1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/22(土) 14:49:12 ID:SKjuhUw2

男「お前さ、おとつい告白されたらしいじゃん」

友「おう、後輩にな」

男「キィ~~~~!!!!」

友「やめろ、殴るな殴るな!」

友「てかお前はなんというかそういうのに興味なさそうだけどな」

男「あ~それは」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/22(土) 14:50:06 ID:SKjuhUw2

男「やっぱ人並みに恋愛はしたいな、可愛い女の子はやっぱ好きだし」

友「うん」

男「でもなんか面倒だと思ってしまうんだよな」

友「出た、最近流行りのやつだ」

男「うっさい。だからまぁ、羨ましいとは思うぞ」

友「じゃあ自分からアプローチとかもしないのか」

男「そうだな、俺は自分に自信もないし、最初から諦めてるのかもな」

友「ほー?これは重症ですな」

男「うっさい、じゃあお前はなんでおとつい断ったんだよ」

友「部活が忙しい」

男「お前もお前だな」


友「うーん、これはなんとかしないとならんな」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/22(土) 14:52:38 ID:SKjuhUw2



女「あっ友くん、男くんおはよう!」

友「おう、おはよう」

男「よ」

女「友くんさ、文化祭の実行委員のこと考えてくれた?」

友「あー部活あるからやっぱり無理かな」

女「むー、残念、じゃあ別の人に頼んでみるね」

友「オウ、悪いな」

女「じゃあね~」

友「おいなんだその目は」

男「友…お前は別の星の生き物か何かか…」

友「俺はお前がわかんねぇよ」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/22(土) 14:57:01 ID:SKjuhUw2


男「女さんっつったらお前学年のアイドルやぞ、小柄で色白、さらさらの髪に大きな目、何より誰にでも優しいマドンナですやろ!」

友「エセ関西弁をやめろ、俺はあの子と中学が同じってだけだ、んで面倒事を頼まれてただけだ」

男「ッカ~~~!ライトノベルの主人公か!結城リ○トか!」

友「その表現がお前をモテなくしてるぞ」

男「返す言葉も無ェ」

幼馴染「やあお二人さん朝からお元気ですな」

男「うっせぇブスしばくぞ」

幼馴染「アンタはもうちょっとおとなしくしてろ」

友「おは、今日女さんと一緒じゃないんだ」

幼馴染「あの子委員会で忙しいから、あっ、じゃあまたね!」タタッ

男「…ハーレム構成員Bか」

友「誰がだ」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/22(土) 15:02:58 ID:SKjuhUw2


放課後

男「帰るか」

友「悪い、ちょっと部の会議あるから今日は一緒に帰れない」

男「オッケー、またな」

友「おう」


男「ジャンプ買って帰ろう」カタン

男「ん?は?えっ何これは、手紙???」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/22(土) 15:10:22 ID:SKjuhUw2

男「ラ…ラブのレターか!???!!?!」

男(落ち着け落ち着け万に一つも二つも無ぇだろオイ、大体なんだこのピンクいふわふわした紙、エッチすぎるぞこれは!エッチであるぞ!)

男(周りには誰もいないな、よし、見るぞオイ)

手紙『もし良かったら連絡してください。●×△@yahoo.co.jp』

男「いやヤフメって」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/22(土) 15:12:52 ID:SKjuhUw2


自宅

姉「アンタ帰ってきてたんだ」

男「オーさっきな」

姉「じゃあちゃっちゃと風呂に入って、…何その顔」

男「思春期にはいろいろあんだよ」

姉「私が年増って言いたいのかアンタは」

男「ちげえよ」

姉「まあ今を楽しみなさい、風呂入れ」

男「年増っぽい発言すんな」

姉「ご飯いらないみたいね」

男「アッスンマセン」

男(…まぁ送ってみるか)



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/22(土) 15:15:12 ID:SKjuhUw2


男「というかメチャメチャ怪しいし、相手の素性がわからねぇからどうしたもんか」

男「てか罰ゲームの類じゃないだろうな」

男「えー、『はじめまして、お手紙ありがとうございます。男です。』」

男「まぁこんなんでいいだろ」

ヴー

男「あ、来た」

男「『こんばんわ!お忙しいところありがとうございます!実は私男さんと話してみたくて!あ、でもメールじゃ話じゃないですね!ごめんなさい!』」

男「…ちょっと可愛いと思ってしまったぞ」

男「『いやいや笑、俺でよければ全然付き合いますよ!同じクラスの人とかですか?』」

メール『あの、すみません、ちょっと私のことは内緒じゃいけませんか?』



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/22(土) 15:17:42 ID:SKjuhUw2

男「う~ん、怪しいな」

男『いいですけど、どうしてですか』

メール『ちょっと、言いにくいことで相談したくて、あの、恋愛とかなんですけど』

男『なるほど、なんでまた俺なんだ、もっと経験のありそうなやつはいっぱいいるぞ』

男「イケメンの友君とかな!!!!!!!!1」バン!

