1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/24(火) 02:55:19 ID:VMRwz0jc

束「やっとできた!光学迷彩 !!」

束「これで、ちーちゃんや、いっくんの私生活を覗き見しちゃおうっとぉ」

束「とりあえず、寮のマスターキーを作ってっと・・・」

束「潜入操作 開始!」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/24(火) 02:59:24 ID:VMRwz0jc

IS学園寮 一夏部屋

一夏「今日も疲れたなぁ・・・。」ドサッ

一夏「毎日こんな特訓じゃ体が保たないよ・・・。」

束「(ふむふむ、いっくんは放課後も特訓をしているのかぁ)」

一夏「シャルの教え方は分かりやすいんだけど、他の4人がなぁ・・・」

一夏「意地になってるような節があるような気がしてならないんだよなぁ・・・」

束「(独り言が多くて情報収集が捗るよぉ、どんどん言っちゃってぇ~♪)」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/24(火) 22:23:34 ID:VMRwz0jc

一夏「さてと、そろそろ寝ようかな・・・・。」

束「(あれ、もう寝ちゃうの?おもしろくないなぁ・・・・。)」

一夏「その前にトイレかな・・・。」てくてく

束「(今のうちに脱出だー)」
がちゃっ

束「(なにっかないっかなぁ~♪)」

束「(ちーちゃんだ!)」

千冬姉「・・・・・・」てくてくてくてく

束「(イタズラしたいなぁ・・・・へっへっへ・・・・)」そぉ~

千冬姉「・・・・・トォッ!」バシッ

束「い、いたいよちーちゃぁん、ふぇえぇぇん」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/24(火) 22:27:50 ID:VMRwz0jc

千冬姉「束・・・・貴様何をしている。」

束「どうしてわかったのぉ?」

千冬姉「気配で分かる。特に貴様のはな。」

束「回答になってないもん!ぷんぷん!」

千冬姉「で、なんだそれは。」

束「光学迷彩だよぉ♪目には見えず、重力感知装置にも引っかからないんだぁ♪」

千冬姉「ほぉ・・・それで一体何をしているんだ?」

束「いっくんの恋愛事情を知りたくてねぇ♪」

束「やはり姉としては、箒ちゃんといっくんがくっついて欲しいわけなんだなぁ♪」

千冬姉「それで、現状の調査に来たといったところか?」

束「そうなんだよぉ。でもぉ、いっくん何も話してくれなくて、困ってるんだよぉ?」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/24(火) 22:31:25 ID:VMRwz0jc

千冬姉「あいつに好きな女なぞ居ない。強いて言うなら・・・・」

束「強いて言うなら?」

千冬姉「私だ。」

束「ちーちゃん・・・・・ぶらこんだったね、そういえば・・・・・。」

千冬姉「お、おほん・・・・・・・///」

束「(どうして頬を赤らめるのぉおおおお!?)」

千冬姉「そ、その・・・・なんだ、少し頼みがあるんだが・・・・。」

束「いいけど・・・・?」

千冬姉「そ、そのスーツを借りてもいいか・・・・?」

束「えっ・・・・・・」



19: >>1 2012/02/09(木) 18:07:48 ID:AGMLmfKA

千冬姉「こ、これは教師としてだな・・・その、生徒の素行を監視するために・・・そのぉ・・・」

束「いいよぉ~♪はい、ちーちゃん。」

千冬姉「す、すまんな・・・・(こ、これで一夏の部屋に・・・はぁはぁ・・・・・)」

束「(ちーちゃん、目が薬やってる人みたいなことになってるよぉ・・・)」

するする・・・するする・・・・

千冬姉「(ふむ、ゴム製の生地か・・・ぴちぴちじゃないか・・・。)」

千冬姉「(胸が多少きついが問題ないな。そしてこのボタンを押せば・・・・)」ぶぅん

千冬姉「(こ、これで一夏のへ、部屋に・・・ぐふふふふふふ)」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/02/09(木) 18:14:06 ID:AGMLmfKA

午前2時

そろーりそろーり・・・・

千冬姉「(マスターキーを使って・・・・・ゆっくりと・・・・・・・)」かちり・・・

千冬姉「(開いた!開いたぞ!最大の難所はクリアできたな・・・周りに人はいない。よし。)」キィ・・・・

ひゅぅ~かちりっ・・・・・

千冬姉「(ふぅ・・・つ、つ、つ、つ、遂に一夏とふたりきりにっ!それも無防備な一夏とっ!!)」

一夏「すぴーすぴー・・・んがが・・・・・」

千冬姉「(呑気に寝ているな・・・ふふふ・・・・・ぬっ!こ、これは・・・・・脱ぎたてほやほやのパンツ!!)」

ちらっ

一夏「ふにぃ・・・・ふにぃ・・・・ぐすぴー・・・・・」

千冬姉「(良し!)」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/02/09(木) 18:19:37 ID:AGMLmfKA

