SS速報VIP:『以下の者懲罰室行きを命ず  日野茜』
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1395339444/



1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/21(金) 03:17:24.65 ID:3uxkr5ge0

キャラ崩壊注意、着衣推奨

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1395339444




2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/21(金) 03:23:31.29 ID:3uxkr5ge0

モバP『茜。お前がああしてああしてああしてしまったせいで、こうしてこうしてこうなってしまった』

モバP『お前に悪気が無い事は分かっている。だが、このままお咎め無しというわけにはいかない』

モバP『そこで茜には新設されたばかりのとある部屋に行ってもらう』

モバP『ここで、そうだな……3時間ほど過ごしてもらう』

モバP『それで今回の件はおしまいだ。よし、行って来い、茜!』




3: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/21(金) 03:24:23.32 ID:3uxkr5ge0

茜  「ここがその場所ですね!たのもー!!!!」バーン

雪美 「茜……来た」

輝子 「フヒ……いらっしゃい」

小梅 「ま……待ってた……よ」

文香 「」ペコリ

茜  (おや?これはいったい)

茜  「えーとその……今日はよろしくお願いします!!!」キーン

輝子 「ヒャハア!いいシャウトだあ!負けてられないぜえええええ!!!」

雪美 「輝子…………ペロが怯える……から」

輝子 「あ、すいません」

小梅 「茜さん……こっちに、ど、どうぞ」

文香 「お茶……入れました」

茜  「ありがとうございます!」

茜  (これのどこが罰なんでしょうか!楽しい時間になりそうです!)




4: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/21(金) 03:25:15.55 ID:3uxkr5ge0

数分後

小梅 「こ……この前……DVDをか、借りに行ったんだけど……」ユッタリ

雪美 「また…………ホラー映画?」マッタリ

輝子 「フヒ……ま、前から……疑問、だったんだけど……ね、年齢制限とかは?」ノーンビリ

文香 「……」←読書中

茜  「……」ウズウズ

茜  (何故でしょう!無性に体を動かしたいです!!)




6: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/21(金) 03:25:57.89 ID:3uxkr5ge0

小梅 「そ、そういうのは……Pさんに……お、お願い、してる。ママも……見ちゃ駄目って……言うし」

輝子 「さ、流石親友」

雪美 「……茜は?」

茜  「えっ!?私ですか!!」

雪美 「そう……。茜は……ホラーとか…………見るの?」

茜  「いえ!私は体を動かしてるほうが好きなので、あまりテレビとかは見ないですね!!」

小梅 「そ、そっか……」

輝子 「フヒヒ」

雪美 「……」

文香 「……」ペラ

茜  「……」

全員 「………………」

茜  (あ、あれー!?会話が終わってしまいました!!な、なにか話題を!!)




7: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/21(金) 03:27:13.65 ID:3uxkr5ge0

茜  「み、皆さんはラブビーはお好きですか!!」

雪美 「ラグビー…………分からない」

小梅 「わ、私も」

輝子 「お、同じく……」

茜  (くぅ、駄目ですか!)

文香 「……私の通っている大学には、ラグビー部がありますね」

茜  「!!そ、そうなんですか!!」

文香 「はい」

茜  「……」ワクワク

文香 「……」

茜  「……」ワクワク

文香 「?」

茜  「?」

文香 「すいません……それだけです……」

茜  「え、あ、そうでしたか!!」

文香 「はい」




8: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/21(金) 03:28:01.86 ID:3uxkr5ge0

小梅 「……」

輝子 「……」

雪美 「……」

文香 「……」

茜  「……」

全員 「………………」

茜 (どうしましょう!また会話が終わってしまいました!!……そうだ!!)




9: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/21(金) 03:29:03.20 ID:3uxkr5ge0

茜  「皆さん!!最近お仕事の調子はどうですか!!」

文香 「……この間、ライブのメインをやらせてもらいました。緊張、しましたけど……すごく充実してました」

輝子 「もうすぐ……CDのれ、レコーディング……」

雪美 「今度……メイドさん…………やる」

小梅 「私も……その……お、お手伝い」

茜  (おお!好感触です!!)

輝子 「あ、茜はどうなんだ?」

茜  「私ですか!!私はこの間のロケでああしてああしてああしてしまったせいで、こうしてこうしてこうなってしまいました!!でも―――」

輝子 「ご、ごめん」

茜  「へ?」

小梅 「つ、辛かった……よね?」

茜  「い、いえ別にわt」

雪美 「この話は……おしまい……」

茜  「え、ちょっ!!」

文香 「そうですね」

茜  「ええー!!」




10: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/21(金) 03:29:55.98 ID:3uxkr5ge0

さらに数分後

小梅 「……」

輝子 「……」

雪美 「……」

文香 「……」ペラ

茜  「……」

全員 「………………」

茜  (結局またこの展開に!!)

