1: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2017/07/09(日) 00:03:37.84 ID:FajK0swe.net

~深夜 雨の日~


鞠莉 「…果南」

果南 「…ッ!? なんだ、鞠莉か。びっくりさせないでよ…」

鞠莉 「またこんな夜中に出歩いて。それに傘もささずに、風邪ひくよ?」

果南 「濡れるのは慣れてるから。それに、雨の日の方が、色々“やりやすい”し」

鞠莉 「……コンクリート、血のついたナイフ」


鞠莉 「…また、殺したの?」



2: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2017/07/09(日) 00:05:56.17 ID:FajK0swe.net

果南 「もう少しなんだ…もう少しで完成するんだ、私のステージ」

鞠莉 「…山の中にある、あれ?」

果南 「縦と横に5個ずつ…このコンクリートブロックを並べて、私だけのステージを作る」

鞠莉 「どうして、そこまでして?」

果南 「私も、千歌達みたいに輝きたい。それだけだよ」

鞠莉 「こんなことしなくたって、果南は十分…」

果南 「ううん。足りないんだよ、私には」

鞠莉 「果南…」



3: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2017/07/09(日) 00:09:05.08 ID:FajK0swe.net

果南 「うんしょっ…とっ…!」ガタンッ!

鞠莉 「重そうだね、ブロック」

果南 「これをまたステージまで持っていかないと…もう何回もやってるけど、流石に骨が折れるよ」

鞠莉 「…手伝うよ」

果南 「いいよ。今日は雨だし、それに」


果南 「原型こそないけど、死体に触れたくないでしょ?」

ーーーーーー
ーーーー
ーー



4: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2017/07/09(日) 00:11:36.89 ID:FajK0swe.net

~翌日 部室 昼~


梨子 「また出たんでしょ? 行方不明者」

千歌 「怖いよね…これで20人目。ただ事じゃないよ」

曜 「連続殺人って説もあるんでしょ? 被害者は高齢の人がほとんどとは言っても、やっぱり怖いよね」


鞠莉 「ハァーイ、みんな」ガチャ

梨子 「鞠莉さん、おはようございます」



5: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2017/07/09(日) 00:15:41.67 ID:FajK0swe.net

鞠莉 「どうしたの、3人とも。珍しくそんな真面目な顔して」

千歌 「むぅっ、ちょっと失礼じゃない?」

曜 「最近沼津で起きてる、連続失踪事件の話ですよ」

鞠莉 「あぁ、あのことね…」

千歌 「早く犯人捕まらないかなー」

梨子 「20人も誘拐して、何が目的なんだろう」


鞠莉 「……さぁ、ね」

ーーーーーー
ーーーー
ーー



7: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2017/07/09(日) 00:18:19.16 ID:FajK0swe.net

~深夜~


果南 「……また来たの?」

鞠莉 「ただの見学。気にしないで」

果南 「そんなこと言ってもさ…」ゴトンッ

鞠莉 「またブロック…。今日もやったの?」

果南 「…鞠莉、悪いんだけど今日は手伝ってくれない? ちょっと疲れててさ」

鞠莉 「ステージに持ってくんでしょ? …いいよ、手伝ってあげる」

ーーーーーー
ーーーー
ーー



8: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2017/07/09(日) 00:20:41.72 ID:FajK0swe.net

~深夜 山道~


果南 「今日の人は切断しづらかったんだ。筋肉質な人は避けないとね…」

鞠莉 「…このコンクリートの中に人が入ってるなんて、知ってても信じられないね」

果南 「…鞠莉、どうしてこんな私といてくれるの?」

鞠莉 「どういうこと?」

果南 「初めて鞠莉に現場を見られた時、覚悟したよ。親友でも、流石に見逃されないだろうって」

鞠莉 「あの時は私も驚いた。あの果南が、人を殺すなんて」



9: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2017/07/09(日) 00:24:25.11 ID:FajK0swe.net

果南 「でも鞠莉は、何も言わなかった」

鞠莉 「…言えなかった、の間違いだよ」

果南 「ねぇどうして? なんでこんな私といてくれるの?」

鞠莉 「…口より手を動かしたら? こっから坂、急になるよ」

果南 「…ごめん」


鞠莉 「……だって、私のせいだもん」ボソッ

ーーーーーー
ーーーー
ーー



10: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2017/07/09(日) 00:28:18.07 ID:FajK0swe.net