くんくん・・・・くんくん・・・・・

千冬姉「(!?)」

千冬姉「(こ、この匂いは・・・・まさか、一夏・・・・・夢精したのか!?)」

千冬姉「(相当溜まっている、と言ったところか・・・・)」

千冬姉「(し、しかし私も・・・その・・・・・はぁはぁ・・・・・匂いを嗅いだだけで興奮してしまって・・・・はぁはぁ)」

千冬姉「(今ならバレ無い・・・バレ無い・・・・はぁはぁ・・・・・)」

そろ~りそろ~り

千冬姉「(パンツ1枚・・・そうか、遂さっき夢精してすぐ脱ぎ替えたんだな・・・・)」じーっ

一夏「ち、千冬姉・・・・そこダメだって・・・・・むにゃむにゃ・・・・・・・」

千冬姉「(!?)」



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/02/09(木) 18:26:18 ID:AGMLmfKA

千冬姉「(け、牽制球をかけてきたか!しかし、一体どんな夢を・・・夢を・・・夢を・・・・!?)」

千冬姉「(勃起!?私の夢でぼ、ぼ、ぼ、勃起!? しかも既に我慢汁が滲み出て・・・・はぁはぁ)」

千冬姉「(く、苦しそうだな・・・・そうだな、うむ。生徒が苦しんでいる時に、教師が黙って観ているのか!?)」

千冬姉「(否!わ、私なら助ける!そうだ・・・これは生徒の、一夏の為を思っての行動!)」

千冬姉「(だ、誰にも咎められる事は無い!)」

千冬姉「(今すぐ、苦しみを取り除いてやるからな!・・・・はぁはぁ)」すりすり

一夏「ん・・・・・んはぅ・・・・・」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/02/09(木) 18:35:59 ID:AGMLmfKA

千冬姉「(か、硬くて熱い・・・・・パンツ越しにも伝わってくる程とは・・・・・・・)」す~りす~りすりすりすりすり

一夏「はぁはぁ・・・・んはぁっ!はぁはぁ・・・ち、千冬姉ぇ・・・・・!」

千冬姉「(そうだ、夢の中でそのまま気付かずに私に続けさせろ・・・ふふふ、直に触ってやる)」ぽろっ

千冬姉「(す、すごい匂いだ・・・・はぁはぁ・・・・こ、こんなに・・・・も、もう辛抱たまらん!!)」シコシコシコシコ

一夏「千冬姉ぇダメだってぇそこはぁ・・・・気持ちいい・・・・はぁはぁ・・・・・・」

千冬姉「(どうせ何をしてもバレ無いのだ。も、もうなんでもやり放題だ!口の所だけ開けて・・・)」ぱくっ・・・れろれろ

一夏「はぅっ!はぁはぁ・・・・千冬姉気持ちいいよぉ・・・・そのまま続けて・・・・・」

じゅっぷじゅぷ・・・・はむっれろれろれろ・・・・・じゅぷじゅっぷじゅっぷ・・・・・・・

千冬姉「(どうだ?気持ち良いか一夏?)」じゅっぷじゅっぷ

一夏「はぁはぁ・・・・で、出そうだよ・・・・・千冬姉・・・・・・も、もう・・・・」



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/02/09(木) 18:44:06 ID:AGMLmfKA

千冬姉「(ふっ、イかせてやるものか。お前が出す場所は既に決まっているのだぞ?)」ぴたりっ

一夏「千冬姉、止めないで・・・・千冬姉ぇ・・・・・・」

千冬姉「(少し時間を置くか。すぐイかれては適わん。それにこちらも準備がある。)」

千冬姉「(トイレ用に作られた裂け目を開けて・・・・なっ!も、もう私はこんなになって・・・・・)」

ちらっ

千冬姉「(この体勢では、騎乗位になるか・・・・よしよし・・・・波打ってはいるが落ち着いてきているな・・・・・)」

一夏「千冬姉・・・・早く・・・・・」

千冬姉「(仕方の無い奴だ・・・・。よいしょ・・・・よいしょ・・・・)」ぎしぎしっ

千冬姉「(こ、こんな感じか?わからん・・・・とりあえず探ってみるか。)」

ぴたっ・・・にゅるにゅる・・・・・

千冬姉「(さ、先っぽが色んなところに当たって・・・・気持ちいい・・・!)はぁはぁ」ぴくぴく



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/02/09(木) 18:51:38 ID:AGMLmfKA

