SS速報VIP:【孤独のグルメ】食堂間宮の駆逐艦カレーと間宮パフェ【艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501372820/



1: ◆3Fe9NlGozk 2017/07/30(日) 09:00:20.55 ID:qKOVbrWj0

注意
孤独のグルメ×艦これのクロスSSです
ソコまで長くないです
SS速報VIPを利用するのは初めてなのでお手柔らかに

よろしくお願いします。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1501372820




2: ◆3Fe9NlGozk 2017/07/30(日) 09:01:40.28 ID:qKOVbrWj0

宿毛湾白地。深海棲艦と艦むす達との戦いの前線基地の一つである。

その一室、応接間で二人の男性が話し合っていた。一人はこの鎮守府の提督

もう一人の男は名は井之頭五郎。少々がたいが良い事を除けば何処にでもいそうな中年男性だ。

五郎は輸入雑貨の貿易商を個人で営んでおり、今日は仕事の交渉のためこの鎮守府までやってきた。

この鎮守府はすでに何回も同じような仕事を頼んでくる常連客だ。

軍の仕事の割には色々と緩い所もあるが金払いは良く大量の商品を頼んでくるので良い客である。

「・・・では以上の商品をお願いします」
「はい、ありがとう御座います。こちらなら一週間ほどで用意できますので」

今回の商談も上手くいった。勝手も解って来たのでスムーズに話が進む。
無駄話が無いのはこの提督の良い所だ。

「んー少し早いですがもし食事をされるなら間宮に寄ってください。
 間宮には電話で私の方から連絡を入れておきますよ」

時計を見ると10時50分たしかに少し早い。

「はい、ありがとう御座います」

五郎は一つ頭を下げると荷物をまとめ会釈をして部屋の外に出た。

応接間は一階の裏手口の近くにある。業者の人に機密事項を漏らさない為でもあるのだろう。

しかし、年頃の女性が(中には刺激に強い格好をしてる)歩き回ってる鎮守府でこの手の配慮は五郎としても助かる。

階段や廊下で少し目のやり場に困るのだ。



3: ◆3Fe9NlGozk 2017/07/30(日) 09:03:51.52 ID:qKOVbrWj0

五郎の足はずんずんと間宮の方に向かって行った。


(今回は早く商談が終わった。今日こそは噂に聞く間宮のカレーを食べてみるか)

実の所、間宮へのお誘いは今まで何度かあったのだ。

しかし、今までの交渉はは時間もかかり商談が終わるのはお昼のピーク頃だ。

そうなると艦むす達によって混み合ってる間宮には少し入りにくい。

(目のやり場に困るってのもあるが混んで後ろの人を待たせるってのは好きじゃない)

間宮の前に着くと時計は11時10分。まだ人が沢山いる様子は無い。

(お昼休憩は12時から50分もあれば食べて出れるだろう)

そう思いながら五郎は間宮の戸を開けた。

「いらっしゃいませー」中にいる女性が元気よく声をかけてきた。

割烹着に赤いリボンが特徴的な栗毛の女性・間宮である。

「すいません、一人。大丈夫ですか?」
「井之頭さんですね。どうぞ。カウンター席とテーブル席。どちらが良いですか?」
「カウンターで」
「はい!こちらメニューです。決まったら呼んでくださいね」

メニューを受け取り席に座るとある事に気が付いた。

(カウンター席なのに結構広い。奥行きがある?椅子の間隔も広い。ゆっくり余裕もあって好きだがはて?)
(メニューは・・・結構厚いな。色々な国の艦むすがいるせいか沢山の種類がある。メニュー見てるだけで時間かかりそうだ)
(しかし、今日はカレーだ。迷ってたら昼休憩が始まってしまう。・・・あった)

