1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 19:11:35.37 ID:sdhD8YBbO

セシリア「消去法?」

ラウラ「なんだいきなり」

一夏「正直お前ら俺のこと好きだろ?いい加減一人を選ぼうと思ってさ」

鈴「はぁ!?べ、別にあんたのことなんか好きじゃないし」

一夏「はい、一人消えた」

鈴「えっ・・・えっ?」

一夏「好きじゃないなら仕方ない。ほら出てってくれ」グイグイ

鈴「ちょっ、待って、ちがっ、違うの!」

一夏「忙しいんだから、じゃあな」グイグイ

鈴「待ってったら!一夏!」

バタン

鈴「開けて!違うの!」ドンドン

鈴「こんなのってない!一夏ぁー!」ドンドン


一夏「とりあえず一人減ったな。こんな感じで減らしてくから」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 19:19:50.39 ID:sdhD8YBbO

セシリア「ら、ライバルが減ったのは幸いですけれど・・・」

シャル「・・・」

箒「い、一夏!お前は人の思いをなんだと思っているんだ!」

一夏「だって俺のこと好きじゃないって」

箒「屁理屈を言うな!その根性叩き直してくれる!」ジャキッ

一夏「はい消えた」

箒「なに!?」

一夏「ことあるごとに刀やら木刀やら振り回されたらたまったもんじゃない。箒も出てってくれ」グイグイ

箒「なっ、これは!お前のために」

一夏「出たよ。残念ながら今までお前に殴られて為になったことはない」グイグイ




12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 19:23:28.01 ID:sdhD8YBbO

箒「そんな・・・す、すまなかった、これからは気をつけるから」

一夏「これからは無い。じゃあな」グイグイ

箒「待ってくれ!こんな、こんな、わたしが何年お前のことを!」グググ

一夏「しつこいぞ。みんな手伝ってくれ」グイグイ

セシリア「わ、わたくしは・・・」

ラウラ「・・・」

シャル「ごめんね箒」グイグイ

箒「まっ、待って!いやだ、いやだああ!」

バタン

箒「一夏!開けてくれ!」ドンドン

箒「一夏!!」ドンドン



一夏「残りは3、いや2人か」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 19:30:25.82 ID:sdhD8YBbO

セシリア「ま、また1人消えるんですの?」

ラウラ「・・・」

シャル「残念だね・・・」

一夏「そうだな。残念だなシャル」

シャル「・・・・・・えっ」

セシリア「ど、どうしてシャルロットさんが」

シャル「冗談だよね?一夏」ウルウル

一夏「うーん、前々から思ってたんだけど・・・シャルってなんか黒いよな」

シャル「そんな・・・どうしてそんな酷いこというの?」ウルウル

一夏「さっきのでハッキリしたしな」

シャル「・・・はっ!?」

一夏「普通友達で恋のライバルでもある箒をあんな簡単に見捨てないだろ」

シャル「で、でも・・・箒は友達じゃないし!」

一夏「・・・」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 19:33:51.01 ID:sdhD8YBbO

シャル「あっ、えっと、違う、友達だけど、恋に関しては別なんだよ!」

一夏「・・・」

シャル「そんなこと言うなら助けなかった二人も一緒じゃない!」

セシリア「シャルロットさん・・・」

ラウラ「シャルロット・・・」

一夏「・・・」

シャル「な、なんでそんな目で見るの!?ひどいよ!」

一夏「・・・お引き取り願えますか」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 19:37:43.40 ID:sdhD8YBbO

