SS速報VIP:鹿島「堀先輩!!」野崎「堀先輩」堀「どうしたお前ら」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501249895/



1: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/28(金) 22:51:35.76 ID:4uxC4XoA0

野崎「鹿島、お前から先でいいぞ」

鹿島「本当? じゃあお言葉に甘えて」

鹿島「今日部活サボります!!」

堀「堂々と笑顔で言うんじゃねえ!!」ドカァン!!

鹿島「ぐはっ!!」

堀「……で、野崎はなんだ」

野崎「今日のアシスタントは来れますか?」

堀「ああ、行ける。後、そういう話は鹿島が近くにいる時はメールで頼む」

野崎「分かりました……すいません」

鹿島「」グッタリ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1501249895




2: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/28(金) 22:52:15.19 ID:4uxC4XoA0

堀「ほら!! 行くぞ鹿島!!」

鹿島「ちょっ……引きずらないでください! 歩けますから!!」ズルズル

野崎「……」

佐倉「野崎くん! 堀先輩、なんだって?」

野崎「行けるそうだ」

野崎「堀先輩がいないと背景はどうしようもないからな」

佐倉「……」

佐倉(普通は野崎くんも描かないといけんだけどね)



3: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/28(金) 22:52:46.16 ID:4uxC4XoA0

鹿島「僕はもう……君を離したくない!!」

堀「そこまで!」

鹿島「どうでしたか!?」

堀「ああ、完璧だ」

鹿島「やったー!」

部員「部長がいてくれて本当助かります!」

部員「部長が無理矢理連れて行かないと鹿島くん、来てくれないんですよねー」

堀「……ったく、あいつは俺がいないと部活に行けないのかよ」

部員「部長がいなかったら……鹿島くん、ずっとさぼってますよ」

部員「確かに……これからどうしよう」

堀「『これから』?……ああそうか」

堀「俺達三年はもう……引退か」



4: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/28(金) 22:53:12.43 ID:4uxC4XoA0

部員「そうだよ堀ちゃん。 僕達もう受験の準備しなきゃ」

堀「……確かにそうだな。 推薦ならともかく、一般だからな……」

堀「ここにももう来れなくなるのか……」

堀「……待てよ、つうことは……」

部員「部長!! 鹿島くんがまた……」

堀「! 鹿島あああああああ!!!」



5: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/28(金) 22:53:43.19 ID:4uxC4XoA0

数時間後

堀「おし、じゃあ帰るか」

部員「お疲れ様でしたー」

鹿島「先輩! 一緒に帰りましょうよ!」

堀「……悪い、今日は用事がある」

鹿島「えー!?」

堀(アシスタントと言う名の用事がな)

鹿島「先輩、もう引退で部活来れなくなるんですから一緒に帰れるのもあとちょっとだけなのに……」

堀「一緒に帰れなくても学校で会えるだろ。 じゃあな」ダッ

鹿島「あっ!! 行っちゃった……」



6: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/28(金) 22:54:21.72 ID:4uxC4XoA0

ガチャ

堀「おっす」

佐倉「堀先輩!! こんばんは!」

野崎「こんばんは」

堀「おう、それで背景は?」

野崎「こことこことここと……」

堀「! おま……想像以上に多いじゃねえか」

佐倉「すいません、描けなくて……」

堀「いや、別に佐倉が謝る必要はねぇよ」

堀「野崎……本当はお前が描かなきゃいけないんだぞ」

野崎「その通りです、すいません……」

堀「……まぁ言ってもしょうがねえか、とにかく終わらせるぞ」

野崎「はい」



7: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/28(金) 22:54:51.95 ID:4uxC4XoA0

数時間後

堀「……おし、おわった!!」

佐倉「す、凄い!!」

野崎「本当にありがとうございました」

野崎「堀先輩がいなかったら今頃……」

堀「!!」

佐倉「……堀先輩?」

堀「……そうだ、二人に言わなきゃいけねぇことがあった」

野崎「なんですか?」

堀「……俺、もうアシスタントに来れねえ」

野崎「!?」



8: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/28(金) 22:55:25.53 ID:4uxC4XoA0

