1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 12:03:04.02 ID:0ZdyF3+d0

幼「あんまり好きじゃないの?こういうの」

男「まぁあんまり興味が沸かないかな……」

幼「じゃあ、男くんはいかない?」

男「何が?」

幼「ウザ君がね、クラスの子を海辺の別荘に招待してくれるって」

男「……ふ、ふーん」

幼「一緒に行こうよ、きっと楽しいよ」

男「……で、でもなぁ」

幼「昼間は海で泳いで、夜は花火したり、BBQしたりするんだって」

男「ほ、ほほー……原始的な生活だな。BBQなにそれおいしいの?」ウズウズ

幼「行きたそうな顔してるね」

男「……」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 12:06:37.43 ID:0ZdyF3+d0

幼「一緒に行こうよ。一緒に泳ごう?」

男「泳ぐだけなら市営プールでも同じじゃないか」

幼「もー!全然違うよ」

男「……」

幼「夏なんだし、外に出ないともったいないよ」

男「うるさいな、俺は家の中が好きなんだよ」

幼「それはわかってるけど、せっかくだから男くんと行きたいんだもん」

男「えっ……」

幼「……だめ?」

男「え、えーと……」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 12:13:08.14 ID:0ZdyF3+d0

男「い、行くよ……一緒に行く」

幼「やったー!出発は明後日だからね」

男「随分急だな」

幼「えへへ……私ね、新しい水着買ったんだよ」

男「そ、そうかぁ。楽しみだな」

幼「ほんとに?それほんと?」

男「え、えっと……ちなみに他に誰が一緒に」

幼「んー……10人以上は行くみたいだけどね」

男「了解した」

幼「じゃ、私帰って準備するから、またねー!」ガチャ バタン

男「……ふぅ」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 12:17:10.56 ID:0ZdyF3+d0

男「……アウトドア……この俺がアウトドアだなんて」

男「BBQの作法も何もわからないのに、どうすんだ俺」

男「皆で海って、どのくらいのテンションで行けばいいんだろう……うぅ」

男「と、とりあえずアマゾンで参考資料をお急ぎ便で」カタカタ

男「なんかいっぱいあるなぁ……なんでもいいや、それっぽいやつなら」ポチ

男「恥だけはかかないようにしないとな」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 12:24:10.99 ID:0ZdyF3+d0

─列車─

ガタタン ゴトトン

幼「わー……海だよー!海が見えるよー!」

男「げろげろげろ」

幼「きゃっ!」

ウザ「なんだこいつwwwwゲロったwwww唐突にゲロったwwww」

幼「大丈夫?ずっと本ばっかり読んでるから……」セナカサスリサスリ

ウザ「きったねぇwwwwwなんでこんなやつ呼んだwww誰が呼んだwww」

幼「私だけど……」

ウザ「じゃあいいやwwおkww」

男「くぅう……」





9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 12:27:34.96 ID:0ZdyF3+d0

幼「もう、本なんか読んでないで」

男「うぅ、気持ち悪い」

ウザ「wwwwwww」

幼「外の景色見てれば良くなるよ」

男「うん、ありがとう……」

委員長「男くん大丈夫?」

男「まだあんまり大丈夫じゃないかも」

幼「委員長も来てたんだ?」

委「あはは……私はキャラじゃない?」

幼「そ、そんなことないけど」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 12:31:32.18 ID:0ZdyF3+d0

男「まぁ、勉強第一ってイメージはあるかな。夏を制するものはってやつで」

委「もぅ、私だって遊びたいときはあるわよ」

男「さいですか……」

委「せっかくの夏だもんね。卒業しちゃえばもうこういう機会もないだろうし」

幼「うんうん、そうだよね」

男「俺はやっぱり家の中がいいな……おぇっ」

委「ふふ、男くんは変わらないね」

幼「……」





14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 12:36:19.85 ID:0ZdyF3+d0

男「うぉお……ダメだ気持ち悪い。ちょっと横になってる」

幼「あーあ、だらしないなぁ」

委員長「少し休ませてあげましょ?」

女「男くん……具合悪いの……?」

男「あ……女さんも来てたんだ」

女「うん……せっかくだから……来ちゃった……」

男「(この子、地味だけど地味に可愛いんだよな……おえっ……)」

女「楽しい旅行になるといいね……ね?」

幼「だねっ!楽しまないとね」

ウザ「おーいみんなでトランプしようずwwwww」

委「行きましょうか」

男「いまんとこ全然たのしくねぇ……げろげろ」

女「ビニール袋……持っててあげる……」

男「あ、ありがとう(優しいなぁ)」





15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 12:42:53.71 ID:0ZdyF3+d0

─海─

ウザ「かwんwぱwーーーいwwwwwww」

皆「かんぱーい!」

男「列車酔いもさめやらぬままいきなりBBQとは……おぇっ」

幼「無理して食べない方がいいよ」

委「そうね、スポーツドリンクでも飲んでなさい」

女「消化管を……安静に……」

男「いまんとこ来た意味を見いだせないでいるんだが……」

幼「もー、仕方ないでしょ」

DQN「……おい、酒ねーのか?」

ウザ「あ、あるよwwwはいwww」

男「あいつも来てたのか……」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 12:47:11.47 ID:0ZdyF3+d0

幼「なんで?」

男「いや、ちょっと苦手なんだよな」

幼「まぁ、ね……もぐもぐ。でも来ちゃったし」

委「ちょっと、お酒なんか飲んじゃダメでしょう!」

DQN「あぁ?うるせぇな……ケケ」サワ

委「きゃっ!」

ウザ「触ったwwww委員長のお尻触ったwwww」

委「何するのよ!」

DQN「かてーこというなよウヒヒ」

ウザ「さすがwwwそこに痺れる憧れるぅwwww!」

男「……」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 12:52:07.56 ID:0ZdyF3+d0

委「まったくもう……嫌になっちゃう」

男「あんまり、あっちのほうに行かない方がいいよ」

委「そうね」

男「取り巻き連中でつるんでればこっちには来ないだろうから」

女「派閥……もぐもぐ」

男「いつの間に」

女「私も男くんの近くにいる……あの人たち苦手……」

幼「そのほうがよさそうだね」

男「ま、グループで来ればこういう風になるだろうな……」

幼「はい、そろそろお肉食べれる?」

男「頂こう」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 12:55:43.34 ID:0ZdyF3+d0

男「ふぅ……お腹いっぱいだ」

幼「やっぱり外で食べる食事は美味しいね」

男「BBQは炭の味がして好かん」

幼「でも、ロケーションはいいでしょ?」

男「うんまぁ……それは否定しないけど」

委「少ししたら、泳ぎに行きましょうか」

女「賛成……」パチパチパチ

ウザ「おおーーーいwwww」

男「?」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 12:59:31.97 ID:0ZdyF3+d0

ウザ「さっきは悪かったwwwwごめんねwwww」

委「……別にあなたが悪いわけじゃないから」

ウザ「そうだけどwwwそうなんだけどwww」

男「うざ……」

幼「私たち、これから泳ぎに行くんだけどいい?」

女「水着……どこで着替えればいいの……?別荘……?」

男「でかいな……あの別荘。マジで金持ちなんだな」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 13:02:02.15 ID:0ZdyF3+d0

ウザ「さっきのお詫びにwwいいもの見せてあげるからww」

委「面白いもの……何かしら?」

幼「ちかくにあるの?」

ウザ「そそそwついてきてくれればわかるからwww」

委「ふぅーーん……」

幼「どうする?」

男「な、なんで俺にふるんだよ」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 13:05:24.20 ID:0ZdyF3+d0

ウザ「こっちこっちーwww」

委「……どうする?」

女「興味は……ある……」

幼「私もー」

委「……せっかくホストがこういってくれてるんだから、行きましょうか。男くんも来てね」

男「えっ俺?」

委「だって、またDQNくんとか来たら嫌だし……」

男「弾除けかよ、俺は」

ウザ「はよwwwはよぉwwww」

幼「行ってみようよ、せっかくああ言ってくれてるんだし」

男「……まぁ、いいか。行こう」





26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 13:11:38.89 ID:0ZdyF3+d0

ウザ「じゃじゃーーーんwww」

男「おぉ……これはすごいな」

幼「船?」

委「綺麗ね、まだ新しい」

女「小型船……?」

ウザ「買ったばっかなんだってコレwww詳しいことはよくわからないけどwww」

幼「あはは、何それ」

男「プレジャーボートってやつだな。この型式のエンジンは4JH3-HTZ1か」

委「えっ」

幼「えっ」

ウザ「えっww」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 13:15:45.37 ID:0ZdyF3+d0

委「ず、ずいぶんマニアックな知識を持ってるのね」

男「いや、アウトドアの本に書いてあったし。これ割と売れ筋みたいだし」

幼「はー……」

女「何人くらい乗れるの……この船……」

ウザ「わかんねwww5人くらい?ww」

男「これは最大で10人乗れるやつだよ。大きさの割に広いし、インテリアも凝ってて人気なんだ」

委「わぁ、本当に詳しいのね」

幼「すごーい」

女「明日使える無駄……知識を……あなたに……だね」

男「フハハ」

ウザ「wwwwwwww」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 13:19:10.13 ID:0ZdyF3+d0

男「大きさによって呼び方が変わってだな、すごく大きいのはメガ……」

幼「へぇー」

委「へぇー」

女「へぇ~……へぇ~……」

ウザ「ちょwwそんなのどうでもいいからwwwこの船見てwww」

女「見る……このギザギザは……何のためにあるの?」

男「それがあると走行がすごく安定するんだ」

委「さすがね」

幼「さっすがぁ」

男「フハハ」

ウザ「wwwwww」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 13:22:38.28 ID:0ZdyF3+d0

男「まぁとにかく、いいもの見れたよ。俺も本で見たことしかなかったし」キリッ

ウザ「何この敗北感wwww逆でそふつうwww」

委「そうなんだけどねぇ……」

幼「乗ってみたいなぁ、こんなの」

ウザ「そwwwwwのwww言葉を待っていたwwwww」

男「あれ、免許あんのか?」

ウザ「無いけどwww」

男「じゃあまずいんじゃないか……」

DQN「お?なんだこれすげーじゃん」

幼「あ……」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 13:26:22.72 ID:0ZdyF3+d0

DQN「乗せろよ」

ウザ「お?ww乗る?乗るwww?」

委「……いきましょっか」

幼「う、うん……そうだね」

ウザ「そんなwwwwせっかくだから是非wwwちょっとだけでもwww」

幼「うぅーん……」

委「どうする……?」

女「……多分……DQNさんと二人が……嫌なんだと思……う」

男「あー、それはあるだろうなぁ」

ウザ「是非にwwwww是非にぃいいいいいwwwwww」

男「仕方ないなぁ……」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 13:30:10.41 ID:0ZdyF3+d0

─洋上─

ウザ「うほほほほwww」ドババババ

DQN「もっとスピードだせねぇのか?」

委「ちょっと、危ないわよそんな」

DQN「何がだよ?道路と違って対向車だってねぇんだぜ?」

男「……(なんで俺がDQNの隣なんだ)」ヒソヒソ

幼「……(だってちょっと怖いんだもん、我慢してよ)」ヒソヒソ

男「……(だからってだなぁ)」ヒソヒソ

DQN「なぁ、お前もそう思うだろぉ?」

男「うわっとと、ま、まぁでも……あはは」

DQN「ケッ」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 13:34:03.32 ID:0ZdyF3+d0

ウザ「どう?乗り心地はwww」

男「まあ今のところ、運転に不安は感じないけど……」

委「そうね……すごく気持ちいいんだけど……」

幼「だけど?」

委「ちょっと沖に出すぎなんじゃない?」

ウザ「へいきへいきwwwこれくらいwww」

女「出発した海辺が……もう……ほとんど見え……ない……」

DQN「んだよこんくれーで……ビビッてんじゃねーよ」

男「ううーむ、でもそろそろ戻った方が」

ウザ「……あれ、あれれれれwwww」プスン……

幼「え……」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 13:36:02.83 ID:0ZdyF3+d0

ウザ「ちょwwwwやっべwwwww」

DQN「あ?」

男「どうしたんだ?」

ウザ「ガス欠wwwwwwwwwwwwww」キュルルルキュルルルル

幼「えええええええええええええええっ!」

委「そ、それって……」

女「ピンチ……?」

男「ありゃりゃ……」





41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 13:39:57.81 ID:0ZdyF3+d0

委「ど、どうするの?これって」

ウザ「救難信号wwwwwかな?ww」

男「無線の使い方はわかるのか?」

ウザ「わかんねwwwっつかこれ反応しないwww」カチャカチャ

幼「ええーーー!どうするのっ!」

DQN「波でそのうち戻ってくんじゃねぇのか?」

男「いや、流木じゃないんだから無理だろ」

DQN「あぁ?」

男「無理だと思います、はい」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 13:42:43.49 ID:0ZdyF3+d0

女「どうする……の……こういう場合……」

ウザ「わかんねwwww」

委「わかんないって……それじゃ困るじゃない!」

男「うぅーん……船が通りかかればいいけど」

幼「そ、それって、漂流っていうんじゃ」

DQN「……たくよぉ、ちったぁ頭使えよお前ら」

男「え?」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 13:46:54.52 ID:0ZdyF3+d0

DQN「何のための携帯電話だよ。こういうときこそだろうが」

委「そ、そうだわ……携帯!携帯があれば」

女「おぉーー……」パチパチパチ

ウザ「さすがww一生ついていきますぜwwww」

男「……」

DQN「……あれ、おかしいな……」ピポパ

男「無駄だよ、こんな沖までカバーしてるはずがない」

DQN「……あ?」

幼「そうなんだ……よく知ってるね」

男「まぁアウトドアのイロハのイ……」

DQN「てめぇさっきから随分偉そうだなぁおい…」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 13:51:20.56 ID:0ZdyF3+d0