五郎がカレーの項目までメニューを進めると変な説明があった。

「駆逐艦カレー・・・28㎝縦5㎝?」
「あぁ、それお皿の大きさです。業者の人達も利用するので解りやすいようにと」

五郎の呟きを聞いて察したのか間宮はすぐに説明してくれた。

「はぁ。ありがとう御座います」
(28㎝の皿に・・・縦って盛り量だよな。・・・駆逐艦って小さい子たちが多かったと思うが)
(戦艦は60㎝に縦30㎝・・・女の子でも軍か。ん?駆逐艦人気の間宮パフェ)
「すいません。この駆逐艦カレーください。あと食後に間宮パフェ」
「はい!」
メニューを見ながら時間を潰してるとスグにカレーがやってきた。



4: ◆3Fe9NlGozk 2017/07/30(日) 09:05:29.23 ID:qKOVbrWj0

駆逐艦カレー・人参や玉ねぎは細かく刻まれカレーに溶けている(甘口)。
サラダ・リンゴや干しブドウなど果物多めの小さい子向け。
福神漬け・ラッキョウは小さい容器に入っている。

(以前卸した容器だ。この商売って客が商品が使われてる所って意外と見ないな)

以前の自分の仕事を思い出しつつ五郎はカレーをカレーを食べ始めた。

(うん、カレーだ。カレーらしいカレーだ。小学生の時食べたあの給食のカレーだ。不味いわけがない。旨い!)
(しかし、量が多い。大人が食べる量だ。駆逐艦を少し舐めてた)

五郎がカレーと向き合っていると一人の客が入ってきた。

「にゃー間宮さんお疲れ様にゃ。・・・あ、こんにちは」

紫髪の艦むすだ。中・高学生ぐらい背丈の女の子だ。

外部の人間である五郎に気が付いて簡単な挨拶をしてきたので会釈でかえす。

「多摩さんお早いですね」
「今日は3-5.北方海域戦闘哨戒を水雷戦隊で攻略してるにゃ。多摩は一回撃破して来たから早めの休憩貰ったにゃ」
「あら。ということは」
「戦艦や空母が暇してるから12時になったら直ぐ混むにゃ。
だからお持ち帰りで軽巡カレー5個と駆逐カレー15個。あと多摩は駆逐カレーを軽巡サイズで」

「はい、解りました」
五郎は多摩と間宮の会話を聞きながらカレーを黙々と食べている。

(お持ち帰り。見落としてたな。今まで勿体無い事をした。それにサイズ選べるのか。
たしか戦艦カレーは野菜も肉もゴロゴロしてたはず)
(駆逐カレーと違って辛い系なんだろうなぁ。コレはこれで良いけど。やっぱ気になっちゃうなぁ)

少し心の隅に引っかかる感覚を自覚しながら食を進めていく。



5: ◆3Fe9NlGozk 2017/07/30(日) 09:07:13.89 ID:qKOVbrWj0


「あら?そろそろパフェを作ってもよろしいですか?」
「はい。お願いします」

五郎のカレーが終盤に差し掛かってきたタイミングで間宮さんがデザートの確認をしてきた。
(心使いは嬉しいが間宮さん相手だと少し恥ずかしいな)
「伊良湖ちゃんパフェお願いねー」「はーい」

店の奥から元気な女性の返事が聞こえてきた。食堂・間宮で働いてるもう一人の店員である伊良湖である。

「間宮さーん手伝いに来たわ!」「今日は駆逐艦と軽巡以外は暇なので手伝いに来ました」
「足柄さんに鳳翔さん。ありがとうございます」
「はーい精が付くように沢山カツを揚げるわ!」「では私はカレー以外の準備をしますね」
(カツカレーか。それもアリだな)

そんな事を思いながらカレーを食べていく。そして山のような(五郎基準)のカレーを食べ終わった。

「はいコチラが間宮パフェになります」

カレー食べ終わるのを待っていたかのようなタイミングで間宮がパフェを持ってきた。

「多摩さん。こっちはお持ち帰り用のカレーです。量が多いので気を付けてくださいね」「にゃあ」

間宮パフェ。バケツのような容器に沢山の果物と餡子とアイスが乗っている。重量級デザート



(うわぁ何か凄いのきちゃったなぁ。駆逐艦はコレを食べてるのか凄いな)
「にゃあ一人で食べるなんて男の大人は凄いにゃ。じゃあ多摩は人がたくさん来る前に退散するにゃ」
「はい!ありがとうございました!」
(一人用じゃなかった?しかし食べきるのは問題ないがコレは・・・)

