Jb34bO

佐天「どんな夢だったんです?」

黒子「お姉様と…わたくしと…佐天さんが…ふふっ…それはそれは楽しい夢でしてよ?佐天さんにとっては」

佐天「…へぇ…気になりますね」

黒子「…佐天さんがお姉様を苛める…それだけの話です」

佐天「…」ムッ

佐天「あはは…それは心外ですね…」

佐天(…御坂さんじゃなくて苛めたのは白井さんですしね)



721: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 21:00:51.43 ID:NF9Jb34bO

佐天「で…それを言ってどうするんですか…白井さんが何を言いたいのか…さっぱりなんですけど…」

黒子「…お姉様も昨晩うなされてたようで…」

佐天「…」

黒子「聞いたらわたくしと同じ夢を見ていたそうですの」

佐天「…えっ」

黒子「ここ数日同じような夢を見るとも言っていましたの」

佐天「…あぁ…」

佐天(そっか…喋っちゃったのか…御坂さん…あー…めんどくさ…じゃあ…いいや…別に…)

黒子「佐天さんが夢を見せている…違いますか?」

佐天「…あはっ」

佐天「正解ですよ」

黒子「…やはり、そうですの…カマかけてみて正解ですの」

佐天「は?」



726: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 21:19:42.24 ID:NF9Jb34bO

黒子「…一応謝っておきますの、嘘を吐いて申し訳ないと…」

佐天「ぷっ…あははっ!あははははっ!!」

黒子「…何かおかしいことでもありまして?」

佐天「いやぁ…聞いて下さいよ、白井さん!私、能力者になったんですよ!」

黒子「…」

佐天「他人の夢に出る能力!なかなか病み付きになるんですよ、これ!」

黒子「…」

佐天「あははっ、昨日の白井さんの顔、正直興奮しましたよ!白井さんの泣き顔なんてもう見れませんね、きっと」

黒子「…」



733: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 21:39:58.28 ID:NF9Jb34bO

佐天「知ってます?御坂さんって夢の中だとすっごく素直で可愛いんですよ?あ、勿論本物も可愛いんですけどね」

黒子「…っ」

佐天「あの御坂さんが私にお願いするんですよ!信じられます?あの、レベル5の御坂さんが、ですよ!」

黒子「…っ!」ギリッ

佐天「あはっ、しかも御坂さん私の言いなりです!あの感覚、もうゾクゾクしちゃいますよ!」

黒子「…少し…お黙りになって…」

佐天「いーえ、黙りません!あぁ、そうそう、御坂さんがこの前私に悩みを打ち明けた時の話でもしましょうか?白井さん気になってましたもんね!」

黒子「…っ…黙って…下さいましっ…」



743: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 22:16:37.56 ID:NF9Jb34bO

佐天「御坂さん、なんか罪悪感があったみたいで泣き出しちゃった時は驚きましたよ~…慰めてあげましたけど」

黒子「お黙りになって!!」

佐天「っ!」ビクッ

黒子「…佐天さん…わたくし…あなたを見損ないましたの…」

佐天「…」

黒子「…優しい方だと…思ってましたのに…」

佐天「…まぁいいや、それでどうするんですか?御坂さんに教えます?あはっ、信じませんよ、きっと」

黒子「…」

佐天「御坂さんはきっと私に好意を持ってますし…」

黒子「…」スッ

佐天「は?なんです…」クルッ

佐天「!!…御…坂…さん…」

美琴「…」

佐天「え…なん…で…ここに…」



751: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 22:28:34.56 ID:NF9Jb34bO

美琴「…あた…し…佐天…さ…に…早く…会いた…くて…」

佐天「…え…ぁ…」

美琴「…約束…の…時間に…なっても…来ない…から…」

佐天「…あ…ぁ…」

美琴「…迎えに…行こう…かなって…思って…」

佐天「…み…さか…さ…」

美琴「来ないでっ!!」

佐天「…っ!」ビクゥッ

美琴「…来ないでよ…」



795: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 22:57:45.52 ID:NF9Jb34bO

美琴「…っ!」ダッ

佐天「あっ…御坂さ…」

佐天(追いかけ…でも何て声をかければ…)

佐天(このままじゃ…)

黒子「…追いかけませんの?」

佐天「…っ!」

黒子「お姉様を傷つけてしまった…謝罪くらいできるのではありませんの?」

佐天「…」

黒子「…このまま放っておくようならば…わたくしは…佐天さんを軽蔑しますの」

佐天「~~~っ!」ダッ

黒子「…はぁ…」

黒子(わたくしも…まだまだ甘いですわね…)



800: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 23:03:36.69 ID:NF9Jb34bO

佐天「はぁっ…はぁっ…」

佐天(御坂さん…見失った…)

佐天「一体っ…はぁっ…どこにっ…はぁっ…」

佐天(…あ…そうだっ!)

佐天「公園っ!!」ダッ



801: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 23:13:09.39 ID:NF9Jb34bO

―――――――――

佐天「はぁっ…はぁっ…はぁっ…はぁっ…」

佐天(いた!!)