DQN「テメェはなんだ?偉そうに能書き垂れやがって」

男「いや、あの……こういうときはまず冷静に」

DQN「前々からムカつく奴だと思ってたけどな……えぇ?」ズイ

男「(なんでこいつら系って顔近づけて来るんだよ)」

委「ちょっとやめてよ!こんなとこでケンカしないで!」

幼「どうするか皆で考えようよ」

女「私はすでに……省エネモード……」

ウザ「あれwwwwこれってヤヴァイwww?本気でヤヴァイ?ww」

幼「さっきからそういってるじゃないの~っ!」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 13:54:50.80 ID:0ZdyF3+d0

委「とりあえず、救助を待つしかないのかしら……」

男「それが一番いいっていうか、それしかないだろうな……」

DQN「ケッ……」

幼「すぐ来てくれるよね?これだけいきなりいなくなったんだもん」

男「そうだといいけどな……」

女「暑い……」パタパタ



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 14:01:09.98 ID:0ZdyF3+d0

─数時間後─

幼「来ないね……救助」

委「さすがにそんなすぐには来ないんじゃないかしら」

女「まだ……大して時間過ぎてない……よ……」

幼「……そっかぁ……ふぅ……」

男「……暑いな……」

ウザ「死ぬwww暑くて死ぬwwwww」

幼「ほんと、暑い……」

DQN「暑いんなら脱げばいいんじゃねえか?ほら」グイ

幼「きゃあっ!」

委「ちょっと、ふざけないでよこんなときに!」

DQN「ふざけてねーだろ、暑いなら服脱げば」

ウザ「さすが師匠wwwww」

男「いや、それはやめた方がいいかと」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 14:06:16.76 ID:0ZdyF3+d0

DQN「あぁ?」

男「服を脱ぐと余計に水分の喪失が進むから、できるだけ体を覆ったほうがいいよ、この日差しだし」

DQN「バカじゃねぇのか?服脱いだ方が涼しいに決まってんだろうが。俺は脱ぐぜ」

男「まぁ、無理にとは言わないけど……」

幼「それも本に書いてあったの?」

男「うん、面白くてつい全部読んじゃったんだけどな……あちぃ」

女「何か……飲みたい……」

ウザ「水ならwww周りにたくさんwwwいただきますwwwww」

男「すとーーーっぷ!!」

委「きゃっ!」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 14:10:40.87 ID:0ZdyF3+d0

男「海水だけは飲んじゃだめだ。一気に渇きが進むから」

ウザ「そうなのwwwwww?」

男「海水濾過装置なんて積んでないよな?」

ウザ「多分wwww」

男「じゃあ、これを飲むしかないか……」ゴソゴソ

女「……ずっと気になってたリュックサック……」

男「ぬるいけど、のどが乾いたらこのペットボトルの水を飲んでくれ」

委「な、なんでそんなもの持ってたの?」

男「水が一番大事だって書いてたから一応」

幼「やったー」

DQN「よ、よこせっ!」グイイ

男「うわっ!」





54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 14:14:08.86 ID:0ZdyF3+d0

DQN「はやくよこせっ!オラァッ!」

男「ちょ、待って……これは大事な……」

DQN「のど乾いて死にそうなんだよ!手ェ離せっ!」

男「だ……だから大事な水だから……みんなで」

委「い、いい加減にしてよっ!」パァン

DQN「痛って……」

ウザ「うはwwwww」

委「こんな時にケンカしてどうするのよっ!もうやめてっ!」

女「仲良く……しよ……」

DQN「……」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 14:18:41.01 ID:0ZdyF3+d0

委「皆で公平にわけないと、本当に死んじゃうかも知れないでしょっ!」

DQN「……」

男「(おぉ、こういうところはさすが委員長だなぁ)」

DQN「のど乾いてんだよ……頭いてーしめまいするしよ」

委「男くんのいう事聞かないで服脱いだりしたから、脱水気味になってるだけよ」

男「まぁ、そういう訳だからさ……、最初に飲んでもらっていいから、みんなでちゃんと分けよう」

DQN「わぁったよ……」

ウザ「あ、コップとかは積んであるからwwwwwはいww」

男「じゃ、次は女性陣から先に飲んで……」

DQN「……」グビグビ





59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 14:24:00.98 ID:0ZdyF3+d0

─さらに数時間後・洋上─

ザパーン……

幼「少しはのどの渇きはましになったけど……」

委「うん……」

女「……おなか……すいてきた……ね」

男「食ってから大分たったからなぁ」

ウザ「ねぇ、そのリュックに食い物は入ってないの?wwww」

男「あぁ、一応非常食も入っているんだけど」

幼「わー……今日ほど男くんがいて良かったと思った日はなかったかも……」

女「結婚して……も……いいかも……」

男「そんだけ冗談が言えるなら大丈夫だな。口調は死にそうだけど」

DQN「よ、よこせよ……食い物」

委「……っ!」キッ

DQN「てめえ……なんだよその目」

男「だから、ケンカはしないようにしようって」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 14:27:16.88 ID:0ZdyF3+d0

DQN「ケチケチしないで出せよ、あるんだろ」

ウザ「そうだそうだwwww」

男「別にケチケチしてる訳じゃないんだけど……」

幼「いざっていうときまで取っておくんだよね」

委「食べ物だって計画的に食べなきゃね」

男「いや、こういうときはできるだけ食わない方がいいと思う」

DQN「あぁ?ふざけんなよてめえ」

女「……やっぱり男くんとは結婚しない……」グゥキュルルルル

男「あの、別にいじわるしてる訳じゃなくて」



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 14:32:21.90 ID:0ZdyF3+d0

男「この暑さだから、水分を保持するのが一番大事なんだよ」

委「それはわかるけど」

男「食べ物を食べると、代謝の時に身体から水分が失われていくんだ」

幼「うわぁ……よく知ってるね」

男「本に書いてあったから覚えてるんだ」

委「じゃあ、何も食べない方がいいの?」

男「水を得る手段が見つからないうちは、なるべく控えたほうがいいらしい」

女「はうぅ……余計な知識を……」

男「何気に毒舌だなぁ……少しずつなら食べていいから」

DQN「糞がぁ……」



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 14:38:04.40 ID:0ZdyF3+d0

─さらにさらに数時間後─

幼「日差し、大分やわらいできたね」

男「うん、これならなんとか明日くらいまで持つかな」

委「ちょっと、怖いこと言わないでよ」

女「救助……来ないね……」

男「うぅーん……困ったなぁ」

委「あと、お水どれくらいあるの?」

幼「ペットボトルに少し……うぅ……」

男「あ、もう一本あるから大丈夫」ヒョイ

女「わぁい……」

委「かくしてたの?」

男「あぁ、あいつら、知ったら飲んじゃうだろ」

幼「かもね……」

DQN&ウザ「Zzzzz」



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 14:48:22.58 ID:0ZdyF3+d0

幼「でも、乾パンだけで何日持つのかなぁ」

委「ちょっと厳しいわよね……」

男「さっき船の中を漁ったら、釣り具があったから、魚くらいは食えるかもな」

委「本当?それはよかったわ」

女「さかなきらい……」

男「好き嫌いを言うと生き残れないぞ」

女「はぁい……」

女「でも、火が無いよ」

男「一応、サバイバルキットも持ってきてるから。防水マッチもあるから大丈夫だ」

委「な、なんでそんなの買ってきたの?」

男「万一雨降ってBBQの火がつかなかったらこれでと思って……」

女「まずBBQ中止の可能性を……考えるべき……」

幼「実はそれだけ楽しみにしてたんだね」



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 14:51:46.91 ID:0ZdyF3+d0

幼「お水もう少しもらっていい?」

委「私も」

女「私も……」

男「あぁ、我慢しすぎも良くないからどうぞ」

幼「男くんいなかったらどうなってたんだろ……」

委「考えたくもないわね」

DQN「ん……いって……背中がいてェ……」

男「起きたか……」

幼「DQNくんの背中、服脱いでたからやけどみたいになってるね……」



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 14:56:48.79 ID:0ZdyF3+d0

DQN「よぉ、水少しくれよ」

男「いいけど……大事に飲んでくれよ」

DQN「あぁ……」ゴクゴク

委「ふん、ずいぶんおとなしくなったじゃない」

DQN「あぁ……?」

幼「ま、まぁまぁ……」

男「明日は釣りするから、協力してくれよな」

DQN「釣りだぁ?エサもねぇのにどうやって釣るんだよ」

男「うまくかかるかわからないけど、ルアーもあったから」

幼「ふぅん」

DQN「……お前なんでそんなに詳しいんだ?」



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 15:00:16.24 ID:0ZdyF3+d0

男「ここに来る前にアウトドアの本を一式そろえて読破してきただけだよ」

幼「はまるととことんだもんね、昔から」

DQN「もしかして今も持ってんのか?」

男「一応、一番実用的なのを持ってきたけど」

DQN「見せろよ。いちいちお前のいう事聞いて行動すんのかったりぃんだよ」

男「え……まぁいいけど」

委「言い草は気に入らないけど、私もちょっと見てみたいわ」

幼「私もー」

女「私は……男くんのいう事聞いてる……」

男「はは……でもなぁ」




76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 15:06:30.41 ID:0ZdyF3+d0

DQN「この期に及んで独り占めする気かコラ!」

男「や、そうじゃなくてだなコレは」

DQN「貸せッ!」

男「……」

DQN「これでもうてめえの指図はうけねぇ」

男「でもその本」

DQN「なんて書いてんだ…ユー、エス……?」

男「U.S.Army Special Forcesサバイバルブックって言って」

DQN「中も英語じゃねえかよ……」



80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 15:10:44.68 ID:0ZdyF3+d0

幼「ユーエスアーミースペシャルフォースって何?」

男「元グリーンベレーの人が書いたサバイバル本なんだけど」

委「そ、それはものすごい実用的だわ……」

DQN「て、てめえこれ読めんのかよぉ」

男「100パーは無理だったけど、8割くらいはなんとか勘で」

女「男くん……英語は得意だったも……んね……」

幼「英語だけはね」

男「うるさいだまれ」

DQN「かぁああああああざけやがってえええええっ!糞が」ゲシッ

ウザ「痛いッ!wwww気持ちよく寝てたのにwwww」

委「あ、いたのね……」



83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 15:14:44.21 ID:0ZdyF3+d0

委「でも、英語なら私も少しなら読めるかも」

男「おぉ、さすが委員長それはありがたいなぁ」

委「貸して、読んでみたい」

男「うん、俺この辺がよくわからないんだよなぁ……」パララ

委「このへんはキャンプの作り方だから今は関係ないわね、むしろこっちの……」

男「なるほど、じゃあこれは」

委「ふふ、いいわね。明日これやってみない?」キャッキャウフフ

幼「……むむ」

女「……むむむ」



85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 15:15:39.47 ID:0ZdyF3+d0

こうして初日の夜は更けていったのだった。



93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 15:45:22.09 ID:0ZdyF3+d0

─翌日─

幼「男くんっ!」

男「うぅーん……むにゃむにゃ」

幼「男くん起きてっ!」

男「ダメだよ……気温の高い時間帯はじっとしてるのがサバイバルの鉄則……ぐぅ」

幼「いいから起きてってばー!」ユサユサ

男「サバイバルの敵は餓え、疲労、暑さ、寒さ、渇き、痛み、飽き……むにゃむにゃ」

幼「ええーい」パンパン

男「ふぎゃっ!」

幼「こっちこっち」

男「勘弁してくれよ……体力温存したいのに」





96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 15:47:59.53 ID:0ZdyF3+d0

男「あれ?揺れてないなこの船……」

幼「ちょっと、寝ぼけてないでしっかりしてよ」

男「おぉっ!砂浜に着岸してるじゃないかっ!着岸っていうのかわからないけど」

幼「どこかの島に流れ着いたみたいなの」

男「マジか……助かったのか」

幼「うんっ!男くんのおかげだね」

男「ほかのみんなは?」



98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 15:51:18.27 ID:0ZdyF3+d0

幼「もう降りて、外に出てるよ」

男「そっか、どうりで誰もいないと思ったら」

幼「私たちも行こうよ!はやくはやく」

男「あぁ!これ以上船にいるのはごめんだからな」

幼「それっ!」トスッ

男「こら、足くじいたりしたら大変だぞ」

幼「あはは、ごめーん!」タタタタッ

男「元気だなぁ……よほど嬉しいんだろうな。俺もだけど」

男「……」

男「……ここ、なんていう島なんだろうな?」



99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 15:55:29.24 ID:0ZdyF3+d0

男「おおーい」

委「あ、男くーーーん!」

女「はーい……」

男「地面が揺れないって、ありがたいな……」

委「ふふ、ほんとね」

女「なんだか……逆に落ち着かない感じ……」

幼「わかるわかるー!」

男「助かったみたいで、本当に良かったよ」

委「本当ね……みんなに心配かけてるわよねきっと」

幼「ここ、どこなのかなぁ」

男「……まさか、無人島?」

女「それは……無い……」

男「えっ」



102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 15:57:54.44 ID:0ZdyF3+d0

男「なんで?いや、無人島だと困るんだけど」

女「あのね……あそこに……見える?」

委「あの二人がね、我先にと駆け出して行ったの」

男「あぁ、どおりで姿が見えないと思った……」

幼「……家があるね……良かった……」

委「うん……助かって良かった……ぐす」

男「…………」

女「……?」



103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 16:00:16.37 ID:0ZdyF3+d0