佐倉「ほ、堀先輩……? 急にどうしたんですか?」

野崎「も、もしかして給料ですか!? 給料が少ないから……」

堀「ちげえよ、そうじゃねえ」

野崎「あっ! もしかして俺が背景全然描けないからそれに愛想が尽きて……」

堀「そうでもねぇって」

野崎「じゃあなんで……」

堀「受験だよ、受験」

佐倉「!!!」



9: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/28(金) 22:55:57.06 ID:4uxC4XoA0

野崎「そうでした……堀先輩は三年生でしたね」

堀「いや、忘れるなよ」

堀「……そろそろそっちに専念しようと思ってな、その……悪いな」

堀「受かったら行けるようになるから……それまでは来れない」

野崎「……いえ、気にしないでください」

佐倉「……」

野崎(そうか……)

野崎(堀先輩がいなくなるのか……)



10: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/28(金) 22:56:27.25 ID:4uxC4XoA0

別の日

佐倉「堀先輩、受験かぁ……受かるといいなぁ」

野崎「そうだな……だがもう一つ気がかりなことが」

佐倉「えっ?」

野崎「堀先輩がいない間……誰が背景を描くかだ」

佐倉「あっ!!」

野崎「このままだと下手すれば背景真っ白の漫画になってしまう」

野崎「……こうなったら新しいアシスタントを雇うしかないな」

佐倉「!!!」



11: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/28(金) 22:57:04.16 ID:4uxC4XoA0

野崎「佐倉……お前の知ってる人で背景描ける人はいるか?」

佐倉「……」

佐倉(ど、どうしよう!! これで新しい人がやって来て……)

佐倉(その人が可愛い女の人だったらどうしよう!!)

佐倉「あ、あのね野崎くん!!」

野崎「なんだ?」

佐倉「は、背景……私が描くよ!」

野崎「!!」



12: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/28(金) 22:57:41.03 ID:4uxC4XoA0

野崎「佐倉……いいのか? 一人でベタと背景を……」

佐倉「う、うん!! 大丈夫だよ!! なんとかなるよ!!」

佐倉「だって今月の締切も近いし、新しいアシスタントを探してる暇なんてないんじゃないかな!!」

佐倉「それに私、美術部だからその気になれば背景も描けるよ!!」

佐倉「今は一刻を争うからさ!! その……ダメかな?」

野崎「佐倉……」

野崎(佐倉が必死で俺を説得しようとしている……)

野崎「……」

野崎(佐倉の気持ちを……無駄にするわけにはいかないな)

野崎「……分かった。 そこまで言うなら」

野崎「背景……頼めるか?」

佐倉「うん!! 任せて!!」



13: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/28(金) 22:58:17.02 ID:4uxC4XoA0

野崎「それじゃあ試しに家を描いてくれ」

佐倉「分かった!!」

佐倉「……」

佐倉(な、なんでだろう……凄くドキドキしている)ドキドキ

佐倉(野崎くんと二人きりだから……? ううん、違う)

佐倉(堀先輩みたいに綺麗な背景を描けるかどうか不安なんだ)

佐倉(野崎くんに迷惑をかけちゃいけないから……緊張しているんだ)

佐倉(もしこれで下手くそな背景を描いちゃったら……)













野崎『新しいアシスタントを……』












佐倉「うわああああ!!」

野崎「どうした佐倉!?」



14: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/28(金) 22:58:47.30 ID:4uxC4XoA0

佐倉「ご、ごめん!! なんでもない! なんでもないから!!」

野崎「そ、そうか……」

佐倉「えっと……じゃあ描くね!!」

野崎「ああ」

佐倉(私の全力を……この背景に注ぐ!!)

佐倉「はああああああ!!!」










佐倉「……ごめん」

野崎「いや、謝らなくても……」

佐倉「こんなサ◯エさんのEDに出てくる家じゃボツだよね……」

野崎「……いや、マミコ達が実はサ◯エさんの世界の住人だったということで」

佐倉「それもボツになると思うよ」



15: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/28(金) 22:59:28.21 ID:4uxC4XoA0

佐倉「やっぱり新しいアシスタントを探した方がいいのかなぁ」

野崎「……そうだな」

佐倉(悔しいけど……しょうがないよね)

佐倉(大事なのは私のライバルが増えることじゃなくて原稿が間に合うことだもん!!)