~ステージ~


果南 「よいしょっと…」ゴトッ

鞠莉 「これで22個…あと3個で完成だね」

果南 「…ねぇ、せっかくだから練習したいんだけど、見ててくれない?」

鞠莉 「勿論。果南のソロライブ、見てみたい」

果南 「ありがと。…じゃ、始めるね」



11: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2017/07/09(日) 00:30:45.26 ID:FajK0swe.net

真ん中と端が欠けたステージで、果南は踊り始めた

彼女が踏みしめているコンクリートブロック1つひとつに、死体が埋まっているなんて

そんなことを忘れてしまうほど、美しい踊りだった。
果南はステージから、まさに“生”を受けていた


--この日、観客は私1人だった



12: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2017/07/09(日) 00:33:23.86 ID:FajK0swe.net

~翌週 夜 小原家~


ピリリ…ピリリリリ


鞠莉 「電話…こんな時間に?」ピッ


果南 『…もしもし』

鞠莉 「果南! どうしたの、こんな時間に」

果南 『今日、いつもの場所に来て。今日で完成するんだ』

鞠莉 「……分かった。すぐに行くわ」ピッ


鞠莉 「…終わるんだね、これで全部」

ーーーーーー
ーーーー
ーー



13: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2017/07/09(日) 00:36:35.15 ID:FajK0swe.net

~深夜 山中 ステージ~


鞠莉 「……すごい」

果南 「でしょ? スポットライトとか設置してみたんだ」

鞠莉 「ステージもほぼ完成してる。果南、頑張ったね」

果南 「うん。これでやっと、私も輝ける…」

鞠莉 「ねぇ、果南」


鞠莉 「どうして、真ん中だけブロックが置かれてないの?」



14: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2017/07/09(日) 00:38:25.14 ID:FajK0swe.net

果南 「センターはさ、一番立つ時間が長い場所だから」

鞠莉 「…スポットライトも、そこに当たってるしね」

果南 「だから、ここに置くブロックには、中途半端な人は入って欲しくなかったんだよ」


果南 「だから……さ」

鞠莉 「…大丈夫、果南。もう分かってる」



15: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2017/07/09(日) 00:38:56.99 ID:FajK0swe.net

鞠莉 「私はね、もう果南とは離れたくないって。もう二度と離すもんかって、あの時思った」

果南 「…うん」

鞠莉 「私たちをまた一つにしてくれた千歌っち達には、感謝してもしきれない」

果南 「………うん」


鞠莉 「私、あなたのライブ、ずっと見てる。あなたの踊る姿を、特等席で見てるよ」

果南 「…ありがとう」



16: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2017/07/09(日) 00:39:17.45 ID:FajK0swe.net

鞠莉 「………来て、果南」

果南 「……ッ! うわぁぁぁっ!!」ダッ!


グサッ


鞠莉 「うっ…ぐぅっ……つっ…」ポタポタ

果南 「鞠莉……鞠莉ぃっ……!」



17: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2017/07/09(日) 00:40:09.76 ID:FajK0swe.net

鞠莉 「何泣いてるの…? これで…果南の目標が達成できるのに…」

果南 「鞠莉…だってっ…!」

鞠莉 「……ステージの完成が見られないのは、残念だけどね」


果南 「ねぇっ…鞠莉。私、どうしちゃったのかなぁ…?」

果南 「なんで…こんなことしてるんだろう…」

果南 「いつから、おかしくなっちゃったのかなぁっ!?」


鞠莉 「…………。」



18: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2017/07/09(日) 00:40:41.56 ID:FajK0swe.net

鞠莉 「…果南、歌って」

果南 「えっ…?」

鞠莉 「私…果南の歌を聴きながら……逝きたい」

果南 「……これから、嫌という程聞くことになるのに?」

鞠莉 「……それでも、いいの。お願い……」


果南 「鞠莉…………」


「ごめん」

ーーーーーー
ーーーー
ーー



19: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2017/07/09(日) 00:41:39.40 ID:FajK0swe.net