女「どうして……なんか……元気ない……」

委「あはは、もしかしてまだサバイバルしたかったの?」

幼「今度みんなでキャンプに行こうね」ナデナデ

男「……あれ、随分古い家だな……」

委「えっ……?」

男「……ケータイの電波も入らない」パカッ

幼「……」

委「……」

女「……」



105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 16:04:53.15 ID:0ZdyF3+d0

ウザ「誰もwwwいなかったwww」

DQN「たくよぉ……田舎モンってやつぁつかえねーな」

男「……田舎……じゃないかも」

DQN「田舎だろここは。せっかく電話借りようと思ったのによ……誰も住んでやがらねぇ」

ウザ「ケータイの電波が入らないwwww田舎すぐるwwww」

男「廃村……くさいなぁ……」

幼「え?」

委「ど、どういうこと?」

女「うぅーん……」
委「……」





108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 16:09:17.90 ID:0ZdyF3+d0

男「お邪魔しまーす」ガララ

DQN「誰もいねぇって言ってんだろ」

男「一応だよ」

幼「ずっごいかび臭い……ほこりも……けほけほ」

委「もう何年も誰も住んでないみたいな感じね」

DQN「そうかぁ?田舎のババアの家なんてこんな感じだぜ」

女「新聞落ちてる……これ」

男「ん、昭和20……なるほどなぁ」

幼「ちょっと、全然わからないよぉ……」

委「私たちにわかるように説明してよ」

男「えーと、多分だけど」



109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 16:15:51.67 ID:0ZdyF3+d0

男「昔戦争があった時はさ、こういうところにも人が住んでて小さな基地があったりしたらしい」

DQN「あぁ?なんだそりゃ」

男「そういうところは戦争が終わればもう用済みで、捨てられるんだって」

ウザ「wwwwwwイミフwwwwwそんなんあるわけなしwwwww」

男「硫黄島だってそうだし、戦争じゃないけど軍艦島だって一種の廃村だよ」

委「えーと、つまり」

幼「それって……もしかして」

男「ここは今は誰も住んでなくて、人里離れた小島だっていう可能性がある」

女「……がびーん……」

委「……いやぁああああッ!ウソでしょッ!」

男「で、でも島全部見てみないとわからないよ、だから……」

委「み、見に行きましょう、今すぐっ!」

ウザ「そうだそうだww今すぐwwwはよはよww」

幼「ちょ、ちょっと待って、落ち着こうよ」



112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 16:23:42.03 ID:0ZdyF3+d0

男「やみくもに歩いても仕方ないよ、疲れるだけだ」

委「で、でももしかして人がいるかもしれないんでしょ?だったら……」

男「居ないかもしれない。落ち着いて対策を考えた方がいいと思うんだけど」

DQN「それもお得意のサバイバルなんとかの教えかぁ?」

男「映画とかでも大抵最初にアクション起こす奴が死ぬぞ?」

DQN「こ、このやろぉ……」

女「船……もどろう?ここ……かび臭い……」

幼「そ、そうだね……」

委「……」



115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 16:27:55.75 ID:0ZdyF3+d0

女「……」

委「……」

幼「……」

ウザ「wwwwww」←沈黙に耐え切れない

DQN「どーすんだよ、ここに戻ってきて」

男「ひとつ考えたことがあるんだけど」

幼「何?」

男「ここが無人島かどうかが大きな問題だと思うんだけど」

委「そうね」

女「うんうん……」



118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 16:32:06.89 ID:0ZdyF3+d0

男「それを確かめるにはまずは島の探索しないといけないから……」

幼「そうだねぇ」

男「すぐに行きたい気持ちはわかるんだけど、もし歩いて歩いて何も見つからなかったら」

女「最悪……のたれ死に……」

委「でも、すぐに見つかる可能性もあるんじゃない?」

男「それだったら、なおさらここにとどまったほうがいいと思うんだ。近くにいるなら向こうが勝手に見つけてくれる」

ウザ「なるwwww」

男「だから、最低でも何日かの食料のたくわえができるようになってから探索をしたほうがいいと思うんだ」

DQN「フン……」

幼「食料を蓄えるって……どうやって?」



119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 16:36:01.86 ID:0ZdyF3+d0

男「それはやっぱり……食べ物を採集して、釣りをしたり狩りをしたりしていかないといけないよ」

委「そんな……」

女「……できるのかなぁ……」

幼「食べ物なんて、あるのかなぁ……ここに」

男「多分……むこうに沢があったし、沢があれば何かある。周りに何か実になる植物も大抵ある」

DQN「……結局サバイバルかよぉ」

男「そうするのが今はベストだと思うんだけど、どうかな……今日明日分は乾パンも持ちそうだし」




121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 16:40:30.38 ID:0ZdyF3+d0

幼「……私は、男くんの言うとおりだと思う。できるかわからないけど」

女「私……は…私も……皆で……頑張れば……」

男「委員長は?」

委「……ごめんなさい、取り乱しちゃって……私も、今はそれが一番いいと思う」

男「うん。それにこういう島って、定期的に人が来ることもよくあるんだ」

委「そ、そうよねっ……うん……きっと大丈夫……」

男「えーと……DQNとウザ君は?」

ウザ「従いますwwww」

男「いや、従うって言うか……どう思う?」

DQN「わかったよぉ……くそぉ」



125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 16:46:15.03 ID:0ZdyF3+d0

男「じゃあ……みんなで頑張ろう」

幼「おー!」

委「うん、私にできることがあったら、なんでも言って」

女「肉体労働は私……あまり役に立てないかも……」

男「力仕事は男性側がやることにして……えっと」

DQN「おいおい、力仕事以外に仕事なんてあんのかよ?」

ウザ「正論wwwwwそれは右翼雑誌wwww」

男「いや、さがせばいろいろあるよ」

DQN「女は性処理なんてどうだ?ん?」

委「……あなた……いいかげん……っ!」

男「ま、待って待って!」

DQN「何だよ、じゃあ女だけでサバイバルなんて出来んのかよw」



131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 16:55:35.07 ID:0ZdyF3+d0

男「お前、瓶詰の地獄って読んだことあるか?」

DQN「はぁ~?あるわけねぇだろ」

ウザ「拙者はあるでござる。兄妹の禁断の関係でござるwww」

男「お前がこの島にずっと住むってのならどんなバカな事考えてもいいけどな」

DQN「なんだとぉ……?ただ労働の対価を求めてるだけだろ俺は」

ウザ「許されない行為に及んだ妹は崖から身を投げるのでござるよ……」

男「いや、説明はいいんだけど……とにかく、みんなで協力しなきゃやっていけないんだ」

DQN「今度は説教かよ」

男「幼馴染たちにくだらないことしたら、本気で怒るからな。それだけは覚えておいてくれよ」

DQN「……」



311: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 00:41:03.34 ID:OKYcVQ6c0

幼「船壊すの?」

男「壊すというか、使えるパーツは持っていこうかと」カチャカチャ

幼「ウザ君に怒られない?」

男「一応許可は貰ったよ、これ持ってて」

幼「バッテリー?」

男「火花起こして火を起こすのに使えるらしい」

幼「そうなんだ」

男「皆は?」

幼「男くんに言われた通り仕事してるよ?」

男「そうか……」



312: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 00:45:25.60 ID:OKYcVQ6c0

男「委員長と女さんは貝拾いと釣りに行った?」

幼「うん、釣れるといいね」

男「まぁ、6人もいるからな……」

幼「DQNくんたちは?」

男「住めそうな家を探してくれって頼んだ」

幼「そっか、それも大事だね」

男「(できるだけ楽な仕事を割り振らないと、何言われるかわかんないからな……)」

幼「……」

男「どうした?」



314: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 00:53:32.23 ID:OKYcVQ6c0

幼「ごめんね、こんなことになって」

男「何がだよ」

幼「私が男くんを誘ったから……」

男「おいおい、そーいうのは無しにしよう」

幼「でも……」

男「こうなっちゃったんだから仕方ないよ、それに」

幼「それに?」

男「いや……どのみち漂流する運命だったなら、一緒についてこれて良かったよ」

幼「……」

男「い、いや……家で心配してるよりマシだっただろうなって意味」

幼「へへ、うん……そうだね」

男「……」



317: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 00:57:54.69 ID:OKYcVQ6c0

男「じゃあ……使えそうなものは大体おろしたから釣りの手伝いに行こうか」

幼「うんっ!」

男「なんだ急に元気出して」

幼「ふひひ」

男「ん、ここにもなんかありそうだな」

幼「え?」

男「ほら、ここにも収納がある」

幼「本当だ、気が付かなかった」

男「何が入ってるのかな……」

幼「開けてみようよー」

男「ん……」パカッ



319: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 01:02:17.72 ID:OKYcVQ6c0

男「おぉーすげぇ」

幼「鉄砲?」

男「ショットガンかなぁ」

幼「わぁ……すごいね、こんなものも持ってたなんて」

男「きっと海鳥でも撃つつもりだったのかも」

幼「これも持っていく?」

男「…………」

幼「どうしたの?」

男「持っていかない方がいいかも」

幼「えー、なんで?もしかしたらこれで狩りができるんじゃないの?」

男「そうだけど……」



321: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 01:05:59.04 ID:OKYcVQ6c0

男「もしこれでケガでもしたら大変だし。怪我したら薬も包帯も何もないわけだから」

幼「あ、それはそうだね」

男「扱いは慎重にしたほうがいいと思うんだ。それに……」

幼「それに……?」

男「……いや、なんでもない」

幼「持っていかないなら、元の場所に戻しておく?」

男「……違う場所に置いておこう。俺やっとくよ」

幼「うん、男くんに任せるね」

男「よし、じゃあ皆のところに行こうか」



324: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 01:14:34.14 ID:OKYcVQ6c0

男「おぉーい」

女「あ……」

委「男くん」

男「釣りの方はどう?」

女「少し……釣れてる……」

男「おおっ!これで今夜は魚が食べれるな」

委「でも、きっと人数分が精いっぱいね」

男「それは仕方ないだろうな……6人もいるんだし」

女「思ったより……釣れない……」

男「食料採集にもっと人数をついやしたほうが良かったかのかな……ごめん」

委「私たちだって賛成したんだから、謝らないでよ」

女「ウザくんはともかく……DQNくんと一緒だと怖いから、このほうが気楽……」

男「そっか……」



326: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 01:21:13.20 ID:OKYcVQ6c0

男「木の枝を組み合わせて、定置式のワナを作れるみたいなんだ」

委「どれどれ?」

男「こういう仕掛けも作っておけばいいかも……安定して食べ物が得られないと困るし」

委「そうね……私、作ってみる」

男「お、できそう?」

委「多分……ちょっと時間かかると思うけど、本読みながらならなんとか」

男「じゃあ、あとで一緒に作ろう」

委「そうね」

女「毎日さかな……うぅ……」

男「魚以外も捕れるようなにか考えておくから」

女「はぅ……期待してる」

委「幼ちゃんは?」

男「あいつはトイレ」

委「トイレかぁ……トイレなんてあるの?」

男「野グソになると思うな」



328: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 01:27:36.91 ID:OKYcVQ6c0

─夕食─

男「いただきまーす」

幼「なんとか人数分釣れてよかったね」

DQN「おい……一人一匹ってどういうことだよ」

男「文句言うなよ、公平だろ?」

DQN「もっと釣れるだろ、何時間やってたんだよお前ら」

女「ごめんなさい……」

委「何よその言い方、私たちだって頑張ったのに」

ウザ「はぐはぐはぐwwwうwまwwいwww」

男「本当はもっと釣れたんだけど、形がいびつな魚とかは捨てたんだ。毒があったりするし」

DQN「ケッ……おい、明日は俺たちが釣りな」

男「性格的に向いてなさそうだけど……まぁいいか」



330: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 01:32:14.46 ID:OKYcVQ6c0

幼「でも、住めそうな家が見つかってよかったね」

男「あぁ、廃墟だけど屋根があれば十分だ」

委「ここ、ちょっとした集落だったのね……」

女「おばけが……出そう……」

DQN「なんでこっちなんだよ。俺たちが最初に見つけた家の方が良かっただろ」

幼「確かに、向こうの方が近かったし、綺麗だったけど……」

男「向こうは……沼が近くにあって衛生的じゃないから避けた方がいいかと思って」

委「ちゃんと根拠があったのね」





333: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 01:37:05.33 ID:OKYcVQ6c0

男「それに、こっちの方が何件も家があって、選べるしな」

幼「どれも一緒に見えるけど……」

男「皆一緒に寝るのもどうかと思ったから……最低でも男女は分けた方がいいだろ」

ウザ「ショッwクwwwww」

女「私は……そのほうが……いいかな……」

委「そうね、言われてみれば」

男「唯一カギのかかる家があったから、そこに女性陣が住めばいいと思うんだけど」

DQN「あぁ……?好きにしろよ、こっちは腹が減って……」グキュルルル

委「それどころじゃないようね」



335: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 01:41:07.93 ID:OKYcVQ6c0

男「じゃ、男はこっちの家で寝ることにしよう」

幼「はーい」

男「細かいことはおいおいで。明日はじゃあ……」

DQN「俺らが釣りだろ。なぁ」

ウザ「えっwwww」

DQN「何だよ」

ウザ「いえwww了解しましたwwwww」

男「そうだな……(ウザも悪い奴じゃないんだけど、ここは犠牲になってもらおう)」

幼「私たちは~?」

男「俺たちは俺たちで食い物探さないとな……」



413: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 12:03:31.07 ID:OKYcVQ6c0

