SS速報VIP:P「雪歩を拒否し続ける」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501331695/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/29(土) 21:34:55.37 ID:YoFDhVgh0

P「最近雪歩が俺に馴れすぎていろいろとおねだりをしてくるようになった」

P「男が苦手だからと聞いて甘やかしすぎたか。もう一切雪歩の言うことは聞いてやらないやい」

P「全部拒否ってやる」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1501331695




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/29(土) 21:37:50.96 ID:YoFDhVgh0

雪歩「プロデューサー。おはようございますぅ~♪」

P「雪歩のやつめ。俺の顔を見るなりにっこりしやがって」

P「もうおはようなんて言ってやらん」

雪歩「あの……?プロデューサー?」

P「ふん」

雪歩「…………」



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/29(土) 21:43:55.90 ID:YoFDhVgh0

雪歩「あの~。おはようございますぅ」

P「つん」

雪歩「じぃ……」

P「うっ」

雪歩「じぃ~……」

P「くっ。いかん。俺は有言実行の男。絶対におはようなんて言ってやらないぞ」

雪歩「…………」

ポテポテポテポテ

P「ふう。やっとあっちいったか。今危うかった。超危うかったぞ」

P「気を引き締めねば。うんぬ」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/29(土) 21:49:11.22 ID:YoFDhVgh0

P「今日も今日とてお仕事だ」カタカター

雪歩「あの…プロデューサー」トテテテー

P「わっ。雪歩だ。拒否だぞ俺。うむ」

雪歩「プロデューサーがお仕事してるときは雪歩印のお茶ですぅ」コトリ

P「これは大好物。しかし今日俺は決意したのだ。雪歩を拒否すると」

P「雪歩を拒否するということは雪歩のお茶も拒否するということなのだ」

P「お茶いらなーい。俺バナナオレのが好みドリンクぅー」

雪歩「……じっ」

P「っく。また無言で視線を突きつけるっ」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/29(土) 21:58:40.38 ID:YoFDhVgh0

雪歩「プロデューサー?なんだか今日変ですよ?」

P「俺は雪歩の言葉を拒否するぞ。俺は変なんかじゃない。雪歩が今日の俺を変だというのならそれは間違っている。むしろいつもの俺こそが変なのだ」

雪歩「昨日までのプロデューサーが変だったんですか?」

P「いかん。雪歩の言葉を拒否したいあまりかつての俺が変になってしまった」

P「しかし俺は決めたのだ。雪歩を拒否すると。そのための犠牲がそれならば俺は甘んじて受け入れよう」

雪歩「だいたいプロデューサーはバナナオレよりイチゴオレの方が好きじゃないですか…」

P「あっ。そうだった。そうだイチゴオレだ」

雪歩「でもプロデューサーはイチゴオレなんてオシャレな言い方ではなくいちご牛乳という趣のある呼び名で呼んでたじゃないですか…」

P「そうだった。イチゴオレという口にするだけでイカす呼び方ではなくいちご牛乳という古風かつワイルドな呼び方のが好んでおった。いかん、雪歩にお見通されていた」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/29(土) 22:06:34.19 ID:YoFDhVgh0

雪歩「もっと言うとプロデューサーは緑茶が好きなはずです」

P「っち。すべてバレている。なんという洞察眼をお持ちなんだ雪歩は。成長している」

雪歩「もりもり言うとプロデューサーは爽健美茶よりお~いお茶が。お~いお茶より綾鷹が。綾鷹より伊右衛門が。伊右衛門よりユキえもんの方が好きじゃないですか」

P「なにからなにまでお見通しというわけか。予想を遥かに越えて成長している。一体どうやってこんなに成長したんだ。あ、昨日レッスンしたからだ」

雪歩「プロデューサー。自分に正直になってユキえもんのお茶を飲んでください」

P「万事休すとはこのことか。くそっ。俺は雪歩を拒否する。拒否するんだ」

P「そうだ。庭の草むしりしなきゃ。お母さんに頼まれてたんだ。だからこのお茶は飲めない。いざさらば」

ガチャバタン

雪歩「…………ぷぅ」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/29(土) 22:14:05.69 ID:YoFDhVgh0

P「危ない危ない。ついに雪歩に屈するところだった。だが俺の意志は堅い。俺は有言実行の男。緊張して喉が渇いた」

雪歩「はい」ヒョイ

P「ゴクゴク。ぷはぁ生き返った」

P「しかし今までのは序の口。いつもの雪歩はこんなものではない。男に慣れるように日々雪歩に付き添っていたからこその俺に対する甘えっぷり」

P「これを矯正せねば雪歩は1人で生きていけなくなってしまう。親御さんにとっちめられる」

雪歩「お父さん公認です」

P「親御さんにとっちめられないのか。ならあれだ。俺以外の男の人と結婚できなくなる。こっちは大変だ。雪歩にも将来がある」

P「俺は雪歩の将来を守らねばならぬ。そのためにも雪歩を拒否し続けなくては。おう、断固たる決意した」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/29(土) 22:20:26.13 ID:YoFDhVgh0