佐倉(それに新しいアシスタントの人が女の人とは限らないしね!)

御子柴「お前ら、なんの話してんだよ」

佐倉「あ! みこりん」

野崎「……いや、御子柴はダメだ」

佐倉「そうだね」

御子柴「マジでなんの話してんだよ!?」



16: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/28(金) 23:00:11.23 ID:4uxC4XoA0

御子柴「新しい背景の人ぉ?」

野崎「ああ、俺達のうち誰かが兼任しようと思ったんだが……」

佐倉「誰も描けなくてね……」

野崎「御子柴の背景は記憶スケッチの時に見せてもらったからな」

御子柴「……それで俺がダメだってわけか」

御子柴「野崎……そりゃ甘いんじゃねえか?」

野崎「御子柴……?」

御子柴「あれからどんだけ月日が経ってると思ってんだ?」

御子柴「半年以上も経ってたら……成長するに決まってんだろ?」

野崎「! じゃあ……ここに家を描いてもらえるか?」

御子柴「任せとけよ……この俺にできねぇことはねぇ!!」

















野崎「……お前もサ◯エさんだな」

御子柴「ほ、ほら……アレだ……俺が綺麗なの描いてたらお前の為にならないだろ? だからわざと……」

佐倉「私とあんまり変わらないね!!」

御子柴「笑顔で言うんじゃねえ!!」



17: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/28(金) 23:00:47.18 ID:4uxC4XoA0

佐倉「そうだ! 若松くんは?」

野崎「実はあいつにも描かせたことがあったが……厳しいな」

御子柴「どうすんだよ? 誰が背景描くんだ?」

佐倉「みこりんは周りに背景描くの上手い人とかいないの?」

御子柴「いや、いねぇけど……」

御子柴「つうか佐倉、お前美術部だろ? お前の周りこそごまんといるんじゃねえの?」

佐倉「!!!」

御子柴(やべ、これってほかの女を野崎ん家に連れてくるって言ってるようなもんじゃねえか)

御子柴(そのせいで動揺してるな……)



18: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/28(金) 23:01:21.47 ID:4uxC4XoA0

野崎「そういえば確かにそうだな。 佐倉、頼めそうな人はいるか?」

佐倉「うん!! 今日部活あるから聞いてみるね!!」

野崎「ああ、ありがとう」

御子柴「……」












佐倉「聞いてみるとは言ったけど……」

御子柴「不安なわけか、ほかの女が来るから」

佐倉「で、でも!! 野崎くんの危機だもん!! そんなこと言ってられないよ!!」

佐倉「とにかく放課後、部員一人一人に聞いてみるよ!!」

御子柴「おう」



19: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/28(金) 23:01:56.51 ID:4uxC4XoA0

野崎「背景描けそうな人……俺も探してみるか」

堀「……」スタスタ

野崎「あ、堀先輩」

堀「おう野崎」

野崎「……もしかして今日から受験で来れなくなるんですか?」

堀「いや、今日は別の用事で行けねえ」

野崎「別の用事?」

鹿島「堀せんぱーーい!!」

堀「! どうした鹿島」

鹿島「今日行きますよね!? 絶対行きますよね!?」

堀「ああ、行かないわけないだろ」

野崎「……何かあるんですか?」

堀「ああ、実は今日はな……部活のお別れパーティがあるんだ」

野崎「!!」



20: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/28(金) 23:02:32.21 ID:4uxC4XoA0

野崎「そうか……アシスタントだけじゃなくて……部活にも行かなくなるんですね」

堀「まぁな……つーわけでパスだ」

野崎「はい、分かりました」

鹿島「早く行きましょう!!」

堀「分かった分かった。 じゃあな野崎」

野崎「はい」



21: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/28(金) 23:03:55.00 ID:4uxC4XoA0

「それじゃあ三年生の引退を記念して……」

「かんぱーい!!」

堀「そうか……引退か」

堀「三年間あっという間だったな……」

鹿島「部長!!」

堀「鹿島」

鹿島「三年間お疲れ様でした!!」

堀「おう、ありがとな……あと、俺はもう部長じゃねえよ」

鹿島「演劇部は私に任せてください!!」

堀「そうか……頼んだぜ」

堀「……部長」

鹿島「はい!!!」



22: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/28(金) 23:04:41.46 ID:4uxC4XoA0