男「これで良し……と」

委「このワイヤーはなんなの?」

男「ここ、ウサギの通り道っぽいからさ。もしかしたらかかるんじゃないかと思って」

委「こんな輪っかで?大丈夫かしら」

男「引きワイヤーって言ってシンプルだけどかかりやすい……らしい」

委「よくこんなの持ってたわね」

男「サバイバルキットに入ってたんだ」

委「はぁ……いろんなものがあるのね」

男「じゃあ、ここはいいから向こうの様子を見に行こうか」

委「幼ちゃんたち、大丈夫かな……」



416: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 12:06:31.62 ID:OKYcVQ6c0

男「おぉーい」

幼「あ、男くんだ」

女「たりほー……」

委「それは敵発見って意味なのよ?」

女「気を付ける……」

男「首尾はどう?」

幼「男くんに言われた通り、本見ながら食べれる植物を探してたんだけど……」

女「こんなに……いっぱい……」ドサ

委「わぁ、すごい!」

男「おぉー……ん?」



418: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 12:10:08.32 ID:OKYcVQ6c0

幼「今夜はキノコ鍋だね」

委「幸い鍋が残ってたからね」

女「キノコ……好物……」

男「なぁ、これ全部毒キノコなんだけど」

幼「えっ」

女「えっ……」

委「あら……本当。『僅かな量の摂取でも確実に死ぬ』って書いてるわ」

幼「えぇーーーー!」

男「食べちゃいけないキノコのページを見てたみたいだな」

幼「あぅう……ごめんなさーい」

女「がっくし……」



419: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 12:12:16.16 ID:OKYcVQ6c0

幼「だって、全部のページが英語だからよくわからなかったんだもん」

男「ま、まぁそんなに気を落とさずに……(人選を間違えたな)」

女「委員長と男くんも一緒に……さがそ……?」

委「そのほうが良さそうね」

男「そうだな、釣りは間に合ってるだろうし」

委「大丈夫かしら、あの二人で……」




420: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 12:15:31.02 ID:OKYcVQ6c0

委「キノコ自体は探せばそれなりにあるけど、毒キノコかと思うと怖いわね」

男「毒キノコ自体はキノコ全体の2パーセントくらいしかないから、そんなに怖がることはないよ」

女「見た目が派手なキノコはだめ……地味なのが食べられるっておばあちゃんが言ってた……」

幼「あ、それ私も聞いたことがある」

委「見た目が茶色いのとかは食べられるってことね」

幼「よーし、探すぞー」

男「はい、アウトー」ピピー

委「ふ、笛?」



424: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 12:20:49.62 ID:OKYcVQ6c0

男「見た目が派手なのに危ないキノコが多いのも事実だけど」

幼「違うの?ベニテングダケとかそうじゃん」

男「毒がSクラスのやばいのは地味な見た目のが多いんだって」

委「そう聞くとなおさら怖いわ……」

女「くんくん……これ。このキノコは、甘くていい匂いがする……から食べられるよね……」

幼「あ、本当だね、美味しそう」

男「あ、甘い臭いしてるやつも大抵猛毒だから」

幼「ひぃいいい」ポイ

男「たべられるのはこれだな。このキノコを集めてくれ」ブチ



426: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 12:24:06.51 ID:OKYcVQ6c0

幼「……うぅ、腰がいたい」

女「私も……」

委「そうね……このくらいあれば足りるんじゃない?」

男「そうだな……今日はこれくらいにしておくか」

幼「これと魚があれば、昨日よりは少しましなごはんになるよね」

女「おなか減った……」

男「魚……か。釣れてればいいんだけど」





427: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 12:26:43.79 ID:OKYcVQ6c0

─川─

DQN「よっしゃ、また釣れたぜ」

ウザ「さすがwwwwやりますなwwww」

DQN「もう10匹以上釣れてんじゃね?」

ウザ「だねwwwwウホホww」

DQN「やっぱ女に釣りなんて無理だったんだよ、ケケ」

ウザ「これは美味そうwwみんな喜んでくれるかなwww」

DQN「……ん?」

ウザ「どうしたのwww」



428: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 12:29:02.76 ID:OKYcVQ6c0

DQN「良く考えたらよ。別にみんなに食わす必要なくね?」

ウザ「ええ?www」

DQN「こんだけしか釣れなかったとか言って、少しわたしゃいいんだよ」

ウザ「でもwwwそしたら余らない?wwww」

DQN「だから、今のうち食うんだよ。そしたら俺たちだけでも腹いっぱいになるぜ」

ウザ「wwwwwwwwwwwwww」

DQN「よし、決めた。火ぃ起こせ」





431: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 12:32:44.64 ID:OKYcVQ6c0

ウザ「でもwwww良くないと思うんだけどwww」

DQN「あぁ?気にしてたら負けだぜ。いいから火起こせよ」

ウザ「でもwwwどうやって火をwww」

DQN「お前ライターとか持ってねぇの?」

ウザ「うんwwww」

DQN「つかえねー奴だな……あぁ、思い出した」

ウザ「なになにwww?」

DQN「良くテレビとかマンガでやるだろ。木と木を擦り合わせて火を起こす奴」

ウザ「天才wwwwwwマジ天才wwwwwwwwwww」

DQN「よし、それやれ」



434: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 12:38:20.24 ID:OKYcVQ6c0

ウザ「はぁあああああああwwwww」ゴリゴリゴリ

DQN「…………」

ウザ「うぉおおおおおwwwwwww」ゴリゴリゴリゴリ

DQN「何やってんだよ、全然ダメじゃねえか!」

ウザ「両の手がwwwマメだらけですwwwwww」

DQN「っかしーな……なんで火がつかねぇんだ?」

ウザ「でも、熱くはなってるんだけどwwwww」

DQN「気合がたりねえんじゃねぇのか?もっと力入れてやってみろや」

ウザ「もうwww限界ですwwwwwww」

DQN「ちっ……どうなってんだ」






437: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 12:42:18.30 ID:OKYcVQ6c0

ウザ「もうだめwww」

DQN「くそ……俺がやってもつかねぇ」

ウザ「やっぱりwww素直に持って帰った方がwww」

DQN「あぁそうだ。別に焼いて食う必要もないんじゃねえか?」

ウザ「えwwwww」

DQN「刺身だって生だろ。味はともかく腹一杯にはなるだろうしな」

ウザ「ほうほうwwwほうほうwww」

DQN「あぁ、刺身はビタミンが豊富だってテレビで見たな」

ウザ「ジーニwwwwアスwwwwwDQN君ジーニアスwwwww」

DQN「じゃあ仕方ねぇ……さばいて食うか」



439: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 12:44:29.72 ID:OKYcVQ6c0

DQN「味はねぇけど。悪くはねぇな」モグモグ

ウザ「本当にいいのかなwww」モグモグ

DQN「しかたねぇだろ。他人にまで構ってられねぇんだ」

ウザ「でもwww男くんに知れたら怒られるwwww」

DQN「……あぁ?もう一回言って見ろ」グイ

ウザ「ひぎぃwwwwww」

DQN「俺とアイツ、どっちが偉いんだ?言って見ろ」

ウザ「どっちがって……wwww」



440: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 12:47:17.38 ID:OKYcVQ6c0

DQN「アイツにいちいち従って楽しいか?」

ウザ「楽しいっていうかwwwいろいろ知ってるしww頼りに」

DQN「オイ」グイ

ウザ「ひぎぃwww」

DQN「お前は俺の仲間だろ?」

ウザ「はいwwww」

DQN「じゃあアイツは敵だな?」

ウザ「えーとwww」

DQN「敵だろ?」ズズイ

ウザ「サー、イエッサーwwwww」



442: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 12:49:35.01 ID:OKYcVQ6c0

DQN「わかればいいんだよ……」

ウザ「wwwww」

DQN「ムカつくんだよアイツは。偉そうにしやがって」

ウザ「wwwww」

DQN「そのうちシメてやらねぇとな……じゃあ食うか」モグモグ

ウザ「頂きますwwww」モグモグ

委「……ちょっと、何してるのよ」

DQN「ちっ……」



446: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 12:51:58.36 ID:OKYcVQ6c0

委「これはどういうこと?なんで自分たちだけで食べてるの?」

ウザ「これはwwwえっとwwww」

DQN「いちいちうるせぇな……お前もムカつく奴だぜ」

委「皆で協力しようって昨日話したばっかりじゃない!なのにどうして自分たちだけでこんな」

DQN「うるせぇっ!!」

委「きゃっ……!」

DQN「自分で手に入れた食料を自分で食って何がわりいんだよ」

委「だ、だって……他のみんなは……」



450: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 12:56:24.74 ID:OKYcVQ6c0

ウザ「で、でもでもwwwまだみんなの分も残してあるよwwww」

委「……たったそれだけ?食べかすを見れば、ずいぶんたくさん釣れてたみたいだけど」

DQN「お前も食いたきゃ、取引なんてどうだ?」

委「あななたち、この期に及んで」

DQN「取引の材料は、分かるよなぁ……ケケ」

委「ちょ、ちょっと……何よ」

DQN「腹が満たされたら、何かムラムラしてきたなぁ。な?」

ウザ「wwwww」

委「ちょ、……本気なの?」

DQN「さぁてなー……」ジリ……

委「ひ……」



452: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 12:59:04.37 ID:OKYcVQ6c0

男「何を揉めてるんだ?」

委「お、男くん……」

DQN「ちっ……」

ウザ「wwwwww」

委「こ、この人、今私に……」

DQN「じょーだんだよ、じょーだん。それくらいもわかんねぇのかよw」

男「……」

委「う、嘘……絶対ウソよっ!」

DQN「これだから処女は困るぜ、ほんと」

委「なっ……!」

男「委員長、もういい……」





453: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 13:03:06.68 ID:OKYcVQ6c0

男「この、食い散らかした魚は何なんだ?」

DQN「あぁ、腹が減っちまってどうしようもなくてよ」

ウザ「ごめんwww本当にごめんwwww」ドゲザァ

委「ふざけすぎよ!せっかく釣ったのにこんなに食べちゃうなんて!」

DQN「お前らの分のも残してあんだろうが」

男「この木は火でも起こそうとしたのか?」

ウザ「うんwww付かなかったけどwww」

男「火口もないのにつくはずがないだろう……」



455: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 13:06:19.35 ID:OKYcVQ6c0

男「今回は仕方ないけど、もうこういうのはやめてくれよ」

DQN「あぁ?」

ウザ「はいwwwどうもすみませんwww」

男「じゃ、俺たちは行くから……今後は気を付けてくれ」

委「(ちょっと、もっとビシッと言ってやってよ)」ヒソヒソ

男「(とはいってもな……)」ヒソヒソ

DQN「……面倒くせぇからよ、俺たちは俺たちで食うもん探すことにするわ」

ウザ「ええええええwwwwwwwwwwww」



456: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 13:09:33.49 ID:OKYcVQ6c0

DQN「何だよ」

ウザ「俺たちってwwww俺たちってwwwww」

DQN「その方がいいだろ?昨日のメシは皆でわけっこして一人あたま魚一匹だ」

ウザ「でもwwwでもおおwwww」

DQN「今日はどうだ?俺の言うこと聞いたら魚何匹食えた?」

ウザ「おおおおお!なるほどwwwwwwそうしましょうwwwww」

委「ちょ……あなたたち……」

男「……いいんだな、それで」

DQN「おう」

ウザ「いまんとこ異論なしwwwwwww」



457: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 13:15:29.00 ID:OKYcVQ6c0

男「わかった。じゃあしばらくはそれでやってみよう」

DQN「これで今後は別行動できるからせいせいすらぁ」

委「(本当にいいの……?)」ヒソヒソ

男「(今のコイツに何言っても無駄だよ……)」ヒソヒソ

委「(そうだけど……)」ヒソヒソ

DQN「じゃあてめえらはてめえらで勝手にやれよ」

男「ところで、みんな生で食ったのか?」

DQN「だから何だ?残りもやらねぇぞ」

ウザ「ビタミンが豊富なんだってwwww」

男「最後にアドバイスさせてもらうけど、火を通さないとどんな食べ物だって危険だからな」

DQN「フン……普段からこれくらいのもん生で食ってんじゃねーか」

男「じゃあ、俺たちはもう行こう」

ウザ「wwwwwwwwwww」



460: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 13:22:55.52 ID:OKYcVQ6c0

─夕食─

パチパチパチ……←たき火

男「焦げないように、くるくる廻しながらね」

幼「あっつーい!あついよー!」クルクル

委「大丈夫?私がやろうか?」

幼「う、うんお願い」

委「……こんな感じ?こんな料理、どこかで見た気がするわ」

女「ケバブ……?」

幼「すごいね、ウサギってこんな簡単に捕まえられるんだ」

男「いや、運が良かっただけだと思うよ」

委「何にせよ、ありがたいわ」クルクル

女「この仕掛けも……よく作ったね……」

男「逆にこれ以外に焼く方法が無かったんだ」



464: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 13:26:29.84 ID:OKYcVQ6c0

男「そろそろ食べられるかな」

幼「鍋のほうも煮えてるよ」

委「じゃあ、食べましょうか」

女「いただきまー……す……」グァッグァッ

男「ちょっと、やけどしないように気を付けて」

幼「……うん、結構美味しい」モグモグ

委「鶏肉みたいな感じなのね」モグモグ

男「まぁ、鳥肉の方が美味しいけど」モグモグ

女「あんまり味が無い……」モグモグ

男「塩が欲しいな……やっぱり」



467: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 13:30:18.83 ID:OKYcVQ6c0