男「いってぇ…頭打った」

メール『いえ、男さんがいいんです。私の好きな人は男さんに似ていて、お話を聞きたいと思って…』

男「う~ん、どこかの世界には俺と良く似ているが俺の数百倍恵まれている星人がいるのか…」

男「ちょっと面倒なことになったぞ…」

男「他人の恋愛のために時間を割くのか…面倒臭ぇ…」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/22(土) 15:20:38 ID:SKjuhUw2


翌日

友「おはよ、なんか眠そうだな」

男「まぁ、ちょっと夜更かししてな」

男(他人の恋愛相談に乗っていて、なんだかんだちょっと楽しかったなんて言えねぇ…)

友「身体壊して姉さんに迷惑かけんなよ」

男「なんでアイツが出てくんだよ」

友「お、あれ女さんと幼馴染さんじゃないか、おはよー」

女「おはよ~!」

男(おお…女さん相変わらず可愛い)

幼馴染「おはよう!」

男「こいつはどうでもいい」

幼馴染「は???」

男「やべ声に出てた」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/22(土) 15:22:15 ID:SKjuhUw2


友「女さん、委員会大丈夫だった?」

女「うん、他にやってくれる人が見つかったからね!」

友「クラスの出し物も楽しみだね」

女「そうだね、男くん劇の脚本を書くんだってね、すごい」

男「あっ、そうっすね、先生に頼まれただけっす」

幼馴染「男、緊張しすぎ」

男「うるせぇぞチビ」

幼馴染「あー!いいもん姉さんにチクるからね」

女「あはは、二人は仲がいいね」

友「ほんとにな…」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/22(土) 15:25:47 ID:SKjuhUw2


昼休み

友「例えばさ」

男「うん?」

友「恋愛の相談をされるとするじゃんか、一体どういうことを言えばいいのかな」

男「は、お前、は?」

友「いや最近ちょっとあってさ、好きな人がいるから相談に乗ってくれって」

男「……おう?」

友「なんかさ、傍からむやみに頑張れ!いけ!って言うのも無責任だしさ、わからなくて」

男「うーん、相手の男の好きなものとか聞いて、攻略法をアドバイスすればいいんじゃないか」

男「男だからわかる男心みたいなのを聴きたいんだろ多分」

男「…なんだよその目は」

友「いや、なんかお前からそんなマトモなことが聞けるなんて思ってなかったから」

男「しばくぞ」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/22(土) 15:27:05 ID:SKjuhUw2

友「んじゃお前に聞きたいけど、恋愛に奥手で自信の無い男性を振り向かせるにはどうしたらいいんだ」

男「色仕掛けだな」

友「やっぱお前に聞いたのがバカだったわ」

男「冗談冗談、そうだな、まぁまずは意識させなきゃいけないんじゃないか」

友「ほう」

男「男なんて馬鹿だから、こいつ俺のこと好きなんじゃないかと思えばイチコロっしょ」

友「なるほどね」

男「まあある程度可愛い子に限るかもしれんが」

友「エロゲだとみんな可愛いもんなぁ」

男「お前絶対俺を馬鹿にしてるだろ」

友「まあ見た目の問題は大丈夫そうだな」

男「?」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/22(土) 15:28:50 ID:SKjuhUw2


男「あとは、そう、メールだな、あれはすごいぞ」

友「俺は苦手だなぁ」

男「そもそも女の子からメアドを聞くって行為がさっきの要素も含んでいて最強かもしれん」

友「お前すごいな、まるで」

男「まるでなんだよ俺は童貞だぞ、全部童貞の妄想だぞ」

友「まぁ確かに男目線でお前にアドバイスを請おうとは思わない」

男「死ね、あとはそうだな…ヤフーメールを使わないことだな」

友「ヤフーメール?」

男「匿名でヤフーメールは論外だな、うん」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/22(土) 15:30:58 ID:SKjuhUw2