果南は、来る日も来る日も踊り続けた

センターに立った彼女は、力を込めてステージを踏みしめ、深々とお辞儀をする


--観客は、1人もいないのに


完成されたステージは、まるで命を持っているかのように、キラキラと輝いていた



20: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2017/07/09(日) 00:42:09.00 ID:FajK0swe.net

ある日、観客が大勢やってきた

…しかしその観客達は、彼女の眼中になかった

あまりにも美しく、輝かしく踊る彼女を見て、観客は躊躇った


--彼女を、取り押さえるべきなのかを







22: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2017/07/09(日) 00:45:12.12 ID:FajK0swe.net

読んでいただきありがとうございました

世奇妙のような世界観をコンセプトに最近書いています
夏なので丁度いいですかね?

過去作もよろしくお願いします

【SS】ことり 「糸」

【SS】梨子 「コワレヤスキ」 善子・鞠莉 「コワレモノよ」



31: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2017/07/09(日) 01:16:25.05 ID:FajK0swe.net

必要なら詳しい解説入れようかと思うのですが…あった方がいいですかね?



36: 名無しで叶える物語(ぎょうざ)@\(^o^)/ 2017/07/09(日) 01:27:43.56 ID:yNKkECit.net

ほしい



40: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/07/09(日) 01:42:25.68 ID:T4CLBqLS.net

解説欲しいわ
凡人には分かりづらい



52: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2017/07/09(日) 13:31:46.77 ID:FajK0swe.net

簡単にですが解説の方を失礼します

ある日鞠莉が目撃したのは、見知らぬ男性を刺殺している果南でした。鞠莉が何をしているのかと問うと、果南はこう答えます

「人を殺して、バラバラにするんだ。それをコンクリートの中に埋め込んで、ブロックにする」

果南はそのブロックを使って、自分だけのステージを山中に作ろうとしていました
果南は自分が輝ける場所をずっと探していました。いつもは千歌達に紛れて、輝いているように“見えるだけ”。そう考えていた果南は、自分は自分の力だけでは輝くことが出来ないと悟ります。
そして果南は、人の生がもつ輝きを利用して、自らを輝かせようと考えます。その結果が、死体を用いたステージ制作でした

現場を見ても鞠莉は、通報などしませんでした
果南の悩みに気付けず、寄り添うことが出来なかった自分にも責任はあり、果南だけが罰せられるのは間違いだと思ったからです



53: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2017/07/09(日) 13:35:59.90 ID:FajK0swe.net

一年以上、果南を孤独に晒した自分への戒めもあったのでしょう。鞠莉はステージ制作を見守り続けます。もう、なんと声をかけても果南は止まらないでしょうから

ついにステージは完成が近づきます
しかし、最後のブロックが置かれる場所は、端っこではなく、ステージの真ん中でした。練習にも使うのに、なぜそんな不便な置き方をしたのかと鞠莉は疑問に思います。

そして果南は、センターには大事な人が入ってほしいと告げ、鞠莉にナイフを向けます。
鞠莉は薄々、こうなることを察していたのでしょう。果南の意思を受け容れ、鞠莉は命を落とします



54: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2017/07/09(日) 13:39:37.75 ID:FajK0swe.net

…死体もコンクリートで完全に処理されてしまうので、捜査は難航しましたが、警察はついに犯人を突き止めます

高校生といえど、相手は大量殺人犯。
警察は厳戒態勢で山中にいる犯人を追い詰めます。しかしそこで見たのは、驚くべき光景でした

コンクリートで出来た無機質なステージで、艶やかに踊る少女。そこにいるのが殺人鬼だとは、誰も信じられませんでした。


彼らはついに彼女を取り押さえる直前まで、その行動を躊躇っていました



55: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2017/07/09(日) 13:42:22.18 ID:FajK0swe.net

>>47 さんの言葉、身に染みました
伝えるべきことはちゃんと伝わるように書き込むべきでした、反省します

どこか奇妙な、複雑な世界を楽しんでいただければ、幸いです



56: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/07/09(日) 13:49:22.04 ID:rc+fVDFd.net

解説乙です
色々納得した


元スレ
【SS】鞠莉 「殺人鬼 果南」
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1499526217/