ウザ「……ひぎぃいいいwww………」

DQN「……くそぉ腹がいてぇ…………」

幼「風にのって声が聞こえてきたね……」

男「おおかた腹でも壊したんだろうな」

委「男くんの言うとおりだったわね……」

女「明日からも……別々……なの……?」

男「向こうから言ってこない限りはその方がいいと思う……ごめん」

幼「男くんは悪くないよ……」

委「まっ、少ししたら分かるでしょ。どっちが正しいかなんて」

女「ゲップ……ごちそうさま……」




472: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 13:35:04.82 ID:OKYcVQ6c0

幼「明日はどうするの?」

男「基本的には今日と同じでいいと思うんだけど」

委「狩猟採集?」

男「うん、まだほかにも食べられるものがあると思うし」

女「お塩は……?」

男「塩は、どうやって作るのかなぁ……うーん」

幼「私知ってるよー」

男「おっ!」




474: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 13:37:25.86 ID:OKYcVQ6c0

男「お前からそんな発言が聞けるなんて」

幼「ふふーんだ」

委「それで、どうやって作るの?」

幼「なんかね、今の塩は科学的にナトリウムだけを取り出す方法があるんだって」

男「ふーん」

女「ふむ……ふむ……」

委「それで?」

幼「え……おしまいだけど」

男「ズコー」



479: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 13:41:01.56 ID:OKYcVQ6c0

男「そういう知識じゃなくて、今の状況でどうやって作るかを知りたかったんだが」

幼「えー、そんなのわかんないよ」

委「あはは……」

女「やっぱり、海水から作るのがいいのかな……?」

男「煮たり乾かしたりで、どれだけとれるか分からないけど……それしかなさそうだな」

委「私、明日やってみたい」

男「うん、じゃあお願いする」



480: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 13:42:58.07 ID:OKYcVQ6c0

幼「じゃあ、今日はもう寝る?」

男「そうだな、慣れないことして疲れたし」

委「明日からもまた続くのね……」

女「……はやく……帰りたい……ね」

男「うん……帰れるように頑張ろう。それじゃあ」

幼「ところで、気になってたんだけど」

男「うん?」




481: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 13:45:35.97 ID:OKYcVQ6c0

幼「男くん、DQN君とケンカしてるんだよね」

男「ケンカっていうか……意見の相違というか」

幼「今日は男くん、どこで寝るの?DQNくんと一緒?」

男「どこって……」

幼「一緒に寝にくいかなぁって思って」

委「まぁ、そうよね……」

幼「もし、みんなが良ければ……男くんもこっちの家で寝ない?」

男「ええーっ!」



484: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 13:49:01.19 ID:OKYcVQ6c0

男「い、いいよ……外で適当に寝るから」

幼「それは絶対ダメだよ!男くんに風邪ひかれたりしたら困るもん」

女「……虫とか……蛇に咬まれても……困る……」

委「……そうね、私はいいわよ。男くんなら」

男「いやでも……ほら、あっちの方にも確か家があったし」

幼「男くんがここから離れるのも却下」

委「うんうん。やっぱり男くんがいないと少し不安だもの」

女「……決まりだね……」

男「ま、マジですか……」



490: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 13:51:26.91 ID:OKYcVQ6c0

幼「という訳で、おやすみなさーい」

男「……」ドキドキ

委「おやすみなさい」

女「4人で寝ると……ちょうどいい広さ……」

委「やだわ……私、汗臭くない?」

男「そ、そんなことないと思うよ……」ドキドキ

幼「お風呂もないもんね」





492: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 13:56:25.28 ID:OKYcVQ6c0

委「こういうサバイバル生活って、お風呂とかはどうすればいいの?」

男「え、えっと……それはもちろん可能な限り清潔にするのが望ましいんだけど……」ドキドキ

幼「やっぱり、水浴びしたほうがいいのかな?」

男「うん……それに、服も綺麗にしないと痛むのが早くなるから」

女「洗濯も……しなくちゃね……」

委「やることがいろいろあるのね……」

男「そうらしい……うぅ」ムズムズ

幼「どうしたの?」

男「(別に並んで寝る必要はないと思うんだが……)」ムラムラ

委「ふわぁああああ……眠いわ……」

女「くー……くー……」



493: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 14:01:15.74 ID:OKYcVQ6c0

─翌朝─

男「(ん……)」

男「(朝か……結局朝方まで眠れなかったな)」

男「(ふわぁああ……なんかやっぱり体が重い……)」

男「(自分が思ってる以上に、疲れてたのかも……それに暑い……)」

男「(……ん?何か柔らかい……)」

男「って、委員長!」

委員長「……くー……くー……」

男「(抱きつかれてる……うぉおおお)」ムクムクムク



494: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 14:03:37.36 ID:OKYcVQ6c0

委「……くぅ……くぅ……」

男「(顔が……すごく近い)」

委「むにゃ……」

男「(近くで見ると、可愛い顔してるなぁ……やっぱり)」

委「……くぅくぅ……すー……」

男「(寝る時も、メガネ外さないのか……よほど疲れてたのか)」

委「んっ……」ギュ

男「はぅうううっ……(胸が、太ももが……っ)」

委「…………ん?」



496: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 14:07:26.68 ID:OKYcVQ6c0

委「あれ……」

男「お、おはよ……」

委「男くん……?」

男「(首に手を回されてるから、身動きができない……)」

委「……って、きゃあああああっ!!」パッ

男「ご、ごめんなさいっ!」

委「ご、ごめんなさいっ!」

男「え?」

委「わ、私……小さい時から抱き付き癖があって……あの」

男「あ、そ、そうなんだ……」

委「だ、だからあの……ね///」

男「もしかして今でも抱き枕使ってるとか」

委「///」

男「(しっかりもので頭がいいイメージしかなかったけど、意外な一面だな……)」



497: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 14:10:11.30 ID:OKYcVQ6c0

委「ごめんなさい……汗臭かったでしょう……」

男「そんなことなかったよ……女の人の匂いがしたというか」

委「えっ……?」

男「いや、だから……別に」

委「……///」モジモジ

男「こ、この話はもうやめにしない?」

委「そ、そうね……そうしましょ」

男「(どっかで抜いてきたいけど……いやエネルギーは節約しておこう)」

幼「……ふわー、朝だね」ムク

女「おは……よう……」ムク

男「おはよ……」



504: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 14:21:34.12 ID:OKYcVQ6c0

幼「それじゃ、顔洗ってこようかなー」

委「私もいこうかしら」

女「じゃあ、私も……」

男「あ、これ持ってって」

幼「木の枝?片側が潰れてるけど」

委「これは何に使うの?」

男「歯ブラシの代わりに使ってくれればいいかなと」

女「おぉー……気が利く……」パチパチパチ

幼「でも、歯磨き粉が無いよね」

男「炭を使えば汚れが落ちやすくなるよ。不味いけど」

委「何もなくてもなんとかなるものね」






506: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 14:26:23.89 ID:OKYcVQ6c0

委「うん、やっぱり歯磨きすると気持ちいいわねっ」シャコシャコ

幼「うげーっ……美味しくない」シャコシャコ

女「いちご味の炭に……して……」シャコシャコ

男「あんま無理言ってくれるな」シャコシャコ

委「顔も洗ったし……それじゃあ」

幼「身体も洗いたいね」

男「!」

女「汗で……ベタベタ……」

委「ねぇ、男くん……」

男「は、はいっ!」

幼「見張りお願いね」

男「だよね」



508: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 14:30:06.45 ID:OKYcVQ6c0

男「ふぅ……」

幼「男くーん、誰も来てない?」

男「あぁ、誰も……」

委「こっち見たらダメよ?」

女「恥ずかしい……から……ね?」

男「でかい岩が邪魔で見えないよ、ここからだと」

幼「なら安心安心」

男「……ふぅ」

DQN「なんだぁ?こんなとこで何してんだ?」

男「うわ」





511: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 14:34:38.19 ID:OKYcVQ6c0

男「お、お前らこそ何だよこんなとこで」

DQN「見りゃわかんだろ、釣りに来たんだよ」

男「あ、そうか」

ウザ「男くんはwww何してるのwww」

男「えーと……何か食べ物が無いかとおもってさ」

DQN「へっ、役立たずの女どもに食わせなきゃいけねえからなお前は」

ウザ「それはそれでカタルシスwwwww」

DQN「あ?」

ウザ「なんでもないwwww」

男「(ウザは思ったほどウザくなかったかもしれない)」





513: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 14:38:30.57 ID:OKYcVQ6c0

男「つ、釣りならもう少し下流の方がやりやすいと思うよ」

DQN「あぁ?また命令かコラ」

男「そうじゃなくて……」

ウザ「サー、彼のいう事はいつも的確ですサーwwww」

DQN「……ちっ……行くぜ」

男「ふぅ……」

DQN「……なぁ、お前大変だろ?」

男「え?何が?」

DQN「自分だけならともかく、女3人背負ってサバイバルなんてよ」

男「あぁいや……皆で協力すれば」



517: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 14:41:22.44 ID:OKYcVQ6c0

DQN「もしお前が俺に従うってのなら、大分楽しいことになるのによ」

男「楽しい?」

DQN「俺たちで主導権握っちまえば、女どもなんてすぐいう事聞くと思うぜ」

男「?」

DQN「そしたら……やりたい放題だろ?」

男「そんな下らないことしか言えないのかよ、お前は」

DQN「ふん、お前だって似たようなこと考えたことあるんだろうが」

ウザ「拙者は正直wwwwあるでござるwww」

男「……」



520: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 14:45:56.26 ID:OKYcVQ6c0

DQN「ま、そうやって強がってられるのも今のうちだぜ」

男「別に強がってる訳じゃない」

DQN「女どもに伝えとけよ、食い扶持に困ったら俺たちが面倒見てやるってな」

ウザ「僕の中でwww天使と悪魔がwww囁いてますwwwwwww」

男「(どっちかというとお前らの方が不安なんだが)」

DQN「おう行くぞ……時間がもったいねぇ」

ウザ「今日も大漁www大漁www」

男「あいつら毎日魚食うつもりなのかな」



525: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 14:49:03.06 ID:OKYcVQ6c0

男「ふぅ……行ったか」

幼「男くん」

男「うわっ!」

委「今、あの二人来てなかった?」

男「あぁ……来てたけど、みんなには気が付かないで行ったから」

女「……そう……」

幼「また、何か言われたの?」

男「いや、別に何も(余計なこと言わない方がいいな)」

委「まったく、あの二人は大丈夫なのかしら……」

男「ヤバくなったら来るだろうから……俺たちは俺たちでやれることをやろう」



526: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 14:53:25.84 ID:OKYcVQ6c0

男「で、今日は……」

委「私は塩の方をなんとかしてみるわ。本にもやりかたが書いてあったし」

男「じゃあ、それで。お前は?」

幼「私もお塩つくるの手伝いして、キノコ採集しようかな」

男「じゃあ、俺は仕掛けたワナを見て来て、他に何か食べ物とかないか探してくるから……」

女「……私も……男くんと行きたい……」

幼「えっ」

男「え……うん、わかった」

委「意外な組み合わせになったわね……」





532: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 15:06:03.98 ID:OKYcVQ6c0

男「おっ……うぅむ、今日はウサギはかかってないな……」

女「残念……」

男「もういくつか仕掛けておいたほうがいいな」

女「どうやって……やるの……?」

男「えっと……こういう動物は通り道が決まってるから、そこを狙って仕掛けるんだ」

女「通り道……どうやって見つけるの……?」

男「糞が落ちてたりするところの、草が無いところを探すんだ」

女「ふむ、ふむ……」

男「で、ちょっとした杭を作って、輪っかを作ったワイヤーを仕掛ける」

女「……難しい……」

男「こうすると、動けば動くほど締まるようになるんだ」

女「私にも……やらせて……」

男「う、うん……」




533: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 15:09:10.03 ID:OKYcVQ6c0

男「これで良し……と」

女「他に、食べられる……モノって何があるの……?」

男「食べようと思えばこのタンポポの根っこも葉っぱも食べられるけど」ブチ

女「そうなんだ……」

男「あんまり美味しくなさそうだから、後回しにしようかと思って」

女「ふふ……そうだね……」

男「なかなかないんだよなぁ、美味しくて栄養のあるもんって……」

女「あれ……は……?」

男「うん?」



534: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 15:11:48.71 ID:OKYcVQ6c0

女「あれ……テレビで見たことある……」

男「え……マジか、あれ」

女「あれは食べられない……?」

男「食べられるけど……どおりでこのあたり、暑いと思ったら……」

女「?」

男「椰子は年がら年じゅう暑いところじゃないと育たないんだ」

女「そうなの……?」

男「これは、相当南まで流されたってことだなぁ……」

女「ふむふむ……」



535: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 15:15:09.64 ID:OKYcVQ6c0

女「あれ、実がなってる……」

男「いわゆるココナッツだな。すごく栄養価も高いしおいしいと思うんだけど」

女「ごくっ……」

男「でも、結構高いな……万一落ちたら大変なことになりそうだ」

女「危ない……?」

男「棒でつつけば取れないかな……そのへんに長い棒が落ちてればいいけど」

女「私、結構……木登りなら得意……」

男「え、でも……」

女「大丈夫……私……行ってみる……」



537: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 15:18:22.69 ID:OKYcVQ6c0

男「おぉーい、大丈夫?」

女「……んしょ、んしょ……」

男「あ、あんまり無理しないでー」

女「大丈夫……これくらいなら……」

男「(思ったより身軽だなぁ、女さん)」

女「んしょ……ふぅ……んしょ……」

男「(問題は……スカートだからパンツが見えてるって事なんだが)」

女「……ん……何か妙に視線を感じる……」

男「(集中力を乱さないように黙っておこう……決して見続けたいからではないぞ)」

女「気の……せいかな……んしょんしょ……」



544: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 15:23:02.26 ID:OKYcVQ6c0