メール『メールアドレスを聞く、ですか』

男「『そゆこと』」

メール『でもそれは難しいです、もう知ってしまっているので…』

男『じゃあメールしようぜ、何でもいいんじゃないか、ちょうど文化祭とかもあるしそれに関連したこととか』

メール『ちょ、ちょっと難しいんで、メールから一旦離れましょう』

男『? まあいいけど、今日は好きな人と話せたの?』

メール『話せたというか会話にならないというか…』

男『まぁ緊張するよな、俺もそうだよ。気になる人の前では自然と会話から逃げたくなる』

メール『男さん気になる人がいるんですか!?』

男『まぁそりゃ俺も健全な男子だからな』

男「あれ、返信が来なくなった」

男「…寝るか」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/22(土) 15:34:20 ID:SKjuhUw2


翌日
メール『昨日はすみませんでした、ちょっと忙しくて』

男『別に気にしてないぞ』

メール『男さんの好きな人ってどんな人なんですか?』

男『参考になるかは解らんが…小柄で明るくて、誰に対しても優しい子だな、ずっと片思いしてる』

メール『そう…ですか、やっぱり可愛い子が好きなんですね』

男『男はそういう生き物だからな、女はそうじゃないのか?』

メール『わたしはそうでもないです!』

男『そうなのか、俺の友人のイケメンはやっぱりモテるけどな』

メール『…そうでもないかもしれないよ』

男『?』

メール『あっ、いや、こっちの話です!』



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/22(土) 15:37:07 ID:SKjuhUw2


幼馴染「おっすおっす」

男「朝からお前か…」

幼馴染「なんだか残念そうだね」

男「学校に向かう速度が1.5倍になる」

幼馴染「女ちゃんがいると?」

男「0.1倍だ」

幼馴染「遅っ!」

幼馴染「そういえば友くんは?」

男「朝練だとよ」

幼馴染「あーあー残念だわー」

男「ほらさっさと行くぞ」

幼馴染「あっ待ってってば!」


幼馴染「ほんとばかなんだから…」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/22(土) 15:39:34 ID:SKjuhUw2


女「やほ、男くん、原稿はどう?」

男「もうちょいっす」

女「すごいねぇ~よくここまで書けるね」

男「何せ桃太郎と白雪姫を合体させる超絶無理難題なんで疲れますね」

女「そうだね、担任さんも鬼だよねぇ」

男「女さんも委員会頑張ってくださいね」

女「うん、最後の文化祭だもんね、成功させなきゃ。そういえば友くん見なかった?聞きたいことがあるんだ」

男「あいつのことだから部活かなんかだと思います、伝言しましょうか?」

女「あ、ううん、ちょっと内緒話だからね、ごめん!それじゃ!」

男「いえいえ」


女「はー…やっぱり無理よ友くん…」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/22(土) 15:43:47 ID:SKjuhUw2


放課後

幼馴染「やあやあ、今日も一人で帰宅かい」

男「ちょっと作業で遅くなったんだよ、そういうお前はどうなんだ」

幼馴染「気になる?」

男「別に」

幼馴染「鬼め」

男「そういえばさ、お前、気になる人とかいんの?」

幼馴染「は!?え1?何、急に」

男「いやあ、最近周りでそういう話が多くてな」

幼馴染「もうすぐ受験だしね、この文化祭が最後のチャンスだったりするのかな」

男「お前もそうなのか?」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/22(土) 15:45:56 ID:SKjuhUw2


幼馴染「んー、受験までに決着をつけたい、みたいなのはあるかも」

男「そっか、お前ももうそんな歳なんだな」

幼馴染「なにそれ、おじさんみたい」クス

男「何かな、他人の相談に乗ってたりすると取り残されている感じがするんだよ」

幼馴染「あんただってちゃんと成長してるんじゃない?メールとか、結構まともなアドバイスもしてるし」

男「? なんでそれを知ってるんだ?」



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/22(土) 15:52:58 ID:SKjuhUw2


幼馴染「しまっ―」

男「ああ!あれか!お前友に相談してるんだろ!あいつが言ってたのお前だったんだな!」

幼馴染「ええ、えっ?」

男「友はいいやつだぞ、イケメンだしなあ!そうかそうか、お前らそんなに仲良かったんだな」

男「もう友と付き合っちゃえよ、そしたら俺も安心―」


幼馴染「なにそれ」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/22(土) 15:54:56 ID:SKjuhUw2


