これはモバマスSSです

前作
P「俺、綿菓子の機械になりたい」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1498315062




2: ◆9YfKA67h5g 2017/06/24(土) 23:39:07.24 ID:3L0uqIgf0

P「んー最近疲れ取れないなぁ」

高森藍子「お疲れさまですプロデューサーさん、大丈夫ですか?」

P「おー藍子、お疲れさま」

藍子「最近結構お仕事多くて大変でしたもんね」

P「そうなんだよな、藍子も大変だったよね」

藍子「私は楽しかったですよ?」

P「まぁそれならいいんだけど」




3: ◆9YfKA67h5g 2017/06/24(土) 23:39:42.28 ID:3L0uqIgf0

藍子「でもプロデューサーさん最近もずっとパソコンに向かってますよね」

P「俺はこの間の仕事のまとめだったり次の仕事の準備とかだったりたくさんあるからな」

藍子「いつもありがとうございます、プロデューサーさん」

P「おぉう、なんかお礼言われると照れるな」

藍子「私にできることがあったら何でも言ってくださいね?」

P「ん?なんでもいいのか?」

藍子「わ…私にできることなら?」




4: ◆9YfKA67h5g 2017/06/24(土) 23:40:10.65 ID:3L0uqIgf0

P「なら俺を枕にしてくれ」

藍子「えぇ…私が膝枕するんですか?」

P「ちがうぞ?」

藍子「へ?」

P「『俺を』枕にしてくれ」

藍子「…はい?」




5: ◆9YfKA67h5g 2017/06/24(土) 23:40:52.19 ID:3L0uqIgf0

P「もう一回言おうか?」

藍子「え?…あっ、言葉の意味はわかるんですよ?」

P「じゃあ早速」

藍子「わかるのは言葉の意味ってだけで意図がわからないんです!!床に寝転ばないでください!!」

P「あのな…藍子」

藍子「…なんですか」

P「考えるな、感じるんだ」

藍子「ほんとに意味がわからないです」




7: ◆9YfKA67h5g 2017/06/24(土) 23:41:30.76 ID:3L0uqIgf0

P「しかたないな、なんにもわからない藍子に枕になる意味を教えてやろう」

藍子「は…はぁ…」

P「まず一つ目はな」

藍子「寝転びながら話を進めるんですね」

P「一つ目は枕になったらずっと枕として生きていられる、仕事しなくていい」

藍子「プロデューサーさん、最近お仕事の詰めすぎてついにおかしくなりましたか?」




8: ◆9YfKA67h5g 2017/06/24(土) 23:42:15.86 ID:3L0uqIgf0

P「なかなか言葉がひどいな」

藍子「一回お休みをいただいたらいいんじゃ無いですか?」

P「休みをいただけるならいただきたいモノだな、ははは」

藍子「笑い事じゃない気がするんですけど…」

P「そして二つ目の理由なんだが」

藍子「そのまま続けるんですね…」




9: ◆9YfKA67h5g 2017/06/24(土) 23:43:03.91 ID:3L0uqIgf0

P「疲れたアイドルたちを俺が癒やしてやれるってすごく良くないか?」

藍子「セラピスト的なやつですか?」

P「まぁそんなところだな」

藍子「それだったらお花とかキャンドルとかありますよね?」

P「俺にはそんな専門知識無いからな 勉強している暇も無いから」

藍子「それはすごくいいことだと思います」

P「だろ?」



10: ◆9YfKA67h5g 2017/06/24(土) 23:44:30.14 ID:3L0uqIgf0

藍子「癒やしてあげたいという気持ちはいいと思うんです、それにしてもなんでわざわざ枕なんかになるんですか?」

P「女の子が俺に顔を埋めてる図とか想像したらすっげえ興奮する」

藍子「それが本心ですか…」

P「だから藍子」

藍子「…はい?」

P「俺を枕にして疲れを癒やしてくれ」

藍子「何でその話をして了承すると思ったんですか?」




11: ◆9YfKA67h5g 2017/06/24(土) 23:44:57.10 ID:3L0uqIgf0

P「藍子優しいから」

藍子「…はぁ、仕方ないですね」

P「ありがとう藍子、愛してる」

藍子「それで私は何をすればいいんですか?」

P「俺を枕にして寝てくれてるだけでいいんだ」

藍子「ほんと訳がわからないですけど…わかりました」




12: ◆9YfKA67h5g 2017/06/24(土) 23:45:44.19 ID:3L0uqIgf0

P「それじゃ俺はこれから枕になるから」

藍子「私は寝転んだらいいんですか?」

P「…………」

藍子「プロデューサーさん?」

P「…枕は喋らないだろ?」

藍子「あぁ…なるほど、そういうことですか」




13: ◆9YfKA67h5g 2017/06/24(土) 23:46:10.49 ID:3L0uqIgf0

P「…………」

藍子「それでは失礼します」

P「…………」

藍子「……これでいいんですか?」

P(完璧だよ、癒やされてるか?)

藍子「どこで直接脳内に話しかける技なんて覚えたんですか?」




14: ◆9YfKA67h5g 2017/06/24(土) 23:46:41.69 ID:3L0uqIgf0

P(枕になりたいと思ってたらできた)

藍子「ご都合主義ですね」

P(それでどうだ、俺の枕は)

藍子「まぁ…悪くは無いですね」

P(この枕は俺なんだぞ、俺に顔を埋めてどんな気持ちだ?)

藍子「!?!?!?」




15: ◆9YfKA67h5g 2017/06/24(土) 23:49:12.70 ID:3L0uqIgf0

P(俺の身体に顔を埋めてどんな気分だ?)

藍子「…悪くは無い…です」

P(うちの事務所のゆるふわ代表の藍子がおっさんの身体に顔を埋めているなんてな、ファンのみんなが知ったらなんて思うんだろうなぁ)

藍子「プロデューサーさんがやれって言ったんじゃ無いですか」

P(それもそうだな、でも顔を赤らめてさらに顔を押しつけてきてるじゃ無いか、それなりに気に入ったのか?)




16: ◆9YfKA67h5g 2017/06/24(土) 23:49:39.01 ID:3L0uqIgf0

藍子「…プロデューサーさんの香りが少し落ち着く香りです」

P(それはよかった、なんか俺も眠くなったな…)

藍子「もうこのまま寝ちゃいますか?」

P(それ名案だな)

藍子「それでは…おやすみなさい」

P(あぁおやすみ)




17: ◆9YfKA67h5g 2017/06/24(土) 23:50:20.52 ID:3L0uqIgf0



ガチャ

ちひろ「おつかれさまで…あら?」

ちひろ「…………クスッ」

ちひろ「今だけは寝かしておいてあげますか」

ちひろ「起きたらたくさんお仕事待っていますからね?(ニッコリ)」




18: ◆9YfKA67h5g 2017/06/24(土) 23:51:08.32 ID:3L0uqIgf0

ここまでのお付き合いありがとうございました。

次回また会いましょう


元スレ
SS速報VIP:【モバマス】P「俺、枕になりたい」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498315062/