「じゃあお疲れ様ー」

「お疲れー」

堀「鹿島、今日はありがとな。 楽しかった」

鹿島「はい! 私も楽しかったです!」

堀「……お前のことだ、俺がいなくても大丈夫だよな」

鹿島「大丈夫です!!!」

堀「そうか……なら安心だな」

堀「じゃあ帰るか」

鹿島「はい!」



23: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/29(土) 21:37:38.29 ID:OpoF0tK00

ガタンゴトン……

鹿島「……」

堀「……」

鹿島「こうやって二人で帰れるのも……最後かもしれないですね」

堀「……まぁな」

鹿島「……あ!! でも部活ない時はもしかしたら……」

堀「俺、塾に通い始めたんだよ。 わりいな」

鹿島「……そっか」



24: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/29(土) 21:38:34.43 ID:OpoF0tK00

鹿島「……先輩」

堀「?」

鹿島「私……本当は先輩に言いたい事、いっぱいあります」

鹿島「さっきの飲み会でも言い切れてないことが……」

鹿島「でも……それは先輩の卒業の時までとっときます!! まだお別れじゃないですから!!」

堀「……そっか」

堀「……! じゃあ俺、この駅だから」

鹿島「お疲れ様です! お休みなさい!!」

堀「おう、お休み」







鹿島「……」

鹿島「……ふう」ポロッ

鹿島「なんとか我慢できた……」

鹿島「泣いてるとこ見せたら……先輩に心配かけちゃうからね!!」

鹿島「泣かなくてもいいのに私……まだ先輩は学校にいるのに……」

鹿島「……うっ」ポロッ

鹿島「……って、泣いちゃダメだよ私!! 堀ちゃん先輩が部活に来なくても頑張らないと!!」



25: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/29(土) 21:39:07.05 ID:OpoF0tK00

別の日

堀「……」

堀「部活にも……アシスタントにも行かない……」

堀「これで受験に集中できるってわけか……」

堀「……待てよ」

堀「鹿島、俺がいなくてもちゃんとやって行けるのか?」

堀「まさか俺がいないのをいい事に……部長のクセしてサボったりしねぇよな?」

堀「……」

堀「それに野崎達もだ、あいつらちゃんと背景描けてるのか?」

堀「……まぁ強いて言うなら佐倉がなんとかサポートしてそうだが……」

堀「けど……どっちも不安だな」

男「さっきから何をぶつぶつ言ってるの堀ちゃん」

堀「い、いやなんでもない……」

堀(気にし過ぎだ俺……なんとかなるだろ)



26: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/29(土) 21:40:20.99 ID:OpoF0tK00

堀「さてと、この後は塾に……」

野崎「ダメだったな……」

佐倉「うん……」

堀「! あれは野崎と佐倉……」

野崎「まさか美術部全員に断られるとはな……」

佐倉「なんで誰一人野崎くんが漫画描いてるって信じてもらえないんだろう……」

野崎「……時間がない、ここは俺達でなんとかするしかない」

佐倉「う、うん!! そうだね!! 私、背景描いてみる!!」

野崎「ありがとう、俺も描けるよう努力する」










堀「……」



27: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/29(土) 21:40:56.50 ID:OpoF0tK00

堀「あいつらもしかして……新しいアシスタントを探しているのか?」

堀「……」

男「おい、王子のあの顔見たか?」

男「あー見た見た」

堀「!!」

男「なんだろうな……すっごい負のオーラがあるっつーか……」

男「なー。 そういやこの間女子が演劇部見に行ったらしいんだけどよ」

男「王子、いまいち元気がなさそうなんだとよ」

男「しかも演技にもあまり覇気が感じられないらしい」

堀「!!!」



28: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/29(土) 21:41:40.41 ID:OpoF0tK00

男「へー……じゃあ今がチャンスじゃないのか?」

男「チャンス?」

男「王子の魅力が半減した今、俺がモテたりして!!」

男「無理だろ、御子柴がいるんだぜ?」

堀「おい」

男「「!!」」ビクッ

堀「今の話は本当か?」

男「え、えっと……俺がモテるかもって話ですか?」

堀「そうじゃねえ!! 鹿島の話だ!!」



29: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/29(土) 21:42:15.20 ID:OpoF0tK00

部員「部長!! ここのシーンなんですけど……」

鹿島「う、うん。 そこはね……」




部員「鹿島先輩、三年が引退してから元気ないね」

部員「やっぱり部長が引退したのが寂しいのかな……」








鹿島(なんとか部長って役職はこなしてるけど……)

鹿島(やっぱり……堀先輩がいないと部活が楽しくないなぁ)

ガチャン!!