男「あ、おい」

幼馴染「ワケわかんないよ、何急に」

男「いや、冗談」

幼馴染「そんなんじゃ何時までたっても変われないよ」

男「それは、どういう」

幼馴染「…ごめん、言い過ぎた、私が悪い。先に帰るね」


男「…すまん」


幼馴染『友くん、ちょっといいかな』

男(その日はメールが一通も届かなかった。)



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/22(土) 15:58:35 ID:SKjuhUw2


友「男、昨日女さんから聞いたんだけど幼馴染さんと何かあったのか」

男「すまん、ちょっと地雷踏んだ」

友「お前なんか最近疲れてるぞ、ちょっと休憩しろ」

男「友」

友「なんだよ」

男「…俺は最低だなぁ…」



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/22(土) 16:00:20 ID:SKjuhUw2


男(結局、あれから例のメールは来なくなった。)

男(俺は真相を知ることに怖気づいて、あれから何もできないでいた)

男(気付けば受験が終わり、それぞれが進路を決め、卒業を迎える時期となった。)

男「あーアレだな、エロゲのバッドエンドみたいだ」

男(俺もそろそろ決着をつけないといけないのかもしれない。)



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/22(土) 16:02:38 ID:SKjuhUw2


卒業式の後

男「…いや、最後の最後にこれは無いだろう」

友「いいんだよ、ゲームみたいでいいじゃないか」

男「バッドエンドは懲り懲りなんだが」

友「バッドエンド、ね…」

男「?」

友「いや、いいから、ほら入れろ」

男「ほんとにこんな汚い切れ端でいいのか」



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/22(土) 16:06:02 ID:SKjuhUw2


女「幼馴染ちゃんは東京の学校に行くんだよね」

幼馴染「うん、地元はあんまり考えなかったから」

女「それって…」

幼馴染「いや~湿っぽいのは無し無し!」

幼馴染「そういえば、女ちゃんもあいつもこっちの学校なんだよね」

女「…うん」

幼馴染「…また、帰ってきたら遊ぼうね」

女「…もちろん」

幼馴染「なんだか泣きそうだ、ごめん、先に帰ってて」

女「…ん」



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/22(土) 16:09:22 ID:SKjuhUw2


男「…来たか」

幼馴染「今時下駄箱手紙に『中庭の木の下に来てください』は無いと思うけど」

男「うるせぇ」

幼馴染「しばらく話せてなかったね」

男「…おう」

幼馴染「何から話そうか」

幼馴染「私ね、失恋しちゃったんだ」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/22(土) 16:11:06 ID:SKjuhUw2