少し先の問題を心配しつつ一緒についてきたオシャレなスプーンで間宮パフェを口に運ぶ。

(ん、濃厚。サラダもそうだが果物良いの使ってるなぁ。でも急いで食べなきゃ)

五郎は急いでパフェを食べ進めていくが丁度半分まで食べ終わったとき。



6: ◆3Fe9NlGozk 2017/07/30(日) 09:08:31.79 ID:qKOVbrWj0

ゴーン・・・ゴーンと12:00を告げる音が鳴ったのである。

するとどうだろう一分もしないうちにどたどたと足音が近づいてきた。そして・・・。

「間宮!邪魔するぞ!とりあえず大和カレーを二つだ!」「んもー何で大和カレーなんですか!私が大食いみたい。武蔵カレーでも良いじゃないですか」
「間宮さーん今日はカツカレーを戦艦サイズで」「デザートは間宮パフェデラックスで!」「足柄さん手伝ってるの?なら私もカツ追加で」
「マミーヤ。あのケチャップ使った麺料理ね。大盛で」「私はウニとイクラが乗った醤油ベースのスープがかかった麺料理を」「ジャーマンポテトピザもらえる?」
「大和カレー二人前で」「赤城さんと一緒で」「アクィラはそのピザが許せるのか?」「あら?美味しければそれでいいわ」「とりあえずワイン」「・・・」「やめます」
「日本酒を」「・・・」「スイマセン」「ならビール」「・・・」「やめてアサリの酒蒸しを」「なら」「アサリとだし汁抜きで」
「ポーラ!」

昼休みを待っていましたとばかりに沢山の艦むす達が間宮に集まってきてあっと言う間に満席になってしまった。

「ありゃ遅れたか」「お持ち帰りにします?」「えー折角姉妹4人揃ったんだし座ってゆっくり食べましょーよ」「じゃあ待ちますか」

更に待ち人まで出てきた。こうなると五郎は辛い。目のやりどころもそうだが自分のせいで誰かを待たせている感覚は好きじゃない。

残ったパフェを黙々と口に運んでは胃の中に入れていく。ただその作業を無心に繰り返していく。

店は大忙し。手伝いの足柄や伊良湖に鳳翔までも忙しそうに料理を運んでいる。

大和カレーと言われてたカレーは一皿で一つのテーブルを占拠するほど大きかった。

(此処まで女性多いと、なんか俺、異物感あるよなぁ)

淡々と残りのパフェを攻略していく。



「ふぅ、食べ終わった。スイマセンご馳走様」
「はーいありがとうございました」

提督の話が通っていたので金を払わなくても店を出る事が出来た。

店を出て胸元に手をやろうとしたが此処が禁煙であることを思い出して手を引っ込める。

(後半は味わう余裕が無かったなぁ)

(次来たときはお持ち帰りで家でゆっくり食うか)

こうして井之頭五郎の鎮守府での活動は終わった。次回はメニューと睨めっこしてしまいもう一度居心地の悪い状況になるのは別の話。



7: ◆3Fe9NlGozk 2017/07/30(日) 09:10:15.29 ID:qKOVbrWj0

以上で【孤独のグルメ】食堂間宮の駆逐艦カレーと間宮パフェ【艦これ】終わりです
読んでもらえると幸いです。できれば感想とかあると嬉しいです
少し後にHTML化依頼出します



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/30(日) 09:41:37.13 ID:HxcQ2bRw0


孤独のグルメ系のSSは好き


元スレ
SS速報VIP:【孤独のグルメ】食堂間宮の駆逐艦カレーと間宮パフェ【艦これ】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501372820/