シャル「なんで!?納得いかないよ!」

一夏「・・・」

シャル「なんとか言ってよ一夏!」

一夏「・・・」

シャル「ひどいよ・・・ぐすっ・・・フランスから連れて来られて、初めて出来た好きな人なのに・・・うえええええええん!」

一夏「そういうのいいから」

シャル「・・・・・・」

シャル「・・・わかった・・・後悔してもしらないからね」

一夏「そういうのいいから」

シャル「・・・・・・」

バタン



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 19:48:36.86 ID:sdhD8YBbO

一夏「あと2人か・・・」

セシリア「あの・・・一夏さん」

一夏「なんだ?」

セシリア「・・・わたくしは辞退させて頂きますわ」

ラウラ「わたしもだ」

一夏「・・・どうして?」

セシリア「わたくしは、正々堂々と勝負して、選んで欲しかったんですの」

ラウラ「こんな方法で選ばれても嬉しくもなんともない」

一夏「そうか・・・いいんだな?」

セシリア「えぇ」

ラウラ「問題ない」

一夏「・・・そうか・・・」



85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 21:02:18.16 ID:sdhD8YBbO

一夏「・・・やっぱり二人だな。選べないよ」

セシリア「へっ?」

ラウラ「なに?」

一夏「ほんとはあの3人は元々断るつもりだったんだ。でも、誰かを選んだら、みんなギスギスするだろ?」

一夏「だから、こういう形で断りをいれれば、怨まれるのは俺だけで済むしな」

セシリア「一夏さん・・・」

一夏「つっても、結局二人から選べなかったんだけどな・・・俺には選べないよ」

ラウラ「・・・わたしは、二人でも構わないぞ」



92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 21:12:00.53 ID:sdhD8YBbO

セシリア「・・・わたくしも構いませんわ」

一夏「ラウラ・・・セシリア・・・いいのか?」

セシリア「ええ、ラウラさんならわたくしのライバルにふさわしくですわ!」

ラウラ「負けはしないがな。いつかわたし一人を選ばせてみせる」

一夏「二人とも・・・ああ、よろしくな」




セシリア「それでは、早速ですけど明日デートに」

ラウラ「そうだな、わたしはネズミランドに行きたいぞ」

一夏「明日は千冬ねえと買い物だから無理だ。また今度な」

終わり



106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 21:21:51.92 ID:sdhD8YBbO

スレ立てるからなんか適当に題材を書いてくれるとありがたい



109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 21:24:38.44 ID:aIvEtllM0

>>106
一夏主催の絶対に怒ってはいけない我慢大会、箒からラウラ・千冬姉まで全員キレるツボ持ってそうだが



131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 22:26:44.90 ID:sdhD8YBbO

ショタ一夏の続きでもやろうかと思ったけどあれはやっててなんか一夏ムカついたからもう無理だ。オチがパターン化したし。
ここでちょくちょくやろう。sageてな

>>109

一夏「チキチキ!絶対に怒ってはいけないIS学園!」

シャル「いきなりみんな集めてどうしたの?」

一夏「これから色々とイラっとくることがおこるけど、絶対に怒ってはいけません」

箒「なんだそれは。そんなことをしている暇があるなら訓練でも」

一夏「ちなみに最後まで怒らなかった人には豪華商品が出ます。まあ豪華といっても俺の手料理とかそんなですが」

セシリア「さ、参加させて頂きますわ!」

箒「まあ、息抜きも必要だろう」

ラウラ「訓練されたわたしに死角はない」

シャル「僕は絶対怒ったりしないよ」

鈴「怒ったら負けって言われたら怒るわけないでしょ」



134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 22:32:35.60 ID:sdhD8YBbO

一夏「ちなみに鈴に参加資格はないのでお帰り下さい」

鈴「はぁ!?なによそれ!!殺すわよ!!」

デデーン 2組アウト

鈴「はっ!?」

一夏「・・・」

鈴「ず、ずるい!卑怯よこんなの!!」

ガチャッ

千冬「・・・」

鈴「ち、千冬さ」
千冬「・・・」スパァン!