幼馴染「私、とってもずるい人間でさ、」

幼馴染「好きな人に恋愛相談するフリして探りを入れてたの」

幼馴染「そしたら、話してるうちにわかっちゃった」 

幼馴染「私はその人の眼中に無くて、その人は私の…友達が好きで…」

幼馴染「私…どうしても諦めなきゃいけなくなって、気まずくなって…ごめんなさい」

男「……そうか」

男「一ついいか」

男「俺も今全く同じ境遇になった」



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/22(土) 16:14:14 ID:SKjuhUw2


男「俺らはさ、どうも噛み合わなかったみたいだな」

男「いい関係のように見えて実は全部ちぐはぐだったんだよ」

男「いやあ、恋愛ってなんて面倒なんだろうな、アッハッハ」

幼馴染「…そう、だったね」

男「ごめんな、幼馴染」

幼馴染「…ううん」

幼馴染「私たち、失恋しちゃったね。」



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/22(土) 16:17:37 ID:SKjuhUw2


男「おう」

友「お前、なんでここにいるんだよ、幼馴染さんは」

男「一緒に帰ろうっつったら、悲しくなるからどうしても無理だと言われた」

友「ハァ!?お前ら何を話し合ったんだよ」

男「そういうところ、ずっと鈍感だねとも言われた、アッハッハ」

友「おい、一発殴っていいか」

男「なんでだよ」



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/22(土) 16:18:35 ID:SKjuhUw2


男「おう」

友「お前、なんでここにいるんだよ、幼馴染さんは」

男「一緒に帰ろうっつったら、悲しくなるからどうしても無理だと言われた」

友「ハァ!?お前ら何を話し合ったんだよ」

男「そういうところ、ずっと鈍感だねとも言われた、アッハッハ」

友「おい、一発殴っていいか」

男「なんでだよ」



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/22(土) 16:20:47 ID:SKjuhUw2


友「お前の好きな人は誰だ」

男「俺は、幼馴染が好きだ」

友「そうだ、幼馴染さんは誰が好きなんだ」

男「それは…お前だろ」

友「バッ…お前バカだろ!?」

友「幼馴染さんはお前が好きなんだよ!お前が女さんを好きだと勘違いしてるんだよ!」

友「幼馴染さんの恋愛の相談相手は、お前だったんだよ!」

友「どんだけ鈍感なんだよ!何の決着をつけに行ったんだよ!」

友「お前らの気持ちのためにどれだけの人間が泣いたかわかってんのか!?」

男「おい、それは」

友「…さっさと追いかけろ、でないと本気で殴るかもしれん」

男「友…すまん!ありがとう!」

友「礼はいいよ」

友「…そのかわり、全部終わったら、ひとつ謝らせてくれ」



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/22(土) 16:24:23 ID:SKjuhUw2


男(俺は馬鹿だった、劣等感丸出しの馬鹿だった)

男(勝手に全部諦めて、勝手に勘違いして、)

男(馬鹿な言動で傷つけて、最後の最後に追い討ちまでかけて!)ハアッ

男「ちゃんと…謝って…ハァッ…決着をつけないと…!」

男「幼馴染いいいいいいいいい!!!!!!!!!」



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/22(土) 16:26:24 ID:SKjuhUw2


男「すまん、ずっと勘違いしてた」

男「お前は友のことが好きだと思ってた…」

男「気付くチャンスはいくらでもあったのに…妙なフィルターがかかっていて全く気付けなかった…」

男「メール、ありがとうな。でもヤフーメールはさすがに怪しいぞ…」

男「幼馴染、俺は、お前が好きだ。」

幼馴染「…バカ」



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/22(土) 16:29:08 ID:SKjuhUw2


幼馴染「だってだって小柄で明るくて、誰に対しても優しい子が好きって」

男「お前もそうだし、ずっと片思いだって言っただろ。もう10年になるな」

幼馴染「好きな人の前だと逃げたくなるって」

男「なんか照れてさ、冷たく接してしまうんだよな」

幼馴染「ていうか私、あんたに似た人が好きって」

男「友はああ見えて結構奥手で、俺に似てるんだよ」

幼馴染「顔は全然違うのにね」

男「お、やんのかこの野郎」

ギャアギャア



37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/22(土) 16:31:36 ID:SKjuhUw2


女「はー、やっとかぁ」

友「ほんと、両方どんだけ鈍感なんだってな」

女「まぁそれで良かったかなって」

友「…おいおい、そんなに泣くなよ」

女「…今から大学変えられないかな」

友「それだけはちょっとどうにもならんな」

女「わたしたちさ、失恋しちゃったね」

友「…まぁな」

女「…また相談に乗ってね」

友「…俺には何もできねぇよ」



38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/22(土) 16:34:13 ID:SKjuhUw2


エピローグ

男「ということがありまして」

姉「おせーよ!」

男「あ~」

姉「傍から見ててもイライライライラしたわ、さっさとくっつけって」

男「そっすか…」

姉「いやあ、でもあたしは嬉しいね、作戦が功を奏したみたいで」

男「というと」

姉「匿名メール、あれね、あたしが考えたの」

男「あんたかよ!!!」



39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/22(土) 16:37:05 ID:SKjuhUw2


友「男、やっぱ恋愛って面倒臭いな…」

男「お前また思わせぶりなことしてふったのかよ…」

友「俺はそういうつもりは無かったんだけどな」

男「はいはいイケメンイケメン、女さんとは最近連絡とってるのか?」

友「あーアイツもまだ過去の気持ちを引きずってるよ」

男「え、女さんにもそんな過去があったのか、てっきりお前のことを」

友「お前は何時までたっても変わらないな、それがいいよ」

友「あー…報われねぇなぁ…」



40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/22(土) 16:39:27 ID:SKjuhUw2


男『そっちの生活には慣れたか?こっちは相変わらずだ。』

メール『こっちも変わらないよ、ちょっと目が回りそうになる。早くあんたのバカ面見て安心したいよ』

男『喜んでいいのかどうかわかんねぇな』

メール『バーカ』

男『うるせぇヤフーメール女、着信拒否すんぞ』

メール『やめてね、このアドレスは手放せないよ』

男『バーカ』


おわり



41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/22(土) 16:40:38 ID:SKjuhUw2

ありがとうございました



42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/23(日) 09:33:03 ID:zEklyZRc




元スレ
SS深夜VIP:男「恋愛相談?」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1395467352/