女「てっぺんまでついた……よ」

男「あ、危なくない?」

女「ちょっと……怖いけど…へいき……」

男「実、取れそう?」

女「うん……やってみる……」

男「気をつけて」

女「……ん~~っ……!」

男「実は、意外と頑張り屋さんだったんだなぁ、女さんって……」

女「んん~~………えいっ!」ブチッ

男「おおっ!!」

女「やった……てへぺろ……」

男「あ、あ、両手を離したら………」

女「ひ……ひぃやぁ~~~っ!!」ズズズズズズッ

男「うわわわわわっ!」



549: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 15:27:29.82 ID:OKYcVQ6c0

男「いででで……」

女「……大丈夫だった……」

男「こ、腰がいてぇ……」

女「受け止めてくれた……の?」

男「だから気を付けてっていったじゃないか!」

女「」ビク

男「こんな病院も薬もないところでケガなんかしたら……聞いてる?」

女「……」コク

男「こういうのはやっぱり俺がやるよ……女さんは無理しないで」

女「……ひっく……」

男「え?」

女「ごめんなさい……ごめんなさい……ぐすッ……」

男「い、いやそんな気にしなくてもいいけど……」



550: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 15:30:14.10 ID:OKYcVQ6c0

男「あ、あ~~……あれだ、言い過ぎた。ゴメン」

女「……」フルフル

男「いや、でも大きい声だしてゴメンな、ほんと」

女「私こそ……ごめん……役立たずで……ごめん……」

男「え……」

女「男くん……の役に……立ちたかったの……少しでも……」

男「どうしたんだよ、急に」

女「……今朝、DQNくんが……」

男「聞こえてたのか……」



551: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 15:33:17.18 ID:OKYcVQ6c0

女「私は……委員長みたいに器用じゃないし……幼ちゃんみたいに頑張り屋さんじゃない……」

男「頑張ってたじゃないか、こっち来てからからずっと」

女「釣りも下手だった……」

男「釣りは運の要素もあるから……」

女「私、足手まとい……だから……」

男「……」

女「DQNくんたちのほうに行ったほうが……男くんの負担にならないんじゃ……ないかなって……」

男「つまんないこと言うなよ」



555: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 15:38:47.60 ID:OKYcVQ6c0

男「ワナ仕掛ける時からなんか変だなぁって思ってたけど、そういう事か」

女「……」

男「足手まといだとかそんな風に思ったりしてないよ」

女「本当に……?」

男「今だって、頑張ってココナッツとってくれたじゃないか」

女「……」

男「あ、も、もしかして、向こうのグループに行きたいとか?」

女「絶対に……嫌……」ギュ

男「ならいいじゃないか。一緒に頑張ろう」

女「……ありがとう……」



557: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 15:42:23.97 ID:OKYcVQ6c0

女「ところで……重くない……?」

男「いや、軽いと思うよ」

女「私、小さいから……かな……」

男「(小さくて……可愛いよな、この子)」

女「……男くん……と一緒にいていい……?」ギュ

男「え、えーと……うん、もちろん」

女「じゃあ、いる……」

男「あいつの言ったことは忘れたほうがいいよ……くだらない」

女「お礼はでも……男くんにしたいな……」

男「お礼……?」

女「いつか……ね……?」



565: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 15:47:36.51 ID:OKYcVQ6c0

男「ただいまー」

幼「お帰りなさい」

委「どうだった?」

男「ああ、なんとか一匹かかってくれた」

幼「良かったぁ」

委「こっちも、少しだけど塩がとれたの」

男「お、それは良かった。これでメシが少し美味しくなるな」

女「あと……これ、ココナッツ……」

委「わぁ、すごいじゃない!」

男「女さんが見つけてとってくれたんだ」



566: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 15:52:24.98 ID:OKYcVQ6c0

男「ビタミン不足が心配だったから、これが安定して手に入るようになればかなり良いんだけど」

女「また……探しに行こうね……」

委「偉い偉い……頑張ったね」ナデナデ

幼「……」

男「ん?」

幼「ところで、ずっと気になってたんだけど」

男「なんだ?」

幼「どうして二人はずっと手を繋いでるの?」

男「あ、抱っこした時の流れで……」

女「……」





567: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 15:52:59.95 ID:OKYcVQ6c0

幼「抱っこ?……ほーう」

委「……どういうことかちょっと聞きたいわね」

男「待て、たぶん君らは誤解している」

女「……男くん、優しかった」

幼「な、なにそれー!」

男「ちょ」

女「ふひひ……」



583: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 16:28:59.76 ID:OKYcVQ6c0

─ちょっとした崖─

男「うむむむ……こ、これは厳しい」

幼「がんばれー」

女「おー……にいーっぽー…にいっぽーにいぽーん……」

委「大丈夫ー?」

男「思ったより意外と、難しい」

委「支点は絶対三つね。安定する場所を頑張って探してー」

幼「無理だと思ったら戻ってきてねー」

女「カモメの卵……美味しい……の……?」

委「この本にはそう書いてるわ」

男「おかげでこのありさまです」



584: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 16:33:42.76 ID:OKYcVQ6c0

男「あそこがカモメの巣か……もう少しだ」

委「いけそうー?」

幼「がんばれー!」

女「カモメさん……ごめんなさい……」

委「カモメの卵は最も簡単に手に入るであろう卵だって書いてあるわね」

幼「取りに行くのが大変だけどね」

男「ま、まぁでも……卵が手に入ればこの苦労も……」





586: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 16:39:12.31 ID:OKYcVQ6c0

委「この本、本当に役に立つわね……」

女「……なんか、このページ、続いてるっぽいけど……」

委「あれ?本当……」

幼「なんて書いてあるの?」

男「よっしゃー!獲ったどーーーーー!」

委「えーと……『先に述べたようにカモメの卵はもっとも容易に入手することができる部類ではあるが……』」

幼「あるが?」

女「嫌な……予感……」

男「また獲ったどー!ちょっとは反応してくれー!」

委「『カモメに襲われるリスクが非常に高いため、細心の注意を払う必要がある』……」

幼「えっ……」





588: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 16:41:55.74 ID:OKYcVQ6c0

男「なんだよあいつら……こら、無視するなー!」

ギャッギャッギャッ……バサバサバサ

男「うぉっ!!!なんだこりゃー」

委「お、男くん逃げてー!!!!」

男「逃げろってどこに!!」

幼「はやく降りてきてー!」

カモメ「グァーーーッッ!」ツンツクツンツク

男「いだだだだだッ!!アッー!」

委「変な声出さないで急いでっ!」

男「アッー!」



591: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 16:46:04.15 ID:OKYcVQ6c0

男「ふぅ……死ぬかと思った……」

委「だ、大丈夫?怪我してない?」

男「あア、すこしつつかれたくらいだから……痛いけど」

委「ごめんなさい、私が悪かったわ……ちゃんと最後まで読んでなかったから」

男「いや、本当に大丈夫だから」

委「でも……」

男「おかげで卵も手に入ったし、次からは何か対策を考えよう……」

幼「やったー♪目玉焼きっゆで卵っ」キャッキャ

女「オムライス……ハムエッグ……半熟卵のトリュフソースかけ……」ウフフ

男「それ無理だから。ていうか少しは心配しろ」



593: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 16:51:25.24 ID:OKYcVQ6c0

女「いただきまーす……」ハグハグ

幼「うんうん、卵って美味しいね」モグモグ

委「こら、二人とも男くんにちゃんと感謝しないと」

男「いや、別にそんな」

委「ダメよ、こういうことはきっちりしないと」

幼「はぁーい……男くん、ありがとね」モグモグ

女「ありがと……ありがと……二回言った」ハグハグ

男「すっげー心のこもってないありがとうをありがとう」

委「ったくもう……しょーがないんだから」

男「(委員長って律儀だなぁ)」



596: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 16:57:18.57 ID:OKYcVQ6c0

男「委員長も食べなよ」

委「そうね、食べようかしら」

男「もぐもぐ……うん、まぁ美味いな」

委「……本当にケガとかしてない?」

男「あぁ、ちょっと擦りむいただけだから……」

委「無理だけはしないでね。男くんがいなくなったら……」

男「……」

委「……そんなこと考えたくもないけどね」

男「あ、あはは……」

委「……」モグモグ

男「……」モグモグ

委「……」チラ

男「うん?」

委「……///」プイ

男「……」



600: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 17:00:17.04 ID:OKYcVQ6c0

─深夜─

男「……うぅ」ムク

男「なんだ、まだ夜中じゃないか……」

男「ふわぁあああ……寝なおすか」

男「……」

幼「Zzzz」

女「Zzzz」

男「……小便してねるか」

男「みんな良く寝てるから、起こさないようにしないと……」ソロソロ



602: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 17:02:41.86 ID:OKYcVQ6c0

男「あーあ、月が綺麗だなぁ……」

男「遭難じゃなけりゃ、結構いいところなんだけどなぁ」

男「……いつになったら帰れるのかな……」

男「考えてもわからんことを考えても、仕方ないな」

男「さてと、さっさと裏手でトイレをすませて……」

チョロロロロロ……

男「えっ」

委「えっ」



610: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 17:07:11.41 ID:OKYcVQ6c0

男「(い、委員長……がおしっこしてる……)」

委「…………男く……ん……」チョロロロロロ……

男「(で、出てる……おしっこ……)」

委「あ……あ……ぁ……」チョロロロロ……

男「(ぜ、全部……見える……月が出てるせいか…よく見える……委員長の……)」

委「あぁ……」チョロッ……

男「(お、終わった……のか?)」

委「……」

男「(な、何か言わなくちゃ……えっと)」

委「……い」

男「お、終わったら次いい?」

委「いやぁああああああああああああっ!!!」



616: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 17:10:24.16 ID:OKYcVQ6c0

委「……っ!!」ダッ

男「ま、待って!これは不可抗力……」タタタ

委「……っ!!」ガチャ バタンッ!カチャカチャ

男「う、うそぉ!鍵?」

男「おおーい!わざとじゃないんだってば」トントン

シーン……

男「ま、マジか……おーーい……」トントン

男「だめだ、反応がない……」




623: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 17:15:18.87 ID:OKYcVQ6c0

─翌朝─

男「おはよー……」

女「おはー……」

幼「男くん、昨日は外で寝てたの?」

男「え、いやそういう訳じゃ……そうなんだけど」

幼「ダメだよ、急に雨降ったりしたら風邪ひくよ?ねぇ委員長」

委「……そ、そうね……」プイ タタタッ……

幼「あれ?」

男「(まだ怒りは解けてないのか……)」



628: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 17:18:40.55 ID:OKYcVQ6c0

男「じゃ、じゃあ今日の予定なんだけど……」

幼「うんうん」

女「今日は……何をするのかな……」

男「……どうしよっかな、委員長」

委「……」プイ

男「あ、あの……何か案とかある?」

委「な、無いわ……」

幼「ん~?」

女「何か……変……」



630: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 17:23:17.59 ID:OKYcVQ6c0

委「わ、私はじゃあワナの方回収してくるっ!」

男「そうか、じゃあ俺も……」

委「……っ!お、女ちゃん一緒に行こうっ!」グイ

女「襟首を……つかむのはやめて……」ズルズルズル

委「じゃ、さよならっ!またねっ!」タタタタ

女「ばいびー……」ズルズルズル

男「はぁ……」

幼「ねぇ、ケンカでもしたの?」

男「そういう訳じゃないんだけど……」

幼「私たちはどうする?」

男「果物でも取りにいくか……ふぅ」



633: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 17:27:32.66 ID:OKYcVQ6c0

幼「男くん、これは食べられる?」

男「えーーっと、これは……うん、いけるな」

幼「これ、食べ過ぎなければ生でも食べていいんだよね」

男「……」

幼「ねぇ、聞いてる?」

男「えっ」

幼「もー、今朝から変だよ」 

男「……はぁ」

幼「委員長と何かあったんでしょ」

男「」ギク



635: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 17:30:55.69 ID:OKYcVQ6c0

男「や、やっぱりわかるかな?」

幼「うん、二人とも明らかに変だもん」

男「……だよなぁ」

幼「最近、すごく仲良くなってたと思ってたけど……」

男「(考えてみれば、学校に通ってるときはそうでもなかったんだよな)」

幼「何かエッチな事でもした?」

男「……当たらずとも遠からじってところかな」

幼「……ねぇ、あのショットガンどこに隠したっけ。今から取ってくるから」

男「待て、俺の言い方が悪かったから頼むから待ってくれ」



639: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 17:34:44.16 ID:OKYcVQ6c0

男「……と、いう訳で」

幼「なーんだ、そんなことかぁ」

男「すっごく怒ってるよな、あれ」

幼「私だったら良かったのにね」

男「えっ……」

幼「あはは、昔いっしょにおしっことかしたもんね」

男「何年前の話だよ、それ」

幼「まぁ、私も今見られたらすっごく恥ずかしいかな」

男「だろうな」

幼「幼馴染の私でもそうなんだから……委員長だったらきっともっと恥ずかしかったよね」

男「だよな」

幼「でも、わざとじゃないんでしょ?」

男「それは誓って」



642: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 17:38:24.42 ID:OKYcVQ6c0

男「どうやったら怒りが解いてもらえるのか……」

幼「う~ん、怒ってるなら謝ればいいと思うけどね」

男「そんな簡単に行かないだろ」

幼「でもね、多分委員長は怒ってるんじゃないよ」

男「え?」

幼「多分、恥ずかしいんだよ……怒ったりはしてないと思う」

男「そ、そうかなぁ」

幼「だから、きっと余計に面倒くさいかもしれないよ」

男「あーあ、最近うまくコミュニケーションとれるようになってきたと思ったのに……」

幼「……」



645: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 17:41:34.96 ID:OKYcVQ6c0