雪歩「プロデューサー」トテテテー

P「3度目雪歩」

雪歩「今日の予定はなんでした?」

P「むっ。仕事は入ってないハズだから……レッスンだ」

雪歩「はい。レッスンしてきますぅ」

P「いや、拒否する。レッスンは駄目だ。俺は雪歩のすべてを拒否するんだ」

雪歩「いやです。レッスンしますぅ」

P「駄目だ駄目だ。雪歩は事務所でお留守番だ。どうだ参ったか」

雪歩「…………」

P「ふぅ。今回はぐうの音も言わさずに拒否してやった。ははは。俺は一皮むけたぞ。これでもう雪歩拒否するの1人前だ。次も拒否してやるんだからな」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/29(土) 22:26:05.35 ID:YoFDhVgh0

雪歩「……じゃあ」

雪歩「私、お外を闊歩してきますね」

P「むっ。駄目だダメダメ。お外を闊歩するのダメ。事務所にいなさい」

雪歩「…………」

雪歩「じゃあ私プロデューサーの近くにいませんね」

P「ダメダメ。俺の近くにいませんのダメ。近くにいなさい。いいね」

雪歩「……………………」

雪歩「私、ぜーったいにプロデューサーのお膝に座りません」

P「ダメダメぜーったいダメ。雪歩は俺のお膝に座りなさい。雪歩がなにを言ったところで全部拒否してやる。おったまげろ」

雪歩「……」トテテテー

雪歩「……」ヒョコッ

雪歩「……」ポムン

P「そうだ。お前なんかそうやって俺のお膝に座ってればいいんだ。はっはっは」

雪歩「いやですぅ~。すごいいやですぅ~」スリスリ



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/29(土) 22:34:31.09 ID:YoFDhVgh0

P「ふっ。1人前になってしまえばチョロいもんよ。雪歩の言うこと成すこと拒否してやったぜ」カタカター

雪歩「ひどいですぅ~」スリスリ

P「ざまあみろだ。散々俺に甘えっこしたのがいけないんだ。今こそ自らの行いを反省するがよい」カタカター

雪歩「もう2度とプロデューサーの胸板になんて顔を押し付けません」スリスリ

P「なに?ダメだぞ雪歩。お前なんかこうしてやる」ムギュッ

雪歩「はぅん……プロデューサーの胸板ぁ……」

P「どうだ雪歩?お前が顔を押しつけられるの嫌な胸板だぁ。これで少しは懲りたかぁ」

雪歩「はぁ…はぁ……すんすん……ひどい…すんすん……」

P「これが今日まで甘えっきりだったお前へのお仕置きだ。身を持って知るがよかろう!」



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/29(土) 22:46:51.94 ID:YoFDhVgh0

雪歩「はふ……プロデューサーのお仕事中の首筋……近づきたくないですぅ……」

P「くっくっく……馬鹿め。拒否すると言っておろう!」グイー

雪歩「あぁっ…プロデューサーの首筋が……私の目と鼻の先に……!」

P「今どんな気持ち?ねぇ今どんな気持ち?」

雪歩「はふ、はふ……いやすぎて頭がふっとーしちゃいそうですぅ……くんくん」

P「ふっふん。これに懲りたらもう甘えっこを卒業することだな。でなけりゃトップアイドルになんかなれやしないぞ」

雪歩「ま、まだまだぁ!私は参ってなんかいません!プロデューサーなんかに!屈!しない!もん!」

P「な、なにぃ?チィ、このかわい小娘がぁ~」

雪歩「私はプロデューサーに抱きしめられたりなんかしないですぅっ!」

P「ダメだ!拒否するッ!」

キュッ

雪歩「ひ、ひやぁぁうっ!?///」



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/29(土) 22:55:28.22 ID:YoFDhVgh0

P「くっくっく。嫌ならば早く降参しろ。今後ずーっとお前のしたいことを拒否してやるんだぞう」ギュムー

雪歩「はぁ……はぅ…んっ……///」

P「息が荒いなぁ…?そろそろ我慢の限界がきたんじゃないかぁ……?」ギュムー

雪歩「そ、そんなこと……はぅあ……っ///」

P「……よぉし。雪歩もいい加減反省しただろう。今日はこのくらいで勘弁してやろう」パッ

雪歩「……っ!?」

P「あんまりお仕置きし過ぎてアイドル活動に支障が出るのもいかんざき。だがもしこれからも甘えんぼしたらこの程度では済まさんからな!」

雪歩「…………」

雪歩「この程度では……済まさない……?」

雪歩「……………………」

雪歩「///」



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/29(土) 23:02:02.85 ID:YoFDhVgh0

後日

雪歩「プロデューサー♪なでなでしてください~♪」

P「いい加減にしたまえこの小動物チック娘がぁ!あれだけ甘えんぼダメって言ったでしょぉ!」

雪歩「いやですぅ~」

P「くぅ……この間あれだけお仕置きしたのに!もう仕方ない!さすがに悪いことしたかな~って反省してたのに雪歩がそんな態度だから仕方ない!」

P「もうダメ絶対!雪歩の言うことなーんにも聞いてやらない!拒否するからな!」

雪歩「」ティン

雪歩「私、プロデューサーと命をかけて結婚したくありません」

P「拒否するぅ!俺は命をかけて雪歩と結婚するぅ!さっさと親御さんに挨拶いくぞ!」



終わるぅ


元スレ
SS速報VIP:P「雪歩を拒否し続ける」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501331695/