堀「鹿島ぁ!!!」

鹿島「!!!?」



30: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/29(土) 21:44:11.90 ID:OpoF0tK00

鹿島「ど、どうして部活に!?」

堀「お前に渇をいれにきたんだ!!」

鹿島「か、渇?」

堀「さっき男子から聞いたんだ。 部活でのお前の元気がないってな」

鹿島「!!!」

堀「……何があったんだ? 俺が引退したからか?」

鹿島「……はい」

鹿島「やっぱり……堀先輩がいない部活は……楽しくないです」

堀「……」



31: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/29(土) 21:44:41.24 ID:OpoF0tK00

堀「……鹿島」

鹿島「な、なんですか?」

堀「俺の前で演技してみろ」

鹿島「え? 今ここでですか?」

堀「ああ」

堀「見せてみろ!! 全力のお前を! お前の全てを!!」

堀「納得するまで俺は帰らねえぞ!!」

鹿島「!!」



32: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/29(土) 21:45:13.47 ID:OpoF0tK00

鹿島(私の全力……)

鹿島(そうだ、堀先輩は私が元気ないって話を聞いてやってきたんだ)

鹿島(今のままだと……毎日部活に来させることになっちゃう)

鹿島(先輩は勉強しなきゃいけないのに……)

鹿島(……)

鹿島(……先輩を心配させない為にも……やるしかない!!)

鹿島(私の渾身の演技を!!)

鹿島「堀先輩……見ててください!!」

堀「ああ」



33: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/29(土) 21:45:41.50 ID:OpoF0tK00
















鹿島「……どうでした?」

堀「……」

鹿島「……?」

堀「……やればできるじゃねえか!!」

鹿島「!!!」



34: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/29(土) 21:46:17.10 ID:OpoF0tK00

堀「そうだ、それだ。 それを常に続けるんだ」

鹿島「はい!!」

堀「お前ならわけないよな?」

鹿島「はい!! 任せてください!!」

鹿島「先輩がいつも部室のどこかに潜んでいるようにイメージして続けます!!」

堀「勝手に俺を不審者みたいにすんなよ」



35: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/29(土) 21:46:43.65 ID:OpoF0tK00

堀「さて、と……俺はもう帰るからな」

鹿島「えっ!?」

堀「言ったろ? 納得するまで帰らねえって。 納得したから帰るんだよ」

鹿島「……堀先輩!! これだけ最後に言わせてください!!」

鹿島「この間の電車の時に言いそびれてたんですけど……」

堀「……なんだ?」

鹿島「……最後にヒロインやりませんか?」

堀「やらねぇよ!!」



36: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/29(土) 21:47:14.61 ID:OpoF0tK00

堀「よし、鹿島はなんとかなった」

堀「あとはあいつらだ……」

堀「待ってろよ……野崎」













野崎の家

佐倉「どうしよう!! 全然背景終わらないよ!!」

野崎「くっ……剣さんに合わせる顔がない」

御子柴「……やっぱり背景の人に一旦来てもらった方がいいんじゃねえのか?」

佐倉「で、でも!! 今は受験で……」

ピンポーン

野崎「!! こんな時間に……宅急便か?」








野崎「はい」ガチャ

堀「よう」

野崎「堀先輩!!?」



37: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/29(土) 21:47:46.15 ID:OpoF0tK00

佐倉「本当!? 堀先輩が来たの!?」

御子柴「な、何しに来たんだ……?」

佐倉「!!! そ、そーだね~。 何しにきたんだろ~ね~」

御子柴「?」












堀「新しいアシスタント見つからなくて困ってたんだろ?」

野崎「!! 知ってたんですか?」

堀「ああ。 締め切り近いんだろ? 早く終わらせようぜ」

野崎「ありがとうございます!! 本当にすいません!!」

野崎「……!!」

堀「ん? どうした?」

野崎「じ、実はその……今、家に御子柴が……」

堀「!!」



38: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/29(土) 21:48:18.54 ID:OpoF0tK00