幼「まぁ、頑張ってね」

男「何だよ、冷たいな」

幼「ちゃんと仲直りしてよね。司令塔が仲悪いままだと私たち困っちゃうし」

男「司令塔ってなんだよ。トップ下かよ」

幼「ほらほらバカなこと言ってるから、手が止まってるよ」

男「人使いが荒いな……ったく」

幼「ふーんだ」

男「とりあえず、帰ったら謝っておかないとな……」



649: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 17:47:18.38 ID:OKYcVQ6c0

男「ただいま……委員長いる?」

女「あ……男くん……いるけど……」

男「家の中かな?」

女「あ、でもね……今……」

男「ごめん、開けるよー」ガチャ

委「えっ……」

男「昨日は悪かった!でも、わざとじゃなくって……ん?」

委「…………」

男「(じょ、上裸っ?)」



659: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 17:50:55.85 ID:OKYcVQ6c0

男「(い、委員長のおっぱい……大きい……)」

委「……わ、私……」

男「(乳首まで……)」

委「汗……かいて……それで……」プルプル

男「(ゆ、揺れている……)」

委「あ、洗って……か、乾かそうと……思っ……」

男「(な、何か言わないと……えっと)」

委「………い」

男「ぶ、ブラジャーも一緒に洗ったの?」

委「いやあああああああああああああああああっ!!!」



663: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 17:56:39.65 ID:OKYcVQ6c0

─夜・たき火前─

パチパチパチ……

男「はぁああああああ……」

幼「なんで事態悪化させちゃうかなぁ」

男「わざとじゃないんだって……」

女「むしろ……いままでこういうトラブルが起きなかったのが……不思議……」

幼「そうだよね、こういう生活だし……」

女「委員長は……この中だと一番そういうのが苦手っぽい……」

男「うぅ」





666: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 18:00:01.58 ID:OKYcVQ6c0

幼「女ちゃんは恥ずかしくない?」

女「ん……私も恥ずかしい……けど……」

幼「けど?」

女「晩御飯食べに来ないで引きこもるまででは……無いと思う」

男「お腹すいてないのかなぁ、委員長」

幼「それよりも顔合わせたくない気持ちの方が強いんじゃない?」

女「恥ずかしい×恥ずかしい=……怒り?」

男「なにその方程式」

幼「とりあえず、明日もう一度謝るしかないんじゃないかな」

男「わかった……」



670: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 18:05:18.18 ID:OKYcVQ6c0

─翌朝─

男「お、おはよー」

委「……っ!!」

男「き、昨日は着替え中にゴメン。今後は気を付けるから……」

委「……っ」タッタッタ

男「うわ……」

幼「ちょっと、ぼーっとしてないで」

男「そんなこと言われても」

幼「謝って謝って謝りたおしなよ。許してもらえるまで」

女「押してダメなら……押しが足りない……のかも」

男「よ、よぉし」ダッ



673: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 18:08:18.38 ID:OKYcVQ6c0

委「……」スタスタスタスタ

男「本当に、わざとじゃなかったんだ、昨日もその前も」

委「……っ」

男「怒るのも分かるけど、ほんと、この通りだから」

委「つ、ついてこないでっ!!」スタスタスタ

男「……っ!ご、ゴメン。でも俺……」タッタッタ

委「来ないでって言ってるでしょっっ!向こうに行ってよ」

男「な、何だよ……」



676: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 18:12:38.24 ID:OKYcVQ6c0

委「いいからもう放っておいてっ!」スタスタスタ

男「(な、なんでキレかかってるんだ)」

委「……」スタスタスタ

男「確かに……俺が悪かったよ、でも……って聞いてくれよ」

委「来ないでっ!」

男「そっちは危ないよ……2メートルくらいの崖が」

委「……っ」スタスタスタ

男「話を聞けってば……そっちは」

委「……」ダダッ

男「あ、危ないっ」

委「…………ッ!きゃああああッ!」

男「お、落ちた!?」



684: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 18:15:54.89 ID:OKYcVQ6c0

委「……いたたたた……」

男「大丈夫か!?今行くから」

委「ダメ……来ないで」

男「まだそんなこと言ってるのか?いい加減怒るぞ」

委「……」

男「ケガは?どこか捻った?」

委「……無いわ」

男「血が出てるじゃないか、すぐに洗わないと……」

委「うぅ……」

男「あれ、この血……?どこから……?」

委「だから……こないでって言ったのに……」

男「生理……?」



692: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 18:20:55.00 ID:OKYcVQ6c0

委「見ないで……お願い」

男「……ごめん」

委「恥ずかしいの……だから……」

男「……」

委「ぐすっ……こんなの男くんに見せたくないよ」

男「……戻ろう」

委「……だって、戻っても」

男「生理用品ならなんとかなるから、とりあえず戻ろう」

委「えっ……?」



698: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 18:25:03.46 ID:OKYcVQ6c0

男「はい、これ」

委「ど、どうしてこんなものを持ってるの?」

男「生理用ナプキンって、着火剤としてすごく優秀なんだって」

委「え……」

男「それに、怪我したときとかの圧迫止血時にもとても優秀らしいから」

委「それで用意してたの?」

男「うん、どのサバイバルブックに載ってたから」

委「くす……おかしいのね、男くんって」

男「そ、そうかな」

委「……少し、外に出ててくれる?」

男「あ、ごめん」



706: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 18:28:35.54 ID:OKYcVQ6c0

男「ふぅ……」

幼「ねぇ、怪我したって本当?」

女「血が……垂れてた……」

男「いや、怪我はしてないんだけど」

幼「でも、血が出てるって」

男「うーん、なんていうか……」

委「怪我はしてないから、大丈夫よ」カチャ

幼「あ、よかったー」



710: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 18:30:59.73 ID:OKYcVQ6c0

幼「そっかぁ、生理だったんだぁ」

女「そういえば……そういうこともあるってことを……失念してた」

幼「私もー」

男「お前ら本当に女か」

委「ぷっ……」

幼「それに、もう怒ってないの?」

男「……」



712: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 18:34:38.50 ID:OKYcVQ6c0

委「……初めから怒ってなんかないけど……ただ恥ずかしかっただけ」

幼「そっか」

委「一番恥ずかしいところを見られちゃったから……ね」

女「(おしっこを見られるのと……生理の血……どっちのことを言ってるんだろう)」

幼「洋服、すぐに洗わないといけないね」

委「うん……でも私、替えが無いから」

女「……それならこうしよ……?」

男「うん?」



716: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 18:39:32.29 ID:OKYcVQ6c0

男「やっぱりこうなるのか」

幼「暑いんだから問題ないでしょ?ジーンズくらい貸してあげても」

委「ごめんね、洗って乾いたらすぐ返すから」パシャパシャ

男「なんで俺がパンイチにならなきゃいけないんだよ。お前らの方が先だろ」

女「なんていうか……ふいんき的に?」

幼「いつから女の子のズボン脱がして喜ぶ人になったの?」

男「(逆にそれで喜ばない男がはたしているのだろうか)」

委「血ってなかなか落ちないね……」

男「唾液に血液を分解する酵素が入ってるよ」

幼「わぁ、なんか変態くさい」

女「パンイチだし……ね……」

委「くす……」パチャパチャゴシゴシ



722: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 18:44:42.49 ID:OKYcVQ6c0

─夜─

委「男くん」

男「ん?どうしたの」

委「まだ休まないの?」

男「あぁ、火の始末したら休むよ」

委「そう……ジーンズ乾いたから、返すね」

男「おぉ、ありがたい」

委「洗ったから、汚くないと思う」

男「汚いなんて思わないけど……ありがとう」

委「ね、こないだから態度悪くてごめんね」

男「え……いいよ。気持ちはわかるつもりだし」



726: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 18:49:00.32 ID:OKYcVQ6c0

委「もう男くんには頭が上がらないね」

男「そ、そんなこともないと思うけど」

委「そんなことあるよ。ナプキンまで貸してもらって」

男「貸したって言うか、返さなくていいから」

委「くす……うん」

男「ほんとにもう怒ってないの?」

委「もう、最初から怒ってないわよ」

男「そ、そっか」

委「見られちゃったなぁ……いろんなもの」

男「う……ご、ごめん」

委「責任は取ってくれるの?」

男「えっ」



729: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 18:52:20.95 ID:OKYcVQ6c0

男「責任って……」

委「あはは、冗談冗談」

男「だ、だよね」

委「それとも、冗談じゃなくてもいい?」

男「……えっと」

委「本気でもいい?」

男「それって、えっと……」

委「もしそうなら、教えてほしいな。私、待ってるから」

男「」ドキドキ

委「そ、それじゃっ……おやすみなさい!」

男「……お、おやすみなさい」



731: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 18:57:42.60 ID:OKYcVQ6c0

─深夜─

男「ふぅ……今日も月が綺麗だ」ジョロロロ

男「委員長って……可愛いなぁ」ジョロロロロ

男「……」

男「いかん、小便が上向いてきた」ジョロロロロロロ

委「男くん?そこにいるの?」

男「えっ」ジョロロロロ

委「さ、さっきは変なこと言ってごめんね?私……」

男「いや、ちょ、ちょっと待って」ジョロロロロ

委「気にしなくていいから……えっ」

男「……こ、こんばんわ」ジョロッ……

委「……い」

男「つ、月が綺麗だね」

委「いやああああああああああああっ!!」



752: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 19:43:18.43 ID:OKYcVQ6c0

─海岸─

男「引っ張って、もっと全力で……」

幼「やってるよー!」

女「ん~~……」

委「な、なんて力なの……ウミガメって」

男「だめだ、このままだと逃げられる……」

委「この流木を使ってひっくり返したらどうかしら?」

男「おぉ、15少年漂流記でもそうだったな」

ウミガメ「クエ~」

幼「は、はやくー!」

男「よおし、悪く思わないでくれよ……」

ウミガメ「!?」



757: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 19:47:21.32 ID:OKYcVQ6c0

─夕食─

男「いやぁ、美味しかったなぁウミガメのスープ」

委「本当ね」

幼「可愛いからちょっと可哀想だったけどね……」

女「南無阿弥陀仏……ハラミッタジ……臨兵闘者」

男「これ、4人じゃ食いきれないなぁ」

幼「うん……保存しとかなくっちゃね」

委「最近、見ないわねあの二人」

女「いつの間にか……引っ越しちゃった……ね……」

男「……」



761: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 19:50:54.23 ID:OKYcVQ6c0

委「ちょっと、男くん」

男「うん?」

幼「何考えてるか分かるよ」

女「男くんの……せいじゃない……」

男「でもなぁ……」

委「事あるごとに突っかかってくるんだもの。仕方ないわよ」

女「正直……ほっとした部分も……あったり……」

男「ちゃんと食えてんのかな?あいつら」

幼「ちょっと心配だね」

男「住んでるところはわかるから、今度様子見に行ってみるか……」

委「まったく、人がいいんだから……」



767: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 19:53:48.37 ID:OKYcVQ6c0

─DQN・ウザ宅─

DQN「……おい」

ウザ「はいwwww」

DQN「腹減ったな……」

ウザ「釣りに行く?www」

DQN「もう魚はうんざりだぜ……何かほかにねぇのかよ」

ウザ「とはいってもwwwwあとは海藻とかwww」

DQN「ちっ……」

ウザ「男くんたちはどうしてるかなwwwwwかなかなwwww」

DQN「あぁ……?知るかよ。似たり寄ったりだろ」

ウザ「だよねwww」



771: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 19:58:35.66 ID:OKYcVQ6c0

DQN「あー、くそ、動くのもかったりぃ」

ウザ「魚しか食べてないからねwww」

DQN「……」

ウザ「やっぱり、謝って協力したほうが……」

DQN「んだとぉ」

ウザ「イッツパーリィジョークwwww」

DQN「くそっ……!てめぇがもう少し役に立てばよぉ」グゥキュルルル

ウザ「遺憾の意ですwwwwww」

DQN「背に腹は代えられねぇってか……おい、行くぞ」

ウザ「謝りに行くのwwww?」





775: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 20:01:52.90 ID:OKYcVQ6c0

DQN「なんだとコラ」

ウザ「ち、違ったかなwwww」

DQN「とりあえず、奴らだって鬼じゃねぇんだ。頼めば少しは食いもんだしてくれるだろう」

ウザ「wwww」

DQN「っし、行くか……お前が上手く喋れよ?向こうを図に乗らせねぇで、飯だけかっさらうんだ」

ウザ「ハードルたかすぐるwwwww」



779: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 20:06:06.07 ID:OKYcVQ6c0

─男・幼馴染たち集落前─

DQN「あーあぢぃ……」

ウザ「懐かしいなこwwwこwww」

DQN「あいつらのほうが先にもうくたばってんじゃねぇのか?もしかしてなぁ」

ウザ「どうでそwwww」

DQN「……俺たちだって大してくいもん見つけられてねぇんだ。どんくさいあいつらが」

ウザ「何かいい匂いがするwwwwww」

DQN「んん……?」クンクン

ウザ「行ってみる?食べさせてくれるかもwwwww」

DQN「……よし、こっちだ来い」

ウザ「何故wwww裏手に回るwwwwww」




783: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 20:11:00.23 ID:OKYcVQ6c0