千冬姉「(こ、このままではこちらが保たない・・・早く入れねば!)」じゅぷっ・・・・

千冬姉「(こ、ここだ!!)」

一夏「千冬姉・・・・す、すごい気持ちいいよ・・・・」

千冬姉「(ふっ、何を言っている。本番はこれからだ。)」

千冬姉「(このまま腰を落として・・・)は、はぅっ!!」じゅぷぷぷぷっ

一夏「あっ・・・くっ!!」

千冬姉「(ま、まずい・・・・少し落ち着くまで待とう。私が壊れてしまう)はぁはぁ」

千冬姉「(よ、よし・・・いくぞ・・・・!ゆ、ゆっくりだ・・・・)はっ!はっ!んくぅ!!」じゅぷっ・・・・じゅぷっ・・・・

千冬姉「(こ、これは気持ちいい・・・・・ゆっくりペースを上げて・・・・・・!)はぅっ!ひぐっ!あっあっあっうっ!!」じゅっぷじゅっぷじゅっぷ・・・

一夏「千冬姉の膣中・・・・す、すごく気持ちいいよ・・・・・千冬姉・・・・・千冬姉・・・・・・・・・!」ひくひくっ



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/02/09(木) 18:58:13 ID:AGMLmfKA

千冬姉「(も、もう声を我慢できない!)くはぁっ!いい・・・気持ち良い・・・・・!」じゅっぷじゅぷじゅぷ

千冬姉「あっあっ!はうぅっ・・・ひぐひぐっ・・・・!!」じゅぽじゅぽ

千冬姉「くはぁっ!いい・・・気持ち良い・・・・・あっあっ!はうぅっ・・・ひぐひぐっ・・・・!!」じゅぽじゅぽ

一夏「んあぁ・・・・ん?えっ?あっ、気持ちいいけど・・・えっと、誰?」

千冬姉「(ぬ、ぬかったぁ!だ、だがこのまま続ければ!!)」じゅぷじゅぷじゅぷ・・・

一夏「なっ!えっ!?くっ・・・!き、気持ちいい!!」

千冬姉「(ふっ、我が弟ながら淫乱だなぁ・・・私も人の事は言えんが・・・)」じゅぷじゅぷじゅぷじゅぷ・・・



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/02/09(木) 19:05:46 ID:AGMLmfKA

千冬姉「(こんなのはどうだ?)」くねくねじゅぽじゅぽ・・・

一夏「はぅううっ!」

千冬姉「(ふっ、エロ餓鬼め・・・し、しかし私も・・・・)くっ!」

千冬姉「あっあっ・・・かはっ!くっ!・・・・んっ!あっ!あっ!あっ!」じゅっぽじゅぷじゅぷ

一夏「だ、誰か分からないけど・・・手伝うよ。」

千冬姉「(な、何を言って・・・な!? 突き上げるのか!?)」

ガシッ! ギシギシギシギシ

千冬姉「あっあっ・・ひぐぅっ!!んっ!あっ!あっ!あっ!」じゅぽじゅぽじゅぽっ!

千冬姉「()」



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/02/09(木) 19:14:01 ID:AGMLmfKA

千冬姉「(ま、まずい・・・・イかされてしまう・・・・)ひぐっ!あっあっあっうっ!はぅっ!」じゅぷじゅぷ・・・

一夏「も、もうイキそうだ・・・・くはっ!」

千冬姉「膣中に・・・はぁはぁ・・・はぅっ!ん、くはぁっ!だ、出せっ!はぁはぁ・・・ひぐっ!」じゅぽじゅぽ

千冬姉「(イ、イク・・・イク・・・・イってしまうぅうう!!)」びくびくっ!

一夏「で、出るっ・・・!くっ!」びくっびくっ・・・

千冬姉「はぁはぁ・・・・」

一夏「はぁはぁ・・・・き、君は誰・・・・?」

千冬姉「(まずい!すぐに逃げなければ!)」ささささっ・・・・がちゃっ・・・バタン。

一夏「・・・・・?」

トイレ

千冬姉「(あのバカ者、こんなにたくさん出しおって・・・・何度拭いてもどろどろと染み出してくるではないか・・・・)」ふきふき

千冬姉「(タンポンを突っ込んで、ナプキンも装備するしかあるまい・・・・)」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/02/09(木) 19:22:57 ID:AGMLmfKA

翌日

束「で、使い心地はどうだった?」

千冬姉「つ、使い心地?なんのことだ?私はまだ使っていないぞ?」

束「言い忘れてたけど、あのスーツ。視界の部分にカメラが仕込まれてるからねぇ~♪」

千冬姉「ぶふぉっ!なぜ先に言わなかった!」

束「だって、素行調査って言ってたからだよぉ♪」

千冬姉「・・・・私をハメたな?」

束「ハメたのは、いっくんだよぉ?ふふふふ~ん♪」

千冬姉「貴様ぁ・・・・!」

束「お、怒らないでよぉ・・・・じゃあぁ好きな機能を1つ付けるってのはどう?」

千冬姉「そ、そうだな・・・・・そ、それなら・・・・・・声が聞こえないようにして貰えるかな・・・・(照)」

束「了解ぃ♪」

千冬姉「ふふふふふ・・・・これで確実に気付かれまい・・・・・・・!」


END



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/02/09(木) 20:44:52 ID:Bft2JTys




元スレ
SS深夜VIP:束「光学迷彩を作ったよぉ~、ふふふふふ」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1327341319/