茜  (とりあえずお茶でも飲んで……これだ!!)




11: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/21(金) 03:32:18.01 ID:3uxkr5ge0

茜  「皆さん!!お茶はお好きですか!!」

雪美 「お茶……最近……飲むようになった」

輝子 「エノキ茶とか……ある。キノコと……し、親和性、高い……フヒヒ」

小梅 「あの子も……お茶……だ、大好き……だって」

文香 「飲むと……落ち着きます」

茜  (とりあえずつかみはOKですね!!)

茜  「では一番好きなお茶は何ですか!!」

雪美 「Pの…………飲み残し」

茜  「……へ?」



12: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/21(金) 03:33:01.46 ID:3uxkr5ge0

茜  (雪美ちゃんがプロデューサーの飲み残しを!?き、聞き間違いでしょうか!!)

小梅 「さ、最高……だよね……」

輝子 「親友のエキスが……か、体中に浸透する……」

文香 「飲むと……落ち着きます」

茜  (聞き間違えじゃありませんでした!!)

茜  「」

茜  「プ……」

文香 「茜さん?」

茜  「プロデューサーごめんなさい!!もう無理です!!」ダッ

小梅 「あっ」

輝子 「い、行っちゃった……」

雪美 「……トイレ?」

文香 「……」




13: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/21(金) 03:33:56.41 ID:3uxkr5ge0

翌日

茜  「あ!」

文香 「あ」

茜  「昨日は逃げ出したりしてすいませんでした!!」

文香 「いえ……私達がいけなかったんです」

文香 「茜さんは……あまり静寂を好まれる方ではなかったようですし」

茜  (決定打はそこではありませんが!!)

文香 「そこで共通の話題を持つために……私達もラグビーの勉強を始めたんです」

茜  「ほ、本当ですか!!」

文香 「はい。そしたら……また私達とお話、してくれますか?」

茜  「はい!!ラブビーの話だけで盛り上がりましょう!!」

文香 「? は、はい」




14: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/21(金) 03:34:45.15 ID:3uxkr5ge0

茜  「ちなみに何で勉強してるんですか!!よろしければ昔私が使っていた入門書をお貸ししますが!!」

文香 「雪美ちゃんもいますし……まずはマンガから入ることにしたんです」

茜  「なるほど、マンガですか!!私も読んでみたいのでタイトルを教えてもらっていいですか!!」

文香 「それでしたら……皆読み終わった巻がありますので、お貸しします」

茜  「いいんですか!!ありがとうございます!!」

文香 「どうぞ……」

アイシー●ド21

茜  「キレイに終わりましょうよ!!!」

終わり




15: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/21(金) 03:35:34.82 ID:3uxkr5ge0

おまけ

友紀 「女姫川、一発狙い!」ブンブン

柚  「友紀さん!室内でラケット振り回したら危ないよ!」

友紀 「大丈夫だって!おりゃー!俺流アウトローだほー」スポーン

柚  「あっ!」

友紀 「ありゃ?」

ガシャーン!

柚  「」




16: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/21(金) 03:37:29.72 ID:3uxkr5ge0

『以下の者懲罰室行きを命ず  姫川友紀 喜多見柚』

柚  「何で柚まで!」

友紀 「まあまあ、平気だって。茜ちゃんから聞いてるでしょ?今回は二人だし、話が合わない人達がいたって余裕でしょ」

柚  「……そうかな?」

友紀 「そうそう。それに普段交流のない子達と親睦を深めるチャンスだよ!」

柚  「……そうかも!」

友紀 「うんうん。前向きなのはいい事だよ。じゃあ、開けるよ」

柚  「うん!」

友紀 「たのもー!!!!」

???「あ、来ましたよ!」

???「罰をばっつり与えます……ブフッ」

柚  「え」

楓  「高垣楓と」

美羽 「矢口美羽のダジャレ部屋へようこそ!」

友紀 「」

柚  「うわーん!友紀さんのバカァ!」

おわり




18: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/21(金) 03:39:26.70 ID:3uxkr5ge0

柚が巻き込まれたのはぴにゃこら太の呪い

依頼出して寝ます



17: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/21(金) 03:39:06.66 ID:zSlIp4jN0

(かわいい)



19: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/21(金) 03:47:13.01 ID:W70F0mrDO

ゆきみんは食べかけパフェを一緒に食べる子だからね、しかたないね


元スレ
SS速報VIP:『以下の者懲罰室行きを命ず  日野茜』
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1395339444/