野崎「そのですね……花担当の人が来れなくなったので急遽来てもらうことになったんです」

野崎「御子柴は決してアシスタントじゃないです」

野崎「それで……どうしましょうか。 鹿島にアシスタントをやってることが……」

堀「……緊急事態にそんなこと言ってられっか。 やるぞ」

野崎「は、はい!!」



39: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/29(土) 21:48:46.67 ID:OpoF0tK00

堀「よし! 背景描くか!!」

佐倉「堀先輩!!」

御子柴「ええっ!? 背景って……堀先輩だったんすか!!?」

堀「ああ」

野崎「すいません、じゃあここに……」

堀「任せろ」

御子柴「の、野崎。 まさかお前、俺が……」ボソボソ

野崎「大丈夫だ。 アシスタントのことは内緒にしてる。 花担当の人の代理という設定だ」

御子柴「そ、そうか……」

佐倉「……」ベタベタベタベタ

野崎「佐倉が物凄いスピードでベタをしている!!?」

堀「お前ら、口じゃなくて手を動かせ」

御子柴「は、はい!!」



40: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/29(土) 21:49:26.87 ID:OpoF0tK00

数時間後

野崎「お……」

佐倉「お……」

御子柴「お……」









野崎・佐倉・御子柴「終わったーーーーーーーーー!!!!」

堀「……ふう」



41: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/29(土) 21:49:59.84 ID:OpoF0tK00

野崎「ありがとうございました堀先輩、本来なら勉強しなきゃいけないのに……」

堀「ああ……野崎、その事なんだけどよ」

野崎「?」

堀「俺、もう少しだけアシスタント続けるわ」

野崎「!!」

佐倉「えっ!? いいんですか!? でも……」

堀「勉強ばっかしてると身体に毒かもしれねぇからな」

野崎「堀先輩……」

堀「だからもう少しだけ世話になるな」

佐倉「はい!!」

堀「それともう一つ……」

御子柴「? なんすか?」



42: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/29(土) 21:50:32.50 ID:OpoF0tK00

別の日

佐倉「堀先輩が戻ってきてくれて嬉しいなぁ……行けなくなるって聞いた時にちょっと悲しかったもん」

野崎「そうだな」

鹿島「あ! 千代ちゃん!! 」

佐倉「あ、鹿島くん!! 」

女「鹿島くーーん!!」

女「鹿島くーーん!!///」

鹿島「うんうん、押さないで押さないで」

野崎「……最近の鹿島は元気がなさそうだったが……いつもの鹿島に戻ったな」

佐倉「うん! だって……」

野崎「! ああ、そうか……」












堀「鹿島ああああああああ!!!」ガン!!

鹿島「いてっ!!」



43: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/29(土) 21:51:11.97 ID:OpoF0tK00

堀『それともう一つ……』

御子柴『? なんすか?』

堀『演劇部に戻ろうと思う』

佐倉『え!? でも引退したんじゃ……』

堀『だってよ……』

野崎『だって……?』

堀『あの時の鹿島の演技が最高だったんだよ!!』

堀『お前ら見たか!? あの演技!! あんなんできるのは鹿島ぐらいしかいねぇよ!!!』

堀『やっぱ間近で見るには部活行くしかねーなって思ってな!!』

堀『それに俺がいねぇとあいつ、サボるかもしれないしな!』

野崎・佐倉・御子柴『』



44: ◆LYNKFR8PTk 2017/07/29(土) 21:51:50.29 ID:OpoF0tK00

堀「おら!! さっさと行くぞ!!」

鹿島「ちょ……引っ張らないでください……歩けるから!!」

堀「そのまま腹筋でもしてろ!!」

佐倉「鹿島くん、引きずられてるのに嬉しそうだね」

野崎「そうだな……」










鹿島「……部長」

堀「なんだ?」

鹿島「……今日も最高の演技、見せてあげますよ!!」

堀「……ああ、見せてくれ!」

~終わり~



元スレ
SS速報VIP:鹿島「堀先輩!!」野崎「堀先輩」堀「どうしたお前ら」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501249895/