佐天「!御坂っ…さんっ!!はぁっ…はぁっ…やっと…見つけましたっ…」

美琴「…っく…ひっく…うぇ…っく…」ポロポロ

佐天「…御坂…さん…」

美琴「ひっく…やだ…来ないで…っく…」

佐天「御坂さん…ごめんなさい…」

美琴「…ひっく…謝らないでよ…うぇっ…」

佐天「…ごめん…なさい…」



805: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 23:21:15.08 ID:NF9Jb34bO

美琴「わた…しっ…どうしたら…いいかっ…わかん…ないっ…わかんないよっ!」ポロポロ

佐天「…」

美琴「佐天さんのことっ…どうしてもっ…嫌いになれないっ…ひっく…」

佐天「…」

美琴「騙されてたはずなのにっ…あたしっ…まだ佐天さんのことっ…好きなのっ…!」

佐天「っ!」ズキンッ

美琴「なんでっ…どうして…なのかっ…わかんない…よぉ…ぐすっ…」

佐天「…ごめん…なさい…」ギュッ



810: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 23:32:55.50 ID:NF9Jb34bO

美琴「っ!は、離してっ!」

佐天「離しません!」ギュッ

美琴「離してよっ!!」

佐天「離しませんっ!!」ギューッ

美琴「優しく…しないでよぉ…」ポロポロ

佐天「…話を…聞いて下さい…お願いですから…」

美琴「…や…ぁ…」



814: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 23:44:37.07 ID:NF9Jb34bO

佐天「…私…調子に乗ってたんです…」

美琴「…」

佐天「憧れの…御坂さんが…振り向いて私を見てくれる…」

美琴「…」

佐天「それが…たまらなく嬉しくって…」

美琴「…」

佐天「だからっ…嫌われたくないです」

美琴「…ずるいよ…」

佐天「えっ…」

美琴「…佐天さんは…ずるい…よ…私が佐天さんを嫌いになれないこと…わかってる…」

佐天「…ごめん…なさい…」



824: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/11(金) 00:40:02.50 ID:TSAdW/+KO

美琴「…だから…謝らないでって…言ってるのに…あたしっ…このままじゃ…佐天さんを…許しちゃう…」

佐天「…御坂さんの言う通り…私は、ずるい人間です…」

美琴「…」

佐天「…覚えてますか?この公園で…御坂さんを抱き締めた時のこと…」

美琴「…」コクン

佐天「あの時…事情全部知ってるのに相談聞いてました…変ですよね、私が原因なのに…」

美琴「…」

佐天「…私を…頼って欲しかったんです…私のことを…好きになって欲しかったんです…」

美琴「…」ギュッ

佐天「そして…御坂さんを騙したのに…傷つけた…のにっ…まだ…許されたいって思ってる…」

佐天「私はっ…私はぁっ…っく…どうしようもないくらいっ…ずるいっ…人間ですっ…うぁ…うぁぁぁぁぁ…」ポロポロ



836: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/11(金) 01:02:56.79 ID:TSAdW/+KO

美琴「…佐天さん」ギュ-ッ

佐天「みさか…さん…?」

美琴「…ん、あたし…やっぱ…佐天さんのこと…好きだ…」ギュッ

佐天「…えっ…」

美琴「あはは…許しちゃった…ダメだね…あたし…佐天さんのこと…恨めないもん…」

佐天「~~~っ!」ギュッ




839: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/11(金) 01:15:47.15 ID:TSAdW/+KO

佐天「…元通りに…なれますかっ…」

美琴「…うん、なれるよ…きっと…」

佐天「…お茶したりっ…また一緒に遊んだりっ…」

美琴「…うん…また…喫茶店、行こ…?」

佐天「…またっ…いつもどおりにっ…」

美琴「…うん…だいじょぶだよ…」

佐天「…わたしっ…御坂さんがっ…好きですっ…大好きですっ…!」

美琴「…うん…あたしも…佐天さんのこと、好きだよ…」

佐天「~~~っ!わたしっ…今が…いちばんっ…幸せですっ…!」

美琴「…うん…うん…っ!」



844: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/11(金) 01:32:18.15 ID:TSAdW/+KO

―――――――――

美琴「…落ち着いた?」

佐天「…はい…あはは、この前と立場が逆ですね…」

美琴「ふふっ、そうね…」

佐天「…」

美琴「ん、そろそろ帰る時間ね…」

佐天「…まだ…こうしてたいです…」ギュッ

美琴「だーめ、帰らないと…そうだ、佐天さん」

佐天「?」



845: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/11(金) 01:32:50.95 ID:TSAdW/+KO

美琴「おまじない、かけて欲しいな」

佐天「えっ…だって…それは…」

美琴「いいのいいの、ほら」ジッ

佐天「…あぅ…」ジーッ

美琴「…かかった?」

佐天「…たぶん…」

美琴「ん、それじゃ、帰ろっか!」スッ

美琴「佐天さん!」

佐天「は、はい!」

美琴「夢で、会いましょうね!」ニコッ

佐天「!…はいっ!」




お わ り



856: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/11(金) 01:43:07.15 ID:TSAdW/+KO

読んでくれた人、長い間保守してくれた人ありがとうございました


最後どうしようか悩んだんですけどなんかぬるかったようで…ごめんなさいね

でも書き切れたことに満足です



850: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/11(金) 01:36:12.35 ID:Yl2nkdMb0

おつかれさまでした




876: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/11(金) 03:00:03.58 ID:0udN56t30

マジ佐天使>>1



878: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/11(金) 03:27:59.73 ID:i3pgJZx/O

>>1乙でした。毎日楽しかった


元スレ
佐天「他人の夢に出てえっちぃことする能力かぁ…」
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1299491108/