男「よーし、ウミガメのスープが煮えたぞー」

委「卵も上手く焼けたみたい」

女「……ウサギ肉、燻製にしたのも食べよう……?」

幼「はい、ココナツジュースだよー」

男「じゃあ、みんな揃ったところでいただきまーす」

皆「「いただきまーす」」

DQN「あぁ?なんだこりゃあ……」

ウザ「ちょwwwwwwwwww食卓充実しすぎwwwww」

男「うん、ハーブが効いてて美味いな」

幼「料理はスパイスがあると違うよねー」

DQN「おいおい、ざけんなよ……」

ウザ「混ざりたいwww切実に混ざりたいwwwwww」



786: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 20:15:27.46 ID:OKYcVQ6c0

ウザ「行こうよwwwwきっと食べさせてくれるよwww」

DQN「……」

ウザ「どうしたの?wwwはやく行かないとwww」

DQN「お前あれ見て腹たってこねえのか?」

ウザ「立つというより、減るばかりですwww」

DQN「ケッ……ムカついてきたぜ。俺たちがこんなに苦労してるってのによぉ」

男「おーいすぃー!」

幼「懐いー!それ懐かしいー!」

委「一時期はやったわね」

DQN「リア充ぶりやがって糞が……」

ウザ「ちょっとイラっとしたけど許容範囲ですwww」

DQN「あぁ?」

ウザ「k点超えましたすみませんwww」



788: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 20:17:43.37 ID:OKYcVQ6c0

DQN「一体どうやってあんだけの食料貯えてんだ……?」

ウザ「さぁwwwでもきっと男くんが」

DQN「…………」

ウザ「は、はやく行かないと食べ終わっちゃうよwwww」

DQN「ぶん殴られたくなかったら黙ってろッ!」

ウザ「ひぎぃwwwwwwww」

男「ごちそうさま……さてと」



794: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 20:20:15.65 ID:OKYcVQ6c0

男「じゃあ、ワナの方を見てくるから」

委「行ってらっしゃい」

女「……食器……洗う……」

幼「私もー」

男「じゃあ、行ってくるよ」

委「気を付けてね」

DQN「おい、行くぞ」グイ

ウザ「アッー!wwwどこへwww幸せの食卓はwwww」



798: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 20:23:29.35 ID:OKYcVQ6c0

─森─

男「んー……お、今日はうまいことかかってくれたか」

ウサギ「みーみー……」

DQN「(なるほど……あぁやってワナを仕掛けてる訳か)」

ウザ「さすが男くんwwwwゲロ吐いた時文句言ってごめんwwwww」

DQN「てめぇいつからいい奴キャラになったんだコラ」グイ

ウザ「うそうそwwwwごめwww」

男「さてと、次は……」

DQN「おい、行くぞ……」




807: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 20:26:07.33 ID:OKYcVQ6c0

─海岸─

男「この時間は、カモメもいないから助かるな……行くか」

DQN「……」

ウザ「すごいwwwwあんな高いところまでwwww速いwwww」

DQN「なるほどなぁ……お前、あの場所覚えとけよ」

ウザ「なにゆえwwwww」

男「今日は、これくらい貰っていくか……よいしょっと」

DQN「次に行くのか……見つかるんじゃねぇぞ」

ウザ「はいwwww」



812: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 20:29:31.29 ID:OKYcVQ6c0

─河川─

男「……」ザブザブ

DQN「川に入っていきやがった……何してんだ?」

ウザ「竿もないのに釣りかなwwww?まさか股間の竿をwwww」

DQN「……」

ウザ「ごめんなさい」

男「あらら……今日は外れだな。いつも入るのに」

DQN「木の枝でできた……ペットボトルみたいなカゴだな」

ウザ「あwwwwアレ魚が入ると出れないってやつだwwwwww」

DQN「なるほどなぁ……あのあたりにあんのか」

男「気を取り直して次にいくか……」



817: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 20:35:29.27 ID:OKYcVQ6c0

─森林─

男「よいしょ、よいしょ……」スルスルスル

DQN「椰子の実……あんなもんまであったのか」

ウザ「木登り上手だなwww男くんwwww」

DQN「感心してんじゃねぇよ……つぎからお前もアレやるんだからな?」

ウザ「訳www不明wwww」

男「さてと、そろそろ帰るか」

DQN「よぉーし……大体把握したぜ、あいつの行動パターン」

ウザ「勉強になったねwwwwwww」

DQN「勉強……?ああ、確かにな、クク」





821: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 20:37:35.34 ID:OKYcVQ6c0

─数日後─

男「ううーん……」

幼「どうしたの?」

委「難しい顔してるわね」

女「便秘……?」

男「ち、違うよ」

幼「?」



824: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 20:40:19.45 ID:OKYcVQ6c0

男「最近、ワナのかかりが悪くてさ」

幼「そうなの?」

男「あぁ、今までの半分くらいしかかかってないんだよ」

委「それは困ったわね……」

女「逃げられてるんじゃ……ない……?」

男「魚の定置籠は、逃げられないようになってるんだけどなぁ……」

委「それはおかしいわね……」

幼「たまたま、そういうことが続いてるってだけじゃない?」

男「まぁ、今までが上手くいきすぎてたのかもしれないけどな……」



828: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 20:44:51.41 ID:OKYcVQ6c0

男「なんだか、カモメも卵を産まなくなってきたし……」

幼「なにか周期があるのかな?」

委「特にないと思うんだけどね……うぅーん」

女「椰子の実も……減ってる」

男「ちょっと、やり方を変えないとダメかもしれないな」

委「何かいい案があるの?」

男「まぁ、少し考えてみる」

女「困ったときの……男くん頼み……だね」



832: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 20:47:40.62 ID:OKYcVQ6c0

─DQN宅─

DQN「おい、これ食わねぇか?」

ウザ「もうww食べられませんwwww」

DQN「だなぁ……ちょっと食いすぎた」ゲップ

ウザ「余ったのはどうしようwwwwww」

DQN「くえねんなら捨てるしかねーべ」

ウザ「おすそ分けしに行く?www腐らせるのももったいないしwwwww」

DQN「おい……」グイ

ウザ「ひぎぃwwwwww」



843: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 20:50:49.98 ID:OKYcVQ6c0

DQN「あいつらが一回でもなんかくいもん持ってきたことがあったか?」

ウザ「ついこないだウミガメの肉をwwwwwww持ってきてくれた記憶がwwww」

DQN「何の事だぁ?」

ウザ「いや、ほんの何日か前……」

DQN「持ってきたことがあったかぁ!?オイ?」

ウザ「あ、ありませんwwwww何も誰もwwww」

DQN「わかりゃいいんだよ……捨てちまえ」

ウザ「はいwwwww」





851: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 20:55:09.56 ID:OKYcVQ6c0

DQN「しかし、我ながらうまい方法を思いついたもんだぜ」

ウザ「なんていうか悪い気がするんだけどwwww」

DQN「悪い?今まであいつら散々いい思いしてたんだぜ?」

ウザ「それはなんていうかwwwいわば知恵と努力の結晶でwww皆困らないかなww」

DQN「……いいか?皆ってのは俺たち二人の事だ。分かるか?」

ウザ「wwwwwww」

DQN「皆が困るようなことなんて何もありゃしねぇんだよ……分かったか?」

ウザ「サーwwイエッサーwwww」

DQN「しかし、食欲が満たされると、次はなぁ……」



859: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 20:58:17.32 ID:OKYcVQ6c0

男「ちょっと、出かけてくるよ」

委「いいけど、どこに?」

男「ワナを見に行く時間を変えてみようと思って」

幼「あ、なるほどー」

女「それが……いいかも……」

男「もしかして、見つける前に逃げられてるのかもしれないし」

委「私たちは留守番してればいい?」

男「うーん、そうだな……」



870: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 21:01:59.40 ID:OKYcVQ6c0

幼「私も一緒に行く」

男「ん?そうか」

委「じゃあ、私と女ちゃんはこっちの仕事してるね」

女「お腹すいてるから……何か……かかってるといいな」

幼「最近ずっと不作続きだったもんね……大丈夫かな」

男「他にもいろいろ試してみるから、あんまり悲観しないようにしよう」

委「じゃあ……気を付けてね」

男「うん……二人も、気を付けて」

女「別に……私たちは気を付けること……無い……」

幼「そうだよね」

男「あぁ、そうだな」



882: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 21:06:18.87 ID:OKYcVQ6c0

─森林─

男「じゃあ、俺は向こうの方見てくるから」ガサガサ

幼「んー分かった、確かこのあたりだったよね、ウサギのワナ……」

幼「うまくかかってればいいんだけど」

幼「……あ」

ウサギ「きゅ、きゅー!」

幼「やったぁ!かかってくれたー!」

ウサギ「きゅきゅー……」

幼「ごめんね……」

ウサギ「きゅう」

幼「男くんのほうはうまくいったかなぁ……」

ウザ「えwwwwww」ガサガサ

幼「え?」



895: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 21:09:09.97 ID:OKYcVQ6c0

幼「ウザ君、ひさしぶりー!」

ウザ「ど、どうも久しぶりwwww」

幼「元気してた?」

ウザ「おかげさまでwwww元気モリモリwww」

幼「あ、ウミガメのお肉食べてくれた?美味しかったでしょー」

ウザ「パねぇwwwww罪悪感パねぇwwwww」

幼「よ、よくわからないけど相変わらずで安心したよ、あはは」

DQN「おい、こっちはかかってねぇからそろそろ戻るぞ……ん?」

幼「……DQN君もいたんだ」

DQN「あぁ?なんでお前がここにいんだよ」



908: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 21:12:58.87 ID:OKYcVQ6c0

幼「なんでって……」

DQN「この時間はここあいつらこねぇんじゃねぇのか?」

ウザ「wwwwww」

DQN「ったくよぉ、とられてんじゃねぇかよウサギが」

幼「……ど、どういうこと?もしかして」

DQN「お前ら、ずいぶんいいもん食ってんだな……参考になったぜ」

幼「DQN君たちだったの……ワナがかからなかったのも、食べ物がどんどん無くなっていったのも」

DQN「だからなんだぁ?早い者勝ちだろうが」

幼「そ、それはそうかもしれないけど……このワナは私たちが仕掛けたんだよ?」



917: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 21:17:23.03 ID:OKYcVQ6c0

DQN「うるせー女だなぁ……もう済んだことだしいいじゃねーか」

幼「お願いだから、もう根こそぎ取って行ったりしないで……」

ウザ「はいwwwwわかりましたwww」

DQN「早い者勝ちって言っただろうが!」

幼「必要な分だけ、持っていけばいいじゃない……あんな風なやりかたじゃ、みんなが困ることになるよ」

DQN「……」

幼「ね?食べ物は大事にしていこうよ」

DQN「なぁ、なんでお前ノーブラなんだよ」

幼「え?な、何を」

DQN「やべぇな、それ……乳首浮いてんじゃん」

幼「やっ!み、見ないでよ」



925: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 21:19:32.07 ID:OKYcVQ6c0

ウザ「多分、長いサバイバル生活でブラが壊れたのかとwww」

DQN「黙ってろ」

ウザ「はいwwww」

幼「……」

DQN「禁欲生活長いからよぉ……溜まってんだよ」ジリ……

幼「ひ……」

DQN「どーせ男にゃ散々やらせてんだろ?なあ」

幼「や、ちょっと……」




946: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 21:22:43.35 ID:OKYcVQ6c0

DQN「やらせろよ、ちょっとくれぇいいだろ」ガバッ

幼「や、やぁあああああああッ!」

DQN「かー、たまんねぇな……やわらけぇ体してやがる」

幼「さ、触らないでよぉッ!」

DQN「おい、お前も手伝え!足押さえてろ!」

ウザ「これはwwwwシャレにならないですぜwwwwボスwwww」

DQN「はやくしねぇと……」

ウザ「し、しかし大佐wwwwwwww」

幼「い、いやあああああああっ!」

男「動くな」

DQN「……あん?」



958: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 21:25:42.26 ID:OKYcVQ6c0

DQN「なんだぁそれは……」

男「お前の想像通りであってると思う」チャッ

DQN「おい……どういうことだよ」

ウザ「さ、さぁ……わかりませんwwww」

男「ゆっくり手をあげて、立て。」

DQN「……おもちゃだろ?なあ……」

ドォンッ……!

男「手をあげて、幼馴染からどけ」

DQN「ま、マジかよ……」

幼「お、男くんッ……」

男「もう大丈夫だ……多分」



966: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 21:28:12.46 ID:OKYcVQ6c0

幼「隠してたの、持ってきたの?」

男「あぁ、これからは大型動物も視野に入れようと思って」

DQN「……くそがぁ」

男「お前らがここにいるってことは……もしかしてと思ったけど」

幼「うん……この人たちが取って行ったみたい」

男「……」

DQN「なんだよ」

男「行けよ……そして、もう俺たちの前に現れないでくれ」

ウザ「ええええwwwwww」

DQN「行くぞ……」ギリィ



973: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 21:31:05.06 ID:OKYcVQ6c0

幼「それじゃ、帰ろうか……」

男「あぁ……」

幼「ねぇ、男くん」

男「怖かっただろ、あの野郎……」

幼「うん、でもね……」

男「ん?」

幼「男くんが、DQN君をうたなくて、良かった……」

男「あんなことされた後に良くそんなこと思えるな」

幼「だって、本当にそう思うんだもん」

男「……」

男「帰ろうか……きっと遅くなったから心配してる」



980: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 21:32:15.42 ID:OKYcVQ6c0

こうして、無人島のなかで二つのグループの亀裂は決定的になったのであった。
次回があれば次回に続く。





983: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 21:32:59.21 ID:IgRsRHVU0


続き待ってるぞ



984: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/13(金) 21:33:06.13 ID:daj9ObYd0

>>980 乙(´・ω・`) またぜひ続きを書いてくれ


元スレ
幼馴染「夏だね。海だね。リゾートだね」男「リア充しね」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1342062184/