鈴「いだぁっ!!」ズテーン

千冬「・・・」ズルズル

鈴「い、いやっ、助けていちかぁーーーー!!」ズルズル



一夏「とまあ怒るとこうなるので気をつけてください」



112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 21:29:41.65 ID:SatsLtBy0

>>106
鈴が酢豚以外を自在に作れるようになるが、代わりに太っちゃう話



137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 22:38:42.30 ID:sdhD8YBbO

>>112

鈴「さすがに酢豚ばっかりじゃ飽きるよね・・・そうだ、確かシャルロットは料理部だったはず」




シャル「料理を教えて欲しい?」

鈴「うん、さすがに酢豚ばっかりじゃね」

シャル「やっと気づいたんだ」

鈴「なんですって?」

シャル「なんでもない、それじゃ、これから毎日僕が教えてあげるよ!」

鈴「ありがとうシャルロット!」


シャル「ポテトサラダはしっかりコショウを入れると美味しいよ、はい」ヒョイッ

鈴「んぐんぐ・・・ほんとだ、美味しい」



シャル「トンカツはしっかり下味をつけるんだよ。食べ比べてみて?」

鈴「もぐもぐ・・・全然違うわ!」



141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 22:43:04.35 ID:sdhD8YBbO

一ヶ月後

鈴「一夏!あたし料理にハマっちゃって、よかったら今夜食べてくれない?」

鈴「ほ、ほら、人に食べてもらうと上達するって言うし!」

一夏「・・・はっ、鈴か」

鈴「なに言ってんの」

一夏「安西先生かと」タプタプ

鈴「んなぁっ!?」

一夏「なんかバスケしたくなるな、あははは」タプタプ

鈴「・・・殺す!」




シャル「・・・」ニヤッ



114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 21:31:40.15 ID:dnAka9IS0

一夏×ラウラと簪



145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 22:49:42.47 ID:sdhD8YBbO

>>114

簪「今日は、一緒に訓練する約束だから・・・だから、起こしにいっても、変じゃない・・・変じゃない・・・よね」

コンコン

ガチャッ

簪「あ、あの、失礼します」

ラウラ「んん・・・なんだ?」ムクッ

簪「・・・・・・」ダダッ

一夏「んー・・・ん?誰か来なかったか?」

ラウラ「挙動不審な奴だったな、捕まえて拷問しよう」

一夏「その前に服を・・・の前に勝手にベッドに入るなと何度言えば」

ラウラ「お前の隣じゃないと安眠できん!」バーン

一夏「・・・せめてパンツくらい履いてくれ」



121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 21:50:06.29 ID:Fd3MEnCY0

一夏が厨二病になる話がいいです

俺の白式が貴様等の血を求めている…みたいな



147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 23:00:29.82 ID:sdhD8YBbO

>>121

一夏「突然だが身体が蚊サイズになった」

一夏「白式で飛んでいるとまさに蚊だな」プーン

一蚊「世界が広いぜ・・・」プーン

一蚊「む、この匂いは・・・千冬ねえ!」プーン

千冬「・・・」スタスタ

一蚊「なんだか無性に血が欲しい・・・俺の身体が血を求める!」プーン

一蚊「くくく・・・すべすべの肌しやがって・・・血をよこせ!」プーン

千冬「・・・」パシッ

一蚊「ぎゃっ!」ボウン

千冬「一夏!?」

一夏「・・・」死ーん

千冬「一夏!!しっかりしろ!誰にやられた!!一夏ぁーーー!!」



122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 21:50:10.56 ID:IpEax3Hi0

山田先生希望



148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 23:03:09.38 ID:sdhD8YBbO

>>122

一夏「俺は断然マヤさん派だな」

山田「えっ!?」

一夏「エヴァの話しですよ」

山田「なんだ・・・」ショボーン



149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 23:03:38.86 ID:sdhD8YBbO

終わり



152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/25(土) 23:15:29.52 ID:dnAka9IS0

>>149
うわマジで要求応えてくれるとは思わなんだ
一夏×ラウラと簪ありがとう!


元スレ
一夏「消去法でいこうと思う」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1308996695/